ハルヒ「古泉君っ!・・・この年でまだ中二病・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:「うわー!かがみだ、かがみが出たぞー!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 20:47:36.15 ID:h2PH3DrB0

ハルヒ「古泉君・・・大丈夫・・・
最近何かつらそうよ・・・?」
古泉「えぇ・・最近中二病が酷くて・・・」ディクシ ディクシ
キョン「おい古泉!!!部室の壁を
殴るのはやめろっ!!!」
ミクル「ふえぇぇ・・・・・・」
長門「病院に行くべき」
ハルヒ「そ、そうね!古泉君!
今日はもう早退していいから、病院行きなさい・・・」
古泉「ふっ、ならそうさせてもら(ry」
古泉「そうさせてもらいます・・・・・・
それでは」
グワチャ
ハルヒ「行ったわね・・・」
ミクル「病院って、どこの・・・」
長門「精神病棟・・・」
キョン「・・・・・・・・・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:00:06.23 ID:fBu1iniKO

〜病棟〜
古泉「はぁ・・・困ったものです」
古泉「すいませ〜ん」チリンチリン
ナースの人「はいはい
(げっ・・またコイツか)」
古泉「わりいな・・・また来ちまったよ・・・・」
ナースな人「は、はぁ・・・
それでは番号札4番になりますので
ロビーにてお待ち下さい」
古泉「へっ、4か・・・・不吉な番号だぜ・・・」
ナース人(4番じゃなきゃ怒るからよ・・・)
古泉「おやっ?朝倉さん、今日もですか?」
朝倉「あら古泉君、こんにちは
今日も中二病で?」
古泉「えぇ・・・
だがあんたもな・・・・」
朝倉「ふふ、ヤクが切れちゃってね・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:10:18.63 ID:fBu1iniKO

人のナース「3番の人〜3番の人〜」
朝倉「あら、もう呼ばちゃったわ・・・」
朝倉「それじゃあ、お先に失礼
神に逆らいし者よ」
古泉「あぁ、行ってこい。後・・・
戻って来いよ・・・」
朝倉「ふふ、じゃあね!」
古泉(無邪気な女だぜ…全く)
人ナース(あぁ、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い)
古泉「さて、呼ばれるまで暇になっちゃいましたね・・・・」
古泉「自殺マニュアルの本でも読んで時間を潰しましょうか・・・・」
チラッ
古泉「あはは、心配しなくても、自殺はまだ先ですよっ!」
看護士(・・・・・・・・うぜぇ)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:18:16.66 ID:fBu1iniKO

4番の方〜4番の方〜
古泉「おや、もう出番ですか・・・」
スタァアア
古泉「行きますか・・・・」
看護をする仕事の人「こちらの部屋になりますので
先生が来るまでお待ち下さい。それでは」
パタン
古泉(2分で来なかったら俺は死ぬ)
〜2分後〜
古泉(さっきのはジャブ・・・後5時間で来なかったら死ぬ)
ガラララ
ドクター「いや〜遅くなってすまないね〜古泉君」
古泉「やっと来たか、藪医者・・・」
ドクター(・・・・・・・・このガキ)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:25:59.15 ID:fBu1iniKO

ドクター「それで古泉君、今日はどうかしたのかね?」
古泉「ヤクがなくなった・・・
ヤクをくれ!!ヤクを!!!」
ドクター「あ、あぁ薬ね薬・・・今出すから」
ガタン
古泉「薬じゃねえ!!!ヤクだ!!!ヤクをくれ!!!!!」
ドクター「ビクッ!すまないね、ヤクだったねヤク・・・」
ドクター「はい、それじゃあいつもの」
パサッ
古泉「へへ、これだよこれ
じゃあな!!また来るぜっ」
ドクター(デパス0.0025ミリを何に使うんだよ・・・・)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:33:47.86 ID:fBu1iniKO

古泉「ふぅ・・・診査は疲れるぜ・・・」
新人ナース「お疲れ様です
また、番号が呼ばれるまでロビーでお待ち下さい」
古泉「ハァハァ、わかった。はぁ〜あのドクター、随分無茶な治療しやがる
あんたも何とか言ってやってくれよ」ポン
ナースの仕事を行っている人「は、はぁ・・・・
(この人本当に大丈夫かしら・・・・)」
朝倉「あら古泉君、もう終わったのね!」
古泉「あぁ、今回も上物を仕入れて来たぜ・・・」
古泉「ほら」
パサッ
デパス0.0025ミリ
朝倉「あら、これだけ?」
古泉「なにっ!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:44:01.16 ID:fBu1iniKO

朝倉「私はこんなに処方されたわっ!!!」
デパス0.0025ミリ
レキソタン0.0025ミリ
朝倉「それとっ!!!!!睡眠薬ッ!」
古泉「睡・・眠・・・薬・・・・・だと・・・」
朝倉「これよっ」
パサッ
マイスリー0.0025ミリ
古泉「こんな上物・・・見た事ないぜ・・・・・」ゴクリ
朝倉「ふふ、最近アルファ波のせいでね・・・・
どうも寝れなくてっ!」
古泉「朝倉さん、薬に頼ってばかりじゃ、体に悪いですよ。
どうかお体は大切に。」
朝倉「なっ!!!!!!!」
朝倉(負けたらすぐこれだもん・・・・・)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 21:55:11.41 ID:fBu1iniKO

ナーース「4番3番の方〜
受付にてお会計お願いしま〜す」
古泉「行きますか・・・・・」
朝倉「えぇ・・・・・・」
ナーーース「お会計2000円になります。」
朝倉「はい、」シュッ
古泉(二千円札!?・・・
へへ、ハードル上げるじゃねえか・・・)
ナーーーース「あの、古泉さん、お会計を(ry」
スッ
古泉「一万円だ・・釣り銭はとっときな・・・・」
朝倉(最後の最後で負けた・・・・
この私が・・・)
古泉「さっ、行きましょう!朝倉さん、ニコッ」
なあす(またこのパターンね・・・・)
なああす「ドクターまた古泉君がお金置いていっちゃいました〜
親御さんに電話とお金の方お願いしま〜す・・・・・」
ドクター(あのガキ、早く死なねえかな・・・・・)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:05:15.65 ID:fBu1iniKO

古泉「これからどこか行きますかか?
どうせ学校じゃあ僕らは力を使え(ry」
朝倉「シー!そこから先は言っちゃダメよ・・・・
誰かに聞かれでもしたら、私達はFBIを敵に回してしまうわ・・・・」
古泉(あれっ?そんな設定あったっけ?)
古泉「そ、そうでした・・・危ない危ない・・・・・」
朝倉「気をつけてよね古泉君っ!」
古泉「あぁ、わかったよ委員長・・・」
朝倉「古泉君・・・委員長って言いたいだけでしょ?・・・
まぁ実際委員長だけどさ・・・」
朝倉「交互交互の名前チェンジが気持ち悪いのよ・・・」
古泉「すいませんで〜した!
僕、宿題あるんでやっぱ今日は帰りますね。では」
タッタッタ
朝倉(ほらこれだ・・・・・)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:11:36.23 ID:fBu1iniKO

〜翌日〜
古泉「ふぅ・・・今日もいい天気だ(ry」
ハルヒ「おっはよー!古泉君!!!」
古泉「お、おおおはようごさいます。
今日もいい天気ですね・・・」
ハルヒ「どもっちゃって・・・どうかしたの?」
古泉「いえ、何も。ニコッ」
ハルヒ「ふ〜ん、それじゃあね古泉君!!!
私急いでるから!また放課後!!!」
タッタッ
古泉(ぜを言わせろよぜを・・・・
歯切れわるいですよ・・・・・)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:19:41.40 ID:fBu1iniKO

朝倉「あっ!おはよう古泉君!」
古泉(ラッキーtake2)
古泉「おはようございます。
今日もいい天気だぜ・・・・・」
朝倉「今日昼から雨降るって言ってたわよ」
古泉「うるせえ!!!いい天気じゃねえか!!!!!」
朝倉「ヒッ!」
朝倉「そ、そうね、いい天気よね・・・・」
古泉「あぁ・・・・・・・・・フッ」
朝倉「今は・・・」
古泉「いいだろ今で!!!!!俺は今を生きてるんだよぉっ!!!」
ダッ
朝倉「古泉君・・・・・行っちゃった・・・」
朝倉「フッ、今日は子供のような天気ね・・・ウフフ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:27:56.42 ID:fBu1iniKO

〜放課後部室〜
コンコン
古泉「失礼します。」
パリーン
古泉「おや、今日は僕が一番乗りみたいですね・・・」
古泉「退屈です・・・・・
あっ、そうだ!!!昨日の覇王昇降拳の練習の続きをしましょう!!!」
古泉「覇王!昇降(ry」
長門「・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・」
長門「・・・・・・・」パタン
古泉「・・・・・・・」
長門「・・・・・本を読むから静かにしていて・・・」
古泉「はい・・・・・・」
長門「・・・・・・・・」
古泉「・・・・・・・・」
パティ「・・・・・・・」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:34:56.74 ID:fBu1iniKO

バァ嗚呼タン
ハルヒ「みんなっ!!!もういる!」
長門「・・・・・・・・・」
古泉「まだ・・僕らだけです・・・・」
ハルヒ「なんか、暗いわね・・・
なんかあった?」
古泉「い、いえ何も!ゲームをする相手がいないので
ひとりであやとりやってました」
長門「・・・・・・・・・」
ハルヒ「そう、じゃあ古泉君!!!
久しぶりに私とオセロをやるわよっ!!!!」
古泉「はい!!!僕黒で!!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:45:41.62 ID:fBu1iniKO

古泉「むむ、涼宮さんなかなか手ごわい・・・・・」
ハルヒ「ふっふ〜ん!」
古泉(このアマッ!!!俺がもう一人の人格を出せばお前なんて・・・・・)
グワチィャァン
キョン「おーす、って!ハルヒ、今日はやけに早いな!?」
ハルヒ「あんたが遅いのよっ!!!全く!」
ミクル「すいませぇん、私も今日は遅れちゃいました・・・」
ハルヒ「ミクルちゃんはいいのよっ!
さっ!お茶を入れて頂戴!!!」
ミクル「はぁ〜い」
古泉「僕はコーヒー。ブラックで・・・」
ミクル「・・・・・・・」
キョン「おい古泉、みんなお茶でいい(ry」
ハルヒ「キョン!!!」
ヒソヒソ
ハルヒ「古泉君は今中二病なの!仕方ないでしょ・・・・・」
キョン「あぁ・・・そうだったな、忘れてた・・・・・」
古泉「あっ、マイカップあるんでこれで」
スサッ
ミクル(めんどくさい人ですぅ・・・・)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 22:58:43.09 ID:fBu1iniKO

ハルヒ「あら、雨降ってきたわね・・・」
キョン「天気予報通りだな」
ハルヒ「ということで!今日は雨が強くなる前に解散ッ!!!!」
ハルヒ「キョン帰るわよ」
グワシイィン
キョン「ちょっ!引っ張るな!!!また俺を傘がわりに(ry」
バタンッ!!!
ミクル「私達も帰りましょうかぁ」
古泉「僕はマイカップを洗ってから帰るので
長門さん達はお先にどうぞ、ニコッ」
ミクル「そうですかぁ、じゃあ鍵置いときますねぇ
長門さんも帰りましょぉ」
バ、バタンッ!!!
古泉「ふぅ・・・俺も早く帰って
ニーチェの本でも読むか・・・・」
古泉「それにしてもさっきのコーヒー
ニガーイ(涙)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:02:07.57 ID:fBu1iniKO

ザーザーザーザーザーザー
ザーザーザーザーザーザーワーザーザーザーザーザー
ザーザーザーザーザーザーワーザーザーワーザーザーザーザーザーザーザーザー
ザーザーザーザーザーザーザーザーザーザーザーワーザーザーザーザーザーザー
古泉「結構強くなってきましたね・・・・・」
古泉「僕も早く帰らねばッ・・・・」
チラッ
古泉「ん?あれは!?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:12:00.71 ID:fBu1iniKO

女生徒〇「雨、強くなってきちゃったね〜」
女生徒2「うん、帰るの大変そう・・・」
女生徒B「ちゃっちゃと帰っちぁいましょうよ」
古泉「これは・・・・・チャンス!!!」
古泉(へへ、奴ら傘を持ってねぇ・・・・)
古泉(といったら・・・・)「やることはひとつっ!!!!!」
古泉「君達!!!僕の傘かしてあげますよっ!ニコッ」
女生徒〇「えっ?」
古泉「大丈夫です!!!僕、家近いですから!ホラ」ニコニコ
スッ
女生徒2「いや私達折りたたみ傘持ってるんで・・・・」
女生徒B「だ、大丈夫ですよ私電車通学なんで・・・」
古泉「・・・・・・・・・・・・」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:22:52.03 ID:fBu1iniKO

古泉「・・・・・・・・・・・・・・・」
バキッ
女生徒〇「ああ!!!私の傘が!!
何すんのよっ!」

古泉「いやあ、すいません。手が滑って
膝で折りたためなくしてやりましたよ、ハハハ」
女生徒2「してやったじゃないわよ!
酷いじゃない!!!」
古泉「いやだから手が滑って膝で・・・・・ね?」
古泉「変わりにホラ、これを使っていいよ!
僕は雨に打たれながら帰るけど・・・君達は僕の傘に包まれて(ry」
バキッ
女生徒B「いらねーよ・・・・・
2人共、寄り添ってれば傘2つでも大丈夫でしょ?
早く帰ろ」
タッタッタッ
女生徒〇「何あいつ〜」
女生徒2「最低ー・・・」
女生徒B「あぁ、やっぱ少し濡れるわね
ったく!」
ザーザーザーザーザーザー
古泉「・・・・・・・・・・ファック」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:33:17.07 ID:fBu1iniKO

トン
朝倉「見てたわよ・・・全部・・・・・」
古泉「あ、朝倉さん・・・・・」
朝倉「姿惨めね」
古泉「ッ!!!!!!!!!」
朝倉「傘・・・ないんでしょ・・・・・」
朝倉「私ので良かったら
一緒に帰る?」
古泉「あさ、ヒグゥくらさんグス」
朝倉「帰りましょうか・・・
ほら濡れちゃうわよ」
古泉「雨が・・降ってきたな・・・」グスン
朝倉(全然カッコ良くない・・・)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:46:54.19 ID:fBu1iniKO

〜朝倉家〜
古泉「すいません
雨が弱まるまで休ませてもらって・・・」
朝倉「いいのよ別に・・・」
朝倉「中二仲間でしょ?ニコッ」
古泉「いつかお前のその優しさが
お前を殺すぜ・・・・・・」
朝倉「出てく?」
古泉「い、今のは腹話術・・・」
朝倉「早くやめばいいわね・・・・」
pullpullpullpullpullpull
古泉「ん、誰だろう?」
ガチィャ
古泉「はい、古泉ですが?」
機関「神人が現れた!至急準備を!」
ツーツーツー
古泉「神・・・・・人・・・・・・・・・が・・出た・・・・・・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/23(木) 23:55:13.08 ID:fBu1iniKO

朝倉「えっ!?神人が出たの!?
なら古泉君早く行かなきゃ!!!」
古泉「神人怖いです・・・・・」
朝倉「はっ?・・・・・・・」
古泉「あんな奴・・俺じゃ倒せねえよ・・・」
朝倉「なっ?あなた今まで神人退治して来たんでしょ?
なにを今さら怖がってるの?」
古泉「僕、実は・・・
いつも戦ってるフリしてただけなんです・・・」
朝倉「ッ!!!!!!!!」
古泉「あいつ、結構動き早いんで
逃げながら戦うの大変なんですよ・・・・・・・
怖いんですよっ!!!!」
朝倉「あなたサイテーです」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 00:00:34.02 ID:1+PRKbfoO

古泉(あっ!今のセリフ・・・あれだよな?・・)
古泉「わかりました、今から行きます・・・ですが
朝倉さんも来て下さい」
朝倉「えっ!?私も?でも機関が・・・・」
古泉「大丈夫!!!あんたは俺が守る!!!!!!」
朝倉(いや、私を連れてかなければ
なんの被害も受けないのよ・・・・・)
古泉「ナイスな展開だぜっ!!!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 00:11:04.88 ID:1+PRKbfoO

〜神人出現地〜
森「それでは、私はここで」
ブゥウウウウウウン
朝倉「ここが神人の閉鎖空間・・・」
古泉「俺は朝倉さんを・・・」
●「守るんだぁぁぁぁぁああああああああああああああ」
ドシュッ
朝倉「何あれ?スパーボール?
やる気あるの、彼?」
シュパ シュパシュパ シュ シュシュ!!!!
朝倉「す・・凄い・・・」
朝倉「神人の動きを完全に上回り・・・」
朝倉「全て避け・・」
朝倉「逃げ切るッ!!!!!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 00:27:00.95 ID:1+PRKbfoO

〜3時間後〜
古泉(ふぅ〜、今回もバレずに逃げ切れたぜ・・・・)
朝倉「古泉君・・・・・・」
古泉「朝倉さん・・・
見ていてくれましたか?僕の勇士を!!!」
朝倉「ただ逃げてただけじゃない・・・」
古泉「えっ!?ちゃんと戦ってましたよ?
あ、わかった朝倉さん目悪いですね。目が悪いと僕の動きが早すぎて神人との勝負全然見れませもんね
でも3時間も見てれば見れるでしょ?僕の攻撃一発くらい。そっぽでも向いてたんじゃないですか?
朝倉さん注意力無いんじゃないんですか?どうなんですか?そういうの本当困るんでマジ勘弁して下さいせっかく戦って来たのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
朝倉「ご、ごめんね古泉君・・・
本当は見てた見てた!
いや〜凄かったわ古泉君!!・・・」
古泉「わかればいいんですよ
帰りましょう」
タッ

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 00:52:10.26 ID:1+PRKbfoO

朝倉(めんどくさい・・・)
〜朝倉家〜
古泉「はぁ〜、疲れました・・・
フォームセシルになるとスッゴい体にくるんですよ〜・・・」
朝倉「へ、へ〜それは大変だったわね・・・」
古泉「ニヤッ」
古泉「朝倉さん・・・・・・
これが俺の『力』だ!!!!!」
朝倉「凄いけど・・・私の方が強いわよね?」
古泉「あん!?」
古泉「俺には第二の人格があっておま(ry」
朝倉「ああ、私の方が弱いわ弱い弱い・・・・・」
古泉「ハハハ、流石のイヴ(朝倉さん)でも
僕には勝てませんよw」
朝倉「・・・・・・今度の神人退治も私を連れてってね・・・」
古泉「もちろんです!!!!」
朝倉(古泉君の前で神人ギッタギタにしたるわ・・・・・)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 01:04:37.15 ID:1+PRKbfoO

古泉「それでは僕はもう帰りますね
では、また明日と言う名の虹色世界で、ニコッ」
朝倉「ええ、あなたの頭の虹色世界で・・・・・」
バタン
朝倉「疲れた。何にもしてないのに疲れた・・・・・」
〜古泉家〜
古泉「ふぅ、今日は気分がいいです・・・」
古泉「睡眠薬(風邪薬)でも飲んで早く寝ますか・・・」
〜朝倉家〜
朝倉「う、や、奴がくる!お、抑えるのよ私!!!」
朝倉「うっ!強いこのままじゃ・・・私の・・体が奪われてしまうわ・・・・」
朝倉「―プチン―」
朝倉「抑えきれなかった・・・睡魔zzzzZZZ」

続く

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 03:14:24.12 ID:1+PRKbfoO

ピンポオオオオン、ピンポーン、ピンポーン
ピンポーン、ピンポーンピンポーン、ピンポーン、ピンポーン
朝倉「誰よ・・こんな夜中に・・・」
古泉「こんばんわ!ニコッ」
朝倉「・・・・・・・・・・・・・・」
朝倉「何か用?もうこんな時間よ?」
古泉「睡眠薬下さい!!!」
朝倉「えっ!?」
古泉「やっぱ上物じゃないと寝れないんですっ!!!」
朝倉「・・・・・わかったわ。睡眠薬あげたらすぐ帰ってね
私ももう眠いから・・・・・」
古泉「恩に着りますっ!」
ガサゴソ
朝倉「はい、どうぞ」
古泉「コイツはかなりの上物だ・・・・・」ゴクリ
パクッ
朝倉「ああ!!!!ここで飲んだら(ry」
古泉「流石上物・・・・・かなり効くぜ・・zzzZZZZ」
朝倉「寝ちゃった・・・・」
パサ
―マイスリー0.0025ミリ(一錠)―

続く

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 06:30:24.24 ID:1+PRKbfoO

〜翌朝土曜日〜
古泉「んぅ・・・春原・・それ芽衣ちゃんやない・・・
トトロや・・・ZZZzzzz」
朝倉(なんの夢を見ているのかしら・・・)
朝倉「古泉君起きて!もうあ(ry」
古泉「春原ぁぁぁぁぁああああああああああああああ!!!」
朝倉「ビ、ビクッ!!!」
古泉「あ、朝倉さん・・・」
古泉「はっ!!!そ、それよりも春原の死体を早く処分しないと!!!!
朝倉さん・・・・あなたもゲスな殺しをしますね・・・フヒッ」
朝倉「寝ぼけてないで、もう朝よ・・・」
古泉「夢!?芽衣ちゃん・・・・・」
古泉「朝倉さん!」
朝倉「何?」
古泉「お兄ちゃんって、呼んで下さい・・・」
朝倉「・・・・・・・・・・」
朝倉「病院行くわよ・・・・・・」
古泉「はい・・・・・・・・」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 06:40:16.69 ID:1+PRKbfoO

古泉「あぁ、いい夢でした・・・」
朝倉「それはよかったわね・・・」
ワー!ワー!ワー!ワー!キャー!ワー!キャー!ワー
古泉「なんですかね、この騒々しさは?」
朝倉「あれ見て!古泉君!!!」
チラリ
古泉「バスケット大会・・・?」
朝倉「どうやら、見ての通り市民体育館でバスケの(ry!!!!!!」
朝倉「古泉君っ!今すぐユニフォームに着替えて!!!」
古泉「はい?」
朝倉「いいから早く!!!!!
わからないの!?」
古泉「あっ!おぅ〜け〜・・・・・」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 06:54:00.49 ID:1+PRKbfoO

ダム ダム ダムダム!!! キュッキュッ!
朝倉「おい…あの4番・・なかなかやるな・・・」
古泉「フッ、そうだな・・・・」
朝倉「おいおい、お前があいつのポジだぞ
そんなんでどうする?」
朝倉「止められそうか?」
古泉「さぁな・・・・・」
朝倉「はっ、キャプテンのお前がそんなんじゃ困るぜ・・・」
古泉「ん、まぁ安心しろ、じっくりチェックして止め(ry」
主催者「あの、すいませんが扉に寄りかかるのは
他の方々の迷惑になりますので、他の場所で観戦していただけま・・・・・」
主催者「あなた方・・・どこの出場校ですか・・・?」
朝・古「えっ!・・・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 07:05:28.47 ID:1+PRKbfoO

古泉「どうもさ〜せんでした〜」プイ
朝倉「どうもさ〜せんでした〜」プイ
主催者「・・・・・君達、一応学校には連絡入れとくからね・・・」
古泉「っ!が、学校だけは勘弁して下さい
お願いします靴でもなんでも舐めますから!!!!!」
朝倉「私からもお願いします!この子、本当は
そんなに悪い子じゃないんです!」
古泉「・・・・・・・・・・」
主催者「そうは言ってもね〜」
ペロリ
主催者「ッ!」
古泉「君が!!!学校に!!連絡しなくなるまで!!!靴を舐めるのを止めない!!!!!」
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
主催者「ヒィッ!?」
朝倉「古泉君に何をやらすだー許さん!!!」
主催者「いや!これは勝手に彼が」
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
主催者「うわああああああああああ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 07:14:34.78 ID:1+PRKbfoO

トボトボ
朝倉「解放されて良かったわね!」
古泉「うげええええええ、ぺっ」
古泉「そうですね・・・・・」
朝倉「あの時の古泉君・・・カッコ良かったよw」
古泉(ちくしょ(ry)
おげええええええええ、ぺっ
朝倉「まぁ、いい思い出になったし
良かったんじゃない?ニコッ」
古泉「ええそうで(ryうげええええええ、ぺっ」
朝倉「古泉君、臭いからちょっと離れて歩いてね」
古泉(この糞ア(ry)
おうげええええええええ、ぺっ
朝倉(酷い臭いね・・・・・・・)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 07:33:59.00 ID:1+PRKbfoO

〜精神病棟〜
朝倉「着いたわね・・・・・」
古泉「せうでふねぇ〜・・・・・」ハァハァ
朝倉(完璧にあっち側のお客さんになってるわ・・・・・)
朝倉「こ、古泉君・・・大丈夫?・・・・・」
古泉「大丈夫れすぅ!ヤクさえ貰えヴァ!!!」
朝倉「きっと吐き過ぎておかしくなっちゃったのよ!・・・」
朝倉「何か食べてきた方がいいわ・・・
お金渡すからどこかで食べてきなよ・・・・・」
古泉「ならマックドいてきまぁ〜す」
タッタッタ
朝倉「戻ってくるまで、ロビーで待ってるからねー」
朝倉(イッちゃったわ)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 08:34:47.75 ID:1+PRKbfoO

〜マック〜
美浜ちよ「いらっしゃいませ〜」
古泉「うへ・・・・・・
スマイルピクル抜きで」
ちよちゃん「えっ?スマイルピクル抜きですか!?
う〜ん・・・すいませ〜ん大阪さ〜ん」
大阪「どうしたちよちゃん!」
ちよ「あのお客さんなんですけど・・・」
チラッ
ちよ「スマイルピクル抜きをオーダーしてきたんです!
どうすればいいんですか?」
大阪「スマイルピクル抜きか〜」
大阪「ちよちゃんには、ちとハードル高いわ」
ちよ「えぇ〜!!!じ、じゃあ、どうすれば・・・」ウルウル
大阪「大丈夫や、ちよちゃん
うちがなんとかしたる〜!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 08:43:10.29 ID:1+PRKbfoO

大阪「ほな、行ってくるわっ!」
ちよ「幸運を!!!」
大阪「お待たせしました〜
スマイルピクル抜きです!!!」
古泉「何・・これ・・・?」
大阪「スマイルピクル抜きです」
古泉「これが・・・・・」
大阪「ええ、抜きですっ!」
古泉「そうですか・・・・・・」
古泉「すいません、チーズバーガーとベーコンレタスのセット下さい・・・」
大阪「おおきに〜」トボトボ
ちよ「どうでした?大阪さん!?」
大阪「大成功や〜」
ちよ「ところで結局、スマイルピクル抜きってなんだったんですか?」
大阪「これや〜!!」
ちよ(大阪さんは、やっぱ凄いです・・・)

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 08:53:21.61 ID:1+PRKbfoO

〜精神病棟〜
朝倉「あっ、帰ってきたわ・・・・・」テクテク
古泉「いやすみません、お待たせしました。ニコッ」
朝倉(イカレー君が普通に戻ってるわ・・・)
朝倉「も、もう調子はいいの?古泉君?」
古泉「僕はいつでも絶好調ですよっ!」
朝倉「そう・・・・・」
朝倉「ところで、何を食べてきたの?」
古泉「・・・・・スマイルピクル抜き・・・」
朝倉(彼まだイカレー?)

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 09:03:00.14 ID:1+PRKbfoO

朝倉「まぁいいわ・・・早く番号札を貰いましょ!」
古泉「はいっ!」
ナースを重んじる人「いらっしゃいませ、はい、こちら番号札になります
ロビーにてお待ち下さい。」
古泉「へっ、また4か・・・・不吉な番号だぜ・・・」
ナース新人(4番じゃなきゃ怒るでしょ、あんた・・・)
朝倉「フフ、今日も3ね・・・あさんくらの3!!!」
看護人「朝倉さん・・・3番じゃなきゃ暴れるからね・・・」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 09:20:34.52 ID:1+PRKbfoO

看護免許所有者「3番の人〜3番の人〜」
朝倉「あら早い、それじゃあ、お先するわね・・・・・
シャンバラを行く者よ・・・」
古泉「ああ…待ってる・・全力で・・・待ってるッ!!!」
ナース歴4年の人「ぁぁぁぁあああああ!痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い」
看護学校新卒「こちらの部屋になりますので
先生が来るまで今しばらくお待ち下さい」
朝倉(あと2分以内で来たら、私一生幸せ)
〜2分後〜
ガララ
ドクター「いや〜遅くなってしまいすまないね〜」
朝倉「遅えよ藪医者・・・・・」
ドクター(このアマ・・・)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 09:30:08.45 ID:1+PRKbfoO

ドクター「で、どうしたんだい?今日は?」
朝倉「実は・・・・・」
朝倉「この腕・・・・・」
ドクター「リストバンド!?朝倉君
君まさかリストカットを・・・」
朝倉「ミッ●キーのリストバンドです」スポッ
朝倉「最近蒸れるんですよ、痒み止め・・・貰えます?」
ドクター「・・・・・あぁ」
朝倉「後いつものヤクねっ、ニコッ」
ドクター「はい・・お大事に・・・」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 09:37:18.90 ID:1+PRKbfoO

未婚のナース「4番の人〜4番の人〜」
ヌヌヌヌヌヌヌヌヌッ!!!
バンッ!!!
古泉「とうとう僕の番ですか・・・・フヒッ」
ポケモンの卵産む奴「それではこちらの部屋になりますので
今しばらくお待ち下さい。」
古泉「あぁ・・・」

続く

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 17:06:54.27 ID:1+PRKbfoO

ドクター「それで、今日はどうしたんだい、古泉君・・・?」
古泉「夢を見たんです・・・夢を・・・フッ」
ドクター「夢って、どんな夢だったんだい?
良かったら話てくれないかな?」
古泉「芽衣ちゃんが僕の妹になって・・・・
お兄ちゃんって呼んでくれたんです・・・・・・」
ドクター「ッ!!!!!!!!!」
ドクター「・・・・・・・・・・・」
ドクター「それは・・・辛かったね・・」
古泉「はい・・・・・」
ドクター(古泉君・・・しょうがない・・)
ドクター「今回はこれを処方するよ」
スッ
古泉「おい藪医者いつものヤクと違うじゃねえかっ!」
ドクター「今回はこれなんだよ」
古泉「チッ、在庫切れか?シケてやがる!!!
あばよっ!」
――古泉、リタリンを処方される――

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 17:20:34.64 ID:1+PRKbfoO

朝倉「あっ!お帰り。今日は診察長かったわねっ」
古泉「ああ、今回は上手くいかなかった・・・
おかげでこんな底辺ヤク貰っちまったよ・・・・」
ポイッ―リタリン―
朝倉「何このダサいヤクw古泉君、今回大ハズレねwww」
古泉「全くだ、こんなヤクじゃあ、俺の第二の人格
インフォルノが直ぐに出てきて取り返しのつかない事になっちまう・・・・・」
古泉「その時は頼むぜ・・・・朝倉・・・」
朝倉「ウフフ、その時の為のエターナルフォースブリザードよ・・・・」
古泉「そうか・・・助かる・・・・」
ヌァース(本当にだめかもわからんね・・・)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 17:33:13.74 ID:1+PRKbfoO

ナースのお姉さん「3番と4番の方〜
受付にてお会計の方お願いしま〜す」
朝倉「行くわよ・・・」
古泉「ああ・・・・・」
看護婦「お会計2000円になります」
サッ
古泉「一万円だ・・釣りはいらねえ・・・とっときな」
看護婦の人「またこのパターンか・・・・・」
朝倉(やるわね古泉君・・・流石だわ・・・・・
でも、今日は負けない!!!!!)
朝倉「ツケで」
看護人「はいっ?」
朝倉「いつも通りに・・・・・ツケで!!!!!」
朝倉「さぁ、行きましょう。古泉、ニコッ」
古泉(・・・・・放心状態)
トコトコ
仕事が看護系「ちょっ、ちょっと!朝倉さん?お会計〜、ドクター・・・」
ドクター(あのアマまたか・・・早く死なねえかな・・)

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 17:49:53.84 ID:1+PRKbfoO

〜朝倉家〜
朝倉「古泉君!!古泉君!!」
古泉「んぁ、パチッ」
古泉「ここは?・・・」
朝倉「私の家よっ」
古泉(そうか・・僕は負けたんですね・・・)
pullpullpullpullpullpull
古泉「うっ・・まさか・・・」
ガチャン
古泉「はい古泉ですが?」
機関「神人が現れた!早く現場に回ってくれ!!!」
トゥー ツー ツー ツー
古泉「神人が・・現れました・・・・」
朝倉「本当にっ!!!」
朝倉(へへへ、これから・・・たまんねえぜ・・・・)
朝倉「早く行きましょっ!
神人退治には私も連れてってくれるんでしょう!?」
古泉「そうでしたね・・ハァ・・・行きますか・・・・・」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 18:00:47.62 ID:1+PRKbfoO

〜神人出現地〜
朝倉「着いた〜!!!」
森「それでは、私はここで」
ブルンッブルンッ ブアアアアアアアン
古泉「ハァ、嫌だなぁ、こんな野蛮な事・・・」
朝倉「ねぇ古泉君?」
古泉「なんですか・・・?」
朝倉「私も戦っていい!?」
古泉「はっ?ハハハ、あんたなんか神人に触れる前に
失禁して死んじゃいますよwww」
朝倉「いいから殺らせろよ・・・・・」ペロリ
古泉「ッ!ま、まぁいいでしょう・・・」
古泉「頑張って下さい・・・・・」
朝倉「ええ・・・」ニヤニヤ

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 18:10:20.48 ID:1+PRKbfoO

ザシュ! ドス! ズザン!ザン!ザン! バキ ポキッ シュシュ! バ〜ン!!!!
〜15秒、神人は死んだスイー(ry〜
朝倉「あ〜スッキリしたわっ!」
朝倉「あっ!古泉君!見ててくれたッ!!!」
古泉「早すぎて見えませんでした・・・(本格的な意味で)」
古泉(惨い倒し方です・・・全身細切れなんて・・・・・)
古泉「うぷっ・・見てて吐き気が・・・」
朝倉「さっ帰りましょう!ニコッ」
古泉「・・・・・・はい」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 18:23:01.24 ID:1+PRKbfoO

〜朝倉家〜
古泉「・・・・・・・・・」
朝倉(少しやりすぎちゃったかしら・・・)
古泉「・・・・・・・・・」
パティ「・・・・・・・・」
朝倉「古泉く(ry」
古泉「僕、もう帰りますね・・・」
グチャン
朝倉「ま、まぁ彼にはいい薬よね!
今日は神人狩りパーティーとして
おでんいっぱい食べちゃお!自分へのご褒美(笑)」
〜公園〜
トボトボ
古泉「・・・・・しょう・・・」
古泉「ちくしょう・・・・・・・」
古泉「ちくしょぉぉぉぉおおおおおおおう!!!!!!!」
引っ越しオバサン「うるさいよッ!引っ越しさせるよッ!!!」
古泉「雨が・・降ってきたな・・・」グスン

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 18:33:48.70 ID:1+PRKbfoO

〜日曜日〜
古泉「ふぁ〜、いけすかねえ天気でぇ〜す」
古泉「今日は確か、午後からSOS団の
不思議探索がありましたね」
古泉「急いで支度をしなくては・・・・・」
〜某駅前〜
古泉「いや〜皆さんお揃いでって
ウフフ、彼がまだ来ていませんね」
ハルヒ「そうなのよ古泉君!
全くいつもいつもっ!!!あいつが来たら
古泉君も何かズバッと言ってやって頂戴!!!!」
古泉「ええ、わかりました、ニコッ」
ミクル(嫌な予感がしますぅ〜)
長門「・・・・・・・・・」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 18:58:42.11 ID:1+PRKbfoO

キョン「あっ!あっちゃ〜・・・
また俺が最後かよ・・・・」
ハルヒ「アホキョン!!!遅いっ!まったくあ(ry」
古泉「涼宮さん・・あとは僕が・・・」
ハルヒ「あっ!そうだったわね・・・」
ハルヒ(本当に言うんだ・・・・・)
古泉「ゴホン・・・・・・・・チラッ」
キョン「なんだ古泉?」
古泉「時間は常に流ている。お前はその流れの中に落ちた
時の愚者だ・・・・・」
古泉「俺から言える事は一つ・・・
精進しろよ・・・俺みたいにな・・・」ポン
キョン「ブチッ・・・」
ハルヒ(はっ!!!)
ハルヒ「キョン!!!ちょっと!!!!!!」
ヒソヒソ
ハルヒ「古泉君は中二病なの!どうか抑えて?!!」
キョン「あ、あぁ・・酷いよな、いろいろと・・・」
ハルヒ「ええ・・・・・」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 19:05:34.03 ID:1+PRKbfoO

〜喫茶店〜
ハルヒ「それじゃ!探索メンバー決めるわよッ!!!」
ハルヒ「はい!みんな割り箸抜いて!!!」
古泉(色付きの箸じゃなかったら俺は死ぬ)
スポッ スポッ スポッ スポッ
ハルヒ「ふふ〜ん!みんな引いたわね!!!」
キョン「おう」
ハルヒ「それじゃ!!!!いっせ〜のっ!」
古泉赤死亡

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 19:15:09.23 ID:1+PRKbfoO

ハルヒ「それじゃあ私達は北側探索してくるから!!!!!
古泉君、ミクルちゃん南側をよろしくねっ!」
古泉「はいっ!!!」
ミクル(・・・・・・・・そんな・・・)
古泉「それじゃあ、行きましょうか!朝比奈さん!!!」
ミクル「ふ、ふぁあい・・・・・」





〜三時間後〜
ハルヒ「古泉君、ミクルちゃん・・珍しく遅いわね・・・」
キョン「そうだな」
キョン(朝比奈さん・・・・・)
ハルヒ「あっ!来たわよ!!!」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 19:50:35.73 ID:1+PRKbfoO

古泉「いや〜すいません、遅くなりました」
ハルヒ「心配したわよっ!ほらミクルちゃん!」
ミクル「・・・・・・・・」
ハルヒ「・・・・・ミクルちゃん?」
ミクル「あっ、いやすまない・・・・
魔眼がまだ慣れてなくてな・・・・」
ハルヒ「ミクルちゃぁぁぁぁぁああああああああん!!!」
キョン「朝比奈さん・・・・・」ウウ
長門「・・・・ユニーク・・・・」
古泉「朝比奈さん、魔眼を使いこなしたいのなら
蒼崎さんの所へ行けばいいと思いますよ・・・・」
ミクル「ならそうさせて貰う。じゃあな」
タタタッ!
古泉「行ってしまいましたね・・・・」
ハルヒ「ええ・・イッちゃったわね・・・」
キョン(朝比奈さん・・イッてしまったんですね・・・)
長門「・・・・・・・・・」
パティ「・・・・・・・・」
ハルヒ「みんな・・今日はもう解散・・・・」
ハルヒ「キョン!有希、行くわよ・・・」
古泉(僕も帰り混ぜて下さいよ〜)

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 20:43:33.14 ID:1+PRKbfoO

〜帰り道〜
古泉「ハァ・・・朝倉さんといい
SOS団といい、藪医者といい・・・・・」
古泉「どうして世界は僕を中心に回らないのか・・・」
古泉「しょうがないから藪医者から貰った、下物のヤクでも飲むか・・・・・」
古泉「いつもは一錠ですが、今日は三錠も飲んじゃいますよっ!ニコッ」
ごくり
――古泉一樹、リタリン三錠服用――

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 20:51:16.20 ID:1+PRKbfoO

古泉「芽衣ちゃあああああああああああん!!!!!」
タッタッタッタ
〜キョン家〜
ピピピピピンポーン!!!!!ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン
ピピピピピンポーン!!!!!!!!
キョン「なんだッ!小学生のイタズラか
まったく・・・」
キョン妹「キョン君、なんか怖いよぉ」
キョン「安心しろ。今追っ払って来てやる」
古泉「妹っ×萌!!!×芽衣=破壊力ぅぅぅうううううう!!!!!」
ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピンポーン!!!!!!!

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 21:03:02.54 ID:1+PRKbfoO

キョン「誰だっ!・・・
って、お前か古泉・・・・」
キョン「何のようだ?」
古泉「妹さんを下さいッ!!!」
キョン「はっ?」
古泉「邪魔するぜぇ・・・・」
キョン「おい!!!ちょっとまてっ!」
古泉「我が波動を邪魔するか・・・」
くわっ!!!
キョン「なッ!!!!」
古泉「お前を閉鎖空間に閉じ込めた・・・・・」
古泉「そこでだまって見ていろッ!!!!!」
キョン(なんなんだよコイツ・・・
それに玄関前じゃ家の中見えねえよ・・・・・)
キョン「古泉ッわけがわからない!!!
後家は荒らすなよっ!」
古泉「安心しろ・・・俺は我が波動を行くのみ・・・」
コツコツ
キョン「いっちまった・・・・・」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 21:10:49.39 ID:1+PRKbfoO

〜キョン家中〜
古泉「いやっほぉぉぉおおおおお!!!!!」
パンッ パンッ
古泉「はっはっは!クラッカーパネェぜ!!!!!」
パンッ
古泉「おっとそんな近くじゃ当たらないぜ・・・・・」
古泉「レッツゴおおおおおおお!!!!レディステェディゴーいやっほぉぉぉおおお!!!!!」
古泉「心は〜」は〜しる〜
古泉「あ〜の〜」あ〜の〜
古泉「部屋の中ッ!!!!!!!!」
ガチャああああああああ!!!!!

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 21:17:34.18 ID:1+PRKbfoO

キョン妹「ヒィッ!!!!」
キョン妹「こ、古泉君!?」
古泉「釈迦はいい人だったから?」
キョン妹「え?」
古泉「ドロロの!!!の〜うず〜い〜!!!!!」しゃららしゃらら 釈迦釈迦
古泉「ドロロのの〜うず〜いぃぃぃいいいいい!!!
ワン!ナウツ!ナウ!!!!」
キョン妹「・・・・・・・・」
古泉「センキュー・・・・」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 21:26:07.40 ID:1+PRKbfoO

古泉「キョン妹ちゃん・・・
彼に急にお守りを任されてしまいまして・・・・」
古泉「しばらくお邪魔しますよ」
キョン妹「えっ!でも古泉君・・・キョン君は
ピンポーン鳴らすひとを退治しに行っただ(ry」
古泉「彼、そのピンポンダッシュマンを追いかけて
行っちゃいまして
その代わり僕があなたのお兄さんです」
キョン妹「えっ、古泉く(ry」
古泉「お兄ちゃんと呼びなさいっ!!!」
キョン妹「ヒィッ!!!!!!!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 21:33:53.21 ID:1+PRKbfoO

キョン妹「お、お兄ちゃん」
古泉「・・・・・・・・・・・」ジュワァア
キョン妹「あっ!お兄ちゃんオシッコ漏らした」
古泉「・・・・・・・・・・・」ジュジュワァア
キョン妹「あっ!また・・・」
古泉(お兄ちゃんって言われる度、放尿しちゃう///)
キョン妹「待っててお兄ちゃん
今タオルとキョン君のパンツ持ってきてあげるから!!!!」
ダッ!
古泉「・・・・三回目☆」ジュワァア

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 22:02:56.38 ID:1+PRKbfoO

キョン妹「お兄ちゃんタオルとパンツ持って来たよぉ〜」
古泉「ありがとうキョン妹ちゃん」ジュワァア
キョン妹「あっ、お兄ちゃんまたお漏らし〜!!!」
古泉「ハハ、面目ないです」ジュワァア
キョン妹「もうっ!今オムツ持ってくるから
お兄ちゃんはそこにいてねっ!」
古泉「了解しました」ジュワァア

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 22:15:49.73 ID:1+PRKbfoO

キョン妹「お兄ちゃ〜ん!オムツ持ってきたよ〜」
古泉「ありがとうございます、ニコッ」ジュワァア
古泉「それでは着替えるので
後ろ向いてて下さいね。
あっ、覗かないで下さいよ〜」
キョン妹「お兄ちゃんのバカ!覗くわけないじゃん///」
古泉「ハハ、冗談だよ」ジュワァア
〜何だかんだで2時間後〜
古泉「それではそろそろおいとましますか・・・・・」
キョン妹「えぇ!お兄ちゃんもう帰っちゃうのぉ?」
古泉「ええ、流石に204回もお漏らししたら
彼の部屋が水没してしまいますからね」ジュワァア
キョン妹「わかった・・・じゃあねお兄ちゃん」
古泉「はい、お邪魔しました」ジュワァア
バタンッ

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 22:27:37.75 ID:1+PRKbfoO

バタンッ
キョン「あっ!おい古泉!!!
早く解放してくれ!」
古泉「わかってますよ、今解放します」
ふわっ
キョン「ふぅ・・・息苦しかったぜ・・・」
古泉「僕の波動はもう終わったので
それでは、失礼させてもらいます、ニコッ」
トコトコ
キョン「あいつ・・・何だったんだよ・・」
キョン「まぁ中二病だから許すか・・・・ただい(ry」
キョン「臭ッ!!!!」
キョン「なんだ!?この臭い!!!」
キョン妹「キョン君お帰り〜」
キョン「おい妹よ・・・この臭いは何だ?・・」
キョン妹「キョン君の部屋からだよ」
キョン「何っ!!!!!」
タッタッタッタ
キョン「こ、これは・・・
俺の部屋が、小便で瞬獄殺されてやがる・・・・・・」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 22:45:56.38 ID:1+PRKbfoO

〜古泉家〜
古泉「はぁ・・・今日はいろいろと大変でした・・・・」
古泉「もうグッスリ眠れそうで」
パタ
古泉「ん?何か落ちましたね
何でしょう」
―小学校卒業文集―
古泉「あっ!卒業文集ですか〜
懐かしいですね・・・」
古泉「ちょっと見てみましょうっ!」



パタン
古泉「僕・・・何やってんですか・・・・・」
――古泉一樹、中二病完治――

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 22:56:22.89 ID:1+PRKbfoO

古泉「中二病・・なんと恐ろしい病気でしょうか・・・」
古泉「自分を客観視できなくなり
どんどん痛くなっていく・・・」
古泉「はっ!朝倉さんっ!!!」
古泉「彼女はまだ無事なのでしょうか?!」
古泉「早く助けに行かねばっ!」
ダッ
〜朝倉家〜
ピンポーン トントン
古泉「朝倉さ〜ん居ますか!!!」
グワチャ
朝倉「あら、古泉君・・こんな星降る夜・・・・どうかしたの?」
古泉(これが中二・・痛てぇ・・・)

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:08:37.17 ID:1+PRKbfoO

朝倉「ちょうどおでんを作ってたのよっ!」
朝倉「良かったら食べてく?」
古泉「え、ええ・・・
ご馳走になります・・・・・」
古泉「お邪魔します。」
(彼女の卒アルを見せれば
きっと朝倉さんも完治するはずです・・・・)
朝倉「どうぞおかけになって」
古泉(かける場所ないだろ、座っててでいいんだよ・・・)
古泉(それよりも、彼女の卒アルの話を切り出さなければっ!)
古泉「あー、何か朝倉さんの卒アル見たい気分です
朝倉さん!卒アル見せて下さいよぉ!ニコッ」
朝倉「無いわよ」
古泉「へ?」
朝倉「私は総合統合思念体によって生み出されてからまだ3年よ・・・・・
卒アルはあと2年はかかるわね・・・」
古泉「すいません、そうでしたね・・・」
古泉(忘れていたっ・・・・・・)

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:15:51.11 ID:1+PRKbfoO

古泉(どうすれば・・・どうすればいいんですか・・・)
朝倉「おでんできたわよ〜
古泉君もお皿出すの手伝ってっ!」
古泉「はいはい・・・・」
古泉「ッ・・・・・」
古泉(これはスタバで買ったマイカップ・・・・
これだから中二は・・・
使うわけないでしょこんなの・・・・・)
朝倉「古泉く〜ん!」
古泉「あっ、すいません今出してる所です!」
古泉(いったいどうすれば)

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:27:41.88 ID:1+PRKbfoO

朝倉「あ〜美味しかったわっ!」
古泉「同感です・・・」
古泉(食ってる最中に中二な話は心にキマすね・・・)
朝倉「古泉君・・何か今日暗いわよ・・・・
どうかしたの私で良ければ相談に・・・」
pullpullpullpullpullpullpull
古泉「すいません電話です」
ガチャ
古泉「はい古泉ですが?」
機関「古泉君!神人が久々に現れた!至急現場へ行ってくれ!」
ツー ツー ツー ツー
古泉「神人が現れた・・・・・」
朝倉「えっ!?また出たの神人!!!!やったわっ!!!」
古泉(最近神人は、謎の人物に次々と倒されていると
報告が入っている・・・・今回接触なるか?謎の人物に・・・)
朝倉「さぁ!行くわよ古泉君!私が!!!!正義だ!!!!!」
古泉「はい・・・・・・・」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:35:50.91 ID:1+PRKbfoO

森「それでは、私はここで」
ブルルルルルラアアアアア
朝倉「へっ、久しぶりの獲物だぜっ!」
朝倉「この町の平和は私が守るっ!!!」
古泉「さて、僕も行きますか」
シュンッ!
神人「俺死んだ〜」
ドザンッ!
古泉「えっ!もう!?
早すぎですよ朝倉さん!」
朝倉「私、何もしてないわ・・・・」
古泉「何・・・・・???」
朝倉「誰かいるようね・・・・・」
古泉「そのようですね・・・・」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:43:32.82 ID:1+PRKbfoO

朝倉「私の獲物を奪ったのは誰だっ!!!」
古泉「姿を表して下さい!
我々は見方です」
ガサッ
???「なんだ、お前らか・・・」
古泉(後ろッ!!!!!)
古泉「誰だ!?」
朝倉「あ、あなたは・・・・・」
古・朝「朝比奈ミクルッ!!!!!」
ミクル「クック、そんなに驚くなよ・・・
何弱い者イジメする気はないよ・・・・」
ミクル「獲物をしまいな!朝倉涼子・・・」
朝倉「私が・・弱い・・・だ・・と・・・」キッ!

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/24(金) 23:57:58.16 ID:1+PRKbfoO

朝倉「誰が弱いってぇぇぇぇええええええ!!!!」
ダッ
古泉「朝倉さん!?ストップ!!!!!」
ミクル「ほお〜」クスクス
朝倉「何するの古泉君!!!
彼女は私の敵よ!!!」
古泉「彼女には・・・勝てません・・・・・」
朝倉「なんでっ!!!!!!」
古泉「彼女は死の魔眼の持ち主です・・・」
朝倉「死・・の魔眼・・・」
古泉「そうです。あなたも中二なら解るでしょう?(らっきょ的な意味で)」
朝倉「死の魔眼・・・・どんなものでも斬れる・・・死の線を断ち切る者・・・・」
古泉「っ!そうだ!!!!」
朝倉「何?!古泉君!!!!!」
古泉「朝比奈さん!!!!!
朝倉さんを斬って下さい!!!!!」
朝倉「なっ!!!!?」
ミクル「・・・・・わかった」
古泉「ちゃんと狙いを定めて!!!!!」
朝倉「古泉君!!!あなたっ!裏切ったわね!!!!」
ミクル「いくぞ・・・・・」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 00:06:47.95 ID:xdJh3u9EO

朝倉「は、早いっ!」
キンキン キン キンキン キキン
古泉「・・・ゴクリッ」
ミクル「ほら貰ったああああああ!!!!!」
ザンッ
朝倉「危ない危ない・・・・・」
ミクル「逃げ足は早いのな・・・」
古泉「何このブリーチ・・・」
朝倉「うぅ、もう体が・・・」
ドサッ
ミクル「倒れていてくれると、切れやすくていいね・・・・」
朝倉「ここで、死ぬの?」
古泉「・・・・・・・・・・」
ミクル「・・・・・・・・・」スッ
ザクリッ!!!

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 00:27:38.35 ID:xdJh3u9EO

朝倉「・・・・・・・・・・・・」
朝倉「生きてる・・・・・」
ミクル「あんたの中二病を斬った・・・
これで満足か?古泉・・・・・」
古泉「えぇ・・感謝します・・・・・」
朝倉「えっ!?えっ?何?何の事?」
ミクル「随分と荒療治だったな・・・
私はもう帰るぞ」
古泉「ありがとうございましたっ!」
ミクル「じゃあな・・・・・」
チラッ
朝倉「いったいぜんたいどうなって・・・」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 00:37:44.95 ID:xdJh3u9EO

〜朝倉家〜
朝倉「なるほどね・・・・・
私の中二病を治す為に・・・」
古泉「こんな荒療治になってしまって
本当にすいま(ry」
朝倉「古泉君・・ありがとう・・・」
古泉「・・・・・・どう致しまして、ニコッ」
朝倉「えへっ」
朝倉「私達の関係は、中二病の頃と変わらないわねっ!」
古泉「そうですね・・・今も信頼し合える仲です・・」
朝倉「ウフフ、これからも宜しくね!古泉君っ」
古泉「こちらこそ!」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 01:02:16.52 ID:xdJh3u9EO

〜数週間後〜
バンッ
ハルヒ「みんないる!!!!!」
キョン「あぁいるよ」
古泉「はい」
長門「私も」
朝倉「私も居ます」ニコニコ
ハルヒ「朝倉ちゃん!もうSOS団は慣れた?」
朝倉「ええ!おかげさまでっ!」
ハルヒ「それは良かったわ!最近
SOS団には花が無かったからね!!!」
朝倉「そんな///花だなんて・・・」
ハルヒ「これからも宜しくねっ!朝倉ちゃん!!」
古泉「ニコニコ」
キョン「やけに機嫌がいいな古泉?」
古泉「そうですか?」ニコニコ

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 01:06:07.04 ID:xdJh3u9EO

キョン「でも今日も家の掃除だぞ!忘れず来てくれよな」
古泉「あぁ、あの時はすいませんでした・・・・」
ハルヒ「しょうがないわよ!!中二病だったんだからっ!!!」
キョン「ん、まぁ、それもそうだな」
古泉「面目ないです」
ハルヒ「中二といえば、最近凄く不思議な噂を聞いたの・・・・
何でも女の子でスッゴい強くて謎の多いまるで中二病末期者のような人が
この町に佇んでるようなのよ!!!!!」
ハルヒ「今度の不思議探索はその女の子を探すわよ!!!!わかった!?」
SOS団員「了解っ!」







ミクル「魔敵は全員倒さなくちゃなぁ・・・・」クックックッ

終わり

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 01:23:37.65 ID:xdJh3u9EO

なんてゆうか・・・
ミクルごめんな・・・・・

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:28:18.06 ID:xdJh3u9EO

古泉「矢島ぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああ!!!!!!」
パリンッ
ハルヒ「こ、古泉君んんんんんんんんんんん!!!!!」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!」
長門「古泉一樹!!!!!!!!!!!!!!」
朝倉「また中二病なのぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおお!!!!!!」
ミクル「俺は、お前を殺したいっっっっ!!!!!!!!」
古泉「ちくしょう!!!ちくしょう!!!ちくしょう
矢島ぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああ!!!!!!!」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:31:59.18 ID:xdJh3u9EO

古泉「矢島ぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああ!!!!!!」
ミクル「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああ!!!!!!!!!」
古泉「俺は、それでも・・・・・・・・・・・
お前みたいに・・・・・・・・・・・・・・・」
矢島ぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああ!!!!!!!

ミクル「私はアイツを・・・殺すぅぅぅぅぅぅぅううううううううううううううう!!!!!!!!」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:37:24.24 ID:xdJh3u9EO

古泉「とゆう夢を見たんです。」
朝倉「へぇそう・・・・・・・」
古泉「矢島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」
朝倉「それでも私は・・・矢島ぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」
古泉「うぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああ!!!!!!矢島!!」
矢島矢島矢島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:41:17.74 ID:xdJh3u9EO

古泉「君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
朝倉「行こうぜぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええええええええ!!!!!!!!!!」
君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
古泉「君島・・・・」
君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:44:30.19 ID:xdJh3u9EO

古泉「倒れるとしても・・・・前のめりだ・・・・」
行こうぜぇぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!
君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
朝倉「この車だけは・・・・・」
この車だけはぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/25(土) 03:47:39.25 ID:xdJh3u9EO

君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!
行こうぜぇぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!
君島ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/25(土) 03:49:01.25 ID:xdJh3u9EO

興奮しちゃいました
すいませんでした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:扶桑「耳かきを致しましょう」