長門「ポーニョポーニョポニョ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「宇宙人や未来人や超能力者と一緒に遊ぶことよ」

ツイート

332 名前:9-1[] 投稿日:2008/07/20(日) 13:27:14.79 ID:Jig9rTIZO

邪魔でしたら言ってください。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 週末の団活も解散となり、ハルヒ達と別れ自転車置
き場に向かう。自分の自転車を出したところで、小さ
なセーラー服に、行く手を塞がれた。
「来て」
 長門がこう言う時は、何かある場合だ。だいたいに
おいて、拒否権は認められないから、仕方なく従う。
歩きながら、理由を尋ねたが、常にたがわず沈黙で返
される。ただ、あの長門が怯えて見えたのは、気のせ
いじゃなかった。
「下がって」
 マンションの前で、長門が身構える。長門の前方を
見据えると、初めからあったように、佇む影。━周防
九曜━確か、長門の親玉と違うけど似たようなモンの
インターフェイスだったな。佐々木達はと、見渡すが、
ソレらしい人影は見えない。俺なんかに見つけられる
筈もないが。
「―導く―存在―」
雑音に似た呟き、長門は高速言語を呟く。魔法使いの
呪文合戦か。おそらく、目に見えない何かが二人のイ
ンターフェイスの間であるのだろう。
「…………………っ」
 突然、長門がブレた様に見え、倒れた。

336 名前:9-2[] 投稿日:2008/07/20(日) 14:02:57.33 ID:Jig9rTIZO

>>332
長門!長門!しっかりしろ!
 駆け寄って抱き起こす。長門が白眼を剥くなんて信
じられない。しかし、腕の中の長門は、眼が裏返り、
涎を垂らし、痙攣が腕を伝わってくる。
長門に何をした!
「―存在―障壁―一つ―」
 意味不明な呟きを残して、立ち去る九曜。それより
長門だ。マンションにと思うが、暗証番号を知らない。
管理人が居た筈だが、管理人室の窓には、不在を告げる札が。
「長門さんの部屋ですね」
 喜緑さん!?生徒会書記で、俺の知る三人目のインタ
ーフェイス。事情を説明する前に、暗証番号を押して、
マンションに入っていく。慌てて長門をお姫様抱っこ
して続く。自転車はほったらかしだが、緊急事態だ。
喜緑さんがドアを開け、長門の部屋に入る。殺風景な
居間を通り、奥の和室に入る。朝比奈さんと来た七夕
の日、ここには布団があった筈だ。喜緑さんが敷いてくれた
布団に長門を横たえる。
「リセットが必要ね、あなた、長門さんをお願いね」
はい…、えっ!?
 無理ってことを訴えたが、笑顔で押し切られてしまう。
「お家へは、私から連絡しておきますから」
 それだけ言って、喜緑さんは帰って行った。

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/20(日) 14:22:06.12 ID:Jig9rTIZO

>>336
 看病ったって、この場合どうしていいのか、さっぱ
りわからない。長門の右手を握り、顔を見る。喜緑さ
んが瞼を綴じさせたが、半開きの口は涎を垂らしてい
る。時折、痙攣が襲うが見ているしかない。窓からの
光が黄昏色になる頃、
「…あり…が…とう」
長門!気が付いたか
 頷き、目を細める。気が緩む、あぁこれで一安心。
そう思った。
 ビクン
 長門の身体が弓形に反り返る。眼は限界まで開かれ、
口はパクパクと酸欠の魚のようだ。
長門!
 握ったてに力を込める。応える様に、握り返す。長
門に想いを送る、俺にできるのはそれだけだ。だった
らありったけの想いを送ろう。たぶん、俺は酷い顔だ
ろう。それをどうこうする余裕はない、ただ、長門に、
長門に想いを送るだけだ。長門の苦しむ姿を見たくな
い、しかし、長門は俺に助けを求めた。そう確信して
いる。だからこそ、喜緑さんも俺に託したのだろう。
 不意に長門が静かになる。さっきまでの光景が、無
かったかのようだ。気付けば、寝息を発てている。以
前、睡眠について尋ねたが必要ないと言っていた。
「リセットが必要ですね」
 喜緑さんの言葉が蘇る。

338 名前:9-4[] 投稿日:2008/07/20(日) 14:34:05.23 ID:Jig9rTIZO

>>337
 汗や涎、涙等で濡れてしまった長門の顔、せめて拭
いてやろうと起こさないように居間に移る。喜緑さん
が用意してくれたのか、タオルと着替えが並べてあっ
た。タオルを取り、長門の元へ帰る。改めて見れば、
制服も汗でべったり体に張り付いて、下着が透けてい
た。替えなきゃダメかな。
 着替えを取りにきたものの、おそらく無用であろう
理性が躊躇わせる。携帯のアドレスを眺める。ハルヒ
はダメだ。やはり、朝比奈さんか。

「キョンくん、終わりましたよ」
すみません、遅い時間にこんなお願いをしてしまって
「いいえ、わたしもこのくらいしかお手伝いできませんから」
 急なお願いにもかかわらず、駆け付けてくれた朝比
奈さん。長門の着替えを終えると、お茶を入れて俺の前に置く。
「じゃあわたしは、帰りますね、」
すみません、助かりました
「うふふ、いいんです」
 しかし、玄関を出る時、
「次は、キョンくんが一人で替えてあげてね」
えっ、それだと長門が
「長門さんは苦手です、けど気持はわかりますよ」
 意味を計りかねていると
「わたしに聞いても無駄ですよ、禁則事項ですから」

341 名前:9-5[] 投稿日:2008/07/20(日) 14:46:28.93 ID:Jig9rTIZO

>>338
 朝比奈さんが帰り、長門の傍らで言葉の意味を考え
る。結論としては、長門の着替えを俺がするってこと
だ。理由は禁則事項ですって、朝比奈さん、わかりま
せん。長門は、淡い色合いのパジャマで寝ている。制
服以外の長門は、新鮮な印象だ。そっと右手を取りそ
の温もりを確かめる。

 うとうとしてしまったらしい、腕を引かれ目を覚ま
す。何事か呟き、頭を激しく振る長門が居た。不規則
に痙攣する体、激しく頭を振りながら、光のない瞳を
開き、呟き続ける長門。
 右手は、痛いほどに俺の
手を握り締める。まるで、崖から落ちそうな人間がそうする様に。
長門!俺はここだ、側にいるぞ
 聞こえないかもしれない、でも、叫ばずにいられな
かった。届くと信じて。

 また、不意に静かになる。長門と目が合う、酷いな、
可愛い顔が台無しだ。声に出してしまったのだろう。
「…あな…たも…酷…いか…お……ふふ」
 僅かだが、初めて見る微笑みを浮かべる長門。
全身汗だくだな、夏でも汗ひとつかかなかったのに
「…情報…操作は…得意」

342 名前:9-6[] 投稿日:2008/07/20(日) 14:55:58.66 ID:Jig9rTIZO

>>341
長門、着替えるか
「……」コク
 蛍光灯の下で顔を紅潮させつつ、小さく頷く。
 タオルと着替えを持ってきて固まってしう。服を脱
がさなきゃならない。様子を察して長門が
「脱がして、気持悪い」
 指が震えていたが、初めてなんだし許してくれ。
 ボタンを外すと、長門の体を右に向け、パジャマの
左手を抜く。反対にして右手を抜く。ボタンを外す際
に気付いたが、下着を付けていなかった。汗を拭こう
とすると、長門の二つの丘陵に目が行ってしまう。朝
比奈さんは別として、ハルヒよりも控え目だがそれが長門らしい。
「…大きな胸が好き…」
長門は、長門でいるからいいんだ
「…………私は、私」
そうだ、長門は長門だ
 上体を起こし、背中を拭く。華奢な長門の体、この
体で、朝倉の刃から俺を助けたり、様々な危険な場面
を切り抜けてきたんだ。気付けば、長門を抱きしめていた。
 ありがとう、すまない、ごめんな、感情が一度に溢
れ、泣き声にしかならなかった。俺の涙が長門の体を伝う。
「いい、私が私でいられるのは、貴方が貴方でいたから」

 気持に蹴りを入れて、着替えの作業に戻る。

343 名前:9-7[] 投稿日:2008/07/20(日) 15:06:32.52 ID:Jig9rTIZO

>>342
 パジャマのズボンを脱がして、汗を拭く。さすがに、下着は履いていた。
「…下着も、替えていい…」
 普段より一段抑えた声で尋ねてくる。天井を見つめ、
こちらを見ないようにしているが、赤くなっているの
はわかる。声をかけ、下着をずらす。腰を浮かそうと
するけれど、力が入らないのだろうか、上手くいかな
い。片手を添えて、手伝い、下着をずらす。足首まで
下げて、右足、左足と抜いていく。新しい下着を履か
せる前に、拭こうと近づく。長門はと見れば、顔を赤
くして目を綴じていた。

 左足の腿を持ち上げ、内股を拭く。足も細いな。場
所が場所だけに、長門のスリットを見てしまう。汗で
光らなければ気付かなかった産毛の程の陰毛。先端の
僅かな膨らみで分かれた以外は見事な一本スリット。
綺麗だ。そっとタオルを当て、汗を取る。新しい下着
を、逆の要領で履かせ、やはり新しいパジャマのズボ
ンも履かせる。新しいパジャマの上はTシャツタイプ
だったので、長門に万歳してもらって着せる。
 布団も新しいものを敷き、抱っこして長門を移す。
冗談っぽく体重を尋ねたら、禁則事項と言われた。

345 名前:9-8[] 投稿日:2008/07/20(日) 15:15:06.19 ID:Jig9rTIZO

>>343
 長門の着替えを終えると、汗を吸った布団を部屋の
隅に寄せ、汗を拭いたタオルと脱いだ衣類をまとめる。
脱衣所に洗濯物を持ってきて、洗濯機の無いのに気付
く。元々、長門は、おそらく喜緑さんや朝倉も情報操
作で風呂はおろか洗濯など不要なのだろう。見れば、
朝比奈さんが持って来たであろう洗濯物が置いてある。
 仕方がないので、並べて置く。冷蔵庫から冷やして
あったお茶を湯飲みに移し、盆にのせる。和室では、
長門が座って待っていた。
「起きて大丈夫なのか」
「…落ち着いた、大丈夫」
 傍らに座ると、長門が身を預けてくる。肩に回した
手で長門を支え、空いた手で頭を撫でる。うつ向いて
しまったので、辛いのかと聞いたら、
「…よくわからない、ただ、この時間が続いて欲しい」
俺は嫌だ、こんな時間は、早く終わらせたい
「なぜ…私が迷惑かけるから」
 ゆっくり顔を向けた長門の目が、涙に濡れる。
「長門の苦しみが続くのは、耐えられない、元気な長
門とこうしたいんだ」
 言って、後悔した。照れ臭くていけない。長門は、
顔をさらに紅く染めながら、澄んだ瞳で俺を見る。話
題を変えようと、少ない引き出しを探す。

346 名前:9-9[] 投稿日:2008/07/20(日) 15:22:51.79 ID:Jig9rTIZO

>>345
来週の休みに、映画見ないか
「…図書館でいい」
もちろん、図書館もだ、その後で映画鑑賞な
 テレビを視ない長門に、最近CMされてる映画の話を
した。携帯を開き、ダウンロードした主題歌を二人で聞いた。
「ポ〜ニョ、ポ〜ニョポニョ」
 チビチビとお茶を飲んでいた長門が、いつの間にか
口ずさむ。気に入ったかな。
「ポニョポニョ…ユニーク、楽しみ」
長門と映画、楽しみだ、必ず行こう
 出された小指を見て、首を傾ける長門に、指切りを
教えて、指を絡ませる。
「指切りげんまん、嘘ついたら、針千本のーます」
 窓の外が明るくなってきた部屋に、二人の声が響いた。

 肩を抱かれ静かに寝息をたてる長門、寝顔が可愛い。
いきなり三度目の発作が襲ってきた。突如身体を反ら
せた長門に、油断の塊だった俺は壁まで飛ばされた。
手足がバラバラになりそうな程、暴れている。蹴られ
るのも構わず抱きしめる。
「ゲッオエェェェェェップ」
 長門の吐いた物が肩にかかる。染み込んだソレが肌
に触れると熱い。それでも、長門の名を呼びながら抱
きしめる。俺には、これしか出来ない。
長門…、長門…、長門…、長門…、長門…………

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/20(日) 15:27:23.41 ID:Jig9rTIZO

目汚し、失礼いたしました。

ポニョで妄想しました。
ご覧くださった方々に、感謝します。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:誠「ん?ここはどこだ?……陵桜学園高等部?」