長門「…で、だ。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・舐めて///」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/09(土) 22:00:56.91 ID:QWoD839eO

長門「これは一体何がどうなってるんだ?」

キョン「ふぇぇ〜・・・」

古泉「涼宮ハルヒの願望がもたらした結果、
  私達の人格の入れ代わりが起きたと考えられる。」

長門「やっぱり。…ったくまたハルヒの奴は面倒な事してくれたもんだ。」

みくる「長門さ…、いえ、古泉くん、でしょうか?
  んっふ、自分を呼ぶと言うのは中々に奇妙な感じですね。
  それで、個人の能力は今それぞれの人格に帰依していると考えてよろしいのでしょうか?」

古泉「その考えで問題無い。」

長門「…なあ、長門。」

古泉「なに?」

長門「元に、戻れるのか?」

古泉「解らない。
  しかし思念体は、現状維持を望んでいる。」

みくる「まさに神の思し召しのままに、と言う事ですね。」

キョン「え、という事は、私はしばらくキョンくんの体のままなんですかぁ?」

長門「おいおい、マジかよ…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/09(土) 22:13:36.39 ID:QWoD839eO

みくる「しかし、困りましたね。いくら夏休みとは言え、涼宮さんと会わない訳ではありません。」

長門「ああ、週末の恒例行事があるからな。」

古泉「涼宮ハルヒに気付かれる訳にはいかない。」

長門「だな。…特に、」

みくる「…ですね。」

キョン「ふえ!?私ですかぁ!?」

長門「朝比奈さん、頑張って下さい。」

キョン「ふぇぇ…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/09(土) 22:19:27.79 ID:QWoD839eO

みくる「とりあえず今の所は現状維持、と言う結論ですね。
  僕は、しばらくは機関のホテルに居を移す事にします。」

長門「俺は…」

古泉「迷惑じゃ無ければ、私の家に。」

長門「いいのか?ありがたい。」

キョン「私はキョンくんの家に…ですか。」

長門「朝比奈さん。」

キョン「はい?」

長門「くれぐれも」

キョン「はい。」

長門「く れ ぐ れ も、宜しくお願いします。」

キョン「キョ…長門さん、目が怖いです・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/09(土) 22:24:32.89 ID:QWoD839eO

#長門と古泉の帰宅

長門「おじゃまします。」

古泉「…ただいま。」

朝倉「おかえりなさ〜い。
  あ、キョン君ね?長門さんから話は聞いてるわ。」

長門「ああ。また厄介な事になった。しばらく世話になるぞ。」

朝倉「いいのよ〜♪」フンフーン♪

長門「妙に機嫌が良いな。」

朝倉「べっつに〜」ルルー♪

長門「……?」

古泉「…?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 22:30:37.69 ID:QWoD839eO

#みくるの帰宅

みくる「古泉一樹、入ります。」

森「古泉、お帰……」

みくる「全く、涼宮さんには困ったものです。」

森「そうか…………」

みくる「森さん?」

森「古泉。少し髪が痛んでないか?」

みくる「はい?」

森「よし、今から一緒に風呂に入ろう。」

みくる「いや、私は」

森「大丈夫だ、痛くはしない。」

みくる「え、ちょ…森さn」

森「よし古泉行くぞ!」

みくる「あああああぁぁぁぁぁ……」ズルズル

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 22:38:05.53 ID:QWoD839eO

#キョンの帰宅


キョン「ただいまぁ〜」

妹「キョンくんお帰り〜」

キョン「あ、いも…」

妹「え?」

キョン「いや、ただいま。」

妹「うん!」

キョン(確かキョンくんの部屋は二階だったかな?)

キョン「お、俺ちょっと疲れたからネル」

妹「…キョンくんなんか変だよ?どうしたの?」

キョン「ふえ!?なんでもないですよぅ!」

妹「…え?」

キョン「あ、いや、寝る。
  おやすみな。」

妹「うん…?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 22:50:48.98 ID:QWoD839eO

長門「あ」

朝倉「どうしたのよ、急に素っ頓狂な声出して。」

長門「今日俺がいつも買ってる雑誌の発売日だったんだ。」

朝倉「別に、明日買えばいいんじゃない?」

長門「あー…いや、でもまだ明るいしな。ちょっと買いに行ってくるよ。」

朝倉「んー、別にいいんだけど、くれぐれも涼宮さんには気をつけてよ?」

長門「あぁ、解ってる。」

古泉「夕御飯は19時完成予定。間に合うように。」

長門「了解だ。」

朝倉「あ、そうだ!ちょっと待って長門さん」

長門「キョンだ。」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 22:51:18.05 ID:QWoD839eO

朝倉「ねぇ、キョンくん。
  かーわいい洋服、着てみない?」

長門「…ワンピースって奴か?」

朝倉「そうよ〜」

長門「いやでも、スカートみたいなのはなぁ…」

朝倉「か〜なり、涼しいわよ!」

長門「…オーケイ、交渉成立だ。」

朝倉「やったぁ♪」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:01:42.57 ID:QWoD839eO

長門「…スースーするな。
  しかし確かに涼しい。朝倉さまさまだ。…だけど、なんで長門はずっとこっちを変な目で見てたんだ?」

???「ん?あれは確かキョンの友達の…」

キョン「あ!」

長門「ん?」

キョン「キョンくぅぅ〜〜ん!!」

???「……キョン??」

長門「わっ…どうしたんですか、朝比奈さん?」

キョン「会えてよかった…グスッ…」

長門「えーっと、落ち着いて、素数を数えてください。」

キョン「グスッ……ヒック…」

長門「何があったんです?」

キョン「妹ちゃんがぁ…」

???「『キョンくん』『朝比奈さん』…か。
  くっく、面白そうな事になってるみたいじゃないか。」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:09:54.10 ID:QWoD839eO

#キョン(みくる)の受難

キョン「うぅ…なんで私こんな目にあってるんですか…」

キョン「キョンくんらしく…
  キョンくんらしく…」
ガチャ
妹「キョンくーん?」

キョン「!!!」

妹「大丈夫〜?なんかさっき調子悪そうだったから。」

キョン「あ…ああ。大丈夫です。」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:10:31.73 ID:QWoD839eO

妹「なんかいつものキョンくんらしくないよ?
  本当に大丈夫…?」

キョン「大丈夫だ。心配するな。妹ちゃん。」

妹「…?
  なんか今日のキョンくん、みくるおねーちゃんみたい。」

キョン「!!!!!」

妹「キョンくん?」

キョン「で、出掛けてきまぁす!!!!」
バタバタバタ

妹「んー。
      なんか、変。」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:20:17.72 ID:QWoD839eO

#古泉一樹のその後


森「…ふぅ。」

みくる「森さん…ひどいですよ…」

森「今の絶望に打ちひしがれている古泉は、中々にチャーミングだぞ。」

みくる「…」

森「冗談だ。と、そうだ。
  …今晩は、私と寝ろ。」

みくる「え?」

森「大丈夫だ。私のベッドは広い。多少バタついても落ちる事は無いだろう。」

みくる「いや、さすがにそれは…」

森「断るのか?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:22:23.96 ID:QWoD839eO

みくる「僕は一人で寝られますし、それに…」

森「古泉、いつからお前は上司の頼みを聞けない不徳者になったんだ?」

みくる「…」

森「大丈夫だ。
  天井のシミを数えている間に、終わる。」

みくる「ヒッ…!」
ダッ

森「しまった!
  古泉が逃げたぞ!確保しろ!」

ガシッ
みくる「え、皆さん、どこに隠れてたんですか?!
  は、離して、離してくだ、さ…」

森「古泉。…私から逃げようとした罪は、重いぞ。」

みくる「いやだぁぁぁぁぁぁ………」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:39:06.66 ID:QWoD839eO

#朝倉と


朝倉「な〜がとさ〜ん」
ギュ

長門「わっ!・・急に後ろから抱き着くなよ。」

朝倉「え〜?いいじゃないね。減るものじゃないんだし〜」
ワシワシ

長門「あー髪をワシワシするな!」

古泉「…朝倉涼子。」

朝倉「どうしたの長門さ〜ん?」
ワシワシ

古泉「即刻、行為の中断を。」

朝倉「何でよー?」
ワシワシ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:39:33.38 ID:QWoD839eO

古泉「不愉快。」

朝倉「だって普段の長門さんはこんな事やらせてくれないじゃな〜い。」
ワシワシ

長門「あーウザったい!!」

朝倉「えー・・・
  あ!そうだ長門さん、この洋服着てみない?」

長門「なんだそのフリフリの服は!」

古泉「断固拒否。」

朝倉「今は貴方に聞いてないのよ〜
  この、長門さんに聞いてるのよ!」

古泉「…あまり調子に乗らない方がいい。」

朝倉「えー、なんでよー。」

古泉「朝倉、涼子。」

朝倉「…わかったわよ。
  長門さんの分からず屋ー」

長門「無表情の古泉…思ったより怖いな…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:52:48.81 ID:QWoD839eO

#古泉一樹の変革


みくる「はぁ…森さんにも困ったものです。
  外までついてこないだけ、マシなのでしょうか。」

男「…ねぇ彼女?」

みくる「…私の事ですか?」

男「そうそう。かわいいねぇ、どう?この後時間ある?」

みくる「いえ…。急いでいますので、失礼します。」

男「いいじゃんいいじゃん、少しだからさ!」
ガシッ

みくる「何ですか…離して下さい。」

男「なんだよ、少しかわいいくらいで調子乗んじゃねぇよ。糞が。」

みくる「…ふぅ、行ってくれましたか。
  それにしても、『かわいい』ですか。んっふ。」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 23:53:25.05 ID:QWoD839eO

みくる「古泉一樹、只今帰りました。」

森「ああ、お帰り。
  さて古泉、早速だが、」

みくる「森さぁん…」
ウルウル

森「な、何だ?」

みくる「僕、疲れちゃったみたいで…」
スルスル

森「あ、あぁ…」

みくる「僕、森さんに足を、マッサージしてほしいんです…」
ウルウル

森「…よし、私に任せろ古泉。最高の快楽を与えてやる。」

みくる(あぁ、なるほど。中々いけますね、この手は。)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:22:54.27 ID:Swsq4/PvO

#長門と周防


古泉「買い物を頼まれて欲しい。」

長門「ん?ああ。何だ?」

古泉「メモに書いた。」

長門「…よし、わかった。」

古泉「夕御飯に使用する。」

長門「間に合うようにだな。把握だ。」

朝倉「あれ?キョンくん買い物行くの?」

長門「そうだが、お前も何かあるのか?」

朝倉「う〜ん、長門さんの体に持たせるにはちょっと重いかもねぇ。
  よし!キョンくん、一緒に行こう!」

長門「あぁ、わかった。」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:24:09.75 ID:Swsq4/PvO

*今日の長門*
麦藁帽の夏少女


朝倉「じゃあ私の買い物は四階にあるから、また後でね!」

長門「おーう。
  さて、俺の買い物は地下一階か。」

周防「――――長――門――有希――」

長門「うおっ!…って確かお前は、周防?」

周防「―――キョン――」

長門「な、何だ。」

周防「―――私―は――――周防―――九曜―――」

長門「…用がないなら、行くぞ。」

周防「―――――――」

長門「・・・
  何だったんだ、あいつは。」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:25:01.19 ID:Swsq4/PvO

長門「…と、後はレジに行くだけかな。」
ギュ

長門「…ん?」

周防「―――――キョ――ン―」

長門「またお前か…
  って、その手に持ってるのは何だ。」

周防「――かい―――われ――――大根。」

長門「大根。だけやたらはっきり言ったな。どうした?それ、買いたいのか?」

コクッ

長門「あー…、わかった。買ってやるから着いてこい。」

コクッ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:25:55.88 ID:Swsq4/PvO

長門「ところで、そのかいわれ大根何に使うんだ?」

周防「―――おい―しい――」

長門「…そうか。おいしい、か。」

周防「か――いわれ――大根。」

長門「大根。だけはっきり言うんだな。」

橘「あ!周防さんこんな所に居たんですか?
  …あ、貴方は。」

長門「…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:26:29.89 ID:Swsq4/PvO

橘「…やっぱり、喋らないんですね。」

周防「――――――」

橘「ほら、周防さん、帰りますよ。」

周防「――――――――」

長門「…。
  疲れた…。」

朝倉「おっまたせー」

長門「おう…って、朝倉、なんだその…コンビニでよく見かけるような機械は。」

朝倉「え?何って…」

朝倉「おでんを作る機械よ。」

長門「………疲れた。」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:34:13.91 ID:Swsq4/PvO

#アフター


橘「…て、アレ?その袋、どうしたんです?」

周防「―――買って――――くれ――た――」

橘「あの人が、ですか?」

コクッ

橘「へぇー。一体何をですか?」

周防「―かい―わ―――れ――――大根。」

橘「へー。そうだ!帰ったら佐々木さんにおいしいかいわれサラダを作ってもらいましょう!」

周防「――かいわ―――れ―――サ―ラダ――」

橘「ね♪」

コクッ

橘「ところで周防さん。
  …大根。だけはっきり言うんですね。」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:47:25.19 ID:Swsq4/PvO

#キョン(王手)


妹「…キョンくーん。ご飯、だって。」

キョン「お、おう。」

妹「……ねぇ、キョンくん。」

キョン「なんで…なんだ?」

妹「誰なの?」

キョン「!
  な、何の事だ?」

妹「…ううん!先に下におりてるね!」
タッタッタ

キョン「妹ちゃんに、気付かれてる…どうしよう…ふえぇ…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:47:54.95 ID:Swsq4/PvO

妹「キョンくん!このお魚あげる♪」

キョン「おう、ありがとうな。」
パクパク

妹「…あれ?キョンくん、このお魚嫌いじゃ無かったの?」

キョン「え…あ、いや、その、たまには食べてみたくなるじゃ無いか。」

妹「…ふーん。」

母「なーに言ってるのよ。貴方の大好物だったじゃない。」

キョン(!!)

妹「…てへっ♪」

キョン(助けて…誰かぁ…)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:57:48.07 ID:Swsq4/PvO

#キョン(核心)


キョン「ふぇぇ…妹ちゃん怖い…」

妹「キョンくーん、入るよー」

キョン「!」

妹「ねぇキョンくん、お話しようか。」

キョン「あ、いやちょっとお腹が痛くてな…。」

妹「腹、じゃなくてお腹、なんだね♪」

キョン(どうしようどうしようどうしようどうしよう)

妹「キョンくんは、一時間もお風呂に入らないよね。」

キョン「あ、ーその、」

妹「キョンくんが脱いだ洋服をちゃんと畳んでるなんまつ珍しいね♪」

キョン「あ、いや…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 00:58:48.15 ID:Swsq4/PvO

妹「キョンくんは、そんな内股じゃないよね。」

キョン「…」

妹「みくるお姉ちゃん、みたいだね。」

キョン「あ…」

妹「お話してくれてありがとう♪また明日ね!キョンくん、おやすみなさい♪」

キョン「……妹ちゃんが怖いよ…誰か…グスッ…」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:09:25.93 ID:Swsq4/PvO

#集合


@公園

キョン「キョンくーん!」

長門「っ!朝比奈さん?」

キョン「長門さんも…会えて、よかった…ふえぇ…」

長門「朝比奈さん、何かあったんですか?
  もしかして、妹が失礼を…」

ビクッ

キョン「妹ちゃんが怖いんです。妹ちゃんが見てるんです。妹ちゃんが調べるんです。妹ちゃんが怖いんです。妹ちゃんが近付いて来るんです。妹ちゃんが覗いて来るんです。妹ちゃんが」

長門「朝比奈さん!落ち着いて!朝比奈さん!」

古泉「…」

朝倉「一体、何があったのよ…」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:18:58.81 ID:Swsq4/PvO

古泉「…車」

長門「あの車、古泉だな。」


森「古泉、ほら足元に気をつけて。」

みくる「ありがとうございます。かわいい、森さん。」

森「あっ…。」

みくる「ふふっ…かわいいですね。もっと、虐めたくなる…」

森「う…くぅ…やめろ…みんなが…見て…」

みくる「そうですか。じゃあもうやりません。さようなら、森さん。」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:19:27.57 ID:Swsq4/PvO

森「ぁ…
  待って!古泉!私、貴方が居ないと生きて…ごめんなさい…」

みくる「ふふ…大丈夫。
  僕は、貴女を捨てたりなんかしませんよ。…私のかわいい、森さん…」

森「ぁ…」


長門「1、3、5、7、11、13、」

朝倉「え、何、どうなってるのアレ」

キョン「あわわ…」

古泉「…ユニーク」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:29:20.62 ID:Swsq4/PvO

#長門と周防 Part2


長門「ただいま」

朝倉「おかえりなさーい…って、何そのワカメ。」

周防「――――――」

長門「俺が聞きたい。長門と図書館に行った帰りからずっと着いて来てる。」

朝倉「貴方、何の用?」

周防「――――――――」

朝倉「私、貴方達は大嫌いなのよ。帰りなさい。」

長門「おい、朝倉…」

朝倉「解ってるでしょ。コレと私達は、同じだけど違うの。全く正反対の立場なのよ。
  水と油は混ざり合わないの。コレがここに居るだけで不快だわ。…なんだったら、ここで消し去ってあげてもいいくらいだわ。」

周防「―――好き――」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:38:25.18 ID:Swsq4/PvO

長門「……へ?」

朝倉「は?」

周防「―――違―う――――中――――今―――好き――」

長門「周防…?」

周防「今――の―――好き―」

朝倉「ち、ちょっと…」

ギュッ

長門「へ!?」

周防「―好き――――」

朝倉「ちょっと!長門さんに気安く触れないでよ!」

長門「あー、いや、周防?」

周防「――――――――」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:39:55.43 ID:Swsq4/PvO

朝倉「ちょっとワカメ!聞いてるの!?長門さんは私の物なんだから!!」

長門「いや、それは違う。」

周防「――――――」

朝倉「ワカメ!それ以上長門さんに引っ付いてると本当にワカメ汁にするわよ!」

周防「―また―――く――る―――バ―イバイ―――」

朝倉「もうくんな!!」

長門「何だったんだ、アレは。」

朝倉「大丈夫よ長門さん。汚されてしまっても長門さんは長門さん、私の大好きな長門さんよ。」

長門「いや、そんな変なフォローはいらない。」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:49:41.65 ID:Swsq4/PvO

#Tarashi


鶴屋「こんな時間に呼び出しなんて、何かあったのかいっ?」

みくる「鶴屋さん…」

鶴屋「ん?何か、深刻そうだね?どうした?みくる!」

みくる「ずっと、ずっと言おうとしてたんです。
  だけど、怖くて…。でも、いつまでも奥手な私じゃいけないと、気付いたんです。」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:50:29.41 ID:Swsq4/PvO

鶴屋「にょろ?なんか愛の告白でもされそうな雰囲気だね?」

みくる「……」

鶴屋「…みくる?」

みくる「鶴屋さん」

鶴屋「…」

みくる「実は、私、貴方の事が…
  大好ゴッ」

鶴屋「え!?キョンく?え?みくるをぼくっ撲殺…!????」

キョン「う…鶴屋さん!忘れて!忘れてくださぁい!!!!」
タッタッタ ズルズル

鶴屋「…にょろーん?」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 01:57:45.46 ID:Swsq4/PvO

#アフター Part2


佐々木「あら、周防さん?随分遅いお帰りね。何かやっていたの?」

周防「――――告白――」

橘「珍しいですねー。周防さんが告は…告白!?」

佐々木「差し支え無ければ、相手を教えてくれないかしら?」

周防「―――――キョ――ン―――」

佐々木「なっ…!?」

橘「な、何があったんですか…???」

周防「―――――大根。」

佐々木「よければ、詳しく…」

周防「大根。」

橘「大根…食べたいんですか?」

佐々木「わかった、今晩は大根の煮付けにするわ、周防さん。…それで、大根ならいくらでも食べさせてあげるから、その件詳しく教えて頂戴ね。」

周防「―――――――」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:10:00.65 ID:Swsq4/PvO

#涼宮ハルヒの観察


ハルヒ「遅い!」

みくる「遅いですねぇ」

キョン「まだ30秒も過ぎてないだろ。」

ハルヒ「一体有希と古泉君は一体どこで油を売ってるのよ!」

みくる「あ、あれじゃないですかぁ?」

古泉「…すみません。遅れました。」

長門「これは私の責任。謝るのは私。
  ごめんなさい。」

ハルヒ「…有希がそこまで言うなら、仕方ないわね。
  それじゃあみんな!喫茶店に移動よ!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:18:31.92 ID:Swsq4/PvO

*組分け*
ハルヒ・長門
キョン・古泉・みくる


ハルヒ「ねぇ有希!あの雲変な形じゃない!?」

長門「…蟹。」

ハルヒ「確かに蟹に見えるわね。しかもタラバよ!」

長門「…」

ハルヒ「有希、今日はやけに熱心ね。」

長門「…?」(ヤバイ…か?)

ハルヒ「とても素晴らしい事よ!団員たるもの、活動にはいつも全力でないとね!!」

長門「…そう。」(ハルヒでよかった…)

ハルヒ「じゃああのタラバ雲を追っかけるわよ!付いてきなさい!有希!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:30:28.37 ID:Swsq4/PvO

???「おや?」

長門「…」

ハルヒ「あれ?貴方は…佐々木さん?」

佐々木「ええ。涼宮さん。この間ぶりかしら?」

ハルヒ「そうね。
  こんな所で会うなんて偶然ね。」

佐々木「そうね。あとそちらは…長門さん、だっけ?」

長門「…そう。」

佐々木「ところで涼宮さん達はこんな住宅街で何をしていたのかしら?」

ハルヒ「不思議探しよ!」

佐々木「それは…中々ユニークね。
  もし、よければ私も混ざらせてくれない?」

ハルヒ「偶然ね、私もそう言おうと思っていたところよ!」

佐々木「ふふ…偶然は重なるものよ。
  ねぇ?長門さん。くっく。」

長門「…?」(なんだろう、すごく嫌な予感がするのは。)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:44:40.72 ID:Swsq4/PvO

ハルヒ「ねぇ………じゃない!」

佐々木「……ね。……だわ。」

長門「…」


ハルヒ「有希、佐々木さん。私トイレ借りてくるからちょっと待っててね。」

佐々木「くっく」

長門「…」

佐々木「もういいだろう?中々面白い物を見せて貰ったよ。」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:48:46.23 ID:Swsq4/PvO

長門「…いつから気付いてた?」

佐々木「もう一週間も前の話になるね。
  コンビニの前で情けない声を出した君…いや、゙キョン"が、君、゙長門さん"に抱き着いた瞬間を目撃したのだよ。」

長門「そんな前か…参ったな。
  …あぁ、この事、ハルヒには」

佐々木「解ってるよ、キョン。
  だが、そうだな。対価を支払って貰おうか。」

長門「対価?」

佐々木「なに、金品を要求する訳ではないよ。明日、予定はあるかい?」

長門「いや、特には無いが。」

佐々木「なら明日、少し僕に付き合ってくれるかい?」

長門「別に構わんが、見たとおり、俺は今こんな姿だぞ?」

佐々木「構わないさ。…と、涼宮さんが帰って来たようだ。それじゃあ明日9時、駅前で。」

長門「わかった。」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 02:50:41.05 ID:Swsq4/PvO

キョン(みくる)
長門(キョン)
古泉(長門)
みくる(古泉)
ハルヒ
佐々木
朝倉

ワカメ


誰が1番好き?

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:00:12.53 ID:Swsq4/PvO

#アフター
長門「長門、朝倉。明日ちょっと用事が出来たから出掛けるわ。」

朝倉「あら?キョン君に用事なんて珍しいわね。」

長門「ほっとけ。
  朝9時の待ち合わせだから、昼飯は向こうで食ってくるからな。」

古泉「了解した。」

朝倉「よし!長門さんのデート服出さないとね!」

長門「長門お前そんなの持ってたのか?」

古泉「知らない。何。」

朝倉「じゃーん!」

*スキル・ボーイッシュ を手に入れた。
*ボーイッシュな服 を手に入れた
*参考資料・ttp://www.vipper.org/vip897052.jpg

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:18:39.31 ID:Swsq4/PvO

・人気投票の結果を元にしたら接点無さ過ぎて話が
みくる「森さん、カルピスを買ってきてくれませんか?僕、喉が渇いてしまって…」
森「わかった、すぐ買ってくるぞ!」


佐々木(くっく、キョン、かわいくなってしまったな。)

森「キャッ」
バシーン
佐々木「わっ」

森「す、すまない。急いでいたもので」

佐々木「いえ、こちらこそ考え事をしていましたから…」

森「怪我は、無いか?」

佐々木「はい。」

森「よかった。では」

佐々木「随分と急いでいる人だね。人生、余裕も大事なんだけどな。」

鶴屋「お!そこの人、いい事言うねぇ!」

佐々木「ん?貴方は…」

鶴屋「通りすがりの鶴屋さんさっ!」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:19:53.97 ID:Swsq4/PvO

佐々木「鶴屋さん?」

鶴屋「そう!人間ゆとりを持つ事はすっごく大事にょろね!」

佐々木「そう…ですね。私も…」

橘「あれ?佐々木さん?こんなところでなにやってるんです?」

佐々木「くっく、今日は偶然が多い日だね。」

橘「え?」

佐々木「ううん、何でもないわ。
  それじゃあ通りすがりの鶴屋さん、私はこれで。」

鶴屋「おうさっ!」

橘「…誰です?」

佐々木「゙通りすがりの鶴屋さん"だそうよ。」

橘「ふ〜ん…。あ、周防さん見ませんでした?」

佐々木「見てないけど、どうしたの?」

橘「朝から家にいないんですよー」

佐々木「周防さんが…(何か、嫌な予感が)」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:24:01.81 ID:Swsq4/PvO

朝倉「ちょっとワカメ、あんたにあげるがんもどきは無いわよ。」

長門「まぁ朝倉、いいじゃないか。」

朝倉「良くないわよ!ワカメががんもどき食べてどうするのよ!ワカメはワカメらしく水で増えてるべきなのよ!」

長門「まて朝倉、日本語を喋ってくれ。」

周防「――――は――んぺん―――」

朝倉「ちょっと増えるワカメがはんぺん増やしてワカメ食べないでよ!」

長門「長門、救急車を一台。」

古泉「…ユニーク。」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:30:11.43 ID:Swsq4/PvO

周防「――――帰――」

長門「帰るのか?」

コクッ

朝倉「さっさと海に帰れ!」

長門「夜道は危ないからな。気をつけろよ?」

コクッ

朝倉「夜道に同化して車にひかれそうね。ワカメだから」

長門「じゃあ、またな。」

コクッ

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:30:49.11 ID:Swsq4/PvO

古泉「待って。
  …お土産。」

朝倉「ちょっとそんなワカメにワカメあげないでよ!」

周防「―――あ―り―がと――う―――」

長門「気が利くな、長門。サンキュー。」

古泉「いい。余っていたから、当然の事。」

長門「じゃあな。」

周防「―――――バイバ―イ――」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:40:49.42 ID:Swsq4/PvO

#アフター Part3
周防「―――――――――――」

橘「ちょっと周防さん、遅いですよ!夕ご飯とっくに終わっちゃいましたよ!」

周防「――お―――みや―――」

佐々木「ん?これはどうしたの?」

周防「―――――――大根。」

橘「おでんですね。こんなパックにいっぱい…どうしたんです?」

周防「――キョ―ン――と―――長門―さ―ん―」

橘「キョンさんと長門さんに貰ったんですか?」

佐々木「周防さん、もしかしてあなた、キョンの家でご飯をご馳走になったの?」

コクッ

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:41:35.50 ID:Swsq4/PvO

橘「もう。次からはそういう時は必ず連絡して下さいね!」

コクッ

佐々木「…お返し、しないとな。」

橘「ですね。そうだ!私がお昼作ったマフィンを!」

佐々木「橘さん、よければ…お返しは私が考えていいかしら?」

橘「別にいいですけど…どうしたんです?」

佐々木「ただの、気まぐれよ。」

橘「ふーん…」

周防「――――――――」(#)

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:51:31.46 ID:Swsq4/PvO

#アフター派生 周防の思考


周防「――――お礼―――」

長門「いいんだよ、そんな気にしなくて。」

周防「――――――」
スルスル

長門「服を脱いでなにをしてるんだ?」

周防「―――私――自身――お――返し―」

長門「…そうか。
  綺麗だよ、周防。」

周防「―――――――――」

長門「大丈夫。さぁ、ベッドに行こうか…」

コクッ

「……さん」

周防「―――優し――く――」

長門「大丈夫だよ。ほら…」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:54:14.36 ID:Swsq4/PvO

「…さん!周防さん!」

周防「――――――?」

橘「ちょっと周防さん?聞いてました?」

フルフル

橘「全くもう。一体何を考えていたんですか?」

周防「――――――――キ―ョ―」

佐々木「彼女にその問い掛けは無意味な気もするわね。橘さん」

橘「んー、それもそうですね。」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 03:54:52.32 ID:Swsq4/PvO

周防「――――――――――――」

佐々木「じゃあ、そろそろ寝る支度でもしましょうか。」

橘「あれ?随分早いんですね?」

佐々木「ふふ、明日は大事な予定があるのよ。」

橘「顔がにやけてますよ〜?」

佐々木「そうかな?」

橘「そうですよ〜。まさか………

周防「―――――――――――――――」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 04:06:01.70 ID:Swsq4/PvO

#翌日


佐々木「いや、全く素晴らしい曇天模様だと思わないかね、キョン。」

長門「曇り空を素晴らしいと言えるのかは置いておいて、確かにこれを曇りと言わずして何を曇りと言うかと言うぐらいの曇り空だな。」

佐々木「予報によると今日の降水確立は50%だそうだ。
  コインの裏表が当たる確立と同じ、予報、とは何なのだろうね。」

長門「そうだな。是非この不思議をハルヒに伝えてやりたい物だ。」

佐々木「くっく、確かに。
  さて、切符を買うよ。」

長門「そういえば聞いて無かったな。どこに行くんだ?」

佐々木「せっかくだから都心の方まで出ようと考えているよ。いいかな?」

長門「わかった。」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 04:20:22.61 ID:Swsq4/PvO

佐々木「それにしてもキョン、今日の君は昨日にも増して可愛らしいね。」

長門「朝倉いわく、デート服だそうだ。」

佐々木「朝倉、とは誰かな?恐らく、初めて聞く名だが。」

長門「あぁ、簡単に言えば周防や長門達の仲間だ。」

佐々木「ほう。やっぱり、無口なのかい?」

長門「いや、逆だ。やかましいったらありゃしない。」

佐々木「僕も一度会ってみたいものだな。」

長門「じゃあ帰ったら朝倉に話してみるか?」

佐々木「いや、遠慮するよ。
  橘さん達の話を聞くと、私は随分どあっち"から嫌われているようだからね。」

長門「…そうか。すまないな。」

佐々木「なに、君が気にする事じゃないよ。」
  と、次下りる駅だ。キョン、準備をしておけよ。

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 04:34:55.41 ID:Swsq4/PvO

長門「よくテレビや雑誌では見るが、実際に来たのは初めてだな。」

佐々木「僕は二回目だよ。前に、友人達とね。」

長門「じゃあ、案内は佐々木に任せていいんだな。」

佐々木「君はデートでも女の子にエスコートさせるのかい?
  …いや、冗談だ。今日は行き先すら伝えて無かったのだからね。それに今は、お互いに゙女の子"だ。」

長門「…ああ。」

佐々木「さて、キョン。私は、一度でいいからこのイベントに来てみたいと思っていた。…幼稚だろう?いや、笑ってもいいさ。まだ小学生の頃だったか、CMを見てね。それから一度は来てみたいと考えていたんだ。
  聞けば、今回がファイナルらしいじゃないか。今日君と約束を取り付けられて、とても幸せに思うよ。」

長門「そうか。…で、どうすればいいんだ?」

佐々木「そうだね、入場券を買う必要があるようだ。」

長門「…あの長蛇の列に並ぶのか?」

佐々木「みたいだね。」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 04:41:46.96 ID:Swsq4/PvO

#閑話休題


…と思わないかね、キョン。」

「曇り空を素晴らしいと言えるのかは置いておいて、確かにこれを曇りと言わずし…

周防「――――発見―――」

「さて、切符を…

周防「―――――追―跡――」

森「あ、あのっ!すまないがそこの黒い人!」

周防「――――――――――」

森「チョ…チョコ…ハァハァチョコバナナミルクセーキを売っているお店を知らないか!?それが無いと、私は…!」

周防「――あ――――彼――いっちゃ――う――」

森「おい!聞いて…くっ」
ダッ

周防「――――――――帰―る―――」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 04:52:31.78 ID:Swsq4/PvO

佐々木「…いや実に貴重な体験になったよ。テーマパークとして面白いかは別として、普段立ち入る事の出来ない場所に入ると言うのは楽しい物だ。」

長門「そうだな。特に、あの球体が思ったよりも広かった。」

佐々木「くっく、君と来れて本当に良かったよ。」

長門「俺もだ、佐々木。」

佐々木「…くっく、光栄だね。
  さて、そろそろお昼にしないか?」

長門「そうだな…。どこにする?」

佐々木「あぁ、大丈夫だよ。もう行きたい場所は目星を付けてあるんだ。

  あの、海に近い建物だね。」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:00:29.79 ID:Swsq4/PvO

#>>224
みくる「森さん?」

森「…はい。」

みくる「僕は、5分以内と言ったはずですが。」

森「…すまない、古泉。だけどチョコバナナミルクセーキはもう生産して…」

みくる「言い訳は聞きたくありません。
  …森さん、向こうを向いて、くれませんか?」

森「…こう、か?」

みくる「手を後ろに出してください。」

森「…」

ガシャン

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:01:08.15 ID:Swsq4/PvO

森「…!これは、」

みくる「手錠です。後は、これも付けましょうね。」

森「首輪…」

みくる「今から貴女は私の犬、かわいいかわいい、私の子犬。」

森「ぁ…」

みくる「舐めなさい。」

森「はい…」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:09:42.02 ID:Swsq4/PvO

#いもうとにっき


8月1日 (はれ)
キョンくんがお部屋から出てこなくなって二日が経ちました。
キョンくん、どうしたのかなぁ?
あ、でも昨日はすっごく朝早くに家をでてったみたいです。
ハルにゃん達と会ってたのかな?会えたのかな?
今日もキョンくんといーっぱいお話しよう!
まだ今のキョンくんは気付いてないけど、実は部屋の合い鍵をもっているのです!
まだキョンくんは寝てるのかな?それともこのあいだみたいに布団にくるまって何かをしゃべってるのかな?
じゃあ、キョンくんのお部屋にいってきまーす。

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:16:14.84 ID:Swsq4/PvO

長門「おお、これはすごいな。海が一望出来るぞ。」

佐々木「まぁ、橋より手前側までだけどね。
  さて、君から取ってくるといいよ。それと、バイキングだからと偏り過ぎないようにね。長門さんの体に良くない。」

長門「佐々木、お前は俺の母親か。…じゃあ、お言葉に甘えて、先に取ってくるとするよ。」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:24:06.14 ID:Swsq4/PvO

長門「ふぅ、食った食った。」

佐々木「…なぁ、キョン。」

長門「何だ?」

佐々木「僕の思い違いならいいんだが、元のキミの時より食べていなかったか?…いや思い違いなら良いんだ。私は君がパスタを4皿ほど軽く平らげたように見えたのだが。」

長門「いいか、佐々木。
  …宇宙の神秘って奴だ。あ、デザートってあったか?」

佐々木「……」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 05:44:24.04 ID:Swsq4/PvO

長門「思ってたよりもいろいろとあるんだな…。ん?佐々木どうした?」

佐々木「ん?いや、何でもないよ。」

長門「『お名前入れます。』か。記念にいいんじゃないか?」

佐々木「そう…かな?」

長門「せっかくだ。記念に二人分、作っていかないか?
  ん?大丈夫だ、それくらいの持ち合わせはあるさ。」

長門「すみませーん。これ、お願いしたいんですけどー」


……………………………

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:13:52.31 ID:Swsq4/PvO

#KYON ∞ SASAKI

佐々木「……」

橘「佐々木さん、帰って来てからずっとその指輪を眺めてますね♪」

周防「――――――――婚約――?」


佐々木「ふふ…
  キョンは、いつもそうだな。…君は、愚鈍だ。それに鈍感だ。だけど…どうして君は、そうなんだろうな。
 やはり今日は君と行く事が出来て、正解だった。そう、これ以上が無いほどの大正解だ。


長門『苗字だけで良かったのか?』

佐々木『うん。そう言う君こそ、あだ名で良かったのかい?』

長門『俺が拒否してお前の決定が覆るのなら、そうしたかもな。』

佐々木『くっく、賢明だね。』


KYON ∞ SASAKI


  指輪に彫られた二人の名前。…お揃いの、刻印。きっと、昔の私ならくだらないと一蹴するだろう。
『恋愛感情なんて、心の病気の一種だよ。』
  くっく、参ったね。まさか本当に、この僕がこんな感情を持つなんてね。…それもこれも、キョン、君のせいだよ。」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:27:56.28 ID:Swsq4/PvO

佐々木「…さて、じゃあ彼には早く元に戻ってもらわないとね。」

橘「何の事ですかー?」

周防「――――――――――」

佐々木「周防さん、協力お願いできるかしら?」

周防「――――――わか―――った―――」

周防(――――――失恋―――)

佐々木「とりあえず、今のキョンの所に案内して貰いたいのだけど?」

周防「――――わ――かった―」

橘「え?え?何かわからないけど、私も一緒に行きます!」

佐々木「ありがとう、橘さん。


  …SOSが重なれば、それは∞∞∞になる。
大丈夫。私達が揃えば出来ない事は無い。
よし、あの唐変木を元に戻しに行くか。待ってろよ、キョン。
  …次は、あの時みたいに君を見上げながら歩きたいからね。」


        完?

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:29:22.01 ID:Swsq4/PvO

以上、処女作でした。


で、入れ代わりネタはまだあるのですが

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:40:21.51 ID:Swsq4/PvO

#猫と朝倉とアセロラと


朝倉「キョンくーん」

長門「ん?」

朝倉「ねぇねぇこのジュース飲まない?すっごく美味しいのよ」

長門「あぁ、じゃあ、貰おうかな。」

朝倉「どう?」

長門「あー、普通のアセロラドリンクじゃな…い………」

朝倉「うふふ…」


長門「……あ…おはよう。」

朝倉「おはよう、キョンくん♪」

長門「なんだよそのにやけ顔は。」

朝倉「べっつに〜」

長門「…?」

ttp://www.vipper.org/vip897139.jpg

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:46:43.56 ID:Swsq4/PvO

#イツマデン


長門「家が怖い?」

キョン「はい…」

長門「またあの後、何かあったんですか?」

キョン「あ…あさ…あさおきたら妹ちゃんが……立って…立ってて………………」

『ねぇ、キョンくん?』
『ひっ…』
『あれ?どうしたの?゙キョンくん"』
『た…だれか…たす…』
『ねぇ、゙キョンくん"
  …… い つ ま で ? 』

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:58:14.45 ID:Swsq4/PvO

長門「…何か、フォローを入れた方がいいですね。」

キョン「え…いいんですかぁ…?」

長門「俺の妹ですから。この後、一緒に俺の家まで行きましょう。」

キョン「ありがとう…ありがとうございます…うう…」


キョン「ただいまー」

妹「あ、おかえりなさーい。」

長門「…」

妹「あ!ゆっきーだ!」

長門「…おじゃまします。」

妹「…?」じー

長門「…」

キョン「…長門、あがれよ。」

コクッ

妹「…!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 06:59:00.48 ID:Swsq4/PvO

妹「ねぇ、ゆっきー」

長門「…?」

妹「おかえりなさい♪」
タッタッタ

長門「……」

キョン「…」

長門「ばれた…のか?」

キョン「妹ちゃんが怖い…怖い…嫌っ…怖い…」

長門「朝比奈さん?大丈夫です、落ち着いて下さい。大丈夫です。」

キョン「あ…素数ですね。2、5、8、12、16、108、105687、」

長門「朝比奈さん!気を確かに!」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 07:13:57.98 ID:Swsq4/PvO

#涼宮ハルにゃんの憂鬱


長門「朝比奈さんをベッドに寝かしたはいいけど、どうするかな…。」

トゥルルルル トゥルルルル

長門「もしもし。」

『 あれ?有希?あれ?これ、キョンの携帯よね?何で?』

長門「彼が体調を崩した。私はそれの看病。」(しまったぁぁぁぁぁぁ!!!)

『え?そうなの?すぐ行くわ!待ってなさい!』
ガチャッ

長門「あー…マズったな。
  と、朝比奈さん…と言うか俺の体、汗かいてるな…本当に体調悪いのか?
  なんにせよこのままじゃ、風邪を引くな。…自分の体だし、まぁいいか。」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 07:18:24.82 ID:Swsq4/PvO

ハルヒ「おっまたせー!…て有希!?なんでキョンを脱がせてるのよ!?」

長門「彼は体調から発汗が増加している。…放置すると、風邪を引いてしまう」

ハルヒ「だからって…」

長門「必要な措置。」

ハルヒ「……わかったわよ。わたしは向こう向いてるから、早く終わらせなさい。

長門「わかった。」


限界。寝る。夕方まであればまた続ける。
書きたい人とか居たら頑張ってくれ。
ここまで見てくれてありがとう!

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 13:19:22.61 ID:Swsq4/PvO

#カレー派・大根党


周防「―――おじ―ゃ――まし――――す―」

長門「おう、いらっしゃい。」

古泉「…」

キョロキョロ

長門「ああ、朝倉か?今本屋に行ってるぜ。」

周防「――――――――そ――う―」

古泉「…」

長門「そうだ、周防。帰るときに頼まれ事をしてくれないか?」

周防「――――――?」

長門「この間の写真が出来上がったんだ。佐々木に届けて貰いたいんだが…」

周防「――わか―――――た―――」

朝倉「ただいまー
  …ってなんでワカメがここに居るのよ!!」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 13:20:07.22 ID:Swsq4/PvO

長門「おかえり」

古泉「…おかえり」

朝倉「うん、ただいま。」

周防「―――おか――え――り―――」

朝倉「ワカメは海に帰れ!!」

古泉「…」

長門「目当ての本はあったか?」

朝倉「あったわよー。
  じゃーん!」

周防「――おや―つ―――大全―――」

長門「おお。表紙からもう美味そうだな。」

朝倉「最近のワカメは文字を読めるのね。
  …で、長門さん。何か一つ作ってみようと思うんだけど、何がいい?」

古泉「…カレー」

周防「――――――大根。」

長門「待て待て。」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 13:20:50.38 ID:Swsq4/PvO

朝倉「ワカメは本当に増えるしか脳が無いのね。
  キョンくんは、何がいいのかな?」

長門「そうだな…時間もかから無いし、オーソドックスにパンケーキはどうだ?」

朝倉「あ、それ良いわね。じゃあホットプレート出さないとね〜♪」

周防「―――――――――」

古泉「…」

長門「お前らは何を残念そうにしてるんだ…全く。」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 16:35:06.23 ID:Swsq4/PvO

#朝比奈みくるの大災難


キョン「ふあ〜、…まだ3時…。昨日早くに寝過ぎたからですかねぇ…。
  あれ?携帯に何か…」

『一件を再生します。ピー
  ちょっとキョン!?アタシの電話に出ないなんていい度胸ね!まぁいいわ。
  あんたの事だから明日も暇でしょ!?12時、駅前で待ってるわ!遅れたら許さないんだから!!
  メッセージを終了します。』

キョン「あわわ…ど、どうすれば…」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 16:35:56.99 ID:Swsq4/PvO

キョン「そろそろキョンくんも起きてるでしょうか…」

プルルル

ガチャッ

キョン「あ、キョンくんですかぁ!?」

『―――――――――――――』

キョン「キョンくん…?」

『―――――――――――』

キョン「あの、キョンくん、長門さんですか!?」

『―――――――――』

キョン「あっあのっ」

ガチャッ

キョン「・・・ふえぇ・・」

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 16:39:16.92 ID:Swsq4/PvO

#アフター?

長門「周防?何かあったのか?」

周防「――――――何も――」

長門「…そうか。」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:24:39.17 ID:Swsq4/PvO

#森さんの逆襲


みくる「ふぁ〜あ…ガチャ
  …なんですか、これは。」

森「お目覚めのようだな。古泉。」

みくる「森さん…どう言うつもりですか?」

森「いや何、ちょっと君の自由を奪わせてもらっただけだよ。」

みくる「…こんなこ」

森「こんな事をして、許されると思っているのか。…ふふ、思う訳無いじゃないか。」

みくる「だったら…!」

森「嫌だね。」

みくる「どうして!」

森「怖いね。君は本当に怖いよ。」

401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:25:20.42 ID:Swsq4/PvO

みくる「…」

森「放すと、どこに行くかわからない。」

みくる「…」

森「だから、飼ってあげる。」

みくる「…!」

森「もうお前は逃げられない。
  一生私の、かわいいペット…」

みくる「…くっ…」


みくる「ニヤニヤして、気持ち悪い寝顔ね。」

森「zzz...」

みくる「でも大丈夫ですよ、森さん。」

みくる「私は貴女を、逃がしたりはしませんから…。」

みくる「貴女は一生、私の――」

407 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:39:22.71 ID:Swsq4/PvO

#朝比奈みくるの変質


ハルヒ「あれ?30分も前からあたしを待ってるなんて、キョンにしては殊勝な心掛けじゃない。」

キョン「ま、まあな。」

ハルヒ「ふーん。ま、いいわ。その心掛けに免じて、今日は割り勘にしてあげるわ!」

キョン「ハハ…」

ハルヒ「…?」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:39:50.59 ID:Swsq4/PvO

ハルヒ「だから今日は、学校とは反対の場所に行こうと思うのよ!」

キョン「そうで…だな。ハハハ…」

ハルヒ「…キョン、今日のアンタ変よ?どうしたの、熱でもあるの?」

キョン「(…!)ああ、実はな。」

ハルヒ「ちょっとそう言うことは早く言いなさいよ!団員に無理はさせないのも団長の仕事なの。アンタ、私を団長失格にするつもり?
  キョン、アンタの家に行くわよ!」

キョン「あ…いや、いい。一人で帰れます。」

ハルヒ「なーに言ってんのよ!ちゃんと家まで送って行くわよ。久しぶりに妹ちゃんにも会いたいしね!」

キョン(ビクッ!)

ハルヒ「……キョン、アンタ本当にどうしたの?」

411 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:49:06.46 ID:Swsq4/PvO

キョン「妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃん…妹ちゃ」

ハルヒ「ちょ、ちょっと、キョン?」

キョン「そんまれきょっきゅらきょー!!!!!!」

ハルヒ「キャッ」

ガタッバタバタ

キョン「きょー――……‥‥‥」

ハルヒ「キョ…キョン…?」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:49:35.76 ID:Swsq4/PvO

『…と言うことがあったのよ、有希。』

長門「…ユ、ユニーク。」

『有希、最近キョンに何があったか知らない?』

長門「最近彼は人間関係に疲れているようだった。そうっとしておくべき。」

『そうなの…。あ、ありがとう、有希。また電話かけるわね〜。』

長門「なあ、朝倉。」

朝倉「なあに?」

長門「俺、元の体に戻るのが怖くなって来たんだがどうすればいいんだろうな」

朝倉「あら?私は今のままで十分満足よ?」

長門「…そうか。」

古泉「…大丈夫。私がついてる。」

長門「ありがとう、長門…」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 17:53:56.39 ID:Swsq4/PvO

#キョンの携帯


09:05
不在  妹
09:15
不在  妹
09:55
不在  妹
10:05
不在  妹
11:05
不在  妹
11:08
不在  妹
11:11
不在  妹
11:14
不在  妹
11:17
不在  妹
11:20
不在  妹
11:23
不在  妹
11:26
不在  妹
11:29
不在  妹
留守電メッセージ:13件

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:03:11.61 ID:Swsq4/PvO

#周防九曜の計画


佐々木「どうしたの?周防さん」

周防「―これ――――」

橘「あれ?これって、遊園地の券ですか?」

コクッ

佐々木「ひい、ふう、みい、よ、か。パンジーも呼ぶの?」

フルフル

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:03:50.72 ID:Swsq4/PvO

周防「―――キョ――ン――――」

佐々木「くっく、キョンか、なるほどね。」

橘「え〜っと、今の、キョンさんですか?」

コクッ

佐々木「女の子四人でかしましくってところかしらね。
  わかったわ。キョンには、私から連絡しておくね。」

コクッ

橘「遊園地なんて久しぶりだなぁ〜」

周防「――――――――」

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:15:24.89 ID:Swsq4/PvO

#キョンと妹


長門「…」

妹「あれ?ゆっきー?」

長門「…こんにちは」

妹「ふーん。
  …ねぇゆっきー。」

長門「…?」

妹「゙早く、帰って来てね"!」

長門「!」

妹「じゃあね!ばいば〜い」
タッタッタ


長門「…やっぱり、気疲れてる、のか?」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 18:29:23.74 ID:Swsq4/PvO

#電話


『…と言うわけだ。今週末の日曜、あけておいてくれるかな?』

長門「あぁ、わかった。」

『あぁ、それと…
 ―――――――楽し―――み――――』

長門「うおっ……周防か?」

『――――――――――――――
(こらこら、こちら側で頷いても電話の向こうのキョンには見えないわよ。)』

長門「やっぱりか。」

『あんまり彼女に電話と言うものは向いていないようだね。
  …と、そう言うわけだ、キョン。』

長門「ああ、わかったよ。うん、それじゃ―――」

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 22:21:32.00 ID:Swsq4/PvO

#遊園地編


長門「おはよう。」

佐々木「ああ、おはよう。」

橘「おはようございます、キョンさん。」

周防「――――――――おっ―はー―――――」

長門「悪いな、待ったか?」

佐々木「そうでも無いよ。何せ3人も居るからね。時間を潰す事には困らんよ。」

橘「それじゃ、みなさん揃ったところで、レッツゴーですよ!」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:00:52.91 ID:Swsq4/PvO

橘「こんな喋る長門さんはじめてみましたよー」

長門「今はキョンだけどな。」

周防「―――――――」

佐々木「…」

長門「ん?」

橘「あれ?佐々木さん何見てるんです?」

佐々木「ん?あぁ、中吊り広告を見てたのよ。」

長門「何か…ってああ、これから行くところの広告か。
  何々、花火もやってるのか?」

周防「――――メ―――イン―――」

橘「あ、周防さん花火を楽しみにしてたんですか?」

コクッ

長門「七時半からか…。随分と時間が空くな。」

佐々木「その点は心配無いよ、キョン。…どうやらこのチケット、フリーパス付きのようだからね。」

橘「ジェットコースターのりますよー!」

長門「マジかよ。」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:09:57.21 ID:Swsq4/PvO

周防「―――駅――つい―――た―」


佐々木「随分と廊下の長い駅ね。…ん?何かあるわね。」

長門「なるほど、駅の長い廊下を使って遊園地の歴史を紹介してるって訳だな。」

橘「あ、このキャラクターかわいいです」

佐々木「長い耳に黄色い体、そして…」

長門「背番号付きの服、か。
  …何だこれ。」

橘「ちょっと二人とも酷いですよ!見てくださいこのつぶらな瞳!かわいいお手て!そして靴!
  これをかわいいと言わずして何をかわいいと言うんですか!」

佐々木「…ハハ。」

長門「…」

周防「――――――――ユニー――ク――」

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:24:09.30 ID:Swsq4/PvO

佐々木「いやまさか往復のバスの切符まで付いてるとはね、至れり尽くせりとはまさにこの事だね。
  …なぁ?キョン。」

長門「全くだ。だけど、遊園地まで歩いてたかが10分程度なんだろ?
  健常者がわざわざ金出して乗る距離でもないだろ。」

佐々木「君はそんなに僕の隣に座るのが嫌なのかい?キョン。
  …ならば止めはしないさ。バスを降りて思う存分有酸素運動をしてくるがいいさ。」

キョン「なんでそんな結論になるんだよ。」

佐々木「…」


橘「あーあ、佐々木さん怒っちゃったー。
  全くキョンさんはどの体でも鈍感なんですねぇ。」

周防「―――――――――」ジー

橘「ね、周防さん」

周防「―――――?」ジー

橘「大丈夫、今から見てなくても花火は逃げませんよ〜」

コクッ ジー

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:39:15.76 ID:Swsq4/PvO

橘「ほえー」

長門「入り口は狭かったけど、意外と中は広いんだな。」

周防「―――――――――池――」

佐々木「さて、せっかくのフリーパスだ。…どうやらこの列車はこの池の対岸まで乗せてくれるようだね。」

橘「うわぁ!小さい!かわいい!」

長門「随分とカラフルなSLだな。」

佐々木「よし、まずはこれに乗るとしましょうか、みんな。」


橘「あ、向こうの男の子が手を振ってますよ〜。ばいばーい」

佐々木「ふふ、橘さんは本当に子供が好きなのね。」

橘「ちっちゃくてかわいいじゃないですかー。」

長門「小さいモノ好きか。」

周防「―――――――――――」

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/10(日) 23:48:59.49 ID:Swsq4/PvO

橘「あ、あれ乗りましょうよ!」

キャー

長門「…落下傘みたいなものか。」

佐々木「いきなりあれは少しハードじゃない?」

橘「そんな事無いですよ!ほら、行きましょう!」

長門「あー、あのな」

周防「――乗り―た――い――――」

橘「ほら、周防さんもこう言ってますし♪」

佐々木「……」

長門「なんと言う…」

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:03:45.86 ID:zN4kgx4XO

#それぞれの反応

橘「〜♪」

橘「あ、周防さん見てください、さっきの駅ですよー!」

橘「そろそろかなー?」

橘「キャアアアアアアアー♪」



周防「―――――――――――」

コクッ

周防「――――――――――来る」

周防「――――――――――!」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:04:49.71 ID:zN4kgx4XO



長門「あがっていくな…」

長門「あ、足元が、た、高い…佐々木?」

長門「おい、佐々」

長門「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



佐々木「上がるみたいね、キョン。」

佐々木「ははは。宇宙まで浮遊出来そうだよ、キョン。私は宇宙に行くと何になるんだろうな?やっぱり、考える事をやめるのだろうかね?」

佐々木「………」

佐々木「キャァァァァアアアアアアアア!!!!!!!!!!!」

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:19:30.01 ID:zN4kgx4XO

長門「なあ、佐々木…」

佐々木「なんだいキョン?元気が無いようだが…」

長門「そう言うお前もな…」

橘「二人ともテンションひくいですよ?」

長門「そりゃあな…」

周防「―――次――――アレ―――」

佐々木「アレは…
  『今年3月2日(日)に誕生した新滑空水上コースター。軌道全長は748.14m、最高高さ33.2m、最大勾配67.4度、最高速度87.2km/hで所要時間は約60秒。対象年齢は6歳以上。』」

橘「ワクワクしてきますね♪」

長門「……」

佐々木「なぁキョン、実は僕は5歳だったんだ。」

長門「無理があるな。」

佐々木「……そうか。」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:36:30.95 ID:zN4kgx4XO

*3時間後

長門「……ふぅ」

佐々木「キョン、お茶でも飲むかい?」

長門「お、すまないな。」

佐々木「いや、橘さんには参ったね。」

長門「ああ…あと、周防にもな。」

佐々木「彼女がここまで絶叫好きだったとはね。」

長門「結局、あの後また二回づつ乗ったんだよな…よく耐えたよ、我ながら。」

佐々木「同感だね。今、私は彼女らのああいう能力をどうにか社会平和に貢献できない物かと考えていた所だよ。」

532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:46:07.69 ID:zN4kgx4XO

長門「それは素晴らしいな、ノーベル平和賞モノだ。是非発見して貰いたい。」

佐々木「くっく。」

橘「ちょっと佐々木さん、キョンさーん、そをな所で何やってるんですかー?」

長門「あの元気は、どこから出て来るんだろうな?」


橘「佐々木さん、お化け屋敷とかはどうですか?」

佐々木「お化け屋敷、いいねぇ。調度汗ばんで来た所だ、いいだろう。」

長門「おう。」

橘「ゴーゴー!」

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 00:51:38.46 ID:zN4kgx4XO

『せっかくだから、一人一人順番に入りましょう!5分毎に間を開けて…』

長門「思ったより、暗いな…。」

ヴオ゙ア゙ーー!!

長門「うわっ!…おどかすな…」

『―――――――――――――――――――――――――――――――』

長門「ウホァッ!?怪人ワカメ!」

周防「―――――――――」

長門「…ん?なんだ、周防か。どうしたんだ?」

周防「―――――――怖―――――」

ギュッ

長門「…一緒に行くか?」

コクッ

長門「ふう…」

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 01:08:21.93 ID:zN4kgx4XO

#動物ふれあいゾーン ひよこ


橘「みてください♪かわいい〜もふもふ〜」

佐々木「かわいいわね。チチッ」

長門「動物ってのはやっぱり癒されるな。家にも猫が居るが、こいつが傍に居ると眠くなるんだよな、何故か。」

橘「あ、知ってます!猫は飼い主が眠くなるフェロモンを出してるんですよね!」

周防「―――――手羽―先―――――」

長門「そうなのか?」

佐々木「ああ、科学的にも実証されているよ。」

周防「―――なんこ―つ――」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 01:08:54.52 ID:zN4kgx4XO

橘「あはは…」

周防「―――――もも――」

佐々木「周防さん?」

周防「―――――丸焼き――」

長門「…」

周防「―――――――いただきます」

長門「待て!周防!
  橘!撤収だ!」

橘「え?あ!?はい!」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 01:18:21.37 ID:zN4kgx4XO

#動物ふれあいゾーン ゾウガメ


周防「――――――――――」

亀「」

周防「―――――――――」

亀「」

周防「―――――」

亀「」

周防「―――――――――」

亀「」

周防「――――――――――――」

亀「」

長門「周防は何をやってるんだ?」

橘「亀さんとお話でしょうか?」

佐々木「くっく、きっと彼女の思考には何も無いのだろう。考えても無駄さ。」

橘「そうかなぁ…」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 01:19:06.21 ID:zN4kgx4XO

#周防的思考


周防「貴方が、ここの王者――――」

亀「いかにも。仲間達は皆、ワシを亀仙人と呼ぶ。」

周防「巧妙に隠れて居たようだけど――――――貴方はここまで――」

亀「ふん、主のような小娘に何ができると言うのだ。」

周防「私を――甘くみないほうがいい―」

亀「…な!?髪が逆立って…!」

周防「エターナル・ヘア・ブリザード!(あいてはしぬ)」

亀「グハァ…!見事だ…周お…ガクッ」


周防「―――――――♪」

橘「あ、今笑いましたよ。」

長門「…本当は何か考えてるんじゃないのか?」

佐々木「…まさか。」

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 01:32:16.09 ID:zN4kgx4XO

#リスザルの館 副題:橘とペリカンはどちらが強いか


橘「うわ〜!リスザルさんがいっぱいいますよ!」

周防「――――」

佐々木「周防さん、それはカピバラね。最大級のげっ歯類よ。」

カピバラ「(・ω・)」

周防「―――――――」

橘「あ!あそこに居るのは宅急便の!触れるかなぁ?」
タッタッタ

橘「佐々木さーん!キョンさーん!見てください!この子意外とかわゴフ」

長門「…」

佐々木「あー、橘さん。説明を聞けるかわからないけど一応。それはペリカンね。漢字で伽藍鳥とも呼ばれているわ。
  …大丈夫?」

橘「…プハッ。ちょっと何するんですかペリカンさん!
  まったくもー。私は食べものじゃフガッ」

長門「…」

佐々木「…」

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 09:36:45.24 ID:zN4kgx4XO

#キョン

橘「うわ〜!キョンですよ〜」

佐々木「本当ね。…普段は随分と怠けているのね、キョンは。」

橘「あ、こっちみてますよ〜」

佐々木「なるほど、女の子の香りには敏感なようね。やっぱり、キョンだわ。」
周防「―――――あら――れもな――い―」

佐々木「確かに。あられもない姿で体を掻いているわね。」

橘「かわいい〜」


長門「お前達何見てたんだ?
  …なんだ?小鹿か。」
佐々木「いや何、なんでも無いよキョン。」

周防「――――――――」

橘「え?ああ。はい!何でもないです!」

長門「?」

609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 09:50:15.38 ID:zN4kgx4XO

#コアラ考


橘「あ、そう言えばコアラって居ないんですか?」

長門「好きなのか?
  …え〜っと、ちょっとマップ貸してくれ、佐々木。」

橘「あの鼻がかわいいんですよ〜」

長門「また微妙な…と。橘、残念ながらコアラは居ないようだ。」

橘「ええ〜…残念です」

長門「にしてもコアラって動かないイメージが強いんだが、見てて楽しい物なのか?」

橘「見てて癒されるじゃないですかー。のそのそまったりしてるところとかー」

610 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 09:51:19.85 ID:zN4kgx4XO

佐々木「そのコアラなんだがね、面白い話があるよ。
  『ユーカリの葉はかなり強い毒が含まれている。
  そのため、それを赤子の頃から主食としているコアラどもは常に酩酊している。
  いちど、研究者がコアラをユーカリ以外の食品で飼育したことがあった。
  するとコアラは実にアグレッシブな動物に成長し、軽快なフットワークと電光のような動きで飼育係を翻弄したという。 』」

周防「―――――――――」

橘「ぷっ。なんですかそれ〜」

長門「真偽の程は別として、俺はそんなコアラを見たくない。」

周防「――――――――――」

周防「――――――――」

612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 10:09:23.59 ID:zN4kgx4XO

#周防的思考2^

コアラ「ハッハッハ!私は第二の刺客、アグレッシブコアラ!貴様の命はこの私が戴いた!」

周防「出たな――アグレッシブコアラ!―――」

コアラ「フアッハッハ!この軽快なフットワークで翻弄されるがいい!!」

周防「くっ―――かくなる上は―――――」

コアラ「な、なんだこの光はっ!」

周防「スオウ・ミラージュデス!!」

コアラ「グ、グァァァァ…」

周防「ふう―――勝ったわ――――」

コアラ「グググ…私を倒したぐらいで喜んでいるなんてな…。すぐに第二第三のアグレッシブコアラが、エージェント・周防、貴様を殺しに来るぞ!」

周防「ならば―――――また倒すまで!」

コアラ「ウグァ」ガクッ

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 10:10:03.51 ID:zN4kgx4XO

橘「周防さーん?」

周防「――――――」

長門「…なんか勝ち誇った顔をしてないか?」

佐々木「気のせいだろう、キョン。」

周防「――――――コ―アラ――」

橘「周防さんもコアラ、見たかったんですか?」

周防「――――――――倒す――」

長門「…?」

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 10:47:28.25 ID:zN4kgx4XO

#長門有希の留守番と


古泉「……」

古泉「…」

古泉「……おいしいおやつ…」

古泉「…マドレーヌ」

古泉「…作る」

古泉「無塩バター…バターと同量の小麦粉…卵…砂糖…ベーキングパウダー…好みにより…香料…?」

古泉「…カレー粉。」

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 11:04:17.81 ID:zN4kgx4XO

#準備


長門「なぁ、佐々木。アレってやっぱり…」

佐々木「花火の場所取りだろうね、キョン。」

橘「えー?!まだ6時前ですよー?」

佐々木「結構大々的に宣伝してるみたいだからね。仕方無いわ。」

橘「って、あれ?周防さん?」

周防「―――――席―――――」

佐々木「くっく、周防さん、よっぽど楽しみだったのね。」

橘「かわいい♪」

長門「よし、じゃあとりあえず場所を抑えるか。
  …あっちなんかどうだ?」

697 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 19:47:28.21 ID:zN4kgx4XO

#花火の前に


佐々木「そうだキョン。売店に行かないか?」

長門「売店?ああ、そうだな。何か腹の膨れるももあるだろうしな。」

佐々木「そういう訳で橘さん、周防さん。何か食べたいものはある?」

橘「え?いいんですか?
  え〜と…じゃあポテトがいいです!皆で食べれますし」

698 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 19:48:02.20 ID:zN4kgx4XO

長門「周防は?」

周防「――――――コアラ―――」

長門「…あー、スマン。ちょっと俺は耳掃除を怠っていたようだ。悪いが、もう一度言ってくれないか?」

周防「――――――コ――アラ――」

長門「…あー、スマン。どうやら俺は一度耳鼻科に通うべきなのかも知れないな。幻聴が聞こえる。
  リピート・アフター・ミー?」

周防「――――――コア――ラ――」

長門「…」トントン ホジホジ
バシッ

佐々木「キョン、大丈夫だ、落ち着け。君の耳は正常に働いているよ。キョン。」

周防「――――――――?」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:18:09.74 ID:zN4kgx4XO


周防「――――――コ――アラ――」

長門「…あー、スマン。どうやら俺は一度耳鼻科に通うべきなのかも知れないな。幻聴が聞こえる。
  プリーズ・セイ・アゲイン?」


周防「――――――コ――アラ――」

長門「…あー、スマン。どうやら俺は一度耳鼻科に通うべきなのかも知れないな。幻聴が聞こえる。
  アゲイン?」

716 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 20:42:41.81 ID:zN4kgx4XO

長門「佐々木」

佐々木「どうしたんだい?キョン」

長門「あー、何つーか。
  誘ってくれて、ありがとな。」

佐々木「…くっく、どういたしまして。ん…いや、それは周防さんに言うべき台詞だね。君を誘うと発言したのは、周防さんだよ。」

長門「そうなのか?」

佐々木「ああ。僕は連絡を頼まれただけだよ。」

長門「そうか。周防が…。」

佐々木「彼女が自分から意見を言う事は、大変に珍しい事なんだ。
  …でもね、キョン。」
長門「ん?」

佐々木「譲るつもりは無いよ。」

長門「…何の事だ?」

佐々木「ん?何でもないさ。」

長門「……そうか。」

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 21:07:22.15 ID:zN4kgx4XO

周防「―」

橘「周防さん、よっぽど楽しみだったんですねー」

周防「―」

長門「なんたそう言うところ、長門みたいだな。」

周防「――――?」

長門「ああ。そっくりだ。」

周防「―――」

長門「大丈夫、わかってるさ。お前はお前だよな。」

周防「―――――」

長門「ああ。
  花火、楽しみだな。」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 21:07:54.83 ID:zN4kgx4XO

橘「す、周防さんとあんな細かい会話が成立してる…!」

佐々木「あはは、流石はキョンね。
  昔から……でも、自覚は無いのよね。」ボソッ

橘「え?佐々木さん何か言いました?」

佐々木「ううん、何も言ってないわ。」

725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 21:44:50.01 ID:zN4kgx4XO

『間もなく花火の開始時間となります。花火が開始してからは……』

長門「お?」

佐々木「そろそろ始まるようね。」

橘「あ!電気が消えていきますよ!」

周防「――――――――――」
スック

長門「周防、大丈夫だ。立たなくても見える。」

周防「―――――――」

長門「ほら、座れ。」

周防「―――――――」

佐々木(!)

長門「…。何で俺に寄り添うんだ。」

周防「―――――安――定―――」

732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:07:16.44 ID:zN4kgx4XO

長門「…そうか。」

佐々木「キョン、少しそっちに詰めてもいいかな。ここからだと木に隠れて花火が隠れてしまう。」

長門「ん?そうか?」

佐々木「よいしょ」

橘(あらあら♪)

長門「佐々木、お前もか。」

周防「――キョン――バー―ガー――」

長門「まったく…。」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:17:51.77 ID:zN4kgx4XO

>>648-653


キョン「…そうか。」

古泉「キョンくん、少しそっちに詰めてもよろしいでしょうか。ここからだと木で花火が隠れてしまいそうです。」

キョン「ん?そうか?」

古泉「よいしょ」

谷口(ウホッ!)

キョン「古泉、お前もか。」

国木田「僕たち二人に挟まれて、まるでキョンはハンバーガーだね♪」

キョン「まったく…。」

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:30:00.10 ID:zN4kgx4XO

#フィナーレ


長門「…始まったな。」

周防「――――――!」

佐々木「…」

橘「…」

長門(口を挟むのは、野暮…か。
  にしても…)

長門&佐々木&橘&周防(綺麗だなぁ…)

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:31:18.23 ID:zN4kgx4XO

橘「…エッ…グスッ…」

長門「終わったな…て、おい橘どうした?」

橘「すみません…なんか…かんどうしちゃっ…ウゥ…」

長門「…」

ギュッ

長門「…周防、お前もか?」

コクッ

長門「全く…お前らときt」

ギュッ

長門「…佐々木?」

佐々木「…キョン……」


長門「……余韻に浸るのも悪くない、か。」

751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:48:33.27 ID:zN4kgx4XO

#アフター


橘「すみません、なんか情けない所を見せてしまって…」

周防「―――――――」

長門「ん、気にするな。
  むしろ良い物を見せてもらった気分だよ。」

橘「うー…」

周防「―――」

佐々木「…キョン。」

長門「どうした?」

橘(…!)「周防さん、ちょっとお手洗いに付き合ってもらえませんか?」

コクッ

橘「佐々木さん、私達゙15分くらい"お手洗い行ってきますね!」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 22:50:21.47 ID:zN4kgx4XO



長門「…で、どうし…」
ドサ

長門「うわっ!おい佐々木、どうした?腹でも痛いのか?」

佐々木「……」

長門「おい、佐々…」

佐々木「泣いたら、体が冷えてしまったよ。…こんなに薄着だからかね?
  そんな僕の事を心配に思うなら、少し…そうだな。゙15分くらい"このまま、こうさせてくれ。」

長門「…まあ、いいけどよ。」

佐々木「ありがとう。甘えさせてもらうよ。
  …キョン。」

長門「…」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 23:14:46.37 ID:zN4kgx4XO

#アフター II


長門「今日は楽しかったよ。ありがとうな。」

佐々木「それはこちらの台詞だよ、キョン。
  恐らく、僕たち3人だけではここまで心から充実した休日は過ごせなかっただろう。
  …おっと、悪い意味では無いんだ。僕達3人だと、それはあくまで゙いつもの3人"だ。それはそれは普段通りの休日になっていた事だろう。それも、確かにハズレではないと思うがね。
  だがその、゙いつもの3人"の中に君と言う不確定要素が加わる事で、今日と言う日はとても面白い可笑しく化学変化を起こした。
  君を誘うと決めた周防さんの判断は、大当りだったと言う訳だ。」

橘「そうですよ!今日はすっごく楽しかったです!また遊びましょうね♪」

周防「――――――また―――」

長門「そう言ってくれると嬉しいよ。
  俺も、すごく楽しかった。」

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 23:15:33.97 ID:zN4kgx4XO

佐々木「次は…そうだね。君達の心と体を元に戻す事が、僕達の活動内容かな。
  当然、協力してもらうよ。キョン。」

長門「おう。こちらこそな。」

橘「あ、お車来ましたよ〜」

佐々木「パンジーかな?彼は、細かい所だけは気の利く人だね。」

周防「――――――疲―労―――」

橘「そうですね、さすがに疲れちゃいましたねー。」

佐々木「よければキョン、送っていくよ?」

長門「そうだな。
  ……いや、いい。こっちにも迎えが来たみたいだ。」

佐々木「ん?」


朝倉「キョンく〜ん」

古泉「…」


長門「気持ちだけ受け取っておくよ。」

佐々木「そうだね。ああ、そうだ。君達を元に戻す件についてミーティングがしたい。
  …また明日、会えるかな?」

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 23:17:32.31 ID:zN4kgx4XO

長門「おう。
  …せっかくだから、今のウチに来ないか?件の朝倉と、長門も居るぞ。」

佐々木「くっく、そうだね。楽しみにしているよ。
  …じゃあ、また明日。」

長門「じゃあな。」

佐々木「ありがとう」


朝倉「キョンくんお疲れ様!」

古泉「…お疲れ様…」

長門「ただいま。
  …なあ、二人とも。」
朝倉・古泉「?」

長門「明日、会わせたい奴が居るんだ。」


       【大団円。】

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 23:26:08.63 ID:zN4kgx4XO

お疲れさまでした。
グダグダと誤字に付き合って頂き、本当にありがとうございました。

微妙に意識したのが、
・佐々木は、キョン今の体が長門な事を意思しているから、確認するように゙キョン"と呼んでいる。
・周防の「――」←の長さでの感情表現
・登場施設とかは実体験を元にして、本物のソレのイメージから離れすぎないようにした。

です。
ちなみに昆布じゃなくてワカメなのは罵倒しやすかったからです。ごめんねワカメ。
素数と英語はマジでごめんなさい。出直してきます。
最後に

佐々木>周防>橘=ハルヒ=妹>長門>鶴屋さん>>みくる>>>>>>>黄緑



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「こんにちは、野比のび太です」