ハルヒ「古泉君・・・なんて暇人ッ!!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 06:53:41.51 ID:uDk+l3QV0

機関F「最近・・・一向に閉鎖空間が現れないんだが・・・・・」
機関U「えぇ・・・・・・
一体どうなっているのでしょう?」
機関C「きっと、涼宮さんの精神が安定しているからかもねぇ」
機関K「よ〜しっ!この際、神人派遣組に
一ヶ月の有給をあたえてあげようじゃないか!!!」
機関U「それはよい案ですね!
派遣組もきっと喜びますよ!」






古泉劇場、いざ開演ッ!!!!!

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:01:07.19 ID:uDk+l3QV0

森「そういう事なの、古泉君
良かったわね」
古泉「本当ですか〜!いや〜嬉しいかぎりですっ!」
森「それじゃあ用件は伝えたから
私は帰るわね」
森(クソッ!何で派遣組だけっ・・・・
バイクで帰るぜ!)
ブヲォォォォオオオオオオオオオオオオン!!!!!!
古泉「へへ、一ヶ月のパラダイスか・・・・・
まぁ悪くはねぇぜ、フッ・・・」
〜部室〜
グワチィャアン
古泉「こんにちは」
ハルヒ「あぁ古泉君、今日はバイト休みなの?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:07:14.22 ID:uDk+l3QV0

古泉「あっバイトなら
え〜っと、あ、はい
クビになっちゃいましたっ、ニコッ」
古泉「これからはSOS団により精を出して(ry」
ハルヒ「クビッ!?古泉君・・・・
バイトクビになっちゃたの・・・・・?」
古泉「あっ、いえクビというのは(ry」
ハルヒ「古泉君・・・・・
あなたに一ヶ月間、SOS団の休暇をあたえるわ・・・」
バンッ!!!!!!
ハルヒ「その間に!新しいバイトを探すのよっ!!!
あなたは・・・SOS団副団長なんだから!!!!!!
期待・・・してるわよッ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:14:46.42 ID:uDk+l3QV0

古泉「えっ!いや、ちょっ!まっ!」
ハルヒ「バイト探しがんばってね!!!
古泉君だけ、今日は解散ッ!!!!!」
バタンッ!
古泉「・・・・・・・・・え?マジ?」
__12月22日の出来事だった__
古泉「・・・クリスマスは?大晦日は?
初詣は?御節は?
土、日どうすんの?
てか冬休みどうすんの!?
SOS団以外・・・・・・
友達・・・・・いないな〜い・・・バァ・・・・・」
古泉「ううぅ・・・」グニャァァァァ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:21:28.82 ID:uDk+l3QV0

トボトボ
古泉「これからどうすれば・・・・
ッ!あれは!!!
な、なんて暇そうな人なんだ!!」
古泉「暇人スカウター!ON!!!」
ピッ ピピピピピピピピピピピピ
古泉「まだ・・・上がる・・だと・・ッ」
ボンッ!!!!!
古泉「ス、スカウターがぶっ壊れたッ!!!
凄い・・・・なんて・・・
暇人だ・・・・・・」ゴクリ...

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:27:41.64 ID:uDk+l3QV0

古泉「ちょっと!そこのあなた!!!!!」
朝倉「えっ!あっ古泉君、何か用?」
古泉「こぉぉぉぉおおおおおおおのぉぉぉおおおおおお・・・・・
暇人がああああああああああああああ!!!」
シュンッ!!!
朝倉「なっ!いきなりなによっ!!!
あなただって!
暇人スカウター!ON!!!」
ピッ コロコロコロ
ごくぅぅぅぅううううううううううううううう BOM!!!
朝倉「スカウターが・・・宇宙になっちゃた・・・・・」
古泉「・・・・・・・・・・・・」
朝倉「古泉君・・・あなた
暇人ってレヴェルじゃないわよ?・・・」
古泉「そ・・・んな・・・・・・・・」BOM!!!

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:34:08.92 ID:uDk+l3QV0

〜朝倉家〜
古泉「んうぅ、パチッ!ハッ!ここは?」
朝倉「あ、起きた?古泉君っ?」
古泉「朝倉さん・・・僕は一体・・・・・」
朝倉「古泉君、暇すぎて爆発しちゃったのよ・・・」
古泉「そうですか・・・爆発しちゃいましたか・・・
それでわざわざご自宅まで・・・・・」
朝倉「えぇ、とにかく今は、暇にそなえて
暇対策しましょう・・・」
古泉「ありがとうございます・・・・・」
朝倉「あっ、そうね・・・
テ、テトリスをやりましょうよ!」
古泉「い、いいですね!やりましょうかっ!!!」
〜2時間後〜
ピコピコ ピコ・・・
古泉「・・・・・・・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・・・・」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:40:26.95 ID:uDk+l3QV0

テトリスH「無理だって!!!お前じゃ入いらねぇよ!!!!!」
テトリスI「うるせえええええええ!!!!!!
やってみなきゃわかんねぇだろ!!!!!」
テトリスM「でもお前正方形じゃん!!!マジ無理無理!!!」
テトリスA「とりあえず右よった方がよくね?」
テトリスJ「もうお前らマジチキン!!!!俺は落ちっからな!!!」
テトリスI「みんな落ち着け!とりあえず!なっ?なっ?」
テトリスN「いいや限界だ、落ちるね!」
テトリスN「右によれよおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
     GAMU OVER
朝倉「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:47:54.60 ID:uDk+l3QV0

〜部室〜
キョン「おい、いいのか?
古泉を一ヶ月も休ませちまって?」
ハルヒ「しょうがないじゃない・・・・・
私だって本当は嫌よ・・・
でもっ!古泉君!あんなにバイト
がんばってたじゃない!!!!」
キョン(お前のせいでな・・・・・)
ミクル(古泉君・・・ゆっくりしてってねっ!)
長門「彼には休暇が必要」
キョン「おいおい・・・・・」
ハルヒ「とりあえず私たちは
今後の数あるイベントのミーティングよっ!!!」
キョン「はいはい・・・・・」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 07:53:53.07 ID:uDk+l3QV0

〜朝倉家〜
古泉「・・・・・・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・・・」
テトリス「・・・・・・・・・・・・」
古泉「プレイ時間5時間・・・・・・
なんてざまだ・・・・・・」
朝倉「本当にね・・・・・」
古泉「もう僕帰りますね・・・
それでは、暇倉さん」
朝倉「じゃあね、暇泉君」
古泉「・・・・・・・・・・」
パリーン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:04:12.91 ID:eeFcl7GMO

〜古泉家〜
古泉「くぅ・・・・お金さえあれば
旅行にでもッ!!!」
古泉「とりあえず寝よう・・・・・」
――22日PM8時就寝――
パチッ
古泉「ふぁ〜、死にたいッ、よく眠れました
今何時でしょうか?」
――23日PM8時半起床――
古泉「なんだ・・・まだ30分しか寝てないのか・・・
よ〜し!いっちゃん本気で寝ちゃうぞ〜、ニコッ」
――23日PM8時半就寝――

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:11:35.98 ID:eeFcl7GMO

――2009年1月2日――
古泉「・・・・・・」
古泉「俺・・・タイムリープしてね?・・・・・」
〜ミクル家〜
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピピピピピピピピピピピピピピピンポーーーン!!!!
ダンッダンッ!!!!
古泉「朝比奈さんっ!?朝比奈さんっ!?」
パリンッ!
ミクル「な、なんな(ry
ヒッ!!!」
古泉「俺を過去に戻せぇぇぇええええええええええ!!!!!!!」
ミクル「ヒィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:16:47.26 ID:eeFcl7GMO

ミクル「とりあえず110番ですぅ☆」
ピー ポー ピー ポー
刑事「こっち来いこの野郎ッ!!!」
ガシィ!
古泉「覚えてろ・・・糞ビッチ・・・・・」
パー ポー パー ポー
ミクル「姿惨めですぅwwwww」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:24:39.08 ID:eeFcl7GMO

〜務所内〜
偉い人「お前らは腐ったアレだ!!!
腐ったアレにはッ!腐ったアレが相応しい!!!!!
アレと共に反省しろ!!!
以上ッ!!!!!」
オリバ「・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・」
古泉「何であなたがここにいるんですか?」
朝倉「街行くカップル達を見ていたらつい・・・・
バクチクっちゃった・・・」
古泉「・・・・・・・・」
人は暇になると
前科持ちになるんだなぁ
いつき

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:31:29.78 ID:eeFcl7GMO

朝倉さんの隙を持て余そうより
P39、5行目
バクチクる
『動詞』
バクチクをムシャクシャしながら
人やカップル(主にカップル)に投げつける行為
朝倉さんのワンポイントアドバイス
手を繋いでたら、そこが狙い目よ☆

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:39:38.25 ID:eeFcl7GMO

古泉「朝倉さん、情報操作でどうにか
刑務所から釈放させてもらえないでしょうか?」
朝倉「やろうと思えば、出来ない事はないわね」
朝倉「でも残念!私!明日釈放なのっ!ウフ」
古泉「朝倉さん・・・あなた、過去に戻って
クリスマスからやり直したくはないですか・・・?」
朝倉「えっ?」
古泉「僕も一緒に釈放させてくれれば・・・・・
あなたを過去へお連れしましょう・・・・・」
朝倉「ほ、本当に?・・・・」
古泉「えぇ、フヒッ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:51:56.70 ID:eeFcl7GMO

〜ミクル家玄関前〜
朝倉「概ね、古泉君の作戦と
捕まった理由がわかったわ・・・・・」
古泉「えぇ、僕はこの糞ビッチのせいで・・・・
臭い飯を・・・・・・・・
まぁ、朝倉さんのおかげで直ぐ釈放されて
食べてはないんですけどね
とにかく最大限利用してやりましょう
あの糞ビッチを・・・・・」
朝倉「え、えぇ・・・」
古泉「閉鎖空間?」
朝倉「OK」
古泉「ナイフ?」
朝倉「OK」
古泉「ランプ?」
朝倉「OK!!!」
古泉「それじゃあ行くぜ!!!!
時空旅行にレッツラゴー!!!!!」
朝倉「イェェェエエエエエエエイ!!!!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 08:56:33.50 ID:eeFcl7GMO

ピンポーン・・・・・・
ピンポーン・・・・・・
ピンポーン・・・・・・
古泉「ピンポーン・・・」
朝倉「ピンポーン・・・」
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピンポーン!!!!!!
ダンッダンッダンッダン!
パリーン パリーン パリーン
ミクル「な、なんなんですかぁ・・・」グス
ガチャア・・・・・
古泉「・・・・・・お仕置きの時間だ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:03:59.02 ID:eeFcl7GMO

ミクル「ッ!!!!!!!!
また古泉君ですかぁ!」
ミクル「早くひゃくとうば(ry」
朝倉「無駄なの♪」
朝倉「今ここは私と古泉君の閉鎖空間
あなたに逃げ場はないの」
古泉「うん、君・・・・・わかってるよね?
覚悟、出来てるよね?」
ミクル「ヒィィィィィィィィィィィ!!!」
古泉「俺のロングバケーションを返してもらうぜ!!!
なぁ!!!朝倉さんよお!!!!!」
朝倉「えい!!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:15:19.37 ID:eeFcl7GMO

ミクル「それじゃあ時間戻シマスネ」
ミクル「時空移動中は揺レガ激しいノデ
目を瞑って安静にシテイテ下さい」
ミクル「ソレデハ、良イ旅ヲ・・・」
古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」
――2008年12月22日――
古泉「おええええええええええ、ぺっ」
朝倉「うぅ、クラクラするぅ・・・」
古泉「どうやら、無事過去に戻れたようで(ry
おげえええええええ、ぺっ」
朝倉「ええ、戻って来たわ・・・
暇を倒しに・・・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:21:26.18 ID:eeFcl7GMO

古泉「先ずは僕を起こしに行きましょう!!!
二週間近くも眠っているなんて軽く基地ですよッ!!!!!」
朝倉(軽くって・・・・・あなたは真正よ・・・)
朝倉「そ、そうね。それから私に合わせて
何とか暇な時間を打ち倒しましょう!!!
私がバクチる前に・・・・」
古泉「善は急げです!早く僕の家へ!!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:28:24.91 ID:eeFcl7GMO

〜古泉家〜
朝倉「見事な睡眠っぷりね・・・・
まるで死んでるみたい」
古泉「こいつ馬鹿だよ
何イブ前に爆睡キメてんの?」
朝倉(古泉家が自分に・・・凄くシュールだわ)
古泉「さぁ、早くおき(ry」
朝倉「あっ!古泉君ちょっと待って!!」
古泉「何ですか?早く僕を起こさなくては!」
朝倉「この古泉君に今の私達が見つかるのは
ナンセンスよ」
古泉「オッオ〜」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:36:56.38 ID:eeFcl7GMO

古泉「なら見つからないよう起こさなければ・・・」
古泉「でもどうやって?」
朝倉「目覚ましのアラームやピンポンダッシュ
方法はいっぱいあるでしょう?」
古泉「それもそうですね、一つずつ試して見ましょう」
〜アラーム〜
朝倉「セット大丈夫?」
古泉「ええ、いつでもいけます!」
朝倉「それじゃあ私達は
窓の外から様子を伺いましょう」
古泉「はい!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:43:38.44 ID:eeFcl7GMO

ピッ ピッ ピッ ピピピピピピピピピ
古泉「ふぁ〜」
カチッ
古泉「もう朝ですか死ねばいい(ry
何だまだ三十分しか寝てないじゃないですか」
古泉「目覚まし故障したんでしょうか?
まぁいい、寝ましょう」ZZZzzzz
朝倉「古泉君また寝ちゃったわ・・・」
古泉「故障してんのはお前の頭だボケ!!!」
朝倉(古泉君が古泉君を・・・シュールだわ)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:52:43.46 ID:eeFcl7GMO

古泉「次は・・・・どうします?」
朝倉「う〜ん、この際、この古泉君で遊んでみない?
起きる気配が一向にないみたいだし」
古泉「遊ぶって何を?」
朝倉「古泉君が古泉君を起こして
古泉君が寝て古泉君がその寝てる観察者になるとか?」
古泉「よくわからないですが
なんだか面白そうですね!
やってみます!!!」
朝倉(えっ?マジ?)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 09:59:08.87 ID:eeFcl7GMO

古泉「起きろこの野郎!」
ぺしっ
古泉「痛っ!ん〜誰で(ry
うわっ!何で僕が!?えっ何何何!?」
古泉「今から僕寝ますから
あなた朝倉さんと一緒に
僕を観察してて下さい!!!」
古泉「は??????」
古泉「いいから」ZZZzzzz
朝倉「古泉君っ!こっちよ!!!」
古泉「あっ、朝倉さん!!!!!何故ここに!?」
朝倉「いいから、早く観察に戻るわよ」
古泉「??????はぁ・・・」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:04:13.09 ID:eeFcl7GMO

古泉「あの何で僕がいるんですか?
なんか僕勝手に僕のベッドで眠ってますし・・・・・」
朝倉「そうね、奇妙ね、早く彼を起こさなくちゃ」
古泉「えっ?僕は僕を観察するようにと言われたんですが???」
朝倉「どうすれば起きるのかを観察するのよ」
古泉「へへっ、そっすかwww」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:11:49.36 ID:eeFcl7GMO

朝倉「アラームで起こしてみる?」
古泉「あの僕はアラームなんかじゃ起きませんよ
きっと12時間寝てやっとアラームに気付いて」
古泉「なんだまだ三十分しか寝てないじゃないですか
なんて言うに決まってますよ。あいつ馬鹿っぽいし・・・」
朝倉(スッゴいシュールスッゴいシュールスッゴいシュール!!!!!)
朝倉「ならどうするの?」
古泉「目の前で包丁持って
オカルト的な話をすれば直ぐ起きます
あいつチキンですからね!!!」
朝倉(あいつはお前)
古泉「それでは、あの馬鹿起こして来ますっ!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:22:31.28 ID:eeFcl7GMO

古泉「ZZZzzzz、むにゃ、ゆかりんもって〜」ZZZzzzz
古泉「ゲスな夢見やがって!
今から俺がお前を盛ってやるよ!!!!」
古泉「おい、起きろ古泉!!!!!」
ぺしっ ぺしっ
朝倉(あっ、二回叩いた!シュール!)
古泉「ふぁ〜、ん誰で・・・
うわあああああああ!!!!!!!
な、何故僕が包丁を持って!?!?」
古泉「鏡の世界からチェンジの了承を得た
どうだ目が覚め(ry」
グサ
朝倉「ッ!!!!!!!!!!」
古泉「ぐはっ・・・・・」
古泉「ペンが近くにあって良かったですよ・・・
鏡の住人は鏡の世界に帰れ!!!」
古泉「ちょ、おま、これドッ・・キリ・・・」
バタン
朝倉「古泉君が古泉君を殺した!!!!
えっ!ふぇ!?どうなるのどうなるの!?!?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:27:59.30 ID:eeFcl7GMO

古泉「さらば鏡の住人よ・・・・・」
朝倉「古泉君ッ!!!!!!!
今あなたが殺したのは、過去のあなたなのよッ!!!!!」
古泉「えっ?朝倉さん???」
朝倉「私達未来から来たでしょ?あなた今未来人なの
寝ぼけてないで!!!!!」
古泉「あっ!・・・・・・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・・・」グッタリ
古泉「・・・・・・・パネェ・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:33:22.92 ID:eeFcl7GMO

古泉「過去の僕を僕が殺した・・だと・・・」
朝倉「どうなるの?どうなるのどうなっちゃうの!?」
古泉「僕は・・・なんて事を」
古泉「アレ?おええええええええ、ぺっ」
朝倉「なっ、何?視界がブレて
うっ、気持ち悪い・・・・・・」
古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:40:32.14 ID:eeFcl7GMO

朝倉「パチッ、はっ!ここは!?」
ミクル「オカエリナサイ」
朝倉「今に戻って来た・・・・」
朝倉「古泉君はっ!?!?」
古泉「んぅ〜、おんぷた(ry」
朝倉「古泉君ッ!!!」
ぺしっぺしっ
古泉「うわっ!って・・・
朝倉さん・・・・・・・・
それと改造ミクル!!!」
古泉「戻って来たんですか?」
朝倉「どうやらそうみたい・・・・」
古泉「僕が僕を殺して・・・
どういうことだ!?朝比奈さん!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:50:16.99 ID:eeFcl7GMO

ミクル「過去ニ悪影響を及ぼすと
強制的に現代に飛ぶヨウ
朝倉涼子様にプログラミングされてイマス」
朝倉「えっ?そんな事したっけ私?」
ミクル「シマシタヨォ」
古泉「今僕が生きているってことは
そうなんでしょうね・・・」
朝倉「あんまり覚えてないわ・・・・」古泉「でも」
朝倉「うん」
古・朝「すっげ〜楽しいwwwww」
朝倉「朝比奈さん!次よ!!!さぁ
私達を飛ばして!!」
ミクル「わかりましたぁ」
朝倉「揺れるぜぇ〜」
古泉「超揺れるぜぇ〜」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:59:55.32 ID:eeFcl7GMO

古泉「うげええええええええ、ぺっ」
朝倉「うぅ、気持ち悪い・・・
でもどうやらまた戻って来たみたいね!」
古泉「そうですぺっ」
古泉「もう僕には散々です
次は朝倉さんの所に行ってみましょう!!!」
朝倉「えっ!いやあのそれはちょっと・・・・・」
古泉「いいじゃないですか!
バクチる前に、線香花火ですよ!!!!」
朝倉(私がバクチくったのは24日
その前の日を見られるのはヤバい・・・・・)
古泉「さぁ朝倉さんを探しに行きましょう!!!」
朝倉「あっ!河原に向かっちゃだめぇぇぇええええ!!!!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 11:07:38.29 ID:eeFcl7GMO

古泉「あっ!早速見つけましたよ!
スネーク開始です!!!」
朝倉「つまらないからねっ!
違う人見に行きましょうよ・・・」
古泉「僕の事は散々面白がって
今更それはないですよ
それに、暇を倒すんでしょう?」
朝倉「うぅぅ」
古泉「あっ!動きだしましたね!!!」
朝倉「本当につまらないからっ!!!」
古泉「つまらなくて結構です
当初の目的通り、あの朝倉さんを
今から僕等がリア充にするんですから」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 11:22:08.79 ID:eeFcl7GMO

朝倉「あ〜なたも〜こ〜の空の
〜下〜お〜なじ〜ふふふふ〜んま〜ぶしいと〜」
古泉「・・・・・何aiko歌ってるんですか
ちっともうまくないですよ
あ〜あ〜PVの真似までしちゃって・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・・」
古泉「あなたいつもここでこんな事を・・・」
朝倉「いっ、今は上手くなったのよ!!!」
朝倉「見てなさい!あの下手っぴと
今からデュエットしてくるから」
ダッ!!!
古泉「早速接近すか・・・・・
朝倉さんパネェです!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 11:32:49.91 ID:eeFcl7GMO

朝倉「そこの下手クソッ!!!!!」
朝倉「なっ!?誰!失礼な!!」
朝倉「私が本当の歌を教えてあげるわ!」
朝倉「私が・・・いる・・・・・」
朝倉「届け!銀河のはちぇまで!!!」キラッ☆
朝倉「あれは私のバグね・・・
私はあんなに歌下手じゃないもん!!!」
スッ
朝倉「りゅうせいに〜ま〜た〜がぁてぇ〜」
古泉「朝倉さんッ!!!!!」
朝倉「何ッ!!!!!!」
朝倉「何ッ!!!!!!」
朝倉「うわっ、危なっい!」
朝倉「動くな私のバグ」
朝倉「なっ!私がバグですってぇ!!!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 11:37:49.23 ID:eeFcl7GMO

〜朝倉VS朝倉〜
古泉「す、スゴい戦いが始まりそうだ」ゴクリ
古泉「まぁとりあえず寝よう」
ZZZzzzz

107 名前:良く眠れました学校行けませんでした本当にありがとうございました[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:04:12.57 ID:eeFcl7GMO

古泉「ふぁ〜、仮眠の予定が本眠に・・・・・」
古泉「そうだ!!!朝倉さんと朝倉は!?」
チラッ
朝倉「いい?バクチクを投げる時は
できるだけチャージして!
それで限界かなって思った瞬間
素早くカップの繋いだ手に(ry」
朝倉「なるほどなるほど」
古泉(意気投合してる・・・・・VSまでつけといて・・・
って!!!!!!)
古泉「朝倉さんッ!!!!!」
朝倉「何?古泉君」
朝倉「何?古泉君」
古泉「あんたがそれ教えてどうするんですか!!!
さっきまでそこで歌ってた可哀想な朝倉さんは
バクチクった事なんて知らなかったのに!」
朝倉「しまった・・・・・つい意気投合しちゃって・・・」
朝倉「可哀想とか言うな・・・・・」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:13:03.63 ID:eeFcl7GMO

朝倉「ごめん、りょ〜ちゃん!!!
今聞いた事は忘れて!絶対忘れて!!!」
朝倉「えっ、でもなかなか面白そうだったし・・・」
朝倉「いいから忘れて!
これはあなたにとって大切な事なのっ!!!!!」
朝倉「りょ〜ちゃんがそこまで言うなら・・・・・」
朝倉「お願いよ!!!本当にお願い・・・・・」
朝倉「う〜ん・・・・・・
うん!わかったわ!忘れるわ!!!!」
古泉(うわぁ・・・シュールだなぁ・・・・・)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:23:14.92 ID:eeFcl7GMO

朝倉「古泉君、一端未来に帰りましょ」
古泉「えっ!なぜ?」
朝倉「私が私の言ってた事を
ちゃんと守ってるのか、確かめに行きたいの・・・・・」
古泉「そういう事なら・・・了解しましたっ!!!」
朝倉「それじゃあ・・・・・・
りょ〜ちゃん!お願い!!!」
朝倉「わかったわ・・・・・古泉君・・よくわからないけど
・・・死んで・・・」
ドスン
古泉「バッハ!!!」
朝倉「これで戻れるわね!」
古泉「おま・・・自分を・・・・・
殺れよ・・・・・・・・・」
ドサッ

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:36:23.36 ID:eeFcl7GMO

朝倉「いい?絶対忘れてね?
行動に起こすなんて問題外よ!!!」
朝倉「もう、わかってるわよ!」
朝倉「クリスマスに街中でバカップルを見たからって
ぜぇ〜たいやっちゃだめよ?!」
朝倉「だからわかってるわよ
それにやけに具体的ね・・・」
朝倉「私はもう帰るけど・・・・・
あなたはやれば出来る子よ・・・信じてるわ」
朝倉「あなたもね・・・・・・・」
朝倉「って!!!バグの帰る場所なんてないでしょ!」
朝倉「だから私はバグじゃないの
じゃあね、ニコッ」
シュン!
朝倉「・・・・・消えた・・・死体(古泉)まで
なんだったのよ・・・・・・・」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:43:22.80 ID:eeFcl7GMO

古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」
古泉「うげえええええええええ、ぺっ」
朝倉「うぅ・・・きっつい」
ミクル「おかえリナサイ」
朝倉「・・・ただいま」ウプ
古泉「一休みしてる時間なんてないですよ
朝倉さん!!!試してみますか?」
朝倉「そ、そうね!その為に帰って来たんだから
それじゃあ・・・・・お願い!!!!!」
古泉「暇人スカウターON!!!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:49:24.43 ID:eeFcl7GMO

ピッ ピピピピピピピピピピピピピピ
BOM!!!
古泉「・・・・・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・・」
古泉「・・・あの・・・これって・・・」
朝倉「あのクソアマぁぁぁあああああああああ!!!」
古泉「自分です!!!自分です!!!
落ち着いて、自分ですから!」
朝倉「結局やりやがった・・・・・
ハハ、私を信用した私がバカだったわ・・・・・」
古泉(もうわけわかめ)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 20:56:33.33 ID:eeFcl7GMO

古泉「次行ってみよ〜」
朝倉「いえ〜い」
古泉「朝比奈さ〜ん」
ミクル「は〜い」
朝倉「揺れるぜぇ〜」
古泉「超揺れるぜぇ〜」
朝倉「ついたみたいね・・・」ウプ
古泉「えぇ、そうで(ry」
おええええええええええ、ぺっ
朝倉「次はまた古泉君?」
古泉「いいえ・・・」
朝倉「えっ!それじゃあまた私!!!」
古泉「それも違います!!!」
朝倉「それじゃあ誰を・・・」
古泉「SOS団だよ・・・・・・・・・・・」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 21:04:58.15 ID:eeFcl7GMO

朝倉「えっ?でもそれじゃあ私達は?
今も暇で苦しんでるのよ?!」
古泉「まぁまぁ、使うんですよ
SOS団をね・・・・・・・フヒッ」
朝倉「・・・・・使うって何に?」
古泉「ボロ雑巾のように」
朝倉「いや、そういうのじゃないのよ」
古泉「説明は後でします!
それより早く学校に行きましょう!!!」
朝倉「えっ、えぇ?・・・・・」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 21:37:36.85 ID:eeFcl7GMO

〜SOS団部室前〜
朝倉「ねぇ古泉君・・・・・
これからどうするの?」
古泉「シッ・・・奴らに気づかれます・・・・」
朝倉(スネーク気取りかよ・・・
その迷彩服似合ってないわよ・・・・・・)
古泉「今からミッション・・・・・
朝比奈ミクル奪還作戦を開始する!!!」
朝倉「へっ?なんで朝比奈さんを・・・
って!!!・・・まさか・・・・・」
古泉「お気づきの用ですね・・・
そうです朝比奈さんを連れ出し」
古泉「ここからまたタイムリープします!!!!!!」
朝倉「ッ!!!!!!!!!」ゴクリ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 21:44:36.34 ID:eeFcl7GMO

朝倉(パネェッスよ・・・古泉さん・・・・・)
古泉「協力してくれますか?朝倉さん?」
朝倉「イ、イエッサー!!!」
古泉「あ、はい、別にそういうのはいいですから・・・」
朝倉「・・・・・・・・・」
古泉「とりあえず迷彩服です」
ポイッ
古泉「女子更衣室とかで、着替えて来て下さい」
朝倉「イエッサー!!!」
古泉(ヤケになんなよ・・・・・)

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 21:53:34.08 ID:eeFcl7GMO

〜5分後〜
朝倉「戻りました!隊長!!!」
古泉「いやだからそういうの僕必要としてないからね?
この服だってスネークの真似とかじゃなくて、ていうか
僕本格派だからまずは身支度から(ry」
朝倉「あっ、うん、浮かれてたわ、ごめんなさい」
古泉「わかればいいんですよわかれば
だいたい僕だってこんな服どうかと思ってたんですよ
普通着ませんよこんな、スネークの物真似じゃあるまいし
でも作戦をやりやすくする為には不可欠かなぁ〜
なんて思っちゃったりしちゃったりして
まぁ先ず自分の姿を堂々と晒すのはどうかと僕は(ry」
朝倉(面倒くさい・・・・・・)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:02:27.34 ID:eeFcl7GMO

〜10分後〜
古泉「ということで
さぁ!!ミッションに戻りましょう!!!」
朝倉「えぇ、そうね・・・・・
でもどうやって誰にも気づかれずに朝比奈さんを?」
古泉「その服の、指についてるボタンを押して下さい」
朝倉「?」
ポチン
朝倉「ッ!!!!!!!」
朝倉「か、体が・・・・・・
宇宙になっちゃった!!!!!」
古泉「これなら誰にも気づかれません」
朝倉「そうか!?古泉君のその服は
迷彩じゃなくて宇宙だったのね!!!!!」
古泉「フフフ、さぁ行きますよ・・・・・」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:10:14.94 ID:eeFcl7GMO

グワチャアン
ハルヒ「ビクッ!!!!!誰!?」
古泉「宇宙です」
キョン「・・・・・???」
朝倉「ちょっ!古泉君喋ったらバレ!!!
あ・・・・・・・・・・・」
ミクル「ふぇえ!な、なんで
古泉君と朝倉さんが???」
古泉「シット!!!」
長門「・・・・・朝倉涼子、何故ここにいる?」
朝倉「宇宙です」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:22:01.95 ID:eeFcl7GMO

朝倉「宇宙です」
ハルヒ(なッ?)
キョン(んッ?)
ミクル(だッ?)
長門 (てッ?)
古泉 (えッ?)
朝倉 (〜ッ?)
ハルヒ(え・・・何この状況?
なんか喋ったら負けな空気が・・・・・)
キョン(なんなんだ?どうなってやがる?
長門に関しては、自立進化の可能性
朝比奈さんに関しては時空の歪みの原因
古泉に関しては神扱いだ・・・・・
いったい、どうなって・・・・・・)
ミクル(ふぁあんぷあぁぁあんくわぁあん)
長門(・・・・・この二人、現代人ではない)
古泉「お、お茶飲みます?
ぼ、ぼ僕が煎れますよおっお・・・・・
おおおおおおおおおおお!!!!!!!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:28:49.95 ID:eeFcl7GMO

SOS団員「ビクッ!!!!!!」
朝倉「宇宙爆発ビックバン!!!」
古泉「今だ!!!」
朝倉「はい!」
ガシィィィ!!!
ミクル「ひっ!!!」
古泉「このまま振り切るぞ!!!!!」
朝倉「ラジャ!!」
パリーン
ハルヒ「ミクルちゃん!!!!!」
キョン「朝比奈さん!!!!
ッ!古泉!!!!!」
古泉「ミッション、コンプリーツ・・・・・」
朝倉「修羅場だったわね・・・」
タッタッタッタ
ミクル「・・・・・・・・・」グタリ

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:38:35.55 ID:eeFcl7GMO

〜朝倉家〜
朝倉「なんとか奪還できたわね」ハァハァ
古泉「そ、そうですね」ハァ
チラリ
ミクル「・・・・・・・・」グッタリ
朝倉「でもマズいわ…
長門さんにもう気づかれてる・・・・」
古泉「なん・・だと・・・」
朝倉「だから早く朝比奈さんを起こして!
すぐ飛ばしてもらわなくちゃ!!!」
古泉「・・・・・・・・・・了解」
ぺしっぺしっぺしっぺしっぺしっぺしっぺしっぺしっ
ミクル「痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」
古泉「起きましたか、朝比奈さん・・・」
ミクル「い、いったい私に・・・何の為に〜」
古泉「説明ははしょるぜ!!!
朝倉さん!!!!!」
朝倉「ええ!!」
ズキューン!!!!!!

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:49:11.61 ID:eeFcl7GMO

ミクル「それじゃあ時間戻シマスネ」
ミクル「時空移動中は揺レガ激しいノデ
目を瞑って安静にシテイテ下さい」
ミクル「ソレデハ、良イ旅ヲ・・・」
古泉「説明はいい!!!!!早く飛ば(ry」
ドゴォオオン!!!!!
朝倉「どうやらもう来てしまったようね・・・・・・」ゴクリ
古泉「長門・・有希・・・」ゴクンゴクン
長門「朝比奈ミクルを返してもらう」
ドシュ!!!
朝倉「古泉君!!!ここは私がなんとか
引き止めるから・・・・・早く・・・・」
朝倉「飛んでぇぇぇええええええええ!!!!」
古泉「そんな!!!朝倉さんは!!!!!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 22:59:25.91 ID:eeFcl7GMO

朝倉「いいから!!!
早く!!!!!」
長門「・・・・・そうはさせない」
朝倉「しまっ(ry」
ドスン・・・・
古泉「あ、あ朝倉さぁぁぁあああああん!!!」
長門「・・・後はあなただけ」
古泉(終わった・・・・・)
古泉「よくも朝倉さんをぉぉおおお・・・・・」
長門「・・・・あなたもすぐ彼女のもとに(ry」
ガシッ!
長門「ッ!!!!!」
朝倉「古泉君・・後は・・・よろし・・・・・くね」
ポチッ
ミクル「それでは、飛びます」
長門「っ!?」
古泉「そんなッ!!!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 23:08:44.92 ID:eeFcl7GMO

古泉「おええええええええええ、ぺっ」
古泉「ここは?・・・・・
飛んだのか・・・・・」
古泉「今の時間は!?」
チラリ
――2008年12月19日――
古泉「僕が、2つの有給を同日に貰った日・・・・・」
古泉(・・・・・・・・・・)
古泉「まだ、やり直せる!!!!!」
ダッ!!!

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 23:16:21.05 ID:eeFcl7GMO

〜朝倉家〜
古泉「すいません!!!!朝倉さん?朝倉さん!?」
ピピピピピピピピピピピピピピピピピンポーン
パリーン ドカ ドンドン バキ ガチャガチャ
カチャリ
朝倉「な、なんの騒ぎ!!!!!」
古泉「あ、朝倉さぁぁああああん」
朝倉(酷い・・玄関が、フライパンチされちゃった・・・)
朝倉「ど、どうしたの古泉君!?
凄い汗よ?」
古泉「説明面倒です」
古泉「全レス嫁」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 23:29:01.98 ID:eeFcl7GMO

朝倉「なるほど・・・・・・・」
朝倉「概ね理解できたわ、私の死によって
覚醒した古泉君が未来を変える為に
タイムリープしてきたって訳ね・・・・・」
古泉「その通りです・・・・・」
古泉「あの時朝倉さんは・・うぅぅ・・・」グスン
朝倉「死んでないわよ」
古泉「えっ?」
朝倉「だって、その話が本当なら
危険を感知したら強制的にあなた達は
あなた達の今に飛ばされるんでしょ?」
古泉「あっ・・・・・・・」
朝倉「スッゴくややこしいわね・・・
私はきっと強制的に今に戻ってるわ
だけどあなたは別の時間のミクルで飛んでしまった・・・・・
本来なら一緒に飛ぶはずだったのに、ここで二つに時間が別れた・・・・・」
古泉「に、日本語でおk・・・・・・・・・・・」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 23:39:20.75 ID:eeFcl7GMO

朝倉「おえっ・・・・・気持ち悪い・・・」
朝倉「ん?」
チラチラ
朝倉「あれ・・・古泉君は?・・・・・」
朝倉「古泉くううううううううん!」
シーン・・・・・
朝倉「返事がないどうや(ry」
ミクル「古泉君はどうやら違ウ時空で
違う時間に飛んでシマッタヨウデスゥ」
朝倉(・・・・・・・・・?)
朝倉「日本語でおk」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/12(水) 23:55:14.13 ID:eeFcl7GMO

古泉「朝倉さん・・・・・・
僕、家に帰りたいです・・・・・」
朝倉「う〜ん困ったわね・・・・・」
朝倉「あっ!そうだ!!!」
古泉「何か閃いたか?」
朝倉「えぇ、でも何で上から目線?」
古泉「すいまふぇん」
朝倉(腹立つわ・・・・・)
朝倉「簡単な事よ、今の古泉かここの古泉君が
危険に陥ればあっちの時間に強制的に飛ばされるでしょ?」
古泉「ふむふむ」
朝倉「後はそれを繰り返すだけよ、ウフフ」
古泉「なんとなくわかりました
とにかく、僕が死ぬか殺せばいいんですね?」
朝倉「まぁそんなところね」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 00:10:22.14 ID:xLXFt/ggO

古泉「よしっ!!!!!
朝倉さん!僕を殺して下さい!!!」

朝倉「良いけど、あまり気乗りしないわね・・・・」
スチャ
朝倉「でも仕方無いし・・・それじゃあッ!!!」
ビュン!!!
古泉「うわっ!?あ、あっぶね〜!!いや、ちょっ、マジ!!!
何するんですかこの殺りマン!!!」
朝倉「なッ!!や、殺りマンって!
あなたが殺せって言ったんでしょ!?
酷い言いようじゃない!!!!!」
古泉「うるちゃいうるちゃいうるちゃい!!!
僕は痛いのは嫌いなんです!
殺すのは今の僕です!今!!ったく!」
朝倉(殺す価値もないわこんなゲス・・・)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 00:21:30.72 ID:xLXFt/ggO

〜古泉家〜
古泉「グッスリ寝てますね・・・
まだ5時だというのに・・・」
朝倉「えぇ、それになぜか、部屋が荒れ狂ってるような・・・」
古泉「年末の事やクリスマスの事を考えて
ムシャクシャしてやったんですよ・・・確か」
古泉「なんかもう目も当ててられないです・・・・・
とっとと殺しましょう・・・・・」
朝倉「待って!」
古泉「はい?」
朝倉「ちょっと・・・遊んでみない?」ニコニコ

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 00:36:32.64 ID:xLXFt/ggO

古泉「遊ぶって何を?」
朝倉「先に古泉君を起こした方が勝ちゲーム♪」
古泉「そんなゲーム、僕にメリットないですよ
いいからさっさと殺して下さい・・・」
朝倉「古泉君、私やっぱり古泉君殺すの止めた・・・・」
古泉「はっ?ちょっと待って下さいよ!!!」
朝倉「その変わりに・・・・・
ゲームであなたが勝ったら、私が殺して上げる!!!」
古泉「上等だよ〜俺を殺してくれよ〜!!!」
朝倉(かかった・・・・)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 00:48:47.07 ID:xLXFt/ggO

古泉「だいたいあいつの事はこの僕が
一番良く知ってるんです
勝ちは目に見えてますよ!」
朝倉「そうかしら?じゃあまずは私のターン!!!」
朝倉「目覚ましアラームをセット
ターンエンド!」
古泉(こんなんで古泉が起きる訳ないだろjc)
ピッ ピッ ピッ ピピピピピピピピピピ
古泉「ZZzzzあぁまささぁん」ZZZzz
朝倉「起きないわね・・・・・」
古泉「フンッ!そんなんで起きるはずがないッ!!!
俺が手本を見せてやるよぉ・・・・・」
朝倉「あら楽しみ♪」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 01:01:06.74 ID:xLXFt/ggO

古泉「古泉なんて、目の前で包丁でも持って
オカルト的な話をすれば直ぐ起きます
あいつチキンですからね!!!」
朝倉(あいつはお前)
古泉「それでは、あの馬鹿起こして来ますっ!!」
ダッ!!!!
古泉「おい、起きろ古泉!!!!!」
ぺしっ ぺしっ
古泉「ふぁ〜、ん誰で・・・
うわあああああああ!!!!!!!
な、何故僕が包丁を持って!?!?」
古泉「鏡の世界からチェンジの了承を得た
どうだ目が覚め(ry」
グサ
古泉「ぐはっ・・・・・」
古泉「ペンが近くにあって良かったですよ・・・
鏡の住人は鏡の世界に帰れ!!!」
古泉「ちょ、おま、これゲー・・ム・・・」
バタン
朝倉「グ、グレートwwwwww」
朝倉「帰れて良かったわね、ゲス泉君・・・・・」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 01:14:37.13 ID:xLXFt/ggO

古泉「パチッ、戻ってき(ry」
うげえええええええええ、ぺっ
長門「・・・・・・・・・・・」
古泉(うわぁ・・・・・・・)
ミクル「おかえりなさい」
古泉(改造ミクルが治ってる・・・
長門さんの仕業か・・・・・)
チラッ
長門「・・・・・・・・・」
古泉(うわぁ・・・・・・・・)
古泉(とりあえず、寝たふり寝たふ(ry)ZZZzzzzz

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 18:50:53.74 ID:xLXFt/ggO

古泉(うわぁ・・・・・・・・・)
チラ
長門「・・・・・・・・・」
ミクル「・・・・・・・・・」
チチラ
長門「・・・・・・・・・・」
古泉(うわぁ・・・・・・・・)

古泉(長門さんが死ぬまで寝てよぉ)ZZzzz

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 19:11:21.97 ID:xLXFt/ggO

長門「・・・・・古泉一樹
なぜ私達を無視する?」
ミクル「あなたが寝たふりをしてから
もう17時間はたってるんですよぉ
正直ツラいですぅ
何もしないから早くおっきして下さい・・・」
古泉「本当になにもしませんか」ボソ
ミクル「しませんよぉ!」
古泉「長門さんもですか」ボソ
ミクル「ええ、しましぇん!!!
だから早くおっきして下さいよぉ・・・」
古泉「わかった・・おっきする・・・」
スタッ

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 19:22:56.98 ID:xLXFt/ggO

長門「・・・・・・・・・おはよう」
古泉「チースッ!長門さん!!!」
ペコペコ
長門「・・・・・・・・・・」
ミクル「あの・・長門さん?・・・古泉君に言う事が・・・・」
古泉「ッ!!!!!!!!」
ビビビビクッ!!!!!!!
長門「・・・・・簡潔に説明する
私は、倒した朝倉涼子をバグだと勘違いしていた
あなたの行動も、朝倉涼子に賛成し決行した結果だと思っていた」
長門「・・・・でも・・・違った・・・」
長門「・・・・あなた達はただ面白半分に過去に来ただけ
違う?」
古泉(言っても解らぬ馬鹿ばかり・・・・・・)
古泉「ならどうする?ここで殺るか?
そのチートで?」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 19:32:09.08 ID:xLXFt/ggO

長門「・・・・・あなたには元来た未来に帰ってもらう」
ミクル「はい!!!」
長門「・・・・・その際飛ばすのは、私も援助する」
古泉「なぜ!?」
長門「・・・・・朝比奈ミクルの時空移動はまだ不安定」
ミクル「ふぇえ・・・・・」
長門「・・・・・今までのは、朝倉涼子協力の元でできた代物
だから・・・・・・・・」
長門「それに早く朝倉涼子に会いたいし」ボソ
古泉「ん?何か言いました?長門さん?」
長門「・・・・・別に何も」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 19:42:33.27 ID:xLXFt/ggO

長門「・・・・・今の古泉一樹を殺すのは涼宮ハルヒに影響し、ナンセンス」
長門「・・・・・未来から来たあなたを殺すのが一番いい
でも、あなたはチキン」
古泉「ふむふむ」
ミクル「コクコク」
長門「・・・・・そこで、今までの用、あなたを飛ばす」
長門「・・・・飛ばすのには最低でも2日はかかる」
古泉「ふぁ〜」
長門「・・・・・よってあなたには2日間の間、この時間に留まってもらう」
古泉「うん・・・・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 19:52:31.12 ID:xLXFt/ggO

古泉「概ね理解できましたが・・・
僕はその間どこへ行けば・・・・」
長門「・・・・・もう彼には連絡してある」
古泉「キョン君ですかあ〜!」
長門「コクリ」
古泉「あの、じゃあ僕もう行っていいですか?
ここなんか空気悪いしwwwwww」
古泉「それでは!!!」
パリーン
長門「・・・・・・・・・・」
ミクル「なんか、未来の古泉君、少し変でしたね・・・・・」
長門「・・・・・怒りという感情を、少しばかり覚えた」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:00:41.45 ID:xLXFt/ggO

〜キョン家〜
古泉「キョンさん!?キョンさん!?」
ダンダンダン!!!!!
古泉「返事が無い、こうなったら・・・・・」
もっふ ドン! もっふ ドン! もっふ ドン! ピキ
古泉「・・・・・・・・・」ハァハァハァハァハァ
古泉「・・・・・チャイムを押しましょう」
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピピピピピピピピピピピピピピピピンポーン!!!!!
ポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポンポン
ピンポ(ry
ビ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:07:18.34 ID:xLXFt/ggO

〜キョン宅内〜
キョン妹「キョン君なんか恐いよぉ・・・」プルプル
キョン「なんの悪戯だ!たちが悪すぎるだろ!」
キョン妹「キョン君・・・・・」
キョン「応、ちょっと待ってろ…すぐ追っ払ってきてやる・・・」
カラン
キョン「誰だこの野郎!!!!!!」
ガチャ
キョン「玄関が・・・五連釘ドリルされてる・・・・・」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:20:31.61 ID:xLXFt/ggO

古泉「こんばんは!」
キョン「なんだ・・お前か・・・」
古泉「長門さんからはもう
連絡は貰ってますよね?」
キョン「あぁ・・・・・・・」
古泉「それじゃあ失礼しま(ry」
キョン「ああ!靴を脱げ!!!靴を!」
古泉「いや失敬!お察しの通り未来人なものでwwwww」
キョン(こいつを2日だと?・・・ふざけるな!!)
キョン「今両親が旅行中なんだ
だからその間部屋を貸してもらってる
お前はこの部屋を使え・・・」
ガララ←和式扉を開く音です
古泉「六畳半ってとこか・・まぁ合格点レベルかな・・・」
キョン「いやなら出てくか!?」
古泉「やだよ」
キョン(クッソ〜・・・)

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 20:27:16.00 ID:xLXFt/ggO

古泉「さて・・・・・・・・・・・
妹ちゃんの所にでも行きますか!!!!!」
トコトコ
キョン「あ、なんだ古泉、夕飯ならまだだぞ」
古泉「すいませんちょっと野暮用が・・・」
キョン「そうか、8時には下降りて来いよ」
古泉「は〜い」
古泉(料理作ってたよ彼・・・何?出来る男演出してんの?
くだらねぇFuck!!!!!)
古泉「それよりも・・・・・
い〜も〜とちゃ〜ん♪」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:01:15.11 ID:xLXFt/ggO

〜キョン妹部屋前〜
古泉「ふぅ・・・一発かましたるイェイェイェイェ!!!」
古泉「ふぅ・・・良し行くぜ!!!
デュエルスタンバイセットオン!!!!
これでこの空間は!スピードスペルに包まれたぁぁあああああ!!!
行くぜえ!ライディングデュエルだぁぁあああああ!!!」
ブルン ブォォオオオオオオン!!!

トントン
古泉「すいませ〜ん妹ちゃんいますか〜?」
キョン妹「ハ〜イ!」
ガチャ
古泉「ニヤァ・・・・・・・」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:07:51.39 ID:xLXFt/ggO

古泉「もうデュエルは始まってるんだよぉ!!!!!」
ブオオオオオオン
キョン妹「ヒッ!!!」
古泉「俺のターン!
エクゾディアそろた!!!!!」
古泉「俺の勝ちだぁぁぁあああああああ!!!!
罰ゲェェェエエエエエエム!!!」
ズギャーン!!!!!
キョン妹「えっ?・・・・・・・・・」
古泉「えっ?」
キョン妹「な、何?」
古泉「・・・・・・・・いえ」
キョン妹「あっ、今宿題やってたんだ!
古泉君教えてよ!」
古泉「はい・・・・・・・・」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:16:52.22 ID:xLXFt/ggO

ガチャン
キョン妹「ここが私の部屋だよ〜!」
古泉(あっ、デュエルディスクが無い・・・・
なるほど通りで・・・・・)
キョン妹「この問題なんだけどねぇ〜」
古泉「どれど(ry」
古泉「ッ!!!!!!!!!!!!」
古泉(痩せた子猫の落書き・・・・・
これは・・・スタートの合図・・・)ゴクリ ペッ
キョン妹「ねぇねぇ早く〜!」
古泉「・・・・・・・・・・」ゴクリ ペッ

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:27:27.69 ID:xLXFt/ggO

古泉「友達はいないから〜!!!」
キョン妹「痩せた子猫の絵を描くぅぅぅううううう!!!」
キッチンから
友達はいないから〜!!!
古泉「ノ〜トに猫の絵を描くぅぅぅううううう!!!!」
キョン妹「蜘〜蛛の糸を登〜てッ!!!!!」
古泉「いつの〜日にか!!!!!」
キョン妹「見下ろしてッ!!!!!
焼き尽くしてッ!!!!!!
やっるッ〜〜!!!!!!」
キョン妹「センキュー」
キッチンから
ううぇぇぇぇえええええい!!!!!
古泉「・・・・・・・・・・・・」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:37:45.67 ID:xLXFt/ggO

古泉「お兄やんって・・・・・
呼んでみて・・・?」
キョン妹「えっ?なんで〜?」
古泉「いいから呼べよ」
ポキポキ
キョン妹「お、お兄やん怖いよ〜」
古泉「よしよしいい子だぁ〜」ジュワァ〜
キョン妹「あっ、デジャブ!!!
お兄やんオシッコもらしてる〜!」
古泉「いやはや」ジュワァ
キョン妹「あっ、また〜」プンプン
キョン妹「今タオルとオムツ盛ってくるから
お兄やんはそこでじっとしててねっ!」
古泉「了解です、ニコッ」ジュワァ

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:43:41.57 ID:xLXFt/ggO

古泉「それにしても、最近の小学生は
パソコンも持ってるのか・・・・・」
古泉「履歴でも・・・見て見ましょうか・・・・」
ポチッ
ブオオオオオオン
古泉「んっ?・・・」
古泉「あれ?おかしいな?
つかないですよ?」
バンバン
古泉「あっ、ついた」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 22:57:16.05 ID:xLXFt/ggO

ディスプレイ「A_みえてる?」
古泉「ッ!!!!!」
カチカチ
古泉「ああ、みえてるとも」
ディスプレイ「A_わたしながとさんにやられてから
でばんすくなくない?」
カチカチ
古泉「あぁ!少ないとも!」
ディスプレイ「A_そんなことはどうでもいいの
こいずみくん、あなたいまどこにいるの?」
カチカチ
古泉「全レス嫁」
ディスプレイ
「A_UVER world」
プチン
古泉「朝倉さんっ!!!」
古泉「僕は・・・・・・・・・」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:06:03.98 ID:xLXFt/ggO

キョン妹「お兄やんタオルとオムツ盛って来たよ〜」
古泉「あっ!はい、ありがとうございます」ジュワァ
キョン妹「あっ!お兄やん勝手にパソコン
触ったでしょ〜」プンプン
古泉「いやはや、暇を持て余しつい
すいません、ニコッ」ジュワァ
キョン妹「もうまた漏らして〜
早く着替えてよねお兄やん!」
古泉「はいはい
あっ、覗かないで下さいよ〜」ジュワァ
キョン妹「の、覗かないよ〜///」
古泉「ハハハ」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:19:14.16 ID:xLXFt/ggO

〜1時間後〜
キッチンから
キョン「おい飯できたぞ〜!!!」
古泉「どうやら晩御飯のようですね」
キョン妹「今日の夕〜飯な〜にっかなっ?」
古泉「妹ちゃんは何が好きなんですか?」
キョン妹「ん〜?あんぱんっ!」
古泉「いや君はクレープだ・・・・・」
古泉「さぁ、俺のDホイールの後ろに乗りな!!!」
ブヲオオオオオオオオン!!!
キョン妹「よいしょっと」
古泉「乗ったかい?」
キョン妹「うん、でも…リビングに行くだけなんだし
歩いていけば・・・・・」
古泉「俺たちはサテライト(キョン宅)を抜けだして
デ●ニーズ(シティ)に行くんだよぉ!!!!!」
ブヲオオオオオオオオオオン!!!!!!

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:30:25.15 ID:xLXFt/ggO

パリンパリン ドカドカ バキ ボキッ
古泉「やっぱり廊下は走りずらいですね
シティへの道は険しいってか・・・」
キュルキュルキュル
キョン妹(私のお家が・・・・・)
古泉「おっ、難関ヶ所の廊下に着きましたよ〜!!!!!」
ブルン!! ブルン!!
古泉「一気に行くぜぇぇぇええええええ!!!!!」
ブヲオオオン!!! ブヲオオオン!!!
バキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキ
キョン妹(もう部屋に戻れなくなっちゃった・・・・・)
ブオオオオオオオオオオン!!!!!
古泉「このまま玄関まで・・・・・
突っ込む!!!!!!!!」
バギャ〜ン!!!!!!!
古泉「いやっほおおおおおおおお!!!!!」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:39:40.08 ID:xLXFt/ggO

ブウウウウウウウウウン!!!!!
キョン「・・・・・・・・・・・・・」キョン「くぅう・・・・・
長門・・・・・・なぜ・・・・・
俺ん家に・・・・・」ヒック グス
古泉「いや〜シティの風邪は
気持ちいいですね〜、ニコッ」
キョン妹「うんっ!そうだねっ!!!
えへへ(放心)」
古泉「それじゃあいくぞ〜
シティへ〜」
古・妹「レッツラゴー!!!!!」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:48:31.60 ID:xLXFt/ggO

――そのころ朝倉は改造ミクルとオセロをしていた――
キィー!!!
古泉「着きましたね・・・・」
キョン妹「うん!」
古泉「それじゃあ行きますかっ!」
キョン妹「うん!」
ウエイトウアー「いやっしゃいませ
ようこそデ●ニーズへ」
古泉「2人で」
ウァイトゥー「はい、お二人様ですね
席ご案内いたします」
ワァイター「こちら、メニューになりますので
では、ごゆっくりどうぞ」
古泉「遂に来ちまったよ・・・」
キョン妹「お兄やんシティって広いね〜!!!」
古泉「そうですね、ニコッ」ジュワァ

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/13(木) 23:56:08.63 ID:xLXFt/ggO

古泉「来ないな・・・・・・」
キョン妹「ふっふふ〜ん♪
何にしようかな〜」
古泉(子供はのんきなもんだ・・・)
〜2時間後〜
キョン妹「お兄やんまだメニュー頼まないの〜?」
古泉「あぁ、まだだ・・・」ジュワァ
古泉(クソッ!!!まだか?まだなのか!?)
???「あ〜らっよ出前二っ丁〜♪」
古泉(きたぁぁぁああああああああ!!!!!)

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 00:07:14.09 ID:Bsw94P90O

長門「・・・・・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・・・・」
長門「・・・・・彼から連絡を受けた」
キョン妹「あっゆきちゃん!!!」
古泉「・・・いや、あの…これは・・・・・」
長門「あっ!?古泉君待つの苦手?」
古泉「えっ!ちょっ!まっ!!!」
長門「なら今死ぬ〜?」
長門「殺すぜぇ〜超殺すぜぇ〜♪」
古泉「やめろぉぉぉおおおおおおお!!!!!」
長門「・・・・・さよなら」
スパッ
古泉「こんなの・・・・・・ゲフッ
みの・・・・りんじゃ・・・・・ない・・・」
ドサッ!
長門「・・・・・・・帰れ」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 00:17:15.38 ID:Bsw94P90O

古泉「でも中の人はみのりんでしたね
うにゃむにゃ」ZZzzz
朝倉「古泉君っ!!!!!!」
ガタッ!!!!!!
朝倉「古泉君が帰って来たッ!!!」
朝倉「起きて!!!古泉君っ!!!」
ぺしっ ぺしっ ぺしっ
古泉「ん?パチッ」
うげえええええええええ、ぺっ
古泉「ううぅ、僕は?
帰ってきた???」
朝倉「そうよ!良く帰ってこれたわねっ!!!!!」
朝倉「私もう駄目なんじゃないかと」グスン
ミクル「説明はチャント何回モしまシタ・・・・・」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 00:26:32.11 ID:Bsw94P90O

古泉「てことは・・・」
――2009年1月2日――
古泉「また振り出しか・・・・・」
朝倉「また振り出しか・・・
じゃないわよ!!!!!」
古泉「ビクン!!!」
朝倉「私は約20時間もその振り出しで
待ってたのよ!?
何か一言くらいあるでしょ!!!!!」
古泉「朝倉さんってとらドラ!の
あみのパクリですよね?」
朝倉「パクったのはあっちよ!!!!!」
パーン!!!

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 00:35:25.08 ID:Bsw94P90O

古泉「それじゃあ
今度こそ!!
飛びます〜?」
朝倉「超飛びます〜!!!」
古泉「ライディングデュエル?」
朝倉「アクセラレーション!!!」
古泉「君の夢が〜叶うのは〜?」
朝倉「誰〜か〜のおかげじゃないぜ!」
古泉「朝倉さぁぁああああああああああん!!!!
流石です!流石です!!!!!」ウゥ
朝倉「バニラには塩を振るといいわ・・・・・」
古泉「ほっちゃんですね・・・わかります・・・・・」グスン

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 00:48:03.77 ID:Bsw94P90O

朝倉「よしっ!それじゃあ飛びましょう!!!
古泉君もいつまでも泣いて無いで!」
朝倉「朝比奈さんッ!」
ミクル「了解です」
古泉「はっ!?ストップストップ!!!!!!」
プシュウウ・・・・・
朝倉「どうしたの?古泉君?」
古泉「飛ぶ時間を変えます・・・・・
時表を2008年12月19日にして下さい!!!
できますか?朝比奈さん?・・・・」
朝比奈「デキマス」
古泉「ならお願いします!」
朝倉「?」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:08:52.25 ID:Bsw94P90O

ミクル「それでは(ry」
朝倉「説明はもういいわよ!!!
古泉君?!」
古泉「OKジャスティス!!!」
古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」
――2009年12月19日――
古泉「うげえっ、うげえええええええええ、ぺっ」
朝倉「無事タイムリープできたみたいね・・・」ウプ
古泉「ええ、そうで」
おええええええええ、ぺっ

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:25:20.38 ID:Bsw94P90O

朝倉「それで?これからどうするの?」
古泉「僕が、機関からもSOS団からも
有給を貰ったのは知ってますよね?」
朝倉「ええ、その話なら・・・・・」
古泉「これから・・・・・
僕の自我暴走を止めに行きます!!!」
古泉「手伝ってくれますか?
朝倉さん・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・もちろんよ!!!」
朝倉「早く古泉君の家に行きましょう!ニコッ」
古泉「朝倉さん・・・・・・・
はい!!!!!」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:38:56.52 ID:Bsw94P90O

〜古泉家〜
古泉「・・・・・・・なんだ・・これ・・・」
朝倉「・・・・・・・・・うっ」ウゥ
古泉「はげ、でぶ、白い、虚ろ、不細工・・・・・」
朝倉「新聞も・・・・・こんなにたま(ry
2009年・・・・・」
古泉「・・・・・・・・はい?」
朝倉「2009年よ!2009!!!
私達!2008年12月19日にタイムリープするはずが
2009年12月19日にタイムリープしちゃったのよ!!!!!」
古泉「なん・・だと・・・」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:45:25.35 ID:Bsw94P90O

朝倉「あの時、古泉君を放っておいたら・・・・」
古泉「この結果だよ!!!!!!」
古泉「駄目だ早く帰ろ・・・・
見てるだけで精神的にキマす・・・」
朝倉「待って古泉君!!!!!」
古泉「なんですか・・・・・」
朝倉「私も見てみたいな・・・
未来の私☆」
古泉「・・・・・・・・あんた、自分で自分の
首絞めるの好きですね・・・」
朝倉「失礼な!!!
早くいきましょ♪」
古泉「・・・・・・・・・・・」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:53:56.66 ID:Bsw94P90O

〜朝倉家〜
古泉「表札が無くなってますね・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・ええ」
古泉「僕、大家さんに聞いてきますね・・・
その間朝倉さんは、宇宙になって
僕の側で大家さんにバレないようにしていて下さい」
朝倉「・・・・・・・・わかったわ」
古泉「・・・・行きましょう」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 01:58:57.37 ID:Bsw94P90O

大家さん「なんのようじゃ?
こんな夜遅くに?夜桜はもう終わってしもうたぞ?」
古泉「うわぁぁぁあああああああああああ!!!!!」
古泉「見るの忘れたあああああああああああああ!!!!」
大家さん「これからクラナドじゃぞ?」
古泉「お邪魔します!!!!!」
朝倉「お邪魔します・・・・・・」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 02:00:18.89 ID:Bsw94P90O

ちくしょう!!!!!!
夜桜なんで
教えてくれないですかぁぁぁああああああ!!!
うわあああああああああああああ

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 03:04:28.07 ID:Bsw94P90O

古泉「はぁ・・・・・・・
アオたん・・・」
古泉「もういいや、朝倉さん
僕もう寝ますね…」ZZzzz
朝倉「仕方ない・・・・・・・
私一人で私を探すか・・・」
朝倉「大家さん、お邪魔しました〜」
スタスタスタ
古泉「アオたん〜むにゃむにゃ」ZZzzz
大家さん「普通ことはじゃろjk・・・・・」
大家さん「それにしても、あの子・・なんで・・・」

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 03:17:33.66 ID:Bsw94P90O

朝倉「はぁ〜私も眠くなってきちゃった・・・・」
朝倉「大家さんの所に戻ろかな〜」
トボトボ
朝倉「あっ?ベンチ発見!!!
しょうがない・・・今日はここで寝ようかな・・・・」
朝倉「よっこいしょういちっとなっ!」
ポスン
朝倉「おやすみ〜」ZZzzz
〜刑務所前〜

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:16:15.98 ID:Bsw94P90O

朝倉「この時間なら余裕ね・・・
フフ、こんな囲いじゃ私を捕まえても無駄よっ
と〜う!!!!!」
スタッ!
ドス!
朝倉「ドス???」チラリ
朝倉「私が…私に・・・みぞおち入てるわ・・・・・」
朝倉「かはっ・・・・・・・
こんな・・・夜中に
やってくれんじゃねえか・・・・・」
朝倉「誰よ?!?!?!?!」
朝倉「ごめんなさい私!!!でも私がこんな所にいるなんて・・・・・」
朝倉「ってか!!!!なんで私がもう一人いるのよ!!!!!
えっ?なんで?夢?宇宙?バグ?ドッペル?
えっ?えっ?えっ?何何?????」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:20:52.30 ID:Bsw94P90O

朝倉「あっ、見つけた・・・・・私」
朝倉「はっ?今見つけたって・・・・
まさか本当にドッペルさん?!
何!!!やるってんの?!」
朝倉「いや違うわ!話を聞いて・・・・
それよりなぜ私にみぞおち入れたの?」
朝倉「じゃああなたはなんなのよ!!!」
朝倉「私よ!!!!!」
朝倉「・・・・・・・・・?」
朝倉「・・・・・・・・・?」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:28:47.37 ID:Bsw94P90O

朝倉「待って待って、まぁ落ち着いて・・・
まずは自己紹介からって事で!ねっ?」
朝倉「わかったわ
初めまして、朝倉涼子17才です
趣味はカップルの握った手の中に
爆竹を情報操作で入れる事です
今、脱獄中です」
朝倉「初めまして、朝倉涼子16才です
趣味はクリスマスに浮かれたカップル共に爆竹を投げつける事です
今、タイムリープ中です」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:36:16.80 ID:Bsw94P90O

朝倉「なるほどつまり・・・・・
脱獄のファーストステップに
誤って私にみぞおちを入れてしまったと…」
朝倉「なるほどつまり・・・・・
過去から未来の私を見に来たと…」
朝倉「あなた何で脱獄・・・じゃなくて!!!
また務所送りになってるのよ!!!」
朝倉「あなたこそ!!!なんで刑務所のベンチで寝てたのよ!!!!!」
朝倉「質問を質問で答えないでよ!!!」
朝倉「あなた私よりひとつ年下でしょ?
敬語ぐらい使いなさいよ!!!!!」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:42:53.37 ID:Bsw94P90O

朝倉「うるさいわね!
別に私何だからいいでしょ!!!」
朝倉「これだから子供は・・・・・」
朝倉「あなたの子よ!!!!!」
朝倉「私がいつあなたを産んだのよ?!」
朝倉「とにかく・・・・・
みぞおち…痛かったんだけど?
何か言うことないの???」
朝倉「あなたがこんな場所で
眠ってたのが悪いんでしょ!!!!!!」
朝倉「なっ!!!私のせいだっていうの?!」
朝倉「あなたにだって非はあるでしょう」
朝倉「なっって性格の悪い!!!」
朝倉「あなたもねっ!!!」プイ

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 05:56:42.31 ID:Bsw94P90O

〜2時間後〜
朝倉「ハハハハ、それでさぁ〜
みなみけ三期大コケwwwww」
朝倉「アハハ、どうせまたカ●スリードにやられたんでしょ?
あの酷いモブキャラwww」
朝倉「そうそうwwwww
あれは酷かったわ〜、ウフフ」
朝倉「フフ、あっ、所で
涼宮ハルヒ二期はどうなったの?
私、大活躍だったでしょ?」ニヤニヤ
朝倉「・・・・・・・・・・・・」
朝倉「どうしたの・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・・・」
朝倉「ちょと、ねぇ大丈夫・・・・・」
朝倉「・・・・・・私、あなた(自分)の事大好きだから…
お喋りできて楽しかったわ・・・
じゃあねっ!」
ダッ タッタッタッ
朝倉「・・・・・・・・察せと・・・」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 06:05:38.91 ID:Bsw94P90O

朝倉「古泉君、古泉君っ」
古泉「んんん〜アオたんサトって〜むにゃむにゃ・・・」ZZzzz
朝倉「古泉君ッ!!!!!!!!」
ズシッ!
古泉「かはっ・・・・・みぞおち・・・」
朝倉「起きた?古泉君?」
古泉「朝倉さん、グヘッ
おはようごさいま(ry」
うげえええええええええ、ぺっ
古泉「結局見つかったんですか?
この時代の朝倉さんは?」
朝倉「ええ・・・・・・・
ある意味、古泉君より酷くなってたわ・・・・・」
古泉「まさかハゲて(ry」
朝倉「そんなわけないでしょう・・・
ただ人に被害与えないだけマシって事よ・・・」
古泉(あぁ・・・・・何となくわかったわ)

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 06:13:27.82 ID:Bsw94P90O

古泉「帰ります?」
朝倉「帰りましょう・・・・・」
古泉「それじゃあ、また僕を殺しに(ry」
サクッ・・・・・
古泉「えっ・・・」
朝倉「わざわざ行くの面倒でしょ」ニコッ
古泉「なんじゃ↑こりああああああああああ↓」
ドサッ!
朝倉「うぷっ・・・きたわね」
古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 06:28:05.50 ID:Bsw94P90O

古泉「うぷっ、」
おげえええええええええ、ぺっ
古泉「無事到着・・・ですか?」
ミクル「オカエリナサイ」
古泉「改造ミクル…って事は戻って来たって事ですね」
朝倉「うぅ〜ん」
古泉「朝倉さん!朝倉さん!」
朝倉「パチッ!あっ古泉君・・・
に、改造ミクル」
朝倉「戻って来たみたいね」
古泉「ええ、次、どうします?」
ミクル「とリあえズ寝マショおヨォ」
朝倉「・・・・・そうする?」
古泉「そうですね、寝ますか」
朝倉「プリンセス、ハオ」
古泉「寝っるぞおおおおおおおおお!!!」
朝・古・ミ「ZZZzzzz」

357 名前:爽やかな朝ですね^^[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:07:59.81 ID:Bsw94P90O

ミクル「起きてクダサイィ、起きてクダサイィ〜」
古泉「ふうこかわいいよふうこ〜むにゃむにゃ
パチッ、はっ!?・・・・・
朝倉さん、朝ですよ〜」
朝倉「朝ね〜、うん!清々しい朝だわ!」
古泉「でも天気が悪いですね
太陽が全然出てないじゃないですか!」
朝倉「本当ね・・・・・
部屋干しは嫌いなんだけどなぁ〜」
ミクル「今は夜です」
古泉「・・・・・・・・・」
朝倉「・・・・・・・・・」
パンッ! パンッ!

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:17:38.86 ID:Bsw94P90O

古泉「大体!朝比奈さんが時表間違えたのが
イクナイジャナイディスカ!!!!!!!!!」
朝倉「落ち着いて古泉君!
でも朝比奈さん・・・・・
私たちが昼夜逆転してしまったの
はあなたのせいよ・・・・・・」
古泉「おかげで深夜アニメが良く見れる!!!」
朝倉「それになぜちゃんと飛ばさなかったの!?
おかげで未来でどえらいもの見ちゃったじゃない!!!」
ミクル「ふ、ふえぇ・・・・・・
す、スイマセン」ガタガタ
ミクル「次回カラハシンチョウかつ
テイネイにヤリマスカラ・・・・・」
朝倉「わかってくれればいいのよ・・・・・」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:24:36.71 ID:Bsw94P90O

古泉「ふぅ・・・さて・・・・・
お風呂にする?ご飯にする?
それとも、飛 ぶ ?」
朝倉「飛ぶ飛ぶぅぅうううううう!」
古泉「朝比奈さん!」
ミクル「はい、準備OKデス」
古泉「いいですか?
2008年12月19日ですよ!?」
ミクル「ダイジョブですダイジョブです
それではヨイ旅ヲ!」
古泉「揺れるぜぇ〜」
朝倉「超揺れるぜぇ〜」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:35:21.70 ID:Bsw94P90O

古泉「うぷっ・・・・・・・・
どうやら戻って来たようですね・・・」
朝倉「ええ・・・・」ウプ
朝倉「そうね・・・・・・」
古泉「それじゃあいきま(ry」
おげえええええええええ、ぺっ
古泉「すか・・・」
おええええええええええ、ぺっ
朝倉(ついにやったわ・・・
一秒間に二回ゲロ・・・・・
おめでとう、古泉君)
朝倉「ええ、それで、今回はどうするの?」
古泉「だから僕等の暇を倒すんですよ
しかし、その為には仲間が少なすぎる・・・・・」
古泉「そこで・・・・・・
彼をスカウトしました!!!!
どうぞ!入って来て下さい!」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:43:04.77 ID:Bsw94P90O

パティ「・・・・・・・・・」
古泉「・・・・・宜しくお願いします」
朝倉「宜しく・・・・・・・・・・」
古泉「さてさて気を取り直して!
先ずは僕の所へいきましょう!!!」
古泉「朝倉さん、僕のDホイールの
後ろに乗って下さい」
朝倉「よっこいしょうい」
古泉「乗りましたか?
それじゃあ行きますよぉ〜!!!」
ブヲォォォオオオオオオオン!!!!!
朝倉「いやっほ〜!!!」
パティ「・・・・・・・・・」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:49:30.26 ID:Bsw94P90O

キキィー!!!
古泉「着きましたね・・・」
朝倉「えぇもう、何回ここで失敗したことか・・・」
古泉(俺、毎回コイツにここで殺されてね?)
朝倉「さぁ、行きましょう!」
古泉「は、はい!
(嫌な予感なんてしない!!!しない!!!)」
朝倉「ん?どうやらまだ
お留守のようだけど?」
古泉「そうですか・・・
それは都合が良い・・・・・」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 19:56:08.93 ID:Bsw94P90O

朝倉さん「何か策でもあるの?」
古泉「えぇまぁ、フフ」
古泉「この封筒をドアに挟んで・・・
はいっ、終了です」
朝倉「えっ?それだけ?」
古泉「いや、これからですよ
さぁ、次は朝倉さんの元に向かいましょう!!!」
朝倉「ええ!!!!」
ブヲォォォオオオオオオオン・・・・・

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 20:05:13.64 ID:Bsw94P90O

〜朝倉マンション前〜
古泉「それでは僕はここから一人で行きますから
それまでパティさんと待っていて下さい、ニコッ」
パティ「・・・・・・・・・・」
朝倉(・・・・・・・罰ゲーム?)
トコトコ
古泉「着きましたか・・・・・」
古泉「すぅー、はー、ふぅ・・・・・・・・」
モォォォオオオオッフッ!!!!!!!!!!!!
ドンッ!!!!!!!!
パラパラパラ
古泉「すいません朝倉いますか〜?」
朝倉(玄関が・・・無くなってる・・・・・)

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:06:32.62 ID:Bsw94P90O

朝倉「古泉君・・・・・・・
なんの用?」
古泉「年末は、楽しく過ごせそうですか?」
朝倉「はい?」
古泉「年末は!楽しく過ごせそうですかッ!?」
朝倉「・・・・・・・・・・」
朝倉「過ごせるわけないでしょ・・・・・
私はバックアップ、ましてやSOS団員でもない・・・
どう楽しく過ごせってゆうのよ!!!!!!」ウルッ
古泉「少し・・お邪魔させ貰いますね・・・・・」
バタン

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:16:08.56 ID:Bsw94P90O

朝倉「・・・・・・・・・・・」ウルウル
古泉「僕は、楽しい年末が過ごせそうですよ・・・・・」
朝倉「自慢にでも来たわけ?・・・・」
古泉「そうじゃありません
けど、ただ、楽しかったんですよ
あなたといると・・・・・」
朝倉「???どういう意味」
古泉「その内わかります。ただ
あなたの年末は楽しくなる
いいえ、楽しくしてみせますよ、僕が」
朝倉「古泉君・・・何を言ってるのかサッパリ・・・・・」
古泉「それでは僕は待たせてる人がいるので・・・
では!」
朝倉「私の年末が・・楽しく・・・なる・・・・・」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:22:48.99 ID:Bsw94P90O

トボトボ
朝倉「あっ、古泉君!遅い!!!」
古泉「いや〜失礼失礼」
朝倉「で、私に何話て来たのっ?」
古泉「ちょっとした・・・
未来の話ですよっ」ニコッ
朝倉「えっ!?もう未来人だって
バラしちゃったの?」
古泉「そういうのではないですよ
ここの僕等と今の僕等の事です・・・」
朝倉「?」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:33:26.74 ID:Bsw94P90O

古泉「さぁ、ぼちぼち帰りますかっ!」
朝倉「えっ!?これだけで?」
古泉「充分です・・・・・」
朝倉「まぁ、古泉君がそう言うなら・・・・・」
朝倉「じゃあ、古泉君殺しに行く?」
古泉「いや、僕を殺して下さい」
朝倉「えっ・・・でも古泉君ってチキンなんじゃ・・・」
古泉「いいですから!ニコッ」
朝倉「・・・・・・・それじゃあ」
スパッ!
朝倉「・・・・・グフッ」
ドサッ!
古泉「なっ!?朝倉さん!!!!!」
朝倉「何でかわからないけど・・・
古泉君・・・殺せないよぉ・・・」ガク

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:40:00.74 ID:Bsw94P90O

パチッ・・・・・
ミクル「オカエリナサイ」
古泉「これは・・・変わったからかな?」
チラッ
朝倉「ZZzzzz」
古泉「朝比奈さん、僕少し散歩してくるんで
その間、彼女を宜しくお願いします」
ミクル「わカりマシタ」
バタン
古泉「ちゃんとできたかな?
僕は・・・・・・・」

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:47:26.79 ID:Bsw94P90O

トボトボ
キョン「おっ!古泉!!!
何やってんだこんな所で
夜はまた駅前集合だぞ!
後、朝倉おいてきたらハルヒ怒るぞ〜きっと」
古泉「ハハ、ええ、わかってますよ」
キョン「じゃ、俺は買い物の途中なんで
また後でな」
古泉「ええ、また後でっ」
古泉「ふぅ・・・・・・・
良く出来ましたね。僕等」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 21:54:38.79 ID:Bsw94P90O

〜古泉家〜
古泉「はぁ・・・両方から休暇だなんて・・・・
僕はこれからいったい・・・・・」
ん?
古泉「ドアに何か挟まってますね?
何でしょう?」
ピラッ
古泉「手紙?いったい誰から・・・」
古泉一樹より古泉一樹へ、
古泉「僕から!?何の悪戯ですかいったい・・・・」
古泉「まぁ、暇潰しに読んで見ますか」
ガチャン

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 22:06:28.82 ID:Bsw94P90O

『拝啓古泉一樹へ』
いきなり手紙を見て驚きました?
まぁ、そんな事はさて置き。今からあなたには
重要な用件をお伝えします。
古泉「何が重要な用件ですか・・・
こんなことして何が面白ッ!?」
おっと、その前に私が私である証明をお書きしましょう。
私は、今の私は機関、SOS団両方から1ヶ月の休暇を貰い
とても暇なはずです。苛立ってもいますね。
古泉「・・・・・・・今の?」
察しが良ければもうお気づきでしょうが
この手紙は、未来の僕から今のあなたへの手紙です。

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 22:17:09.91 ID:Bsw94P90O

おっと、話がズレてしまいましたね
それで、その重要な用件なんですが・・・
今から朝倉さんの家に行き
朝倉さんの力を借りて、朝比奈さんの元へ行き
涼宮ハルヒが中学3年生の時の七夕に時空移動して下さい。
朝倉さんには、年末暇する事が無くなる為に
と言って下さい。そうすれば彼女は首を縦に振ってくれます
古泉「なんの為に・・・?」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 22:32:54.69 ID:Bsw94P90O

あなたは時空移動で
涼宮さんが中学3年生の時の七夕に
着きます。その時にはもう彼と朝比奈さんがいるはずです

そして私達は、彼らにはバレないよう
慎重にスネークしていて下さい。
古泉「はぁ・・・・・・・・」
ここで魔法の言葉です。彼が
「ジョンスミス」
と叫んだら、すかさず私と朝倉さんで
「&ポールスミス」
と叫んで下さい。
そしたら後は、直ぐに今の時代に戻って下さい。
用件は以上です。

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 22:36:46.45 ID:Bsw94P90O

古泉「こんなことしてどうなるって(ry」
以上の事ができれば、あなたは今年とてもいい
年末が送れます。未来人の僕が保証します。
とにかく、年末を暇に過ごしたくなかったら
古泉「やれってか・・・
フフ、やってやるよ・・・・・」
ダッ

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 22:47:44.85 ID:Bsw94P90O

〜2008年12月19日〜
ハルヒ「バイト探しがんばってね!!!
古泉君だけ、今日は解散ッ!!!!!」
古泉「ポールスミス!!!!!」
ガタンッ!
キョン「なッ!!!!!!!!!!!!!」
朝比奈「えっ!!!!!!!!!」
長門「・・・・・!」
ハルヒ「こ、古泉君・・・・・
今なんて・・言った・・・?」
古泉「&ポールスミス!」
ハルヒ「もう一人・・・いるのね・・・・・?」
古泉「はいっ!!!」
ハルヒ「古泉君やっぱ休暇撤回ッ!!!!!」
ハルヒ「古泉君っ!!!早くもう一人をここにッ!!!!!」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 23:01:50.16 ID:Bsw94P90O

――2009年1月2日――
古泉「朝倉さん!起きて下さい!朝倉さん!!」
朝倉「んぅ、ふぁ〜あ
あっ、古泉君!今何時?」
古泉「もうすぐ夜ですよ・・・・・」
朝倉「えっ!?いっけないっ!
早く支度して駅前に行かなきゃ!!!」
古泉「そうですよ!!!早くして下さい!」
朝倉「早くしないと涼宮さんに怒られちゃうわ!!!」
古泉「・・・・・・・・」ニコニコ
朝倉「古泉君、何だか嬉しそうね?なんで、ニコッ」
古泉「いや、年末は楽しかったかな〜っと?」
朝倉「楽しかったわ!!!スッゴく!!!!!
古泉もそうでしょ」ニコッ
古泉「ええ!!!!!」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 23:10:47.69 ID:Bsw94P90O

〜駅前〜
ハルヒ「あっ!!!古泉君達来たわ!」
古泉「いや〜遅くなりました、すいません」
キョン「お前、昼忠告してやったろ」
古泉「ハハ、面目無いです」
朝倉「ごめんなさい!遅れちゃったわ!!!」ハァハァ
ハルヒ「まぁ年明けそうそうなんだし!
いいって事よ!!!」
朝倉「ありがと!涼宮さんっ!!!」
長門「・・・・・・今晩は」
朝倉「あっ!長門さん!!!今晩は!」
古泉「長門さん・・・ちょっと」ボソ
長門「・・・・・・コクン」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 23:24:12.58 ID:Bsw94P90O

古泉「この度はありがとうごさいました
長門さん・・・・・」
長門「・・・・・・朝倉涼子の1日の
記憶を消すくらいどうとない」
古泉「ありがとうございます・・・・・
それと過去に横槍を入れてしまったのも・・・・・」
長門「・・・・・それは問題ない
むしろポールスミスという存在が
涼宮ハルヒが、この学校に興味をさらに寄せる結果となった」
古泉「そうですか・・・・・
でも、ありがとうごさいました」
長門「・・・・私は別に特別何もしていない
この結果は、あなた達の努力の成果」
古泉「・・・・・・・・・・・」
ハルヒ「有希〜!ちょっとこっち来て!!!!!」
長門「・・・・・私はこれで」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 23:35:24.84 ID:Bsw94P90O

ハルヒ「それじゃあ先ずは!!!
予約しといたレストランよ〜!
みんな!!!!お腹空かしてきた〜?!」
キョン「あぁ、もう倒れそうだよ
だから早く行こうぜ」
長門「・・・・・・私も」
朝倉「そうだ!?私今日何も食べてないわ!!!」
ワー ワー キャー ワー ワー
古泉「・・・・・・・フフ
僕も腹ぺこです!!!
早くお節料理食べたいですね!!!」ニコッ
ハルヒ「よ〜し!!!それじゃあ行くわよ〜!!!!!」
キョン「おう!」
長門「コクン」
朝倉「食べよ食べよ!!!」
古泉「お節最高ぉぉぉおおおおお!!!」





ミクル「早クオ節料理食ベタイデスネ☆」

終わり

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/14(金) 23:39:21.42 ID:Bsw94P90O

毎回毎回だが
ミクル・・・・・
本当にごめんよ・・・・・・・
それと読んでくれた方々ッ!ありがとござました!!!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「え・・・私のことが・・・好き?」