長門「あぁ!? なんだテメーらは」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS: 涼宮ハルヒが大学生になったんだってさ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:28:23.09 ID:JXopc32uO

長門「部室を貸せだぁ!?
貸して下さいだろテメー畜生ボンクラが」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:33:47.24 ID:JXopc32uO

ハルヒ「ひっ…ご、ごめんなさい…私…」

長門「小娘が意気がってんじゃねぇ。失せろ」

キョン「ほほう、中々に不遜な態度だな」

長門「んだテメーは」

キョン「男だよ」

長門「んなこたぁ見りゃあ分かんだよ! 誰だって聞いてんだタコ助!」

キョン「タコ助ではない。キョンという名前がある」

長門「けっ、気味が悪ぃぜ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:38:33.33 ID:JXopc32uO

長門「で、そのキョン様が一体この我が文芸部に何のご用で?」

キョン「別に様付けは結構。身分はわきまえているつもりだ」

長門「皮肉垂れてんだよバァーカ! 誰がタコ助に様付けるかボケナス」

キョン「む、君の発言には不可解な点が多数見受けられるな。つい先ほどまでの敬う態度から一転して更に前の不遜な態度へ逆戻り…実に興味が湧く」

長門(うう〜…やべぇ、変なのに捕まった…)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:47:01.66 ID:JXopc32uO

キョン「自己紹介も済んだところで改めて用件を言わせていただこう。
彼女と私に君の部室をしばらく貸与していただけると有難いのだ」

長門「断る」

キョン「まぁそう言わずに。君と私の仲だろう」

長門「会って五分の仲じゃねーか」

キョン「五分で充分。絆に時間の概念は存在しない」

長門「気持ち悪いから帰れよ真面目に」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:52:05.77 ID:JXopc32uO

長門「俺は今から読書に勤しむんだよ。テメーらみてぇな変人様とお付き合いしてる暇はねーんだ」

キョン「だから様付けは結構だと――」

長門「皮肉だっつってんだろボケナス!
とにかくテメーらみたいなのにはオレの部室は貸すつもりはねぇ!! 消えな!」

ハルヒ「ひいっ…キョンさん、どうしよう」

キョン「私に任せておけハルヒ嬢」

長門「お、おい…? 何やってんだよ、勝手に入るなよ」

キョン「そうだった。失礼する」

長門「挨拶の問題じゃねー!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:00:39.97 ID:JXopc32uO

スタスタスタ

キョン「悪いが椅子を借りるぞ。
あとハルヒ嬢は戸を閉め、しばらく待つように」

ハルヒ「は、はい」

ガラガラピシャリンコ

長門「…おい、何する気だよ」

キョン「君に進んで協力する意思がない以上、強制措置を取らせてもらう」

長門「強制…措置?」

キョン「これは何かな?」

バッ

長門「そっ、それに触んじゃねぇハゲ!」

キョン「失礼な。育毛剤は投与済みだ。
それよりもこのノート…表記は『部日誌』と書かれているが、はてさて如何様な記述がなされているのか、非常に興味深い」

長門「読んだら殺す」

キョン「低俗な言語だな。
読むかどうかは君の対応次第さ。さて、どうする?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:08:02.17 ID:JXopc32uO

長門「く…」

キョン「それに扉を閉めたのには理由がある。これさ」

ゴソゴソ…
ポロッ

長門「きゃあっ! …っじゃなくてっ、なっ、何イチモツ出してやがんだテメー! キモいんだよ死ね!」

キョン「フフフ…私のこの巨塔と化したイチモツの主砲の方向をこの部日誌に向け、主砲の銃身をスライドし続ければどうなるか…低俗な君になら想像がつくだろう?」

長門「汚ぇぞ…色んな意味で」

キョン「チンチンシュッシュッ!!
さぁ時間がないぞ、どうする…っふ、おっと危ない危ない」

長門「くぅっ…!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:12:28.67 ID:JXopc32uO

長門「やめろっ!!」

ピタッ

キョン「…」

長門「ちょっと不満そうな顔でオレを見んな!」

キョン「止めたということは、私たちの要求を飲む気になったらしいな」

長門「ああ…分かったよ、部室を、貸せばいいんだろ。
クソッ、こんな変態ヤローなんかに…オレは…」

キョン「すまない。協力感謝する。
ところでティッシュとゴミ箱が欲しいのだが」

長門「よそでやれキチガイ野郎が!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:20:35.50 ID:JXopc32uO

ゴソゴソ…キュッ

キョン「もう良いぞハルヒ嬢。交渉は成立した。我々の勝ちだ」

ハルヒ「ほ、本当ですか!? ありがとうございます!」

長門「ちっ…」

キョン「気に病むな。新風が吹き込んできたと思えば問題ないさ」

長門「ずいぶんと腐った風だぜ…さてと、それじゃあオレはセンコーに退部届けでも出してくるかね」

ハルヒ「え…?」

キョン「それはどういう意味だ長門嬢」

長門「気安く名前で呼んでんじゃねーよ。
どういう意味か? お前らがこの部活を乗っ取りにきやがったんだ。
敗者は去らなくちゃ、な」

キョン「なるほど。一つの殻にヤドカリは二つは住めないという訳か」

長門「そういうこって。ま、気にすんなよ。明日からはまた中学ン時みてぇに気ままな廊下暮らしさ。他に行きたい部活もねぇしな」

ハルヒ「…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:27:47.61 ID:JXopc32uO

ハルヒ「あ、あのっ!」

長門「あぁん?」

ハルヒ「その、よ、良かったらなんですけど…
このまま…ここにいる気はありませんか?」

長門「え――」

ハルヒ「実は私たち、SOS団っていう部活を立ち上げようと思っていて…
でも学校の許可が降りなかったから仕方なく、なるべく人のいないところにパラサイトしようと思ってたんです」

長門「甘い汁すする気満々かよ」
ハルヒ「長門さん…貴方はこの場所、好きではないのですか?」

長門「…っ」

ハルヒ「無理強いはしません。ですけど、なるべくご迷惑はお掛けしないように努めるので、どうか、このままここにいてもらえませんか?」

長門「…分かった」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:32:18.68 ID:JXopc32uO

ハルヒ「本当ですか!?」

長門「ああ…正直ここ、静かだし夕日が綺麗でさ。結構気に入ってたんだ。冬だと廊下寒いしね」

ハルヒ「じゃあ…」

長門「ああ、迷惑かけないようにって、もう充分迷惑は被ってんだ、気にしないでどんどん迷惑掛けな」

ハルヒ「長門さん…ううぅ〜」

長門「泣くな泣くな。女の子だろうに」

キョン「うむ。不覚ながら私も少々感動を覚えてしまった」

長門「何だお前まだいたのか帰っていいよ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:39:27.46 ID:JXopc32uO

キョン「随分とつれぬ態度だな長門嬢。同じ部の友ではないか」

長門「アンタは変態だから例外だ若ハゲ野郎」

ハルヒ「わ…わか…」

キョン「失礼千万。アデランスには律儀に通っている」

長門「効果が見えないところをみるとお前の頭皮はヤバいらしいな」

ハルヒ「あ、あの…お二人とも、喧嘩は…」

キョン「ハルヒ嬢、これは喧嘩などではない。ただの愉快な言葉のやり取りだ」

長門「愉快なやり取りの割には不快感最高だなタコ助」

キョン「ほぅ、どうやら君は記憶力が相当にないとみえた。
私の名前を三回も間違――」

長門「皮肉だっつってんだろ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:44:13.46 ID:JXopc32uO

長門「大体ハルヒ、アンタ何でこんな変態と一緒にいるんだよ」

キョン「私は決して変態などではない。先ほどの応酬についてはやむをえず――」

長門「お前はちょっと黙ってろ」
キョン「むぅ」

ハルヒ「…そもそも、始まりは始業式の日に遡ります――…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:51:42.37 ID:JXopc32uO

――始業式の日


先生「えー、それでは皆さんに自己紹介をして貰いたいと思います。
それではどうぞ」

ガタッ

ハルヒ「ひ、東中出身、す、涼宮、ハルヒ、です…」

クラスメイト「…」

ハルヒ(み、皆が私を見てる…っ)ドキドキ

ハルヒ(この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、もし良ければ私のところに来ていただけると助かります…以上です)

先生「ハルヒさん? どうしました黙り込んで」

ハルヒ「い、いえっ、これで終わりますっ!」(うう、言葉にしてなかった…最悪…)

先生「ええ〜…次はと、キョンさん、どうぞ」

キョン「ハイ」

ガタン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 22:55:44.83 ID:JXopc32uO

キョン「私の名はキョン。性別は男だ。
もしこのクラスに何らかの特殊な素性を保持した生徒がいたならば是非とも我がところへ来るように。心を込めて歓迎しよう。以上」

ハルヒ(え…?)

クラスメイト「ざわ…ざわ…」

先生「はーい、静かにしなさい。では次は谷口君――」

ハルヒ(この人…私と、同じだ…)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:00:48.07 ID:JXopc32uO

キーンコーンカーンコーン



ハルヒ「あ、あの」

キョン「む?」

ハルヒ「さっきの、話は…」

キョン「ほほぅ、というと君は何人かね? 待て、今記録用の紙とペンを――」

ハルヒ「ち、違うのっ」

キョン「?」

ハルヒ「あれ、本当なのかな、って」

キョン「本当も何も、嘘をついて何のメリットがあるというのだ」

ハルヒ「じゃあ本当に…」

キョン「ああ探している。中二病と囃されたとて構わんくらいには、な」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:09:25.04 ID:JXopc32uO

ハルヒ「あ、あのね、実は私も…」

カクカクシカジカ



キョン「ふむなるほど。では我々は出会うべくして出会った思想共同体というわけだ」

ハルヒ「ねぇ、これからどうすればいいのかな。
待ってたってそうそう来ないよね、この類いの人たちって」

キョン「ふむ。ではこちらから先手を打つにはどうするか。
我々には本拠地を構える必要がありそうだ」

ハルヒ「そうだ! 部活を立ち上げてビラを配ればいいんだよキョン君!」

キョン「名案だハルヒ嬢。
では効率良く印刷物が刷れる環境下にある部活といえば…」

ハルヒ&キョン「文芸部!!」

ハルヒ「キョン君、そういえばこの高校の文芸部は今は部員が一人しかいないらしいよ」

キョン「ほほぅならば活動もしやすく幅が効くというもの」

ハルヒ&キョン(やるしかねぇ…)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:17:07.75 ID:JXopc32uO

――回想終了



ハルヒ「…――というわけなんです」

長門「なるほど。かなり痛いなお前たち」

キョン「フッ…浪漫を持たぬ者には分かるまい…
この未知に対するそこはかとないこの興奮が!」

長門「くたばれ変態め」

キョン「ふん。とにもかくにも在籍するからには我々に協力して貰う」

長門「冗談。誰が好きこのんで中二の集会に首をはさ――」

キョン「チラッ」

長門「!!?」

キョン「チラチラッ」

長門「テメェ…部日誌を…きたねぇぞ」

キョン「とりあえずソイジョイでも食し落ち着くことだ」

モグモグ



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:24:30.11 ID:JXopc32uO

長門「部内は飲食禁止だバーロー」

キョン「さて、では部活は成立、次は部員を集めるか」

ハルヒ「はいっ、そうしましょう」

長門「ねぇオレの話聞いてる? 聞いてるのか?」

キョン「む、もちろんだ。ちなみに私は蕎麦のほうが好きだが」

長門「何の話だこのスットコドッコイが!」

キョン「ともかく、君は社交性に欠けているようだから君には今まで通りに過ごしていて貰うことにするよ。当面は、だがな」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:29:45.31 ID:JXopc32uO

長門「はん、言われなくともそうするさ。
変人のやることに興味はないね」

キョン「そうトゲを刺すな。
ない胸がもっとしぼむぞ」

長門「なっ!」バッ

キョン「ふ…冗談だ」

長門「うっ、うるせぇ! 分かってら!」

キョン「何だ、意外に可愛いところもあるな。
ワルデレか」

長門「黙れあほんだら!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:38:51.15 ID:JXopc32uO

長門「オレは新ジャンルじゃねーんだよバァーカ!」

キョン「それよかとにかく部員集めとビラ配りだ。
時期が来たらこの環境も向上させんとな」

長門(オレの部室が壊れてく…)

ハルヒ「キョンさん!」

キョン「何だねハルヒ嬢」

ハルヒ「一応私たちも居候の身…宿主の意向も参考にしたほうが」

長門「私は大家か何かか」

キョン「それもそうだな。いやすまなかった長門嬢。
さて、どれから始めるのが賢明だろうか」

長門「そういうこったねーだろアホタレが!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:43:25.63 ID:JXopc32uO

――数日後



キョン「…というわけで、まずは印刷物の質の向上や作業効率向上、その他もろもろの理由から…」

長門「要は部員集めんのが先なんだろ」

キョン「そういうことだ」

ハルヒ「ではどうしましょう。どうやって部員をかき集めればよいのか…」

キョン「案ずるな。私に策がある」

長門「とてつもなく不安だ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:51:44.03 ID:JXopc32uO

バンッ

長門「机を叩くんじゃねぇ…殺るぞテメェ」

キョン「ターゲットはこの可憐な美少女、朝比奈みくる。
一個上の先輩にして恐ろしい親衛隊を保持している。手強い相手だ」

長門「なんだろうね、あっちもこっちもバカばっかで嫌になってきた…」

キョン「諦めろ。彼女の美貌と魅力、そして指導力はまさにカリスマ。
彼女を我がSOS団に引き入れさえすれば、それはさぞ大きな貢献となるだろう」

ハルヒ「凄いですね…」

キョン「ただし相手には強力な壁――彼女を崇拝し心酔する親衛隊が存在している」

長門「なんじゃそら」

キョン「親衛隊の筆頭は割れている。仲間内からはめがっさ鶴屋さんと呼ばれる悪魔のような女らしい」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 23:58:17.87 ID:JXopc32uO

キョン「彼女の得意技にょろ〜んは相手を骨の髄から溶かしてしまうとか…いやはや敵にしたくない相手だ」

長門「ああもうバカばっか」

キョン「だが我々にはリスクを犯してでも手に入れる価値のある看板娘を入手しようとしている。
覚悟はいいな」

長門「いいえ」

キョン「結構。作戦は誰かが囮になっている隙にみくるさんを陥落――なんてちゃちい真似はしない。
一気に親衛隊の頭を叩く」

長門「馬鹿だろ…お前」

キョン「ジャンプ的にはよいではないか」

長門「雑誌の中に帰れよジャンプ厨」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:10:16.62 ID:GcX4Mll1O

キョン「決行は今日の放課後。皆、期待しているぞ」

長門「待てよ。誰がめがっさ鶴屋さんとやらと対決するんだ?」

キョン「む? むろん君に決まっている」

長門「お…れ、が?」

キョン「見たところ君はガラが悪そうなのでそういった血生臭いチャンバラは相当数の場数を踏んでいると見える。
よって君が適任と考えた。どうだ」

長門「ざっけんじゃねー。こちとらよくダチ公からもよくそう言われっけどよ、
わりーが私はインテリなんだよボケ。本が大好き喧嘩は嫌いなんだ」

キョン「なんと」

長門「腹筋、背筋、腕立て伏せ、総計十回が最高数だが文句あっかよ」

キョン「可愛いな。萌えるぞ」

長門「黙れ」

キョン「なるほど、君のその突っ張った態度がそういうところにも起因しているのが理解出来たよ」
長門「だったら――」

キョン「では健闘を祈る」

長門「あれ!? 何か別の策練れよバカー!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:15:49.91 ID:GcX4Mll1O

――放課後



長門(結局オレがやるのかよ…あいつ男のくせに…)

長門(ケータイで追って指示を出すとか言ってたけど、まだかな)

ピリリリ

長門(来た!)

キョン【二年生の教室で明かりがついているただ一つの教室、そこに親衛隊及び朝比奈みくるは居座っている。
親衛隊のヘッドを潰した後、私に連絡を】

長門「二年生の教室で明かりがついてる教室か…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:21:56.39 ID:GcX4Mll1O

タッタッタ…

長門「はぁ…はぁ…(走るだけでも疲れるってのによ)」

長門「ん? もしかしてあれか…明かりがついてる教室…」

長門「…」

ぺしっ

長門(大丈夫…怖くない。ビビることなんてない!
もうあの頃のオレじゃないさ…)

長門「…よし!」

ガラララッ

長門「オラァ!! めがっさみくるってのはどいつだ!」

?「!!?」

長門「あ…(やべぇ…緊張して噛んじゃった…)」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:25:23.02 ID:GcX4Mll1O

長門「だからその…あ、朝比奈だよっ! 朝比奈みくるだせばっきゃろー!」

?「あら、私を呼んだかしら」

長門「テメーが!」

?「朝比奈みくる…以後お見知りおきを。ふふっ」

長門(な、なんてオーラだ、まるで周囲の大気が歪んでいるかのような…)

みくる「あら、このストーブ少し熱気が強いわね」

長門「ホントに大気の歪みかよ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:28:19.39 ID:GcX4Mll1O

長門「朝比奈みくる…テメーの側近に用があんだよ。今すぐ呼んできな」

みくる「安心して。もういるわよ」

長門「何だと?」

みくる「そうね、例えば背後に気配、感じない?」

長門「!」バッ

?「めがっさ」

長門「しまっ――」

ドシュッ

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:32:49.75 ID:GcX4Mll1O

みくる「あらあら、間一髪ね」

長門「…」

長門(危ないところだった…足がもつれてコケてなかったら、今頃――)

?「にょろ〜ん」

長門(あの毒手の餌食ッ…!)

みくる「紹介するわ。私の側近にして大親友の鶴屋ちゃんよ」

鶴屋「めがっさにょろにょろ」

長門「はっ、上等…!」(どうしようどうしようどうしようどうしry)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 00:38:53.79 ID:GcX4Mll1O

みくる「さあ鶴屋ちゃん、私に不用意に近付こうとする不埒な分からず屋を消しなさい」

鶴屋「了解にょろ」

ビュビュッビュ

長門「うおっ!?」

みくる「うふふ…さっきまでの威勢はどうしたのかしら?
せいぜい逃げなさいな」

長門「まずいな、このままじゃ…」

鶴屋「にょにょにょろ〜ん」」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 06:36:33.24 ID:GcX4Mll1O

ガシャアアアン

みくる「何事!?」

キョン「長門!」

長門「! クソ遅ぇんだよキョン!」

キョン「悪い。待たせたな」

鶴屋「にょにょろ?」

キョン「さて、始めるか」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 06:44:59.45 ID:GcX4Mll1O

スッ

長門「…おい、何だよそれ」

キョン「魔法の布だ」

みくる「今更一人増えたところで構うことはないわ鶴屋ちゃん。
まとめて片付けてしまいなさい」

鶴屋「了解にょろ」

キョン「ほぅ、この私を甘く見てもらっては困るな」

鶴屋「にょろ〜ん」

スカッ

鶴屋「!?」

キョン「遅い!」

みくる「背後に!?」

バッ

鶴屋「にょにょにょ!?」じたばた

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 06:53:12.43 ID:GcX4Mll1O

キョン「…」

長門(布を嗅がせてる?)

鶴屋「にょ、にょろ〜、ん…」バタッ

キョン「ふぅ、やっと大人しくなったか」

長門「キョン、そいつは?」

キョン「クロロフィルだ。科学部から拝借してきた」

長門「だから時間が掛かったのか」

キョン「うむ」

長門「…最初から囮にするつもりだったんだろ」

キョン「敵にまずお前で慣れさせ油断させ、虚を突く必要性があった」

長門「ざっけんじゃねーぞこのボンクラが!
オレはもう少しで死ぬトコだったんだよ!!」

ガックンガックン

キョン「揺さぶるな気持ち悪い吐くぞ」

長門「うわっ…」パッ

キョン「さて、では親衛隊も排除したところだし、本題に――」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:02:55.89 ID:GcX4Mll1O

長門「あれ? そういや他のはいいのかよ」

キョン「親衛隊のことか? 親衛隊のヘッドは潰したし問題ないのでは」

長門「オイオイ大丈夫かよ。
もし頭を潰された怒りで残りが全部襲いかかってきたらどうすんだよ」

キョン「あ」

長門「?」

キョン「…その可能性は考慮していなかった」

長門「ばかー!」

キョン「む、朝比奈みくるはどこへ消えた」

長門「え? あ、いつの間にかいない…」

キョン「さては廊下か!」

ガラリンコ

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:10:11.55 ID:GcX4Mll1O

キョン「なんと、廊下に待ち受けるは親衛隊残党ではないか」

長門「わざとらしい説明口調だな」

ガラリンコ

キョン「さてどう突破する?」

長門「フツー逃げるだろここは」

キョン「虚を突く。問題ない」

長門「じゃあお前一人で行けよ。オレは逃げる」

キョン「何、体を張ってカミカゼ特攻するって?
なんと献身的な態度か」

長門「お前の耳は都合の悪いことは全てシャットアウトするフィルターでも付いてるのか?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:16:00.66 ID:GcX4Mll1O

キョン「まぁ落ち着きたまえ。私に策があるのだ」

長門「どうせろくでもないのに決まってるけどな」

キョン「どうせ親衛隊は全員女…朝比奈みくるという象徴的な存在に依存するだけの者たちだ。
故に、おのずと強いショックイメージを植え付ければきやつらは現実へと引き戻され、発狂する」

長門(強いショック? まさか…)

ゴソゴソ…

キョン「テーデレッテッテー」

ポロリ

長門「変態! 変態! 変態! 変態!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:19:11.41 ID:GcX4Mll1O

キョン「では参る!」

ガラリンコ

親衛隊「きゃあああああ!」

親衛隊「いやあああああ!」

キョン「フンハァ―――ッ!」

親衛隊「あうう…ゾウさんが…」パタリ

パタパタパタパタッ

長門「嘘だろ…」

キョン「ふっ、脆いな」

ゴソゴソ…キュッ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:23:45.33 ID:GcX4Mll1O

キョン「さてお前はもう終わりだ朝比奈みくるよ、観念しろ」

みくる「…」

キョン「ふっ、どうした? まさかこの後に及んで策をろうじて…」

みくる「ふぇ…」

長門「あん?」

みくる「ふぇぇ…ご、ごめんなさい。い、痛いのはイヤ…だから許してぇ。
今までネコ被ったのは謝るから、だから…
ううひぐっぐすっ」

キョン「…」

長門「…」

キョン「…長門嬢」

長門「…ああ」

キョン「不覚ながら萌えた」

長門「変態」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 07:31:13.54 ID:GcX4Mll1O

キョン「なるほどな…カリスマの皮を剥いたらこれが正体とは」

みくる「わ、私、嫌われたくなかったの…皆が私をちやほやしてくれるけど、本当の私を見たら幻滅して離れてくんじゃないかって…」

キョン「なるほど」

長門「はっ、馬鹿だなアンタ」

みくる「えっ?」

長門「いいか? アンタ自身は変わる必要なんてないんだよ。
皆アンタが好きだから集まってきてるんだ。別にアンタがそれに合わせる必要なんてないのさ。
アンタは自然体でいい。好かれようとする必要はないのさ」

キョン「長門嬢…」

みくる「ううぅ…ありがとうございます」

ぎゅっ

長門「ばっ馬鹿、やめろよ恥ずかしい」

みくる「恥ずかしがらないで下さい…本当にありがとうございます。貴方は私の光です」

キョン「何やら怪しげな空気」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 12:40:11.98 ID:GcX4Mll1O

出先から少し投下する



キョン「とにもかくにも一人目確保だな」

長門「どうにも先が思いやられるよ」

みくる「一人…目…?」

キョン「君には我がSOS団に入部してもらう。この誓約書にサインを」

みくる「はい…」サラサラ「…あの」

キョン「何かね」

みくる「長門さん、いえ、長門様は、SOS団に入部してらっしゃってるんでしょうか?」

キョン「肯定だ」

みくる「そうですか! 良かった…」

キョン「一体何だと言うのだね」



149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 12:41:05.33 ID:GcX4Mll1O

みくる「私…恥ずかしながら長門様に――惚れ込んでしまいました」

長門「ええっ!?」

みくる「ですから長門様と同じ部に籍を置ける…それがとても幸せです」

キョン「みくる嬢、君は将来怪しげな宗教団体に引っかかりそうで行く末が心配だ」

みくる「うふふ…長門様、長門様…」

長門(変なのがもう一匹増えた…)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 12:42:19.06 ID:GcX4Mll1O

――――数日後、昼休み

キーンコーンカーンコーン



長門「ふーっ…」

長門(やっぱり落ち着いてメシ食うにはここだな)

長門(誰にも邪魔されねーし、マジで最こ――)

ガラリンコ

みくる「長門様ぁっ!」

長門「帰れよ」

みくる「そんな、私まだ何も――」

長門「お前の後ろに引っ付いてる親衛隊の連中がヤバい視線くれてんだよ」

鶴屋「…」じー

親衛隊「…」じー

みくる「気にしてはいけませんわ長門様。さぁ、ご一緒に昼食を取りましょう」

長門(落ち着いてメシ食えねぇ…)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 12:43:33.81 ID:GcX4Mll1O

みくる「さぁ貴方たち、手早く用意をして」

親衛隊「「「はい、みくる様」」」

サササッ

長門(は、早い――!)

鶴屋「みくるっち、準備が出来たにょろ」

みくる「ご苦労様。
さぁ長門様、お昼にしましょう」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 12:46:00.50 ID:GcX4Mll1O

――一方、教室



谷口「時にキョン」

キョン「何かね谷口某よ」

谷口「お前、涼宮と最近絡んでるらしいな」

キョン「否定はせん」

谷口「悪いことは言わん。あいつだけはやめておけ」

キョン「理由を聞こうか」

谷口「あいつが可哀想なんだよ! キョン、お前みたいな変態ヤローに嫌々付き合わされてるってのがな!」

キョン「嫌々ではない。彼女は進んで私と接触を試みてきた」

谷口「一体どうだか。お前のような中二病末期患者にどういう理由で近づいたのか不思議でならん」

キョン「何故なら彼女もまた、特別な存在だからさ」

谷口(駄目だこいつ中二過ぎる…早く何とかしないと…)

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:40:22.50 ID:GcX4Mll1O

?「あ、あの…」

キョン「む?」

谷口「あ…」

ハルヒ「キョン君、お昼、一緒にいいかな…?」

谷口「す、涼宮サン!」

キョン「騒々しいぞ谷口君。
うむ、昼飯程度ならば喜んで」

ハルヒ「ありがとう…えへへ」

谷口(涼宮とご飯涼宮さんとご飯涼宮さんと)

キョン「騒々しいぞ谷口君」

谷口「心を読まれた!?」


184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:41:34.20 ID:GcX4Mll1O

ガタン

キョン「ここは谷口某がやかましい。よければ別の場所で食べないか?」

ハルヒ「う、うん」

谷口「ン何ィーッ!? キョン貴様ぁぁぁ!!」

キョン「君は一人でバーニングしていたまえ。では私はこれにて失礼するよ。では行こうかハルヒ嬢」

スタスタ

ハルヒ「あ、待ってキョン君」

ガラガラ…ピシャ

谷口「野郎め…覚えておけ」


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:42:08.30 ID:GcX4Mll1O

キョン「出てきたものの、とりあえず行くアテはない。
故に部室へ行こうと思うのだがどうだろうか」

ハルヒ「でもあそこは長門さんがお昼を…」

キョン「構わんさ。我々は部員である。寛大な精神で許してもらおうではないか」

ハルヒ「へり下る側なのに随分不遜な態度ですね…」

キョン「私は一向に構わん」

ハルヒ「まぁそれじゃあまず行ってみましょう」


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:50:00.10 ID:GcX4Mll1O

――部室



長門「だぁからいいって! オレは病人じゃねーんだよ!
あーんなんてこっ恥ずかしいマネが出来るかアホ!」

みくる「そんな、長門様、いいではないですか一回くらい…」

長門「もう恥を忍んで二回ほどやってやったじゃねーか!」

みくる「二度あることは三度あると…」

長門「やかましい。大体だな、オレがあーんして食う度に親衛隊の皆様が恐ろしい目でオレを見るんだよ!
特にそこの緑! もといめがっさ鶴屋がな!」

鶴屋「にょにょにょ」

みくる「そんな…大丈夫です長門様。私に危害を加えない限りは手出しはしませんわ」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:55:19.03 ID:GcX4Mll1O

長門「まったく…落ち着いてメシ食おうと思ってりゃ矢先にこれだ」

みくる「そんな…長門様は私がお嫌いなのですか?」うるうる

長門(うっ)

みくる「このだめ押しの九連重ね超特大重箱弁当だって、一晩掛けて親衛隊の方々が作りましたのに」

長門「そこはテメーで作れよ普通」

みくる「長門様は私がお嫌いですか…」ガクッ

親衛隊「「「みくる様!!」」」

長門(もう嫌だ…)

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 17:58:54.77 ID:GcX4Mll1O

長門「…あーあー分かった、分かったよ。あーんすりゃ良いんだろあーんすりゃ」

スッ

長門「ほら、早くしな」

みくる「長門様…ありがとうございます」

みくる(長門様のお口…歯も小綺麗に揃っててああなんてお美しいのかしら。
おまけに手を近付けると感じる湿気をはらんだ生暖かい吐息…あんやだ興奮してきちゃった)

長門「早くしな!!」

みくる「は、はいごめんなさい!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:03:03.00 ID:GcX4Mll1O

みくる「それじゃ、はい、あーん…(ドキドキ)」

ガラリンコ

キョン「失礼する!」

長門「!!」

みくる「あ」

ハルヒ「!」

キョン「…」

全員『…………』



キョン「失礼した!」

ガラララッ
ピシャリ

長門「…」

みくる「…そう気を落とさないで下さい長門様。
これで私たちは晴れて公認のカップルに――」

長門「出ていけー!!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:06:40.33 ID:GcX4Mll1O

キーンコーンカーンコーン



長門「もう嫌だ…。結局メシ食えてねーし、あいつレズだし、多分誤解されたしああもうクソッタレ畜生!!」



長門「…でもまぁ、寂しくはなかった、かな?」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:14:12.54 ID:GcX4Mll1O

長門「ってやべぇ! もうすぐ五時間目じゃねーか」

ガラララッ

長門「体力ねーのに走りたくねー!」ダッタッタッ…





?「へぇ、あいつが長門有希か。結構噂よりも可愛いじゃん。
決めたぜ。やっぱり俺は…」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:22:21.83 ID:GcX4Mll1O

――――放課後



長門「すっかり遅くなっちまったな…ったくセンコーの奴ときたら。
早く部室いかねーとな…あの馬鹿共に何されるか分かったもんじゃねぇ」

?「ねぇそこの彼女♪」

ピタッ

長門「…」

?「キミだよキミ。その麗しき美貌の持ち主のキミさ」

長門「あぁ? んだテメーは?」
?「俺かい? よくぞ訊いてくれた!
俺は古泉。古泉一樹。ただのハンサムなプーさ」

長門(一体何なんだ最近…オレの回りには変態もといバカが多すぎる!)

古泉「おーい聞いてるー?」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:28:31.70 ID:GcX4Mll1O

長門「あー、あれだ、もう良いぜ帰れよ」

古泉「おっと、そんなつれないキミにますますフォーリンラヴなんだぜ?」

長門「気持ち悪いから死ね」

古泉「Oh...」

長門「用がねーならオンナ引っかけてねーで、お家に帰ってクソして寝てな。ファックオフ」

古泉「そんなわけにも行かないんだなぁこれが。
俺はまさにキミに運命の一目惚れってやつをしたのさ…俺の中には今、恋の稲妻が走ってる」

長門「感電死しろ」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:38:51.60 ID:GcX4Mll1O

古泉「落とした女は星の数…転校前の学校じゃあ女を落とし過ぎて学校が崩壊したほどだ。
だがキミほどに俺の思い通りにならない女は初めてだ」

長門「きめぇんだよナル野郎」

古泉「まぁまぁそういわずに。まずはお友達からでいいからさ」

長門「坊やはとっとと失せろ」

古泉「手厳しいねぇ。仕方がない。だが俺の恋の超能力からキミはもう逃れられないさ」

長門(あー痛たた駄目だコイツ)

キョン「そこの君!」

長門「うおっ!」ビクッ

キョン「君は今何と言った?
超能力…そう確かに言ったな」

長門「キョン…テメェいつの間に」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:46:13.20 ID:GcX4Mll1O

古泉「アンタは?」

キョン「私は通りすがりのキョンだ。
長門嬢の萌える反応を楽しむため、脅かす準備をし、そこの廊下の角で待ち伏せていていれば、何やらアンテナに引っかかる単語が耳に入ってきたのでな」

長門「テメェ後でちょっと体育館裏に来いや」

キョン「さてもう一度聞くが、キミは本当に超能力者なのか?」

古泉「ああそうさ! 俺の恋の超能力で落ちない女は一人もいないぜ」

キョン「なるほど…どちらかといえばPSIではなくESPだと」

長門「お前ら話噛み合ってねーだろ」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 18:56:25.99 ID:GcX4Mll1O

キョン「とにもかくにもキミは実に興味深い逸材だ。
是非とも我々SOS団に入団して貰いたい」

古泉「あん? SOS団だぁ?
新手の宗教団体か何かか?」

キョン「断じて違うと宣言しよう。我々は別に布教活動が目的ではない。
我々は君のような逸材を探しているのだ。日々昼夜を問わずな」

古泉「よく分からねぇがご苦労なこって」

キョン「別に無理にとは言わん。ただ、君が入団した暁には、私が命を掛けて撮影した、この長門嬢の秘蔵プロマイド写真を何枚か君に譲ろうではないか」

古泉「なぁ、サインってここでいいか?」

長門「早っ!
つーかキョンテメェェェ!!!!
隠し撮り秘蔵プロマイドたぁどういうことだぁぁぁ!!」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:02:34.78 ID:GcX4Mll1O

キョン「安心しろ。過激なポルノ写真はこの男の手には渡さん」

長門「そういう問題じゃねぇ…テメェよくも勝手に――」

キョン「安心しろ。本当はそんなものはありはしない」ボソッ

長門「え?」

キョン「この男を入団させるための餌だ。どうやらこの男の目的は長門嬢、君らしいからな。
ならばこれなら手っ取り早いというもの。サインさえさせてしまえばこっちのものだ」ボソッ

長門「アンタって奴は…」

キョン「くくく…我が野望のためならば卑劣な手段もいとわない…それが私、キョンという男さ」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:12:57.33 ID:GcX4Mll1O

古泉「書いたぜ、これで良いんだろ?」

キョン(計画通り――!)

キョン(だ、駄目だ、まだ笑うな…しかし…)

キョン「クク…ククク…」

古泉「…なぁ、なんかこいつアブないクスリでもやってんのか?」

長門「気にすんな。これがデフォルトだよ」

古泉「さぁとんだ邪魔が入ってしまったが、改めていわせて貰うぜ」

長門「お断りします」

古泉「まだ何も言ってないのに!?」

長門「どうせ付き合って下さいだろ。
あいにくだけどオレはアンタみたいに軽い奴とは遊ぶ気になれないんだよ…じゃあな、ボウヤ」

古泉「待ってくれ! …ああ、行っちまった」

キョン「気に病むな。長門嬢と同じ部に在籍した以上、チャンスはまだあるさ」

古泉「うう…アンタ、意外に良い奴だな」

キョン「いきつけのマックがある。食いに行こう。奢るよ」

古泉「かたじけねぇ…」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:20:13.24 ID:GcX4Mll1O

長門「まぁったく…」

ガラリンコ

ハルヒ「あっ、長門さん」

みくる「長門様! 待っていましたわ」ダッ

長門「ばっ、コラ! いきなり抱きつくんじゃねー!」

ハルヒ「そこの売店でお茶買ってきたんです。今紙コップに注ぎますから…」

長門「大丈夫だ、自分でやるよ」

ハルヒ「そんな…いいんです。お疲れでしょう?
席に座って本でも読んでいて下さい」

長門「ハルヒ…」

ハルヒ「部室を貸していただいてるんです。これくらいはさせてください」

長門「…ごめんな。ありがとう」

ハルヒ「いいえ、とんでもないです」ニコッ

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/18(火) 19:29:22.01 ID:GcX4Mll1O

みくる「長門様、私おやつがありますのよ?
今袋を開けますから、キョンさんが戻ってきたら食べましょう」

長門「いや、多分あいつは戻ってこないよ」

みくる「何故ですか?」

長門「勘さ。今頃マックにでも行ってるんじゃないのかね、あのナンパ野郎と」

みくる「?」

長門「まぁとにかく、ここは女三人でぱーっとおやつでも食べねぇか?」

みくる「では長門様の言う通りにしましょう」

ハルヒ「私も構いません。それじゃこっそり、してしまいましょう」



254 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/18(火) 23:55:09.14 ID:GcX4Mll1O

日付け変わったら分かんなくなるからとりあえずコテ付けとく

258 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 00:10:16.67 ID:FgHXv5CtO

――――マック



店員「いらっしゃいませー」

キョン「好きなのを選びたまえ」

古泉「じゃあ俺メガマックでwww」

キョン「…」

古泉「チーズバーガーでいいです」

店員「かしこまりました」

キョン「ポテトMだけで」

店員「かしこまりました」



キョン「さぁ食べたまえ」

古泉「えれぇ質素なメシだ…」

キョン「奢るとはいったが金はない」

古泉「じゃあ奢るなよ!」


259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:16:29.11 ID:FgHXv5CtO

キョン「気持ちだけでも受け取りたまえ」

古泉「野郎の汗臭い気持ちなんざいらんわい」

キョン「先ほどから考えていたのだが、君はどうやらひどく女性に対する執着が強いようだが」

古泉「否定はしないぜ」

キョン「何が君を惹き付けているのか、詳しく話を聞きたい。肉欲に飢えているのか?」

古泉「肉欲? はっ、そんなチャチなもんじゃねぇよ。俺のこの崇高な精神は。
女ってもんそのものに惹かれてんのさ」

キョン「異性の神聖性か」

古泉「愛だねこれは」

キョン「エゴだよそれは」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 00:26:59.70 ID:FgHXv5CtO

古泉「ところがどうだ、この高校に入学して、長門有希って一人の女を見た瞬間、ビビッときたのさ。
それまでの俺の信念を揺るがしかねない大事だよ」

キョン「一目惚れということだな」

古泉「俺は決めたのさ。何がなんでも長門有希を振り向かせるとな!」

キョン「己が全てを賭すか…実に気に入った」

古泉「キョン…」

キョン「ところで飲み物が欲しいんだが金を貸してはくれまいか?」

古泉「お前って奴は…」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:00:44.10 ID:FgHXv5CtO

古泉「なぁ、一つ聞いてもいいか?」

キョン「何かね」

古泉「SOS団、あれって、マジで何の集まりなんだ?」

キョン「特殊な素性の持ち主たちをかき集めた集団だと考えてもらえばいい。
この場合の特殊とは、異能者であったり、宇宙人、未来人、UMAその他もろもろのことを指す」

古泉「…それ、本気で言ってるのか?」

キョン「私はいつも大真面目さ」

古泉「はいはいそうか、なるほどな。分かったよ」

キョン「聞きたいことはそれだけかね」

古泉「ん、まぁそうだな。ただ、創設した理由はどうなんだい?」

キョン「創設した理由は他でもない。
のらりくらりとした当たり障りのない学園生活なぞつまらん以外の何物でもないからな。
ちょうど同じものを求めていた同志がいたので都合が良かった」

古泉「なるほど」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:12:19.12 ID:FgHXv5CtO

――――部室



長門「ふー、いやぁ食った食った」

ハルヒ「美味しかったです」

みくる「良かったですわ、喜んで貰えて幸いです」

長門「キョンの野郎がいないと平和そのものだ」

ハルヒ「あはは、彼がいないと確かに静かですから」

長門「そうだな」

ハルヒ「それじゃ、そろそろ片してしまいましょうか」

みくる「また今度やりましょうね」

ハルヒ「そうですね、次はキョンさんと新しく入ってくる古泉も入れて」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:17:56.18 ID:FgHXv5CtO

――――数日後の朝



キョン「…」

国木田「あ、やあキョン。今日は早かったね」

キョン「国木田か。お早う」

国木田「どうしたんだい下駄箱の前でじっとして」

キョン「いや、なんでもない」スッ

国木田「?」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:28:12.70 ID:FgHXv5CtO

――――部室



キョン「…手紙か」

ビリビリ
ピラッ

【キョンさんへ 今日の放課後、教室で待ってます】

キョン「…」

キョン「何かと思えば恋文とは。くだらんな」

キョン「興が乗らん。さしあたり今の私には古泉一樹の超能力の解明が急務だ。
どこの馬の骨とも分からん女のほれたはれたに付き合っている暇などない」

ガサガサ
ポイッ

キョン「さて、行くか」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:33:09.36 ID:FgHXv5CtO

数分後



ガラララッ

長門「よし、誰もいねぇな」

長門「えっと、どこだったかな…進路希望の用紙。昨日屑カゴに捨てたような」

ガサゴソ

長門「…ん?」

ヒョイッ

長門「クシャクシャにしてあるな。こいつか?」

【キョンさんへ 放課後、教室で待ってます】

長門「…」

長門「な、なん…だと…」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:37:29.92 ID:FgHXv5CtO

長門(くくく…あの野郎も迂濶だな。これはいい脅しのタネだぜ。
こいつをネタにキョンの野郎のツラぁ明かしてやるか)

長門(そうだ、教室にいきなり割り込んでやろう…どんな反応するか楽しみだ。相手方も含めてな)

長門(にはははは!)

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 06:41:34.35 ID:FgHXv5CtO

――――放課後



長門(そろそろ良い頃合いなんじゃねーか?)

長門(部室にヤツがいないところを見ると、ほぼ確定だろ)

長門(行ってみるか)

タッタッタ…



長門(磨りガラス越しでよく中が見えん)

長門(いっそ入るか? そうだな、うんそうしよう)

ガラリ

長門「いっけねー忘れ物しちまったー(棒読み)♪」

298 名前:1 ◆k.FDQwfQH6 [さるさんくらった] 投稿日:2008/11/19(水) 07:12:13.95 ID:Uzsfcrir0

長門(あれ…?)

シーン…

長門(誰も…いない?)

?「あら、貴方は誰?」

長門「!」

?「キョン君ではないわね」

長門「誰だテメーは」

?「私は朝倉涼子。キョン君と同じクラスの学級委員長よ」

長門「ほほう、キョンを呼び出したからにはどんな奇特な人間かと思えば…お堅い学級委員長様とはね」

朝倉「その言い様からして、手紙を読んだのね」

長門「今度からは末尾にこう書いとけよ。【追伸 事後処理は正しい手順で 他人に見られないように】ってな」

朝倉「なるほど、ね。そういうことか。とんだイレギュラーが介入してきたものだわ。情報統制に漏れがあったのかも」

長門「何わけわかんねーことをぶつぶつ呟いてんだよ、テメーは」



299 名前:1 ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 07:18:13.32 ID:Uzsfcrir0

朝倉「ま、これも今後のいい教訓になったと思えばいいか」

長門「その様子じゃ、待ち惚けを食ったらしいな」

朝倉「そうみたい。彼じゃなくて来たのは貴方だし」

長門「おやおや、どうも申し訳ない」

朝倉「…ねぇ、もし」

長門「あぁ?」

朝倉「もし、現状維持のままで待機を言い渡されて――でも現状はどんどん悪化していく。その場合、現場の人間はどう動くべきだと思う?」

長門「何の話だ」

朝倉「現場の人間の独断と断行で事態を解決させるのも、ありといえばありだよね」

長門「知るか。命令行動と集団行動は嫌いなんだよオレは」

朝倉「そう、じゃあ質問を変えましょう」



朝倉「貴方を殺したら、キョンはどういうアクションを起こすかしら」

300 名前:1 ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 07:23:28.39 ID:Uzsfcrir0

長門「な――」

ビュッ

長門「っぶね! 何しやがるッ!」

朝倉「ナイフを突き出しただけじゃない、貴方に」

長門「そういうこっちゃねぇよ! クソッ、いかれてやがる!!」

朝倉「失礼しちゃうね。私は正常だよ。ただ、アクションを起こそうとしているだけで」

長門「このイカレアマが」

朝倉「大人しく死んじゃってよ。早くさぁ」

長門「誰が…! ? (あれ、身体が――)」

朝倉「うふふ…上手く動かないかしら? 当然よ。構成情報を凍結させたのだから」

長門(やば――)

朝倉「さあ、それじゃさようなら」

ヒュン
ドスッ

301 名前:1 ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 07:24:25.32 ID:Uzsfcrir0

朝倉「…」

長門「あ――」

ドサッ

朝倉「…」

朝倉「うふふ」

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 12:43:07.02 ID:FgHXv5CtO

朝倉「これでおしまいね。あとはキョンを――」

「私をどうしようというのだね」
朝倉「え――」

ギイ…(掃除用具入れが開く音)

キョン「長門嬢と同じように殺すのか」

朝倉「キョ…ン。あなたどうして…」

キョン「恋にうつつを抜かす暇はないが、万が一を考慮し、そこの掃除用具入れの中に潜んでいた。まさかこんな事とはな」

朝倉「…」

キョン「目的は何だ」

朝倉「キョン、貴方よ」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:15:06.24 ID:FgHXv5CtO

キョン「何」

朝倉「私は貴方が大好きなの…今までずっと隠してきたけど、入学式の時から貴方がずっと好きだった」

キョン「何だと」

朝倉「私、愛してる人の色んな顔が見たくなるの――笑い顔、怒り顔、泣き顔、それに、苦しむ表情とか…ああ、想像するだけで身悶えしちゃう…」

キョン「長門を殺したのもそれが理由か」

朝倉「出来れば貴方を直接殺して苦しむ顔が見たかったんだけどね」

キョン「…」

朝倉「それじゃ、貴方も――」



キョン「ふざけるな!!」

朝倉「!」

キョン「貴様…絶対に許さん。万死に値する」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:30:43.47 ID:FgHXv5CtO

朝倉「キレた顔も――素敵!」

ヒュン

キョン「遅い」

朝倉「流石ね。でももう終わり」

キョン(…体が)

朝倉「動かないでしょう。構成情報を凍結したの。貴方は終わりよキョン」

キョン「…ククク」

朝倉「何がおかしいのかしら」

キョン「そんな小細工が通用すると思ったのか? この私に」

スッ

朝倉「そんな…しばらくは立てないはずなのに!」


324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:37:21.53 ID:FgHXv5CtO

朝倉「う――あああああ!!」

ヒュン
パシッ

朝倉(腕が…!)

グググッ…

朝倉(なんて力なの)

キョン「動きが止まって見えるな」

朝倉「く…それでも!」

ヒュン
ガシッ

キョン「無駄だ」

朝倉「だとしても!」

ビュッ
ガッ

キョン「諦めろ」

朝倉「そん…な…」

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 13:49:51.76 ID:FgHXv5CtO

キョン「高度なパニック誘導催眠――」

朝倉「!」

キョン「何の薬品かは分からん。が、お前はそれを散布し、相手に軽い麻痺を与える。
虚を突き、動揺している心の隙につけ込み、理解不能な言動で巧みに心を操り、軽度の麻痺にも関わらず、あたかも重度の麻痺状態にあるかのように思わせる。
――それがお前の『構成情報凍結』の正体だ。小細工だな。
落ち着いてさえいれば決して引っかかることはない、チャチな催眠術だ」

朝倉「…あ」ガクッ

キョン「おふざけの罰は償ってもらおうか。粛正だ。報いを受けろ」



329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 14:05:27.75 ID:FgHXv5CtO

「待った!!」

キョン「?」

朝倉「え? そんな…まさか…」
長門「勝手に人殺してんじゃねーっての」

ムクリ

キョン「長門嬢、無事だったのか」

長門「あーびっくりした。いきなり刺されんだもん」

朝倉「私は確かに刺したはず…」
長門「刺されたさ。ただし、胸ポケットにはあいにく愛蔵書が常にしたためられててね」

キョン「まさかそんなチープなお約束とは」

長門「やかましい! 死ぬよかマシだわ」

キョン「ともあれ――生きていたのならこれ幸い。無事で良かった、長門嬢」

長門「…ふん」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 19:29:26.11 ID:FgHXv5CtO

キョン「さて」

朝倉「ひっ」

キョン「それはそれこれはこれだ。
覚悟は出来てるんだろうな」

長門「まぁ待てよ」

キョン「ん?」

長門「オレにも殴らせろ」

キョン「承知」

朝倉「いやあああああ!!」

キョン&長門「鉄拳喰らえ!!!!」

ぼかぼかどげしどがばきどご

朝倉「あうぅ…きゅ〜」

長門「あースッキリした…」

キョン「同意だ」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/19(水) 19:52:04.49 ID:FgHXv5CtO

長門「これに懲りたらホレたはれたもほどほどにするこったな。
特別にセンコーには言わないでおいてやるよ。ま、悔い改めな」

キョン「いいのか?」

長門「いいさ別に。生きてたしな」

キョン「実に男らしい」

長門「お前こそいいのかよ」

キョン「私は一向に構わん」

長門「あれ?」

キョン「どうした」

長門「メガネがない」

キョン(掛けていたのか)

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 20:41:44.72 ID:Uzsfcrir0

なんか携帯の調子が悪いからPCから書き込むわ





長門「ま、別にいいか。コンタクトあるし」

キョン「ふむ。私に眼鏡属性はない故、個人的にもそれを推奨する」

長門「属性ってお前…」

朝倉「…」

キョン「さて、ではそろそろ行くか長門嬢」

長門「そうすっか。あ、なぁキョン、今日はパーティなんだぜ。おやつだけどよ」

キョン「む? 聞き及んでいなかったな」

長門「お前この前あの尻軽ヤローと一緒にマックいったから仕切り直すのさ」

キョン「ふむ、それは楽しそうだな」


379 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 20:47:26.89 ID:Uzsfcrir0

いかんいかんコテ付け忘れてた





長門「ジュースとお菓子のみだけどよ、まぁそこはテンションでカバーしようぜ」

キョン「テンション? そこは古泉某にぜひ任せようではないか」

長門「あいつ馬鹿みたいにうるせーからな」

朝倉「…」

長門(まったく…はぐれ者みたいな寂しい目で見てんじゃねーっての)

長門「――でだな、そういう楽しいパーティってのは、できるだけ多い人数でやったほうが楽しいってもんだ」

キョン「そうだな」

長門「ってなわけだ、おい、そこでしょげかえってるネクラアマ」

朝倉「…何よ」

長門「お前も急げよ。殴ったのは悪かったからよ。顔洗って荷物まとめな」

381 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 20:56:18.45 ID:Uzsfcrir0

朝倉「…!」

長門「んだよ、何そんなにびっくりしてんだよ」

朝倉「だって私は…」

長門「かーっ! ったくどこまでもジメジメしてやがる女だぜ!
いいか、さっきはさっき今は今!
もう忘れろよ、いいな」

朝倉「貴方を殺そうとした相手だよ? 貴方も物好きね」

長門「余計なお世話だ」

朝倉「じゃあお人好しさんね」

長門「早くしねーか!」

朝倉「…はい」

長門「まったく」

キョン「…君の寛大さというか、人徳の深さにはつくづく感心させられるな」

長門「はっ、アンタも見習いな」

キョン「そうさせてもらおう」

383 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 21:04:47.21 ID:Uzsfcrir0

ガラガラ

ハルヒ「あ、キョンさん、それに長門さん」

長門「よっハルヒ」

みくる「長門様ぁっ! やっと来てくれましたのねっ!」ガバッ

長門「だからお前はそのすぐに抱きつくクセを直しやがれ!」

古泉「やぁ麗しの我がプリンセス。今日はまた一段と――ボロボロ!?
我が姫君よ! 一体何をやらかしてきた!」

みくる「そういえば長門様、キョンさんさんと一緒ですけど…お二人で一体何をしてらっしゃったんですか?」

キョン「みくる嬢、顔が嫌疑に満ち溢れすぎていて恐ろしいぞ」

みくる「答えてくれるまで離さないんですから…ね、な・が・と・さ・ま?」ギュムッ

長門「腕痛ぇ腕痛ぇって!」


387 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 21:16:03.41 ID:Uzsfcrir0

古泉「おいそこのレディ、アンタも女なら慎め!
我が愛しのプリンセスの腕がぺきっといったらどうするんだ」

みくる「ふん! 貴方は黙っていてくださいまし!」

古泉「んなぁにぃ〜!? 言わせておけばよくも…」

ハルヒ「あの〜、皆さん少し落ち着いてください」

長門「おい俺の眼前で揉め合う仲の良いお二人さん」

古泉&みくる「誰が!!」

長門「息ピッタリじゃねーか」

キョン「今日はパーティだったのでは?」

ハルヒ「そうでした! 皆さん、急いで準備の仕上げを」

キョン「そうそう、一人パーティに参加させたい者が一人いるのだが、構わんだろう?」

ハルヒ「ええ、勿論。誰ですか?」

キョン「彼女だ」

スッ

朝倉「…どうも」

390 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 21:24:51.00 ID:Uzsfcrir0

ハルヒ「あら、朝倉さんではないですか。驚きました…うちのクラスの有名人がやってくるなんて…
まるで夢見たいです」

朝倉「そんな、私は別に有名人なんかじゃ…」

古泉「なんと…麗しの美貌を持つ令嬢がまた一人…ぜひともメルアドを教えてもらいたい!」

みくる「尻軽」ボソッ

古泉「何 か 言 っ た か ?」

みくる「べっつにー?」

ハルヒ「ではもう一つ椅子を出しましょう…パイプ椅子ですけど、どうぞ」

朝倉「ありがとう」

ハルヒ「それじゃあ、皆さん自分のお好きな飲み物を注いでください」

キョン「ふむ、どうやら準備は整ったようだな」

長門「それじゃ、始めようぜ」

ハルヒ「それじゃ、SOS団創立記念とみくるさん入部記念と古泉さん入部記念とを兼ねて――乾杯!」

一同「かんぱーい!!!!」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/19(水) 21:34:32.73 ID:Uzsfcrir0

長門「おいおいそれなんか上手そうだな」

キョン「む、確かに美味い。新感覚のチヨコレイトウだ。ついつい食が進むな」

ガサッ

長門「バカヤロー袋一つ一人で開けんじゃねー!」スパァン

キョン「あべし!」

古泉「ぎゃあああ! なんか飛んできたぁっぁあ」

みくる「うるさいですわよそこの尻軽!」

古泉「んだとこのわがまま嬢ちゃんが!」

長門「お前らホントに仲良いのな」

古泉&みくる「誰が!! …あ」

朝倉「ふふっ」

キョン「…どうだ、楽しいか?」

朝倉「ええ、おかげさまで、とっても」

キョン「そうか、何よりだ」

396 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 21:46:02.05 ID:Uzsfcrir0

朝倉「貴方は怒っていないの? 私に」

キョン「勿論、内心では腸が煮えくり返り、スチームポットのような荒れ模様だ。
…先程までの話だが」

朝倉「私は…」

キョン「だが、何より刺された本人が許していたのだ。私が怒っても仕方があるまい」

朝倉「大人だね」

キョン「見習ったまでだ」

朝倉「ますます好きになっちゃった」

キョン「もう同じような真似はよすんだな」

朝倉「さて、どうだか?」

キョン「…」

朝倉「冗談よ。それよりキョン、貴方…
本当は長門ちゃんのことが好きなんでしょ?」

キョン「…」


397 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 21:49:06.46 ID:Uzsfcrir0


朝倉「別にいいの。私なんて眼中になくてもね。
でも私はずっと貴方が好きだと思うから。気が変われば、いつでも言ってね」

キョン「…俺は長門嬢が好きだと肯定していない」

朝倉「仮定で良いわよ。とにかく、たとえ報われなくても、私は…」

キョン「…」

朝倉「ま、こんなことをあんまり言ってもしょうがないよね。さ、パーティを楽しみましょう」

キョン「…ああ」

長門「あ! つーかキョンてめぇ、さっき食ったモン今すぐ元に戻せ!」

キョン「無理を言うな。ほら、長門嬢、この美味い棒の抜け殻を進呈しようではないか」

長門「喧嘩売ってんのかテメー!」

ハルヒ「まぁまぁ。さっきのお菓子ならまだもう一つありますから、そんなに焦らないで」

朝倉「うふふふふ…」

398 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 22:01:21.67 ID:Uzsfcrir0

――――数十分後

古泉「ダウトォォォ!!」

キョン「残念だったな。カードは全てお前のものだ」

古泉「シィィィィット!」

長門「キョンお前…表情が読み取れないから反則級だな」

キョン「再三言うが心を落ち着けてさえいればばれることはない」

ハルヒ「ダウトなんて久し振りにやりました」

みくる「大富豪とかも懐かしいですわ」

朝倉「たまにはいいわね、トランプも」

キョン「そうだ朝倉嬢、モノは相談なのだが」

朝倉「?」

キョン「君からはアブノーマルのかほりがどことなく漂っている――故に、ぜひとも我がSOS団に入部しないか?」

朝倉「えっ…」

400 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 22:05:29.90 ID:Uzsfcrir0

キョン「悪くない話だとは思うが」

朝倉「私が…この部活に…」

長門「朝倉、お前」

朝倉「…」

朝倉「私は」

キョン「…」

朝倉(キョン君…)

朝倉「…悪いけど、私は遠慮しておくわ。色々学級委員も忙しいのよ、これが」

キョン「そうか。無理を言ってすまなかったな」

朝倉「いいの。誘ってくれてありがとう」

キョン「とんでもない」

長門「…さて、それじゃ宴もそろそろお開きにしようぜ」

ハルヒ「では、そうしますか」

403 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 22:16:06.10 ID:Uzsfcrir0

ハルヒ「それじゃあ、今日はこれで解散ということで。
今日は皆さん楽しかったです。片付けも手伝っていただいたお陰で、速やかに終わりました。ご協力感謝いたします」

古泉「とんでもない。可憐なハルヒさんの頼みとあらばいつ何時どんな御用でも…」

みくる「…ふっ」

古泉「あ、今お前鼻で笑っただろ」

みくる「べっつにー?」

ハルヒ「それでは私用事があるのでお先に失礼します」

長門「ああ、気をつけてな」

キョン「ご苦労だった」

古泉「それではまた明日会いましょう!」

みくる「楽しかったですわ」

ガラガラ…ピシャリ

みくる「それじゃ私もそろそろ。長門様、お先に失礼します」

長門「おう、じゃあな」

古泉「それじゃ俺もお先に失礼」

キョン「寒くするなよ」

404 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/19(水) 22:17:21.28 ID:Uzsfcrir0


朝倉「…私もそろそろ帰るから」

キョン「分かった」

長門「あったかくしてけよ」

朝倉「今日は本当にごめんなさい。それと…楽しかった」


キョン「礼には及ばんさ」

長門「またそのうちな」

ガラガラ…
ピシャリ

朝倉「…」

朝倉(これで…良かったんだ)

朝倉(ひと時だけの楽しい時を、ありがとうね、二人とも、皆)



朝倉(…お幸せに)

473 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 07:53:55.79 ID:qx65zfJO0

――――数日後の休日



長門(おっ、9mmの新しいアルバムが出てる。そういえばライブ行って見たいな…学祭でコピバンやってみたいけど、難しすぎるしスコア持ってないからな…)

長門(ん? こっちもなんかアルバム出てるな――)スッ

ぐわしっ

長門「ん?」

キョン「む」

長門&キョン「…」

長門「な、キョ、キョンてめぇ!?」

キョン「ほう、奇遇だな長門嬢」

長門「お、お前どうして…ここに?」

キョン「私にこの店舗の出入りを制限された覚えはない」

長門「そういう意味じゃねーよ! ったく…」

474 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 07:55:09.58 ID:qx65zfJO0

長門「ふ〜ん、お前みたいな変態でもこういうトコって来るんだ」

キョン「うむ」

長門「つーか、これ」

ヒョイ

長門「やっぱお前も気になった?」

キョン「肯定だ」

長門「ん? 良く見りゃ知らねーバンドだな…よく見りゃシングルだし…
この曲名、読みは『GOD KNOWS』で良いのか?」

キョン「恐らくは」

長門「…まぁ、とりあえず試聴してみるか」カチャリ



475 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 07:55:30.94 ID:qx65zfJO0

長門「…」

ジャカジャカジャカジャカ…

キョン「…」

長門「――!」

キョン「?」

長門「こ、これは…」

キョン「どうした」

長門「すげー、すげーよこれ! キョン、お前もちょっと聞いてみろ!」

キョン「うむ」カチャリ

キョン「……これは」

長門「すげぇだろ、な、な!?」

キョン「ああ、これは素晴らしい」

長門(これならいける――!)

479 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 08:00:55.88 ID:qx65zfJO0

長門「なあキョン、モノは相談なんだけどよ…」

キョン「――実は私も話がある」



長門&キョン「これのコピーバンド、学祭で…」

長門「えっ!?」

キョン「ほう、どうやら考えは同じだったようだな」

長門「実はオレ、ずっと一回はバンドやってみたくてさ…」

キョン「なるほど」

長門「ギターも実は持ってて…もちろん、そんなに上手くないんだけどよ…たまに練習してたんだ」

キョン「ではぜひこの曲を、学祭までに弾けるようになろうではないか」

長門「よし、決まりだな」

キョン「ああ」

ガシッ

長門「…へへっ」

528 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:24:10.99 ID:qx65zfJO0

――――数日後、放課後

ハルヒ「え? バンド…ですか?」

長門「そう。コピーバンド」

みくる「コピーバンドって何ですの?」

古泉「知らないのかよ」

みくる「うるさいですわ童貞」

古泉「ど…どう…」

キョン「コピーバンドというのは、既存のバンドの曲を真似て演奏するバンドのことだ」

長門「で、これがやりたいと思ってる曲」

(しばらくgod knowsが流れる)

古泉「…へぇ」

ハルヒ「格好良いですねぇ」

長門「だろ? やってみようぜ」

ハルヒ「決まりですね」

531 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:29:17.16 ID:qx65zfJO0

古泉「――ん? ちょっとまったぁ!!」

キョン「何だ騒々しい」

古泉「やるのはまったく構わないけどよ、この曲、スコア――つまり楽譜はあるのか?」

キョン「ふ…そんなことか。ならば大丈夫だ。
私が全て耳コピする」

一同「な、なんだってー!?」

キョン「私は絶対音感を装備している。任せたまえ」

長門「…本当に出来るんだろうな」

キョン「期待は裏切らん。私をもっと信用してもらいたいものだ」

534 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:38:21.89 ID:qx65zfJO0

古泉「百歩譲ってスコアはいい! だが、俺はなんの楽器も持ってないぞ」

キョン「この中で楽器を持っているという者、長門嬢以外で」

ハルヒ「ええと…シンセサイザーが…」

みくる「リコーダー」

古泉「リwwwコーwwwダーwww(笑)

みくる「だまれ真性包茎」

古泉「ほ…ほう…」

キョン「そうか。なるほど分かった。では楽器のほうも私が調達しよう」

長門(もはや何でも出来そうだな、こいつは)

539 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:47:31.20 ID:qx65zfJO0

とりあえずやれるだけやってみる




――――翌日、放課後、軽音楽部部室

ガラリンコ

キョン「失礼する」

学生「だ、誰だお前は!」

キョン「我輩はキョンである」

学生2「文学みたいな紹介くれやがって…何の用だ!」

キョン「なんと不遜な連中だ」

学生3「はん、こちとらガラの悪さで有名な僕たち軽音部…何の用だか存じねぇがな、ただで帰れると思うなよ」

学生2「へへへ…」

学生「フヒヒ…」

学生4「あばばばば!!」

540 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:52:04.29 ID:qx65zfJO0

キョン「ふむ、何も横暴を働きにきたわけではない。
ただ、この部の施設設備楽器をしばらくの間我々に譲渡していただきたいというだけだ」

学生「十分横暴じゃねーか!」

学生2「俺たちに音楽やるなっていってんのかゴラァ!!」

学生3「なめんじゃねーぞテメェ!」

学生4「あばばばばwwwあびゃびゃびゃびゃwww」

学生3「学生4! テメーは少し黙ってろ!」

学生4「ごめん」

542 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 19:56:35.46 ID:qx65zfJO0

キョン「で、どうなのだ?」

学生「決まってんだろ!」

学生2「誰がテメーみてぇな見ず知らずの馬の骨に貸すかボケ!」

学生3「代わりに拳でも喰って帰れ!」

学生4「うえほほほほほいっひwww」

フッ…

軽音部「!?」

学生「き、消えた…?」

キョン「遅い」

ズビシッ

学生3「あべし!!」

ボォォォォォン!!

学生2「学生3ーー!」

543 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 20:00:39.30 ID:qx65zfJO0

スッ

キョン「北斗真拳奥義――」

学生2「ひいっ、助け――」

ボッ

学生2「助け――たす、たすたすたすたたたたたうわらば!!」


ボォォォォォン!!

キョン「二人目…」

学生「う――うわぁぁぁぁぁ!」

学生4「あばばばばやwwwうおおおおっほっほっほwwwww」

550 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 20:26:02.47 ID:qx65zfJO0

キョン「逃がさんぞピザデブ。北斗柔破斬!」

ズムッ

学生「ひ、ひでぶッ!!」

ボグォォォン!

キョン「残るは貴様のみ――覚悟しろ」

学生4「あばばばば…ククク、できるかな、お前ごときに」

キョン「何」

学生4「無想転生」

スゥゥゥゥ

キョン「!?」

学生4「貴様にはこの動きが見切れまい」

555 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 20:40:44.99 ID:qx65zfJO0

ドドドドドッ

キョン「ぐおっ」

学生4「フハハハハーッ! 死ねぇ!」

ユラッ…

学生4(景色が歪んだ!?)

キョン「どうした」

学生4「な…何をした」

キョン「お前は既に幻覚の虜だ。俺の突いた経絡秘孔に気が付かなかったようだな」

学生4「なん…だと…」

キョン「終わりだ」

ボッ

学生4「えひゃい!」

ボォォォォォン

557 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 20:51:18.67 ID:qx65zfJO0

――――……

軽音部「はっ!」

学生「あれ…?」

学生2「俺たち…」

学生3「生きてる…?」

学生4「あばばばばwww」

学生2「っていうかいつの間にか楽器なくなってるし!」

キョン「貴様たちは幻覚を見ていたに過ぎん」

学生3「てめぇやりやがったな!」

学生「俺たちのボスが黙っちゃいねぇぞ」

キョン「…そういえばこの部は、元はコンピューター研究部だったらしいな」

学生「だったらどうした!」

キョン「あいにく、俺はお前らのボスと話はつけてある」

学生3「なんだと…」

560 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 20:56:54.86 ID:qx65zfJO0

キョン「だろう? 元コンピ研部長よ」

部長「はははははwwwひどいザマだなお前たち」

軽音部「あ、アニキ! いえ、ボス!」

部長「悪ぃがお前ら、こいつはいっぺん言い出すと突き進んじまうタイプなんだ。
諦めてしばらく楽器を貸してやってくれ」

学生「で、ですが…」

部長「だいたい、どうせお前ら練習もしてなけりゃ晴れの舞台の学祭でも演奏しねーんだろ?
だったらいいじゃねぇか」

学生2「…へ、へい」

部長「ってなわけだ、借りてけよキョン。後は俺が上手く言っとくからな」

キョン「世話をかける」

部長「いいってっことよ! 気にしなさんな! はっはっはっは!」

564 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:15:53.93 ID:qx65zfJO0

キョン「――というわけで、施設設備及び楽器は全て確保した」

長門「なんてヤローだ…」

ハルヒ「強引というか…その領域すら超えているというか…」

古泉「アンタ北斗真拳伝承者だったのかよ」

みくる「最強ですわ…」

キョン「さて、では今日から早速練習を始めようではないか」

長門「おっと、その前にみんなの楽器の割り振りしねーとよ」

キョン「うっかりしていた。そうだったな。まず長門嬢はギターか?」

長門「ああ」

キョン「そうだな、ハルヒ嬢はボーカル」

ハルヒ「ええっ!? なな、何でですか!」

キョン「私の人選の精度は保障しよう。続いてベース、みくる嬢」

みくる「べーす?」

キョン「後々詳しく教える。あとドラムはそこの君だ」

古泉「名前で呼べよ!」


566 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:20:14.35 ID:qx65zfJO0


長門「おいおい良いのかよそんなに適当で」

キョン「適当ではない。大丈夫だ」

古泉「この女、ベース自体知らない風だぞ」

キョン「後で特別講師による特別指導を行う。問題は無い」

長門「ほんと何なんだよ、お前は」

キョン「私か? 私はギターをもう一つやる」

長門「そういう意味じゃねーよ。何者だって言ってんだよ、ったく」

キョン「ふふふ、それは後々分かることさ。
それよりもみくる嬢、君に用意した特別講師を紹介しよう」

ガラリンコ

鶴屋「やっほー、お久し振りにょろみくるっち」

みくる「鶴屋さんあなた! どうしてここに?」

鶴屋「貴方にもう親衛隊は解散だって言われて暇だったんだけど、キョンにベースを教えてやってくれって言われてね。よろしくにょろ」

574 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:33:45.23 ID:qx65zfJO0

キョン「これで準備は万端だ。では始めよう」



――――

長門「…ふぅ、あー疲れた」

キョン「ふむ」

長門「他の連中の調子はどうだ?」

ハルヒ「――渇いた心で駆け抜ける ごめんね 何もできなくて…」

長門(す、すげぇ…マジ綺麗な声してやがる…)

キョン「我が人選にミスはない」

長門「こ、古泉は!?」

古泉「僕たちもぉそぉやってぇ〜、分かりあえたことにしよおぉぉぉ!!」

ダカダカダカダカダカダダカダカダ!!

長門「ノリノリだな…
ってゆーかそれ9mmじゃねーか! ちゃんとGod knowsの練習しろ馬鹿!」ボカッ

古泉「すいません…」

長門「けどまぁお前もかなり上手いな…そうだ、みくるは?」

575 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:41:11.08 ID:qx65zfJO0

みくる「yearrrrrrrrrrrrr!!!!!!!!」

ズアアアアアアッ

長門「うおおっ!?」びくっ

鶴屋「そうそうみくるっち、センスいいよ! その調子にょろ」

みくる「URYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!」

長門「なんか一番豹変してるな…」

キョン「やはり見込み通り、ベースを持つと性格が変わるタイプか」

長門「そんな奴いたんだな本当に」

みくる「カァァモォォォォン!!!!!!!!!!」

長門「まぁとりあえず出来てるならいいか」

582 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:54:17.45 ID:qx65zfJO0

練習開始から数週間後



長門「――う〜ん…」

キョン「どうした」

長門「いや、何回もやってるんだけどよ…どうにもこのパートが苦手で…」

キョン「どれ」

そっ(背中側から長門の手を覆う)

長門「!」ドキッ

キョン「ここはだな、ここを押さえながらすぐにこっちの弦を――」

長門「え、あ、うん」

キョン「どうした?」

長門「な、なんでもねーよ!」

キョン「そうか、ちゃんと聞いてればそれでいい」

長門(うう…駄目だ…集中できねー)

586 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 21:59:07.97 ID:qx65zfJO0

長門(ドキドキ)

キョン「その時ここをだな――ん?」

長門「何だよ」

キョン(腕に…古傷? 切り口から見て刃物か?)

長門「何見てん――!」

バッ

キョン「…すまん」

長門「…見られちまった、か?」

キョン「…」

ダッ

キョン「長門!」

ガラガラ
ピシャッ

キョン「…くっ」

ダッ

朝倉「…」(廊下の影からキョンの背後を見る)

588 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:05:37.69 ID:qx65zfJO0

キョン(どこへ行った)

キョン(――!)

キョン(今屋上への階段を上っていったのはまさか…)



キョン(扉の鍵がピッキングされてる…やはりな)

ガチャ
ギィィィ…

キョン「長門…」

(日の沈む屋上の片隅でうずくまっている長門)

長門「…」

キョン「さっきはすまなかった。謝る。だから戻ろう。皆も心配して――」

長門「黙れ」

589 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:10:07.74 ID:qx65zfJO0

キョン「長門」

長門「…」

キョン「…」

長門「大事な…」

キョン「え?」

長門「一番…大事な貴方だから、見られたくなかった。私の罪の痕を。呪いを」

キョン「何を言って――」

長門「これが、本当の私。決して表に出すことはない。これが、私の本性」

595 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:22:02.88 ID:sFm9Fr5fO

長門「本当の私はこんなにも暗い。本当の私は、あんなに皆と打ち解けたり出来ない」

キョン「…」

長門「私は――こんなにも、醜い。汚い。気持ち悪い」

キョン「…」

長門「うう…カッコ悪いよな――うっ、ひうっ」

キョン「…」

長門「うう…ふぇぇ…」

597 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:24:47.02 ID:sFm9Fr5fO

キョン「長門…」

そっ

長門「うあぁ…えううぅ…」ぎゅっ

キョン「…」

朝倉「…」(屋上出入口の陰からそっと見ている)





キョン「…もう落ち着いたか?」

長門「うん。いや、おう」

600 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:28:09.62 ID:sFm9Fr5fO

キョン「…昔、何があったのか。
よければ聞かせてくれないか」

長門「…」

(いつの間にか広がり始めた星空を見上げる)

長門「…オレ、昔は、今からは考えられないくらい、大人しくて、無口だったんだ。
人と話すのもそんなに得意じゃなくて、いっつも片言みたいな喋りでさ。
それが原因で、よくからかわれてた」

キョン「…」

602 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:32:44.23 ID:sFm9Fr5fO

長門「それがイジメくらいにエスカレートしてきたのは中2ん時くらいだったかな。
ひでぇもんでさ、水掛け、給食抜き、便器に溜まった水を飲まされそうにもなったし、実際顔くらいなら実際にぶち込まれてた」

キョン「な――それは本当か長門嬢」

長門「それに…」ガタガタ

長門「れれ、レイプも…されそうだったっけかな、ハハハ…」ガチガチ

キョン「…っ」ギュッ

長門「あ…ありが、とう」

605 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:41:58.64 ID:sFm9Fr5fO

長門「…そんな中で、俺が中3になった時に、腹くくったんだ。
このまま言い返せないだけじゃ何も変わらない。
そうだ、変わらなきゃ、早く、ナメられないような別の私に――ってな。
そして、オレは、いや、私は、間違った方向にいよいよいっちまったのさ」

長門「男言葉でしゃべり、センコーにゃ逆らい、クソアマどもに啖呵を切り、男とは進んで交渉を求めるフリをした――その全部が演技だった。なのに、いつの間にかどっちが本当の私なのか、自分にも分からなくなってきた。
境界線は融和して、私は今の性格になった」

キョン「そうか…」

長門「その過程で、随分色んなモンをなくしちまった。
いや、得たもんなんかありはしねぇ。なくしたモノばっかりさね。
この傷は、その苦悩の証さ。立派なもんだろ。自傷の痕も」

606 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:53:49.48 ID:sFm9Fr5fO

長門「唯一の救いはロストバージンはまだってことさ」

キョン「シャレにならん」

長門「ちげぇねぇ、はは」

キョン「…大変だったんだな」

長門「…孤立した私は発狂しそうになるのをずっと我慢して、
少し遠くても知ってるヤツのいないここへ来たんだ。
で、人と関わるのが怖かった私は誰もいない文芸部へと身を潜めた。
そんな話さ」

キョン「そして、私とハルヒ嬢に出会ったというわけか」

長門「そういうこった」

609 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 22:58:02.04 ID:sFm9Fr5fO

長門「以上。遠い昔の話さ。ご質問は?」

キョン「ない。が、一つ頼みがある」

長門「何なりと」

キョン「抱き締めさせてくれ」

長門「え――」

ふわっ

長門「――あ」

長門「…うう」

長門「ふぁぁぁぁん…」

キョン「…」



朝倉「…」(どこか安堵と寂しさが混じった表情で校舎の中へと消える)

611 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 23:01:13.18 ID:sFm9Fr5fO

キョン「長門」

長門「ぐすっ、うん…」

キョン「愛てしる」

長門「…かんでんじゃねーよ、ばか」

(そのまま数秒間、口付けを交わす)



618 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 23:06:59.25 ID:sFm9Fr5fO

――――学祭当日



ハルヒ「…では皆さん、リハはばっちりでしたし、本番、頑張りましょうね」

古泉「ふふふ…俺のドラムで学校中の女生徒を虜にしてやるぜ」

みくる「インポ野郎」ボソッ

古泉「い…いん…」

キョン「騒々しいぞナントカ君」

古泉「既に名前が忘却の彼方!?」
長門「うっせーぞオメーら。静かにしろ」

古泉「もうやだ、なんで俺ばっかり…」

長門「まったく」

623 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/20(木) 23:13:00.09 ID:sFm9Fr5fO

ガチャン

鶴屋「やっほーみくるっち」

みくる「鶴屋さん、来てくれたの!?」

朝倉「やっ、SOSの諸君」

キョン「朝倉嬢…」

朝倉「今日は皆に差し入れ持ってきてあげたんだよ? はいコレ、どーぞ」

古泉「これはこれは、麗しき美女から輝かしいうまい棒が」

長門「って安っ!!」

朝倉「あはは〜、後で奢り直すから今はそれで我慢して」

キョン「すまないな」

朝倉「良いのよ。せめて私にもこれぐらいは手伝わせて」

637 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 00:08:34.16 ID:upPcy6zwO

長門「それじゃ、最高の演奏をしてやろうぜ」

長門「俺たちでな!!」








完.

667 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 05:14:38.66 ID:upPcy6zwO

なんだよデマに騙されたのかよ俺…orz
てか終わり方>>660でいいし

672 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 09:38:48.33 ID:upPcy6zwO

あー、
どうしようもない中身無しの小ネタの連発でもいいなら続けられるかもしれんけど

そういうの絶対にグダグタするからそんなに好きではない

どうする?

674 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 09:54:44.90 ID:upPcy6zwO

長門「あ゛ーっ!!!!」

キョン「何だ騒々しい」

長門「忘れてた…」

ハルヒ「どうかしたんですか?」

長門「いや、どうでもいいことなんだが…
作らないとこの部が潰される部誌を発行し忘れてた」

キョン「最重要懸案事項ではないか」

長門「やべぇ…どうしよう…なんもネタがない…
しかも期限明日までじゃねーか。あああどうすりゃいい!?」

みくる「落ち着いて下さい長門様。
今私が鶴屋を遣い部活動の運営責任者を殺して参りますから」

鶴屋「にょろろろろ」

長門「お前が落ち着け」

676 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:00:26.93 ID:upPcy6zwO

キョン「まぁこういうときには落ち着いて思考することが最も重要だ。
長門嬢、その手に持つはいかなる本か」

長門「え?…かぐや姫だけど」

古泉「マイハニー、またなぜそんなオールドなものを」

長門「キモいから死ね。古典の今度のテストに出るんだよ」

キョン「決まりだな。ではそれを現代風にアレンジしたものを書こうではないか」

長門「なんつーアバウトな…」

キョン「大丈夫だ、明日までに仕上げようではないか」

長門「誰が書くんだよ」

キョン「全員」

一同「嫌です!!」

677 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:01:40.25 ID:upPcy6zwO

キョン「では我々のパラサイトしている寄りしろを失うことになるな」

一同「…やっぱやります」

キョン「素直でよろしい。では始めようか」

679 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:10:49.94 ID:upPcy6zwO

【長門作 『ハラワタぐっちょりかぐや姫』】



――その竹を切ろうとして、ふと気が付いた。
竹から放たれるその強大な闘気に。
身の凍てつくような殺気に。

翁は覚悟を決め、一思いに竹を両断した――ように思われた。

しかし、竹は切れなかった。その鉈刃は竹の表皮に薄く突き刺さるのみで、以降にはびくとも動かない。
まるで、内部から刃が止められているかのように。

そして、

唐突に竹が砕け散るように飛散した。

翁は咄嗟に身を引き、飛び散る破片から身を守る。

破られた竹からは尋常でない殺意が溢れ出ていた。

そしてそこには、人影が見えた。
翁「そなた――人ではないな。何者だ」

680 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:17:06.80 ID:upPcy6zwO

人影は破られた竹の内部の節の上に仁王立ちし、翁を値踏みするような視線で見下していた。

かぐや姫「我が名はかぐや。
そなたか? 愚かにも我が根城を両断しかけた者は」

翁「如何にも」

かぐや姫「して何ゆえに」

翁「我が生命のため、切っていた。
そなたを狙ってした行いではない。許せ」

かぐや姫「ならぬ。そなたは大罪を犯した。
死罪に値するほどの大罪をな」

瞬間、かぐや姫の姿が掻き消えた。

翁「むっ」

そして、翁の後方に感じたただならぬ殺気。
翁は身を捻った。そこには、笑いながら飛びかかろうとするかぐや姫の姿があった。

681 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:22:29.22 ID:upPcy6zwO

翁は咄嗟に拳を繰り出し、飛び込んでくるかぐや姫を逆に討ち取ろうとした。

が、かぐや姫の身体は信じられぬほどに固く、故に、かぐや姫は翁の放った拳と衝突したにも関わらず無傷であった。

かわりに、翁の拳は衝撃を一手に引き受けたせいで、五指が全て複雑骨折を起こした。

翁「うぐうぉっ…」

みるも無惨な翁の拳は、血が勢いよくしぶいていた。

かぐや姫「くくく…」

翁「この…っ」

682 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:28:58.76 ID:upPcy6zwO

かぐや姫「今の一撃、見事であった。
もし防いでいなければ、今頃そなたの胸骨は折れ、肺は潰れていたであろう」

翁「化け物め…」

かぐや姫「化け物などではない。
我が名はかぐや。かぐやの姫君ぞ」

翁「かぐやの姫君だと――!?
まさか、太古の昔、耶麻の大国を滅ぼしたという、あの――」

かぐや姫「そなたは不運にも我が封印を解き放ってしまったのだ。
始まるぞ、殺戮の宴がな…ははははは!!」



【第一部 完】

683 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 10:30:34.38 ID:upPcy6zwO

長門「どうだ? 結構な自信作なんだぜ?」

キョン「…なんというか」

ハルヒ「バイオレンスですね…」

長門「オレの生きざまさ!」

キョン「…発行は難しいと思われる」

685 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 11:27:17.55 ID:upPcy6zwO

ごめんやっぱ無理

711 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 18:59:04.90 ID:A6U6t7Eg0

『ハラワタぐっちょりかぐや姫』 第二部



小人のような大きさしかなかったかぐや姫の身体が突如発光し、みるみるうちに通常の人間の幼子ほどの大きさへと変貌を遂げた。

翁「何!?」

かぐやは笑う。

かぐや「くくく…これがわらわの本当の姿――さあ、この私を止められるか? 凡庸なる人間が」

翁「笑わせるな!」

瞬間、翁は地に落ちていた鉈を拾い上げると、身体の全筋肉を駆動し、かぐやへ向けて投げつけた。
そのあまりの速さに対応の遅れたかぐやの腕は、音を立てて身体から乖離した。
血がしぶく。

かぐや「――ほう、ただの人間ではなかったようだな」

翁「超えた合戦数知れず…老兵にしてますます顕在といったところか」

かぐや「面白い。その力、見せてみよ」

翁「言われなくとも!」

714 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:08:25.21 ID:A6U6t7Eg0

拳を握り固め、老兵翁はかぐやへ突貫する。

かぐやは口元を吊り上げると、千切れていない方の腕を翁にかざした。
すると、突如として突風が巻き起こり、翁は体勢を崩し、山の斜面を転がり落ちた。

かぐや「わらわは妖術を体得しておる…そなたに勝ち目はない」

笑みを崩さぬままに、かぐやは千切れて転がった腕に向けて再び手をかざした。
すると、千切れた腕が宙へ浮き上がり、かぐやの元へ戻っていった。
腕が合致し、何事も無かったかのように再生した。

翁「やはり、化け物…」

かぐや「脆弱な人間よ。そなた、中々に面白い男であるな。
どうじゃ、今引けば命だけは助けてやらんこともないぞ」

翁「断る」

翁は眉間に皺を深く刻み、すっとかぐや姫を見据えた。

翁「この命、大和へ捧げる覚悟である。逃げようというのであれば、とうの昔にそうしている」

かぐや「見事」

かぐやはいよいよ口元を歪め、楽しくて仕方が無い風であった。

かぐや「そなた、実に気に入った。では、わらわもそなたの覚悟に答えよう」

715 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:16:04.92 ID:A6U6t7Eg0

ハルヒ? まとめ? 何の事です?




かぐやは両手を天にかざすと、その頭上に巨大な光球が出現する。
周囲の竹やぶは嵐のようにざわめき、空は曇天に曇り、ただならぬ妖気が周囲に満ちていた。

かぐや「行くぞ――覚悟はよいな?」

翁「上等だ」

かぐやはかざした両手をそのまま自身の前方へと押し出した。
そして、光球が放出され、周囲の竹やぶとともに翁を飲み込んだ。

訪れた静寂。

かぐや(終わったな…)

翁「まだだ」

かぐや「!」

かぐやが振り返ると、そこには血塗れになりながらも、芯のある立ち姿を見せる翁の姿があった。

かぐや「ほう、生きていたか」

翁「この老兵、甘く見てもらっては困る。そう簡単には死なん故」

716 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:23:46.96 ID:A6U6t7Eg0

かぐや「して、それほどまでに傷つきながら、何ゆえに立ち続ける」

翁「国の為」

かぐや「――感服した。そなたを過小評価し過ぎていたようだ。
そなたは脆弱などではない。誇りある気高き人間ぞ」

翁「お褒めの言の葉、感謝する。が、それとこれとは別である。覚悟はいいか」

翁は震える腕を必死に持ち上げ、戦闘の構えを取る。

かぐや「…ふっ」

唐突に、かぐやの放つ様々な気が一度に収まり、かぐやは後ろを向いた。

翁「何のつもりだ」

かぐや「興がそれた。そなたと拳を交えるのはまたいずれにしようではないか。
それまで、せいぜい生き残ることだな」

翁「待て!」

かぐや「待たぬ。わらわが蘇ったからには、これから忙しくなるでな。
これは餞別だ。受け取っておけ」

翁は、ふっと身体が軽くなるのを感じた。見ると、体からは傷が全てなくなっていた。

かぐや「ではまた会おうぞ。人間よ。ははははは…」

翁「かぐや…かぐや姫ぇぇぇ!!」

717 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:24:25.83 ID:A6U6t7Eg0

第二部 完

718 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:27:26.90 ID:A6U6t7Eg0

キョン「長門嬢、何を書いている?」

長門「! う、うるせー!」バッ

キョン「?」

長門(あー、意外と続きが書きたいなんていえねー…)

719 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:32:16.22 ID:A6U6t7Eg0

キョン「まあいい。では次は私が書こう」



【キョン作 竹取】

そこには竹が一本、あつた。
否、それは本当に竹なのか、実のところ私にはそれを断定する材料があまりになかつたのである。
第一、その竹は竹と言ふにはあまりに歪な型を取つてゐた。まるで中に西瓜か何かをしたためてゐるかのやうな、そんな型ををしてゐたのである。
第二、そしてこれがもつとも奇怪なのであるが――その竹は、内部より何やら怪しげな光を放つてゐるのだ。その不気味さといえば、比類無きほどに奇怪であつた…

721 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:34:32.42 ID:A6U6t7Eg0

長門「――文体古っ!」

古泉「おいキョン、お前これどういうことだよ、馬鹿か!?
ちゃんと日本語で書けっ!」

みくる「馬鹿はあなたですわチンカス」

古泉「ち…ちん…」

キョン「ふむ」

長門「まぁいいさ、ハルヒはどうなんだ?」

ハルヒ「えっと、私は…」

723 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:44:11.71 ID:A6U6t7Eg0

【ハルヒ作 竹の中の女】

いやこれ、昔むかしの話なんですけどね…

あるところに、竹やぶがあったんですよ。薄暗くて、妙な生暖かさがあって、何だかすごぅく不気味なんです。

で、そこにある日、一人のおじいさんが竹を切りに来たんですね…おじいさん、その日は妙に竹の切れがいいからって、ついつい竹やぶの奥の奥へと来てしまった。

で、ふと気がつけば、自分でもはいったことの無いような藪の中。おじいさんは少し不安になって、辺りを見回したんですけど、どこを見ても同じような藪ばかり。おじいさん、かわいそうに、迷ってしまったんです。

すると、自分のいる少し開けた藪の広場の中心に、一本、薄暗い割にみょ〜にはっきりと見える竹があったんですね。

おじいさん、何だかどうにもそれが気になって気になってしょうがない。で、ついつい鉈を持って、竹に近づいていった。

鉈を振り上げ、その竹をばっさりとやってしまった。

すると。

中から――にやりと笑う、恐ろしい笑顔の子供が…

726 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 19:46:45.77 ID:A6U6t7Eg0

長門「怪談か!!」

ハルヒ「あぅ、ご、ごめんなさい」

ぷるぷる…

キョン「ん? どうした長門嬢。顔が青いし、何やら小刻みに震えているが、まさか――」

長門「うるせー! べ、別に怖がってねーよ!!」

キョン「自白しているではないか」

みくる「では、お次は私が」

729 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:13:50.62 ID:A6U6t7Eg0

【みくる作 無題】

長門様!長門様!長門様!長門様ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!長門様長門様長門様ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!長門様のサラサラの銀髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説12巻の長門様かわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送決まって良かったね!あぁあああああ!かわいい!長門様!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
長 門 様 は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の長門様が私を見てる?
表紙絵の長門様が私を見てるぞ!長門様が私を見てるぞ!挿絵の長門様が私を見てるぞ!!
アニメの長門様が私に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!私には長門様がいる!!やったよ鶴屋!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックの長門様ああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあキョン様ぁあ!!こ、古泉ー!!ハルヒぁああああああ!!!朝倉ぁあああ!!
ううっうぅうう!!私の想いよ長門様へ届け!!ハルゲニアの長門様へ届け!


730 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:15:37.27 ID:A6U6t7Eg0

長門「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

みくる「どうですか?」

古泉「マジキチ」

古泉「…さて、俺の出番か。任せとけ」

731 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:23:58.31 ID:A6U6t7Eg0

【古泉作 誘惑のかぐや姫】

かぐや「あん…駄目よ、こんな竹やぶの中で…」

古泉「構うもんか。誰も見てやしないさ。俺と、お前の、二人っきりだぜ…? 楽しもうよ」

かぐや「あ…んっ、ふ、ん、んっ…」

かぐや「あっ、あっ、だ、駄目よ、そこは…ああぁん!」

かぐや「あっ、はっ、はぁあ、んっ」

かぐや「あ――いや、下は…あああああっ!」

かぐや「や、嫌ぁぁぁっ、あんっ、んっ、んっ、ふっ、んんん…」

かぐや「あっあっ、いい、いいのぉ! 古泉さんの股間の竹、すごく硬くていいのぉ!
奥までぐりぐりされるのいいっ! あっ、あっ、らめぇぇぇぇいちゃううううう!!!!」

ビクンビクン

かぐや「はぁぁ〜…いいのぉ…もっと欲しいのぉ…」

733 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:28:13.05 ID:A6U6t7Eg0

長門「ただの破廉恥小説じゃねーか!」

みくる「下半身のけだもの!」

ハルヒ「…」(軽く椅子を後ろに引く)

キョン「お前と来た日には…まったく」

長門「おいおい困ったぜ、まともなのがせいぜいハルヒとオレのくらいで、ギリギリがキョン、他はキチガイとエロじゃねーか」

古泉「お前のはまともなのか?」

キョン「おかしいな…私の主題選択にミスはなかったはず」

長門「どうすりゃいいんだ…」

740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/21(金) 20:48:48.58 ID:A6U6t7Eg0

ガラリンコ

長門「ん?」

朝倉「どーも、こんにちわ」

ハルヒ「朝倉さん!」

朝倉「キョン、頼まれてたもの、持ってきたわよ」

キョン「そうか、わざわざすまないな」

朝倉「いいってこと。気にしないで。それじゃ」

ガラリンコ
ピシャッ

キョン「皆喜べ。助け舟だ」

長門「なんなんだその紙の山は」

ハルヒ「もしかして…」

キョン「朝倉嬢が収集した寄稿原稿だ。希望者を募り、投稿してもらった。これで頁を稼げるはずだ」

741 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:49:28.85 ID:A6U6t7Eg0

長門「流石だ! 手が早ぇぜキョン! ナイス!!」

キョン「礼なら朝倉嬢に言うことだ。彼女が上手く仕切ってくれなければ、駄目だったからな」

長門「朝倉…貸しが出来ちまったみてーだな」

キョン「ともあれ、これで原稿は問題ない。さぁ、堂々と部誌を発行しにゆこうではないか」



743 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:56:52.93 ID:A6U6t7Eg0

――――翌日

ガラリンコ

ハルヒ「あっ、長門さん、どうでした?」

長門「…」

ハルヒ「長門、さん?」

長門「部誌…発行を許可するだとさ! つまり、この部は存続だ」

ハルヒ「本当ですか!?」

古泉「よっしゃあ!」

みくる「やりましたわね長門様!」

長門「ああ、これも、皆のお陰さ」

キョン「主に寄稿文だがな」

長門「ま、ともあれ、めでたしめでたしさ」

キョン「終わり良ければ全てよし」

744 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/21(金) 20:58:19.21 ID:A6U6t7Eg0

てなわけで終了です

810 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 13:39:31.02 ID:Ue/98iyOO

――――金曜日、放課後



ガラリンコ

長門「…今日はまだ誰も来てねーのか。
仕方ねぇ、本でも読んでよう…」





長門「…」

長門「何故誰も来ない…」

ガラリンコ

長門(お、やっと来たか)

キョン「やぁ長門嬢、遅くなった」

長門「おぅ、遅いぜキョン」

811 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 13:41:49.92 ID:Ue/98iyOO

キョン「ふむ、他の者は」

長門「それが今日に限って誰もいねーんだ」

キョン「そうか」

長門「ああ」

キョン「では待とう。他の者たちが来るまで」

長門「あ、ああ」

キョン「本を借りるぞ」

長門「どうぞ」

キョン「…」

長門「…」

キョン「…」ペラッ

長門「……」

813 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 13:46:02.90 ID:Ue/98iyOO

長門「…おい!」

キョン「どうした」

長門「何だよこの沈黙は!
何かスゲー気まずいだろうが!!」

キョン「何も気まずいことがあるかね?」

長門「か、仮にも、その、オレたち一応…それなんだからさ。
何か話す話題とかねーのかよ」

キョン「それとはどれかね?
これかね? あれかね?」

長門「知るか!
いや、だから…その、こ、こ」

キョン「コケコッコ?」

長門「死ね馬鹿野郎!」

819 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 13:56:52.20 ID:Ue/98iyOO

長門「恋人だよ恋人!
カップル! 仲睦まじき男女関係!」

キョン「何も大声で言うことはなかろうに…」

長門「マジで殴るぞお前」

キョン「そうだな…例えば我々の間柄で、中身もへったくれもないような凡庸な会話を交わし、
互いを分かりあえたような錯覚を覚えても、仕方があるまい」

長門「む、言ってくれんじゃねーかよ。
お前にはその大切さが分かってねぇよこのタコ助」

キョン「その呼び名、久しぶりに聞いたな」

長門「んなこたぁどーでもいい!
大体、オレらあれから何の進展もねーじゃねーか!
仮にもカップルならデートの一つにも行くってのがデフォルトじゃねーのか?」

キョン「では明日さっそく、行こうか」

長門「うんうんそーいうこった。



――えっ?」

キョン「デートにいこう長門嬢、いや、長門」

820 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:01:44.73 ID:Ue/98iyOO

長門「え、いや、そん…な、
きゅ、急に言われても、心の準備ってモンが…」

キョン「では嫌なのかね」

長門「い、嫌じゃないです…っ、じゃなくてっ、嫌じゃねーよ!」

キョン「では明日行こう。決まりだな」

長門(キョ、キョンと、デート…キョンと…)

821 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:06:12.94 ID:Ue/98iyOO

ガラリンコ

キョン「ふむ、なんというタイミングで皆登場だ」

古泉「何の話だよ」

キョン「何でもない、こちらの話だ。ではさっそく今日も部活を始めようか」

長門「…」ぼーっ

みくる「長門様? どうかしましたか?」トントン

長門「ひゃううっ」びくっ

みくる「――っ!」

長門「み、みくるかよ!
脅かすなよ!!」

みくる(長門様ひゃううって今言ったああなんて可愛らしいのかしらああ駄目だ鼻血放出確実っていうか出していいですわよね出しちゃいますか出しますよ)


823 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:08:04.94 ID:Ue/98iyOO

ハルヒ(そういえば私…空気化してますね…あはは…
別にいいんですよ…ね、あは、あははは)

826 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:12:34.02 ID:Ue/98iyOO

――――翌日

長門「こ、これで別にいいよな…?
た、ただのデートだし」

(現在の装備:ジャラジャラのパンクファッション)

長門「…うん、大丈夫だ。多分。
よし、行くか」



827 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:20:00.78 ID:Ue/98iyOO

――――待ち合わせ場所の駅前



長門(あいつ…まだかな?
まぁもっとも、待ち合わせ時間ままではもうちょいあるけど)

――五分後

長門(まだか? ちょうど待ち合わせ時間だけど)

――更に五分

長門(何してんだアイツ…男のくせに待たせやがって)

――更に五分

長門(野郎!!)

ピッピッ、プルルルル…

キョン「もしもし」


828 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:21:19.40 ID:Ue/98iyOO

長門「テメェ! どういうつもりだボンクラが!!
もう十分の遅刻じゃねーか!」

キョン「いや、それは違うぞ長門」

長門「何が違ぇってんだよ、ああ!?」

キョン「何故なら私は君の背後にいるからだ」ポンポン

長門「ひゃああっ!?」びくびくっ
キョン「やぁ」

長門「『やぁ』じゃねぇボケ野郎!!」ボカッ

830 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:23:53.00 ID:Ue/98iyOO

キョン「む…出会いがしらに一発決めてくるとは。君もやるな」

長門「恋人に出会いがしらから奇襲かける馬鹿がどこにいる!」

キョン「どこだろう。是非見てみたいものだ」

長門「オメーだよ馬鹿野郎!!」

キョン「さて、面白くなってきたところでさっそく行こうか」

長門「いきなり修羅場だろうが!」

832 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:29:10.76 ID:Ue/98iyOO

長門「キョンよ、オメーホントにデートの趣旨理解してんのか?」

キョン「参考文献は読書済みだ。
デートのコースも雑誌を参考に決めて――」

長門「…ぷっ」

キョン「む?」

長門「あははは、い、いるんだこーいうの本当に!
お、面白ぇ! あっはっは!」

キョン「?」

長門「いいかい天下のキョン先生、
んなもんは文献とかじゃ分からねぇもんなんだよ。
よし分かった、ちょっとついて来いよ」グイッ

キョン「うおっ」

842 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:43:09.55 ID:Ue/98iyOO

長門「ほら、急げよキョン、さっさと行こうぜ」

キョン「そんなに腕を引っ張るな、千切れる」

長門「ありえねーよ。いいから行くぞ」






朝倉「…あの二人、やはり、デート…
朝からずっとキョン君にくっついてきた甲斐があったわ。
…私もこっそりついていこう」


846 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:48:27.63 ID:Ue/98iyOO

――――ゲーセン



長門「よし、まずはゲーセンで遊ぼうじゃねーか。
とりあえずUFOキャッチャー、なんて、ちょっとチープか?」

キョン「そうでもないのでは?
やはり景品が取れると嬉しいものだ」

長門「よし、じゃあやるか。見てろよキョン、オレの腕前を見せて――」

ウィーン…ぽろっ

長門「見せて…」

ウィーン…ぽろっ

長門「見せ…」

長門「見…」

長門「…」

847 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:48:53.37 ID:Ue/98iyOO

長門「…………」

キョン「…なんだ、その、次があるさ」

長門「うるせぇ! うう…」

851 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:53:15.80 ID:Ue/98iyOO

キョン「よし、では代わりに私が」

ウィーン…ガシッ
…ポトッ

キョン「まず一個だ」

長門「早っ!」

ウィーン…ガシッ
…ポトッ

ウィーン…ガシッ
…ポトッ

ウィーン…ガシッガシッ
…ポトッ

長門「二連チャンゲット後の人形二つ掴んで入手――だと!?
こいつ…ただ者じゃない…」

キョン「なんだ、初めて故に厳しいかと思ったが、なるほどな」

長門(…オレって一体)

852 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:55:57.00 ID:Ue/98iyOO

長門「クソッ! おい、こうなりゃメタルスラッグだ!
行くぜキョン」

キョン「うおぅ」ズルズル…

854 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 14:58:40.82 ID:Ue/98iyOO

長門「…」ガチャガチャ

長門「…」

長門「…俺さぁ」

長門「…この捕虜みてぇなヒゲのじいさん、結構好きだわ」

長門「…なんか面白いし、アイテム落とすし」

長門「…」

長門「――よし、クリアだ!
あースッキリした。次ストWやろうぜキョン」ぐいっ

キョン「オゥフ」ズルズル…

856 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:03:50.03 ID:Ue/98iyOO

長門「さぁ、ストリートファイターは知ってるだろ?
これ新しいヤツな。やろうぜ。
向かいの台座れよ」

キョン「了解した」

長門「…その、モノは相談なんだが…
もし今から三回連続で勝ち抜いたら、オレと…キス、してくれねーか?」

キョン「了解した」

長門「ちっ、淡白なヤローだな。さめちまうぜまったく。
じゃ、キャラ選べよ。オレはヴァイパー」

キャラ「ではダルシムで」

長門「何でそんな微妙なキャラ選択なんだよ!」

キョン「よいではないか。では行くぞ」

長門「ぃよっしゃあああ!」

857 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:08:07.61 ID:Ue/98iyOO

――――……

長門「勝ったッ! 第三部完!」

キョン「むぅ。まさかヨガフレイムを全てかわされてしまうとは」

長門「オメーそれしか出してねーだろうが」

キョン「では次は…エドモンド本田でいくか」

長門「だから何でそういうのばっかり選ぶんだよお前は!」

キョン「ではサガットで」

長門「たいして変わらねぇよ。まぁいいか、それじゃあやるか」



858 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:12:24.77 ID:Ue/98iyOO

――――……

キョン「むぅ」

長門「やったぁ!」(春麗の勝利風に)

キョン「まさかまた敗北とは」

長門「だってハイブレイしかだしてねーじゃんお前」

キョン「まぁいい、次こそ――」

トンッ

キョン「!」ガクッ

朝倉「ごめんなさいねキョン君。
でも私――見てられないからつい、ね」

朝倉(良かった、長門ちゃんは気づいてないみたい。
キャラはベガでいいか)

朝倉「行くわよ長門ちゃん。止めて見せるわ」

860 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:16:21.78 ID:Ue/98iyOO

ベガ「サイコクラッシャー!」

ヴァイパー「きゃあああ…」ドサッ

長門「何っ!」

朝倉(ほっ、良かった…
じゃあねお二人さん)

長門「くそ、何でいきなり強いんだよおま――
あれ? 寝てる?」

キョン「…」

長門「いや、なんかこれ気絶してねーか?
おい起きろキョン」ゆさゆさ

キョン「…むっ」

長門「大丈夫かよ、しっかりしな」

キョン「おかしいな、私はいつの間に…」

長門「疲れたんじゃねーの?
とりあえずゲーセン出ようぜ」

862 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:19:59.64 ID:Ue/98iyOO

――――喫茶店



長門「とりあえず何か飲んで落ち着こうぜ」

キョン「何故さっき私は気絶したんだろうか…」

長門「知るかよ」

キョン「あ」

長門「?」

キョン「しまった…サガットではなくブランカを選べば…」

長門「そっちかよ!」

864 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:23:08.70 ID:Ue/98iyOO

長門「さて何にする?
オレはブラックとチーズケーキで。
お前は?」

キョン「水」

長門「え?」

キョン「水(真顔)」

長門「喧嘩売ってんのかオメーよぉ…ああ?」バキボキッ

キョン「では粗茶を」

長門「ホントにお前と来た日には…はぁ」

865 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:34:57.87 ID:Ue/98iyOO

店員「お待たせしました〜」コトリ

長門「あっ! こりゃたまらん!
ヨダレずびっ!」

ぱくっ

長門「ゥンまああ〜いっ!!」

キョン「静かにしたまえ奥泰。いや長門」

長門「こいつは美味いぜキョン。お前にも一口食わしてやるよ」

キョン「では有難く」

長門「…は、はい、あーん…」

ヒュン!!

キョン「…」

長門「…あれ?
ケーキがない?
おいおいキョン、何もそんな速さで食いつくこたぁ…」

キョン「私は食べていないが」

長門「えっ? じゃあ一体誰が…」

朝倉「ま、中々美味しいわね」モグモグ

870 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:41:23.92 ID:Ue/98iyOO

長門「ふぅ美味かった。じゃあ次は水族館にでも行くか」





――――水族館

長門「…」

キョン「どうした」

長門「つまらん! 帰ろうぜキョン!」

キョン「自分で言い出しておいてからに」

長門「泳げねぇとかつまんねぇ!」

キョン「普通泳げんよ」

871 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:44:23.17 ID:Ue/98iyOO

長門「今晩のおかず用の魚も狩れないとか、冗談じゃねぇ!」

キョン「普通そうだが」

長門「えっと、じゃあ次は…」

キョン「すまない、頼みがあるんだが。連れていってくれないか」

長門「どっかいきてーのか?」

キョン「長門、お前の――出身中学だ」

長門「!」

872 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 15:47:34.62 ID:Ue/98iyOO

――――中学校



キョン「ここか」

長門「ああ」

キョン「…ここが、お前にとっての、人生の岐路か」

ぷるぷる…

長門「…」

キョン「怖いのか?」

長門「…少しだけ、な」ぎゅっ

キョン「大丈夫だ。私がいる。安心しろ」

長門「…」

876 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:06:13.60 ID:Ue/98iyOO

モンキーくらったぜ

877 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:09:54.57 ID:Ue/98iyOO

キョン「一度見ておきたかった。お前にも、その必要があったはずだ」

長門「…踏ん切りなら、もう付けたさ。
大丈夫、私はもう歩けるよ」

キョン「長門…」

長門「…」ニコッ



?「あるぇ〜? そこにいるのって、もしかして長門ぉ〜?」

長門「!!」

?「きゃはっ☆ やっぱりね〜。
ネクラのぶっ壊れ長門じゃん」

長門「その声…」

879 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:17:51.22 ID:Ue/98iyOO

スイーツ「アタシのこと覚えてない?
ホラ、アンタのこと随分世話してやったスイーツ(笑)」

長門「あ…
…………」

スイーツ「どーしたの押し黙っちゃってさぁ?
だからネクラなんて言われンだよ。キモッ。
あっ、脇のヒトってもしかして彼氏サン? ど〜も〜始めまして。長門の昔のお友達のスイーツで〜す」

キョン「…」

880 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:24:33.34 ID:Ue/98iyOO

スイーツ「つーかアンタなんでここにいるワケ?
アンタ遠くの学校いったんじゃないっけ?
一人で(笑)」

長門「わ、私、は…」

スイーツ「でた! 必殺クチゴモリ(笑)
キモいネクラのキモい技(笑)
だからアンタキモいんだって、さんざん調教してやったじゃん。
ト・イ・レ・と・か・で☆」

長門「あ――いや…いやぁ」へたり

スイーツ「ぷぷっ(笑)座り込むとか(笑)
やっぱりキモい(笑)悲劇の(笑)ヒロイン気取り(笑)

さっさと死ねよお前なんかよ!
マジできめぇんだよゴミ女!!
まだわかんねぇのかカス!!!!」

長門「ひぅっ…ひっく」

スイーツ「アハハ、泣いてやんの(笑)
マジで面白――」

パァン

スイーツ「――!」

884 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:29:28.75 ID:Ue/98iyOO

キョン「いい加減にしろ」

スイーツ「ってーな…何すんだよこのブサメン野郎!」

キョン「気持ち悪いのはお前の方だ。
見た目も汚ければ心はもっと酷い。なんという下品な女だ。見たこともないほどだ。


さっさと失せろ。さもなくば覚悟しろ」ギロッ

スイーツ「ちっ…っせーな、分かったよキモヲタ。
あばよネクラ共。せいぜいキモく這いずり回れば?」

キョン「お前とは言葉を交わす価値もない。どうした、早く消えないかッ!!!!」

スイーツ「っ」ダダダッ…

キョン「ふぅ、行ったか」

888 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:33:56.06 ID:Ue/98iyOO

キョン「大丈夫か?」

長門「…」ダッ

キョン「あ、おい!」



――公園

長門「…」

キョン「はぁはぁ…長門」

長門「踏ん切り、付いたと思ったんだけどな」

キョン「…大丈夫さ。時間はいくらでもある。
ゆっくり、向き合えばいい。
その時までは、私が、いや、俺がそばでずっと支えてやる。だから」

長門「キョン…」

キョン「長門」



長門「ありがとう…」

892 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:47:30.92 ID:Ue/98iyOO

スイーツ「クッソ…覚えとけあのクソアマ。
今からダチ全員に色々流してまた潰してやる…覚悟しとけ」

ピッピッピッ…
ガシッ

スイーツ「!?」

朝倉「やめなさい」

スイーツ「んだテメーは!!
邪魔すんじゃねぇぞこの――」

スッ…

スイーツ「! ナ、ナイ――」

朝倉「殺されたくないのなら」

スッ

スイーツ「あ…携帯、返せよ」

バキッ(携帯の破壊音)

スイーツ「!」

朝倉「二人に、水を差すな。邪魔をするな。彼に迷惑を掛けるな。二度と話題にするな。
逆らえば、絶対に殺す」


894 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:49:40.81 ID:Ue/98iyOO

スイーツ「あ…」ガクガク

朝倉「それじゃ」スウッ

スイーツ「…」ジョロジョロ

朝倉(あーあ、失禁しちゃって。無様ね。ま、良い気味か)



朝倉「これでもう安心よキョン、長門ちゃん」

897 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:55:43.20 ID:Ue/98iyOO

(その後しばらく、二人は公園のブランコに座っていた)



長門「…そろそろ帰るか」

キョン「ああ、そうだな」

長門「今日は色々ありがとな。特に最後とか。
かっこよかったぜ。楽しかった」

キョン「また今度、デートしよう」

長門「ああ、約束する。絶対にな」

キョン「では、帰りは手を繋ごうか?」

長門「よせやい恥ずかしい。バカップル丸出しじゃねーか」

キョン「駄目か。では諦めよう」

長門「――少し、だけだかんな」

スッ

キョン「…ああ、少しだけ、な」

ギュッ

899 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 16:59:38.87 ID:Ue/98iyOO

その時繋いだ手の温もりは、生涯、鮮明に手の中へと残り続けるだろう。
消えかける眩しい夕陽の記憶と共に。










901 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:01:03.79 ID:Ue/98iyOO

疲れた。終わった。
後は落ちるまでぬるくだべるべ

904 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:03:54.16 ID:Ue/98iyOO

そうだ、皆の疑問に答えよう



ちなみにこの中の古泉は実はカッコウィーので、あのスイーツはあしらいます。そこは彼のポリスー。
ああいうのは女としてみてない。

濡れ場な予感のホテルシーンカットは、何か良さげな空気になってきたんでビビッてやめた。
チキン(笑)

905 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:05:25.81 ID:Ue/98iyOO


皆の性格が違うのはパラレルだから。



あと他に質問ある?

906 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:06:19.61 ID:Ue/98iyOO

ちなみに次スレの予定はない。




ハラワタぐっちょりかぐや姫はやりたいが気力がない。


911 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:11:12.66 ID:Ue/98iyOO

古泉→右往左往でみくるとゴール
みくる→ヤンデレ化直前で古泉とゴール

ハルヒ→ラスボス

912 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:13:16.26 ID:Ue/98iyOO

ちなみに一回も書きためしてない
全部思いつきで進めた

915 名前: ◆k.FDQwfQH6 [] 投稿日:2008/11/22(土) 17:16:53.30 ID:Ue/98iyOO

16
とても ひどい ゆとりです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:谷口「アベックどもは血祭りぢゃあああああ!!!」