ハルヒ「ちょっと、バカ兄貴!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「けいおんとかwww」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 15:47:22.09 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ「プリン買ってきてっていったでしょ!?」

ハルヒ兄「おめーのパシリみたいな真似、俺がするわけないだろ」

ハルヒ「もうっ、本当に使えない男!」

ハルヒ兄「黙れキチガイ」

ハルヒ「きぃーっ、ハルヒ流ドロップキック!!」

ハルヒ兄「ぐわっ!やめろ池沼女!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 15:51:43.82 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ兄「それよりリモコンよこせ。俺はこれからペンタゴンを観るんだ」

ハルヒ「ダメよ。私はこれから世界の怪奇現象特集を観るんだから」

ハルヒ兄「そんな変なモンばっか見てるからバカになったんだよ」

ハルヒ「バカにバカといわれたくないわ!」

ハルヒ兄「なにをーっ!」

二人「あうぇsdrtfygふじこ」

数分後

ハルヒ「勝利!」

ハルヒ兄「くっそ、バカ力女め…。ワンセグで見るか、クソ…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 15:55:14.11 ID:IBa7l1YE0

その夜

ハルヒ「あ、兄貴…、まだ起きてる?」

ハルヒ兄「あ?んだよ」

ハルヒ「わ、私の部屋に蚊が大量発生したから今日はここで寝かせなさい」

ハルヒ兄「は?蚊取り線香でもつければいいだろうが」

ハルヒ「あたしあの匂いダメなの!」

ハルヒ兄(また変なこと考えてやがるな…めんどくせーな)

ハルヒ兄「じゃあ俺がお前の部屋で寝てやるよ」

ハルヒ「駄目!」

ハルヒ兄「あ!?なんでだよ!」

ハルヒ「兄貴なんかが入ったら私の部屋がけがれるわ!

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 15:59:53.54 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ兄「はぁぁ!?それを言うならおれの部屋にお前が入ったらキチガイオーラが移るからさっさと出て行きやがれ!」

ハルヒ「うるさいわね!ゴチャゴチャ言わずに寝かせなさい!」

ハルヒ兄「ははーん、わかった。お前、怪奇現象特集見たから一人で寝るのが怖くなったんだろ」

ハルヒ「!そ…、そんなわけ…」

ハルヒ兄「だーかーら変な番組は観るなっつったんだよ。兄のありがたい忠告はきちんと聞きやがれ」

ハルヒ「うるさいわね!もういいわ、一人で寝るから!」

ハルヒ兄「ふん、せいせいするぜ!」


ハルヒ「きゃーっ!」

ハルヒ兄「ハ、ハルヒ!?」

バタン!

ハルヒ兄「どうしたんだよ」

ハルヒ「へ、変な仮面をかぶった男が窓から覗いてる!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:05:31.87 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ兄「あ?何もいねーじゃねーか」

ハルヒ「え?だってさっきたしかにそこに…」

ハルヒ兄「あのな、人間お化けとかを怖がりすぎると時として幻覚が見えるんだぜ」

ハルヒ「なによ、私は本当に見たもん!」

ハルヒ兄「わかったわかった。ほら、一緒に寝てやるから」

ハルヒ「バカ……」

ハルヒ(えへへ、お兄ちゃんあったかいなぁ…)


次の日

ハルヒ「聞いてよみくるちゃん、私の兄貴が昨日さあ…ペラペラ」

みくる「はぁ…」

キョン「ハルヒは最近兄貴の話ばっかだな」

古泉「ええ。しかし、おかしいのです。」

キョン「どうしてだ?」

古泉「涼宮さんには本来、兄なんていないのです」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:13:21.66 ID:IBa7l1YE0

キョン「っ!?マジかよ…」

古泉「ええ。しかし、彼女は先日古本屋で妹と兄のラブコメ漫画を読み、兄がほしいと願ってしまったのです」

キョン「で、作り出したってわけか…」

古泉「あええ。しかしこのままだと大変なことが起こります」

キョン「どうしてだ?」

古泉「涼宮さんは、かつてあなたに向けていた感情を、徐々に兄に移しつつあります。このまま行くと…」

キョン「え?まさか…」

古泉「彼女にとってのあなたの存在価値がなくなり、あなたは消滅します」

キョン「OH!NOOOOOOOOOO!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:18:32.70 ID:IBa7l1YE0

キョン「やべぇwwwwww俺死ぬの?マジ?wwwwwwwwwwうひょぅ!」

古泉「落ち着いてください。まだ間に合います」

キョン「どうすればいいんだ?」

古泉「涼宮さんをあなたに夢中にさせるのです」

キョン「うっ…あまり得意ではない分野だが、やるしかないのか…」

長門「私もサポートする。」

キョン「おう、頼むぜ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:27:17.55 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ「あっ、みんな集まってたのねー。でも今日はもう解散でいいわ」

キョン「ハ、ハルヒ!これからちょっと時間あるか?」

ハルヒ「何でよ」

キョン「いや、たまには団員その1と団長との絆を深めるのもいいだろ?」

ハルヒ「なによそれ…気持ち悪いわね」

キョン「はうっ!」

キョンに1000のダメージ!

ハルヒ「私早く帰りたいのよ。じゃーね」

バタン

古泉「早く追いかけて下さい!」

キョン(ぼー)

長門「強いショックを受けている」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:31:36.82 ID:IBa7l1YE0

古泉(だらしない人ですね。いたしかたない、ここは僕が)

古泉「涼宮さーん、待ってください、ハァハァ」

ハルヒ「え、古泉くん?どうしたのよ」

古泉「ここだけの話ですけど、キョンさんは、あなたのことが好きなようなのです」

ハルヒ「えっ!?」

古泉「さっきのは彼なりに勇気を振り絞った発言だったわけです。期待にこたえてあげてはもらえないでしょうか」

ハルヒ「そこまで言うなら仕方ないわね…」

古泉(ホッ)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:35:07.18 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ(キョンが、私のことを好きだったなんて…てっきりみくるちゃんが好きなんだと思ってたわ)

ハルヒ(有希との関係も怪しかったしね。でも、そっかぁ…キョンと付き合ったら楽しいかな)

古泉「ほら、涼宮さんを連れ戻してきましたよ。あとは頑張ってください」

キョン「お、おう。よーし」

ハルヒ「キョン、どうするの?」

キョン「近くの水族館にでも行こうぜ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:38:38.18 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ「何それ、つまんないわね。もっと心霊スポットとか、面白い場所に行こうと思わないわけ?」

キョン「そんなこと言ってもなぁ…そんなスポット近くにあるのか?」

ハルヒ「私にはわかるわ。近くに●×公園ってあるでしょ?あそこの薄暗い山道は絶対に怪しいわ」

キョン「そうか?」

ハルヒ「絶対に何か化けて出るわ。行きましょう」


キョン「だ、大丈夫か?ハルヒ」

ハルヒ「だ、だだだ大丈夫よ」ガクガクガク

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:42:32.50 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ(やだ、ここって噂に聞いてたよりも真っ暗じゃない…怖すぎワロタわよ)

キョン「ハルヒ、怖いならおれに抱きついてもオッケーだぜ」

ハルヒ「バカ!」

キョン「えっ?ご、ごめん」

キョン(あれ?今本気で怒ってなかったか?)


キョン「頂上が見えてきたぞ」

ハルヒ(やった!)

ハルヒ「そうね、頂上に行って何もなかったら、いつまでも居ても仕方ないし戻りましょう!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:45:46.46 ID:IBa7l1YE0

キョン「いい景色だな。こんなところまで登ったの久し振りだぜ」

ハルヒ「うん。そうね」

キョン(ここまで来て何もせずに帰っては男がすたる。よーし)

キョン「ハルヒ…好きだ」ちゅっ

ハルヒ「!?きゃっ」

バシッ

キョン「え…」

ハルヒ「え?あ、あ…

    ごめん!」


キョン「あ、おい待てよハルヒ!」

ハルヒ(なんで?なんで涙が出てくるの!?私はキョンのことが大好きだった筈なのに)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:49:24.49 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ兄「ハルヒ」

ハルヒ「え!?何で兄貴がここにいるの?」

ハルヒ兄「俺にきてほしかったんだろ?」

ハルヒ「兄貴……。」


キョン「ハハ…振られちまったか」


長門(このままでは本当に、彼が消えてしまう…)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:55:05.72 ID:IBa7l1YE0

ハルヒ兄「ハルヒ、帰ろう。おんぶしてやるよ」

ハルヒ「今日の兄貴、おかしい。優しすぎるもん」

ハルヒ兄「お前が泣いてるんだから当たり前だろ?」

ハルヒ(違うの、絶対におかしい。こんなにうまくいくはずがない。でも、嬉しい…)


次の日

古泉「涼宮さん、ボンヤリしているようですが大丈夫ですか?」

ハルヒ「うん……。」

古泉(彼女は、こう見えても常識的な人だ。きっと違和感に気付いているのだろう)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/19(金) 16:59:27.28 ID:IBa7l1YE0

古泉「涼宮……不安なんだろ?俺にはお前のすべてがお見通しなんだぜ!」

ハルヒ「古泉くん!……そうなの。私にはお兄ちゃんなんていないの!」

古泉「大丈夫。俺がおまえを導いてやる。着いてこい!!」

ハルヒ「一樹…!」

こうして古泉とハルヒは結ばれた
キョンは死んだ
お☆わ☆り


無理やり終わらせてすまん
もう用事なんだ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「いらっしゃいませ」キョン「……長門?」