ハルヒ「キョンが有希に嫌われたみたい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「神様への小さな挑戦さ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 15:56:55.76 ID:JlensMp10

ハルヒ「部室で何も話してないもの」
みくる「それはいつも通りじゃ……」
ハルヒ「目も合わせなかったわ」
みくる「長門さんは本を読んでますし……」
ハルヒ「キョンが話しかけても反応してなかったわ」
みくる「それは……」
ハルヒ「有希が無視するのは古泉君だけのはずよ。
キョンと何かあったのかしら?」
みくる「確かにそうですねえ……」
古泉「………」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:09:37.79 ID:JlensMp10

ハルヒ「……後で有希と話してみるわ」
みくる「そうですねえ、それが一番いいですよ」
ハルヒ「たいしたことないと思うけど、しょうがないわよね」
古泉「僕も協力しますよ」
ハルヒ「キョンと有希のために2人で頑張りましょうね、みくるちゃん」
みくる「はい。皆仲良しが一番ですもんね」

ハルヒ「そうよ、仲間外れや喧嘩、イジメなんて許さないわ!」
古泉「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:15:11.33 ID:JlensMp10

長門「……」パタン
ハルヒ「もう時間?皆帰るわよ……有希!」
長門「?」
ハルヒ「有希はあたしと少し部室で話しましょう!」
長門「……」コク


みくる「涼宮さん長門さん、また明日」
ハルヒ「みくるちゃんまた明日!キョン、サボるんじゃないわよ」
キョン「はいはい」

長門「話とは何?」
ハルヒ「ああ、うん……怒らないで聞いてほしいの。誤解だったらゴメンね」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:17:20.57 ID:JlensMp10

ハルヒ「有希……キョンと喧嘩してる?」
長門「してない」
ハルヒ「え?」
長門「彼とそのようなことはしてない。誤解」
ハルヒ「ああ……そう。ゴメンね変な事聞いて」
長門「気にしていない」
ハルヒ「本当にゴメンね!さ、帰りましょう」
長門「……」コク


長門「……チッ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:21:12.87 ID:JlensMp10

ハルヒ「じゃーねー有希!また明日!」
長門「……また明日」

長門「涼宮ハルヒには誤魔化せない……」
長門「喧嘩ではないものの、ほとんど解っている」
長門「……チッ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:25:41.46 ID:JlensMp10

長門「……はあ」
長門「もう疲れた」
長門「頼られてばかり……」
長門「何かあるとすぐ私に助けを求める」
長門「……うんざり」

朝倉(長門さん独り言なんて言ってどうしたの……?)

長門「だいたい彼は私を便利屋程度にしか思ってない」
長門「涼宮ハルヒばかり……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:28:57.56 ID:JlensMp10

長門「……今思えばこれはチャンスなのかもしれない」
長門「押してだめなら引いてみろ」
長門「……いける」
長門「そして彼の気持ちを一気にひきだす」

長門「もっと冷たくすれば、好きになってもらえる……?」
長門「……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:31:54.92 ID:JlensMp10

長門「彼が私も便利屋扱いなどはもうどうでもいい」
長門「『押してだめなら引いてみろ』……」
長門「頑張る」
朝倉(独り言怖い……)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:34:01.64 ID:JlensMp10

ハルヒ「有希とキョンのことは誤解かあ」
ハルヒ「……でもライバル減らなくてちょっと残念」
ハルヒ「……何言ってるのあたしのバカッ」
ハルヒ「皆大切な仲間なのよ……」
ハルヒ「キョンも有希もみくるちゃんも!」

ハルヒ「……あれ?一人たりない……」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:37:54.03 ID:JlensMp10

次の日放課後

ハルヒ「キョン、部活行くわよ!」
キョン「悪い、先に……」
ハルヒ「何か用事でもあるの?」
キョン「いや……」
ハルヒ「だったら行くわよ!」(有希とやっぱり喧嘩してるのかしら……)
キョン「……ああ」

ハルヒ「みくるちゃん、お茶!」
みくる「はーい」
長門「……」
キョン「……」

ハルヒ「……微妙な空気ね」
みくる「そうですね……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:40:47.84 ID:JlensMp10

ハルヒ「昨日有希は喧嘩してないと言ってたわ」
みくる「そうなんですかあ、じゃあ今までのは勘違い?」
ハルヒ「いいえ……それはないわね」
みくる「ふえ?」
ハルヒ「今日キョンは部活に行くのを拒んだの
有希と関係があるんじゃないかしら?」
みくる「じゃあやっぱり……」
ハルヒ「とりあえずお菓子でも差し入れしましょう」
みくる「仲良し大作戦ですね!」
ハルヒ「そうよ!きっとそうよ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:43:47.56 ID:JlensMp10

ハルヒ「今日はたこ焼き買ってきたわ!」
みくる「お、お菓子ですかあ?」
ハルヒ「しょうがないじゃない……」

ハルヒ「4人分、全部あるからね!」
古泉「え」
ハルヒ「はい有希、キョン」
キョン「珍しいなお前が何か持ってくるなんて」
ハルヒ「いいじゃない別に」
長門「もぐもぐ」バッ
キョン「あれ、俺の分が……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:46:45.85 ID:JlensMp10

ハルヒ「あら?さっき置いたわよ……ねえ」
みくる「はい……」
ハルヒ「……有希、とても大きいほっぺね」
長門「おひゃふく」
ハルヒ「おたふく?おたふく風邪?」
長門「ひょう」
ハルヒ「嘘ね」
長門「うほひゃにゃい」
ハルヒ「さっきまで普通だったじゃない」
長門「……もぐもぐ」
ハルヒ「キョンのたこ焼きを食べたのは!ぐはっ」

みくる「す、涼宮さあん!?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 16:54:31.91 ID:JlensMp10

ハルヒ「……く、くるし」
みくる「涼宮さん、涼宮さん!」
ハルヒ「みくるちゃん……うっ」
みくる「涼宮さああああん!!」
古泉「朝比奈さん何故かノリノリですね」
みくる「黙れ」
古泉「……」

みくる「涼宮さっ……ひっく」
キョン「ハルヒ、大丈夫か?」
長門「もぐもぐもぐもぐもぐ」(さすがに私に頼らなくなったか)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:01:30.36 ID:JlensMp10

キョン「……長門」
長門(来た)
キョン「ハルヒは一体……?」
長門(昨日無視してたから少しおかしい)「……わからない」
長門「おそらく喋りすぎ」(余計な事言おうとするから……)
キョン「すぐ戻るのか?」
長門「すぐ」(……あ、普通に話しちゃった)

ハルヒ「うう……」
みくる「涼宮さんっ……」
ハルヒ「みくるちゃん?」
みくる「そうですよう、よかったあ……」
ハルヒ「泣かないでよ、もう」
みくる「……ぐすっ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:06:02.95 ID:JlensMp10

ハルヒ「あたしまだたこ焼き食べてないや……」
みくる「あ、ここですよ。どうぞ」
ハルヒ「ありがとうみくるちゃん」
みくる「いえ」
ハルヒ「もぐもぐもぐ」

キョン「なが」
長門「うるさい」ゴッ

ハルヒ「有希がキョン殴ったああああ!!」
みくる「ひええええええ」
古泉「……」

キョン「……長門、俺は何かしたか?」
長門「……」ドスッ

ハルヒ「本投げたああああああ!!」
みくる「ひえええええええ」

長門(冷たく……冷たく……冷たく!!)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 17:41:01.44 ID:JlensMp10

ハルヒ「有希!有希やめなさい」
長門「……」(何故彼女は怒っている?)
みくる「キョン君、大丈夫ですか?」
キョン「はい……」
ハルヒ「……有希、どうしたの?この前は何もないって言ってたじゃない」
長門「……?」(私は彼に冷たくしただけ……)
ハルヒ「……暴力なんて、許せない」
長門(彼に愛してもらうのがいけないの?)

ハルヒ「有希、あたしは暴力やイジメ、無視や喧嘩なんて
絶対許さない。そんな卑怯な事……」
長門「涼宮ハルヒ」
ハルヒ「少し黙ってて…あたしは、皆仲間だと思ってた
皆お互いが大好きだと思ってた……なのにっ」
みくる「涼宮さん……」

古泉「……無視は許さない、か」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:05:42.13 ID:JlensMp10

ハルヒ「うっ……ひっく」
キョン「ハルヒ……」
ハルヒ「キョン……あたし団長なのに何も……でき……」
キョン「いいんだよ、ハルヒ」
みくる「涼宮さんハンカチどうぞ」
ハルヒ「ありがとうみくるちゃん……ひっく」
みくる「いいんですよう」
キョン「すいません、朝比奈さん」
みくる「いえ」

長門「……」
古泉「……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:09:33.14 ID:JlensMp10

ハルヒ「……有希」
長門「なに」
ハルヒ「今日も残ってもらっていい?どうしても
暴力はダメという事を伝えたいの」
長門「……わかった」
ハルヒ「じゃあ今日の活動はこれで終わり、皆じゃあね」
みくる「さようならあ」
キョン「また明日な」
古泉「涼宮さんまた明日」

――バタン

ハルヒ「……有希」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:16:17.46 ID:JlensMp10

ハルヒ「有希、そんなにキョンが嫌いでも暴力はダメよ」
長門「……?嫌いじゃ」
ハルヒ「我慢しなくちゃいけない事だってあるの」
長門「……」
ハルヒ「あたしにだって嫌いな人はいるわ……でも
暴力なんて振るってない」
長門「……ちが」
ハルヒ「暴力はね、相手の心も自分の心も傷つくの」
長門「……だから」
ハルヒ「だから、絶対ダメよ。有希も傷つくんだから」
長門「そうじゃなくて、だからわた」
ハルヒ「もう暴力なんか振るわない事、いい?」
長門「……」コク

ハルヒ「じゃあ、帰りましょう!」
長門(……話し)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:20:35.26 ID:JlensMp10

長門(話を……聞いて)
ハルヒ「有希ー?鍵閉めるわよ?」
長門「……」スタスタスタ
ハルヒ「よし」
ガチャ
ハルヒ「競争よ!よーいどん!」ダッ

長門「……私は押してだめだったから引いただけ」
長門「恋愛の作戦なのに……」
長門「……チッ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:30:52.65 ID:JlensMp10

長門「ムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつくムカつく」
長門「……涼宮ハルヒ、私の恋愛にまで口出しするな」

ハルヒ「あれ?有希?」
ハルヒ「……有希走ってこなかったのね」
ハルヒ「もう……帰ろう」

長門「……邪魔は、させない」
長門「もっと冷たくして彼に惚れてもらう……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:36:32.77 ID:JlensMp10

ハルヒ「らららら〜らららら〜らら〜らら〜ららら〜らら」
長門(歌……)
ハルヒ「らら〜らららら〜ららら〜……あれ、有希?」
長門「……」コク
ハルヒ「なんだあ、後ろに居たの?言ってくれればよかったのに」
長門「……すぐ、家だから」
ハルヒ「あ、そうか。じゃあね有希」
長門「……」コクコク

ハルヒ(歌……聞かれた?)
ハルヒ(どうしよう音痴なのバレてたら……)
ハルヒ(……)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 18:41:54.95 ID:JlensMp10

長門「今日は彼にたくさん冷たくした」
長門「あと少しのはず……」

翌日放課後

キョン「……」
ハルヒ「……キョン?どうしたのよ部室の前で」
キョン「あっいや、何でもない」
ハルヒ「……そう」ガチャ
みくる「あ、涼宮さんにキョン君」
ハルヒ「みくるちゃんあっついお茶よろしくね!」
みくる「は〜い」

キョン「……」チラ
長門「……」
みくる「どうぞ、キョン君」
キョン「あ、ありがとうございます」
みくる「……長門さんですか?」
キョン「……はい」
みくる「気にする事ないですよ、ね」
キョン「はい……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:23:54.32 ID:JlensMp10

みくる「どうぞお」
ハルヒ「ありがとう」
キョン「ありがとうございます」
古泉「あれ?僕のお茶……」

ハルヒ「んっくんっくんっく……ぷはあー」
キョン「少しは味わえよな」
ハルヒ「いいじゃない、みくるちゃんもう一杯!」
みくる「はあ〜い」

古泉「平和ですねえ……」

キョン「……朝比奈さんゲームでもしません?」
みくる「ふえ?私がですか?」
キョン「暇ですし……」
古泉「だったら僕がお相手しますよ」
みくる「えと、ええと……涼宮さんどうですか?」
ハルヒ「え、あたし?あたしは……」
キョン「ハルヒ、オセロやろうぜ」
ハルヒ「……わ、わかったわ。負けたほうがジュースおごりよ!」

古泉「ははっ……は……ははは」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:32:13.81 ID:JlensMp10

ハルヒ「……勝った!」
キョン「ハルヒ結構強いな」
ハルヒ「とうぜんでしょ?後でジュース奢りなさいよ?」
キョン「はいはい」
ハルヒ「……有希、有希もやってみない?」
長門「……?」
ハルヒ「キョンとオセロ」
キョン「ハル…」
長門「やる」
キョン「え?」
長門「席、貸して」
ハルヒ「あ、はい」

長門「……そっちから」ガタン
キョン「あ、ああ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:37:07.57 ID:JlensMp10

パチン
 パチン

パチン

    パチン

長門「私の勝ち」
キョン「うっ……」
ハルヒ「キョン、帰りに私と有希のジュースおごりよ!」
キョン「はいはい……」
みくる「ふふっ……」
古泉「……」

長門(……あ、話してしまった)
長門(今日はすごく冷たくしてそれを問い詰めに来た彼に
気持ちを伝える予定だったのに……)

みくる「キョン君、弱いんですね〜」
キョン「ハルヒと長門が強いんですよ……」
ハルヒ「あら、手加減したじゃないの」

長門(……明日で、いいか)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:44:46.03 ID:JlensMp10

ハルヒ「そろそろ帰るわよ〜…キョン」
キョン「分かってるって、飲み物だろ?」
ハルヒ「そうそう、忘れてなければいいのよ」

ハルヒ「有希、みくるちゃん、行くわよ!」
みくる「はあ〜い」
長門「……」
古泉「……ふふっ、僕の存在はどうやら無いようです」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:45:51.81 ID:JlensMp10

ハルヒ「キョン、あたしコレね。有希は?」
長門「……コレ」すっ
キョン「えーっとハルヒが桃炭酸で長門が……青汁?」
長門「違う、隣の」
キョン「ああ……キノコ入りのか」
ピッ
ゴトン
ピッ
ゴトン
キョン「あいよ」
ハルヒ「ありがとうキョン」
長門「……感謝する」
キョン「朝比奈さんも何かいります?」
みくる「私はいいですよう」
古泉「僕もいいです」
キョン「遠慮しなくていいんですよ?」
みくる「ううん、だっていつも奢ってもらってるし」
古泉「そうですよ、大丈夫です」
キョン「じゃあ、今度朝比奈さんには奢ります」
みくる「いいですってばあ……」
古泉「……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 19:51:15.31 ID:JlensMp10

ハルヒ「キョンはゲーム弱いのね、またやりましょうよ」
キョン「いいぞ」
ハルヒ「次はケーキね!」
キョン「また何か賭けるのか……」
ハルヒ「あったりまえでしょ!」
長門「……」
みくる「……長門さん」
長門「……なに」
みくる「長門さんは、キョン君が好きなんですよね?」
長門「……」
みくる「だからあんな冷たい態度をとったんでしょう?」
長門「……」
みくる「でも……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:06:10.87 ID:JlensMp10

みくる「でもね、それじゃダメだと思います」
長門「……なぜ」
みくる「キョン君は長門さんに嫌われたと思ってます。
そうやって遠まわしに自分の気持ちを伝えるんじゃダメですよ」
長門「……彼は冷たくなった私に近づくはずだった」
みくる「へ?」
長門「私が彼に冷たくして、彼はそれで私になぜ冷たくするのか
問い詰めるはずだった」
みくる「……はあ」
長門「……それで、伝えようと思った」
みくる「……長門さん、ダメですよそれじゃ」
長門「……」
みくる「キョン君はとっても鈍いんです、しっかり伝えなきゃ」
長門「……」コク
みくる「頑張ってください」
長門「……」コク

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:08:22.64 ID:JlensMp10

長門「……朝比奈みくる」
みくる「はい」
長門「……感謝する」
みくる「……いえ」

古泉「……朝比奈さん」
みくる「……はい」
古泉「おや、気づいてましたか僕がいた事」
みくる「はい」
古泉「では、なぜお茶をくれなかったのですか?」
みくる「忘れてましたあ、てへ☆」
古泉「……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:11:02.79 ID:JlensMp10

ハルヒ「皆、じゃあね!」
みくる「涼宮さん、気をつけて」
ハルヒ「みくるちゃんこそ気をつけなさい!」
長門「……」
ハルヒ「有希、キョンじゃあね!」
キョン「おう」
長門「……」

古泉「はは、目から変なものが流れてきましたよ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:14:10.77 ID:JlensMp10

キョン「……長門、じゃあな」
長門「……」コク

長門「……私がやっていたことは逆効果だった」
長門「朝比奈みくる……感謝する」
朝倉「……長門さん」
長門「……朝倉涼子?」
朝倉「最近独り言が多いと思って後つけてたのよ」
長門「……そう」
朝倉「まさかそんな事になってたなんて知らなかった」
長門「……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:18:18.95 ID:JlensMp10

朝倉「ねえ、長門さん」
長門「……何」
朝倉「そういう時は相談してほしかったな」
朝倉「私、長門さんは友達だと思ってるのよ」
長門「……そう」
朝倉「長門さんは私のことどう思ってる?」
長門「……お母さん」
朝倉「え?」
長門「……優しいから」
朝倉「……ふふっじゃあこれからはお母さんに相談してね?」
長門「……わかった」
朝倉「今日のご飯はおでんよ、長門さん」
長門「また……」
朝倉「ふふ、いいじゃない」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:24:20.42 ID:JlensMp10

ハルヒ「皆、部活の時間よ!」
キョン「だからここにいるんだろう」
ハルヒ「今日は皆でゲーム大会!」
みくる「ふえっゲームですかあ?」
ハルヒ「オセロよオセロ。最初はみくるちゃんとキョンね!」
みくる「ふえ〜」

キョン「どうしていきなりゲーム大会なんか……」
みくる「……昨日、すごく楽しかったんだと思います」
キョン「そうですかねえ」
みくる「……ふふっ頑張りましょうねキョン君」

ハルヒ「その後有希とあたしでやって、その後勝った人どうしで対決よ」
ハルヒ「ちゃんと負けどうしでも対決して、最下位は全員にケーキを
奢る事!いいわね!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:29:07.63 ID:JlensMp10

キョン「はあ……やれやれ」
古泉「僕そろそろSOS団に来ないほうがいいかもしれませんね」

ハルヒ「キョン、早くしなさーい!」
キョン「はいよ……と」
ハルヒ「相手はみくるちゃんなんだから、手加減しなさい」
キョン「分かってるって」

みくる「えーっと……ここです!」パチンパチン
キョン「……」パチンパチンパチンパチン
みくる「ふあっ!?えーっと……えーっと……」
ハルヒ「みくるちゃん、しっかりしなさーい」
みくる「え、えい!」パチンパチン
キョン「……」パチンパチンパチンパチンパチン
ハルヒ「キョン、少しは手加減しなさい!」
古泉「……ららららら〜ららら〜」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:32:30.76 ID:JlensMp10

みくる「ふええ……負けてしまいましたあ」
ハルヒ「キョンも本気出しすぎよ」
キョン「んなこと言ったって……」
ハルヒ「次はあたしと有希よ、どいたどいた!」

長門「……私が一位になったら今日、電話して」
キョン「え、ああ」

ハルヒ「どりゃー」
長門「……」
ハルヒ「うっ有希強いわね……」
ハルヒ「じゃあ……ここ」
長門「……」
ハルヒ「うっ……」


長門「……勝ち」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:35:35.70 ID:JlensMp10

ハルヒ「うう……次は負けたどうし、あたしとみくるちゃんよ」
みくる「ま、負けられません……!」

10分後

ハルヒ「勝ったあああああ!!」
キョン「早いな」
ハルヒ「ふう……」
みくる「ふええ……」
キョン「朝比奈さん、俺の分のケーキはいいので」
ハルヒ「何言ってるのよ、あんたが奢るのよ」
キョン「なっ」
ハルヒ「みくるちゃん相手に手加減しなかったあんたは卑怯だもん」
キョン「手加減しなかったわけじゃ……」

ハルヒ「さいしゅーけっせん!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:41:26.74 ID:JlensMp10

ハルヒ「有希対キョン!」
ハルヒ「れでぃー…ゴオ!」
キョン「大げさだな……どれ」
長門「……」
キョン「……そうきたか」
長門「あなたの行動は大体読める」
キョン「な……」
長門「……」
キョン「やっぱ強いな長門……」
長門「勝てる」
キョン「ちくしょう……」
長門「……」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:44:44.02 ID:JlensMp10

長門「……これで終わり」
キョン「うっ……」

ハルヒ「有希の勝ちー!」
みくる「長門さんすごいですう」
ハルヒ「さすが有希ね!」
古泉「長門さんおめでとうございます」
キョン「長門には勝てねーな」
長門「涼宮ハルヒもあなたもなかなか強かった」
ハルヒ「私なんかより有希のほうが十倍強かったわよ」

長門「……約束」チラッ
キョン「ああ、電話?わかってる」
ハルヒ「何よキョン、電話がどうかした?」
キョン「いや、何でもない」
ハルヒ「……?」
みくる「……ふふっ」
古泉「んっふ……」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 20:52:03.40 ID:JlensMp10

古泉「そろそろ荷造りを始めなければ……」
みくる「古泉君転校するんですか?」
古泉「いつかは」
みくる「そうですかあ……残念です」
古泉「ははっあははは……」
みくる「古泉君の事忘れませんからね」
古泉「転校する可能性はゼロに近いですけどね」
みくる「じゃあ荷造りの必要ないじゃないですかあ」
古泉「いつでも転校できるように……ですよ」
みくる「あ、そうですかあ」
古泉「ふふ」
みくる「ふふふ」

ハルヒ「みくるちゃん、お茶ちょうだーい」
みくる「はあーい」
古泉「また一人ですね……」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:02:09.53 ID:JlensMp10

ハルヒ「みくるちゃんさっき誰と話してたの?」
みくる「……へへっ」
ハルヒ「なによ、教えなさいよー」
みくる「禁則事項です♪」
ハルヒ「なによそれー!」

古泉「ふんもっふ!……できるわけ無いか」

長門「……」パタン
ハルヒ「あ、時間ね」
キョン「ふう」
みくる「キョン君、本当にケーキいいんですか?」
キョン「いいんですよ、気にしないでください」
みくる「ごめんなさい……」
キョン「いいんですって」

古泉「ふんもっふ!ふんもっふ!ふんんんんもっっっっふ!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:07:32.26 ID:JlensMp10

ハルヒ「どこのケーキ屋に行く?」
長門「ぷじや……」
ハルヒ「ああ、あそこ美味しいもんね。あそこにしましょう!」
キョン「結構遠いな」
ハルヒ「文句言わない!」

みくる「古泉くん?行きますよ?」
古泉「朝比奈さん……」
みくる「やだっ泣かないでください〜」
古泉「すいません……嬉しくて……ぐすっ」
みくる「ほら、行きますよ」
古泉「……はい」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:14:00.55 ID:JlensMp10

ハルヒ「みくるちゃん行くわよ〜」
みくる「はあ〜い」たっ
古泉「あっ……」


みくる「古泉君、行きましょう?」
古泉「!!……はい」
みくる「いつか、皆気づいてくれますよ」
古泉「……」
みくる「未来から来た私が言うんですよう?間違いありません」
古泉「ああ、はい…そうですね…」

ハルヒ「みくるちゃん遅い!」
みくる「ごめんなさい〜」
キョン「ハルヒ、お前が早いだけだ」
ハルヒ「むう……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:18:27.79 ID:JlensMp10

ハルヒ「着いたわよ、入りましょう」
キョン「分かってるって……興奮するな」

ハルヒ「キョン!あたしチーズケーキね!」
みくる「ショートケーキお願いします」
長門「……ガトーショコラ」
キョン「はいはい……」
古泉「僕もケーキ買いましょうかね……」

キョン「チーズケーキとガトーショコラを一つ
ショートケーキ二つお願いします」
ハルヒ「あんたも食べるの?」
キョン「いや、妹に」
ハルヒ「ふうん、あんたもいいとこあるじゃない」
キョン「うっせ」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:23:28.30 ID:JlensMp10

古泉「僕はティラミスでも……」
キョン「帰るぞー」
古泉「あっ……待ってください……」(食べたかった…)

キョン「これがハルヒで、これが長門……はい、朝比奈さん」
ハルヒ「ん、美味しいわね」
長門「むぐむぐむぐ」
みくる「お皿ないと食べずらいですう……」
キョン「店の前で食べるのもちょっと……」
ハルヒ「アンタが今渡したんじゃない!」
キョン「あ、ああ悪い」

古泉「ケーキ……ケーキ……はあはあ……くっ、ケーキ……」

ハルヒ「ごちそうさまっと……じゃああたし帰るわね」
キョン「もう帰るのか?」
ハルヒ「今日はお隣の家庭教師の日だから」
キョン「ああ、ハカセ君……」
みくる「……」
ハルヒ「じゃあね皆!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:29:55.69 ID:JlensMp10

みくる「わたしも帰りますね〜」
キョン「また明日」
長門「……」
キョン「……長門」
長門「何」
キョン「電話じゃなくて、今じゃダメか?」
長門「…………来て」
キョン「ああ」
古泉「2人でどこに……?」
古泉「……いや、覗きはダメです。帰りましょう」

長門「……公園」
キョン「そうだな」
長門「ブランコ」ストン
キョン「……あ、ああそうか」ストン

長門「……話があって、呼んだ」キイキイ
キョン「ああ」
長門「……」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:36:19.17 ID:JlensMp10

長門「……暴力をふるってしまった事、反省している」
キョン「ああ、気にするな」
長門「本当に申し訳ない」
キョン「いいって、気にするなよ」
長門「……あと」
キョン「ん?」
長門「……冷たい態度をとってしまってごめんなさい」
キョン「気にするなよ長門」
長門「……本当に、申し訳ないと思ってる」
キョン「気にすんなって」
長門「……」ペコ

キイ…
  キイ……キイ…
キイ……
 キイ……

キイ…
キョン「……他に」
長門「?」
キョン「他には、ないか?」
長門「……ある」
キョン「そうか、なんだ?」

『ちゃんと伝えないと』
『頑張ってください』

長門「……」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:39:05.75 ID:JlensMp10

長門「……私は」
キョン「うん」
長門「私はあなたという固体に興味を持っている」
キョン「……うん?」
長門「……あなたの事が気になる」
キョン「ああ…うん、で?」
長門「……愛情」
キョン「ん?」
長門「それは、愛情。私はあなたが好き……大事にしていと思っている」

キョン「……」
長門「……」
キョン「……あー」
長門「……」
古泉「……」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:42:31.23 ID:JlensMp10

キョン「うー……」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「えっとだなー」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「……」
長門「……早くして」
キョン「あっ、すすすまない」
長門「……待ってるから、早くして欲しい」
キョン「……」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:47:13.21 ID:JlensMp10

キョン「俺は……長門にずっと嫌われてると思ってた」
キョン「だから……嬉しいよ、すごく」
長門「……そう」
キョン「だから…話しかけてくれて嬉しかった」
長門「……」
キョン「でも、長門の気持ちとは違うと思うんだ」
長門「……」

キョン「俺と長門の好きの気持ちは違う」
長門「……」
キョン「……ごめん、な」
長門「……気にしていない」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:49:48.44 ID:JlensMp10

キョン「明日からも普通に……」
長門「分かっている」
キョン「……」
長門「……友達」
キョン「え?」
長門「『友達』になりたい」
キョン「……何言ってるんだよ、俺らはもう親友だ」
長門「……」コク


キョン「じゃあな長門」
長門「また明日」
古泉「ぐすっ……」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:54:08.92 ID:JlensMp10

古泉「泣かせてくれるじゃないですか……ふふっ」
長門「……」ぽろっ
古泉「な、長門さん!?」
長門「……」ぽろぽろぽろ
古泉「なななな長門さん……どうしましょう……」
長門「……」ぽろぽろ
古泉「……ハンカチを肩においておきましょう」トン

古泉「……最初で最後の僕の仕事です」
古泉「さようなら皆……」
長門「……古泉一樹」
古泉「……!!」
長門「……感謝する」
古泉「……うっうう……」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 22:02:42.86 ID:JlensMp10

古泉「……ありがとうございます、長門さん……ううっ」
古泉「……もう少し、生きてみようかな」
古泉「涼宮さんと彼にも僕を見てもらえるように……」


長門「古泉一樹に比べて彼は酷い……」
長門「…………………嫌い」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/21(木) 22:04:15.73 ID:JlensMp10

終わりです。
途中からスレタイ関係なくなってしまいました。
次は古泉主役にでも書こうかな。
見てくれた皆さん、ありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「………視線を感じる……。」