ハルヒ母「ハルヒ・・・あんたいつまでそんなことやるつもりなの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS: 秋雲「姉さんたちの机の上に『提督×陽炎型陵辱同人』を置いてみた」

ツイート

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:20:11.32 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(昼休みだし食堂行かなきゃ)

ハルヒ「!」

ハルヒ(なんで財布ないのよ………)

「クスクス」

ハルヒ(部室行こう)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:29:54.16 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(誰もいない、いつもは有希がいるのに…)

ハルヒ(インターネットがあってよかったわ)

カチカチ

ハルヒ「あるっ晴れった日〜のこと〜」

ハルヒ「魔法以上のゆk」
ハルヒ(ドアの窓から誰か覗いてる)

「クスクス」

ハルヒ(あっち行きなさいよ!)

ハルヒ(やっと行った…)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:32:51.03 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(本棚に隠れれば外から見えないかも)

ゴソゴソ

ハルヒ(完璧)

ハルヒ「………」

ハルヒ(暇だわ)

ハルヒ(今日は皆部活来るかな)

ハルヒ「zzz」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:46:18.46 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「」パチッ

ハルヒ(やばい!今何時?)

ハルヒ(5時間目始まってるじゃない)

ハルヒ(でも今日は5時間目で終わりだし………さぼろう)

ハルヒ「………」

ハルヒ(もし今日皆が来たらいつもより優しくしよう)

ハルヒ(たまには私がお茶出そうかしら)

ハルヒ(コスプレも今日はお休みさせてあげて)

ハルヒ(うまくいくよね)、きっと)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:50:59.85 ID:uRvNnZERO

キーンコーンカーンコーン

ハルヒ(授業終わりか)

ハルヒ(お茶の準備しなくちゃ)

ハルヒ(まずは葉を用意して……)

ハルヒ(お湯を用意して……)

ハルヒ(あとは皆を待つだけね)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:52:52.76 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(誰も来ないわね………)

ガチャ

ハルヒ「!」

コンピ研部長「なんだ、誰もいないのか」

ハルヒ「なんか用?」

コンピ研部長「また出直すか」

ハルヒ「ちょっと待ちなさいよ!」

バタン

ハルヒ「………」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 01:57:57.36 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(なによ、ふん!)
ガチャ

ハルヒ「!」

長門「こんにちは」

ハルヒ「待ってたわ!座って!」

長門「座らない」

ハルヒ「どうして?あ!パイプ椅子じゃ嫌?だったら別のを…」

長門「そういうことではない、これを」

スッ

ハルヒ「退部届?なんでよ!?」

長門「さよなら」

ハルヒ「待ってよ!」

長門「ちなみにその中には4人分の退部届が入っている」

バタン

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:03:57.37 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(………帰ろう)

バタン

ハルヒ(明日からどうしよう)

「クスクス」

ハルヒ(みんな笑ってる……)

「ニヤニヤ」
「ケラケラ」

ハルヒ(やめて、やめてよぅ)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:06:16.35 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(このままじゃ帰れない)

ハルヒ(下校時間ぎりぎりに帰ろう………)

ガチャ

バタン

ハルヒ(この部室どうしよう)

ハルヒ(電気消したほうがいいよね、見つかりたくないし)

パチ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:09:19.88 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(暗くなってきたわね)

ハルヒ(下校時間過ぎたし、帰ろうかな)

ガチャ

キョロキョロ

ハルヒ(誰もいないわよね)

バタン

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:26:13.05 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(皆今頃なにしてるんだろ)

「クスクス」
「ニヤニヤ」
「ケラケラ」

ハルヒ(皆笑ってる)

「ナニアレ、キモッ」
「シネヨ」

ハルヒ(あたしって……気持ち悪いんだ……)

「シネ」「シネ」「シネ」

ハルヒ(やめて)

「ハハハ」 「キモーイ」 「シネ」 「ニヤニヤ」「ケラケラ」

ハルヒ(やめて)

「シネ」 「シネ」 「シネ」 「シネ」 「シネ」 「シネ」 「シネ」
ハルヒ「いやあああああああああああああああああ!!!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:32:17.43 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(あれ……ここは?)

ハルヒ母「気がついた?」
ハルヒ「なんであたし病院にいるの?」

ハルヒ母「覚えてないの?道端でいきなり大声あげて倒れたのよ?それで近くにいた人が救急車呼んでくれて」

ハルヒ「そう……だったの」

ハルヒ母「なにかあったの?」

ハルヒ「べつに」

ハルヒ母「本当?なんかあったなら遠慮なく……」

ハルヒ「ないって言ってるでしょ!」

ハルヒ母「ならいいけど……この後お医者さんに診てもらってから帰るから」

ハルヒ「うん…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:36:35.61 ID:uRvNnZERO

翌朝

ハルヒ母「今日学校どうするの?」

ハルヒ「休む」

ハルヒ母「風邪ひいてるの?」

ハルヒ「全然」

ハルヒ母「なら行きなさい。学校には連絡しておくから」

ハルヒ「………」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:43:26.82 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(家は出たけど……)

ハルヒ(行きたくない……)

トボトボ

ハルヒ「あっ」

ハルヒ(あの公園、よく遊んだな…)

キーキー

ハルヒ(ブランコに乗るのも久しぶりね)

キーキー

子供「お姉ちゃんなにしてるの?」

ハルヒ「見りゃわかんでしょ、学校サボって遊んでんの」

子供「楽しい?」

ハルヒ「うん」

子供の親「ほら、買い物行くんだから早くしなさい!」

子供「うん!お姉ちゃん、じゃーね!」

ハルヒ「うん、バイバイ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:48:26.40 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(飽きたわね……)
おばさん「あなた、高校生?」

ハルヒ「そうですけど…」
おばさん「今学校の時間じゃない?」

ハルヒ(補導員の人か)

ハルヒ「今行くところなんで、じゃあ」

ハルヒ(服買わなきゃ)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 02:58:40.02 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(とんだ出費だったわ)

ハルヒ(そろそろお昼ね)
ハルヒ(あれ?鶴屋さんがいる)

鶴屋「お!ハルにゃんじゃないか!」

ハルヒ「なにやってるの?」

鶴屋「家の用事でね、ハルにゃんは?」

ハルヒ「あ、ええっと……」

鶴屋「おやおやサボりかな〜?」

ハルヒ「まあ…ね」

鶴屋「じゃあ私も参加させてもらおうかな!お昼だし食べに行かない?」

ハルヒ「うん、いいわよ」
鶴屋「それじゃあレッツゴーにょろ〜」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:06:07.78 ID:uRvNnZERO

鶴屋「へー、ここがいつもハルにゃんが来てるお店なのか〜」

ハルヒ「そ、不思議探索の時にね」

鶴屋「ハルにゃん」

ハルヒ「なに?」

鶴屋「悲しそうな顔してるよ」

ハルヒ「!」

鶴屋「なんかあった?」

ハルヒ「………」

鶴屋「もしよかったらお姉さんに話してみるといいにょろ!無理はしなくていいけどね」

ハルヒ「………あのね」

鶴屋「うん」

ハルヒ「私……学校で…」
鶴屋「ゆっくりでいいにょろ」

ハルヒ「皆に……嫌われてて……」

鶴屋「うん」

ハルヒ「それで……皆に嫌なこと……されて」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:12:09.30 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「キョン達も助けてくれなくて………」

鶴屋「うん」

ハルヒ「凄く……辛くて……グスッ」

鶴屋「ほら、ハンカチ使っていいよ」

ハルヒ「今日も………学校行きたくなかったのに………無理矢理行かされて………グスッ」

鶴屋「うん」

ハルヒ「もう……どうしたらいいのかわからなっちゃって…………」

鶴屋「辛かったね」ナデナデ
ハルヒ「すごい辛かった……辛かったよ……うっうう」

鶴屋「よしよし」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:23:23.53 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「もう……大丈夫」
鶴屋「無理しなくていいにょろ」

ハルヒ「ううん、大丈夫。それよりもごめんね、こんな時間になっちゃって。学校が………」

鶴屋「ははは、学校なんかよりハルにゃんの方が大事にょろ」

ハルヒ「ありがとう……」
鶴屋「あたしはずーっとハルにゃんの味方だよっ!」
ハルヒ「うん……」

鶴屋「そうだ!友情の記念にプリクラでもとりにいかないかい?」

ハルヒ「え?いいけど」

鶴屋「決まり!ほら涙を拭いて!ハルにゃんに泣き顔は似合わないよ!」

ハルヒ「……うん!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:26:00.82 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(今日はいい日だったな)

ハルヒ(明日は学校行こう、鶴屋さんと約束したし)
ハルヒ(おやすみなさい)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:30:01.04 ID:uRvNnZERO

ハルヒ母「今日は行くの?」

ハルヒ「うん!行ってきます!」

ハルヒ母「はい、いってらっしゃい」

ハルヒ(頑張らなきゃ、鶴屋さんと約束したんだ)

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:36:45.11 ID:uRvNnZERO

ガヤガヤ

ハルヒ(椅子ないし……)
ハルヒ(探しに行かn)

鶴屋「あ!ハルにゃん!椅子見つけてきたにょろ。朝心配になってハルにゃんの教室覗いたら椅子がなくってさ、そのへんの奴らを問い詰めたら場所を教えてくれたにょろ」

ハルヒ(それで今日はみんな大人しかったんだ)

ハルヒ「ありがとう」

鶴屋「じゃ、昼休みにね!」

ハルヒ「わかったわ!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 03:51:01.60 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(先に部室来ちゃったけど……来るかな…)

ガチャ

鶴屋「お待たせ!お待ちかねの鶴屋さん登場だよ!」
パアッ
ハルヒ(来てくれた!)

鶴屋「えっと、これが約束のお弁当」

ハルヒ「なんかいっぱいあるけど」

鶴屋「こっちは家の料理人が作った方で、こっちが私が作った方。あんまりうまくできなくってね、」

ハルヒ「鶴屋さんが作った方もらうわ」

鶴屋「でも……」

ハルヒ「いいから貸して!あら、おいしそうじゃない!」

鶴屋「そうかな、そう言ってもらえると嬉しいにょろ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 04:10:39.83 ID:uRvNnZERO

鶴屋「食べる前にさ、ちょっと調べてほしいことがあるんだけど、インターネットで」

ハルヒ「なんて?」

鶴屋「○○○ってサイト」
ハルヒ「わかったわ……………なに……これ」

鶴屋「なにかあったのかい?」

ハルヒ「なにってこれ…」
鶴屋「9月10日学校で上履きに画鋲を入れられ、足を怪我する」

ハルヒ「!」

鶴屋「9月18日、体育の時間に体操の相手が見つからず先生に相手をしてもらう」

ハルヒ「………」

鶴屋「9月28日、部が解散する」

ハルヒ「……」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 04:15:57.47 ID:uRvNnZERO

鶴屋「10月3日、学校をサボってプリクラをとる」

ハルヒ「………ひどい」

鶴屋「でもよかったじゃないか、パスワードがなきゃ見れないんだから、そんなにたくさんの人は見てないにょろ」

ハルヒ「出てって」

鶴屋「まだお弁当残ってるにょろ」

ハルヒ「出てって!!!」
鶴屋「わ、わかったよ、じゃあね」

バタン

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 04:30:13.72 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「味方なんていないんだよね」

ハルヒ「こんなサイト作ってくれちゃって………」

ハルヒ「もう………いっか」

ガチャ

ハルヒ(屋上、入れないな)

ハルヒ(窓からじゃ格好悪いし………)

ハルヒ(死ぬ前に……少しくらいやり返してもいいよね)

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:40:12.96 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(私が鶴屋さんに話したことも、プリクラも私だけ載ってる………)

鶴屋「ハルヒにゃん」

ハルヒ「……」

鶴屋「今どんな気持ち?」
ハルヒ「……」

鶴屋「また辛くなっちゃった?」

鶴屋「やっとわかってくれる人ができたのにね」

鶴屋「悲しい?」

ハルヒ「……」

鶴屋「あのねハルにゃん」
鶴屋「ハルにゃんにはもう友達はいないんだよ」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:41:00.60 ID:uRvNnZERO

鶴屋「このサイト作ったのは隣のコンピ研の人達なんだよ」

鶴屋「みくるがちょっと遊んであげたら喜んで作ってくれてさ!」

鶴屋「馬鹿だよねー男って、訴えられたら終わりなのに。あ!私は大丈夫にょろ〜、家はお金もちだしね!」

ハルヒ「………」

鶴屋「ハルにゃんはなんでさっきから喋らないの?」
ハルヒ「………」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:42:17.38 ID:uRvNnZERO

ガシッ

ハルヒ「痛っ」

鶴屋「あたし先輩なんだよ?なに調子乗ってんの?」
ハルヒ「やめ……て」

鶴屋「やめてほしい?」

ハルヒ「………うん」

鶴屋「じゃあ私が作ったお弁当食べてほしいにょろ〜」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:43:40.81 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「………なにか入ってるの?」

鶴屋「お!さすが!するどいね〜、こうして箸でおかずを半分にしてみると…………ほら!」

ハルヒ「!!、なによこれ!」

鶴屋「いいから食べなよ、さもないと………」

ギリギリ

ハルヒ「いっ痛い!やめて!」

鶴屋「じゃあさっさと食べなよ。それとも共食いになっちゃうから嫌なのかな?」

ハルヒ「………食べたら離してくれるの?」

鶴屋「もっちろん!お姉さんは嘘つかないよ!」

ハルヒ「………わかったわ」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:44:59.42 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「うっ……おえっ」

鶴屋「はい!よく出来ました!」

ナデナデ

鶴屋「お弁当箱はハルにゃんにあげるよ、ゴキブリが入ったのなんか使えないしね!」

ハルヒ「昨日のことは全部嘘、だったの?」

鶴屋「うん!ちなみに朝のもね!皆笑いこらえるの大変だったみたいだよ」

ハルヒ「………」

鶴屋「じゃーね!」

バタン

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:46:17.81 ID:uRvNnZERO

下校

ハルヒ(疲れた………)

ハルヒ(またブランコ乗ろうかな)

キーキー

子供「あ!この間のお姉ちゃんだ!」

ハルヒ「あら、久しぶりね」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:47:13.77 ID:uRvNnZERO

子供「ブランコ好きなの?」

ハルヒ「うん、好きよ。もう夕方だけど帰らなくていいの?」

子供「お母さんが迎えに来てくれるの!」

ハルヒ「そうなんだ。」

子供「お姉ちゃん休みの日によく友達と遊んでるよね!5人くらいで」

ハルヒ「なんでしってるの?」

子供「お買い物の帰りにお母さんと喫茶店に寄るときに、よく見掛けるんだ」

ハルヒ「そうだったの」

子供「友達となにして遊んでるの?」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 20:48:11.92 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「遊んでるんじゃないわ、不思議を探してるの」

子供「不思議?おかしなこととか?」

ハルヒ「おかしなことだけじゃないわ、宇宙人、未来人、超能力者を探したりね」

子供「そうなんだ!」

ハルヒ「あら?あの人お母さんよね?」

子供「本当だ!お姉ちゃんじゃあね!」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:27:04.52 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(そういえば今日は親いないんだったわ。自分で作るのも面倒だし、食べて帰ろう)


ハルヒ(ファミレスの割引券があるし、ここでいいか)

ハルヒ(混んでるけど一人なら大丈夫そうね)

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:28:36.96 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(このパフェはなかなかの味ね)

ハルヒ「!」

ハルヒ(キョンと有希とみくるちゃんじゃない。こっちに来るし………)

ハルヒ(近いけど、伏せてれば向こうからは見えないわよね)

キョン「それで、ハルヒのことなんだが」

長門「なに」

キョン「もうやめないか?いくらなんでもやりすぎだ。」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:32:00.08 ID:uRvNnZERO

長門「………」

キョン「確かにあいつは自分勝手な所もあるし恨みを買ってもおかしくない、だがあいつは今反省してるんじゃないか?
長門が退部届を出しに行ったときもいつもと態度が違ったんだろ?」

長門「……」

キョン「皆があいつを許せないのは仕方ない。だが俺はもうこんなことはやめようと思う。」

長門「……わかった」

みくる「私も少し考え直してみようと思います」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:35:04.08 ID:uRvNnZERO

自宅

ハルヒ(キョン、悩んでたんだ)

ハルヒ「………」

プルルルルル

ハルヒ「!」

ハルヒ「もしもし?」

キョン「あ、俺だ」

ハルヒ「キョン!どうしたの?」

キョン「実はお前に話したいことがあってな」

ハルヒ「うん。」

キョン「できたら直接話したいんだが、今日は遅いし、明日部室で会えないか?」

ハルヒ「電話じゃ駄目なの?」

キョン「直接話したいんだ」

ハルヒ「………わかった」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:45:39.91 ID:uRvNnZERO

翌日

部室

ハルヒ「話ってなに?」

キョン「最近、学校でお前、辛い目にあってるだろ?」

ハルヒ「………うん」

キョン「俺も、皆に言われて………お前を辛い目にあわせちまった」

ハルヒ「………」

キョン「言い訳はしない、自分が可愛かったんだ。すまない。」

ハルヒ「………」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:47:20.10 ID:uRvNnZERO

キョン「だがこれからはあんなことはしない、お前の味方だ」

ハルヒ「本当に?」

キョン「ああ」

ハルヒ「……ありがとう」
キョンに駆け寄る

キョン「ハルヒ!」

ドンッ


ハルヒ「嘘つき」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:48:46.42 ID:uRvNnZERO

キョン「っっっっ!なんだよ、これ」

ハルヒ「見りゃわかるでしょ?ナイフよ」

キョン「どうし……て」

ハルヒ「昨日有希がメール送ってくれたのよ、動画付きでね」

ナイフを抜く

キョン「動画だと?」

ハルヒ「動画っていっても真っ暗で音しか聞こえないんだけどね。鞄の中で撮ったんじゃないかしら。
今聞かせてあげるわ」

ピッ

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:53:05.53 ID:uRvNnZERO

キョン『これでよかったのか?』

長門『よかった』

キョン『でもわざとらしくないか?わざわざハルヒの近くであんな話するなんて。演技だとばれなきゃいいが』

長門『彼女の精神状態は極めて不安定、そこまで思考は及ばない』

キョン『そうか、お前が言うなら、そうなんだろうな』

長門『あなたは彼女を助ける気は?』

キョン『ないね、どうなろうと知ったことじゃない』

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:54:52.02 ID:uRvNnZERO

ピッ

ハルヒ「………」

キョン「……これからどうするつもりだ」

ハルヒ「決まってるじゃない」

キョン「殺すのか」

ハルヒ「そう、そうしたら次は有希かみくるちゃんね。その次は鶴屋さんかな」
キョン「………」

ダッ

ドアに駆け寄る

キョン「なんだ!?なんで開かないんだよ!?」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:57:43.05 ID:uRvNnZERO

キョン「まさか………長門!そこにいるのか!?」

長門「なに?」

キョン「ドアを開けてくれ!このままじゃ殺されちまう!」

長門「そう」

キョン「ハルヒにはもう能力はないんだろ?だからハルヒをはめる事にしたんだよな?恨みを晴らすために」

長門「………それは嘘」

キョン「!」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 21:59:12.47 ID:uRvNnZERO

長門「彼女の能力は消えていない、私達が情報操作で彼女の能力を抑えていただけ。本来の目的は彼女を追い詰めることにより発生する大規模な情報爆発」

キョン「騙したのか」

長門「………」

キョン「そんな……」

ドンッ

ハルヒが背中にナイフが刺す。ドアが消失する

倒れ込むキョン

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:01:08.78 ID:uRvNnZERO

みくる「わ〜、痛そうです〜」

キョン「うう………」

朝倉「ふふ、お久しぶり」
キョン「お前、なんで………」

長門「彼女にはあなたの信用を得るために最初に協力してもらった」

朝倉「あなたが単純で助かったわ」

Tキョン「最初から騙してたのか」

長門「違う、利用しただけ。」

朝倉「そういうこと」

背中に刺さったナイフを引き抜く

朝倉「さよなら」

ドスッ

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:04:49.91 ID:uRvNnZERO

長門「涼宮ハルヒ」

ハルヒ「なに?」

長門「これからあなたには死んでもらう」

ハルヒ「理由ぐらい教えてくれてもいいんじゃない?」

長門「………わかった」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:07:03.36 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「そういうことだったの、私が死ねばその情報爆発ってのが起こる確率が上がるわけね」

長門「そう」

朝倉「大丈夫よ、楽に殺してあげるから」

ハルヒ「あんたちはどうするの?」

長門「インターフェイスの本体である統合思念体には影響は出ない。未来にも」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:08:42.93 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「古泉君は?」


朝倉がビニール袋を取り出す

朝倉「これ。あなたのことは嫌いだったけど世界の消失はもっと嫌だったみたい。だから機関ごと………ね」

古泉の首が入ったビニール袋を投げ捨てる

みくる「それじゃあ私は未来に帰らせてもらいますね」


みくる「あれ?移動できない!?」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:10:27.08 ID:uRvNnZERO

朝倉「どういうこと?」

長門「朝比奈みくるの時間移動装置が消失している。そして、私達の力も」

朝倉「なんで、そんなこと」

長門「統合思念体の存在が消失している。おそらく涼宮ハルヒのせい」

朝倉「……………そっか、私達の負けってわけね」

ハルヒにナイフを差し出す
朝倉「どうぞ、好きにして」

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:15:09.77 ID:uRvNnZERO

朝倉とみくるの死体が床に横たわっている

長門「涼宮ハルヒ、私が彼に言ったことのうち、一つだけ本当のことがある」

ハルヒ「なに?」

長門「私があなたを嫌っていたこと………情報爆発を発生させようと思った最初のきっかけはそれだった。」

ハルヒ「………あと言い残すことは?」

長門「ない」

ハルヒ「そう」

長門「待って、一つあった」

長門「さよなら」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:16:19.53 ID:uRvNnZERO

ハルヒ「………終わった」
ハルヒ「皆私が嫌いだったんだ」

ハルヒ「警察行ったほうがいいよね」


ドスッ

ハルヒの背中にナイフが刺さる

ハルヒ「!、キョン、あんた生きてたの!?」

キョン「どうせ………すぐ死ぬだろうけどな、お前だけは殺してやる」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:17:37.13 ID:uRvNnZERO

部室に逃げ込むハルヒ

キョン「お前がいなけりゃ、こんな目に合わなくてすんだんだよ!全部お前のせいなんだよ!」

ハルヒに突っ込むキョン
しかし足をもつれさせる

キョン「うわ!」

バタッ

ハルヒ「いいわ、あんたがその気なら………」

側にあったパイプ椅子をとり、振り上げる


ハルヒ「死ね」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:21:06.18 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(…………)

ハルヒ(帰ろう………)


ハルヒ(みんな、さよなら)

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:24:58.92 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(……この血の量だと……もうだめね……)

ハルヒ(私が死んだらこの世界も終わりか)

ハルヒ(綺麗な夕焼けね)
ハルヒ(!)

ハルヒ(まだ、やり残したことがあった……!)

ハルヒ(行かなきゃ!)

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:28:06.62 ID:uRvNnZERO

公園

ハルヒ(あの子は………いた!)

ハルヒ「お母さんはまだ?」

子供「お姉ちゃん!お母さんはまだだよ」

ハルヒ「そう」

ハルヒ(ならせめて、もう少しだけ頑張らないと……)

子供「お姉ちゃん、ブランコ乗る?」

ハルヒ「え?……うん!」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:35:26.63 ID:uRvNnZERO

子供「お姉ちゃん苦しそうだけど大丈夫?」

ハルヒ「だ、大丈夫よ。ちょっと急い来たから疲れただけ」

子供「そっかー。宇宙人見つかった?」

ハルヒ「あ、うん。見つかったわ」

子供「本当!?私も会ってみたいな!」

ハルヒ「今日はもう遅いからまた今度ね」

子供「わかった!絶対だよ!」

ハルヒ「約束するわ、ほら、お母さん来たわよ」

子供「本当だ!じゃあね!バイバイ!」

ハルヒ「バイバイ」

351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/04(土) 22:37:18.94 ID:uRvNnZERO

ハルヒ(よかった、間に合って………でも、そろそろ限界かな………)


ハルヒ(もし生まれ変わったら皆に優しくしよう)


ハルヒ(今度は皆と仲良くできるようにしよう)


ハルヒ(バイバイ)


おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なーんか面白こと起きないかしらー」