古泉「今日は朝比奈さんとお弁当を食べました」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「カイリュー貸してくれ」アイリス「は? 子供ねえ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:24:27.80 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 キョンと古泉の場合


古泉「食べましたよ」

キョン「マジか!?」

古泉「マジです」

キョン「くそー!」

古泉「ふふん」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:25:03.17 ID:U9GwiBV+0

古泉「僕のタコさんウインナーと朝比奈さんの卵焼きを交換しました」

キョン「嘘っ!味は!?美味かったか!?」

古泉「ええ、とっても甘くて美味しかったです」

キョン「ちくしょー!!」

古泉「ふふん」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:27:55.54 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 ハルヒの場合


ウィィィン ピピッ

ハルヒ(ふふっ…キョンと古泉君の2ショットGETよ…)

ハルヒ(これを漫研の腐女子共に高値で売りつけてやるわ…)

ハルヒ(儲けたお金で遊戯王カードを大人買いよ!)

ハルヒ(冒険でっしょでっしょ♪ノンケが〜ホモに かっわ〜る世界で〜♪)

ハルヒ(あははっ!)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:29:57.46 ID:U9GwiBV+0

放課後・トイレ 長門の場合


長門「出ない」

長門「コレは便秘…イッツァ便秘」

長門「今日のうんこは…恥ずかしがりやさん」

長門「…ユニーク」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:34:46.78 ID:U9GwiBV+0

放課後・2年の教室 みくると鶴屋さんの場合


みくる「今日は古泉くんとお弁当を食べたんですよぉ」

鶴屋「おぉ、そーかい!美味しかったかい?」

みくる「はい、とっても♪古泉くんってタコさんウインナー作るのが上手なんですよぉ」

鶴屋「あははっ!男のクセにめがっさキモイねっ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:42:06.03 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 キョンと古泉の場合 その2


キョン「…ところで糞泉」

古泉「なんでしょう?ところで、僕は古泉です、糞泉じゃないです」

キョン「そんなことはどうでもいい!この部室、俺たち以外に誰も居ない筈だよな?」

古泉「その筈ですが」

キョン「さっきデジカメのシャッター音みたいなのが聞こえなかったか?」

古泉「確かに」

キョン「もしかしたら、この部室には俺たち以外に誰か居るんじゃないか?
    それも俺たちを盗み撮りしている!ド変態がな!
    きっとその写真を漫研の腐女子共に売りつけたりするんだ!」

古泉「想像力豊かですね」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:45:12.54 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 ハルヒの場合 その2


ハルヒ(ぎくっ!)

ハルヒ(バレたらどうしよう!きっと犯されるに違いないわ!)

ハルヒ(よし!ここは猫の鳴きまねをして誤魔化すのがベターね!)

ハルヒ「フシャーーー!!!マァーーーーーーーーーーーオ!!!!」

ハルヒ(完璧パーペキパーフェクトだわ!)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:48:17.73 ID:U9GwiBV+0

放課後・トイレ 長門の場合 2


長門「そろそろ肛門が限界」

長門「ウォシュレットが欲しい」

長門「2,3cmは出ている」

長門「立つことも出来ない」

長門「…ユニーク」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:53:02.48 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 キョンと古泉とハルヒの場合

フシャーーー(ry

キョン「んぉ!?猫が喧嘩してるぞ!?」

古泉「近いです!なかんずく近いです!!」

キョン「どうしよう!俺猫大好き!」

古泉「放っておく訳にも行きません!探しましょう!」

ハルヒ(イヤッフゥ!?どうしよう、犯されるわ!逃げなきゃ!!」

ガサガサ

キョン「ぬこにゃーん!?どこに居るのかにゃん!?」

古泉「うわぁ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 14:58:37.98 ID:U9GwiBV+0

ゴソゴソ

キョン「大人しく出てこないと食べちゃうにゃん!!」

古泉「もうだめだこの人」

ハルヒ(よし!二人とも向こう向いてるわ!今のうち!!)

ガタンッ! タタッ

ハルヒ「やったわ!偶然にも開けっ放しだった部室のドアから脱出成功よ!」

ハルヒ「あははっ!さっさと写真を印刷しに行かなきゃ!」

ハルヒ「ハール ハルハル 電波の子っ♪」

ハルヒ「フヒヒヒヒッ!」

ドタドタドタ…

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:01:43.94 ID:U9GwiBV+0

放課後・廊下 みくるの場合

みくる「さてとっ、そろそろ部室に行かなきゃ」

みくる「ふふっ♪ウインナー美味しかったなぁ♪」

みくる「今度は私がウインナーを持っていこうかなぁ」

みくる「カニさんがいいかなぁ…それとも消費期限切れたオーレンジャーウインナーかなぁ…」

みくる「うふふっ♪」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:07:12.64 ID:U9GwiBV+0

放課後・漫研の部室 ハルヒと腐女子共の場合

ハルヒ「ほぉ〜ら!キョンと古泉君の2ショットよ!!」

腐女子「ぶひぃっwwww古キョンktkrwwwwww」

ハルヒ「ほしいか!ほしいのか!?」

腐女子「ほしいおwwwwうひっwwwwwwww」

ハルヒ「よぉーし!一枚5000円よ!!」

腐女子「観賞用と保存用と永久保存用とマクラの下に入れる用とプラスαで10枚くだしぃwwwwwwwww」

ハルヒ「おk!!出血大サービスして60000円でいいわ!!」

腐女子「ぶひぃwwwwやっすーいwwwwwww」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:13:04.12 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 キョンとみくると古泉の場合

キョン「ぬこにゃーん!!どこかにゃーん!!!」

古泉「眠いなぁ…」

ガチャッ

みくる「こんにちわぁ」

キョン「ニャーーーーーン!!!!」

みくる「きゃあああああああああああ!?」

古泉「朝比奈さん!」

キョン「ニャーン!ニャニャニャニャニャーーン!!」
    (あぁー!朝比奈さーん!)

古泉「てぇい!」

ゴスッ

キョン「いってぇ!!」

キョン「はっ!?俺は何を…!?」

みくる「バカめがっ!」

キョン「ひぎぃ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:20:30.39 ID:U9GwiBV+0

みくる「何なんですか!?この牛乳拭いた後の雑巾みたいな匂いのするキョンくんはっ!」

古泉「何なんでしょうね」

キョン「ひどいよぅ!キョンだよぅ!」

古泉「ちょっと黙ってください」

みくる「夏の暑さに脳ミソがやられたんですねぇ、わかりますぅ」

古泉「もみあげが邪魔で熱が篭ってるんじゃないですか?」

キョン「うぐぅ…酷いっ…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:24:30.37 ID:U9GwiBV+0

玩具屋 ハルヒの場合

ハルヒ「おばちゃん!遊戯王カードくださいな!」

店主「はぃはぃ、ハルちゃんは元気だねぇ」

ハルヒ「えへへっ!お小遣い稼いだから買いに来たの!」

店主「えぇと…60000円だとコレだけ買えるねぇ」

ハルヒ「わぁ!カード風呂が出来るくらいあるわっ!」

ハルヒ「それでお願いっ!あはは!」

店主「はぃはぃ、よっこらショット…まいどありがとうねぇ」

ハルヒ「うんっ!ありがとー、おばちゃん!また来るねっ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:28:48.56 ID:U9GwiBV+0

帰り道 ハルヒの場合

ハルヒ「うーん、流石に重いわねっ!」

ハルヒ「でも幸せな重さだわっ!」

ハルヒ「コレだけあれば三沢っちも目じゃないくらいにデッキが組めるわね!」

ハルヒ「今度こそ有希に勝つんだからっ!」

ハルヒ「うふふっ!おおたくん死ねっ!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:33:43.12 ID:U9GwiBV+0

帰り道 みくると古泉の場合

古泉「ふぅ、アレをカラーボックスに押し込めるのは大変でしたね」

みくる「でも、あれだけキツく居れておけばしばらく出られないでしょう」

古泉「んっふ、そうですね」

みくる「あ、そんなことより!明日も一緒にお弁当食べませんかぁ?」

古泉「えっ、いいんですか!?嬉しいです!」

みくる「はい!今度は私がウインナーを持って行きますね!」

古泉「じゃあ僕は卵焼きを作って行きます」

みくる「ふふっ♪楽しみにしてますぅ、じゃあまた明日っ♪」

古泉「はい、また明日!」

古泉(嬉しいなぁ…明日、頑張りますか!)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:38:23.25 ID:U9GwiBV+0

夜中・部室 キョンの場合

キョン「んぐっ!むぐっ!きついぜ!!」

キョン「…ユニーク、、、なんつって!!」

キョン「暗いよ狭いよ怖いよー!!!」


夜中・トイレ 長門の場合

長門「ムングリャンフンフウンコデルデール」

ブリブリブリッ

長門「情報操作は得意」

ジャーッ!

長門「…最初からこうすれば良かった」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:44:56.99 ID:U9GwiBV+0

次の日になりました

昼休み・中庭 みくると古泉の場合

みくる「お待たせしましたぁ」

古泉「どうも、今日は人が少なくていいですね」

みくる「そうですねぇ♪それじゃあ、お披露目しましょうか」

古泉「はい、どうぞ」

カチャパカッ

みくる「わぁ!相変わらず美味しそうですぅ♪」

古泉「朝比奈さんのお弁当も可愛らしいですね!…ん?」

みくる「どうしましたぁ?」

古泉「このカニさんウインナーの隣にあるオーレンジャーウインナーは一体…」

みくる「うふふっ♪数日前に押入れの奥から見つかったんですよぉ♪」

古泉「へ、へぇ!ア、アンティークですね!」

みくる「うふふっ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:52:05.86 ID:U9GwiBV+0

みくる「古泉くんっ」

古泉「はい?」

みくる「あーん♪」

古泉「ブハッ な、何を急に!」

みくる「カニさんウインナーですよ、あーん♪」

古泉「う…あ、あーん///」

ずぼっ

古泉「ぅぐっ!ごほっ!ごほっ!!喉ちんこにダイレクトアタック…」

みくる「ひゃあ!ごめんなさい!古泉くん!!大丈夫!?」

古泉「だひじょうぶ、れすっ…ごほっ…」

みくる「はい、お茶ですぅ」

古泉「あびがどうごじゃます…(これって…もしかして…)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 15:57:58.19 ID:U9GwiBV+0

みくる「関節接吻…ですね…」

古泉「ブフォアッ!! そそそ、そうですね!!///」

みくる「キョンくんと♪」

古泉「っはぁい?!」

みくる「古泉くんが口を付けた後に思い出しました、それはキョンくんが私に押し付けてきた飲みかけのお茶です」

古泉「あ、はあ、はい、ソウナンデスカ(にゃろう!僕のドキムネを返せ!)」

みくる「うふふっ♪」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:07:45.88 ID:U9GwiBV+0

みくる「ま、気を取り直して…あーん♪」

古泉「あ、そ、そ、それはッ…!」

みくる「GoGoGo!オーレンジャー♪ あーん♪」

古泉「そんなっ…そんな僕たちがリアルタイムで見ていた頃のモノをッ…!」

みくる「あ…た、食べられませんか…?ごめん、なさい…ぐすっ…」

古泉「わ、わぁー!お、美味しそうですねー!いっただっきまーす!あーん、むぐっ!!」

古泉「こっ、これはっ…!!!」

みくる「……」ニヤリ

古泉「10年間以上の時を経て得た酸味とッ!押入れの中で熟成され生まれた深みがッ!朝比奈さんの味付けとッ!絶妙にマッチしているッ!!」

みくる「!!!」

古泉「美味でございますぅううう!!!!」

みくる「なん…だと…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:14:11.94 ID:U9GwiBV+0

古泉「凄いですよコレ!美味しいです!!」

みくる「そんな筈は…パクッ」

みくる「んぅ!おいひいれふぅ!!」

古泉「凄い…ウインナーの神秘です…パクパク」

みくる「確か…パクッ…2箱くらいあったから…パクパク…毎日持ってこられる…パクッ」

古泉「あの、一袋5000円で売ってくれませんか?パクパク」

みくる「いえ…パクッ…古泉くんには毎日…もぐもぐ…持ってきてあげますから…ごくんっ」

古泉「本当でパクッすか!?うれパクしいでパクッ!パクがとうございパクッ!」

みくる「いえ!いいんパクッ!」

パクパクパクパクパクパクパk(ry

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:20:19.24 ID:U9GwiBV+0

昼休み・部室 キョンとハルヒの場合

ハルヒ「…ねぇ」

キョン「あぁ?」

ハルヒ「アンタなんでカラーボックスに収まってるの?」

キョン「シラネーヨ」

ハルヒ「ふーん…まぁいいわ、私はここでお昼食べるからね、気にしないでいいわ」

キョン「おい、俺にもクレよ」

ハルヒ「じゃあバランをあげるわ」

キョン「有難き幸せ…ってオイ」

ハルヒ「ふぅ、ごちそうさまでした、じゃあねっキョン」

キョン「おーい、待てって…うぉーい!」

バタンッ

キョン「バラン…食うか…」

もきゅもきゅ

キョン「…まじぃ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:26:00.33 ID:U9GwiBV+0

昼休み・屋上 長門と朝倉の場合

長門「美味しい?」

朝倉「ええ、とっても美味しいわ、長門さん」

長門「…違う」

朝倉「あ、そうだったわね…ゆ、有希///」

長門「…嬉しい///」

朝倉「…あーん、して?」

長門「…あーん///」

ぱくっ

朝倉「有希、美味しい?」

長門「涼子…とても美味しい…///」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:30:02.29 ID:U9GwiBV+0

昼休み・屋上 ハルヒの場合

ウィィィン ピピッ

ハルヒ(ふふっ…やっぱりここで待ってて正解だわ…)

ハルヒ(今度はコンピ研のキモオタ共に売りつけてやるわ!)

ハルヒ(そしたら…今度はレンジャーズストライクをいっぱい買うわ!)

ハルヒ(うふふっ!おおたくん死ねっ!)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:36:17.75 ID:U9GwiBV+0

昼休み・1年の教室 谷口と国木田の場合

谷口「でさぁ…俺のうpしたキワミ動画がぜんっぜん伸びなくてよぉ」

国木田「ふーん、ところでニコ厨って死ねばいいよね」

谷口「…しかも『つまんね』とかコメント付いてんの!くそがっ!」

国木田「ふーん、ところでニコ厨全員参加で硫酸風呂に浸かるオフすると面白そうだよね」

谷口「…ねぇ!俺のこと嫌いなのか!?そんなにニコ厨嫌いなのか!?」

国木田「うん、大っ嫌い」

谷口「ひでえええええええよおおおおおおおおおおお!!!!うわああああああああん!!!」

ダダダッ

国木田「はぁ、早く死なないかナー」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:42:08.60 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 キョンとハルヒとみくると古泉の場合

みくる・古泉「あれれー?変態がまだカラーボックスに詰ってるよー?」

キョン「居心地よくなってきた」

ハルヒ「キョン、バラン美味しかった?」

キョン「不味かった」

ハルヒ「さぁて、そろそろ来る頃ね」

みくる「何がですかぁ?」

ハルヒ「ガチホモの柔道部員を部室に招待したのよ」

古泉「わぁ、凄いですね」

キョン「ちょ!おま!俺死ぬって!」

みくる「そうなんですかぁ、それじゃあそろそろ帰りましょうかぁ♪」

ハルヒ「じゃあね、キョン」

古泉「ふふん」

キョン「置いてかないでえええええええええ!!!!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:49:08.69 ID:U9GwiBV+0

放課後・屋上 長門と朝倉の場合

長門「涼子…」

朝倉「有希…」

長門「…愛している」

朝倉「私もよ、有希…あら?SOS団の部室が何だか賑やかね、楽しそう」

長門「私は…涼子と居るのが一番楽しい…///」

朝倉「ふふっ…よかった、有希も私と同じ思いで…///」

長門・朝倉「好き…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 16:56:10.14 ID:U9GwiBV+0

夜中・部室 キョンの場合

キョン「ぐすっ…お尻の穴が痛いよぉ…」

キョン「カラーボックスからは抜けられたけど…」

キョン「畜生ッ!これもみんなみーんな、糞泉の野郎のせいだ!!」

キョン「こうなったら…アイツにも俺と同じ苦しみを味わわせてやる!!!」

キョン「そうと決まれば、このもみあげ型変声機を使って…」ジーコジーコ

ピポパポピ プルルルル プルルr ガチャッ

キョン「『こんばんは、古泉一樹です。ガッチムチの兄貴をお願いしたいのですが、はい、お願いします。住所は〜…』」

ピッ

キョン「ふふふ…糞泉ィ!今に見ていろ!ふはははは!!!おおたくん死ね!!!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:04:22.49 ID:U9GwiBV+0

夜中・古泉の自宅 古泉の場合

古泉「ふんふんふ〜ん♪にんじん じゃがいも たま〜ねぎ〜♪」

ピンポーン

古泉「おや?こんな時間に誰でしょう…はいはーい?」

ガチャ

阿部さん「こんばんわ、阿部さんだ」

古泉「うわっ、どちら様ですか?」

阿部さん「可笑しなこと言ってくれるじゃないの、俺を呼んだのはアンタだろう」

古泉「呼んだ…?そんな覚えはありませんが…」

阿部さん「んん?どう言うことだこりゃ?この電話番号からかかって来たんだが…」

つ[キョンの電話番号]

古泉「あっ!コレはキョンくんの電話番号じゃないですか!」

阿部さん「なるほど…そのキョンって奴が勝手に俺を呼んだんだな?」

古泉「そのようです…」

阿部さん「よし!俺に任せろ!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:10:09.09 ID:U9GwiBV+0

古泉「どうするんですか?」

阿部さん「まぁ見てなって… 阿部さーん!チェーーンッジ!!!」

ピカーン!ニュグッ!

古泉「うおっ!まぶしっ!」

阿部さんマン「阿部さんマン、参上!」

古泉「わぁ」

阿部さんマン「阿部さんマンレーダー、発動!」

ぴこーん!ぴこーん!

阿部さんマン「わかったぞ!キョンと言う男は学校の方に居る!」

古泉「すごいですね」

阿部さんマン「阿部さんマン!出動!」

バコンッ!!シュイイイイイン!!

古泉「あぁ…ドアを壊して行ってしまいました…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:17:55.54 ID:U9GwiBV+0

夜中・部室 キョンと阿部さんマンの場合

キョン「ふははっ…今頃古泉の奴はヒィヒィ言ってる筈だぜ…ざまぁみろ!」

バリーン!

キョン「うわぁ!?」

阿部さんマン「阿部さんマン、参上!可愛子ちゃんをいじめる奴は、この阿部さんマンが菊に変わってお仕置きだ!」

キョン「ひぃい!」

阿部さんマン「阿部さんマンカッター!!」

ザシュッ!

キョン「あぁあ!もみあげ型変声機が!!」

阿部さんマン「阿部さんマンスネイク!!」

シュルルルル!プリッ!

キョン「うわああ!締め付けられるゥ!!お尻が露出するゥ!!」

阿部さんマン「とどめだ!阿部さんマンスペシャル!!!」

キョン「イヤアアアアアアアアアアアアア!!!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:21:58.14 ID:U9GwiBV+0

夜中・古泉の自宅 古泉の場合 2

古泉「ふぅ…ドアの応急処置はこれでいいでしょう…」

古泉「しかし…キョンくんには悪いことをしてしまったかもしれません…」

古泉「まぁいいでしょう、自業自得です、んっふ」

古泉「明日のお昼が楽しみです…GoGoGo!オーレンジャー♪ふふっ…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[縦読み] 投稿日:2008/08/02(土) 17:28:06.84 ID:U9GwiBV+0

次の日になりました
朝・校門 キョンと古泉とみくるとハルヒの場合

キョン「おい…」

ハルヒ「およよ?バランが好物のキョンじゃない!」

みくる「ただの変態じゃなかったんですねぇ…バラン好きってありえないですぅ♪」

古泉「くくっ…いや失礼、どうしたんですか?」

キョン「んんんー!!アナルが痛い!!おい!古泉!!」

古泉「しりませんよ、僕はなんにも」

ハルヒ「ねぇ、こんな変態は放っておいて、行きましょうよ、みくるちゃん古泉くん!」

キョン「!!!おぉい!待ってよおおお!!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:37:02.31 ID:U9GwiBV+0

朝・1年の教室 谷口と国木田の場合

谷口「あ、お、おはよー!国木田!」

国木田「あれっ、まだ生きてたんだ」

谷口「うぅっ…酷い…」

国木田「谷口が泣いてもキモいだけだよ」

谷口「ううう!!もう我慢ならぬ!!オイ国木田!俺が黙って聞いてりゃいつもいつも!!!!」

国木田「なに?」

谷口「このチビ!チビ!やーい!チビ!!」

国木田「谷口はチビしか言えないの?」

谷口「うっ…ぐすっ…」

国木田「あはは、100均に売ってるオモチャみたい」

谷口「うわああああん!!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:41:43.24 ID:U9GwiBV+0

朝・長門の部屋 長門と朝倉の場合

朝倉「うぅん…? !!いけない!もうこんな時間…!!遅刻よ!」ガバッ

ガシッ

長門「涼子…」

朝倉「有希、大変、遅刻してしまうわ、急がないと」

長門「…だめ」

朝倉「えっ?」

長門「今日一日…ずっと一緒…」

朝倉「有希…」

スルッ

長門「…愛してる」

朝倉「…えぇ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:45:22.77 ID:U9GwiBV+0

昼休み・中庭 みくると古泉の場合

二人「ぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱく」

二人「んぐっ!?げほっごほっ!!」

二人「ぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱく」

二人「ごくっごくっ…ぷはぁ」

二人「ぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱく」

二人「うげっ!うぇっ!!げほっ!」

二人「ぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱく」

古泉「おいパクッでパクッ」

みくる「パクッ♪」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:52:32.08 ID:U9GwiBV+0

昼休み・部室 ハルヒとキョンの場合

ハルヒ「キョン、今日は私がアンタにお弁当を作ってきてあげたわ」

キョン「本当か?本当にお弁当か?また俺を苛めようとしてるんじゃあるまいな?そうだろ?そうなんだろ?」

ハルヒ「落ち着きなさいよキモいわね、ほら、お弁当よ」カチャパカッ

キョン「…真緑」

ハルヒ「アンタの大好きなバランよ」

キョン「何で…何でだよ!」

ハルヒ「安心しなさい、純国産よ」

キョン「なるほど!そりゃ安心! …ってばかっ」

ハルヒ「ノリつっこみ下手ね」

キョン「俺は自分の弁当を食う!バランなんてイラン!なんつって!」

ハルヒ「あら、アンタの弁当なんてここには無いわよ?」

キョン「はぁ!?あ、確かに、な、ない!!一体何処に…!!」

ハルヒ「焼・却・炉♪」

キョン「わあああああああああああん!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 17:57:38.68 ID:U9GwiBV+0

昼休み・長門の部屋 長門と朝倉の場合

長門「…あーん」

朝倉「あーんっ♪んん、やっぱり有希の作るカレーは美味しいわ」

長門「…たくさんある」

朝倉「それじゃあ私も、有希、あーん」

長門「あーん…美味しい」

朝倉「ふふっ♪あら、ほっぺたにルゥが付いてるわよ」

ペロッ

長門「っ…///」

朝倉「うふっ、美味しい♪」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:05:26.94 ID:U9GwiBV+0

昼休み・焼却炉周辺 谷口とキョンの場合

谷口「ぐすっ…酷いよ国木田…」

谷口「はぁ…翠星石がそばに居てくれたら…俺はいくらでも頑張れるのに…」

谷口「…ん?」

谷口「こっこれは!!!この緑は!!翠のドレスの一部か!?」

谷口「あぁ!いっぱい落ちてる!!やっぱり翠は俺の近くに居たんだ!!」

ずりずり

谷口「あぁ!翠星石!!翠星石ぃぃい!!!」

キョン「きめぇ…あいつバランに頬ずりしてやがる…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:10:08.31 ID:U9GwiBV+0

放課後・中庭 みくると古泉の場合

二人「ガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツ」

二人「っうぇ…おぇ…」

二人「ガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツ」

二人「おえぇぇぇえ!!!」

二人「ガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツガツ」

二人「んぐっ!?っくっ!!うげっ……」

ドサッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:16:12.98 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 ハルヒと国木田の場合

ハルヒ「あははっ、あの二人キモいわねー」

国木田「ほんとだよ、谷口のやつまだバランに頬ずりしてるよ」

ハルヒ「キョンもバカよねぇ、アイツのお弁当は捨ててなんかないのに…」

国木田「へぇ?」

ハルヒ「ちゃんとココにあるわよ」

国木田「ほんとだ、捨てちゃえば?」

ハルヒ「でもねぇ…なーんか心が痛むのよねぇ」

国木田「ふーん」

ハルヒ「でもやっぱいらないわ!」

ポイッ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:19:23.22 ID:U9GwiBV+0

放課後・焼却炉周辺 キョンと谷口の場合

ゴツッ

キョン「いってぇ!」

キョン「なんだ…?ってオイ!これ俺の弁当じゃねえか!!」

キョン「空から降ってきたぞ…」

キョン「まぁ、いいや、腹減ってるし食べよう」もぐもぐ

キョン「ん…んまい…」

谷口「ハァハァ…うっ! ふぅ…気持ちよかったよ、翠星石…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:24:17.37 ID:U9GwiBV+0

放課後・長門の部屋 長門と朝倉の場合

ピーポーピーポー

朝倉「あら?救急車ね」

長門「そう」

朝倉「この音の移動のしかただと…学校の方ね」

長門「凄い」

朝倉「何かあったのかしら…」

長門「…行ってみる?」

朝倉「そうね、行ってみましょう、…イヤな予感がするわ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:28:29.11 ID:U9GwiBV+0

放課後・部室 ハルヒと国木田の場合 2

ピーポーピーポー

ハルヒ「あらっ?」

国木田「救急車が学校に入ってきたね」

ハルヒ「これは事件ね!あたしは行くわよ!」

国木田「じゃあ僕も行こうかな」


放課後・焼却炉周辺 キョンと谷口の場合

ピーポーピーポー

キョン「ん?救急車か?」

谷口「おや…珍しいですね…、何かあったのでしょうか」

キョン「中庭の方だ、行ってみるか」

谷口「ええ」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/08/02(土) 18:35:40.16 ID:U9GwiBV+0

放課後・中庭 全員の場合

救急隊員「この二人だ!息をしていないぞ!!喉を詰らせたんだ!」

ドタバタ

ハルヒ「みくるちゃん!?古泉くん!?」

朝倉「やはりここだったのね…」

キョン「朝比奈さん!!しっかり!!糞泉…はどうでもいいや」

長門「…異常事態」

谷口「WAWAWA!?」

国木田「わぁ、大変…」

救急隊員「だめだ!もうだめだ!死んだよ!!」

ハルヒ「わあああああ!!!みくるちゃん!!!古泉くん!!!!!!!」

キョン「落ち着け…ハルヒ…」

谷口「俺達の戦いはこれからだ!」

終わり。

ご飯なんで打ち切り的な、ね。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:元太「おい歩美、話したいことって何だ?」 歩美「実は…」