かがみ「つかさ、しゃぶりなさい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「家出?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:02:12.12 ID:FSjVikMb0

つかさ「え。どこを……?」
かがみ「いいからしゃぶりなさい!!」
つかさ「だ、だからどこを……?」
かがみ「しゃぶるっていったらアソコしかないでしょ!?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:06:16.38 ID:FSjVikMb0

かがみ「乳首よ」
つかさ「ええー! どうして、そんな……」
かがみ「何? あんたは私の繊細で濃厚な乳首を吸いたくないって言うの!?」
つかさ「いや、その……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:09:22.36 ID:FSjVikMb0

つかさ「やっぱりおかしいよ。どうしちゃったのお姉ちゃん……?」
かがみ「いいから早くする!」

ガシ

つかさ「わああ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:12:16.61 ID:FSjVikMb0

つかさ「髪の毛引っ張らないでお姉ちゃん……!」
かがみ「じゃあ早くしなさい! さあ!」
つかさ「わ、わかったよ……。するから乱暴にしないでぇ……」
かがみ「いい? 思いっきり吸うのよ」
つかさ「……うん」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:15:42.43 ID:FSjVikMb0

つかさ「お姉ちゃん……。本当にいいの?」
かがみ「とっととしなさい!!」
つかさ「はぃぃ……! 」

つかさ「じゃ、じゃあ……えーい!」

パク チュルルルルルル

かがみ「ああん……そう、その調子よ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:21:26.60 ID:FSjVikMb0

つかさ「!! ……あ、おいしいぃ!」
かがみ「ふふ、そうでしょ?」
つかさ「うん! とっても甘くてクリーミーだよ! 生クリームなんかよりずっとおいしい!」
かがみ「当然よ。私の右乳首はとーっても甘いんだから!」
つかさ「お姉ちゃん、もっと吸っていい!?」
かがみ「もちろんよ!」
つかさ「やったー! それじゃあ、えい!」

パク チュルルルルルルウゥゥゥ

かがみ「はん……豪快ね」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 21:27:57.23 ID:FSjVikMb0

つかさ「ぷはぁ……。えへ、本当においしいなぁ」
かがみ「だから早くしゃぶりなさいって言ったのよ」
つかさ「ゴメンね、お姉ちゃん……。こんなにおいしいなんて思わなかったから」
かがみ「まあ、わかればいいんだけどね」

つかさ「でもこんなおいしいの、私だけ飲んでちゃもったいないなあ……」
つかさ「あ、そうだお姉ちゃん! お姉ちゃんの乳絞りしていい?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:12:32.90 ID:n4/nIB+k0

つかさ「搾乳、搾乳!」
かがみ「いいから、早く飲みなさい」
つかさ「おいしいよ〜 おねえちゃんの絞りたてのお乳おいしいよ〜」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:38:05.02 ID:n4/nIB+k0

かがみ「そんなので飲んだ気になってるの?いいからもっと強く、強く搾乳しなさい!」
つかさ「えぇ? わたしがんばってるよー」
ぎゅうっ・・・ぎゅうっ!
かがみ「もっと、もっと強くしなさいよ! そう・・・もっと!もっと強くうっ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 22:53:25.62 ID:n4/nIB+k0

つかさ「えいっ!えいっ!」
ぎゅうむーっ・・・ぎゅむーっ!
かがみ「いいわよ・・・!そこぉっ! つかさぁっ、その調子よ!」
かがみ「でも、もっと・・・乳首の先端を、こりこりしながら搾乳しなさい! そのほうが沢山出るから」
つかさ「わかったよ〜」
こりこりぎゅう、こりこり、ぎゅみゅう!
かがみ「はあぅ! そうよつかさ! 中々いい腕しているじゃない!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:02:19.53 ID:n4/nIB+k0

こりこりっ、ぎゅううううっ!!・・・・

つかさ「おいしい美味しい、かがミルク、沢山とれたよ〜、私はもう満足だよ〜」タプン・・・
かがみ「ちょっ!? わ、私が満足していないんですけど!!」
つかさ「えぇっ!? カガミルクもういらないよ〜 十分だよ〜?」
かがみ「いいから続きしなさいよ! もっとこりこり揉んで、チューチュー吸いなさいよっ! 吸って!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:14:01.37 ID:n4/nIB+k0

つかさ「えー…、次はゆきちゃんのぷりっぷりの大きな乳がいいよ〜 ゆきちゃん搾乳したいな〜」
かがみ「そんなこと言っても、みゆきはいないの! 早く!!」
つかさ「それじゃあ、こなちゃんがいいな〜、私より小さい乳首、口ではみはみして、くにくにしたいよ〜」
かがみ「それは私が明日するからいいのよ! だからつかさはは今すぐ、私の乳首にしゃぶりつきなさい!」
 グイッ!
つかさ「お、おねえひゃ、むっ・・・!」
かがみ「ほら・・・!ほら!! 美味しいでしょ! 私の乳首、濃厚でとろけそう、とっても美味しいおっぱいです、っていいなさいよ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:27:51.97 ID:n4/nIB+k0

つかさ「おねえひゃんのひくび、のふこふでおいひいおっふぁいへふ・・・!」
グイッ! グイッ!
かがみ「そうでしょ? そうでしょ!? つかさはそれでいいのよ! 私の乳首で満足すればいいの!」
かがみ「ただ大きいだけのおっぱいお化けより、ちっこくて可愛いロリペタ乳首より、私の乳首が一番美味しいでしょ!?」
つかさ「はふぃ・・・いっ・・・」
ジュルルル、コリ、コリッ!
かがみ「いっぱい、いっぱい飲みなさいよ〜、美味しくて濃厚な私のミルク・・・」
ゴッキュ、ゴッキュ、ハミハミ、コリコリ
かがみ「はあっ…! ああっ!! いいわよつかさ! そう!歯で甘噛み!そこで舌を使うの! もっとぉっ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:42:30.71 ID:n4/nIB+k0

かがみ「そうよ・・・はあっ!いいじゃない! はぁ、はぁ・・・ 中々、良くなってきたわよ!」
つかさ「んっ そ、そうかな〜 おねえちゃんに褒められるとうれしいな〜 んぐっむぅっ…!」
 ギュウッ!
かがみ「感想なんて、後で聞くからいいのよ! つかさの口は今目の前にある私の乳首、乳首に集中しなさい!」
つかさ「んっ・・・ぷはっ、んはむっ!」
 ジュルジュル! ぎゅっ、ぎゅむ〜っ!
かがみ「はあぁっ!んんっあっ…! まだ、まだ出るわよ! 私のミルクを全部あげるから!全部飲ませてあげるから!」
 ぐいっ!
かがみ「片方だけじゃだめよ! もう片方も、均等に吸いなさい! そして片方の手で揉みしだいて! 早く!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/16(日) 23:53:29.94 ID:n4/nIB+k0

 ジュルジュル、ぎゅう、もみもみふにふに
かがみ「はぁっ、はぁ! いいわよつかさっ・・・! んくっ! いい、わよ!」
 コリコリ、クニクニ
つかさ「んぷはっ! おねえちゃんのカガミルクおいひいよ!とってもおいひいよ! んくっ」
 ジュルッ、ゴッキュ!ゴッキュ! ジュルルルッ、ゴッキュ!ゴッキュ!
かがみ「まだ、まだよつかさ! そのまま勃起している私の乳首の先端! 先っちょを舌でつんつんするの!」
かがみ「もちろん、その間は絶えずバキュームよ! 思いっきり吸い出すつもりでがんばりなさい!」
つかさ「んぷはっ、わかったよ〜」
かがみ「いい!いいわよぉっ!すごくいいっ! 直立乳首、舌でツンツンされて音を立てて吸われるの最高っ!最高よ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:06:58.94 ID:eY+WnRBd0

かがみ「はぁっ! あーもうだめ、もう限界! もう収まりがつかないわ!」
かがみ「もう乳首はいいわ、それよりもっと美味しいところしゃぶらせてあげる!」
つかさ「えー・・・私はおっぱいがいいな〜 もっとしゃぶりつきたいんだよ〜 おねえちゃんのミルク吸い尽くすよ〜?」
かがみ「いいって言ってるでしょ! そんなことより、こっちもどうにかしなさいよ!」
つかさ「うわ〜 ここからもいっぱい溢れてるね〜 美味しそうだよ〜」
かがみ「そうでしょ! こっちだって美味しいわよ! 早く!」
つかさ「えー・・・それはちょっと・・・」
かがみ「えっ・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:21:09.65 ID:eY+WnRBd0

つかさ「・・・・・・・」
かがみ「何でよ! こっちもしゃぶりつきたいんでしょ!? はっきり言いなさいよ!」
つかさ「嫌だよ〜?」
かがみ「言いなさいよ! おねえちゃんの体育の時間からずっと着替えていないパンツに包まれていた濃密な香りのするおまんこと
     勃起クリトリス、舌でペロペロ舐めながら、音を立ててむしゃぶりつきたい、って言いなさいよ!!」
つかさ「言わないよ〜?」
かがみ「早く! 私の言うことが聞けないっていうの!? はやく舐めなさいよ!私のおまんこ、舐めなさいよ!」グイ・・・
  バシイッ!
かがみ「なっ!?」
つかさ「おねえちゃん、そんなこと言ってだた一人で気持ちよくなりたいだけなんでしょ〜? わかるよ〜」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:30:38.25 ID:eY+WnRBd0

かがみ「そんなことあるはずないでしょ!? 私はつかさがどうしても飲みたいって言うから仕方なく・・・」
つかさ「じゃあもういいよ〜 おねえちゃん、ありがとー」
かがみ「だから、そんなに我慢しなくていいのよ? ほら」 ぬちゅっ・・・
かがみ「こんなに溢れてきているのよ? 沢山飲んでいいのよ? さあ早くしなさい!!」
つかさ「私は満足だよ〜 だからこのカガミルク、みんなに配ってくるね〜」
かがみ「なに言ってるのよ! つかさ! 待ちなさい! 待てよ! 待て!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:44:42.62 ID:eY+WnRBd0

つかさ「まずはゆきちゃんのところに行って、これと引き換えに搾乳させてもらおうっと」
かがみ「おい、待てっていってるだろ!」
>>43「俺が吸ってあげるよ!!」
かがみ「って! あんた何時の間に私の家に入ったのよ!!」
つかさ「おねえちゃんよかったね! それじゃあ私はゆきちゃんの家に向うことにするよ」
>>43「それじゃあかがみはこっち、トイレに行こう! 」
 グイッ!
かがみ「ってやめろよ! つかさが、つかさが行っちゃうだろ!」
>>43「いいから!ちょっとだけでいいからさ!」
かがみ「あー、もういいわよ! もういい!つかさ行っちゃったじゃない!」
かがみ「その代わり、あんたには私を満足させてもらうからね!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 00:54:25.63 ID:eY+WnRBd0

ピンポーン、ピンポーン!
ゆかり『はーい、どちらさまですか〜?』
つかさ「えっと、ゆきちゃんの友達の柊つかさです ゆきちゃん居ますか?」
ゆかり『みゆき? みゆきなら、クールで格好いいみなみちゃんのところに遊びにいっているわよ〜』
つかさ「そうなんですか〜、ありがとうございます」
ゆかり『は〜い、また今度遊びにきてね〜』

つかさ「みなみちゃんと一緒か〜 これは好都合だよ〜 嬉しいよ〜」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:02:32.98 ID:eY+WnRBd0

一方、柊家のトイレ

かがみ「ほら、早くしなさいよ!あんた舐めたいって行っていたじゃない!」
>>43「はぁ…!はぁ…はぁ! す、すごいよ!」
かがみ「息荒いけど、大丈夫なの? 途中で力尽きたら承知しないわよ!?」
>>43「だ、大丈夫・・・! でも、えっと…」
かがみ「あー! もういちいち面倒だな! 早くこっちに来い! 早く舐めろ!」
 グイッ!
>>43「んぷっ!」
かがみ「痛っ! ちょっと!歯が当たったじゃない!もっと、もっと舌を使って!こねくり回すように舐める!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:08:37.47 ID:eY+WnRBd0

ピンポーン、ピンポーン! ピンポーン!
みなみ『はい・・・どちらさまでしょう・・・』
つかさ「いきなりでごめんねー、柊つかさです」
みなみ『・・・つかさ先輩? あ・・・みゆきさんに用事・・・ですか?』
つかさ「うん、それとみなみちゃんにも見せたいものがあるんだよ〜」
みなみ『私に・・・?』
つかさ「うん、もし迷惑じゃなければ、お邪魔してもいいかなー?」
みなみ『え、ええ・・・少し・・・待ってください今門を開けますから・・・』

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:20:30.89 ID:eY+WnRBd0

かがみ「んっ・・・! ダメ、全然、んくっ! 全然だめっ・・・!」
>>43「はぁ・・・んぷっ・・・」
 ジュルルウッ、ジュポッ!ジュポッ!
かがみ「くうっ・・・!あ、あんた、分かってないわよっ・・・んっ! もっと・・・そうじゃない! ち、ちがうでしょっ!」
>>53「では代わりに俺が」
かがみ「んっ・・・あくっ はあっ!? ちょ、勝手に家に入ってくるなよ! トイレのドア開けるなよ!」
>>53「そんなのどうだっていいだろ? 俺が代わりにかがみの剛毛フサフサ密林マンコを舐めるんだよ!」
かがみ「おまっ! 全然剛毛じゃないし! 高校生ならこれくらい普通だろ!」
>>43「んぷっ・・・はぁ、はぁっ! そうだよね、かがみは普通だよね、臭くて普通なんだよね! んはむっ」
かがみ「んぁっ! く、臭いとか言うな・・・! はくぅっ・・・! い、良い香りだって言えよ!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:30:38.35 ID:eY+WnRBd0

みゆき「つかささん、これは・・・?」
つかさ「おねえちゃんから搾り取ったカガミルクだよ〜 とっても美味しいからおすそ分けだよ〜」
みなみ「・・・これを飲めば…きっと胸が・・・」
みゆき「つかささんは優しいですね、それでは早速「・・・」
 バシイッ!
みゆき「い、痛っ・・・つかささん、いきなり何をするんですか?」
つかさ「でも、タダではあげないよ〜?」
みなみ「それでは・・・どうしたら・・・いいのでしょうか?」
つかさ「んとね〜、二人のおっぱい、しゃぶらせてほしいんだよ〜」
みゆき「それでは・・・はい、どうぞ♪」ぺらっ
みなみ「・・・・・・・・・・・・・・・」
みゆき「みなみさん?どうされましたか?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:40:07.80 ID:eY+WnRBd0

つかさ「みなみちゃん、私は極貧乳でもいいんだよ〜 みなみちゃんはそれがいいんだよ〜」
みなみ「ご、極貧・・・・・・」
みゆき「みなみさん、折角のカガミルクです、一緒に堪能しましょう?」
みなみ「・・・わかりました」ぺらっ
つかさ「うわぁ〜! 二つとも美味しそうだよ〜」
つかさ「それじゃあしゃぶりつくよ〜 ゆきちゃん、いいよね、いいよね〜?」
みゆき「はい♪ つかささんのお好きなようにしてくださって結構ですよ」
つかさ「やった〜! いただきまーす」
 はむっ!じゅるっ!
みゆき「ん・・・! つかささん、私のおっぱい大きすぎるので、先端の感度が少ないんです」
みゆき「もう少し強めに噛んでいただけないでしょうか?」
つかさ「わかったよ〜」
 はみぃっ!
みゆき「あくうっ! い、いいですよつかささん!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:48:24.55 ID:eY+WnRBd0

つかさ「こんなに強く噛んでいるのに、ゆきちゃんは気持ちいいの〜?」
 はみいぃっ! はみぃっ!
みゆき「ええ! とてもいいです! 最高ですよ、つかささんっ! そ、そこ、もっと強くお願いします!」
つかさ「え〜? それは私の自由だよ〜 私が楽しんでいるんだよ?」
 ちゅぱ、ちゅぷっ! はみはみ、はみぃいっ!
みゆき「んんっ!! はぁっ! つかささん! もっと、もっと舌より歯を使ってください! もっと、もっと噛んでくださいっ!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 01:56:45.95 ID:eY+WnRBd0

つかさ「ふぅ、それじゃあゆきちゃんはもういいよ〜」
みゆき「えっ?」
つかさ「もうゆきちゃんにはカガミルクあげるから、それ飲んでいてね〜」
みゆき「そ、そんな!つかささん、まだ、まだ少ししか…っ!」
つかさ「なんで? 私が満足したんだし、それにゆきちゃんもカガミルクのめるんだよ?いいことだよ?」
みゆき「で、でもそれでは私は、私はまだ・・・!」
つかさ「みなみちゃん、いいかな・・・?」
みなみ「・・・はい・・・どうぞ」
つかさ「わぁ〜! こなちゃんより小さくて可愛いんだね〜 美味しそうだよ〜 いただくよ〜」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:06:28.40 ID:eY+WnRBd0

みなみ「・・・んっ ・・・っ! くぅっ!」
つかさ「みなみちゃん、私まだ舐めているだけだよ〜? それでも感じちゃうの? ねえ、気持ちいいんだ〜?」
みなみ「・・・んくっ・・・んんっ!」フルフルッ!
つかさ「そ、そうだったの? ごめんねみなみちゃん! もっと強くしたほうがよかったんだね!」
 ジュルルルッ! ちゅぱっ、ちゅぱっ!
みなみ「くうっ・・・!! んああっ・・・!」
つかさ「どうかな? 結構私頑張ったよ? みなみちゃん、気持ち良いんでしょ?」
 ちゅぱちゅぱ・・・はみいっ!
みなみ「っ!・・・んはぁああっ!」
つかさ「わあ〜♪ みなみちゃん、すごい大きい声だよ〜? ゆきちゃんの家まで聞えちゃうよ〜?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:15:56.45 ID:eY+WnRBd0

つかさ「ねえ? みなみちゃんももしかして出るの?」
みなみ「・・・え・・・?」
つかさ「出るんでしょ? ここからさっ!」
 ジュルジュルッ、はみいっ!
みなみ「んくうっ・・・! んああっ!」
つかさ「あれー? もっと? もっとしゃぶらないとだめかな〜?」
 ちゅぱっ!ちゅぱっ! ジュルルルルッ
みなみ「んんっ・・・や・・・ぁっ・・・っくっ!」
つかさ「みなみちゃん、気持ちいいんでしょ? ここ、みなみちゃんの、可愛いちっちゃなミニ乳首、気持ちいいんでしょ?」
みなみ「んっ・・・きも・・・い・・・っ!」
つかさ「ん〜? 聞えなかったよ〜 もう一度、大きな声・・・さっきみたいな声で、ねっ!」
 はみいっ!
みなみ「・・・きぃっ! きもちっ・・・いいですっ・・・!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:23:34.41 ID:eY+WnRBd0

つかさ「そうだよねー、きもちいいよね〜♪」
みなみ「は、はい・・・っ き、気持ちいいです・・・!」
つかさ「それじゃあ、もっと気持ちよくしてあげようか?」
みなみ「えっ・・・そ、それは・・・」
つかさ「あ、やっぱりダメだよね、ゆきちゃんと同じくらいにしないと、不公平だよね」
みなみ「あ・・・はぃ・・・」
つかさ「ん? みなみちゃん、どうしたの?」
みなみ「ふ・・・不公平でも・・・いいです・・・」
つかさ「ええっ? なんで? みなみちゃんだってカガミルク飲みたいでしょ?」
みなみ「いいんです・・・それより・・・お願いです・・・舐めてください・・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:32:05.52 ID:eY+WnRBd0

つかさ「えっ・・・みなみちゃん、どうしたの? もういいんだよ、ほら、カガミルクどうぞ?」
みなみ「・・・つかさ先輩・・・お願いします・・・」
つかさ「ええ〜、でも私はもう満足だよ〜 ありがとう、みなみちゃん!」
みなみ「先輩・・・! お願いします・・・! もう・・・少しでいいんです・・・舐めてください・・・!」
つかさ「・・・・・・・」
つかさ「みなみちゃん、どこを、どうしてほしいの?」
みなみ「ここを・・・舐めて欲しいんです・・・」
つかさ「だから、どこを、どうしてほしいのかな〜? 舐めるって、何を〜?」
みなみ「・・・・・を」
つかさ「みなみちゃん、ゴメンね、もう一度お願いだよ!」
みなみ「わ、私の、敏感で・・・勃起しているミニ乳首を・・・つかさ先輩の舌で・・・し、しゃぶって、気持ちよくしてください・・・!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:41:41.98 ID:eY+WnRBd0

つかさ「みなみちゃんにそこまで頼まれたら仕方ないよ〜」
みなみ「そ、それじゃあ・・・!」
つかさ「その代わり、みなみちゃんのも、貰うからね?」
みなみ「私の・・・?」
つかさ「そうだよ〜 それじゃあ、みなみちゃんの、可愛い可愛いミニ乳首、しゃぶってあげるね」
 ちゅう、ジュルジュルジュルルルルルルル!
みなみ「んはぁぅっ!!んくうう!!」
つかさ「やっぱり感度がいいんだね、うらやましいよ〜 それとも、興奮して感じやすくなっているのかな? かな〜?」
 ちゅぱ、ちゅぱ、はみいっ!
みなみ「んあっ!! いっ・・・」
つかさ「やっぱりこれが一番なのかな? 舌で乳首を舐めるより、こうしてはみはみされたほうが気持ちいいんだよね?そうだよね?」
 ちゅっぱ、はみ、はみっ、はみいっ!
みなみ「はあああっ!・・・んくううんっ!」
つかさ「あ・・・ちょっとでてきたのかな? みなみちゃんの乳首、美味しくなってきたよ?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:51:57.08 ID:eY+WnRBd0

みなみ「え・・・?」
つかさ「もうすぐだね、もうすぐだよ」
 はみっ、はみっ、ジュルッ、はみいっ!
みなみ「ん、んあっ!! あああっ!」
つかさ「いいよみなみちゃん、そのまま気持ちよくなっていいんだよ? 乳首しゃぶられて、おっぱいだけでイっちゃっていいんだよ?」
 はみいっ! はみいっ!
みなみ「んああぅっ! は、はあぁんっ!」
つかさ「本当にイっちゃうの? おっぱいだけでイっちゃうの? 乳首しゃぶられて気持ちよくなって、イっちゃうの?」
 はみっ、ちゅぱちゅぱっ
みなみ「んくううっ・・・んぁぁっ!」
つかさ「もう答えられないか〜 そうだよね、おねだりするくらい気持ちいいこと知っちゃったんだもんね、仕方ないよね」
みなみ「ぁっく・・・ぃく・・・っ!」
つかさ「みなみちゃん、声出してイっちゃうの? イクって、乳首だけでイっちゃうって叫びながらイクの?ねえ?そうなんでしょ?」
 ちゅぱちゅぱ・・・はみっ、はみいいっ こりっ!
みなみ「・・いっ・・・っ!!! イクぅっ・・・ちく、びっ・・・だけでイっ・・・くううっ・・イっちゃううぅっんんん!!!!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 02:56:52.84 ID:eY+WnRBd0

 ぴゅうっ!ぴゅううっ!
つかさ「わあ〜♪ すごいよみなみちゃん! 出たよ! いっぱい出ているよ!」
みなみ「あ・・・あぁ・・・っ・・・は、はあっ・・・!」
つかさ「それじゃあ、いただきま〜す」
 はみいっ! ゴッキュ、ゴッキュ!ゴッキュ!
みなみ「んぁっ! つ、つかさ先輩っ・・・! そ、そんなに強く吸わないで・・・くだ・・さいっ!」
つかさ「んぷはっ! だって、みなみちゃんのミナミルク、とっても美味しいんだよ? 仕方ないんだよ〜」
 はみいっ ゴッキュ!ゴッキュ!ゴッキュ!
みなみ「くううっ・・・! せ、せんぱっ! いいっ! 痛い・・・! 痛いですっ・・・!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:05:39.68 ID:eY+WnRBd0

つかさ「んぷはっ! ゴメンね、みなみちゃん・・・美味しかったからつい・・・」
みなみ「・・・で、でも・・・約束・・・でしたから・・・」
つかさ「でも、もう少しだけ、ミナミルク貰うね!」
 くにくに、ぎゅむっ!
みなみ「…んっ!」
 ぴゅるっ!
つかさ「わぁ〜 こんなに簡単にでちゃうよ〜?それじゃあ、ここにいっぱい入れてね〜」ゴトッ
みなみ「え・・・こ、こんなに出ない・・・」
つかさ「出ない、じゃなくて、出すんだよ〜 みなみちゃんならできるよっ! がんばって!」
 ぎゅうっ! ぴゅうっ!ぴゅううっ!
みなみ「んっ・・・! んっ・・・!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:16:45.23 ID:eY+WnRBd0

みのる「wawawa忘れ物〜」
みなみ「だ、誰…!? 勝手に・・・私の家に入ってこないで・・・!」
つかさ「セバスチャン、どうしたの〜?」
みのる「ん? ちょっと忘れ物を取りに来た」
つかさ「忘れ物?」
みのる「ああ、俺の大切な人が忘れ去られていたから」
つかさ「・・・・・・?」
みなみ「・・・・・・?」
みゆき「え・・・?わ、私、ですか?」
みのる「さっきから一人でずっとおっぱい弄りながらオナニーしていて、寂しかったんじゃないですか?みゆきさん!」
みゆき「え、ええ、あんなにじらされて絶頂を迎えられなかったんですよ? 寂しいに決まっているじゃないですか」
みのる「それじゃ、みゆきさん、いいですよね?」
みゆき「何を、でしょう?」
みのる「みゆきさんの豊満なおっぱいに入っているものを・・・」
みのる「俺にも飲ませろ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:27:34.66 ID:eY+WnRBd0

みのる「奥さん、これが欲しかったんだろ?」
みゆき「ああっ・・・そ、そんな・・・あ、はあっ・・・くっ・・・いっ・・・ああっ!」

みなみ「・・・こ、これくらいで・・・いいでしょうか・・・?」
つかさ「うん、みなみちゃんありがとー! これで十分だよ!」タプン・・・
みなみ「こちらこそ・・・その・・・乳首でその・・・気持ちよくしてくれて・・・ありがとうございました・・・」
つかさ「もしまた・・・乳首しゃぶられたくなったら、いつでも言ってね? 私なら美味しい乳首なら大歓迎だよ〜」
みなみ「・・・・・・は、はい、では・・・また・・・こ、今度・・・よろしくお願いします・・・」
つかさ「みなみちゃん、そんなに照れちゃうの? さっきはあんなにいろんなこと叫んでいたのに?」
みなみ「そ、それは・・・そのっ・・・」
つかさ「でも、いいんだ、みなみちゃんが素直になってくれたから」
つかさ「それじゃあ、私は次に行く場所があるから、帰ることにするよ、みなみちゃんとゆきちゃんまたね、ばいば〜い」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:37:25.31 ID:eY+WnRBd0

つかさ「それじゃ、つぎはミナミルクを使って、ゆたかちゃんのロリプニペタンコパイパイにむしゃぶりつくことにしよ〜♪」
つかさ「それにカガミルクもまだ半分あるし、こなちゃんの可愛い可愛いちび乳首もいただいちゃおーっと!」


ピンポーン、ピンポーン!
そうじろう「はい、どちらさまですか?」
つかさ「柊つかさです〜」
そうじろう「おお! 巫女さんの! 今日はどうしたの?」
つかさ「こなちゃんとゆたかちゃんにちょっと用事があって来たんですけど・・・」
そうじろう「そういうことなら、どうぞどうぞ!」
つかさ「それじゃあ、おじゃましま〜す♪」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:44:47.98 ID:eY+WnRBd0

こなた「こ、これが・・・かがみの・・・?」
つかさ「そうだよ? おねえちゃんから直に絞ったカガミルクだよ」
ゆたか「わぁ・・・それでこれがみなみちゃんのなんですね」
つかさ「ゆたかちゃんもこれ欲しいでしょ?私が頑張ってみなみちゃんから絞ってきたんだよ〜」
ゆたか「つかさ先輩・・・ありがとうございます!」
こなた「で、これを私達にくれるの?」
つかさ「そのために今日来たんだよ〜 でも」
ゆたか「ただではくれない、ということでしょうか?」
つかさ「そうだよ〜そうなんだよ〜! 流石ゆたかちゃん、話が早いよ〜」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 03:53:29.26 ID:eY+WnRBd0

こなた「えーっと、つかさは何がお望み?」
ゆたか「でも、私つかさ先輩が喜ぶものなんてあるかな?」
つかさ「簡単なことだよ〜 二人の可愛い乳首をおっぱいをしゃぶらせてほしいんだよ〜 思いっきり舐め回したいんだよ〜」
こなた「そんなことでいいの?お安い御用だよ!」 ぴらっ
ゆたか「こ、これでもいいのかな?あんまり大きくないですよ?」 ぴらっ
つかさ「二人とも、最高だよ〜 こなちゃん、ゆたかちゃんありがとー!」
こなた「それじゃあ、つかさ、早く舐めてよ! 私だってカガミルクゆっくり堪能したいんだからさっ!」
ゆたか「わ、私だって、ミナミルク早く飲みたいよ・・・ つかさ先輩、どうぞ私からしゃぶって下さい!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:02:04.53 ID:eY+WnRBd0

こなた「ゆーちゃん、ここはお姉さんに譲ってもらえないかな?」
ゆたか「ええっ! で、でも、私だって・・・ミナミルク飲みたいんだもん」
こなた「でもさ、ゆーちゃんは慣れていないから時間掛かるんと思うんだけど」
ゆたか「そんなことないよー! わたしだってちゃんとおっぱいだけでイけるんだよ? おねえちゃんが知らないだけだよ!」
つかさ「そ、それじゃあ・・・」
つかさ「ゆたかちゃんにするよ〜 ゆたかちゃんの乳首しゃぶらせてもらうよ〜」
ゆたか「やったぁ! つかさ先輩、どうぞ!」
こなた「くう〜っ!こうなったら・・・」
つかさ「うん、いただきま〜す!」
 つっ・・・
ゆたか「きゃうんっ!!」
つかさ「ゆたかちゃん、みなみちゃんより感度いいよ〜 普段の成果なのかな〜?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:15:46.87 ID:eY+WnRBd0

ゆたか「えへへ・・・いつもみなみちゃんのこと想ってオナニーしているからかな〜」
つかさ「そっか〜、そうだよね、みなみちゃんのこと大好きなんだよね〜」
 ちゅぱ・・・ちゅくっ
ゆたか「んっ・・・!は、はいっ・・・みなみちゃんのこと、みなみちゃんの体、全部、全部大好きなんです・・・!」
つかさ「だからミナミルク見たときから顔が赤かったんだね〜、もう可愛いプチ乳首も、こんなに直立しているよ〜?」
 ちゅぱっ、ジュルルルルッ!
ゆたか「ひゃあんっ! つ、つかさ先輩、すごいです・・・自分でやるのより、すっごく気持ちいいです!」
つかさ「ゆたかちゃんは素直だね〜、みなみちゃんは中々本音を言ってくれなかったんだよ〜」
 ジュルッ、ちゅぱ、ちゅぱっ!
ゆたか「やぁ・・・んっ・・・! み、みなみちゃんの・・・ち、乳首もしゃぶったんですか!?」
つかさ「しゃぶりついたよ〜、みなみちゃん、ちょっと噛むとすごいよろこぶんだよ〜 こんな風に噛むとねっ!」
 ちゅぱ、はみいっ!
ゆたか「きゃゃああんっ!! みなみちゃんも・・・みなみちゃんと同じように弄られているんですね! あ、んぁっ!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:25:25.16 ID:eY+WnRBd0

つかさ「みなみちゃんはすごいおねだりするんだよ? 私とゆきちゃんの前で、自分からお願いしたんだよ?」
ゆたか「そうなんですか・・・! ああっ! みなみちゃんエッチだよぉ〜
     すごく見たかったよ・・・みなみちゃんのおねだりする顔、みたかったなぁ・・・」
 チュク・・・くちゅ
つかさ「ゆたかちゃん? 我慢できなくなっちゃったの? 真っ白なパンツの上からおまんこ、弄りたくなっちゃったの?」
ゆたか「だって、みなみちゃんがそんなにエロかったなんて想像しただけで・・・たまらないですよ!」
 ちゅく、くちゅ、くちゅっ
つかさ「ゆたかちゃんも負けていないよ〜 みなみちゃんに勝っているよ?
     私に乳首しゃぶられながらパンツ穿いたままシミを気にせずオナニーしてるんだもん、流石ゆたかちゃんだよ〜」
 ちゅぱ、ちゅぱっ
ゆたか「んやぁっ・・・! だって、良いじゃないですか!乳首とオマンコ弄るのって、すごく気持ち良いじゃないですか!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:36:14.02 ID:eY+WnRBd0

つかさ「そうだね〜、最高だよね! ゆーちゃんと私、気が合うなあ、嬉しいから私も頑張るよ〜」
 ちゅぱ、ジュルルルルッ、はみはみ
ゆたか「きゃああっ! つかさせんぱぁいっ、激しいですよぉ! は、はぁっ気持ちいいよぉ・・・」
ゆたか「乳首しゃぶられながら、みなみちゃんのことを想っておもいっきりオナニーするの、気持ちいいよぉ!」
つかさ「すごいコリコリになってるよ〜? おっぱいもさっきより張ってるよ〜 そろそろ食べ時だよ〜」
 ちゅぱ、はみ・・・はみいっ!
ゆたか「んぁああっ! いいです!すごくいいですよ! んくうっ・・・ ゆ、指が止まらないよぉ・・・真っ白なパンツが汚れていくよぉ」
つかさ「おいしいよ、私もとっても美味しいよ〜 ゆたかちゃんのミニ勃起乳首、すごい美味だよ〜」」
 ちゅぱはみ、はみはみいっ!
ゆたか「んんあああっ!! そこ、そこが一番なんですっ! もう少し、もう少し強く噛んでくださいっ!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:45:56.39 ID:eY+WnRBd0

つかさ「ゆたかちゃんはいつも強く乳首弄っているの? こんなに感度いいのに、さ!」
 こりっ!
ゆたか「んひゃうっ! は、はいっ! 左手に唾を付けて乳首の先端をくにくにしながら、
     みなみちゃんに乳首を舐められながら手でオマンコクニュクニュされること想像しながらオナニーしているんですっ!」
つかさ「ゆたかちゃん、そんなゆたかちゃんのこと、みなみちゃんが知ったらどう思うかな?」
ゆたか「えっ・・・み、みなみちゃんに知られたら、ですか? それは・・・」
つかさ「淫乱なゆたかなんて、大ッ嫌い、って言われたらどうするの? ゆたかちゃんオナニーやめられるの?」
ゆたか「オナニーやめるのも、んぁっ・・みなみちゃんに嫌いって言われるのも、両方嫌です!」
つかさ「じゃあ、みなみちゃんに今度会ったら言ってみよようかな? ゆたかちゃんは毎日オナニーしている淫乱ロリ高校生です、って」
 はみ、はみいっ!
ゆたか「ひゃあうんっ!や、やめてくださいっ!んああっ! みなみちゃんには、いわないでぇ・・・オナニー大好きなこと言わないでぇ!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 04:58:02.52 ID:eY+WnRBd0

つかさ「言わないよ〜 それに、今日のみなみちゃんだってすごく淫乱だったからオナニーしていても大丈夫だよ〜」
 はみっ!はみいいっ!
ゆたか「ひゃううんっ! そ、それなら安心して・・・オナニーできますっ! んくっ、あぅっ・・・くうっ!っあんっ!」
つかさ「ゆたかちゃん、もう限界?そんなに激しくパンツ越しからクリとオマンコ刺激して、もうパンツスケスケだよ?
     ちょっとオナニーしすぎのピンクおまんこと、飛び出たクリトリス、見えちゃうよ?もうすぎ、はっきり見えちゃうよ?」
ゆたか「はぁ、はぁっ・・・!んっあっ・・・! み、みみないでください・・・!私の、恥ずかしいオナニーマンコ、
     パンツ越しから見ないでくださいっ!」
つかさ「そんなこと言われても、ゆたかちゃんがオナニーやめないかぎり、丸見えだよ〜?」
 はみいっ!こりっ、こりっ!
ゆたか「んああっ! それならもうすぐです! ああっ! もうすぐ行きますから! っんんっくうっ・・・!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 05:10:30.50 ID:eY+WnRBd0

つかさ「イっちゃうの? みなみちゃんと違って、自分でもオナニーしながらイっちゃうんだね?」
ゆたか「はいっ! 乳首をしゃぶられるだけだと、物足りないんですっ・・・! んっああっ!
     パンツのクロッチビショビショにしながらの愛液おもらしオナニーしながら、イっちゃいます・・・くうんっ!」
つかさ「ゆたかちゃん、私の友達の仲で一番淫乱だったんだね〜 おとなしい子ほど、エロいんだね〜 わかるよ〜」
 はみはみっ、ちゅぱっ、はみいっ!
ゆたか「んああああっ! いいんですっ! 乳首噛まれるのが気持ちいいんですっ! もうすこし、お願いしますっ・・・!」
つかさ「わかったよ〜 最後にゆたかちゃんのロリプニペタンコパイパイとオナニー勃起乳首しゃぶりつくよ〜 んっ!」
 ジュルルル!じゅぱっ!はみっ!こりいっ!
ゆたか「んああああっ!イっちゃいます! つかさ先輩に勃起乳首かまれながら、パンツ穿いたままオナニーでイっちゃうううっ!!!」
 しゅぱあああっ!!
ゆたか「ん・・・ああっ・・・おしっこ、おもらししちゃったよおっ! お部屋でイキながら、パンツ穿いたままおしっこしちゃったよおっ!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 05:21:28.86 ID:eY+WnRBd0

つかさ「ゆたかちゃん、おもらししちゃうなんてそんなに気持ちよかったの〜?」
ゆたか「はぁっ・・・んっ・・・! んっ・・・!」
 ぴしゅっ、ぴしゅうっ!
ゆたか「はいっ・・・で、でもこんなに気持ちよかったのは初めてですっ」
つかさ「私も満足だよ〜 十分ゆたかちゃんのおっぱい堪能させてもらったよ〜」
ゆたか「それじゃあ、ミナミルク貰っていいんですね!」
つかさ「いいよ〜 いいもの見せてもらったから、全部あげるよ! 大切に飲んでね〜?」
ゆたか「あ、ありがとうございます! つかさ先輩!!」
ゆたか「ああ・・・みなみちゃんのミナミルク・・・」 すっ、ゴキュッ!
ゆたか「んぷはあっ! 美味い!美味すぎるよ! みなみちゃん、みなみちゃぁんっ!」
 ゴッキュ!ゴッキュ!
つかさ「ゆたかちゃん、またオナニー始めちゃったよ〜」
つかさ「それじゃあ・・・あれ、こなちゃんがいない? どこに行ったのかな〜?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 05:29:52.60 ID:eY+WnRBd0

こなた「いちいち待っているより、直飲みの方が早いよね…」

ピンポーン、ピンポーン!!
こなた「・・・・・・」
こなた「あれ?かがみ居ないのかな?」
 がちゃ・・・
こなた「カギが開いてる?」
こなた「・・・・・・」
こなた「おじゃましま〜す・・・」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 05:42:40.85 ID:eY+WnRBd0

かがみ「まだよ!全然っ・・・ああっ! ま、まだなんだから! あんたたち、何時になったらっ!んっ!上手くなるのよ!」
>>43「んぷっ・・・はあっ、はあっ・・・かがみ、そんなこと言っている割にはさっきから何度もイっているんじゃないか?」
かがみ「そんなことないわよ! あんたどこ見て言ってるの?私のオマンコ、まだ沢山溢れているじゃない!」
>>53「いいから早く変われよ!俺だってかがみのマシュマロおっぱいより密林マンコ舐めたいんだよ!」
かがみ「だから密林じゃないって言ってるだろ! よく見ろよ! しっかり手入れしてあるし!」

こなた「かがみ、何やってるの?」
かがみ「こなた!? どうしてここに? 私の乳首、しゃぶりついてくれるのね!」
>>112「こなちゃんのおっぱいちゅっちゅしたいよ」
かがみ「その人、こなたの友達?」
こなた「え?さっっき一緒に入ってきた人みたいだけど、かがみの知り合いじゃないの?」
>>112「そんなこといいから、こなちゃん、おっぱいちゅっちゅさせて!」
かがみ「待ちなさいよ! わたしがおっぱいしゃぶられながら、こなたの貧乳ロリ乳首ちゅっちゅするのよ!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 05:55:44.80 ID:eY+WnRBd0

かがみ「さあこなた、こっちにきなさい!早く!」
こなた「でも、トイレに5人も入らないよ?」
かがみ「それじゃあ他の場所に移動ね!」

かがみ「ここなら広いし、いいんじゃない? お母さん達は今日帰ってこないし」
こなた「じゃあ、一日中カガミルク飲み放題ってこと?」
かがみ「わたしも、こなたのロリ乳首しゃぶりつき放題ってことになるわね! 最高じゃない!」
こなた「いやっほおおっ! かがみ、早く、早く飲ませて! お腹が空いて、力が出ないよ!」
かがみ「ほら、はやくしないと全部出ちゃうわよ?」
 ぴゅうっ、ぴゅうっ!
こなた「もったいない! そ、それじゃあいただきまーす!!」
 ちゅぱっ!ジュロリッ!
かがみ「ああ!いいわよ、こなた!あんたの舌使い、唇の柔らかさ、どれをとっても最高のしゃぶりつきだわ!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 06:05:05.06 ID:eY+WnRBd0

かがみ「それじゃあ私もたっぷりとこなたの乳首をいただくことにするね!」
 ジュルルルッ、ジュルルル! チュッパ!チュッパ!
こなた「んあっ・・・かがみ、は、激しすぎだよ!乳首とれちゃううっ!」
かがみ「んぷはっ! 大丈夫よ! こなたならまだいける! こんなに美味しいおっぱいなんだもの!ああ、美味しい!!」
 ジュルルル!じゅぱ、じゅぱ、ジュルルル!
こなた「んぁ! かがみ!かがみの乳首もすでに真っ赤だよ?ずっと舐められていたの? しゃぶられていたんでしょ?ねえ?」
 じゅぱ、ちゅっぱ、チュウウウウウッ!
かがみ「そうよ! 私の愛液だらだらオマンコ舐められてクリトリス刺激されながら、勃起おっぱいをずっとしゃぶられていたのよ!」
こなた「うらやましいな、羨ましいな! かがみの勃起おっぱい美味しいよ! 私も一日中しゃぶっていたいよ!」
 ちゅぱっ、ちゅぱっ!
かがみ「しゃぶればいいじゃない! 朝学校行くときから、昼休み、放課後! 私はいつでもいいのよ?
     何時もしゃぶられたいし、しゃぶりつきたいのよ!! わかる? 私のこの切ない気持ち、こなたに分かるの?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 06:14:20.38 ID:eY+WnRBd0

こなた「わかるよ、わかる! 私もいっつも考えているよ! かがみの体育着着ているときに盛り上がったおっぱいみていると
     体育着ごとむしゃぶりつきたくなるし、ノーブラで体育の授業受けているときに服と乳首がこすれるのも楽しみだし、
     だからかがみの気持ちは痛いほど分かるよ!」
かがみ「こなた・・・やっぱりこなたは親友ね! この可愛いロリ乳首、思う存分気持ちよくしてあげるわ!」
 ちゅっぱ、ジュルウ!ちゅぷ、ちゅっぱ!
こなた「はあぁ!くっ・・・! かがみのマンコからもどんどん愛液溢れてきているよ?畳がびしょぬれだよ?」
かがみ「畳なんかどうでもいいのよ!今は目の前にある私の乳首甘噛みしながら、おっぱいをしっかりもみなさい!
     両方とも強めでやるのよ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 06:25:53.28 ID:eY+WnRBd0

かがみ「いいわよ!んっ!ああっいい! そう!それでいいの!その揉み方よ!もっと噛む力は強くていいわよ!」
こなた「かがみの乳首、すごい硬くなってるよ? 結構使っているでしょ? 何時もおっぱい中心にオナニーしているでしょ?」
 ぎゅむ! はみ!コリコリっ!
かがみ「はあっ!い、いいわよそのコリコリ加減!ああっ! 乳首気持ち良い!こなたのロリ乳首も美味しいし、今最高に幸せよ!」
 ちゅっぱ、ちゅっぱ!はみ、ちゅぱっ!
こなた「んああっ! かがみいっ!いいよおっ!かがみのいいよおっ! オナニーでしか使わない私の乳首、もっと、
     もっといっぱい刺激して!」
かがみ「あんたも私の方、手を抜いたらだめよ! もっと!もっと!そう、そうよ!んあっ!いいわ!
     いつも妄想していたこなたのはみはみより数百倍の気持ちよさよ!」
こなた「かがみ、おっぱい弄りながらでいいから、おまんこも触って! 今かなり漏れているから、はやく!くちゅくちゅして!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 06:34:33.82 ID:eY+WnRBd0

悪い、もう限界一旦寝る
それと自分がらきすた好きなのか分からなくなってきた

勝手に参加させて、一部の人ごめんなさい

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 13:31:40.65 ID:eY+WnRBd0

かがみ「おっぱい弄られながらがいいのね? このちっちゃいロリプチおっぱいを左手でくにくにされながら
     プニロリスジマンコと隠れているクリトリス、右手でおもいっきりくちゅくちゅしていいのね? いいのね!?」
こなた「かがみ、はやくしてよ! 早く! はやく、して!」
 はみいっ!
かがみ「っくうう!いいわよ!その甘噛み! ええ、今すぐくにゅくにゅしながら指入れてぐちゅぐちゅかき回してあげる!」
 くにゅ、くにゅ!ずぶちゅ!
こなた「んああっ! ひいよお! かがみのも!かがみのおまんこ、舐めながらいい! 舐めながらくちゅくちゅされたいのおっ!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 13:40:46.64 ID:eY+WnRBd0

かがみ「なら早くしゃぶりつきなさいよ! 畳に落ちる前に私のエッチなおまんこ液、全部飲みなさいよ!」
こなた「かがみのおまんこ、いい臭いだよ、全然臭くなんかないよ! 何時もオナニーしているんだもんね、綺麗にしているんだよね!」
 ちゅうううっ! ちゅぱっ、ジュルルルルル!
かがみ「そうよ! 毎日、起きるとき、昼休み、午後の授業中、放課後、駅のトイレ、いつしゃぶりつかれてもいいように
     毎日手マンコして綺麗にしているもの!」
こなた「それじゃあ、いつしゃぶりついてもいいってことなの? そうなのかがみ! それなら明日、学校でしゃぶりつくよ!」
 ちゅっぱ、ちゅっぱ!ジュルルッ!
かがみ「んんああんっ! クリトリスいい! 舌でツンツンされながらオマンコのはみはみされるの、最高に気持ち良いのぉ!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 13:48:56.93 ID:eY+WnRBd0

かがみ「こなたのオマンコもすごくじゅぶじゅぶ言っているわよ!」
 じゅっぷ、じゅっぷ!くりいっ!
こなた「んくああっ! そこいいのおっ! かがみのおまんこ綺麗だよ! かがみのぷにゅぷにゅしたおまんこ美味しいよ!」
 ちゅっぱ、ちゅっぱ!ジュルルルル!
かがみ「ああ!いいわよ!いい! こなたのロリスジにも、ほら、ほらあ!指が入っていくよ?奥にはいっちゃうよ!?」
 ちゅぷ、じゅぷうっ!
こなた「ひいっ! かがみの指チンコが入ってくるよ! 私の内部をぐちゅぐちゅにかきわしてくれるよぉ!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 13:58:17.94 ID:eY+WnRBd0

>>112「二人のおっぱいをだぶるちゅっちゅしたいお!!」
かがみ「まちなさいよ!んあっ! 今はこなたにオマンコちゅっちゅされているの! 後で好きなだけちゅっちゅさせてあげるから待ちなさいよ!」
こなた「んあっ! はあっ! かがみのオマンコもいいよ、くにくにしていると美味しいよ! 早く、もっと出して!もっと飲ませて!」
 じゅるうっ! じゅっぱ、ジュルルルルッ!
かがみ「いいっ!んああっ!いいわ! そのバキューム!出ちゃうわよ!どんどん愛液でるうっ!」
こなた「んぷはっ! かがみ、いっぱい、いっぱい出ているよ! 全部飲み干すよ! だからもっと指チンコでかき回して! もっと!」
かがみ「わかっているわよ! これがいいのね? ここの膣壁、ぐにゅぐにゅされるのがいいのね!?」
 ぐっちゅ、ぐぷちゅ、ぐぷちゅう!
こなた「んあっ! ああ! いいよおっ! かがみも、かがみにも指入れていいよね? ニ本入れていいよね!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 14:08:56.30 ID:eY+WnRBd0

かがみ「何いってるの? わたしが二本で満足するわけないじゃない! 三本、もしくは四本いれなさい! はやく!」
こなた「いいの?三本のゆびでくちゅくちゅするよ! いくよ? 私の指で、おもいっきぐちゅぐちゅするよ!」
 ずぷちゅううっ! ずにゅっ!ずにゅうっ!
かがみ「んあああっ! いいわよ!すごくいい! こなたのちっちゃい指でクニクニされると、とっても気持ちいいわよ!」
こなた「かがみすごく入るんだね!指でもっと広げるよ? 広げておまんこのひだひだから中までむしゃぶりつくよ!」
 ぐぱぁっ、じゅっぶ!じゅっぱ!
かがみ「んあ! すごい、すごい広がってる! こなたのスジも、くぱぁしていいよね? 中まで舌と指でしゃぶりつくね!」 

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 14:21:10.00 ID:eY+WnRBd0

かがみ「ああ!美味しい!こなたのロリプニマンコからあふれ出るお汁が美味しい!」
 ジュルルルル! じゅぷ!ジュルルル!
こなた「んああっ! かがみいっ!いいよおっ!吸いながらクリトリスもくにくにして! 唇でいいから、くにっってしてぇ!」
>>43「いいなぁ! こなたいいなぁ! むしゃぶりつきたいよ! かがみのオマンコにもう一度むしゃぶりつきたいよ!」
>>53「密林マンコ、舐めてえ! 舐めさせてくれよ!! むしゃぶりつきてえよ!」
かがみ「だめ! こなたのちっちゃい舌がいいの! こなたの可愛い指がいいの! もう少し、もう少しでいいんだから!」
>>112「それより早く俺もちゅっちゅしたい!我慢できないよ!」
>>43「はぁ、はぁ、俺も我慢できない・・・二人のラブラブオマンコちゅっちゅ見ながらオナニーする!もうする!」
こなた「んあっ! 私とかがみでオナニーするの!? 二人の女子高生マンコ見ながら、オナニーしちゃうの!?」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 14:34:14.25 ID:eY+WnRBd0

こなた「すごいよかがみ! 私達オナペットだよ? 愛液でぐちょぐちょのおまんこ、凝視されているよ! みんなオナニーしてるよ!」
かがみ「見てるだけでいいの? もう少し我慢すればわたしとこなたの勃起乳首つきおっぱいと美味しいプニマンにむしゃぶりつけるのに!」
 ジュルルル! ゴキュッ! じゅぱ!
かがみ「ほら、こんなにこなたのも沢山出ているのよ! ほらぁ! こんなに美味しいの、私が独り占めしていいのかしら!?」
 ジュルルルル! ゴッキュ、くにくに!
こなた「んああっ! かがみの、かがみのだって指に絡みつくよ? ほら、4本も指入ってるんだよ? ぐぷぐぷ音でちゃうんだよ?」
 じゅっぷ! ぐっぷ!ぐちゅぷ!
かがみ「ああ! ひいわっ! こなたぁ! もっと、もっとマンコをこねくりまわして! 指でもっとぐぷぐぷしてえぇっ!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 14:48:24.08 ID:eY+WnRBd0

>>43「ああ! 舐めたい! かがみ、かがみぃ! はぁっ! はぁ!」
>>53「カガミルクでいいから! はぁっ、はぁ! カガミルク飲みたい! 濃厚な直飲みカガミルクの味忘れられねえんだよ!」
>>112「二人のおっぱいちゅっちゅしたいよ! ミルクお腹一杯飲みたいよ!」
こなた「わあ・・・かがみ、ほら見てみなよ! あんなに激しくこすっているよ? 切ないけど気持ちよさそうな顔で、ちんちんしごいているよ?」
かがみ「こなたもいいんでしょ? 凝視されながらオマンコ私にくにゅくにゅちゅっちゅされるの、気持ちいいんでしょ!」
 くにゅくにゅ! ぐっちゅ!ぐっぷ!
こなた「ああ! いいよお! みんな、みんなに見られちゃう! そんなに広げたら、処女膜まで全部みられちゃうよ!!」
かがみ「いいじゃない! みんなに見てもらいましょう! こなたのロリプニ処女マンコ、綺麗な綺麗なこなたのオマンコ、みてもらおう!」
 ぐにいっ! くぱあっ!
こなた「んああっ! み、見られちゃうよ! オナニーしか知らない処女まんこ、見られながら、気持ちよくなっちゃうよお!」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 15:00:01.99 ID:eY+WnRBd0

>>160「こなたとかがみんの丼おいしそうだな」
かがみ「ちょ! また勝手に人の家に入ってきたな! もういいけどさ!」
>>53「はぁ・・・はぁ・・・! ああ!見てるだけでこれだ!さぞ美味しいんだろうな! これだと何丼なんだ?」
>>43「かがみ! かがみのオマンコ、おいしい愛液まみれのやわらかマンコ!」
こなた「はぁ・・・私の処女まんこも見てよぉ! 見ながら、かがみのだけじゃなくて、私のも!私のもみてよお!」
>>112「はぁ、飲みたい・・・!カガミルクのみたいよ! こなちゃんのおっぱいちゅっちゅしながら直飲みしたいよ!」
かがみ「ほら、こなたのも飲みたいって! 出そうね! 今すぐコナミルク出そうね!」
 ぎゅうっ! ぎゅううっ!
こなた「んぁあ! 乳首もいいのっ! 思いっきりつねられるの、きもちいいのっ! もっと、もっと強くつねって!もっとぉ!」
>>160「これはそろそろボクの出番だな」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 15:08:31.75 ID:eY+WnRBd0

つかさ「それはまだだよ〜? 私の出番だよ〜?」
こなた「はぁ、はぁっ、 つ、つかさ!」
かがみ「やっと帰ってきた! はやくこっちに来なさいよ! あんたに舐められないとイけないのよ!」
つかさ「えー、でも私はおねえちゃんの勃起乳首のほうがいいんだよ〜 またむしゃぶりつきたくなったんだよ〜」
 ぎゅううっ!
つかさ「もう真っ赤だよ? まだイけないの? おねえちゃん不感症かな〜?」
 ちゅう、はみいっ!
かがみ「んっ! ああっ!! っ!!」
つかさ「イけないって、嘘だよね〜 今もイっちゃったもんね〜? こなちゃんの綺麗なロリまんこみながらイっちゃったよね〜?」 

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 15:20:28.36 ID:eY+WnRBd0

かがみ「はぁ・・・は、はぁ!? イってなんかいないわよ! こなたのプニマンむしゃぶりつきながら
     つかさにオマンコ指でくちゅくちゅされないかぎり、私がイくわけないじゃない!」
つかさ「そんなことないよ〜? おねえちゃんならイけるんじゃないかな〜? ほらぁ!」
 はみいっ!こりっ!
かがみ「んくううっ! ああ! つかさっ!? 何時の間に腕を上げたのよ! 今の噛み方、気持ちいいじゃない!」
つかさ「おねえちゃんのお陰だよ〜? おねえちゃんがおっぱいの味教えてくれたんだよ〜」
 はみいっ! こりっ! こりっ!
かがみ「んぁあっ! いいわよ! いいじゃない! もっとコリコリしなさい! もっと!もっと噛んで!」
こなた「かがみぃ!早く続きやってよお! 私の乳首くにくにしながらおまんこ広げてくちゅくちゅしてよ!」
かがみ「わかってるわよ! さあ早くこっちにロリスジ向けなさい! 早く! 早くしないとつかさにイかされちゃうでしょ!」 

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 15:33:33.33 ID:eY+WnRBd0

>>53「かがみよりつかさだ! つかさのみるく飲みたい!」
>>112「ふたりでいいから! かがみとこなちゃんでいいから!おっぱいちゅっちゅしたいよ! ちゅっちゅしながらイきたいよ!」
>>160「この三人と4Pしたい」
>>43「はぁ・・・出したいよ! かがみのマンコ至近距離で眺めて、なめて、しゃぶりついて精子ドビュドビュ出したいよ!」
>>167「オ・・・オラ・・・ワクワクしてきたぞー!!」
>>169「おちんぽミルクぶっかけ要因として混じりたい」
>>170「もう我慢ならん!」
>>53「これで7人! 一人に二人以上か!これならいけるだろ!」
かがみ「ちょっと! どういうことよ! あんたたち、何考えてるつもりなの!?」
つかさ「えへへ〜 おねえちゃんは大切に扱ってね?」
こなた「私はかがみにイかせてもらいたいよ! かがみ、マンコくにゅくにゅしてよぉ! 私のしてよぉ!」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 15:50:28.41 ID:eY+WnRBd0

>>53「今度は俺がかがみの密林マンコいただくぞ!」
かがみ「さ、さっきよりは上手くなったのかしら? いいわ!早くしゃぶりつきなさいよ!」
>>43「カガミルク、のみたいよ、いいよね?おっぱいにむしゃぶりつきながら、かがみの体に精子ぶっかけてもいいよね?」

>>112「おっぱいちゅっちゅするよ? こなちゃん、おっぱいちゅっちゅするよ?」
 ちゅうっ!ちゅぱちゅぱ!
こなた「んあっ! かがみぃ、かがみの手もおまんこにほしいよ! 乳首だけでイくのは、くはぁ! まだ、いやだよ!」
>>160「それじゃあ、かがみの手が空くまで、俺が舐めてあげるよ ほら、ここでいいんだよね?ねぇ?」
 ジュルルル!ちゅぱっ!ちゅぱぁっ!
こなた「ひゃあうっ! んあ! き、きもちっいいよおっ! 男の人の大きい舌、蠢くよ! おっきくて気持ちいいよおっ!」

>>169「はぁ、はぁ! つかさにかけたい! こなたにかけたい! かがみにぶっかけたいよ!だれにしようかな?しようかな?」
つかさ「わたしはだめかな〜? いいんだよ〜? わたしなら手でも、お口でも大丈夫だよ〜?」
>>170「そ、それじゃあ俺はフェラで! お願い!これ、我慢できないんだよ! もう限界なんだよ!」
>>169「じゃあ手コキして! つかさの唾で手をぐちょぐちょにして、それで手コキくにゅくにゅして!」
>>174「オ、オラも混ざっちまっていいのかっ!? やってやんよー!」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 16:07:58.47 ID:eY+WnRBd0

かがみ「ああ! いいわ!いいわよ! で、でもあんたが上手いんじゃないからね!? ここまでやったこなたが上手いんだからね!」
>>53「んぷはっ! そんなのどっちでも構わない! かがみのオナニーばかりしていて洗っていない密林マンコ美味しいよ!」
 ちゅっぱ、ジュルルル! ちゅっぷ、ちゅぱぁ!ジュルルル!
かがみ「ぅっくう! いい、で、でもあんたじゃ! んっ んくううっ!」
>>43「またイっちゃった! ツンツンしたままかがみイちゃったよ! 強気なかがみが顔真っ赤にして目を思いっきり瞑って
    気持ちよさそうに唸っていっちゃったよおおっ!」
>>43「かがみいっ! かがみいいっ! 俺もいっちゃうよおっ! ぶっかけるよ! かがみの太ももにチンコこすりつけながら
    足にぶっかけるよおおっ! イぐうっ!イぐうっ!かがみいっ!かがみいっ!!!!」 どぶりゅ!どびりゅうっ!
かがみ「くはぁっ! いいの! 足にかけられてあったかいのいいのぉ! もっと、もっとどびゅりして!
     乳首しゃぶられながらおまんこくちょくちょされて、太ももに暖かい精子変えられるのいいの、いいのお!」
>>53「そ、それならいいよな! 俺も出していいよな! かがみの密林マンコのワレメとクリトリスにぶっかけていいよな!!」
かがみ「いいわ! 今イって敏感になっているおまんこに、暖かい精子、ぶちまけなさい! さあ早く! 敏感なのは今だけよ!」
>>53「はぁ、こ、こすりつけていいよな! 俺が舐めたんだ! 擦り付けていいよな!」
 じゅりゅ、じゅりゅ!じゅりゅ!
>>53「ああ!いい! やっぱり密林マンコの表面最高っ! チンコの裏スジに絡みつく!かがみの汁がからみついてぐちゅぐちゅ
    しているよ! くぁああ! いくううっ! 出る! もうでるうっ! か、かけるよ! かがみのマンコ、まんこ! まんこおおあぁぁ!」
  どびりゅうっ! どびりゅうっ!

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 16:28:51.69 ID:eY+WnRBd0

>>112「はぁ!んぷっ!」
 ちゅぱちゅぱ! ちゅぷちゅぷ!
こなた「も、もう少しぃ、弱くしてよぉ! か、かがみに触られるまえにイっちゃうよお! 乳首ちゅぱちゅぱ音を立てて舐められて、
     勃起乳首イっちゃうよおっ!」
>>112「んぷはっ! 美味しいよ、こなちゃんのミニロリ乳首、頑張って勃起していうミニロリ乳首、美味しいよ!」
>>160「こなたのプニマン、やわらかくて暖かくて、すごくおいしいよ ほら、ほらぁ! ねえどうしてほしい?どうしてほしいの?」
こなた「か、かがみでぇ、イきたいんだよぉ! かがみにくちゅくちゅされながら、思いっきりおまんこ液おもらししながら
    イきたいんだよぉ・・・!」
>>160「でも、かがみは今向こうにいるからなあ あ、そういえばさっき言っていたよね? マンコ広げられながら舐められるのが
     きもちいい、って そうなんでしょ? そうだよね!」
 ちゅ、くっぷあ! ちゅぱ、ジュルルッ!
こなた「んぁあ! は、はげしいよ!んあ! かがみじゃないと嫌だぁ! 嫌だよおおっ! でも気持ちいいよぉ!かがみより激しいよぉ!」
>>112「んぷはぁ! 美味しくなってきたよ、こなちゃんのおっぱい美味しくなってきたよ!でるんだね! コナミルク出るんだね!」
 ジュルルルルル! ちゅぱジュルルルルル・・・!
こなた「い、ゃああ! 出ちゃうよお! ちっちゃな勃起乳首からミルクでちゃうよお! おまんこしゃぶられながら、乳首とおまんこ
     両方でいっちゃうよお! プニマンからもでちゃうっ! もうでちゃううっ! 漏れちゃうよおお! んん、んぁああああ!!」
 しゅ、ピシュピシシュゥゥゥゥゥゥゥゥ!
>>160「気持ちよかったんだね? おしっこお漏らしするくらい、ボクのクンニ上手かったんだね? そうなんでしょ!ねえ!」
 ぐちゅうっ!ちゅくっ!
こなた「んっんああっ! きもちひいいの! イったばかりの敏感マンコ、指クニュクニュされるのきもちいいのおおっ!」
 ぴゅるっ!ぴゅるるうっ!
>>112「ん! で、でたよこなちゃん! こなちゃんのミニ勃起乳首からコナミルク出てるよ!!直飲み!直飲みおいしいよ!」
 ジュルルルル!ゴ゙ッキュ!ゴッキュ!

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 16:53:35.68 ID:eY+WnRBd0

>>174「つかさ、オラはそのちっちぇえ尻にこすりつけてもいいか?」
つかさ「いいよ〜 でも中にいれちゃだめだよ〜 お尻のワレメにはさんで、愛液でくちゅくちゅこするだけだよ〜」
>>174「ああ!でえじょぶだ!それじゃ尻こっちに向けてくれ!」
つかさ「んっ・・・、はいどうぞ〜」
>>174「やっぱいい尻してんなー! こりゃたまんねーぞ!!」
 ぐいっ、ぐにゅ、ぐにゅっ!
つかさ「きもちいいよ〜 お尻がマッサージされているみたいだよ〜 中々いいんだよ〜」
>>169「つかさ、はやく! 早く手でコスコスして! つかさの唾まみれになって、顔にかけたいよ!おもいっきりどぷどぷしたいんだよ!」
つかさ「んっ・・・ っと、これくらいでいいかな〜? 最初はゆっくりがいいよね〜 こんな感じかな〜?」
 ずにゅちゅ!ずにゅちゅ!ずっちゅ!
>>169「はあっ! んぁあ! きもちいい!すっごく気持ちいいよ! つかさの小さい指がチンコを包んで、しごいてくれてるよ!
    裏スジ、裏スジも親指で弄りながらこすこすして! 親指で亀頭くにゅくにゅしてっ!!」
つかさ「わかったよ〜 ここだよね〜? ここの亀頭の周りもいいんだよね〜? こすられるといいの? どういいのかな〜?」
 こしゅっ! ずにゅちゅ! ずいにゅちゅ! くにくに!
>>169「んふあああっ! ふいいい! ひいいよおお!んくつうううっ!」
つかさ「いいんだよ〜? 答えられないくらい気持ちいいんだね〜 出しちゃっていいよ? もうイっちゃいそうなんでしょ?
     思いっきり亀頭刺激してあげるから、そのままおもいっきり顔に出してね〜? いい? 早くするよ? いいよね?」
 ズチュ!ズチュ!ズチュ!ジュッチュ!
>>169「んああああ! つかさあぁつ! つかさいぐううっ! くにゅくにゅ気持ちいい!亀頭気持ちいい! でるうっ! でるよおおっ
     つかさぁ、つかさぁ!つかさああっ!!!つかさあああああ!!!!」 どりゅびゅうううっ!!どりゅびゅうっ!
つかさ「んっ・・・ああ、出てるね、まだどくどく出てるよ〜! あったかいよ〜 気持ちよかったんだね〜 よかったよ〜」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 17:12:32.20 ID:eY+WnRBd0

>>112「はぁ、おいしい、おいしいよコナミルク、コナミルク・・・!」
 ジュルルル!ジュルルルッ!
こなた「んぁ!! もう、もう吸わないで! イったあとだから敏感なのおっ!」
>>112「敏感乳首なんだね、感じちゃうんだね! それなら、一緒に気持ちよくなろうよ!なっていいよね!いいよね!」
 くにゅううっ!ぐにっ、ぐにいっ!
こなた「ああっ!こすっちゃだめぇ・・・! チンコの裏スジが、乳首に当たってきもちいいのおっ!おっぱいがぐにゅぐにゅ
     かき回されるみたいで気持ちいいよおっ!」
>>112「はあ!鎖骨でごりごりきもちいい! コナミルクとちんぽ汁が混ざり合って乳首とちんこぐちょぐちょだよ! はぁ!はぁあっ!」
 ぐちゅうっ、ぐちゅうっ!
こなた「ひいああっ! 今度はちくびだけでいっちゃうよおっ! チンコの、亀頭で擦り付けられながらいっちゃうよおお!」
>>112「こなちゃんイクの?またイクの? 一緒がいいよ!一緒にイキたいよ!! こなちゃんの乳首、こするよ!激しくするよ!
     いいよね!ああ!いい! いいよおっ! こなちゃんの勃起乳首が裏スジと亀頭の周り! 周りきもちいい! 亀頭きもちいい!」
>>112「こなちゃぁん!いいよ!乳首いいよ! はぁ!はぁっ! こすこすきもちいい!ぐにゅぐにゅして気持ちいい!!!
     こなちゃぁああん!出るよ、出ちゃうよ! 出る!出る!イクううううっ!!! こなちゃあん!こなちゃああんんンン!」
 ぶちゅうっ! ぢゅぴゅう、ぢゅびゅう!
こなた「ん、んんぁああ! 出てるう! ああっ とびちっちゃうよおっ! おっぱい、気持ちよかった? 乳首に亀頭くにくに擦り付けて
     気持ちよかったんだね! ああ・・・すごい出てる・・・暖かい・・・」
>>112「はぁ・・・はぁ・・・こなたぁ・・・気持ちよかったよ・・・コナミルクまみれのロリプニおっぱい・・・きもちよかったよ・・・」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 17:32:40.01 ID:eY+WnRBd0

>>170「つかさ! 早くしてくれよ!喋ってないで、俺もチンチンくわえてくれよ!」
つかさ「うん、またせちゃったよ〜 ごめんね〜 わぁ・・・」 クンクン
つかさ「臭いね〜でもいい臭いだよ〜? でも臭いよね〜」
 ちろっ、ちゅぷっ、ちゅぱっ!
>>170「あああ!いい!いいよ! 亀頭の周りを唇で、先端を舌でチロチロ! いいよ!つかさ上手すぎだよ!」
つかさ「ほうはは〜?」
ちゅぱ、ちゅぷ、ぢゅううううううっ!!
>>170「す、すご!!! つかさ、バキューム凄い! やばっ! あ! ちょっと、まって! つかさの口に包まれてイきたいんだよ!
     つかさの口の中で思いっきりだしたいから!しゃぶりついて!おもいっきりじゅぼじゅぼ音つきフェラして!!」
つかさ「んっぷは、 そんなに私のお口がいいの〜? わかったよ〜 音つきがいいんだね〜」
 じゅろっ! じゅぶぱ!じゅぶぱ!じゅぶぱ!
>>170「んあああ!!! くうう!暖かいよぉ!つかさのお口あったかいよお!舌が、舌がぁああ!!
 じゅっぷ、じゅっぱ、じゅぶば!
>>170「はぁ!はぁ!っっくううう! いい!そこいい! もっと、!もっと吸いながら動かして!亀頭の周り舐めるようにして
     唇と口の裏でしごいてぇええ!!」
つかさ「ふぁふぁっふあふぉ〜」
>>170「あああ!いいよおおっ! つかさの小さい口で頑張ってフェラしているのいいよおお! 可愛いよつかさ!つかさぁ!!
    はぁ、もっと、早くして!早く、早くしてえええ!イキたいよ!つかさの口にどぷどぷ口内射精したいよおおおおお!!」
 じゅぷ・・・じゅぷ!じゅぷ!じゅぷ!じゅぷ!
>>170「ひいよおお! つかさのお口の中きもちいいぃいぃいいよぉおおおぉぉ ! いくううっ! もういくうっ!
    つかさぁあ!つかさあああ!いく、いくよおお! でるうううっ!つかさぁ!つかさぁぁぁぁあ!」
 びゅうううっ!びゅりゅううっ!
つかさ「・・・・んっぷは、こひぇ、どうひははいいほ?」
>>170「飲んで! ごっくんして! 精子ごっくんしてつかさの中に入れて!!」
つかさ「・・・・んっ・・・っは、えへへ〜 精子、全部飲めたよ〜」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 17:45:21.16 ID:eY+WnRBd0

>>174「つかさ! オラそろそろイきそうだぞ?」
つかさ「いいよ〜 そのまま私のおしりにかけてね〜 お尻のワレメにこすりつけながらでもいいよ〜」
>>174「そっか、それじゃこのままいっちまうぞ?」
つかさ「どうぞ〜 おもいっきりぶっかけてね〜」
>>174「くっ・・・いい尻してるなっ! もう限界だ・・・
>>189「おい!!待て! 超エリートの俺様をさしおいて・・・貴様だけにいい思いはさせんぞ!カカロット!」
>>174「やべぇ!見つかっちまった!つかさ、いくぞぉ?」
 どりゅうっ、どりゅうっ!
>>189「き、貴様! 高校生相手になんてことを!!!」
>>174「ふ〜 気持ちよかった〜 それじゃあ、つかさ、またな!」
>>189「おい待て! 逃げるつもりか!! 待ちやがれ!!」

こなた「またコスプレの人? 今日近くで何かイベントあったっけ・・・」
>>160「さて、こなたのまんまん舐め舐めしたから、お次ぎは挿入して膣出しだな」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 17:50:50.47 ID:eY+WnRBd0

こなた「え?そ、そこまではちょっと・・・」
>>160「何言ってるんだよ、イかせてあげたのはボクだよ? いいじゃないか」
かがみ「ちょ! まちなさいよ! こなたの処女はすでに私が予約済みよ? 残念だったわね」
>>160「じゃあ、これどうするればいいんだよ、もう収まりつかないんだけど?」
つかさ「それじゃあ、三人で気持ちよくしてあげるから、それでいいよね〜? いいよね〜?」
>>160「いや、ボクはこなたと・・・」
かがみ「拒否権はないわよ? さあ、素直に横になりなさい!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 18:03:18.58 ID:eY+WnRBd0

こなた「さて、それじゃあ私がメインでいいのかな?」
かがみ「そうね、こなたのことが一番みたいだし」
つかさ「それじゃ、私が乳首攻めるよ〜 かなり上達したと思うよ〜?」
かがみ「そうね、つかさの乳首をしゃぶるテクニックは今のところトップクラスだと思うわよ!」
かがみ「で、私がチンコ攻めて、こなたがラブラブちゅっちゅでいいんじゃないかしら?」
こなた「了解〜!」
>>160「あれ、ボクの意見は」
かがみ「いいじゃない、三人の女の子と一緒にエッチなことできるなんて、生きていて一回あるか無いかなのよ?」
つかさ「あ、おねえちゃん、あの人ならいいみたいだよ〜」
>>196「俺のアナルでよければ…ゲートオーブン」
こなた「どうする? あの人ならお尻の穴貸してくれるってさ」
>>160「お断りします こなた、かがみ、つかさの三人でおねがいします」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 18:20:10.43 ID:eY+WnRBd0

つかさ「男の人の乳首は難しいよ〜 おっぱいが無いからちょっと不満だよ〜」
 はみっ!こりっ!こりっ!
>>160「痛ぁ!! やめ!そんなに乳首はなれていないんだ!」
つかさ「だから拒否権は無いんだよ〜 私達が楽しみたいだけなんだよ〜?」
 こりいっ! こりいっ!
>>160「いたい!痛いって!だからやめ・・・んぷ!
こなた「んぷはぁ! なに喋ってるのさ? ほら、私とちゅっちゅしたいんじゃないの?」
 ちゅぱ、ちゅぱっ
かがみ「さて、どうやって抜いてあげようかしら? 足コキ?腋コキ?髪コキ?それとも、素股にする?」
>>160「わ、脇コキと素股がいいです…」
かがみ「中々マニアックね〜? 体毛フェチなのかしら? それじゃあゆっくりチンポで私の未処理腋マンコ味わいなさいよ?」
 じゃりっ!じゅりっ!じゅりゅっ!
>>160「あああ! い、いいっ!絡みつく! かがみの腋毛がチンポに絡みついていい! じょりじょり気持ちいいっ!」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 18:37:03.57 ID:eY+WnRBd0

かがみ「そんなに気持ちいいの? 腋毛いいの? 変態ね〜 でも気持ちいいのなら仕方ないわよね〜」
 じゅりゅっ、じゅりょっ、じゅりゅ!
>>160「は、はいいっ 気持ちいいんです! かがみの腋マンコ、暖かくてジョリジョリで、それでいて臭くて、最高です!!」
つかさ「臭い〜? ちがうでしょ〜!? おねえちゃんの腋マンコ、臭いじゃないで、しょ!」
 かりいっ!
>>160「んあああっ!! は、はいっ!間違えました!いい香りです!極上の腋マンコ臭です!」
こなた「そうだよ〜? かがみの腋マンコ、舐めるとツーンとしてとっても美味しいんだよ? 特に夏の体育の後とか、きっと最高だよ?」
 ちゅっぷ、ちゅぱ・・・
>>160「いい!嗅ぎたい!一度嗅いでみたいですっ! 夏かがみの腋マンコ、思いっきり息吸い込みたい!
     かがみの腋の下で思いっきり深呼吸したいです!!」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 18:45:39.74 ID:eY+WnRBd0

かがみ「残念ね! あと半年以上待たないと無理ね〜 今の腋マンコじゃあ不満なのかな〜?」
 じゅりゅっ!じゅりゅ!
>>160「最高です!今も、冬かがみの厚着でムレた、未処理腋マンコも魅力的です!」
かがみ「あたりまえじゃない! 私の腋マンコは一年中最高よ! それでコイてもらってるんだから、感謝しなさいよ?
     ほら、ほら! 絡み付くでしょ? 腋毛がチン皮の中に入って、じょりじょりするでしょ?」
>>160「んくぅうう!! 亀頭に絡みつくいて、その刺激が気持ちいいです!もっと、もっとおもいっきりやって!やってぇ!」
つかさ「そういうときは、頼み方があるよね〜 分かっているよね〜」
 はみっ、こりっ!
>>160「つううっ! はいっ! かがみ様、その麗しの腋マンコで思いっきりしごいてください! 腋の下を精子だらけにするくらい
    しごいて、ヌいてください!ぬいてくださいい!!!射精させてください!!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 18:52:55.45 ID:eY+WnRBd0

こなた「そっかー、かがみ派なんだ〜 それじゃあ私はラブラブちゅっちゅやめちゃうよ? いいの? もう二度としないよ?」
>>160「ラブラブチちゅっちゅしたいです!こなたとちゅっちゅしたいです!舌を絡めて、歯茎をちろちろして、唾液トレードして
     ちゅっちゅしたい!かがみの腋マンコにしごかれながら、こなたとちゅっちゅしたいですぅううう!!」
こなた「それならそうと言ってくれないと分からないよ?」
 ちゅぱっ!ちゅぷっ、ジュルルルル!
つかさ「えへへ〜 私はどうでもいいのかな〜 いいんだよね〜?」
 かりっ!かりいっ!
>>160「んあああ! い、いいっ!いいですつかさのしゃぶりつきテクニックも最高、最高です!!」
つかさ「そうだよね〜 そうだよね〜」
 はみっ!はみいっ!

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 19:05:58.88 ID:eY+WnRBd0

かがみ「ん?そろそろなの?チンコプルプル震えてるわよ? ねえ? ねえ! もうイきそうなんでしょ!?」
 じゅりゅっ!じゅりゅっ!
>>160「んんぐうううっ!!! ひ、ひきそうなんです!乳首も、ちゅっちゅも、どれも気持ちよくて、イきそうなんです!!!」
つかさ「それじゃあもうすぐだね〜 いいんだよ〜 おねえちゃんの腋マンコに膣出ししても、いいんだよ?」
 はみ、はみ!かりっ!
>>160「あああ!! したいです! どっぴゅり出したいんです!かがみのしっかり閉じた腋マンコの中にチンコ入れて、
     その中にどくどく出したいんですうう!!!」
かがみ「じゃあイっちゃいなさいよ! 早く! さあ早く! いいの? こんな腋マンコでイっちゃうの?ねえ?ねえ!」
 ごしゅ!ごしゅ!ごしゅ!ごしゅ!
>>160「はああああっ! 腋マンコでいくうう!かがみぃい、かがみの腋、腋まんこぉぉおお!!いいよ、いいよお!
    ああ! いくううっ!!かがみの腋に出すよおお!!でる! 出る! かがみいぃぃ!かがみぃいい!!!んあああ!!!」
 でゅぴゅっ! ぶりゅちゅぅ、ぶりゅちゅううっ!
かがみ「イっちゃったの! んんっ・・・!!熱うっ、精子熱い 熱いのまだ出てるよ? 気持ちよかったの?こんなに出しちゃってさ?」
 ぎゅううっ
>>160「はぁ、っ!!残りも、絞られるうっ! 気持ちよかったです!かがみのわきまんこ、最高でした・・・」
かがみ「そうよね〜 ほらぁ、あんたの精子で、こんなに腋マンコドロドロになってるわよ? ほら、いい臭いでしょ?」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 19:24:19.30 ID:eY+WnRBd0

かがみ「さて、あとあんたは素股がやりたいって言っていたけど、まだいけるの?」
>>160「折角、折角の機会なんだ! まだやれるよ!」
 しゅこしゅこしゅこ!
つかさ「むりにしごかなくていいよ〜? おねえちゃんの腋マンコで真っ赤になってるよ〜?」
こなた「そうだよ、もう十分でしょ?」
>>160「まだ、まだだ!オカズがあれば!良質のオカズがあれば!!」
かがみ「それじゃあ、私の腋マンコ綺麗にしなさいよ? 臭い、嗅いでみたいんでしょ?」
>>160「そ、それならいける! お願いします!かがみさまの腋マンコの臭い、直に嗅がせてください!舐めさせてください!!」
かがみ「それで何とかなるのね? ほら、いいわよ! むしゃぶりつきなさい!!」
>>160「やった!いただきま」
 ぐいっ!!
>>53「待てよ! お前だけ二回はずるいだろ! 密林腋マンコも舐めさせろ!」
>>43「俺だって、俺だってかがみの腋マンコの香り嗅ぎながらどぴゅどぴゅしたいんだ!」
>>112「俺は・・・こなちゃんの腋の臭いが嗅ぎたい!しゃぶりつきたい!腋マンコの一番奥に射精したい!!」
こなた「え?私のでいいの?毛も薄いし、臭いもあまりしないよ?」
>>122「それでいいんだよ、こなちゃんの腋の一番奥にどくどく精子流し込みたいんだよ!」
>>169「俺はつかさ!つかさの腋マンコの臭いかぎたいよ! むしゃぶりついて、おちんぽミルクつかさにもう一度かけたいんだよ!」
>>170「もう我慢ならん! かがみ!腋マンコ舐めさせろ!!!」
つかさ「みんな腋大好きなんだね〜!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 19:45:39.44 ID:eY+WnRBd0

かがみ「ひゃあ!く、くすぐったいじゃない!もっと気持ちよくなるように、しっかりしゃぶりなさいよ!」
>>53「ああ・・・いい臭いだ! エッチなことやったから汗かいたんだな! ムレていて美味しい!」
ちろちろっ!
かがみ「ひゃあっ!だからくすぐったいって言ってるだろ! で、あんたはどうなのよ?騎乗位の格好でマンコでチンコ
     しごかれるのは?ねえ? どうなの?ほら、セックスしている気分? 私の処女マンコに入れた気分になってる?」
>>160「んああっ!ああっ! かがみの本物処女マンコにはかなわないけどっ! クリトリスが裏スジに当たっていい! 気持ちいい!!」
かがみ「そうでしょ?騎乗位でチンコ上向きにさてれスジがマンコと擦れるの、きもちいいでしょ?」
>>43「はあ、はぁ・・・カガミルク美味しいよ、美味しいよぉ!」
>>170「ああ、精子と混ざったかがみの腋マンコ臭、最高だ!!」

こなた「どう、私のロリ腋マンコの感想は?」
>>112「はあ、いいよ! こなたの身長だと位置もぴったりだよ・・・!ああ、いいよぉ!腋マンコの奥、亀頭がぴったり入ってきもちいい!!」

つかさ「きもちいいかな〜? おねえちゃんと違って毛深くないんだよ〜 ごめんね〜」
>>170「いいんだよ、汗の味、臭い、それだけで十分! ああ、つかさ、こんなに可愛い顔なのに腋の下は香ばしいよ・・・
     臭くて、いい臭いだよ!はぁ・・・!はぁ・・・!」

>>174「オラはっ…!オラはっ!かがみに抜いてもらいたかったんだー!!!」
>>189「おい! なに街中で叫んでるんだ! 静かにしやがれ!!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 20:01:15.61 ID:eY+WnRBd0

>>53「はあああ!!もうイク!かがみのムレムレ腋マンコの臭いでイク!出すよ!かがみの左腋マンコに中出しするよ!!
    ああああ!!かがみいっ!いい臭い!臭くて、いい臭い!! !かがみいいっ!!かがみいいぃぃぃ!!」
 どりゅうっ!びゅりゅうう!
>>160「イク!ああ、もうだめ!かがみのマンコにぶっかけたいよ!奥でどびゅどびゅ出したいよおお!」
かがみ「だめに決まってるでしょ!はやくイきなさいよ! ほら、ほら! 素股いいでしょ? ねえ!
     そのまま自分のおなかに出しなさい!」
>>160「かけたいよおお!!かがみいっ!かがみのまんこお!まんこ!!まんこのおくぅぅぅっ!!!おくぅううう!」
 ぢゅびゅう!でゅびゅう!
>>43「おいひいよ!んあ・・・! もうかけるよ、かがみ、かがみのおっぱい、おっぱいに押し付けてイク!
    おっぱいに中出し!おっぱいに!かがみの、かがみいいいっ!おっぱいにだすよ、かがみいいいっい!
 どびゅう!どびゅう!

>>170「つかさ、つかさの臭い、腋マンコに包まれて気持ちいい!チンコ腋マンコに挿入きもちいい!」
つかさ「いいよ、出して、いっぱい射精して、いっぱい気持ちよくなって! 私の腋マンコに中出しして!」
>>170「つかさあ、くよお!いいよね!腋マンコ、いいよね!つかさぁあ!つかさああ!!」
 びゅるうっ!びゅるうっ!

>>112「こなちゃん、はぁあ!はああ!いいよ、いいよ  亀頭、包まれて、ぴったりで気持ちいいよ!
    ああ!でちゃうよ!もうでちゃうよおお!いいよね、奥で中出ししていいよね!こなちゃぁん、いいよねえ!?」
こなた「いいよ〜! ちゃんとしっかり腋マンコしめているから、思いっきり突いて、奥に出して!気持ちよくどぶどぶだしてえ!」
>>112「はああ!しまる!こなちゃんの腋マンコ、奥、奥、おくううっ!!!ここ、で出すの!だすの!いくううう!
     こなちゃん、腋マンコ中出しすいるよ、奥で中出しする! こなちゃああん!!こなたああああっ こなたあああっ!!!」
 どりゅううっ! どびゅうううっ!

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 20:23:31.98 ID:eY+WnRBd0

かがみ「はぁ、はぁ・・・どう? 二回も私の体で射精して、気持ちよかった?ねえ?」
>>160「はぁ、はぁ・・・す、素股のあとは・・・挿入したいですっ!」
かがみ「さすがに三回は無理だろ! 今日はコレくらいにしなさいよ!体壊すわよ?」
>>53「はぁ、やっぱり密林マンコは最高だな 腋の臭い、味も絶品だったよ・・・」
かがみ「だから密林じゃないっていってるだろ! まあ、あんたも上達したみたいね!」
>>43「カガミルク、美味しかった・・・ やっぱりかがみはほどよい大きさのおっぱいが一番だよ」
かがみ「そうとう気に入ったみたいね! 後でつかさから分けてもらいなさい」

つかさ「どう?わたしの腋マンコ、きもちよかったかな〜? 精子全部出せた〜?」
>>170「すごい・・・気持ちよかったよ また今度、臭い嗅がせてもらってもいい?」」
つかさ「私、おっぱい大好きなガチレズだったけど、ちょっとくらいならいいかな〜?」

こなた「どうだった?満足してくれたかなー?」
>>112「うん・・・本当はこなちゃんのロリ処女マンコの奥の方のすぼまってるところで思いっきり膣出ししたかったんだけど」
こなた「え!君もそうだったの? でも私の処女はかがみのかがみの処女は私のものだからさー」
>>112「でも、こなたのおっぱいちゅっちゅしてコナミルクごきゅごきゅできたから、いいか・・・」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 20:33:48.84 ID:eY+WnRBd0

かがみ「さて、みんなも帰ったことだし、後で早いうちに玄関の扉の鍵の修理しないとね」
つかさ「おねえちゃん、それよりまえにすることがあるよ〜 まだ終わってないよ〜」
かがみ「ああ、確かにぶっかけられた精子と愛液、ミルクで体がぐちょぐちょね・・・」
つかさ「えへへ〜 私も、顔からお尻まで、精子まみれだよ〜」
こなた「私も、ミルクと精子でどろどろ・・・」
かがみ「まず体を綺麗にしないとね!」

かがみ「つかさ、しゃぶりなさい」
つかさ「うん、わかったよ〜 こなちゃんも一緒に、三人で綺麗にしようよ〜」
こなた「うん、そだね!」
かがみ「話していないで、はやくしゃぶりついてよ!」


〜 終 〜


そうじろう「そうか! 攻略の順序があったのか!知らなかった!」
>>152「いや、普通はわかりませんよ〜、私もネットで調べたんですよ〜」

ゆたか「ミナミルクおいしいよ!みなみちゃんの、みなみちゃんのおっぱい舐めたいよ!学校の保健室で
     二人になったときにこっそり乳首しゃぶりたいよぉおお!」

そうじろう「・・・まあ、なんだ、現実と妄想の区別、っていうのは大切だよ」
>>152「・・・はい、肝に銘じておきます・・・」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/17(月) 21:06:22.24 ID:eY+WnRBd0

勝手に参加させてしまった方々、こんな話でごめんなさい
全て読んでくれた方々には頭が上がりません、本当にありがとうございました!


あと、このスレの>>1の頭はいたって正常だと思います
病気の疑いがあるのは>>24から書き始めた自分の頭です



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「お前宇宙人なんだろ?」朝倉「はい?」