長門「からいのは嫌い………」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:エリカ「また来たのですか?え…今度はポケモンを使わずに勝負?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 08:23:31.70 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「ちょっと有希ってば甘口なの!?早くいってよね!団員をいぢめてるみたいじゃない!」

長門「どうしてもカレーのからさは嫌い…ごめんなさい」

古泉「長門さんにも嫌いなものがあったんですか!いやぁ親近感を抱きましたよ」

キョン「おい、カレーの話をするのはやめてくれ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 08:38:24.71 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「なんでよ?」

キョン「頼む……ほんとに無理なんだ」

長門「私にこっそり教えて」

キョン「……俺はカレー→うんこで脳内再生されてしまうんだ…」

長門「ごめんなさい。訂正する。私はうんこのからいのが苦手」

キョン「すまないな長門」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 08:41:46.48 ID:hVI9vL1cO

キョン「中辛うんこも無理なのか?」

長門「無理」

みくる「中辛うんこも食べれないんですか?長門さん可哀相です…」

キョン「朝比奈さんは辛口が好きなんですか?」

みくる「朝一は必ず辛口ですよ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 08:53:36.42 ID:hVI9vL1cO

長門「スプーンでうんこを食べない人は死ねばいい」

キョン「まぁ箸じゃ食いずらいからな」

みくる「え?フォークとナイフじゃ……?」

長門「朝比奈みくるは病気」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 11:50:42.49 ID:hVI9vL1cO

みくる(あれ?うんちの話じゃ?)

ハルヒ「ねぇ古泉君、有希達が大変やばい話してると思わない?」

古泉「ええ、少し聞き取りづらいですが、大便の食しかたの話ですね」

ハルヒ「私も食べなきゃ駄目なの?」

古泉「大変よろしいかと」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 11:54:18.07 ID:hVI9vL1cO

キョン「朝比奈さん、もちろんうんこにはソースですよね?」

長門「マヨネーズに決まっている」

みくる(この人達のうんちに対する熱意が伝わってきます)

みくる「すいません、修業不足でした。これからはソースもマヨネーズもいける人間になりたいと思います!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 11:58:41.65 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「よし!古泉君!1番搾りよ!捻りだしてきなさぁい!」

古泉「切れ痔ですが、涼宮さんの命とあらば」

古泉(あ、イボ痔でした)

ハルヒ「キョン!見てなさい!」

キョン「ん?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 12:02:18.58 ID:hVI9vL1cO

キョン「なんだ?なんか企んでるだろ」

ハルヒ「あんた達の新しい食のジャンルにはこの団長も心を打たれたわ!」

古泉「お待たせいたしました」

ハルヒ「はやいわね!」

古泉「えぇ、廊下でしましたから」

ハルヒ「さあ古泉料理長!早速、御披露してちょうだい!」

古泉「つ 痔うんこ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 12:05:06.10 ID:hVI9vL1cO

キョン「………」

キョン(アレはカレーだよな?福神漬けがついてる……)

キョン「ま…待て!ハルヒ!カレーはやめろー!!!!!!」

ハルヒ「あーん、ぱっくん!もぐもぐごっくん」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 12:09:41.52 ID:hVI9vL1cO

長門「彼女は私達の会話を聞いて齟齬が発生したと思われる」

ハルヒ「ギギギ…」ゲロゲロゲロ

キョン「ハルヒぃ!」

ハルヒ「ごめ…ん……ねキョン、……私じゃこの道は歩めなかったらしいわ……く…悔しいわね………有…希、キョンを幸せにしてあげて…ね?」

キョン「ハルヒ!ハルヒぃ!古泉ぃぃぃぃ何を吹き込んだぁぁぁぁぁぁぁ!?」

みくる(愚かな…涼宮ハルヒ、この道、貴様が極められるものではないわ)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 12:18:16.77 ID:hVI9vL1cO

古泉「え?せめてはとファブリーズをふきかけましたが…?」

キョン「は?ファブリーズだと?このや…」

みくる「ファブリーズと申したか?若造」

古泉「は…はあ……」

みくる「下衆が……断じて許せん、キョン殿またれい、この朝比奈みくる、責任をもってアヤツを始末しよう」

長門(急展開!)

朝倉(チャンネルはそのまま♪)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 12:23:52.96 ID:hVI9vL1cO

キョン「ハルヒ!すまん…俺のせいだ、俺がカレーをうんこ…ん?うんこをカレーか?わからんくなったな」

ハルヒ「保健室にいってくるわ…」

長門「付き添う」

古泉「あ…朝比奈さん!涼宮さん生きてます!大丈夫です!落ち着いてください!」

みくる「なにを言っている?まず一発目!うんちの分!」バキッ

古泉「ギピッ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 13:02:09.70 ID:hVI9vL1cO

古泉(涼宮さんではなかったのか…)

みくる「ウラウラウラウラウラウラ」弱P弱P→弱K強P

古泉「それだけは…………」

バキッドゥクシグワシぴきーん

みくる「天」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 13:05:16.94 ID:hVI9vL1cO

キョン「朝比奈さん!もうやめて下さい!古泉が死んで………しまえばいいじゃないか!」

古泉「    」ブクブク

みくる「笑止」

キョン「こ…これが殺意の波動」ドクンドクン

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 13:57:09.38 ID:hVI9vL1cO

古泉「………ぐっ」ムクッ

キョン「まだ立ち上がるのか!?」

みくる「………ハッ!?古泉君!どうしたんですかぁ!?」

古泉「モウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテモウヤメテゴメンナサイゴメンナサイアナルゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ」

長門(ネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサンネスサン)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:15:10.46 ID:hVI9vL1cO

キョン「朝比奈さん、古泉が大変な事になってしまいましたね」

みくる「そうですね。諦めましょう…」

古泉「待ってくださいよ!冗談ですよ!!ちなみにあの大便は僕のではありません」

キョン「そうなのか?」

古泉「えぇ、あいにく今朝に大便をしたためにでなかったんです。しかしですね、それではまた閉鎖空間が発生してしまう恐れもありまして……」

キョン「前置きはいい、誰のうんこだ?」

古泉「あなたの妹様です」ニコッ

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:24:24.87 ID:hVI9vL1cO

古泉「見せてあげたいですよ!僕のウンコレを!ところ狭しと並ぶ数々の大便を!その中でもあなたの妹様の大便は誠に逸材なのですよ!まぁ匂いが大変やばい匂いなのですがw」

みくる「さて、古泉君!部屋にいきましょう!もちろんウンコレがある場所に♪」

古泉「おやおや、僕に彼女が出来てしまいましたよwでは、また明日」ノシ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:30:41.90 ID:hVI9vL1cO

キョン「やれやれ、妹には困ったもんだ…」

ガチャ

ハルヒ「たっだいまー!」

長門「涼宮ハルヒ、DSを貸して」

ハルヒ「そうね!約束だからね!」つDS

長門「………」ピコピコ

キョン「長門、なにやってるんだ?」

長門「尿トレ」

キョン「脳トレか、後でやらせてくれ」

長門「違う、尿トレ」

キョン(なにゲーだよ……)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:40:37.86 ID:hVI9vL1cO

長門「…………」つ説明書

キョン「悪いな、うーんえーとなになに…」

お買い上げありがとうございます。当商品は非常に単純なゲームです。Aボタンで尿ゲージをタメ、離すと発射するゲームです

キョン「おお、単純明快なゲームだな!長門、後でやらせてくれ」

長門「いーやーだー」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:47:13.97 ID:hVI9vL1cO

キョン「うっせ!貸せよオラッ」ポコ

長門「あっ…痛い!返して!返してよ!私の尿トレ!」グスグス

ハルヒ「キョン!有希をいじめんな!」ナデナデ

長門「………」シクシク

キョン「あ?なんでだよ?いつもそうやって長門ばっかり可愛がって!チクショウ!ちくしょう!」ダダダダダっ

キョンは逃げ出した。

ハルヒ「あっ!待ちなさいキョン!………もう大丈夫だからね?ほら有希も泣きやんで」ナデナデ

長門「…………ありがとう」グスグス

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:52:09.52 ID:hVI9vL1cO

キョン「てな事があってだな」

佐々木「キョンが悪い。」

キョン「マジか…謝ってくるか…」

佐々木「ふふ、そういう真面目な所は評価してあげるよ」

キョン「やれやれ、佐々木はかわいいなぁオィ」

佐々木「朝比奈さん程ではないよ。」

キョン「いや、あいつはカレー喰うから駄目だ」

佐々木「大変だったんだねキョン。愛してるよ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 14:57:36.32 ID:hVI9vL1cO

キョン「部室に戻るか…」

谷口「おお、キョン!これからボウリングいくんだけどよ、お前もくるか?」

国木田「面白いもの見せてあげるよ」

キョン(ボーリング>>>>>>>>>>中々越えられない壁>>>>>その他)

キョン「行く」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 15:01:48.09 ID:hVI9vL1cO

キョン「ボーリングなんて久しぶりだ」

谷口「前に誘った時は何で来なかったんだよ?やっぱアレか?涼宮か?」ニヤニヤ

キョン「否定はできんが、ハルヒの事なんざどうともおもってないね」

国木田「じゃあ僕が涼宮さんのパンツ持って帰っても怒らないね?」

キョン「あいつはノーパンだぞ」

国木田「ちぇ〜」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 15:05:41.85 ID:hVI9vL1cO

キョン(やばい…カレーを発射>>>越えられない壁>>>友情、その他)

キョン「すまん、帰る」

国木田「付き合い悪いよキョン」

谷口「まったくだな!」

キョン「カレー喰いたくないか?」

谷口「あ?カレーだぁ?まぁ別にいいけどよ」

国木田「ぼ…僕は遠慮するよ」

キョン「☆☆☆」ニヤリ

谷口「?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 15:46:32.45 ID:hVI9vL1cO

キョン「そうかそうか、谷口!口あけろ!」ブリッ

国木田「キョン可哀相に」

キョン「すまんな谷口、カレーは終了だ」

谷口「カレーを下さい!カレーを下さい!」

キョン「じゃあな、俺にはやらなきゃいけない事があるんだ」ブリッブリッ

谷口「キョンのいけずぅ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 17:55:36.50 ID:hVI9vL1cO

キョン「ちっ…パンツがクソまみれだ…」

キョン(うんこするときは尿も一緒にでちゃうよね)

キョン「谷口悪い、ズボンとパンツ借りてくわ」

谷口「後でカレーをおごれよな」

キョン「俺のパンツやるからそれで帰れ、ちなみにカレーつきだ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:02:01.34 ID:hVI9vL1cO

キョン「長門!すまんかった!殴ってすまんかった!」

長門「別にいい」

ハルヒ「キョン!あんたのせいで、有希にチューチューされたわよ!おかげで母乳がすっからかんよ!」

キョン「ちょっ…長門!俺の分まで飲みやがったな!?」

長門「………」ゲプッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:14:47.55 ID:hVI9vL1cO

キョン「あ”〜ゆるさん!ゆるさん!!ゆるさんぞぉぉぉぉ」

長門「怒ってたところでなにもできない」

キョン「てめぇぇぇぇ胸揉ませろやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」スカッスカッ

キョン「揉めねぇぇぇぇぇぇ!」

長門「これぞ貧乳ステータス」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:27:05.03 ID:hVI9vL1cO

キョン「くそったれぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

ハルヒ「キョン!落ち着きなさい!」

キョン「佐々木!今はお前の乳がのみたい!俺はいくぞ!俺は佐々木に合いに行って母乳パーティーだ!」

ハルヒ「まって!私だって後数分で飲めるようになるわよ!」

長門「やらせないスタンバイOK!涼宮ハルヒは渡さない」

キョン「佐々木ぃぃぃぃ!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:38:41.92 ID:hVI9vL1cO

佐々木「悪寒が…」

キョン「佐々木!佐々木!佐々木!」

佐々木「なんだろうアレは?キョン?いや…変態だ!逃げよう!」ダダダダダ

佐々木は逃げ出した。
 しかしまわりを囲まれた。

佐々木「ひぃ!き…キョンかい?キョンなのかい?」

キョン「おぱーい!ちぇりーぴんく!ヒョウ!うひょう!」

佐々木「嫌ぁぁぁぁ…」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:53:13.91 ID:hVI9vL1cO

キョン「いただきま…」

鶴屋「平成のミルタンクこと、鶴屋さんが参上!キョン君!嫌がってる娘を襲っては騎士の名がすたるってもんだよ!まずは私のを飲んでもらうにょろ!」

チューチューチューチュー

キョン「佐々木!ごちそうさま!」

鶴屋「にょろーん」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 18:58:21.82 ID:hVI9vL1cO

鶴屋「佐々木さんっていうのかい?片方の乳房がぺちゃんこだね!私が分けてあげるさっ」

佐々木「……どうやるの?」

鶴屋「まずは私の乳首にこのめがっさほそーいチューブをさすんさ!」

佐々木「これを私につければいいのかしら?」

鶴屋「ん〜?飲むだけでいいにょろ」

佐々木「いただきます」チューチュー

みくる(ん?あれは鶴屋さん!………あ!あの女の子、私の鶴屋さんの乳を………許せません!)

みくる「鶴屋さぁ〜ん!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 19:01:17.92 ID:hVI9vL1cO

鶴屋「おや?みくる!……うんこクサイよ!」

みくる「出直してきます!」

佐々木(鶴屋さん、からいです。あなたのミルクからいです)ゲホゲホ

鶴屋「あ!言い忘れてたけど私の右乳首の調節でミルクの味がかわるよ!」

佐々木「あ…甘くなりました」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 19:50:55.48 ID:hVI9vL1cO

古泉「僕のー♪ウンコレがぁ♪朝比奈みくるによってぇ♪全て朝比奈印のウンコになったんです♪マッガーレマッガーレちんこもまんこもマッガーレ!レ!」

古泉(僕は古泉一樹!ウンコレクター!)

古泉「僕のちんこも叫んでる?♪あいつを犯せとテカテカ光る!」

古泉「ばくねつちんこ!ちんこ!」

森「………新川」
新川「なんでしょう?」
森「私が世界のウンコを集めてくるまで、古泉をよろしく頼む」
新川「それは了解しかねますな」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 20:01:37.12 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「ねぇ有希、そろそろキョンが戻って来ると思うのよ」

長門「……」

ハルヒ「でね?有希がキョンにオチチを飲ませればいいんじゃない?これで仲直りできるはずよ」

長門「彼は絶対に私の胸についていちゃもんをつける。正直むかつく」

ハルヒ「例えば?」

長門「貧乳、乳輪おっぱい、乳首と乳首がくっつかない可哀相なおっぱい、貝割れ乳輪、ロケット乳首、暗黒騎士おっぱい、考えれば無限にでてくるからこれで終了」

ガチャ

キョン「よ!レベル制限B地区長門」

長門「ゆき、ないちゃうぞ?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 20:04:27.41 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「キョン!有希がおっぱい飲ませてくれるってさ!」

キョン「は?まずは俺の真性紳士を吸えよ、それが礼儀ってもんだろ」

長門「……………わかった。やるからには全力を尽くす」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 20:38:11.54 ID:hVI9vL1cO

長門「スキあり!」ズリュ!

キョン「ほわ!あがががが…真性が俺の真性が…………………血が!血が!うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」ドサッ

キョン「    」ブクブク

長門「スキだらけなんだよ!だから剥かれルンダヨ!はぁ〜ハッハッハッ」

ハッハッハッ「有希、この血まみれ紳士もらうわね」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:01:26.97 ID:hVI9vL1cO

ある所に一匹の蟻さんがいました。蟻さんは今の生活に嫌気がさし巣から飛びでました。
飛び出した世界はキラキラの太陽、見渡す限りの広大な草原、蟻さんは、とても喜びました。
「生きるって素晴らしい。この世界は広い、ぼく一匹では到底まわりきれない」
しかし蟻さんは触角を忘れてさぁ大変。まともに歩く事もできずに、ただゆっくりと、ゆっくりと回り続けます。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:03:18.85 ID:hVI9vL1cO

すると蟻さんは一匹のかわいいキリギリスを見つけました。しかし、話かけたくとも歩く道は同じ場所、とうとう蟻さんは地に膝をつく事を許してしまいました。

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:06:15.42 ID:hVI9vL1cO

運がいいのか悪いのか、蟻さんは突風により飛ばされてしまいました。
「ああ、これでぼくの冒険も終わりなんだね」
絶望に浸る蟻さん
しかしいつまでたっても地面には落ちません
そうです、キリギリスさんです。キリギリスさんは目についた蟻さんを見かけ助けたのです。

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:09:41.02 ID:hVI9vL1cO

「大丈夫ですか?黒く素敵な殿方」
曇りなき瞳で蟻さんをみます。もちろん蟻さんは御礼をしなければなりません。しかしなにもない蟻さんは、途方にくれています。
「御礼なんていりません。私は自由ですから」
と、蟻さんにつぶやく。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:13:40.58 ID:hVI9vL1cO

「ありがとうございます。助かりました…」
蟻さんは少し遅い御礼を言いました。
キリギリスさんは蟻さんの姿を見て思わず泣きそうになりました。
蟻さんには片方の触角がありません。
「なぜ泣いているのです。誇りに思うべきです」
蟻さんはキリギリスさんの心に気付いていません。
「殿方、そのお姿ではなにかと一人旅はお困りでしょう?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:18:30.43 ID:hVI9vL1cO

蟻さんはようやく気付く事ができました。自分には触角がありません。
「どうでしょう?旅は道連れといいます。殿方、よろしければ旅にご同行させていただけませんか?」
蟻さんは余りにも寛大なキリギリスさんの心に強く引かれ、旅の決心を決めました。
「なら、あんたの触角をおくれ」ブチブチッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    完

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 21:41:31.88 ID:hVI9vL1cO

人がいなかったからコレでやっても平気だなって言う感じでした
ちなみにハルヒはハッハッハッになりました

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:12:09.41 ID:hVI9vL1cO

>>76のアレ
ハッハッハッ「有希平気?頭痛かったでしょ?」

長門「平気じゃないもん!」

ハッハッハッ「困ったわね……そうだ!モルヒネを買ってきてあげるわ!」

長門「…待って、一人にしないで…彼が戻ってきたら怖い)゚0゚(ヒィィ」

ハッハッハッ「それもそうね、じゃ二人で買いにいくわよ!」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:21:11.49 ID:hVI9vL1cO

長門「モルヒネよりもっといいものがある…」スッ

ハッハッハッ「え?…ゆ…有希!?くすぐったいわよ!」

長門「涼宮ハッハッハッあなたの母乳が飲みたい…」

ハッハッハッ「…んゃあ……で…でないわよ?私はみくるちゃんのほうがいいと思うわ!」

長門「おっぱいにまとわりつくATフィールドの情報連結解除開始…」

ハッハッハッ「ぶ…ブラとっちゃ駄目よぉ」ハァハァ

コンピ研部長(ふふ、団長さんよ、撮らせてもらうよ?)クックックッ

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:28:05.85 ID:hVI9vL1cO

長門「解除完了、いただきまーす」ペロペロ
長門(これは、甘酸っぱい林檎をイメージさせる味)

ハッハッハッ「や…ぁ……舐めないでよぉ…一思いにのんでぇ」

長門「チュパ…チュパ…ガブッ」チューチュー
長門(この味は男が飲めばその場で射精してしまうほどエッチで舌に絡み付く)

ハッハッハッ「痛っ……有希……私からミルクが出てるのがわかるわ………美味しい?」ハァハァ

部長(シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシシコシコシコシコシコシコシコシコシヒカリコシコシコシコ)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:33:49.51 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「有希…キョンが来ちゃう………」

長門「そこにいるシコり魔手伝え」

クックックッ(ば…ばかな!ばれていたというのか?)
クックックッ「わ…ワタクシは妖精です」シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ

ハルヒ「き…気持ちよくなっちゃっ…………た」

長門(胸だけでイッた……私はえらい)
長門「早くでてきて、シコり魔、涼宮ハッハッハッの胸を搾って」チューチュー

クックックッ「お任せあれ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:39:23.00 ID:hVI9vL1cO

クックックッ「   んあ」ビュッびゅっ

クックックッ「ふん、僕は騙されないぞ?また脅す気なんだろう?それに僕は二次元以外に興味ないのでね、失礼するよ」

長門「……いじわる」チューチュー

ハッハッハッ「有希…」

ガチャ

キョン「長門!ってあれ?」

長門「ちょwまだ君の出番じゃないよ!」
ハッハッハッ「キョン!撮影延びたら殺すわよ!」
クックックッ(またシコる所からか………)

キョン「すまんな」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/03(水) 22:43:28.95 ID:hVI9vL1cO

ハルヒ「有希……もうでないわよ…………」

長門「美味しかった…またお願いしたい」

ハッハッハッ「んもぅ!いくらでも飲んでいいわよ…!」

長門「ピエーいw」

ガチャ

キョン「しんぱちぃぃぃぃぃぃ」

古泉(困ったものです)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:扶桑「私が証明して見せます」【艦これSS】