長門「本になれるのなら」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「涼宮ハルヒはセックス依存症」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:25:11.64 ID:ELsQBGDbO

私は歩いている、そこには冷たくそびえ立つ建物が続く、私は歩む、何もない先に向かって
待ってる者も無く、見送ってくれる者もいない。私は拒まれた

もう戻ることはできない。私の罪は重い、この命ですら罪を償う事はできない

私は歩く

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:29:00.84 ID:ELsQBGDbO

今の私に情報操作能力は無い、情報統合思念体は私を破棄した

私は歩く

残ったのは着慣れた高校の制服、私の思い出
戻れない過去、後ろを見ても何も無い

私は必要とはされていない、帰ろう
私の部屋に

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:31:22.07 ID:ELsQBGDbO

文芸部室、私はそこにいた

しかしもうあの場所には戻れない、誰にも会うことはない

私は拒まれた

そう、全てに失うものはもはや長門有希という個体のみ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:34:06.14 ID:ELsQBGDbO

涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、古泉一樹、そして彼

持ってはいけなかった
私が持ってはいけなかったものを私は持ってしまった。

足が冷たい、冬の寒さは生身の人間にはこたえる

………何も感じない

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:38:02.95 ID:ELsQBGDbO

普段なら人の一人は必ずいる道、しかしその人影は見当たらない。
これが今から歩く最後の道

わからない
何故か朝倉涼子が笑っている気がする。進めば進む程、その声は大きくなっていく
止まる事は出来ない、ただ進むだけ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:42:40.64 ID:ELsQBGDbO

……私が壊したものは私が得たものよりも大きかった、知っていた
なのに私は壊してしまった。体が動いていた

世界の均衡が崩れさり消えていく、後は彼がどうするのか
私は知らない、知ることができない

まわりは暗かった

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:47:16.46 ID:ELsQBGDbO

暗闇に白く光るものが見えた、それは切なく、溶けていく

………もう体が自由に動かなくなっていた。それでも私は少しずつ前に進む

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:52:10.03 ID:ELsQBGDbO

…光ではなかった、ただの雪
もう消えないように必死に集まり大きさを増していく。

完全に私は体が動かなくなった
意識もだんだんと薄れていく、しかし雪は容赦せず積もっていく

目元だけは雪は溶けていた

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 18:57:50.67 ID:ELsQBGDbO

私の生命活動は終えようとしてきていた
その時、声が聞こえた

朝倉涼子ではなく、どこか懐かしい声
応えることは今の私には不可能だった

……呼んでいる私を、誰が?なんのために?
声がやむことはなかった。しだいに声は小さくなっていく

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 19:16:35.06 ID:ELsQBGDbO

私の体が温かくなる
それが最後の私の感覚だった。私の時間は止まった

なにも見えない暗闇の中でまた私は歩き続けた。後ろからはさっきまで呼んでいた声が聞こえていた

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 19:20:54.14 ID:ELsQBGDbO

私が後ろを振り向くと朝倉涼子がいた

朝倉涼子は笑っていた。しかし笑顔とはまた違う顔で

私の体が消えていく、雪が溶けるように
感情はもう無い、もういらない、感情は全てを壊してしまうから

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 19:26:03.69 ID:ELsQBGDbO

もし、私が本なれるのなら、なれたなら、私の物語が書いてあるのだろうか

どんなに薄くても、内容が理解できなくても

私は長門有希だった

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 19:31:32.66 ID:ELsQBGDbO

私は透明になった。消えたのではなく透明になった

ただ透明に

もう一度、選べるならば私は長門有希を選ぶだろう
…誰かが私を見ている、誰?

見ていたのは私だった、眼鏡をかけた私
ずっと私は私を見ている、最後に私は笑った

そして全てが透明になった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:九曜「――いい――香りね――」キョン「俺の髪の臭いを嗅ぐな」