ハルヒ「私……妊娠できない体なんだって……ヒクッ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「光彦くんを>>2する装置ができたぞい新一」

ツイート

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 00:50:32.16 ID:4FAWRakv0

 俺は俯いて肩を震わせているハルヒを愛おしく思い、そっと後ろから抱きしめた。

「ハルヒ……。」
「自業自得よね、きっと遊び過ぎたからね……こんな……あたしは駄目よね。」
「駄目じゃない、俺はそう思う。」
「本当? あたし……。」

 視線を外すことができない、俺は吸い寄せられるようにハルヒの唇を塞いだ。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 01:01:14.08 ID:4FAWRakv0

顔を紅潮させ、潤んだ瞳のハルヒはやけに色っぽい。
やがて二人は夢中で唇を貪り合っていた。

「はぁっ、キョン……キョン。 あたし、あんたが好き。」
「俺はお前を、始めて見た時から……好きだ。」
「本当? あたしも……ううん、北高に入る前から、ずっと好きだった。」

 やがて言葉は途切れ、夕暮れ時、二人きりの部室はキスの水音だけが響く。
俺は、いつもとは違うハルヒの様子に当てられていたのかもしれない。

「キョン、キョン。」
「ハルヒ……。」

 俺はハルヒを抱き上げ机の上に横たえる。 突然の行動だが、ハルヒは抵抗しない。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 01:12:50.13 ID:4FAWRakv0

胸をまさぐり、布越しに触れ合う感触はやわらかく、甘かった。
抵抗をしないのを良い事に、どんどん俺の手の動きはエスカレートしていく。
太ももをなぞり、指は柔らかで張りのある双丘を蹂躙し続けた。
いかん、止まらない……何も考えられない。

「んっ、うっ……。」

 ハルヒは俺の腕の中で身を捩るが、その動きには抵抗の意思は見られない。
それどころか組み敷いた俺の肩甲骨辺りに手を沿え、体をグイグイと押し付ける。
正直ブラ越しに感じる柔らかなハルヒは、甘美であった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 01:25:59.24 ID:4FAWRakv0

「キョン、あたし……変。」
「俺もだ。」

 下着越しにそっと大切な部分に指を這わす。
クレバスに触れ突起に指先を掛けるのに合わせ、しなやかに俺の中で跳ねる。
調子に乗った俺の首筋に噛み付くが、弱弱しい噛み方は刺激にしかならない。
ぐっ、ぐっと喉を鳴らすハルヒの下着は、いつの間にか、ぬめっていた。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 01:40:44.49 ID:4FAWRakv0

「キョ、ンっ! あんたは……調子に乗りすぎよ!」
「説得力無い。 あと、すまないが俺も限界。」
「ちょっ、ちょっ……!」

 下着に手を掛け、ゆっくりとずらす。
抵抗するハルヒは腰を揺らすが、小刻みに動くその動きは脱がす助けにしかならない。

「馬鹿、キョン! 死刑よ! あたしは……。」
「大丈夫、俺が嫁に貰ってやるよ。」
「なっ……嫁とか言うなっ! こんな時に、変た……」

 俺はハルヒの口を塞ぎ、ぬめりの最奥へと一気に侵攻する。
狭い、その空間と痙攣は俺を容赦なく締め付けるのだった。

「あ゛っ…… んっぐ……ふうっ、ふうっ……!」
「は、ハルヒっ!?」

 調子に乗りすぎたか? 耐え切れずに一気に奥へと出してしまった。
気持ち好過ぎて腰を引けない! かろうじて肘を突き、ハルヒの顔と距離をとる。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 01:53:57.04 ID:4FAWRakv0

「ば、馬鹿。 い……きなりすぎるのよ、出会っ……たとき……からそう。」
「お前も、俺には……突然過ぎた。」

 ゆっくりと自身を引き抜くとピンク色に染まった、どろどろが垂れて来る。
ハルヒには負担をかけちまったかな。

「ちょっと、キョン! 余韻を楽しんでるのに……あ、この際良いか。 凄くて……痛かった。」
「すまん、はr……」

 ハルヒは痛みのせいか潤んだ目で俺を見つめ、口付け、首へ手を回し抱き寄せる。
暴力的に俺の口内を這い回る舌に、先ほどよりも愚息が元気になっていく。
そして、一瞬の沈黙。

「キョン、あんたって対したこと無い……?」
「ハルヒ。」

 再び進入すると同時に、ハルヒは俺の背中を引っ掻いた。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 02:02:01.06 ID:4FAWRakv0

 翌日、いつも一番最初に教室へ居るはずのハルヒが、遅刻寸前の俺の目の前すぐに、
よたよたと歩いている。

「ハルヒ、おはよう。 昨日は済まなかった。」
「おはよう、謝らないで良いわよ。 でも本気にするから。」
「ああ、本気だ。 ……背中の傷に誓ってな。」
「やけにサラリというじゃない。 傷はすぐに治るわよ。」

 俺は思わず黙ってしまった。 何気なく傷つけたのか?

「ううん、多分残るわよ。」
「ああ、そうかもな。」

 実は昨日家に帰ってから、ちょっとした騒ぎになった。
背中の引っ掻き傷は真皮を削り、流血していた……おかげで通り魔事件と勘違いされた。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 02:15:13.68 ID:4FAWRakv0

 ハルヒとの何事もない日常、スパイスは十二分に刺激的だ。
俺たちはいつの間にか、恋人と呼ばれる仲になり、共に日々を過ごす。
そして、また……今日も元気なアイツが騒ぎを連れて来る。

「ちょっと、キョン! 無いのよ!」
「どうした? 無くし物か?」
「ううん、逆よ。」
「三億円位拾ったのか?」
「そんな、ちっぽけな物じゃないわ! 三ヶ月くらい無いのよ、生理。」
「それってちっぽけか? っておまっ!?」
「逆算すると、あの日に出来たのね! 流石はあたし、超健康優良といったところね!」

 なんでも、ハルヒは夜更かしをし過ぎで生理不順に陥っていたらしい。
『子供が出来ないと勘違いした』 事は超健康優良児らしいかもな。
で、たまたまあの日……。 そう、クリティカルヒット。

「キョン、気にしないで良いわ! 一人でも育てるわよ!」

 俺は嬉しくて、ハルヒに負けない大声でクラス中に言ってやった。

「馬鹿、俺が嫁に貰ってやると言っただろ?」

おわり

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/09/10(水) 02:29:59.07 ID:4FAWRakv0

鬱でもいける美味しいネタでした。
……楽しんでいただけたなら幸い。 おやすみなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「大変よ!鶴屋さんってパイパンじゃなかったのよ!」