キョン「なんだこの本は、魔本かDEATH NOTEか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:麗子「あぁっ、両ちゃんっ……///そんなに激しく突かないでっ///」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:10:54.69 ID:sdq+qrzrO

悪魔「残念、悪魔のバイブルでした」

キョン「おわっ!なんだお前!?」

悪魔「願いを叶えてやる悪魔です」

キョン「願いだと?……それは中々良さそうだがなにかしら代償はあるんだろ?やめておく」

悪魔「なにをいいますか。代償は一つもありませんが願いは一つまでです」

キョン「信じられんがこれもまたハルヒの気まぐれなんだろう。長門や古泉から連絡がこないとなると
さほど危険じゃないみたいだな」

悪魔「では願いを聞かせてください」

キョン「そうだな、朝比奈さんが俺に振り向くぐらい男らしくしてくれ」

悪魔「おっけー」  

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:17:39.65 ID:sdq+qrzrO

悪魔「アブラカダブラ男らしくなれマジック!」

ピカッ

悪魔「完了♪」

キョン「おお、なんか目線が低くなった気がするな。どれ、鏡でも」チラッ

悪魔「中々なものでしょう」

キョン「……元に戻せ」

悪魔「願いは一つのみですといっただろばか」

キョン「卑怯だぞ!?クソ!なんで女にならなきゃいけないんだ!!??」

悪魔「元男で、現在はかわいらしい女の子、男らしい女の子の完成……嘘は一つもないだろ」

キョン「………こんな本……どっかいっちまえ!!!」ポイッ

ヒューン

悪魔「あっはっは、天使な小生意気をよろしくぅ!!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:21:17.39 ID:sdq+qrzrO

キョン「はぁ…はぁ……どうすんだよこの体……誰かに見られたらやばいな、特に身内に」

どたどたどた

キョンの妹「キョンくーん」

キョン「げ、早速かよ!」

ガチャ

妹「キョン君起きてるー、ご飯出来てるから下に来てねー」どたどたどた

キョン(……妹は普通の対応だったな……とりあえず俺はあくまでこの世界では女なのか)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:24:24.21 ID:sdq+qrzrO

キョン(とりあえず朝メシだ。腹が減ってちゃ頭が働かん)

スタスタスタ

キョン「おはよう」

母「おはよう、さ、ご飯食べちゃいなさい」

妹「キョンくんなんだか顔色わるいよー」

キョン「気にしないでくれ、まだ寝ぼけてるだけさ」

妹「ふーん」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:30:02.71 ID:sdq+qrzrO

キョン「ごちそうさま」

母「今日どこかに行くなら買い物を頼みたいんだけど」

キョン「いいよ、今日はハルヒの奴が不思議……」
キョン(不思議探索があるんだった!……くぅ相変わらずタイミングの悪い…いや、良すぎる奴だ)

母「はいメモ、お昼はどうするの」

キョン「え?ああ、そこらで済ませるさ」

母「そう、夕飯までには帰って来なさいよ?気をつけてね」

妹「キョン君いってらっしゃーい」

キョン「行ってきます」

母「あ、キョン、あんた女の子なんだから言葉遣いに気をつけなさい」

キョン(やれやれ…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:32:12.03 ID:sdq+qrzrO

キョン「今晩はカレーか、メジャーな選択だな」スタスタスタ

チラッチラッ

キョン(街中の男の目線が気持ち悪いな、さてとりあえずはいつもの喫茶店だな)スタスタスタ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:36:13.67 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「おっそいわねぇキョンのやつ」

みくる「怒らないでくださぁい……キョン君にもいろいろあったんですよぅ」

ハルヒ「まっ、キョンがおごり確定だからよしとするわ。ただし後5分まで」

古泉「おや?涼宮さん、さっきから手を振っている女性は知り合いですか?」

ハルヒ「え?んー、あんな子みたことないわね」

みくる「わたしもです」

長門「………」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:39:34.66 ID:sdq+qrzrO

キョン「……なんだあいつら無視か」スタスタスタ

ハルヒ「なんかこっちに来るわね、本当に誰も知らないの?」

長門「………」


キョン「おい、無視はさすがに酷くないか?」

古泉「…?すみませんがどちらさまいらっしゃいましたか?」

キョン「は?キョンだキョン………あ」

長門を除く一同「えぇ!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:43:04.21 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「……キョン?」

キョン「……そうだよ!なんか文句あるか!?」

みくる「ふぇ〜……」

キョン「あ、すみません朝比奈さん。朝比奈さんに怒鳴ったわけじゃないですから」

古泉「とりあえず喫茶店へ入りましょう。そのほうが話しやすいかと」

ハルヒ「………そうね、みんな行きましょ!あ、キョンのおごりは無しにならないからね」

キョン「そうかい」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:49:07.77 ID:sdq+qrzrO

キョン「カクカクシカジカ、というわけなんだが」

古泉「ふむ、そしてその悪魔のバイブルを投げ捨てたと」

キョン「今考えたらアホだったな」

ハルヒ「『謎』ね、まぁあたし達がサクッとその謎を食べてあげるわ!」

キョン「いや、謎じゃないだろ」

みくる「ふわぁ〜……」

キョン「どうしました朝比奈さん」

みくる「あ、綺麗だなぁって……髪も長くて綺麗だし、顔もとっても美人です。服も……」

ハルヒ「そういえばなんで女性用の服なんて持ってるのよ?」

キョン「悪魔プレゼンツらしい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:52:15.80 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「あ、そうだキョンちょっと後ろ向いてて」

キョン「は?」

ハルヒ「…………」グイッ…

キョン「いだぁ!髪を引っ張るな!」


ハルヒ「よしできた」

キョン「?」

古泉「そのポニーテール、とてもお似合いですよ」

キョン「………はぁ、真面目にやってくれ」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:00:17.67 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「ま、女の子になってもキョンはキョンよね!早速だけど不思議探索に向けてくじ引きするわよ」

キョン「俺が不思議だと思うんだが」

ハルヒ「そうね、でももっと不思議が集まればキョンが元に戻る不思議もきっとあるわよ」

古泉「そうですね、ではとりあえずくじ引きを」

みくる(キョン君が女の子って事はわたしだけがメイドさんにならなくても……)

長門「………」

キョン「やれやれ」

ハルヒ「さっみんな引きなさーい!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:23:09.69 ID:sdq+qrzrO

キョン「俺は長門ととか」

長門「………」

ハルヒ「じゃあたし達は行くから絶対に不思議を見つけること、以上!」

古泉「では後ほど」スタスタスタ

みくる「キョン君また後で」スタスタスタ

キョン「………ふぅ、行ったか。長門」

長門「なに」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:28:02.67 ID:sdq+qrzrO

キョン「長門、これはいったいどういうことだ?」

長門「さあ」

キョン「長門にもわからないのか」

長門「一つだけ」

キョン「なんでもいい、教えてくれ」

長門「私より胸部が豊満」

キョン「…………は?」

長門「………今のはジョーク」

キョン(…………ジョークだったのか)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:32:24.80 ID:sdq+qrzrO

長門「現段階では涼宮ハルヒの力の影響は感じられない。そして今貴方が元男性だと知っているのは私達のみ」

キョン「そうか、しかしハルヒじゃないとするとややこしいな」

長門「……貴方は」

キョン「ん?」

長門「男性に戻りたい?」

キョン「もちろんだ、こんなふざけた体じゃ恋すらできやしない…まぁハルヒがいたんじゃ恋もなにもないが」

長門「そう」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:34:18.30 ID:sdq+qrzrO

キョン「とりあえずどこで時間を潰すかだな」

長門「………」

キョン「………また図書館でいいか?」

長門「いい」

キョン「もっと気の利いたところがあればいいんだがな」

長門「いい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:37:57.20 ID:sdq+qrzrO



キョン(そろそろ帰るか、長門を捜すとするか)スタスタスタ

長門「………」

キョン「いたな、帰るぞ長門」

長門「資料不足、ここの資料では元に戻す方法は不明」

キョン「わざわざ調べてくれたのか、すまんな」

長門「……」

キョン「帰るぞ」

長門「………」コクッ

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:46:07.69 ID:sdq+qrzrO

喫茶店

ハルヒ「不思議はなかったの?」

キョン「ああ」

ハルヒ「まぁそんな事だと思って午後の計画をたてておいたわよ」

キョン「勝手に振り分けたのか」

ハルヒ「違うわよ、あんたの家に行くのよ」

キョン「………」

ハルヒ「なにしょぼくれた顔してんのよ?感謝なさい、貴重な不思議探索の時間を割いてあんたを助けてあげるんだから」

キョン「………」

ハルヒ「さっさと行くわよ!!バカキョン!」

キョン(ハルヒの顔からは悪意の二文字が読み取れた。困ったもんだ)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:33:26.17 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「お邪魔しまーす」

キョン「せめて俺より後に入ったらどうだ」

ハルヒ「キョンの部屋にいってるわよ」スタスタスタ

古泉・みくる「お邪魔します」

キョン(無視か、もはやさすがというべきだな)


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:39:17.97 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「キョン、あんたのタンス凄いわね。みんなかわいい服になってるし学校の制服も女子と同じ、悪魔って中々いいやつなんじゃない?」

キョン「いいわけあるか、いいやつなら俺が喜んでるだろ」

みくる「あ、そういえばキョン君は悪魔さんに何を願ったんですか?」

キョン(空気ブレイカー朝比奈とは貴女の事ですね朝比奈さん)

ハルヒ「なに固まってんのよ、どうせろくでもない願いなんだろうけど聞いておくわ」

キョン「…………さぁ、な」

ハルヒ「ふぅん」スタスタスタ

キョン「近い、離れろ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:45:40.70 ID:sdq+qrzrO

キョン「なんだよ……」

ハルヒ「団長に向かってなんだとはなによ、………よし」ニヤリ

ガシッ

キョン「ぎゃっ!なにすんだハルヒやめろ馬鹿!!」

ハルヒ「凄いやわらかいわね」もみもみ

古泉「……」スタスタスタ

キョン「どこに行くんだ古泉!!」

古泉「少しトイレに」

キョン「助けろよ!!!」

古泉「はっはっは、ご冗談を」バタン

ハルヒ「さすが古泉君、礼儀ってものをわきまえてるわね」もみもみ

キョン「お前が1番礼儀知らずだ!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:51:06.96 ID:sdq+qrzrO

キョン「…………」げそ

ハルヒ「……いい仕事したわ」ツヤツヤ

みくる「キョン君……」

キョン「朝比奈さんの気持ちがわかりましたよ」

ハルヒ「さてと、キョン!いつまでも窶れてないでしっかりしなさい!」

キョン「……はぁ」

ガチャ

古泉「どうも」ニコッ

キョン「なんかもうお前ウンコだな」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 20:56:54.71 ID:sdq+qrzrO

キョン「ところで本を見つけたところでどうすんだ?あいつは願いを叶えてくれるがとんでもない方向にいくぞ」

古泉「そうですね、本を見つけたところで元に戻してくれるかわかりませんからね」

長門「しかし本は見つけておくべき、話を聞くだけなら損はしない」

キョン(長門が喋った…)

ハルヒ「………」がさがさ

キョン「漁るな!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:03:06.70 ID:sdq+qrzrO

ハルヒ「じゃ分担しましょ」

キョン「分担?」

ハルヒ「そ、とりあえずあたしはキョンの家の付近の捜索、聞き込み」

古泉「では僕も知人に話をしてみます」

みくる「じゃ……じゃあわたしは……禁則事項です♪……あぅ」

キョン(なにが禁則なんだろうか)

長門「私は…」

キョン「長門、宇宙的パワーは無しで頼む。なんか気が引けるんだ」ぼそぼそ
長門「了解した。私はあらゆる本を読んで解決策をさがす」

ハルヒ「よし、こんなもんね」

キョン「俺は?」

ハルヒ「あんたはあたしと一緒に探し回るのよ」

キョン(絶対にいじる気だなコイツ)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:07:29.30 ID:sdq+qrzrO

キョン「ならお前は右から回れよ」

ハルヒ「わかったけど見落としがあったら罰金よ罰金!!」

キョン「意味がわからん」

古泉「では僕達はこれで」
みくる「キョン君、また明日」
長門「………」

ハルヒ「ばいばーい」
キョン「朝比奈さんさようなら」

………
ハルヒ「探し回るわよキョン!……ん〜でも」

キョン「なんだ」

ハルヒ「そのままでもおもしろいわね」

キョン「そうかい、じゃあな」スタスタスタ


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:15:01.15 ID:sdq+qrzrO

キョン「昨日投げたのはこの辺りなんだが……」キョロキョロ

妹「あ、キョン君だー」

キョン「ご近所でキョン君って言わないこと」

妹「てへへ、そういえばお買い物は〜?」

キョン「忘れてた……今からいくよ」

妹「はぁーい、いってらっしゃ〜い」

キョン「はいはい、早く家の中に入りなさい」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:25:44.05 ID:sdq+qrzrO

近所のスーパー

キョン「ジャガ芋、玉葱、南瓜、人参、カレールーの甘口っと…ああ、豚肉豚肉……」スタスタスタ

ハルヒ「はい豚肉」

キョン「あ、どうもすいません」チラッ

ハルヒ「どう致しまして」

キョン「……………」
ハルヒ「……………」

キョン「すまん、忘れてた」

ハルヒ「すまんじゃないわよバカキョン!あんたがフラフラしてたからついてきてみればカレーの買い物…はぁ」

キョン「アイスおごってやるから落ち着けよ」

ハルヒ「いらないわよ!とりあえず報告だけしとくわ、こっちにはそれらしいものは無かったから!じゃあね」スタスタスタ

キョン「…………こりゃ古泉がまたバイトだな」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:31:23.84 ID:sdq+qrzrO

キョン「ただいまー」

母「おかえり、材料は?」

キョン「ん」スッ

母「ありがとね、じゃあ晩御飯はまかせない!」スタスタスタ

キョン(………今の内に風呂に入るか)スタスタスタ

キョン「………………」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:36:37.67 ID:sdq+qrzrO

キョン「一日くらい体は洗わなくてもいいか……」

ガチャ

妹「タオルー」

キョン「おわっ……ああ、どうも」

妹「私も一緒にはいるー」

キョン「駄目!絶対駄目!!NO、ダーメ!」

妹「変なキョン君」トテトテトテ

キョン「……やばいな、いろいろと」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:41:19.91 ID:sdq+qrzrO

キョン「うわ、ハルヒの馬鹿力で胸に痣が出来てやがる……」
キョン(よく見たら俺ってかなりナイスボディー………って、いかんいかん)

チャポーン

キョン「………胸が痛い、覚えてろよハルヒ」

コンコン

母「福神漬けは?」

キョン「もちろんアリ」

母「はいはい」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 21:43:53.15 ID:sdq+qrzrO

キョン「夕飯も食った、歯も磨いた!さて寝るか」

カチャ

キョン「はい今日も一日ご苦労様だな俺」






キョン(起きたら元に戻っていますように)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 22:05:14.92 ID:sdq+qrzrO

キョン「………」すやすや

どたどたどた

キョン「朝比奈さぁ〜ん………ナース服も似合ってますよ………むにゃむにゃ」

ドサッ

キョン「ぐぇぉえ!!」

妹「おはよーキョンくーん、遅刻しちゃうよー」

キョン「永遠に学校にいけなくなるところだった……」ぜぇぜぇ

妹「先にいってるよー」トテトテトテ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 22:27:28.59 ID:sdq+qrzrO

キョン「………この坂は今の俺にとってムドー二回目よりもキツイ」よろよろ

国木田「やあキョンおはよう」

キョン「国木田か」

国木田「いやぁキョンがいてよかったよ、僕も谷口も遅刻かと思ってたからね」

キョン「さの谷口がいないようだが」

国木田「すぐ来るよ、ほら」

谷口「はぁはぁ、国木田……もう少しゆっくり走れ……」

キョン「よう谷口」

谷口「相変わらずだなキョン、せっかくの美人が口調で台なしだ……」ゼェゼェ

キョン「ほっといて行くか国木田」

国木田「ほら谷口行くよ」

谷口「わかってんよ…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 23:00:46.50 ID:sdq+qrzrO

キョン「……なんとか間に合ったな」

国木田「だね、でもこれから授業だということを考えると気が滅入るね」

谷口「余計なことをいうな」

国木田「ごめんごめん、そういうつもりじゃなかったんだ」

キョン「喋ってる暇があるなら教室に向けて歩けよな」スタスタスタ

谷口「男らしいやつだよ全く…」
国木田「話しやすいからいいじゃないか」

キョン「おいてくぞ」

国木田「今行くよ」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 23:05:21.18 ID:sdq+qrzrO

昼休み

キョン(ハルヒの奴、今日は休みか)

谷口「キョン、飯だ飯だ」

キョン「そうだな」

国木田「そういえば涼宮さんいないね」

キョン「気にするな、いつもの事だ」

谷口「なぁキョンよ」

キョン「なんだ」

谷口「前から思ってたんだが涼宮が作った意味不明な団に古泉って奴がいるだろ」

キョン「ああ」

谷口「うらやましいよな」

キョン「国木田、飲み物を買ってくるか」

谷口「話を聞けよ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 23:40:40.88 ID:sdq+qrzrO

キーンコーンカーンコーン

キョン(やっと授業が終わったか、ハルヒは来ていないみたいだがとりあえず部室には顔を出しておくか)スタスタスタ

ガチャ

ハルヒ「…………」ジー

バタン

キョン「気のせいだな、帰るか」

ガチャ グイッ

キョン「ぎゃっ」

バタン

ハルヒ「逃げようったってそうはいかないわよ!とりあえず今日はみくるちゃんの代わりにメイドね」

キョン「拒否する」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:10:16.69 ID:Jw1HsRTGO

ガチャ

古泉「こんにちは」

ハルヒ「あ、古泉君ちょうどいいところに来たわね!」

古泉「なんでしょう」

ハルヒ「昨日の事なんだけどキョンてばあたしをほったらかしてスーパーで買い物してたのよ!?
それで今日はその罰と日頃のみくるちゃんの感謝の気持ちを込めてメイド服を来てもらうの」

古泉「誠によろしいかと」

キョン「古泉!お前覚えてろよ!」

ハルヒ「さあ団長、副団長の意見の一致であんたにはメイドになってもらうわ」

キョン「どうしてもか」

古泉「昨日のバイトは大変でしてね……」

キョン「ああくそ!わかったから放せ馬鹿力!」

ハルヒ「はい交渉成立ね」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:13:03.20 ID:Jw1HsRTGO

古泉「では失礼します」ガチャ バタン

キョン「で、どう着るんだこれは」

ハルヒ「とりあえず服を脱ぎなさい!」

キョン「うるさいやつだ」

カサッ

ハルヒ「なんか落ちたわよ」ヒョイ

キョン「なんだその花柄の便箋らしき物は」

ハルヒ「ラブレターじゃない?とりあえず読むわよ」

キョン「ああ」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 00:21:09.15 ID:Jw1HsRTGO

ハルヒ「えーと、悪魔プレゼンツ、今日は魔法の制限を秘密に教えてあげよう
なに、制限というのは簡単さ、一週間くらいで元に戻らないと女の子の姿のままだよって事
あはは」

キョン「……………マジか」

ハルヒ「そうみたいね」

キョン「一週間くらいってなんだよ!ふざけやがって!!なにが『あはは』だ、………はぁ」

ハルヒ「大丈夫よキョン」

キョン「そうか……?」

ハルヒ「あんたがそのままでも面白いし」

キョン「そうか、期待した俺が馬鹿だった。スカート返せ」

ハルヒ「なにいってるの、着替える事にかわりはないからね」

キョン「………」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 00:26:17.64 ID:Jw1HsRTGO

みくる「あ、古泉君」

古泉「どうも」ニコッ

みくる「どうしたんですか?こんな所で」

古泉「いえ、ちょっとした配慮ですよ」

「ギャーいてぇ!髪引っ張りすぎだ!!」
「うっさい!!男だったら我慢しなさい!!」

みくる「キョン君……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 00:31:30.21 ID:Jw1HsRTGO

……
みくる「静かになりましたね」

古泉「ええ」

ガチャ

ハルヒ「どうぞー」

みくる「失礼しまー………す」
古泉「これはこれは」

キョン「………」

ハルヒ「上出来よ!」
みくる「可愛いです」
古泉「どこからどうみてもメイドさんですね」
長門「………」

キョン「………いたのか長門」

長門「いた」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:34:25.15 ID:Jw1HsRTGO

ハルヒ「さ、キョン笑って皆にお茶出しよ」

キョン「…………」ニコ……

ハルヒ「不気味ね、もっと微笑みなさい」

キョン「……」にこ

ハルヒ「まあそれでよし」

みくる「あ、わたしもお手伝いします」

ハルヒ「NO!!!」

みくる「ふぁい!!」びくっ

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 00:39:25.66 ID:Jw1HsRTGO

キョン「どうぞ朝比奈さん」コト

みくる「ありがとうございます」ニコッ

キョン(幸せだ)

キョン「ほら長門」コト

長門「………」

キョン「古泉、ハルヒ」コト カタ

古泉「いただきます」

ハルヒ「はい、やり直し」

キョン「いいだろそれで」

ハルヒ「あんた今までみくるちゃんのなにを見てたの!?胸?」

キョン「って今はそれどこじゃないだろ!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 01:19:11.69 ID:Jw1HsRTGO

古泉「話すタイミングを逃していたんですが少しよろしいでしょうか」

キョン「早く話せよ」

古泉「先程、連絡がありまして僕の知り合いの経営している旅館にその本らしき物を見たという人がおりまして」

キョン「よし、いくぞ」

古泉「そういうと思いもうタクシーを手配していますよ」

みくる「あの……学校はどうするんですかぁ」

ハルヒ「どうとでもなるわよ、みくるちゃん!さぁ温泉旅行の旅の支度するわよ」

古泉「そうですね、最低限の物は旅館にそれえてあるハズですが皆さんの持って行きたい物を各自用意してください」

キョン「いつ出発だ?」

古泉「これから2時間後くらいで大丈夫でしょうか?集合場所は学校前で」

ハルヒ「わかったわ!さすが古泉君だわ!!」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 01:24:42.12 ID:Jw1HsRTGO

キョン宅

キョン「とりあえず着替え着替え……あ、浴衣があるとか言ってたから少なめでいいか」

妹「キョンくんお出かけ?」

キョン(まさか一週間も学校をサボるのはマズイな、どうするか)

プルルル

キョン「もしもし」

長門「情報操作なら」

キョン「まるで俺がなにを考えているかわかってるような発言だな」

長門「気にしなくていい」

キョン「そうか、なら頼む」

長門「………」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:11:58.17 ID:Jw1HsRTGO

キョン(とりあえずこんなもんだな、まだ時間はあるが待たせるとまたハルヒが怒るに違いないならな)
キョン「行ってきます」

妹「お土産よろしくねー」

キョン「ああ」

妹「絶対だよ!」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 03:16:00.18 ID:Jw1HsRTGO

古泉「やあどうも」

キョン「相変わらず早いな」

古泉「1番早く来れるように急いだのですが長門さんには勝てませんでしたよ」

長門「…………」

キョン「まあ長門に勝てる日ができたらなんかおごってやるさ」

古泉「それはやる気がでますね」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 10:29:44.54 ID:Jw1HsRTGO

キョン「で、ハルヒと朝比奈さんは?」

古泉「まだのようですね」

キョン「珍しいな」

古泉「そうですね、それとタクシーのハズでしたが人数も人数ですのでバスを用意させていただきました」

キョン「そうか、そりゃご苦労だな」

古泉「学校をサボって旅行。素晴らしい青春じゃないですか」ニコニコ

キョン「しかし男女がいるとなると普通の青春じゃない気がするがな」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 10:37:50.73 ID:Jw1HsRTGO

古泉「と、話しているうちに彼女達が来ましたよ」

ハルヒ「おっはよー!!みくるちゃんがねトロイから遅れちゃったわ」

みくる「ふぇ!?あぅ……すみません」

キョン「朝比奈さんのせいにするな」

古泉「もうすぐバスが来ますので」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:05:38.66 ID:Jw1HsRTGO

ブロロロロ……キキッ

古泉「つきましたね、では皆さんどうぞ」

ハルヒ「さぁ有希、みくるちゃん!乗るわよ!!」スタスタスタ

みくる「お願いしまぁす」スタスタスタ

長門「………」スタスタスタ

キョン(運転手が新川さんだという事は黙っておくか)

古泉「ではお願いします」

新川「ただいま」

ブウーン

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:09:29.21 ID:Jw1HsRTGO

キョン「古泉、その旅館とやらはお前達機関が絡んでるのか?」

古泉「いえ、ただ偶然知り合いのスポンサーですよ
まぁ機関が絡んでないといえば嘘にはなりますが」

キョン「なら安心してもいいのか」

古泉「そうですね、涼宮さんが暴走しない限りは」

キョン「たいした神様だよまったく」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:13:29.10 ID:Jw1HsRTGO

ハルヒ「古泉君!」ズイッ

キョン「わっ!」ビクッ

古泉「なんですか涼宮さん」

ハルヒ「その旅館って大きい?」

古泉「ええ、とても」

ハルヒ「じゃあゲームセンターやカラオケやらがあるわよね?」

古泉「確かあったと思いますよ」

ハルヒ「感謝してるわ古泉君、その印として次期団長の候補にするわ!」

キョン「馬鹿かお前は」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:17:13.18 ID:Jw1HsRTGO

ハルヒ「キョンは黙ってて、ちょっと団長と副団長で秘密の計画を立てるからどっかいってなさい」

キョン「勝手なやつめ……しかたない、朝比奈さんとの会話でも楽しむか」スタスタスタ

みくる「………ZZ」すやすや

キョン「oh-……しかし寝顔もこれまた素敵すぎますよ朝比奈さん……」

長門「…………」

キョン(よし、長門と話すか)

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:42:29.19 ID:Jw1HsRTGO

キョン「よう長門」

長門「…………」チラッ

キョン「隣に座っていいか?ハルヒに追い出されたんだ」

長門「いい」

キョン「この体なんとかならないか」

長門「私の情報操作能力を使えば治るかもしれない」

キョン「だが副作用みたいのがあるんだろ」

長門「そう」

キョン「ならしかたないな」

長門「仕方ない」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 11:46:18.05 ID:Jw1HsRTGO

キョン「………」
長門「………」

キキッ

キョン「ん?着いたのか、やけにはやいな」

長門「…………」

古泉「トイレ休憩ですよ」

キョン「そうかい」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 11:57:32.16 ID:Jw1HsRTGO

古泉「さ、出発です」

ブロロロロ

キョン「誰がおりたんだ?俺達は誰もおりてないようだが」

新川「申し訳ありません。歳をとると尿が近くなりましてね。はっはっは」

キョン「そうですか…なんかすいません」

新川「お気になさらず、良い旅を」

キョン(寝よう。それがいい)

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 12:05:17.16 ID:Jw1HsRTGO

キョン「………ZZ」

ハルヒ「−−−さい」

キョン「……んー」

ハルヒ「起きなさいバカキョン!!!」

キョン「!!!」ガバッ
みくる「!!!」ガバッ

ハルヒ「あ、みくるちゃんまで起きたわね、ちょうどいいわ!着いたわよ!!」

キョン「ふわぁ………そうか、しかし起こし方に問題があったせいで旅館を見ても感動にひたれないんだが」

みくる「あわわわ」キョロキョロ

キョン「朝比奈さんはいまだにパニックになってるし」

ハルヒ「とっとと行くわよ」スタスタスタ

キョン「……そうだな、いきましょう朝比奈さん」

みくる「へ?え?あ、はい」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:34:31.98 ID:Jw1HsRTGO

キョン(デカッ…)
みくる「わぁ…」
古泉「何度見ても驚くべき旅館ですね」

主「やあやあ、古泉君お疲れ様」

古泉「こんにちは」

主「とりあえず一週間分の部屋は確保してあるからね」

古泉「すみません。ありがとうございます」

主「彼女達はすっかりこの旅館に気に入ってくれたみたいでけっこうけっこう」

ハルヒ「あ、申し遅れました。涼宮ハルヒと−−−」

主「いやいや、堅苦しい事は無しでいいさ、それよりもゆっくりしていってね」

ハルヒ「じゃあよろしく!」

キョン(いつもの事ながらコイツはいい加減な奴だな、まぁ俺は挨拶すら忘れてたが)

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:38:05.69 ID:Jw1HsRTGO

古泉「一人一部屋ですので鍵をどうぞ」スッ

ハルヒ「ありがとう古泉君、でも一人一部屋なんてリッチすぎない?なんか悪い気がするわ」

キョン「お前でもそんな気持ちがあるんだな」

ハルヒ「失礼ね」

古泉「とりあえず荷物を部屋に移動させましょう」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:46:02.67 ID:Jw1HsRTGO

キョン(ふぅ、それにしても凄い部屋だな…いったい普通ならいくらくらいの料金がとられるんだ
この旅館を建ててしまう機関のスポンサーというのは相当やり手だな)

コンコン

キョン「はい」

古泉「古泉ですが」

キョン「入ってくればいいだろ」

古泉「そうですね、しかし現状がですね」

キョン「ああそうか」

古泉「失礼します」

キョン「なんか用か」

古泉「はい、とりあえず7時の夕食までは自由時間ですので御自由に、時間になり次第僕が連絡をします」

キョン「従業員でもないのに大変だな」

古泉「それが僕の役目ですからね」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:49:31.66 ID:Jw1HsRTGO

ガチャ

ハルヒ「ゲームセンター!!!」

キョン「入って来るなり騒がしいな」

古泉「ゲームセンターは2階にありますので」

キョン「よく覚えてるな」

ハルヒ「みくるちゃんと有希も連れてくるから待ってなさい」バタン

キョン(なら先に連れてくればよかっただろ)

古泉「僕は後ほど合流しますので」

キョン「ああ」

古泉「では」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:54:39.16 ID:Jw1HsRTGO

キョン「で、ゲームセンターにくるなりいきなりパチンコかよ…しかも冬ソナ」

ハルヒ「いいじゃない、誰が1番稼げるか勝負よ!」

キョン「稼ぐといってもメダルじゃないか」

ハルヒ「スタート!!」

キョン(いつになったら俺の問題を解決しに動くんだコイツは……まぁ初日くらいはいいか)

みくる「あ、めがねの人が入院しちゃいました……」

キョン(朝比奈さん、……流石です)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 14:54:34.55 ID:Jw1HsRTGO

長門「…………」

キョン(長門はパチンコを知らんのか…)

ハルヒ「あっみくるちゃん大当りじゃない!負けてらんないわね」

みくる「あわわわわわわ」カシュッカシュッ

キョン「長門、教えてやるから待ってろ」

長門「………」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 15:05:08.42 ID:Jw1HsRTGO

古泉「どうも」

キョン「遅かったな」

古泉「すみません、少し荷物の整理等をしていたら」

キョン「ごくろうさん」

古泉「それにしてもパチンコとは」

キョン「ハルヒに聞いてくれ」

古泉「当たりがありませんね」

キョン「そろそろやめたいんだがハルヒになんかいってやってくれ」

古泉「了解しました」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 15:22:31.17 ID:Jw1HsRTGO

古泉「皆さん後30分で夕食ですよ」

ハルヒ「え?もうそんな時間なの?ちょっと初日だからって遊びすぎたわね」

みくる「お腹空きましたぁ」

長門「………」カチカチカチ

キョン「もうチャンスボタンは押さなくていいんだぞ長門」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 15:33:35.42 ID:Jw1HsRTGO

古泉「こちらになります」

ハルヒ「旅館の規模からして期待してたけど予想を遥かに越えているわね、感極まりないわ!」

古泉「席は既に控えていますのであちらに」

みくる「わたし達浮いてませんか……?」オドオド

長門「地に足は着いている」

キョン「ジョーク………なのか」

長門「そう、朝比奈みくるの言葉の意味は理解している」

キョン(ジョークを言うのはいい、ただ真顔ではなぁ)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 15:36:42.19 ID:Jw1HsRTGO

長門「………」モグモグモグ

みくる「長門さんよく食べますね〜、よかったらこれもどうぞ」

ハルヒ「好き嫌いは駄目よみくるちゃん!もっと食べて胸を大きくしなさい!!」

キョン「無理な事をいうな、それにうるさいぞハルヒ、他のお客に迷惑だ」

古泉「まあまあ、いいではありませんか」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 16:17:10.73 ID:Jw1HsRTGO

キョン「ごちそうさま」

ハルヒ「あー美味しかった」

みくる「ごちそうさまでしたぁ」

長門「……」モグモグモグ

古泉「では長門さんが終了しだいお開きでよろしいでしょうか」

キョン(食い終わるのかよ……)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 16:28:55.88 ID:Jw1HsRTGO

キョン(……あの後30分は食ってたな、普通ならこの後に大浴場に入るハズだが
どこぞの悪魔のせいでこの始末……あぁ、俺は一人寂しく部屋の風呂で我慢しようじゃないか…)スタスタスタ ガチャ

キョン「……でかっ!なんだこりゃ、ライオンの口からお湯が出てやがる…どんなVIP待遇だよ」

「有希ーみくるちゃーん、大浴場に行くわよー」
「はぁーい」スタスタスタ
「あ、古泉君も大浴場?」
「ええ、一度はこの旅館の温泉に入ってみたかったもので」

「あははははは」ワイワイ

キョン「…なぁライオンの像、口からお湯出してないでなんか喋ってくれよ」

像「…………」どばどばどば

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 17:08:33.65 ID:Jw1HsRTGO

キョン「………人がいなくなった頃を見計らって大浴場に行くか、俺だって入りたいしな
そして気付いたんだがあいつら(朝比奈さんは除く)以外と酷いな」

像「…………」どばどばどば

キョン「あー虚しい」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 17:41:29.15 ID:Jw1HsRTGO

キョン「………熱い、のぼせる前にあがるか」ザパッ

キョン(………そうだな、この旅館でも探検してみるか
ハルヒじゃないが何故かこの好奇心をとめられん…浴衣着て行くか)スタスタスタ

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 17:53:00.58 ID:Jw1HsRTGO

大浴場(男)
古泉「しかしあの人がいませんね。僕達がいるとなると必ず来るはずなんですが」

男「や、失礼するよ」ざぱーん

古泉(子供みたいな方ですね、悪い意味ではありませんが)

男「おんなじ位の歳かな!?」

古泉「そうですね、見たところ高校生だと」

男「そうそう、当たりだよ!君も高校生だよね!?」

古泉「お察しの通り高校生です」

男「うんうんそうだよね!まるわかりだよ!」

古泉「しかし貴方とは初めて、という気がしませんね」

男「あははは、そうだねー」


古泉「さて、僕は先に失礼させてもらいますね」

男「了かーいっ!」

古泉「では」スタスタスタ

男(おもしろいなー)

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[土曜はモツ鍋] 投稿日:2008/11/19(水) 18:00:06.68 ID:Jw1HsRTGO

キョン(バーまであるのか)

どんちゃかどんちゃか

キョン(仕事を忘れ休養しに来てる方々がうらやましいな)

酔っ払い「うぃ…嬢ちゃん、トイレどこだぁ…?」

キョン「は?俺に話してます?」

酔っ払い「ああ゙ん!?嬢ちゃんしかいねぇだろっがぁ…ういー」

キョン(まずったな、非常に面倒な事に巻き込まれた気がする)

酔っ払い「無視すんじゃっねぇろ!たくぅ…最近の若いなんちゃらかんちゃら」クドクド


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 18:06:41.17 ID:Jw1HsRTGO

キョン「あの、すいませんがもういいじゃないですか」

酔っ払い「ああ゙ん!?ああ゙ん!?大人馬鹿にすんじゃっないっ」

ヒュッ

キョン(殴ってきやがったよこの酔っ払い!)

バキッ

酔っ払い「あがが……」バタッ ジョワワー

男「いやー危なかったねキョっ」

キョン「キョっ?あの……」

男「きょ…今日はやたら酔っ払いが活発化するからねぇ、きをつけるさね」

キョン「はぁ、ありがとうございます」

男「じゃあねっ」スタスタスタ

キョン(……誰ださっきの緑髪の人は、ってこのオッサン漏らしてやがる!さっさとトイレいけばよかったものを…)

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 18:48:41.79 ID:Jw1HsRTGO

キョン「もう面倒事は嫌だしな、帰るか」スタスタスタ

キョン(しかしさっきの人、どこかであったことがあるような…)


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 19:04:04.16 ID:Jw1HsRTGO

キョン「暇だな、長門から借りた本でも読みながらくつろぐか」

………ペラ

………ペラ

………ペラ

コンコン

キョン「…………」ペラ

コンコン

キョン「うるさい!!」

「あ…すみません……」

キョン「あ、朝比奈さん!?違います違いますよ!これは悪魔の陰謀です!!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 19:11:32.66 ID:Jw1HsRTGO

キョン「さっきはすいません…」

みくる「いいんですよ、読書の邪魔しちゃったわたしが悪いんですから」

……

キョン「…なにか用があったんですか?」

みくる「あ、そうだった!さっきお風呂の管理人さんに聞いたんですけど大浴場は夜中の1時に閉めておくらしいんですけど
今日はキョン君のために1時から3時まで貸し切りにしておくらしいです」

キョン(ああ、女神がここに降臨した…)

みくる「キョン君?」

キョン「ありがとうございます朝比奈さん!お礼になにか−−」

ガチャ

ハルヒ「お礼になにをしてくれるのかしら?」
古泉「………」ニコニコ
長門「………」

キョン(神は残酷だ)

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 20:40:53.45 ID:Jw1HsRTGO

ピッ ガシャン

キョン「やれやれ、全員分の飲み物を買うハメになるとはな」

長門「………」

キョン「長門?手伝ってくれるのか、悪いな」

長門「いい」

キョン「しかし助かるな、男の時より体が小さくなって一度に全員分を持てなかったからな」

長門「そう」

キョン「じゃあ行くか」

長門「……」コクッ

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 20:46:07.73 ID:Jw1HsRTGO

ガチャ

キョン「買って来たぞ」

ハルヒ「遅いうえに有希に手伝わせるなんて全然団員としての心構えがなってないわね」

キョン「どんな心構えだよ…どうぞ朝比奈さん」

みくる「キョン君ごめんなさい」

キョン「いいんです、悪いのは黄色いツノが生えたどこぞの団長様ですから」

ハルヒ「え?罰がもっと欲しいって?」

キョン(コイツはもうアホだ、うん無視しよう)

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 20:50:21.17 ID:Jw1HsRTGO

古泉「おや、せっかく全員が集合したのに肝心のトランプ等を部屋に置き忘れていました
取りに行ってきます」

ハルヒ「古泉君ありがとね、そうだ1番勝った人がビリの人に命令できるって事でいい?」

キョン「拒−−−」

ハルヒ「決定!!」

みくる「あわわわ…」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 20:57:09.18 ID:Jw1HsRTGO

古泉「ではルールも決まったようなので」スタスタスタ

ガチャ

古泉「おや」
男「あ」

ハルヒ「古泉君どうしたの?」

古泉「知り合いと会いまして」

キョン「知り合い?……あんたはあの時の…」

ハルヒ「なによ、キョンも知ってるの?なら皆でトランプしましょう」

男「いやぁあた……僕はいいにょ……ゴホン いいよ」

ハルヒ「いいのいいの、これも何かの縁じゃない!」

古泉「では失礼します」スタスタスタ

男(あちゃー、これじゃばれるのも時間の問題だよーそれじゃつまんないにょろ
よし、なんとか頑張ってごまかすよっ)

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 21:02:35.97 ID:Jw1HsRTGO

ハルヒ「自己紹介がまだだったわね、あたしは涼宮ハルヒ、そしてさっきのは古泉君」

みくる「朝比奈みくるです」

キョン「俺は−−」

ハルヒ「キョンと有希よ、あなたは?」

男「鶴野だよ!」

キョン「鶴野さんですか、さっきはどうも」

みくる「なんだか鶴屋さんみたいです」

キョン「そういえば似てますね」

ガチャ

古泉「お持ち致しました」

ハルヒ「まってました!」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 22:15:49.19 ID:Jw1HsRTGO

古泉「成る程、鶴野さん。よろしくお願いします」

鶴野「あ、うんよろしくね」

ハルヒ「んじゃ親睦も兼ねてババ抜きよ!キョン、配りなさい」

キョン「自分でくばれよな」

みくる「……」ジー

鶴野(みくるがめちゃくちゃこっち見てるにょろ…今日のみくるは一味ちがうね…)

キョン「配り終わったぞハルヒ」

ハルヒ「第一回戦スタート!」

鶴野(あたし的にはばれるかばれないかの戦いだよっ)
 

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 22:20:10.14 ID:Jw1HsRTGO

みくる「鶴屋さん」

鶴野「なんだいみくる」
鶴野(つい言っちゃったにょろ!なんだか悪女に見えるよみくる!)

みくる「あ、すみません間違えました」

鶴野「いいよっ、気にしない気にしない」

キョン「あっ、手札見るな!」

ハルヒ「ちっ」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 22:28:48.22 ID:Jw1HsRTGO

長門「………」パサッ

ハルヒ「有希が1番ね」

キョン「ビリだけは免れたいな」

みくる(ジョーカーを少しだけ上にあげておけば……)ニコニコ

キョン(とらなきゃいけないのか!?このジョーカーだと100%断定できるこのトランプを!?)スッ

みくる「わぁ」

キョン「あちゃー、流石朝比奈さん、表情の隠し方が上手いですね」

鶴野「やははははは!!めがっさ可哀相にょろキョン君!あははははは………あ」
鶴野(みんなみてるにょろ…)

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 22:58:38.76 ID:Jw1HsRTGO

キョン「鶴野さん?」

古泉「失礼ですが、貴方はこの鶴屋家の旅館の人間…いえ、鶴屋さんではありませんか?」

鶴屋「………人違いにょろ」

キョン「俺が知るなかで語尾が『にょろ』と言う人は鶴屋さんしかしりませんよ」

古泉「もしかして、悪魔の本を僕達より先に見つけ使用してしまったのではありませんか」

鶴屋「あちゃ〜そこまで言われたら白状するよっ!その通り、あたしは鶴屋だよっ」

ハルヒ「てことは今は鶴屋さんが所持してるって事?」

鶴屋「それを今から説明するにょろー」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 23:05:33.51 ID:Jw1HsRTGO

鶴屋「最初はキョン君は元から女の子だと思ってたんだけど悪魔の本を使ってから正しかったキョン君の事をおもいだしたんだよね
で、なんか面白そうだったからこの姿でいろいろ遊んじゃおうと思ったんだよっ!」

キョン「でも、あの気まぐれ悪魔になんて願ったんですか?」

鶴屋「えっとね、前にされた願いと逆な感じでお願いするにょろってね」

キョン「ああなるほど……だから男に」

鶴屋「あはは!すごく楽しかったからめがっさ満足だよっ」

キョン(さすが鶴屋さん、たくましい)

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ダイバスター] 投稿日:2008/11/20(木) 01:36:42.27 ID:pS2koQi+O

キョン「ところで鶴屋さん、あの本は今どこにあるんですか?」

鶴屋「なんだかこの旅館を旅するって飛んでったよ」

キョン「ということは今どこにあるかわからないと」

鶴屋「だね!だけどそろそろ戻らないとね」

古泉「では探すことからはじめませんとね」

ハルヒ「でも眠いから明日にしましょ」

鶴屋「賛成だよっ」


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 01:45:53.79 ID:pS2koQi+O

キョン「結局俺が負けか」

ハルヒ「キョン、罰ゲーム今日はいいから明日やりなさい」

キョン「お前が勝ったんじゃないだろ…長門、明日でいいか?」

長門「いい」

キョン「そうか」

古泉「では僕達はおいとまさせていただきますね」

鶴屋「じゃねっキョン君また明日!」

キョン「おやすみなさい」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 01:48:26.10 ID:pS2koQi+O

ハルヒ「んじゃみくるちゃん、有希、あたし達も戻るわよ」

みくる「はぁ〜い」

キョン「おやすみなさい朝比奈さん」

みくる「おやすみなさぁ〜い」

ガチャ バタン

キョン「よし、そろそろ大浴場にいっても良さそうだな」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 04:36:07.20 ID:pS2koQi+O

キョン「………」

大浴場(女)

キョン「この向こうにいったら何かが変われそうな気がするな」スタスタスタ

鶴屋「にょろ?」

キョン「ぎゃあああああああ!!」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 07:10:48.14 ID:pS2koQi+O

鶴屋「わっ!びっくりしたよ、驚かせないでよキョン君〜」

キョン「あ、すみません…人がいないと思ってましたから」

鶴屋「でもまあお互いヘンテコな体だからね、気にする必要もないっさ!さっきあたしは男湯に入ってたしねっ」

キョン「そうなんですか……って、普通ダメですよ…まぁ鶴屋さんらしいですが」

鶴屋「かたいこといいっこ無し!とりあえず入浴入浴!」スタスタスタ

キョン(すごい人だ……)

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 09:11:48.94 ID:pS2koQi+O

 

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 10:36:34.16 ID:pS2koQi+O

鶴屋「あー極楽極楽ー疲れがとれるにょろ」バシャバシャ

キョン(疲れをとる為なのになぜ泳いでるんですか鶴屋さん)

鶴屋「でもさー」

キョン「はい」

鶴屋「今人が来たらあたしが変態扱いだよね!?あはははは!!」

キョン「そういわれればそうですね、でも人が来たら挙動不振になるのは俺でしょうね」

鶴屋「人が来ても逃げきる自信はあるよっ」

キョン「さすが鶴屋さん、考えたんですけど俺が男風呂に入ればよかったような」

鶴屋「だね!あはは」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 10:39:16.16 ID:pS2koQi+O

キョン(まてよ?なら二人で入る意味はないんじゃ……)

鶴屋「サウナいってくるにょろ」スタスタスタ

キョン「え、あ、はい」
キョン(……まあ鶴屋さんだしいいか、さて頭でも洗って風呂をでてさっさと寝ちまうか)

234 名前:ゴギガガガギゴ[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 10:44:04.60 ID:pS2koQi+O

キョン「………」わしゃわしゃ

ザー

キョン「……あがるか」

鶴屋「あづー、水ー……あれキョン君出るのかい?」

キョン「ええ、明日の為にもう寝ます」

鶴屋「ふんふん、まっ!明日はあたしもめがっさ手伝うから安心するにょろー」

キョン「ありがとうございます。じゃあまた明日」

鶴屋「ばいばーい」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 11:35:12.31 ID:pS2koQi+O

キョン「……さて寝るか」


……

キョン「コーヒーなんて飲むんじゃなかったな、羊でも数えるか」




キョン「1058匹、羊が1059匹……zz」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 11:42:29.12 ID:pS2koQi+O

キョン『ん?此処は何処だ?………あれ、俺男に戻ってるじゃないか』

古泉『おめでとうございます』
みくる『おめでとうキョン君』
長門『…………』パチパチ
鶴屋『よかったねーキョン君!』
谷口『よかったじゃねーか』
国木田『おめでとう』
ハルヒ『よかったじゃない』
朝倉『あはは』

キョン「なんで朝倉がいるんだよ!!!!!」ガバッ

キョン「ああ、夢か」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 12:44:42.11 ID:pS2koQi+O

コンコン ガチャ

ハルヒ「キョン!本を探しに行くわよ!」

キョン「いきなりか、ちょっと待ってろよ」
キョン(ノックする意味あったのか?)

ハルヒ「ちなみにあたしとあんたと有希で一組だからね」

キョン「ああそうかい」

ハルヒ「有希もあの鈍臭いキョンにいってやりなさい!はやくしろって」

長門「………」

キョン「わかったから焦らせるな」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 12:48:04.96 ID:pS2koQi+O

キョン「じゃ行くか」

ハルヒ「とりあえず聞き込みね、なんたって飛んでどこかにいったんだから目撃者がいるはずよ!」

キョン「ハルヒにしてはなかなかいい案だな、しかし本がステルス状態で滑空してたら誰もわからんぞ」

長門「その可能性は否定できない」

キョン「ほら、長門もこういってるし」

ハルヒ「だからって聞き込みしないよりマシってもんよ!わかったらさっさと歩く!!」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 12:51:57.24 ID:pS2koQi+O

キョン「なあハルヒ」スタスタスタ

ハルヒ「なによ」スタスタスタ

キョン「別に班を作らずにバラバラで探したほうが早いんじゃないのか?」スタスタスタ

ハルヒ「ダメよ、あんたやみくるちゃんは絶対に迷子になるからね」スタスタスタ

キョン「さすがに迷子はならないだろ」スタスタスタ

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 13:38:08.67 ID:pS2koQi+O

キョン(聞き込みといっても長門は自分から聞きにいったりしないだろうな
というよりハルヒの目を盗んで長門に聞いちまえばいいんじゃないか
今日の俺は冴えてる、非常に冴えてる)

ハルヒ「あたしはあこらへんに聞き込みしてくるわ」

キョン「ああ」
キョン(タイミングがいい、これで長門と……ん、長門がいない…ハルヒと一緒というわけではなさそうだ
どこ行ったんだよ長門!)

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 13:41:32.94 ID:pS2koQi+O

キョン「携帯………忘れてきた」

ハルヒ「キョン、誰も見てないってさ」

キョン「そうか」

ハルヒ「あれ、有希は?」

キョン「わからん、気付いたらいなかった」

ハルヒ「なにやってんのよキョン!ちゃんと見ておきなさいよ!」

キョン(なんだコイツは、責任転嫁しやがったぞ)

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 13:52:22.15 ID:pS2koQi+O

長門「…………」スタスタスタ

ハルヒ「有希!心配したわよ!」

キョン「どこにいってたんだ?」

長門「これ」スッ

キョン「これは本?てことは……」

悪魔「よう兄弟」

キョン「断じて兄弟じゃない、そして長門、心から感謝する」

長門「いい」

キョン「とりあえず部屋に戻るぞ」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 13:55:41.65 ID:pS2koQi+O

キョン「騒ぐなよ」

悪魔「はっはっは」

ハルヒ「キョン、コイツが本当に悪魔なの?」

キョン「ああ、このムカつくオーラでわかる」

ガチャ

鶴屋「見つかったんだって〜?」
古泉「以外と早かったですね」
みくる「悪魔さん見させてくださーい」

キョン「よし悪魔、今から質問責めだ、覚悟しろよ」


254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 13:59:15.62 ID:pS2koQi+O

キョン「まずお前はどこにいたんだ」

悪魔「ラーメン屋で味噌チャーシューを堪能していた」

キョン「嘘つけ、お前みたいな奴がラーメン屋に行けば即座に通報だ」

悪魔「ならそこの嬢ちゃんに聞いてみな」

長門「彼は嘘をついてはいない、しかし人間に擬態していたために通報などから免れていた」

悪魔「完璧な擬態だったんだがなー、やるな嬢ちゃん」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 14:04:14.93 ID:pS2koQi+O

キョン「……次になんで鶴屋さんに近づいたんだ」

悪魔「お前が俺を投げたから」

鶴屋「そうそう、頭にゴツってなってちょっぴり痛かったよっ」

キョン「あ、すいません……」


256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 14:53:39.96 ID:pS2koQi+O

キョン「まだまだ質問はあるんだが、まあいい、本当に戻す事は不可能なのか?」

鶴屋「嘘をいったら燃やしちゃうよ!」

悪魔「いや、燃やしたら駄目だろ…てかお前達はあれだな、前の奴等に比べて駄目だな」

キョン「前の奴等?なんだそれは」

悪魔「いや、前にも同じ事があったんだがそいつらはお前よりも頑張ってたぞいろいろと」

キョン「そうか、どうでもいい」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 14:56:40.60 ID:pS2koQi+O

悪魔「まあ戻す事は一応できるんだが……」ダッ

キョン「あっ!逃げんな!」

悪魔「教えてほしかったら捕まえてみろ、ハッハッハ」

鶴屋「よっし!!捕まえて吐かせるにょろー!」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:06:46.65 ID:pS2koQi+O

キョン「窓から飛び降りやがった…」

ハルヒ「本のくせに生意気ね」

みくる「おわなくていいんですか?」

キョン「そりゃ追いますよ!」


265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:09:14.66 ID:pS2koQi+O

キョン「鶴屋さん、絶対ここらへんにいますよ!」

鶴屋「キョン君凄いねっ!なんでわかるにょろ?」

キョン(そりゃ長門がいればわかりますよ)

長門「あの木に擬態している」

木「!!」ビクッ

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:12:00.24 ID:pS2koQi+O

キョン「さて、もう逃げられないぞ」

鶴屋「有希っこさすがだねっ!」

木「木です」

キョン「木は喋らん」

ハルヒ「じれったいわね、面倒だから蹴り飛ばしていい?」

キョン「いってやれハルヒ」

木「…………わかったよ」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:15:44.82 ID:pS2koQi+O

ドロン

悪魔「しょうがない、元に戻る方法を教えてやるか」

ハルヒ「なんかコイツの態度がムカつくんだけど」

キョン「気にするな、それより早く教えてくれ」

鶴屋「もし嘘を教えたら容赦しないにょろよ」

古泉「長門さんも容赦しなくてもいいですよ」
キョン「同感だ」

長門「わかった」

悪魔「………悪魔に脅迫とはお前達すごいな」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:19:32.61 ID:pS2koQi+O

悪魔「今から教えてやるからよーく聞けよ」

キョン「…………」

悪魔「方法とは………」

鶴屋「……………」

悪魔「簡単だ」

ハルヒ「蹴り飛ばしていい?」

悪魔「蹴ったら言わない」

ハルヒ「じゃ、殴るわ」バキッ

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:24:11.72 ID:pS2koQi+O

悪魔「………痛い」

長門「…………」

悪魔「本当に方法を教えるからもう止めてくれ」

ハルヒ「じゃあ早くいいなさいよ!!」

悪魔「…方法はな、俺に向かって俺にかけられた魔法でおきた1番ムカついた事を大声で叫ぶ。それだけ」

キョン「…………」
鶴屋「………」

みくる「わわわ…皆さん堪えてくださぁーい」あたふた

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 17:27:50.19 ID:pS2koQi+O

悪魔「ほれ、早く言ってみな」

キョン「……じゃあ俺からでいいですか鶴屋さん」
鶴屋「いいよっ」

キョン「……俺はっ………」

悪魔「ストップ、俺に対して言うのはNGだからな」

ハルヒ「ちょっとキョン恥ずかしかったでしょ」

キョン「………」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 18:07:57.66 ID:pS2koQi+O

悪魔「続き言ってくれ」

キョン「今度は止めるなよ」

悪魔「大丈夫だ」

キョン「じゃあ気をとりなおして……
俺は女になって1番腹が立ったのは国木田に見下ろされた事だ!!!…だ!!!」

ハルヒ「なにそれ、あんた馬鹿じゃないの?」

キョン「お前にはわかるまいハルヒ!いつも俺より身長が低かった国木田に見下ろされたんだぞ!?」

悪魔「へえ、なんかお前小さいな、じゃ次」

鶴屋「あたしはねっ!ハルにゃん達にばれないように『にょろ』や『めがっさ』を言えなかった事だよっ!!」

悪魔「へえ、そんなことか…ま、いいやじゃあ元に戻すか」

キョン「言えば元に戻るんじゃなかったのかよ!!」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 18:13:35.29 ID:pS2koQi+O

悪魔「んじゃ呪文となえるから待ってろ」

キョン(………ムカつくが元に戻るならいいか)




ザケル!!!!

一同「!?」

悪魔「ぎゃあ!!燃える!!!本が燃えて俺死んじまう!!」

ぼわっ

きよまろ「よくやったガッシュ、これで魔界の王になれるな…しかしまだ魔本があると聞いた時はヒヤッとしたなぁ」
ガッシュ「ウヌゥ、きよまろ!ありがとうなのだ」
ハッハッハ

キョン「………は?」


276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/20(木) 18:21:46.47 ID:pS2koQi+O

月「……他人の所有物の破損、これは立派な犯罪だ!高嶺清麿、ガッシュ・ベル、削除」

清麿・ガッシュ「うぐっ」バタ

月「魔界の住人にもDEATH NOTEは作用する。これは僕に魔界の神にすらなれと告げているらしいなリューク」

リューク「人間っておもしろ!」
ハァーハッハッハッハッ

ハルヒ「きょ…キョン?」
みくる「鶴屋さん…?」

キョン「鶴屋さん、俺達はもう元に戻れないみたいですね
鶴屋「そうみたいにょろ」
キョン「鶴屋さん!」
鶴屋「キョン君っ!」

キョン・鶴屋「結婚しよう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      完

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/20(木) 18:44:36.16 ID:pS2koQi+O

これで終わりです
こんなアホスレに保守してくれた人どうも
あー楽しかった
よしクロノトリガーだ






   rー" ̄ ̄ヽ
ば / /"ヽ ヽ \
い // /   ヽハ 、ヽ
ば〃{{ノ  \リ||| |
いレ小|●  ● 从|、|
 ヽ|⊃ 、__ ⊂⊃|ノ|
/⌒L|ヘ ヽ_)  j/⌒リ
\/ | l>r、_イァ/ /|
`/ /| |ヾ|三/{ヘ_∧|
ヽ< | | ヾ∨/ヾ 彡"|



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「彼の私生活を調査する」