長門「…………変な人」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「『まる子、安価で行動する』の巻」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 20:56:08.70 ID:rtIsohq6O

長門「…………」

鏡「    」

長門「…何故、私を見る?」

鏡「    」

長門(返事がない…)

長門「貴女はだれ?」

鏡「    」

長門「………む、無愛想なのはよくない」

鏡「    」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 20:59:46.12 ID:rtIsohq6O

長門「…このご飯が欲しいの?」

鏡「    」

長門「私はいらない」

鏡「    」

長門(空気が重い…)

長門「私と同じ動きをして楽しい?」

鏡「    」

長門「貴女の名前は?」

鏡「    」

長門「……無口」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:01:54.23 ID:rtIsohq6O

かがみ「いっておくけど鏡ってのは私じゃないわよ」

長門「……?天から声が……」

鏡「    」

長門「…近づいていい?」

鏡「    」

長門「その無言は肯定したとみなす」テクテク

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:05:26.74 ID:rtIsohq6O

長門「…!」

鏡「    」

長門「何故、貴女も近づいてくる?」

鏡「    」

長門「………貴女も私と同じ高校生?」

鏡「    」

長門「……それとも地球外生命体?でも貴女からはその気配がしない」

鏡「    」

長門(明日、このことを彼に話そう)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:07:47.64 ID:rtIsohq6O

長門「……喋って」

鏡「    」

長門「……虚しい」

鏡「    」

長門「………寝る」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:11:37.06 ID:rtIsohq6O

長門「………朝、……貴女も寝ていたの?」

鏡「    」

長門「……一緒に登校する?」

鏡「    」

長門「……私はかまわない、後からついてきて」

鏡「    」

長門「…………いってきます」

長門(あ、朝ご飯を忘れてた…大丈夫、なんとかなる)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:14:43.14 ID:rtIsohq6O

長門(………あの娘がいない、不思議)

キョン「ん、長門じゃないか、珍しいな少し遅い登校とは」

長門「……昨日、不思議な女性にあった。彼女はとても無口だった」

キョン(いや、長門も無口だと思うが)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:17:30.64 ID:rtIsohq6O

キョン「その女性ってのはどこにいたんだ?」

長門「…………私の家」

キョン(なんだ?新手の宇宙人か何かか?とりあえずツッコミどころが多いな…)

長門「……今日、部活が終わった後で私の家に来て」

キョン(長門、お前も十分不思議だ)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:22:21.17 ID:rtIsohq6O

長門(…授業が終わった。部室に急ごう)テクテク

長門「…………」ガチャ

古泉「ふふ、今日は僕の方が早かったみたいですね」

長門「……………」

古泉「返答無しですか、少し寂しいですね」

長門「……私は無口?」

古泉「おや、何故そんなことを?」

長門「……いい」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:28:44.62 ID:rtIsohq6O

長門「……………」

古泉「以前ほど、無口では無いと思いますよ」

長門「………そう」

ガチャ

ハルヒ「みんな早いわね、感心するわ!ちょっとみくるちゃんのブラジャーが無くなったらしいから私、探してくるわ!今日は解散!じゃね〜」

古泉「流石、涼宮さん、思った事はそく実行ですか、今日は暇なので僕はブラジャー探しを手伝って来ますよ。では、長門さんまたあした」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:32:50.11 ID:rtIsohq6O

キョン「おい古泉」

古泉「いらっしゃってたんですか」

キョン「いらっしやってたんですか、じゃねぇ!どこに行く?お前まさか…」

古泉「ちょっとコンビニに……」

キョン「そうか、気をつけて……なんて言うと思うか?いかせん−」

ガシッ

長門「部活は無し、来て…」テクテクテクテク

キョン「引きずるなぁぁぁぁぁ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:34:54.14 ID:rtIsohq6O

古泉(ふふ、長門さんありがとうございます。借りができてしまいましたね)

キョン「長門!離せ!」ズルズルズル

長門「…………」テクテクテクテク

キョン「覚えてろ古泉ぃぃぃぃぃぃ」

古泉(明日が怖そうですね)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:37:42.18 ID:rtIsohq6O

長門「…………」テクテク

キョン「引きずるな、長門!もう歩けるから!」

長門「………わかった、でも急いで」

キョン「やれやれ、どこと無くハルヒみたいだぞ、ハルヒ毒でもあびたのか?」

長門「…彼女から、私に有害な毒は発生していない」

キョン「そういう意味じゃないんだがな…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 21:40:19.13 ID:rtIsohq6O

長門「………」

キョン「で、その無口な女性とやらは長門のマンションにいるのか?……てか幽霊じゃないだろうな?」

長門「……おそらく、まだ私の部屋にいる」

キョン(なんか長門が輝いてみえるな)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:01:12.70 ID:rtIsohq6O

長門「……入って」

キョン「押さなくても平気だぞ」

長門「……そう」

キョン「で、その肝心な女性とやらは?」

長門「………こっち」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:03:37.16 ID:rtIsohq6O

長門「…これ」

キョン(…………うん)

長門「……!」ビクッ

キョン「ど、どうした長門!?」

長門「…貴方が二人」ビクビク

キョン「………これはだな…」

長門「知っているの?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:06:58.17 ID:rtIsohq6O

キョン(……いやいや、長門さんあのですね…待て、俺!ここで真実を言ったら長門の夢を壊してしまう恐れが…って、なんでわからないんだよ長門!あれか?長門流ジョークか?ええい!ツッコミどころがヤバい)

長門「……?」

キョン「…これはその、あれだよ………」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:12:25.27 ID:rtIsohq6O

かがみ「また来たわ、ちょっと思ったんだけど、今の朝比奈みくるちゃんってブラジャーないんでしょ?ノーブラ?」

長門「………天の声?」

キョン(……なんだ長門………バグったのか?もはや俺がバグりそうだ…天の声ってなんだよ……)

キョン「てて天の声がどうしたって…?」

長門「…朝比奈みくるはのーぶら?」

キョン「……はっ!長門、悪いな…急用を思い出した。じゃあまたあしたな」ダダダダダ

長門「待って……すごい力……」

キョン「古泉ぃぃぃぃ」ダダダダダ

鏡「    」

長門(微動だにしない…)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:17:20.64 ID:rtIsohq6O

長門「………」

鏡「   」

ガチャ

朝倉「長門さん!キョン君から聞いたけど不思議少女がいるらしいわね?」

長門「……朝倉涼子?」

朝倉「長門さん、これはね情報統合思念体からの贈り物よ、一人じゃ寂しいからって言う理由らしいわ」

長門「………聞いていない」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:19:52.97 ID:rtIsohq6O

朝倉「これはね、いつも頑張ってる長門へのご褒美だって」

長門「ご褒美…」

朝倉「ええ、これで楽しい一人生活になるわよ」

長門「……でも無口」

朝倉(キョン君、なかなか辛いわよコレ…)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:23:14.63 ID:rtIsohq6O

長門「……名前は?」

朝倉「な名前!?えっとね…鏡…かがみちゃんよ!」

長門「かがみ…?へんな名前」

朝倉「そうかしら?とても素敵な名前よ?」

長門「……名字は?」

朝倉(ひぃ〜)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:27:19.68 ID:rtIsohq6O

長門「……名字」

朝倉「仲良くなったら教えてくれるわよ!……たぶん」

長門「………そう」

朝倉「私そろそろ帰るわねご飯が冷めちゃうから」

長門「………いろいろ聞けて参考になった。感謝する」

朝倉「いいのよ〜困ったらお互い様よ」

朝倉(ゴメンね長門さん…ゴメンね)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:30:20.52 ID:rtIsohq6O

長門「………かがみ」

鏡「   」

長門「………コレあげる」

鏡「   」

長門「…あ、同じ物……ごめんなさい」

鏡「   」

長門「……友達?」

鏡「   」

長門「…………道のりは長い」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:47:49.08 ID:rtIsohq6O

長門(………私に朝比奈みくるのように愛らしいさがあれば)

鏡「   」

長門「……可愛いらしさの秘訣を聞けば、このかがみも名字を教えてくれるハズ。そうと決まれば電話」プルルル

がちゃ

みくる「はい、もひもひ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:50:50.63 ID:rtIsohq6O

長門「朝比奈みくる、可愛いさの秘訣を教えて欲しい」

みくる「わわたしにですかぁ…?」

長門「…用があるならいい」

みくる「用って程でもないれしゅが…あぅ」クシュン

長門「……風邪?」

みくる「ちょっといつもより薄着なんれふよぉ、寒くて……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:53:25.18 ID:rtIsohq6O

長門「………そう、悪化しないうちに寝たほうがいい」

みくる「ごめんなひゃい…お役にたてそうもなくて」クシュンクシュン

長門「……お大事に」

みくる「あぃがとうございましゅう…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 22:55:20.81 ID:rtIsohq6O

長門「……あれが可愛い?成程、実行してみる」

鏡「   」

長門「……みょうじ、おひえて…」

鏡「   」

長門「…………不発」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 23:27:51.62 ID:rtIsohq6O

長門「……服装がいけない?」

鏡「   」

長門(やはり朝比奈みくるが着ているあの……なんとか服を着たほうが…)

鏡「   」

長門「……そんな目でみないで」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 23:32:53.14 ID:rtIsohq6O

長門「……情報の構成を開始」

鏡「   」

長門「完了……………?………………………着方がわからない…」

鏡「   」

長門「……とりあえず着てみる」

鏡「   」

長門「……なんとか着れた…ひらひら…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/28(日) 23:40:33.75 ID:rtIsohq6O

長門「……どう……ですかぁ?」

鏡「   」

長門「……何故、貴女も同じ服を来ている?」

鏡「   」

長門「………これもダメ?……私には無理なのかも知れない」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:08:47.09 ID:rtWvpdI0O

長門「…諦めよう」

かがみ「諦めちゃうの?」

長門「……また…天の声………?…あなたは誰?」

かがみ「あ、自己紹介がまだだったわね、ごめんなさい。柊 かがみっていいます」

長門「…かがみ?……貴女は…」

かがみ「うん、今あなたの目の前…って言い方は変だけどそこにいるのよ」

長門「…………友達」キラキラ

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:13:44.63 ID:rtWvpdI0O

かがみ「私はあなたの名前を聞いたからわかるわ、長門 有希ちゃんでしょ?」

長門「………そう」

かがみ「あなたの願いが届いて私と話しが出来るようになったのよ。あなたは鏡を使って、私は雪を使ってるわ、私はびっくりしたわよ!まさか雪に人が映ってるなんて」

長門「……雪?…鏡?………理解不能」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:18:41.13 ID:rtWvpdI0O

かがみ「まぁ私もよく理解出来てないんだけどね」

長門「…そこにいるのは貴女なの?」

かがみ「あ、それは鏡って言うのよ、そこに映ってるのは私じゃなくてあなた」

長門「……鏡?かがみなのに……?」

かがみ(なんかややこしいわね…)

長門「……私の愛らしさが伝わった事は理解できた。とても嬉しい」キラキラ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:23:13.15 ID:rtWvpdI0O

かがみ「不思議なところで友達が出来て私も嬉しいわね」

つかさ「お姉ちゃーん…自分で作った落とし穴に落ちちゃったよぅ〜たすけてぇ〜」

かがみ「つかさったら…ごめんね有希ちゃん、今日は帰るわね、また明日」

長門「………友達……不思議」

鏡「    」

長門「…鏡がかがみ、名字は柊。むつかしい」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:26:38.00 ID:rtWvpdI0O

長門「…鏡、映す…そしてここに映ってるのは私、でもかがみは天の声」

鏡「   」

長門「………理解した」

朝倉(長門さんが壊れちゃった………)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:29:09.05 ID:rtWvpdI0O

長門「………眠い、寝よう」

朝倉(長門さんが心配だわ…添い寝して様子をみましょう)

長門「………おやすみ」

鏡「   」

長門(わかっていても返事が無いのは悲しい)

朝倉「な、長門さん!」

長門「!」ビクッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:33:09.17 ID:rtWvpdI0O

長門「…朝倉涼子?何?」

朝倉「寒いでしょ?だから一緒に寝ましょう」

長門「…かまわない」

朝倉「湯たんぽもあるから、温かさは抜群よ」

長門「湯たんぽ?…今は空腹ではない」

朝倉「それはきりたんぽ」

長門「………ジョーク………」

朝倉「寝ましょう!そして忘れましょう?」

長門「………温かい」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:35:55.66 ID:rtWvpdI0O

朝倉「おやすみなさい」

長門「………zz」

朝倉(寝るの早いわよ長門さん)

鏡「   」

朝倉(これ、どうしよう)

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 00:59:32.17 ID:rtWvpdI0O

長門「………ん」ムクッ

朝倉「長門さん、おはよう」

長門「………」コクッ

朝倉「さぁ朝ごはん食べて学校に行きましょう!今日はいい天気だから気持ちいいわよー」

長門「……」チラッ

鏡「   」

朝倉(あ、また鏡を見てる……大丈夫かなぁ長門さん…)

長門「朝倉涼子、学校に行く、それとかがみに……行ってきます」

鏡「   」

朝倉(うぅ…長門さんが………よし!うじうじしてられないわ!後でちゃんと話しをしよう)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:15:28.66 ID:rtWvpdI0O

長門「………おはよう」

キョン「ん?長門、それに朝倉かおはようさん」

朝倉「キョン君後で話があるんだけど…」ヒソヒソ
キョン「なんだ?長門か」ヒソヒソ
朝倉「そうなの、長門さんが変に…」ヒソヒソ

長門「…………友達」ボソ

キョン「へ?な、長門?」

朝倉「でしょ?」

キョン「…後で話しを聞いてみるか…」

朝倉「じゃあ私の話はしなくていいよね?多分、わかると思うから…」

キョン「あ、あぁ…わかった」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:18:24.62 ID:rtWvpdI0O

長門(………授業が長く感じられる。早く帰りたい)

キーンコーンカーンコーン

長門(後は部活だけ……とりあえず部室に)テクテク

キョン「よう長門、ちょっと話聞いていいか?」

長門「…………なに?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:21:46.54 ID:rtWvpdI0O

キョン「今朝の事なんだがな、友達って呟かなかったか?いや、気のせいならいいんだ」

長門「…………」キラキ

キョン(なんだこの輝きは!?無表情なのに輝きがわかる…俺、ピンチか?)

長門「……かがみと言う友達ができた」

キョン(やっちまったよ俺!)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:23:48.74 ID:rtWvpdI0O

キョン「か…鏡?」

長門「……発音が違う、かがみ」

キョン「か、かがみ…?」

長門「彼女は柊 かがみ」

キョン(いかん、これはいかん!重傷だ…)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:26:48.15 ID:rtWvpdI0O

長門「………信用できない?私が友達を作るのは珍しい?」

キョン「そんな事はないさ、俺達SOS団だって友達だろ?だったら不思議じゃないさ」

長門「………そう」

キョン(内心、心臓バックバク!)

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:30:45.12 ID:rtWvpdI0O

長門「……また来る?今度はかがみを紹介する」

キョン「す、すまん長門、今日は朝倉と約束しててだな…」

長門「……そう、残念」

キョン(長門が残念か……なんか珍しいな)

キョン「とりあえずだ、部室に行こう。団長様が不機嫌になると面倒だからな」

長門「…………」コクッ

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 01:56:44.15 ID:rtWvpdI0O

ガチャ

キョン「ん?ハルヒはいないのか」

長門「………」

古泉「お二人で登場ですか。これは珍しい」

キョン「………」ギロ

古泉「はは…いやですね…昨日はジョークですよ」

キョン「ああ、わかったわかった。で、ハルヒは?」

古泉「僕もわかりませんね、貴方のほうが彼女には詳しいのでは?」ニコニコ

キョン「懲りてないだろお前……」

長門「……帰宅は可能?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:01:09.27 ID:rtWvpdI0O

みくる「長門さん、何か用事でも?」

長門「………」コクッ

キョン(そんなに帰りたいのか…)

古泉「ふむ、長門さんにも事情がおありなんでしょう。しかし涼宮さんがいない…これは電話すればよいのでは?」

ハルヒ「キョン!邪魔!!」ドカッ

キョン「ぐぇっ……!舌を噛んだじゃねぇか!!」

古泉「ちょうどいいですね」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:04:47.57 ID:rtWvpdI0O

みくる「あ、キョン君!大丈夫ですかぁ〜!?口から血が…あわわわ」

キョン「バカハルヒ!かなり深く切っちまったぞ!うぅ、いてぇ…」

ハルヒ「なによ!キョンが突っ立ってたのが悪いんじゃない!」

長門(……今なら帰れる)コソコソ

古泉(ん?長門さんが…)ニコニコ

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:06:49.71 ID:rtWvpdI0O

古泉「長門さん!」ニコニコ

長門「!」ビクッ

古泉「ふふ、ちょっとした気まぐれですよ」ニコニコ

長門「……………」ジーーー

古泉「…すみません」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:11:09.66 ID:rtWvpdI0O

長門(時間をくってしまった…早く帰ろう、かがみが来てるかもしれない)

朝倉(あ、長門さん…追い掛けるべきか、キョン君を待つべきか…う〜ん………あれ?もういない、早いよ長門さん)

長門(早く早く)

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:13:56.65 ID:rtWvpdI0O

長門「……ただいま」

鏡「   」

長門「……まだ来てないの?」



……

………

長門「……………遅い」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:19:25.66 ID:rtWvpdI0O

長門「………いない?」

鏡「    」

長門(少し寂しい)

かがみ「やほー有希ちゃん?」

長門「………なに?」

かがみ「ゴメンね〜ちょっと勉強してて遅くなっちゃったわ」

長門「………いい」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:25:35.75 ID:rtWvpdI0O

長門「私の情報解析能力でさえ、この時空を越えての会話を理解できない。貴女はできるの?」

かがみ「難しい事はわからないけどなっちゃったものは仕方ないんじゃない?」

つかさ「あたまが〜あたまが抜けない〜ふぇ〜ん……お姉ちゃぁん………」シクシク

かがみ(なにやってんのよつかさは………)

長門「………何事?」

かがみ「あはは、妹がバカしちゃったらしいの、同じような別れかただけど、また明日話さない?」

長門「………わかった」

かがみ「おやすみね〜」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:27:24.71 ID:rtWvpdI0O

長門「…明日は休み、早く寝てしまおう」

鏡「   」

長門「…………おやすみ」

鏡「   」

長門「…………zzz」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:30:17.64 ID:rtWvpdI0O

朝倉(………寝たわね、長門さんには悪いけど鏡は消させてもらうわね…変になった長門さんを見たくないもの)

鏡「   」

朝倉(あなたには罪はないけど……)

鏡「   」

朝倉(情報連結解除開始…)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 02:31:36.64 ID:rtWvpdI0O

鏡「   」
鏡「  」
鏡「 」
鏡「」


朝倉(終わったわ、さぁ寝ましょう、長門さん、おやすみなさい)

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 06:48:06.68 ID:rtWvpdI0O

長門「………………」

かがみ「あ、ゆきちゃん?もう、会えないね私たち」

長門「……何故?」

かがみ「ちょっと話せる状態じゃないっていうか…」

長門「…………私に飽きた?」

かがみ「そんなことじゃないわ、でも会えないと思うんだ」

長門「…………」

かがみ「バイバイ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 06:52:22.61 ID:rtWvpdI0O

長門「…………嫌」ガバッ

長門(……夢?……………嫌な夢だった)

かがみ(バイバイ)

長門(…?かがみの声が…………無い……鏡がない……)

ピンポーン

朝倉「長門さーん」

長門「……どこにあるの?………かがみ…」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 06:55:02.15 ID:rtWvpdI0O

朝倉「長門さんってばー!まだ寝てるのー?」

長門(今日は休日の筈、なぜ朝倉涼子が?…彼女なら知っているかもしれない)

朝倉「入っちゃうわよー?」

長門「……入って」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 06:59:46.15 ID:rtWvpdI0O

朝倉「長門さん、起きてるなら返事してよね?心配したのよ?」

長門「………なくなった」

朝倉「え?」

長門「……鏡が無くなった、これではかがみに会えない」

朝倉(本当に重傷ね……私のせいだわ)

長門「……友達とはすぐに消えるの?」

朝倉「長門さん、あの鏡…いや、かがみさんだっけ?そんな人は最初からいなかったわよ?どうしちゃったの長門さん?」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 07:15:40.53 ID:rtWvpdI0O

長門(……最初からいない?……夢?…………そんな筈は無い、実際に喋った記憶もある。記憶に関して私は自信がある)

朝倉「変な夢でも見てたんじゃないかしら?」

長門「………夢なんかでは無い、現実におきていた。私に狂いは無い、これは真実」

朝倉(…長門さん本気なの?でも誰もいなかったし、そんな人の気配なんて無かったわよ?)

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 07:35:40.61 ID:rtWvpdI0O

長門「………いなくなるならなるで、言ってほしかった…」

朝倉(…気のせいかしら?長門さんから悲しみの感情があらわれたわ……もしかして本当に実在していた?…実在していたのなら何故あの鏡に情報改変された形跡がなかったの?これも涼宮さん?……情報爆発も無かったのに)

長門「……朝倉涼子、一人にしてほしい」

朝倉「え?でも…」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:14:51.14 ID:rtWvpdI0O

長門「……一人でいい」

朝倉「うん…でも……後で連絡してね?」

長門「………」コクッ

朝倉(あああ…消したなんて言えない………どうしよう〜)

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:40:41.67 ID:rtWvpdI0O

長門(…………嫌な気持ち…寝よう…)

プルルル

長門(電話?…涼宮ハルヒ……なぜかでる気分にならない、留守番電話に…)

ハルヒ「あ、有希!?留守番電話なんて珍しいわね!今日は不思議探索するから今から有希の家に行くわ!」

長門(…でればよかった…)

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:42:22.39 ID:rtWvpdI0O

長門(……………)

ピンポーン

長門(…早過ぎ)

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:44:47.12 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「有希ー来たわよー」

キョン「なんで二人で来る必要があったんだよ。てか、いちいち起こしにくるな、目覚め悪い」

ハルヒ「いいじゃない、遅刻よりはマシでしょ?」

キョン(どうせ俺におごらせるつもりのくせに…)

長門「………」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:46:25.70 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「有希?おーい」

キョン「入っていいって事だろ?長門は基本的に無言だからな」

長門(いつもの態度を改めなくては…)

キョン「入るぞ、長門」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:48:48.66 ID:rtWvpdI0O

キョン「おじゃましま………」

長門「…………」ズゥーン

キョン「長門?」

ハルヒ「ねえキョン、有希ってここまで暗かったっけ…?」

長門「………………………………………………………………………………………………………………」

キョン(こりゃ重傷だな…朝倉の作戦は強行すぎたか…)

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:50:22.51 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「…有希?どうしたの?なんか変よ…」

長門「……………かがみ」

ハルヒ「…鏡?」

長門「………」

キョン(喋りづらいな……)

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:54:26.80 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「どうしたのよ!有希らしくないわね!魂がどこかにいったみたいよ!?しゃんとしなさい!」

長門「………………どこかにいったのはかがみ」

キョン(ハルヒがいる前で迂闊に話しもできん…しかし、ここまで落ち込んでる長門ってのも見てられんな…どうするべきか)

ハルヒ「ほら有希、立ちなさい!不思議探索すれば鏡の一つや二つ、転がってるわよ!」

長門「……………転がってる?」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 10:58:19.14 ID:rtWvpdI0O

キョン「そ、そうだよ長門!きっと転がってるさ……!」

長門「…………わかった」

ハルヒ「有希、私がおんぶしてあげるから来なさい!」

キョン「しなくていいだろ」

ハルヒ「なにいってんのキョン!これだから雑用しか出来ないのよ?団員が困ってたらいつだって背中を貸すぐらいしないと!」

キョン「悪かったな、雑用係で」

長門「…………………」

キョン(長門が暗すぎて怖いな…)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 11:35:22.16 ID:rtWvpdI0O

キョン「…………」テクテク

長門「…………」

ハルヒ「………はぁはぁ」ヨロヨロ

キョン「辛いなら止めろよ…」

ハルヒ「なにいってんの…!辛いのは私じゃなくて有希でしょ……!?」

キョン「そうだな…」

長門「…………………………」

ハルヒ「やっぱ代わって………」

キョン「というか長門、一人で歩けるだろ?」

長門「…………」コクッ

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 11:39:07.60 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「……疲れたわ!そうだキョン!あんたが私をおぶりなさい!団長命令よ!」

キョン「だったら最初からすんな、おぶらないぞ」

ハルヒ「………雑用でしょ?いいからおぶれ!」ヨジヨジ

キョン「勝手にのぼるな!……重い」

ハルヒ「殴るわよ」ガスッ

キョン「殴りながら言うな」

長門「……………………はぁ」

キョン・ハルヒ「!!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 11:42:28.16 ID:rtWvpdI0O

キョン(ため息…?)

ハルヒ(有希がため息?)

長門「…………なに?」

キョン「いや、なんでもないさ」

ハルヒ「気のせいよね…ほ、ほら、みくるちゃんと古泉君がいるわよ!」

長門「……………」

キョン(長門と二人のペアになったら大変だな…)

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 11:46:52.17 ID:rtWvpdI0O

古泉「おんぶですか、いやぁ僕も母親によくされた覚えがありますよ。懐かしく、ほほえましい」

みくる(長門さんから、黒いもやもやがみえますぅ…)

キョン「あぁ疲れた、ハルヒおぶってやったんだ。奢れよ?」

ハルヒ「私がおぶさったんだからダメよ!あんたが払いなさい!」

キョン(このやろう…)

古泉「落ち着いて下さい。閉鎖空間が生まれたら大変なんですから」

キョン「ならお前払え」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 12:15:29.00 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「ごちゃごちゃしてないで入るわよ!」

キョン「……やれやれ、欝になっちまい……」

長門「…… … …………… …」

キョン(すまん長門)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 12:18:36.68 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「クジよクジ!ほらみくるちゃんから引いた引いた!」

みくる「はぁ〜い」

ハルヒ「さぁみんな、印は?ちなみに私は印アリよ!」

みくる「ありますぅ」
キョン「無いな」
古泉「僕はありますね」
長門「…………………」

キョン(わぁ、大変だ)

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 12:29:10.67 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「善は急げ!さぁ行くわよ!そして必ず一つは不思議を発見すること!以上!」

みくる(長門さんになったら怖かったです)

古泉「では、僕達は行きますね」

キョン「…………早くいけよ」

長門「……………」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 12:41:02.23 ID:rtWvpdI0O

キョン(不思議と言うか長門のテンションを戻したほうがいいような…てか今の長門が不思議だ)

長門(転がってる鏡…)

キョン「長門、どこに行きたいんだ?」

長門「………鏡」

キョン「か、鏡か…ホームセンター系でいいのか?」

長門「……鏡」

キョン(おお神よ、俺を助けてくれ…あ、神はハルヒ説もあったな……神はやめよう役にたたん)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 12:45:09.75 ID:rtWvpdI0O

長門「……………」キョロキョロ

キョン「鏡を探してるのか?」

長門「…正確には鏡ではなくかがみ、鏡と言う物体は柊かがみと、連絡をとる媒体」

キョン「ようは、かがみさんとやらを探してるのか」

長門「…………そう、しかしこの世界に存在しているか不明」

キョン「長門の情報操作でなんとかならないのか?」

長門「………不可」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:04:34.24 ID:rtWvpdI0O

キョン「まぁ、なんだ、さっきよりはいい感じだな」

長門「…………なにが?」

キョン「テンション」

長門「……………そう」

キョン「欲しい鏡があったら言ってくれ買えるもんなら買ってやるさ」

長門「……………そう」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:08:23.85 ID:rtWvpdI0O

キョン(とりあえず着いたわけだが…鏡たけぇよ……あまくみてた…)

長門「……………」ジーーー

キョン(長門、それは買えない…すまん)

長門「………かがみ」ジーーー

キョン「楽しいか?」

長門「…………いない」

キョン(………)

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:12:13.15 ID:rtWvpdI0O

長門「………気になる」

キョン「ん?かがみって人がか?」

長門「……この鏡には私と貴方が映っている、私にはかがみの声が聞こえたがあなたには聞こえない?……もしくは、かがみ以外の人物の声が聞こえたりしない?」

キョン「……しないな」

長門「……そう、でも聞こえたら教えて」

キョン「わかったが、期待しないでくれ、俺は通常な人間だからな」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:19:38.64 ID:rtWvpdI0O

かがみ「う〜ん、映らないなぁ、どうしたんだろ?」

こなた「ついにかがみんが電波に……」ニヤニヤ

かがみ「ぶん殴るわよ?ちゃんと有希って子はいたんだからね!?」

こなた「ん〜妄想かがみん萌え〜」

かがみ「…………」バシッ

こなた「痛いよかがみん!ジョークだよ、もぉ〜」

つかさ「有希ちゃんって子にあってみたいなぁ〜」

かがみ「つかさ、あんたがいつも雪に埋まるから悪いのよ?まったく…」

つかさ「あはは、ごめんなさい」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:34:08.46 ID:rtWvpdI0O

キョン(長門は鏡ばっか見てて疲れないのか?俺はひじょーに疲れたんだが…)

長門「…………これも駄目」

キョン(……なにが基準なんだ?全くわからん)

長門「……………全て駄目」

キョン「む、そりゃ残念だな、もういいのか?」

長門「…今日は諦める」

キョン「そうか、次は違うとこに連れてってやるさ、諦めないでがんばれヴぁ」

長門「………?」

キョン(とても変な事を言った気が……気のせいだな、うんそうだ)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:37:55.12 ID:rtWvpdI0O

キョン「戻るか…?」

長門「………」コクッ

キョン(多少は長門の気分も紛れたようだな、感謝しろよ朝倉と午後の長門とのペア)

長門「…………私は諦めない」

キョン「そのいきだ長門」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 16:28:22.65 ID:rtWvpdI0O

キョン「しかし遠くにきすぎたな…時間に間に合うか?」

長門「………平気」

キョン「そうか、頼りになるな長門は」

長門「…………走れば」

キョン「…そうか」

長門「………走る?」

キョン「走らなきゃハルヒがうるさいからな…やれやれ」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 16:34:10.16 ID:rtWvpdI0O

キョン「ぜ〜ぜ〜、死ぬ……」

長門「…………」

キョン「疲れを知らないのか長門……」

長門「………肉体の疲労は情報を操作−」

キョン「……俺にもしてくれよ……」

長門「………わかった」‡Å』⊇〔(

キョン「………おぉ、見事に疲れがとれた!しかし、息切れはなおらない…注文しそこねた…」

長門「………急がなければ間に合わない」

キョン「わかったから引っ張るな……服が伸びる………はぁはぁ」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 16:38:37.55 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「遅いわね………」

古泉「そうですね…おや?ご到着のようですよ」

キョン「………ヒューヒューヒュー」

ハルヒ「このウスノロキョン!バカアホマヌケ!遅すぎよ!!」

キョン「ゲロがでひゅ」

みくる「大丈夫ですかぁ〜〜!?救急車呼びましょうか?」

長門「…………」

古泉(可哀相に…)

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 16:55:35.67 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「ちなみにもうメンバーは決まってるからね!あたしとキョンと古泉!そしてみくるちゃんと有希!」

キョン「ちょっとでいいんだ…休ま」

ハルヒ「せるわけないでしょ!いくわよキョン!」

キョン「さらば俺」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:37:37.08 ID:rtWvpdI0O

みくる「いっちゃいましたね」

長門「…………」

みくる(ひぃ〜〜)

長門「…………」

みくる「ど、どこにいきますか?」

長門「……どこでも」

みくる(あわわわわわわ、とりあえず図書…)

長門「………………」ぐぅ〜

みくる「なにか食べましょっか」

長門「………お願いする」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:41:26.53 ID:rtWvpdI0O

みくる(よかったぁ〜あのまま何も喋らなかったら………ひぇ〜)

長門「………顔が引き攣ってる」

みくる「ひゃわわわわわ…わたしもお腹が減って…」

長門「………そう」

みくる「ケーキ食べ放題ってところがあるんですけどそこでいいですか?」

長門「…………いい」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:44:00.15 ID:rtWvpdI0O

みくる「……あれ?あれれ?あのぅ長門さん…」

長門「…迷子」

みくる「ちちがいますよぅ…ちょっと忘れてしまったといいますか……う〜んと…」

長門「………こっち」

みくる「ふぇ?」

長門「…………」スタスタスタ

みくる(なんでわかるんだろう?)

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:48:57.63 ID:rtWvpdI0O

みくる「まってくださぁ〜い……長門さぁ〜ん……あうっ」バタッ

長門「………平気?」

みくる「ちょっと痛いです…あ、でも平気です!早くケーキ食べに行きましょう!」

長門「…………わかった」

みくる(痛いぃ〜ひりひりするぅ…)

長門「……辛いなら言って」

みくる「ありがとうございます、でも大丈夫ですよぅ」

長門「…………」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:51:42.16 ID:rtWvpdI0O

みくる「着いちゃいました…長門さん、なんで場所がわかったんですか?」

長門「………匂い」

みくる「長門さん、犬さんみたいですね♪あ、褒めてるんですよぅ?」

長門「…………」

みくる「入りましょう。お腹がペコペコです」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:56:10.65 ID:rtWvpdI0O

みくる「1000円で食べ放題…安いですね〜」

長門「……有料?食べ放題なのに?」

みくる「あ…言葉をいれそこねちゃいました……有料です。ごめんなさい……」

長門「………別にいい」

みくる「でも本当に安いですよねぇ…」

長門「…………」スタスタスタ

みくる(あれ?長門がいない………もう入っちゃったんですか、よっぽどお腹が空いてたんですね)

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 18:59:38.65 ID:rtWvpdI0O

長門「……………」モグモグ

みくる「このイチゴ甘いですぅ♪」

長門「…………」モグモグモグモグ

みくる(食べるの早いですぅ…すごい)

長門「…………」ガタッ

みくる「ひゃっ!あ、あのぅどうしたんですかぁ?」

長門「…………トイレ」

みくる「あ、はいわかりましたぁ〜いってらっしゃぁい」

長門「………」スタスタスタ

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 19:03:45.95 ID:rtWvpdI0O

みくる(…食べ終わったらどうしましょう?)

ざわざわがやがや

みくる(ん?騒がしく…………ま”)

店員「お客さん!鏡を持っていかないでください!お客さん!!」

長門「これはあなたでは、使いこなせない」

店員「え?いや…………て、店長ぉぉぉぉぉ!」

みくる(あわわわわわわわわわわわわわわ)

長門「…………ただいま」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 19:16:37.60 ID:rtWvpdI0O

長門「この鏡は逸材」

みくる「長門さん!店長さんがくるまえに元の場所へ……」

長門「ならば店長と交渉してくる」

店長「拒否する」

みくる「しゅしゅみましぇん!鏡の大ふぁん…そうなんです!鏡の……」

長門「…違う、かがみは友達」

みくる「きょんくんたすけてください〜わたしはわたしは…あたまがまわりまふぇん…」

店長「とりあえず、それを置いて来ておじさんとお話しようか」

長門「………貸すだけでもいい」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 19:19:05.01 ID:rtWvpdI0O

みくる「ででででんわですぅ……」ピポパ

プルルル

鶴屋「にょろ?」

みくる「うひゃうっ…鶴屋さん!?あの、あのぅ……間違えましたぁ〜」プチ

鶴屋「相変わらずみくるはかわいいねっ!」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:36:15.23 ID:rtWvpdI0O

みくる「あわわ…キョン君の電話番号は………これですね!?」ピポパ

プルルル

ハルヒ「あっ!みくるちゃん!?」

みくる「あああ…ままた間違え…」

ハルヒ「間違えてないわよ!これはキョンの携帯だから、ちょっとキョンが大変なことになったから私が代わりにでてるだけよ!」

みくる「キョン君が!?こっちは長門さんが………あれキョン君が?あれ?長門さん??あれれ?」

ハルヒ「バグらないでみくるちゃん!深呼吸して!」

みくる「あ、ハイ!」スーハースーハー

店長「だから返しなさい!貸すのも無しだからね?」

長門「………拒否」

店長「それを拒否する」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:42:15.18 ID:rtWvpdI0O

みくる「あのですね、長門さんが鏡をもってきて店長が怒ってるんです」

ハルヒ「有希が?…珍しいわね、有希がヘマするなんて」

みくる「キョン君は平気なんですか?」

ハルヒ「ちょっと肩車とおんぶしたぐらいでバグっちゃったのよ、なんか、ヴぁ。とかうるさいのよ」

みくる「とりあえず助けてくださぃ〜わたしじゃ長門さんを止めれないですぅ」

ハルヒ「わかったわ!待っててねみくるちゃん!てかどこにいるの?」

みくる「禁則事項です」(あ、癖で…)

ハルヒ「あ、いたわ」

みくる「偶然ですぅ…早く助けてくださぁ〜い……」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:46:28.12 ID:rtWvpdI0O

長門「……………せめて一日」

店長「ならん!これはココの備品なんだから!」

ハルヒ「有希!」

店長「ん?この子の友達かい?ちょっということを聞かなくて困ってるんだ」

ハルヒ「なんて言ったの有希?」

長門「………一日のレンタルを要求した」

ハルヒ「ダメじゃない!こっちもなにかださないと!」

店長(最近の若い子は……)

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:51:09.62 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「店長!あの子を一日レンタルするわ!」

みくる「……ふぇ?」

ハルヒ「今ならメイド、バニー、ウェイトレスのコスプレつきで、バイトさせてあげるわ」

店長「ふむ、これは対等な取引とみた、いいだろう」

ハルヒ「………どう?有希、これが取引よ」

長門「…………感謝する」

キョン「……お前が…やれってヴぁ」ガクッ

ハルヒ「ツッコミだけは根性あるわね」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:55:25.68 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「帰るわよみんな」スタスタスタ

みくる「    え?えぇ〜……」

ポンッ

店長「バニーでお願いするよ」

店員「店長、ちなみにあのショートカットの女の子はお金払ってないです」

店長「…………」ニコッ

みくる「ふぁ…………あ、あのぅ……」

店長「ほら、お客さんだ」

みくる「いらっしゃいませ〜……」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 20:59:50.60 ID:rtWvpdI0O

長門「…………………」キラキラ

古泉「長門さんの表情がとても輝いて見えますね」

ハルヒ「有希よかったわね!」

長門「…………」コクッ

ハルヒ「キョン!いつまで古泉君におぶさってもらってるの!?おきなさい!」

キョン「………んぐ、ここは……?」

古泉「おはようございます」ニコニコ

キョン「………寝起き最悪だ…」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 21:05:26.76 ID:rtWvpdI0O

キョン「体が痛い…」

ハルヒ「だらし無いわねぇ…それでも男?」

キョン「古泉を肩車して、お前おんぶして、肉体的、精神的にやられたんだぞ?」

ハルヒ「それぐらい変な事しなきゃ不思議なんて見つからないわよ!」

キョン「朝比奈さんは?」

ハルヒ「有希の持ってる鏡と一日交換したわ」

長門「…………」キラキラ

キョン「……………」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 21:10:04.65 ID:rtWvpdI0O

ハルヒ「んじゃ解散!」

古泉「お疲れ様でした」

キョン「やれやれ…」

長門「……涼宮ハルヒ、感謝する」

ハルヒ「いいのいいの!んじゃね〜」

キョン「長門も帰るのか?」

長門「…………」コクッ

キョン「そうか、んじゃあな」

古泉「僕にはなんの挨拶もないんですか?寂しいですね」

キョン「………なんだ、かまってほしいのか?」

古泉「いえいえ、ちょっとしたジョークですよ。では」

キョン「………はぁ」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 21:38:15.55 ID:rtWvpdI0O

長門(………これで、会えるかもしれない……期待)スタスタスタ

朝倉(あ、長門さん…また鏡を……もしアレをめのまえで叩き割ったら…やめましょう。長門さんが楽しんでるんだもの)

長門「………到着…実行してみる」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 21:40:50.25 ID:rtWvpdI0O

長門「………完了」

鏡「   」

長門「……こんばんは」

鏡「   」

長門「私しか映らない…これも失敗?」

鏡「   」

長門「この私は少し薄い…」

鏡「   」

長門「………はっ!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 21:44:25.14 ID:rtWvpdI0O

長門「…………………………」

鏡「    」

長門「………やられた」

ガラス「   」

長門「…………鏡じゃない、ただガラスをはめ込んだだけ…苦情をいわなければ…」

ガラス「   」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 22:05:22.51 ID:rtWvpdI0O

長門「………電話」

ガラス(気付けよ)

長門「…?」ピポパ

プルルル

みくる「はい、〇〇店〇〇〇〇ですぅ。あ、癖で…長門さん?どうしたんですかぁ?」

長門「……そこの店長を出して」

みくる「ふぇ?わかりましたぁ」


店長「なんだね」

長門「………安上がり反対」

店長「今頃気付いたのかい?安上がりじゃないよアレは、新たな世界の第一歩さ」

長門「……朝比奈みくるは、ガラスよりもずっと優秀、対等ではない」

店長「食い逃げ少女」

長門「…………朝比奈みくるを介抱して」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 22:13:28.64 ID:rtWvpdI0O

店長「………君、大人の世界を甘くみてるよ?第一…」

長門「……たかが人間が私に勝てるとでも?貴方達人間は涼宮ハルヒの手の平で踊ってるに過ぎない、そんな生命体が情報統合思念体に盾突くとは愚か。………熱くなりすぎた」

店長「ふむ、君の言い分はわかった、そういう事にしておいてやろう。彼女を返す、だから君が持って行った物を返しなさい」

長門「………了解した」

みくる「店長さんなんだか涙目になってましたよぅ?」

長門「朝比奈みくる、コスプレ状態のまま帰宅して欲しい」

みくる「………それは恥ずかしいですぅ…」

長門「……お願いする。」ぷち

みくる「切られちゃいました…バニーの格好なんて恥ずかしいですぅ……」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 22:16:42.51 ID:rtWvpdI0O

長門「………朝比奈みくるは当初、制服だった。しかしコスプレ状態で返却されれば傷物扱いになる。と、いうことはこのガラスも傷物にしてもいいはず」

ガラス「   」

長門「………店長によろしく」

ガラス「   」

パリーンパリーンパリーンパリーンパリーンパリーンパリーングシャグシャ…ジャリジャリ………サラサラー

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 23:33:20.11 ID:rtWvpdI0O

長門「…………」

粉「         」

長門「………粉々…やり過ぎた」

粉「         」

長門「………?」

粉「    」

長門「………なに?」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 23:41:28.16 ID:rtWvpdI0O

こなた「うへぇ……サーバーがメンテ中だよ…あ〜暇だぁ」

ゆたか「お姉ちゃ〜ん、ご飯だよ〜」

こなた「ほぉ〜い」


長門「………誰?……あ、消えた」

粉「    」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 23:49:40.24 ID:rtWvpdI0O

長門「…………」

みくる≧粉
……………
みくる<粉

長門「………契約成立」ピポパ

プルルル

みくる「はい」

長門「………店長」

みくる「あ、はいわかりましたぁ」

長門「…………」

店長「…………」

長門「…契約を続行したい」

店長「…好きにしてくれ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 00:02:58.15 ID:rp9FLcoaO

長門「………よろしく」プツ

店長「………切れた」

みくる(………早いですね)

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 00:08:43.01 ID:rp9FLcoaO

長門「…………粉」

粉「   」

長門「…………」ジーーー

粉「   」

長門「…………今日はもう見れない…?」

ヒュー

長門「………あ」

粒「   」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 00:18:58.14 ID:rp9FLcoaO

長門「………風…この物質も情報を操作できない…不思議」

粒「   」

長門「………捨てよう、おやすみ」

朝倉(もうなんでもアリなのね長門さん…)

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 00:23:14.15 ID:rp9FLcoaO

長門「………zz」

朝倉(私が扉を開けて見てたから風が入ったのね…また私が長門さんの楽しみを………)

長門「…………zz」スヤスヤ

朝倉「ゴメンね長門さん」

長門「………岩崎で……す」

朝倉(!!…びっくりした、寝言かしら?おやすみ)

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 07:10:27.13 ID:rp9FLcoaO

長門「………」

時計「7:00」ピピピピ

長門「……!……朝」

九曜「………………」

長門「……………!」ビクッ

九曜「……………!」ビクッ

長門(…なんでいるのかわからない)

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 07:14:19.59 ID:rp9FLcoaO

長門「………何をしている?天涯領域」

九曜「……鏡を………つく………………ったのは    ………」

長門「……あなたが?」

九曜「………た………ぶん、」

長門「……………どっち」

九曜「…………つくっ……た……で…も、……………材料がな………くて   もう … 作れな………い」

長門「…!……材料を教えて」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 07:19:38.05 ID:rp9FLcoaO

九曜「…………たくさん…の………透明な………………物」

長門「………わかった、集めてくるからこの場にいて」

九曜「…………お腹…………すい…………………た」

長門「…………冷蔵庫の中に食糧があ
る。食べてもかまわない」

九曜「……………あ………」

長門「行ってくる」

九曜「………」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 07:24:18.18 ID:rp9FLcoaO

九曜「………いいわ………すれ…………た………いい………か」

朝倉(ついに長門さんが不気味な人形とまで話すように……?……あれ?あの人形動いてる………)

九曜「……………」

朝倉(冷蔵庫を物色してるわ、あの人形…成敗するべき?……ここは様子を見ましょう)

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 07:30:10.68 ID:rp9FLcoaO

長門(………透明な物って何?……もっと特定するべきだった。透明…まずは空気を集めなければ)

国木田「…………」テコテコ

長門「……あの場合の空気でも可…?………とりあえず採集開始」

国木田「…………うわっ」グイッ

長門「…………捕獲」

国木田「ん〜ん〜」モゴモゴ

長門「……圧縮しておく」⊇Ň仝¶¢§

ミニ木田「………!?」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 11:06:47.62 ID:rp9FLcoaO

ミニ木田(なんなんだ〜?何が起きたんだ?僕なにか悪い事したっけなぁ…)

長門「………やっぱり間違ってる気がする。……逃がそう」ぽいっ

ミニ木田「痛い!……ん?何だか周りが大きく見えるなぁ…あれ?僕が小さいのか、不思議な事もあるんだなぁ。そうだ、谷口に教えてあげよう、きっとびっくりするはずだよ」

長門「………たくましい」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 11:11:02.14 ID:rp9FLcoaO

女性「あら、かわいらしい、君なにもの?」

ミニ木田「あ、国木田っていいます」

女性「ちょっと私の肩にのってよ、ペットにしたいわぁ〜」

ミニ木田「あ、谷口のところに連れていってください。お願いします」

女性「お安い御用よ〜さぁ行きましょう」

長門「…………世渡り上手」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 11:36:18.48 ID:rp9FLcoaO

長門(………本当に周防九曜は作れるかが疑問になってきた)

ハルヒ「……あれは有希じゃない?」

長門(……透明な物)キョロキョロ

ハルヒ「有希ぃ〜!」

長門「………涼宮ハルヒ」

ハルヒ「奇遇ねぇ!何やってるの?」

長門「………幸せをみつけに」

ハルヒ「大変ねぇ…有希!あたしも手伝うわ!遠慮しないで、どーんときなさい!」

長門(………どーんと?)

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 11:41:12.68 ID:rp9FLcoaO

長門(……どうするべきか?…結論がだせない、ここは状況に身を委ねる)

ハルヒ「幸せは歩いて来ないわ!だから歩いているのよね!?でもそれだけじゃダメなの、時には走る事も必要なの」

長門「………では、時に止まる事も必要?」

ハルヒ「そんなものいらないわ!さぁ有希!!進めぇ〜!」ダダダダダ

長門(…………止まらなければ採集できない)

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:02:15.16 ID:rp9FLcoaO

長門「……あこに幸せが(ガラス)」

ハルヒ「有希!止まっちゃダメっていったでしょ!?ほら来なさい!」ズルズル

長門「……幸せ回収に失敗」

ハルヒ「ところで有希の幸せって何?」

長門「……かがみのいる鏡」

ハルヒ「ふぅ〜ん」

長門(………)

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:05:02.15 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「鏡のいる鏡って何?」

長門「……喋る鏡と言えばわかりやすい」

ハルヒ「…!それって凄いじゃない!不思議よ不思議!素晴らしいわ!さすが有希ね、えらいえらい」ナデナデ

長門「………探す」

ハルヒ「さぁ、走るわよ!」ダダダダダ

長門(……理解してくれたのだろうか?)

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:07:03.42 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「あれ?あこにいるのキョンじゃない?今日は病院とかいってたわね」

長門「………病気?」

ハルヒ「さぁ?」

キョン「………?寒気がする」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:11:44.59 ID:rp9FLcoaO

キョン(迂闊に喋れんぞこれは………今、ハルヒが来たら何をいわれるかわかったもんじゃない)

ハルヒ「……わっ」

キョン「ぬぉぉ!……なんすんだってさヴぁ!ってハルヒ!?」

ハルヒ「………あんた、それまだ治らないの?めちゃくちゃヴぁカっぽいわよ」

キョン「嫌味かコイツ…」

長門(…周防九曜の事を忘れていた)

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:15:18.73 ID:rp9FLcoaO

キョン「………あまり話しかけんなよハルヒ」

ハルヒ「みくるちゃんと古泉君があんなところにいるわ!キョン、有希!こっそり見ましょう」ニヤニヤ

キョン「だから話しかけんなってヴぁ!へ?朝比奈さんと古泉?……なにやってやがる古泉…」

長門「………穏便に」

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:18:03.87 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「あぁもぅ!あんまり聞こえないわよ!近づきましょう!」

キョン「駄目だ、これ以上近づいたらばれるってヴぁ」

ハルヒ「悔しいわ!屈辱だわ!」イライラ

長門「………代弁なら可能」

ハルヒ「さすが有希!お願いするわ」

長門「……まかせて」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:22:27.17 ID:rp9FLcoaO

長門「朝比奈さん、どうですかここのお店は?」

長門「すごく美味しいですぅ、ありがとう古泉君」

キョン「………古泉」

ハルヒ「ダメよキョン!堪えて!!」

長門「いえいえ、朝比奈さんから聞いたレトロゲーム専門店は素晴らしかったんですよ、これくらい当然です」

キョン「……ヴぁルス」

ハルヒ「キョン!しっかりしなさい!」

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:27:07.17 ID:rp9FLcoaO

長門「ふふ、他に注文はないんですか?」

長門「あのぅ…アレが食べてみたいですぅ…」

長門「さすが朝比奈さん、あれはこの店の目玉商品なんですよ」

長門「ひっ、目玉ですかぁ?」

長門「あ、いやぁ生き物の目、というわけではなく、簡単に言えば1番のオススメ、というわけですよ」

長門「ひゃぁう……恥ずかしいですぅ」

キョン「なぁハルヒ、古泉がいじめる…」シクシク

ハルヒ「泣かないのバカ!」

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:42:00.76 ID:rp9FLcoaO

長門(そういえば、彼は私にジョークを言えといった事がある。ジョークとは和みが発生するとも聞いた事がある。今、彼は泣いている、ここは私のジョークの見せ所なのかも知れない)

キョン「もし、あいつらがキスレベルでいちゃつきやがったら俺を止めないでくれ、いやハルヒ、お前でも止められん」

ハルヒ「大袈裟ねぇ…キョンってば心が狭すぎるのよ全く」

長門(………チャンス)

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 16:46:42.97 ID:rp9FLcoaO

長門「おや?朝比奈さん、口にチョコがついてますよ?」

長門「ふぇ?」

長門「とってあげますよ、口で」

キョン「ゴートゥーヘル、ITSUKI KOIZUMI」ダダダダダ

ハルヒ「あっキョン!有希いまの本当!?」

長門(…ここジョークといってはいけない気がする)

ハルヒ「有希!」

長門「…………………ジョーク」プルプル

ハルヒ「なれないことはしなくていいのよ?とりあえず私達もいくわよ!」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 17:54:39.16 ID:rp9FLcoaO

キョン「古泉ぃぃぃぃぃ!」ダダダダダ

キョン(とりあえず、殴る)

みくる「あ、キョン君♪」

キョン「奇遇ですね朝比奈さん、今日はお茶ですか?」

長門(…………人間とは難しい)

古泉「おや、長門さんに涼宮さんも、不思議探索もないのに全員集合とは僕達は見えない絆で結ばれているのかもしれませんね」

ハルヒ「そうね、やっぱりSOS団は全員で一人なのよ」

長門(見えない絆?…透明、これは凄い収穫)

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 17:56:40.40 ID:rp9FLcoaO

長門「……ここにいる全員に話がある」

みんな「?」

長門「私について来て」スタスタスタ

ハルヒ「面白そうね、みんな!有希についていくわよ!」

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 19:15:55.95 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「有希どこ行くの?」

長門「私の部屋」

キョン(変な事はやめてくれよ………)

長門「………」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 19:23:47.67 ID:rp9FLcoaO

みくる「みなさぁ〜ん早過ぎまぁ〜す……」ヘロヘロ

キョン「大丈夫ですか朝比奈さん!?長門!速度落としてくれ」

長門「…………」スタスタスタ

キョン「くれってヴぁ!……あぁもう語尾この野郎!」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 19:36:47.63 ID:rp9FLcoaO

みくる「やっと長門さんのお家につきましたぁ〜……はぅ〜」

長門「入って」

ハルヒ「おっじゃまっしまーす!」

古泉「お邪魔します」

みくる「ふぉあ〜まふ」

キョン「……おい」

九曜「−−−−−」

長門「入って」

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 19:39:59.64 ID:rp9FLcoaO

キョン「長門、なんでコイツがここに?」

長門「………秘密」

みくる「お人形さんみたいですぅ」

九曜「−−−−」ジーーー

長門「…もってきた」

キョン(まさか生贄じゃないだろうな…)

ハルヒ「有希〜冷蔵庫にあるこんぺいとう食べていい?」

長門「………いい」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:04:30.71 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「こんぺいとうって投げ付けると痛わよね?」

古泉「ええ、当たりがでたら嬉しい限りです」


九曜「−−−なにを−−−−−−−もってき−−−た−−−−?」

長門「それをいまから説明する」


キョン「いてっ!投げるなハルヒ!いてぇ!やめろってヴぁ」

みくる「…………」カリカリモグモグポロッ

キョン「さ…三秒ルール!三秒ルールですよ朝比奈さん!」

長門「静かに」

古泉「…すみません」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:08:06.08 ID:rp9FLcoaO

長門「……周防九曜、もってきた物は目に見える物ではない」

九曜「−−な−−−−に?」

長門「私達SOS団の見えない絆を持ってきた。これは世界に…いや、宇宙にすら一つだけしか存在しない素晴らしい物」

九曜「−−−いい−−−−の?」

長門「…………?」

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:10:25.11 ID:rp9FLcoaO

九曜「鏡をつくる−−−−消費−−−」

長門「……!!」

キョン(なんかシリアスになったぞ…)

古泉(ええ、ちょっと困りますね)

みくる「…………」カリカリ

ハルヒ(みくるちゃん……)

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:13:05.15 ID:rp9FLcoaO

長門「………それでは」

九曜「−−消失」

長門「……………」

キョン「古泉、俺が喋るとまずいからお前が長門に話しをかけろ」ヒソヒソ

古泉「お任せ下さい」

みくる「………?」カリカリ

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 20:15:45.65 ID:rp9FLcoaO

長門「……………私にはできない」

古泉「どうしたんです長門さん?よければお話を聞かせてもらえないでしょうか?」

ハルヒ「そうよ有希!私達にちゃんといいなさい」

キョン(俺が喋れないのは苦痛だな)

みくる「…………」カリカリ

みくる(こんぺいとうがなくなっちゃいましたぁ…)

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:19:21.25 ID:rp9FLcoaO

長門「……実はカクカク然々」

古泉「なるほど、かがみさんと言う少女が気になるのですね。だが貴女は、その代償として我々の絆を使いたくない…と」

長門「………そう」

ハルヒ「みずくさいわね有希!今までの私達の絆がそんな事で切れたりはしないわよ!有希の友達って子、私もみたいもん」

キョン(しゃべりたい)

みくる(あ、チロルチョコ♪)ペロペロ

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:23:54.13 ID:rp9FLcoaO

長門「………いいの?」

古泉「僕からは何も言えませんが…団長、如何ですか?」

ハルヒ「こんなことで悲しむ有希なんて見たくないわ!さぁ有希!私達の心配はいいから早くなさい」

キョン(忘れてたらどうしようか…)

みくる「…………」ペロペロり

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 22:30:23.10 ID:rp9FLcoaO

長門「…………私も忘れない、……感謝する」

九曜「−−−きまっ−た?」

長門「…………」コクッ

九曜「−−今−−−−開始−−−−する」

古泉「涼宮さん、素晴らしい演説でした。SOS団の福団長として、とても鼻が高いですよ」

ハルヒ「ありがとう古泉君!でも忘れたら承知しないわよ?」

古泉「ええ、わかっておりますとも」

キョン(絆が切れるってなんだ?記憶でも消えるのか?記憶が消えるなんて言ってないしな…絆ってなんだ?)

みくる「おいしかっですぅ」ゲフ

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 23:40:48.61 ID:rp9FLcoaO

ハルヒ「………」

古泉「………」

キョン「………」

長門「………」

みくる(歯が痛いですぅ)シクシク

ハルヒ「大丈夫よみくるちゃん!泣かないで、私達ならきっと平気よ!」

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 23:50:53.09 ID:rp9FLcoaO

九曜「−−−−かん−−−せ−−−い」

長門「…………」ドキドキ

ハルヒ「………みんな平気?」

古泉「ええ、僕は平気です」

キョン「………」

みくる(平気じゃないですぅ〜)ズキズキ

ハルヒ「キョン?みくるちゃん?」

キョン「平気だってヴぁ!」

みくる「ズキズキします…」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/30(火) 23:57:13.53 ID:rp9FLcoaO

長門「…………かがみ」

新・鏡「    」

ハルヒ「どう有希?なにか聞こえた?」

長門「……なにも」

九曜「私は−−−−かえ−−−−−る」

長門「………感謝する」

鏡「    」

古泉「なにもおこりませんね」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 00:03:23.13 ID:T9qrL5TSO

長門「…………」

ハルヒ「あれから2時間、なにもおこらないわね」

キョン「かえるか?」

古泉「そうですね、このまま長門さんの家にいるのは迷惑な気がしますから」

ハルヒ「じゃあ一旦解散!また明日ね!有希、ちゃんと寝なさいよ?」

長門「…………」

鏡「    」

古泉「では、これにて」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 00:05:03.40 ID:T9qrL5TSO

長門(私は待つ、かがみが現れるまで……ずっと)

鏡「   」

長門(…………)

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 00:07:40.42 ID:T9qrL5TSO

九曜(切った絆は−−長門有希−−−柊かが−みの−−−−絆−−−−−−彼女が−−−−もう−−−−会うことは−な−−−−−−−−−−い)クスクス


九曜(さよ−−−−−なら)

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:07:45.96 ID:T9qrL5TSO

長門「………………貴女はいないの?」

鏡「   」

長門(淡い期待をした私が馬鹿だった…)

鏡「   」ピシッ

長門「…?」

鏡「   」ピシッピシッ

パリーン…

長門(………割れた…これでよかったのかもしれない………………何故だろう?前が見えない…エラー?)

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:10:45.49 ID:T9qrL5TSO

長門(……………もう終わりにしよう、おやすみ)


長門(…やはり割れていても気になる……もう、どうでもいい…私が壊れるまで見よう)

割れた鏡「    」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:19:12.43 ID:T9qrL5TSO

みさお「…ホントにここにつっこむのか柊ぃ」

かがみ「そうよ、そこに入ればなにかいいことが待ってるような気がするのよ」

あやの「やめようよ柊ちゃん、危ないよ?」

かがみ「いくよ!」

不思議な空間(嬢ちゃん勇気あんなぁ…わし、きにいった!願いを叶えさせてやろう)

かがみ「最終突撃命令よ!日下部、いくわよ」グイッ

みさお「こぇ〜よぅ、あやのぉ〜」ズルズル

不思議な空間(ワープ開始)

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:21:59.64 ID:T9qrL5TSO

長門(………もう朝、学校…………今日は行かなくていい)

割れた鏡「   」

長門(…………)プルルル

長門「……電話…」

長門「………もしもし」

キョン「大至急で俺ん家に来てくれ、んじゃ」

長門(……なんだろう?)

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:27:57.18 ID:T9qrL5TSO

長門(空間を連結させて素早く行こう……連結開始)

長門式空間「    」

長門「完成を確認……行く」

ドラクエの旅の扉と同じワープ音を想像してください

キョン「……長門、来るのはいいが、机の引き出しから出るのはどうかと思うぞ」

長門「………なんの用?」

キョン「ああ、お前に合わせたい人がいる。入ってきてくれ」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:33:41.15 ID:T9qrL5TSO

みさお「すげぇんだってヴぁ!」

かがみ「………有希ちゃん?」

長門「…………」

キョン(長門が微笑んだ?見間違いじゃ……ないな、俺じゃなくてもわかるくらい微笑んでいる)

長門「………かがみ」

みさお(あれ?わたしいらないこ?)

キョン「日下部さんといいましたよね?ちょっと二人だけにしてあげましょうか」

みさお「ん?おー了解了解」

398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:40:23.14 ID:T9qrL5TSO

キョン(しかしびびったな、まさか長門の家じゃなくて俺の家からとは…なんか俺は条件でもみたしていたのか?)

みさお「おーい…おーい聞いてるかぁ〜………おーいってヴぁ」

キョン「これかよ!わかったってヴぁ!」

みさお「おー、ナイス『ヴぁ』」

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 07:46:16.66 ID:T9qrL5TSO

その後、長門が情報操作を行い彼女達を北高の生徒にした。
まぁ三日だけの短い期間だったが、とても充実した三日間だった。
なにより長門の感情がたくさん見れた三日間だったな、あの二人に感謝するしかないな

余談だが…朝比奈さんは虫歯の治療で三日間とも学校を来ていない。……初めて俺は朝比奈さんがアホだと思った。

402 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/01(水) 08:01:08.59 ID:T9qrL5TSO

長門「………」

キョン「どうした長門?」

長門「………」

キョン「長門…?」

長門「……私は岩崎みなみになる」ダダダダダ

キョン「…………」

そういって長門はこの次元からさった。

キョン「さらば長門、フォーエバー」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        完

411 名前:おまけ[sage] 投稿日:2008/10/01(水) 10:58:29.91 ID:T9qrL5TSO

長門「………これで完璧、岩崎みなみの体をもらった」

?「ほら、これ食べないとハルカみたいなおねぇさんになれないよ?ほらほらほら、早くお食べ」

長門「………?」

夏奈「無視されたよコレ」

長門(中の人間違えた…)


保守してくれた人達ありが
とう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「安価で一条に性的なイタズラする」