古泉「長門さん、もう疲れた…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サクラ「…また、シンジさんの世話係ですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:35:57.76 ID:A+KQcpXrO

古泉「涼宮さんになんとか言って帰れないかな?」
古泉「できれば長門さんも一緒に…」
長門「推奨しない」
古泉「うーん…嫌だなぁ…」
長門「彼とチェスでもしていればすぐに終わる」
古泉「手を抜いたチェスなんか面白くない」
長門「あなたが勝ってもいい」
古泉「彼にストレスを溜めたら怖いよ」
古泉「涼宮さんを不機嫌にさせるかもしれない…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:39:06.88 ID:A+KQcpXrO

長門「なら…私と…」
古泉「長門さん、ありがとう」
古泉「でも…もし僕が勝ってる所を彼に見られたら言い訳できないよ」
長門「…そう」
ガチャ
ハルヒ「お待たせ!有希に古泉君」
古泉「お帰りなさい。今日はどんな活動を?」
ハルヒ「今日は自由にしてていいわよ」
ハルヒ「あたしはホームページの更新をするわ」
古泉(それなら帰らせてよ…)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:41:55.89 ID:A+KQcpXrO

みくる「お茶入りましたよ〜」
古泉「ありがとうございます」
キョン「どうも」
キョン「暇だなぁ、古泉」
古泉「ええ」
キョン「チェスでもどうだ?」
古泉「喜んで」
キョン「でもお前弱いからなぁ…」
古泉「それは申し訳ありません」
長門(古泉一樹…笑顔が引きつってる…)
キョン「まぁいいや。やろうぜ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:45:15.48 ID:A+KQcpXrO

古泉(なんでクイーン取れることに気付かないの?)
古泉(いつも思うんだけどこの人バカなの?)
古泉(こんなバカに負けるのは嫌だよ…)
古泉「あっ」
古泉「そんな手がありましたか…」
キョン「お前この手のゲーム好きなのにホント弱いなぁ」
古泉「ええ。下手の横好きと言った所ですかね」
キョン「チェックメイトだ」
古泉「残念。負けてしまいました」
キョン「お疲れさん」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:46:53.56 ID:A+KQcpXrO

パタン
古泉(長門さんが本を閉じたということは…)
ハルヒ「今日の活動は終わりにしましょう!」
ハルヒ「キョン!帰るわよ!準備しなさい」
キョン「へいへい」
ハルヒ「みんな、じゃあね。また明日!」
古泉「さようなら」
みくる「私も帰りますね」
みくる「では」
古泉「ええ、さようなら」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:50:04.30 ID:A+KQcpXrO

古泉「やっと終わった….」
古泉「長門さん、帰ろう」
長門「…」コクリ
古泉「今日も長門さんの家にお邪魔していいかな?」
長門「いい」
古泉「いつもありがとう」
長門「私もあなたと居たいと思っている」
長門「気にしないで」
古泉「嬉しいな…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 21:53:21.58 ID:A+KQcpXrO

長門「着いた」
長門「座ってて。お茶を用意する」
古泉「うん」
長門「どうぞ」
古泉「ありがとう」ズズズ
古泉「やっぱり長門さんの入れたお茶は美味しいな」
長門「…そう」
古泉「あー…明日もまた涼宮さんや彼の御機嫌を取るのかぁ…」
長門「明日の事は考えない方がいい」
古泉「そうだね」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:03:15.45 ID:A+KQcpXrO

ピピピピピ
古泉「機関からだ…」
古泉「出たくないよ…」
長門「出て。お願い」
古泉「長門さんに言われると弱いなぁ…」
ガチャ
古泉「もしもし、古泉です。」
古泉「またですか…」
古泉「では、すぐに向かいます」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:09:28.07 ID:A+KQcpXrO

長門「…閉鎖空間?」
古泉「うん…まただよ」
古泉「また彼が涼宮さんを不機嫌にしたのかな?」
長門「…分からない」
古泉「じゃあ行って来るね。長門さん」
長門「待って」
長門「…頑張って」ギュ
古泉「ありがとう」
古泉「あーあ。もっと一緒に居たかったな…」
長門「…残念」
古泉「では」
長門(古泉一樹…とても疲れている)
長門(明日は彼に涼宮ハルヒを不機嫌にさせないように言おう)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:12:29.00 ID:A+KQcpXrO

古泉(やっと帰れた…)
古泉(もう深夜じゃないか…)
古泉(なんで長門さんとの時間を邪魔されるの?)
古泉(長門さんに電話したいけど迷惑だよね)
古泉(寝るか…)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:16:51.36 ID:A+KQcpXrO

次の日
古泉「こんにちは」
長門「…」コクリ
長門「古泉一樹」
古泉「なに?」
長門「今日は彼に涼宮ハルヒを不機嫌にさせない様言おうと思っている」
古泉「え?」
古泉「きっと彼は聞いてくれないよ」
長門「それでも言ってみる」
長門「…あなたの負担を少しでも減らしたい」
古泉「長門さん…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:32:34.00 ID:A+KQcpXrO

ガチャ
キョン「ああ!もう、なんなんだよ!」
キョン「なんで周りの事が考えられないんだ!?」
ハルヒ「まだ言ってるの!?」
キョン「ああ、ずっと言ってやるさ。いや、今日はもう帰らせて貰うぞ!」
ハルヒ「勝手にしなさい!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:40:10.18 ID:A+KQcpXrO

ハルヒ「今日はもう解散よ!」
バタン!
古泉「…」
長門「…」
古泉「…彼を追いかけて殴っていい?」
長門「落ち着いて」
ピピピピピ
古泉「…閉鎖空間」
古泉「…行ってくる」
長門「私もいく」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 22:47:53.86 ID:A+KQcpXrO

古泉「有希を危険な目には合わせられないよ」
古泉「じゃあね」
長門「…」
長門(彼を追わないと)
長門「待って」
キョン「…長門」
長門「あなたは古泉一樹から閉鎖空間について聞いているはず」
長門「あんな行動を取ると彼に多大な負担が掛かる」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:00:06.68 ID:A+KQcpXrO

キョン「俺にハルヒの機嫌を取れって言うのか?」
キョン「冗談じゃないぜ。いいか?俺はただの人間なんだ!お前達とは違うんだ!」
パシッ
キョン「…え?」
長門「…私達もほぼ、ただの人間と変わらない」
長門「私にだって、感情もある」
キョン「…そうだよな」
キョン「俺がどうかしてたよ。すまんな、長門」
長門「いい。それよりも涼宮ハルヒに謝罪して」
キョン「え?さっきケンカしたばかりだし今はちょっと…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:10:28.03 ID:A+KQcpXrO

長門「いいから早く!」
長門「早くしないと彼が…彼が…」
キョン「お前…そこまで…」
キョン「分かったよ」
キョン「行って来る!」
長門(私も家に帰ろう)
長門(古泉一樹…無事でいて…)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:23:23.40 ID:A+KQcpXrO

ガシャアアアアン!
古泉「うわあああ!!」
古泉(危なかった…)
古泉(あともう少しずれていたら死んでた…!)
古泉(イヤだ!まだ有希と居たい!)
古泉(もう逃げ出したいよ!)
古泉(でも逃げられないんだ…)
森「古泉!ボーッとしない!」
古泉「…はい」
古泉「…やるしかないんだ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:24:10.86 ID:A+KQcpXrO

古泉(終わった…)
古泉(生きてる!…また有希に会えるよ!)
古泉(…グスン)
古泉(良かった…)
森「古泉、お疲れ様」
古泉「死ぬかと思いましよ」
古泉「もうこんな仕事、止めたいものです」
森「あんただけじゃない。みんな止めたいわよ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:25:30.49 ID:A+KQcpXrO

新川「まぁまぁ、その辺で。機関まで送りましょう」
古泉「いえ、長門さんのマンションまでお願いします」
森「どうしたの?」
古泉「なんでもいいじゃないですか」
森「…まぁいいわ」
森「新川、古泉を送ってから私を機関まで頼むわ」
新川「はい」
森「着いたわ」
古泉「ありがとうございます」
森「バイバイ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:26:01.69 ID:A+KQcpXrO

ピンポーン
長門「…誰?」
古泉「僕だよ」
長門「鍵は開いてる。入って」
古泉「夜分遅くに申し訳ありません」
古泉「今日の神人には苦労させられましたよ」
長門「古泉一樹…?」
古泉「どうされたんです?」
長門「一樹!」
古泉「!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:27:01.78 ID:A+KQcpXrO

長門「驚かせてしまって申し訳ない」
長門「でも、悪いのはあなた」
長門「私と二人の時は敬語は使わないでと言ったはず」
長門「それに…無理しないで。辛い時は私に甘えてもいい」
古泉「有希…」グスン
古泉「有希…怖かったよ…もう会えないと思った…」
古泉「あと少しで死んでた…危なかった…」
長門「もう平気」ギュ
古泉「良かった…!また会えて良かった…!」
長門「…」ヨシヨシ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:28:16.12 ID:A+KQcpXrO

古泉「もう落ち着いたよ。ありがとう」
長門「…良かった」
古泉「そろそろ帰らないと…」
長門「嫌…」
古泉「僕だって嫌だよ。でも…機関に居ないといつ閉鎖空間が発生するか分からないし…」
古泉「携帯のバッテリーも切れてるから連絡も着かないし…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:28:36.81 ID:A+KQcpXrO

長門「大丈夫」
長門「彼にしっかり言っておいた」
長門「今日は泊まっていって」
古泉「有希…ありがとう」
長門「いい」
古泉「なんか急にお腹空いてきた。」
長門「少し遅いけど晩ご飯を作る。カレーでいい?」
古泉「うん」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:29:07.61 ID:A+KQcpXrO

古泉「有希はまだ食べてないの?」
長門「あなたが心配で食べられなかった」
古泉「ごめんね」
長門「どうぞ」
古泉「このカレー…美味しい!」
古泉「有希、料理上手だね」
長門「嬉しい…」
古泉「ご馳走さまー」
長門「ご馳走さま」
古泉「あ、有希。食器は僕が洗うよ。この位はしないとね」
長門「ありがとう」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:30:05.33 ID:A+KQcpXrO

古泉「終わったよ」
長門「古泉一樹、一緒に寝よ…」
古泉「えっ!?僕は嬉しいけど…いいの?」
長門「…」コクリ
古泉「そ、それじゃあ…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:30:39.03 ID:A+KQcpXrO

古泉「有希。僕とても幸せだよ」
長門「私も、とても幸せ」
古泉「有希に打ち明けるまでは自分の本音を出せる相手がいなくて」
古泉「もう死んでもいいとまで思ってたよ」
古泉「ありがとう」
長門「私だって…あなたのおかげで感情を持った」
長門「涼宮ハルヒの観察以外も考える事ができた」
長門「ありがとう」
古泉「有希、大好き」
長門「古泉一樹、大好き」
古泉・長門「おやすみ…」

終わり

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/06/05(木) 23:34:08.67 ID:A+KQcpXrO

こんな恋空レベルの小説を読んでくれた人が居たならありがとう
こんな文も書いてて楽しかった
もうスイーツ(笑)も馬鹿にできないな



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ルフィ「海賊やめて>>5やるわ」