ハルヒ「…キョンまだかしら…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「え?二人もレイプされたことがあるの?」

ツイート

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 11:12:34.45 ID:PI0vA5D+0

みくる「雨……ですね」

古泉「そうですね」

みくる「皆さん遅いですよねぇ」

古泉「涼宮さんなら、先ほどお二人で帰って行かれましたよ?」

みくる「お二人って……キョンくんと?」

古泉「ええ、それも一つの傘でね」

みくる「へぇー……あの二人、最近はそんな感じなんですかぁー……」

古泉「はい、そんな感じのようですね」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 11:18:09.01 ID:PI0vA5D+0

みくる「はい、どうぞ」

コトッ

古泉「これはこれは……すみません」

ズズズ……

みくる「それで古泉くんは涼宮さんが来ないとわかっているのに、どうしてここへ?」

ズズズ……

みくる「あつっ」

古泉「なんとなく、でしょうか? それよりお茶の葉を変えられましたか?」

みくる「あ、わかります? 少し余裕があったので、古茶から新茶へと切り替えてみたんです」

古泉「なるほど、どうりで味わい深い訳ですね」

みくる「サヨーでございます」

古泉「結構なお手前で」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 11:29:10.94 ID:PI0vA5D+0

古泉「長門さんはまだなのでしょうか?」

みくる「どうだろー? 彼女の目的は観察だから、まだまだ忙しいんじゃないのかなぁ?」

古泉「ふむふむ。僕は閉鎖空間がまるっきり発生しなくなったので、暇を持て余しているくらいですよ」

みくる「そうなんですか。あたしの方も最近は特に何も無いんですよね」

古泉「平和が一番、という事ですね」

みくる「そういう事ですね」


古泉「という訳で、バックギャモンでも如何でしょう?」

みくる「ええっとぉ……ルールがわかりませぇん……」

古泉「では、囲碁はどうでしょう?」

みくる「それもちょっとぉ……」

古泉「困りましたね……他には道具が無いので……」

みくる「オセロなら何とかぁ……それオセロに似てますし、それでオセロをしましょう」

古泉「いい案だと思います」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 11:37:55.17 ID:PI0vA5D+0

ガチャリ

長門「……」
古泉「あ、どうも」
みくる「あれ? 長門さんは忙しいんじゃ?」

長門「……暇」
古泉「朝比奈さんの予想は外れてしまいましたね」
みくる「ふーんだ。あ、今お茶入れますね」

コトッ

長門「ごくり」
古泉「なんと、一息で飲み干すとは……」
みくる「熱くないんですかぁー?」

長門「………………全然」
古泉「妙に溜めましたね」
みくる「正直に言いましょうよー、ちょっと目が潤んでますよぉ?」

長門「そんな事は無い」
みくる「では御代りを――」
長門「必要無い」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 11:48:32.58 ID:PI0vA5D+0

カランカラン

みくる「はい、麦茶です」
古泉「これはまた、いい感じに冷えていますね」
長門「ごくり」

みくる「そして密かにプリンも作ってましたー!」
古泉「これはこれは」
長門「……」 パチパチパチパチ……

10分後。

みくる「さて、問題はここからです」
古泉「五人分のプリンだったので、二つ余ってしまいましたね」
長門「……」

みくる「残しておいても仕方がないので、くじ引きで決めたいと思います」
古泉「僕は囲碁で決めるに一票を投じたいと思います」
長門「私も古泉一樹の意見に同意する。これは情報統合思念体の総意」

みくる「わがまま言わないの」
古泉「すみません」
長門「……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:04:19.35 ID:PI0vA5D+0

古泉「ふーむ、雨が一向に止みませんね」
長門「それはこの国の気候上、仕方のない事」
みくる「あたし傘を忘れちゃったからなぁ……」

古泉「実は僕も……なので雨が止むまで部室にでも居ようかと」
みくる「そうだったんですかぁ、実はあたしもそうなんですけどぉ」
長門「……」

古泉「長門さんは?」
みくる「もしかして長門さんも傘を?」
長門「それは無い。この通り鞄の中に……」

ガサゴソ

長門「……」

ガサゴソガサゴソ

長門「……」

ガサ……

長門「私はそろそろ帰らなければならない」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:13:02.52 ID:PI0vA5D+0

古泉「まあまあ、傘なら部室備え付けの物がありますから」
みくる「そうですよー」
長門「忘れたわけではない」

みくる「はいはい、わかってますぅー」
長門「信じて」
古泉「ええ、僕も信じますよ」

古泉「そうだ、折角3人居るのでモノポリーでも如何でしょうか?」

長門「受けて立つ」
みくる「人生ゲームですかぁ?」
古泉「サイコロを振って先へ進むボードゲームですよ」

みくる「なるほどー」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:24:03.79 ID:PI0vA5D+0

みくる「長門さんがサイコロを振ると6ばかり出ますぅー」
長門「たまたま」
古泉「そうですよ」

みくる「でも、あたしがサイコロを振ると1ばかりなんですよぉ? みるみる内にお金が無くなってますぅ」
長門「たまたま」
古泉「ナッシーにしんかするぞ」

1時間後。

長門「これで全独占完成」
みくる「ふえぇ、地図が全部長門さん一色に染まってます……」
古泉「実に手に汗握るいい勝負だったと思いますね」

みくる「では、またお茶でもいれましょうね」
長門「……」
古泉「では僕が……」

みくる「いいえ、これはあたしの役目です」
古泉「いえいえ、たまには僕が」
みくる「あたしがやります」
古泉「いやいや、僕が……」

長門「……ならば、私も」

古泉「どうぞどうぞ」
みくる「どうぞどうぞ」

長門「……」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:32:16.18 ID:PI0vA5D+0

古泉「さて、辺りも暗くなり始めていますしそろそろお開きと……」
みくる「雨、止んでませんね」
長門「ロッカーの中に傘がある」

カパッ

古泉「おや、困りましたね」
みくる「傘が1本だけしか……」
長門「……」

古泉「僕には必要ありませんよ、自力で何とかなるので」
みくる「あたしも大丈夫かな」
長門「私も必要ない」

パタン

古泉「……」
みくる「……」
長門「……」

みくる「では、くじ引きで決めましょう」
古泉「面白い案だと思います」
長門「私もその意見に同意する」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:45:25.19 ID:PI0vA5D+0

長門「赤色」
みくる「おめでとーございますぅー」
古泉「おめでとうございます、はいどうぞ」

長門「……」
みくる「それじゃあ、今日は帰りましょう」
古泉「そうしましょう」

パチン、パタン、カチャリ

長門「待って」
みくる「……はい?」
古泉「どうかされましたか?」

長門「この傘は結構大きい」
みくる「はぁ」
長門「私一人で扱うには、少し無駄がある」
古泉「……なるほど」

長門「だから――」

みくる「うふふっ」
古泉「はいはい」

長門「もし良いのなら――」

みくる「そういのも、」
古泉「楽しそうですね」

「一緒に帰ろうよ」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/14(月) 12:47:08.51 ID:PI0vA5D+0

以上、ヤマなしオチなし意味は薄味な保守でした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉、アンモナイトって言ってみろ」