みくるのところに蒼星石が届きました


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あら、有希じゃない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 05:41:25.08 ID:pwW70epy0

蒼「へぇ〜、マスターって未来から来たんだぁ・・・すごいねェ(笑)」

みくる「あら、あなた男のお人形さんかと思ったら、女の子なのね(笑)」

蒼「マスターみたいに、わざとらしく女であることを強調してないからね(笑)」

みくる「別に強調してるわけじゃないんですけどね(笑)」

蒼「あはは・・(笑)」

みくる「うふふ・・・(笑)」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 05:45:11.36 ID:pwW70epy0

蒼「マスター!部活って楽しい?」

みくる「楽しいというか、私の仕事でもありますからね」

蒼「だから部活では無邪気なフリしてるんだね、大変だなァ(笑)」

みくる「アリスになる(笑)とか単純な目的じゃないですからね(笑)」

蒼「・・・」

みくる「・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 05:48:31.68 ID:pwW70epy0

AM4:30

がばっ

蒼「うわぁっ!」

みくる「にこにこ」

蒼「ど、どーしたの?こんな時間に・・・ドールはまだ寝てる時間なんだけど・・」

みくる「朝ご飯作ったんですよ。花丸ハンバーグ(笑)。好きなんでしょ?(笑)」

蒼「あ、ありがとう・・ピクピク」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 05:52:38.96 ID:pwW70epy0

蒼「マスター!マスター!」

みくる「なんですかぁ?」

蒼「写真もらったんだ!見て見て!」

みくる「!!・・これは涼宮さんに無理やり撮られた・・」

蒼「涼宮って人からもらったんだぁ。涼宮さんって面白い人だね(笑)」

みくる「・・あの人にはあまり近付かない方がいいですよぉ・・」」

蒼「でも僕みたいな存在が大好きみたいだからね、なんで隠してたの?」

みくる「べ、別に隠してないです・・よ・・ピクピク」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 05:57:19.55 ID:pwW70epy0

みくる「(まずい、このクソ人形と涼宮が接触するのは・・弱みを握られる)」

蒼「マスター、さっきから何を真剣に考えてるの?珍しくマジメな顔してるね(笑)」

みくる「そ、そうですかぁ?あ、あの、さっきの涼宮さんのことなんだけど」

蒼「あ!僕、ちゃんときょんって人とながとって人にも挨拶したから大丈夫だよ!」

みくる「そーなんだぁ・・(なかなかやることが抜け目ないな、こいつ・・・!!)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:02:45.55 ID:pwW70epy0

みくる「そういえば、蒼星石さんっていつも同じ服で汚くないんですか?(笑)」

蒼「汚くなんかないよ!人間と違って排泄物がないからね」

みくる「でもぉ・・ホコリとかで服は汚れちゃいますよね〜」

蒼「ま、まぁそれは・・」

みくる「洗濯してあげるから服を脱いでください」

蒼「あ、ありがとう(何を考えてるんだ・・?)」

みくる「じゃあクリーニングに出して綺麗にしてあげるから、一週間くらい下着で我慢してね(笑)」

蒼「!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:06:19.89 ID:pwW70epy0

みくる「まぁ下着というのは冗談ですよぉ(笑)あら?その表情は怒ってるんですかぁ?(笑)」

蒼「お、怒ってないよ、びっくりしただけ(このキチガイならやりかねないけど・・)」

みくる「だいじょうぶですよ!ちゃんと代わりの服がありますから」

蒼「良かった、下着じゃ外出れないからね」

みくる「はい!私、女の子っぽい服しか持ってないから、このピンクのフリフリで我慢してくださいね(笑)」

蒼「!!・・ぎぎぎ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:10:36.04 ID:pwW70epy0

ごそごそ・・

みくる「ひぁぁ〜かわいいですよ、蒼・星・石・さん(笑)(笑)(笑)」

蒼「・・アリガトウ、マスター・・・!!」

みくる「そんなに可愛いカッコだったら部活のみんなも喜ぶでしょうね(笑)」

蒼「あはは・・・そうかな?(まずい、このカッコじゃ逆に涼宮のオモチャにされる・・みくるめ!!)」

みくる「それじゃ、私は学校に行ってくるけど、蒼星石さんはどうします?(笑)」

蒼「ぼ、僕は留守番してるよ・・!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:14:38.99 ID:pwW70epy0

みくる「それじゃいってきまーす」

バタン

蒼「・・レンピカ、急いで僕の服を探してくれ。まだこの家のどこかにあるはず」

ピカピカ

蒼「あった!これだ!・・・もうそろそろ部活の時間だ・・みくるめ、思い知らせてやる・・(笑)」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:17:14.46 ID:pwW70epy0

キーンコーンカーンコーン

みくる「はぁ・・今日も部活かぁ・・またあのアホ宮の相手しなきゃいけないのか・・疲れる」

がらっ

ハルヒ「遅いわよ!みくるちゃん!ほら、蒼ちゃんも来てるんだから!!」

蒼「やあ(笑)」

みくる「!!・・あなた、服」

蒼「やっぱりあんなセンスない服は僕には似合わないよ、これが一番いい(笑)」

みくる「(何しにきた・・・!!こいつ・・!!)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:22:17.33 ID:pwW70epy0

ハルヒ「?二人でなににらみ合ってんの?まぁいいわ。部活始めるわよ、部活!」

みくる「きょ、今日は何をするんですかぁ?(アホ宮、ふざけたこと言うなよ!)」

ハルヒ「今日は”未来人ごっこ”をするわ!!」

みくる「!!」

ハルヒ「って言っても、私もよくわからないんだけど。さっき蒼ちゃんに提案されたから」

みくる「!!!」

蒼「えっと、なんかオモシロそうかな〜と思って(笑)」

みくる「(クソ人形・・・・!!!)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:25:51.52 ID:pwW70epy0

みくる「す、涼宮さん、なんか主旨がよくわからないですし、”ごっこ”って子供っぽくて
    頭悪そうな感じしませんか?他のことの方が・・」

ハルヒ「なに?私が決めたことに文句あるの?みくるちゃん!」

みくる「い、いえ・・(涼宮の性格まで計算済みか・・!!)」

蒼「団長の命令は絶対だよ、マスター♪(笑)」

みくる「そ、そうですね・・!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:33:07.70 ID:pwW70epy0

ハルヒ「やるのは決定だけど、具体的に何をしようかしら・・・」

蒼「放送で”私はこの時代の人間じゃありません”って言うとかどう?」

みくる「なんの意味が・・」

ハルヒ「面白いわね!それで一般人がどういう反応するのか見たいわ!」

みくる「ふぇえ・・・嫌ですぅ(マジで嫌なんだよ!!アホ宮!!察しろ!!)」

蒼「これで部員も増えるかも知れないし、我ながらいい案でしょ(笑)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:35:35.24 ID:pwW70epy0

みくる「ちょっと待ってくださいぃ!涼宮さん!」

ハルヒ「なに?まだなにか文句があるわけ?」

みくる「違いますぅ・・蒼星石さんのことですぅ」

ハルヒ「なによ?」

みくる「多分”未来人”放送したら、この部室に押しかけてくる人がいると思うんですぅ。
    そのときに”人形”であるはずの蒼星石さんが動いてたら、まずいと思うんです」

ハルヒ「・・それは確かにそうね。私たちが蒼ちゃんの存在知ってるのはいいけど、
     一般人にあまり見せるものじゃないわね。」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:38:28.03 ID:pwW70epy0

みくる「だから、蒼星石さんには人形のフリをしてもらって、じっとしてもらうのが一番いいかと・・」

蒼「いや、だったら僕はどこかに隠れ」

ハルヒ「そうね!!逆に蒼ちゃんはただの人形にしてはすごく精巧だし、”未来人”である
     みくるちゃんが持ってきた、って設定にすれば、より一般人を驚かすことができるわね!」

みくる「そういうことで(笑)、蒼星石さん、”何があっても”じっとしててくださいね(笑)」

蒼「(・・・これは何を企んでるんだ・・明らかに危険を感じる・・!)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:42:27.91 ID:pwW70epy0

どやどや

A「ここが未来人のいる部活?」
B「みくるってどの人?」
C「おぉ!確かにすごい人間みたいな人形があるぞ!」

ハルヒ「ほらほら、”未来人”に質問は一つずつね!質問一回100円よ」

キモオタ「ぶひぃ、そ、その人形は、ど、どこで売ってるんですかあ・・触ってみたいなあ」

みくる「売り物じゃないですけど・・・(笑)触るならご自由にどうぞ(笑)」

キモオタ「ぶひぃ!!まじっすかまじっすか!!まじうれしいっす!!」

蒼「(これか・・・!!!!!!)」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:45:45.51 ID:pwW70epy0

みくる「(ぼそぼそ)さっきも言ったけど、あなたは”人形”なんだから、絶対に動いちゃダメですよ(笑)」

蒼「・・・・ぴくぴく」

みくる「はい、どうぞ!手触りもすごく人間っぽいんですよ。未来の人形ですから(笑)」

キモオタ「ぶひぃ!!はぁはぁ」

なでなで・・・

キモオタ「これは・・!!」

蒼「(ひぃ〜!!キモチ悪い!!)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:49:03.64 ID:pwW70epy0

なでなで・・

蒼「(ひぃ・・)」

さわさわ・・

蒼「(もうやだ・・)」

キモオタ「はぁはぁ・・・こ、この人形の服脱がしたらま、まずいですか?」

蒼「!」

みくる「別にかまいませんよ(笑)」

蒼「!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:52:37.96 ID:pwW70epy0

みくる「・・と言いたいとこですけど、ちょっとお人形さんに確認してみますね(笑)」

キモオタ「さ、さすが未来人!!人形と話ができるなんて・・・」

みくる「ちょっと待っててくださいねぇ・・あっちで話してきますんで(笑)」

こそこそ

みくる「助けて欲しい?」

蒼「・・・?」

みくる「聞こえてますかァ?あのキモオタから助けて欲しいか、聞いてるんですよ(笑)」

蒼「・・こくり」

みくる「助けて欲しいなら、ちゃんとお願いしないとダメですよね?(笑)」

蒼「・・・どうしろって言うんだい」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:54:54.99 ID:pwW70epy0

みくる「まず、もう部活には来ないと約束してください」

蒼「・・・わかった」

みくる「あと、”今までいろいろとすみませんでした、マスター”と言いなさい」

蒼「・・なんで僕が謝るのさ」

みくる「身に覚えがあるでしょ?(笑)」

蒼「僕は別に悪いことはしていないよ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 06:57:03.58 ID:pwW70epy0

みくる「ふ〜ん・・・そうなんだ、じゃあ仕方ないですね・・」

蒼「僕は悪くないことは謝らない」

みくる「強情なお人形さんですね(笑)・・・じゃあキモオタさんに好きなだけ脱がしてもらいましょうね」

蒼「!!」

みくる「・・・キモオタって本当にキモいから、パンツまで脱がされちゃうかもね・・」

蒼「!!!」

みくる「じゃあキモオタさんのところに戻りましょうか(笑)」

蒼「ちょっと待って!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:00:21.75 ID:pwW70epy0

蒼「・・・謝るよ」

みくる「なんですか?(笑)」

蒼「・・・今までいろいろとすみませんでした、マスター・・」

みくる「人に心から謝ってるときって、人をにらんだりするんですか?(笑)」

蒼「(土下座しながら)今までいろいろとすみませんでした!マスター!」

みくる「うふふふ(笑)やればできるんですね(笑)さすが優秀なお人形さんですね(笑)」

蒼「(この女・・・いつか殺す!!)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:07:08.86 ID:pwW70epy0

ハルヒ「じゃあ今日はこれで部活終了!!また明日ね!!」

みくる「さよならですぅ」

蒼「・・さよなら、涼宮さん」

てくてく・・

蒼「じゃあ僕は先に帰ってるよ」

みくる「そう?じゃあ私は晩御飯の買い物していきますね。今日はいろいろと疲れたし、
    花丸ハンバーグ作ってあげますね(笑)」

蒼「・・ありがとう(やけに優しくなったな・・なんだろう)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:10:04.95 ID:pwW70epy0

蒼「マスター、もう僕をいじめるのはやめたのかな」

蒼「僕もマスターと喧嘩するのは本意じゃないし・・」

蒼「マスターが帰ってくるまでに掃除でもしてあげるか」

蒼「それにしても、花丸ハンバーグ楽しみだな♪」

がちゃ

みくる「ただいま〜」

蒼「マスターお帰りなさい!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:14:48.09 ID:pwW70epy0

みくる「はぁ・・今日は疲れました・・・晩御飯はお茶漬けですよ」

蒼「!!」

みくる「日本茶好きなんだから、お茶漬け好きでしょ?(笑)」

蒼「!!」

みくる「じゃあ私は寝るから、後片付けお願いしますね(笑)」

蒼「・・(これが上げて落とすってヤツか・・・学んだよ、マスター(笑)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:23:08.48 ID:pwW70epy0

ちゅんちゅん・・・・

ピーンポーン ピーンポーン

みくる「・・こんな朝から・・・誰?」

がちゃ

ハルヒ「みくるちゃん!おっはよー!!」

みくる「・・す、涼宮さん・・?どうしたんですかぁ?」

ハルヒ「どうしたってみくるちゃんが、やっとやる気になったっていうからきたんじゃない」

みくる「やる気になった?って何がですか?」

ハルヒ「とぼけちゃって!ほら、このメール送ってきたでしょ!」

『あしたは ろしゅつ の たかいふくで がっこういきたい です』

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:25:32.33 ID:pwW70epy0

みくる「!!」

ハルヒ「みくるちゃんって恥ずかしがり屋だから、やっとやる気出してくれて私嬉しいのよ!
     今日は気合入れた服持ってきたからね!!」

みくる「ぎろっ!(クソ人形!!)」

蒼「〜♪(さすがレンピカ。けーたいでちゃんとめーる送ってくれたんだね)」

ハルヒ「さぁ、着替えるわよぉ!!」

みくる「あわわ・・・」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:28:57.55 ID:pwW70epy0

てくてく

みくる「うう・・恥ずかしいですぅ・・・みんな見てますよぉ・・」

ハルヒ「何言ってんの!そんなスーパーボディしてるんだから、見てもらわなきゃ!」

蒼「にやにや」

みくる「・・しかもなんで蒼星石さんを連れてきてるんですかぁ?」

ハルヒ「蒼ちゃんが人形のフリするから連れてってくれって言ったからじゃない?聞いてたでしょ?」

みくる「・・そうですけど、明らかに笑顔だし、ばれちゃいますよぉ(・・クソ人形め、むかつく・・!!)」

蒼「にやにや」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 07:32:56.35 ID:pwW70epy0

ハルヒ「さあ、学校着いたわ!」

みくる「す、涼宮さん!今日は蒼星石さんをフィギュア部にお連れしたいと思うんですけど!」

ハルヒ「なに言ってんの!今日はそんな暇ないわよ!みくるちゃんのそのカッコを学校中に宣伝するんだから!」

蒼「(ぼそぼそ)マスターがんばってくださいね。ふぃぎゅあ部はまたの機会に(笑)」

みくる「・・・!!!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:18:13.87 ID:pwW70epy0

蒼「あはは、今日は楽しかったなー、マスターのあの顔・・ぷぷ(笑)」

みくる「蒼星石さん、夕ご飯できましたよ・・」

蒼「!?(・・・今夜は確実にご飯抜きだと思ってたのに・・?)」

みくる「今夜はシチューですよ」

蒼「・・今行くよ」


みくる「はい、どうぞ」

蒼「・・くんくん」

みくる「別に変なものは入れてないですよ(笑)」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:20:51.48 ID:pwW70epy0

蒼「いや、別にそういう意味じゃ(・・・怪しい、でも匂いは普通だな)」

みくる「ほら、熱いうちに食べてくださいね」

蒼「・・いただきます」

もぐもぐ

蒼「おいしい」

みくる「良かったぁ、味付けがどうか心配だったんだけど」

蒼「もぐもぐ(今日で完全にへこんだのかな?)」

みくる「ちゃんと具も残さず食べてくださいね」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:23:42.41 ID:pwW70epy0

がりっ!!

蒼「!!??」

蒼「なんだこれ!?固いものが・・・」

みくる「どうしたんですか?(笑)」

蒼「・・・これは・・・・・木片・・?なんだろう・・?」

蒼「・・なんか指のように見えるな・・・」

みくる「うふふ、それはね、あなたのお姉さんの指ですよ(笑)
    今日のシチューは翠星石のシチューですよ(笑)」

蒼「!!!!」

みくる「なーんて冗談ですよ(笑)たぶん、お野菜の固いとこね、ごめんなさい(笑)」

蒼「(冗談なのか!?)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:26:04.63 ID:pwW70epy0

蒼「・・ごちそうさま」

みくる「あら?もういいんですか?まだ残ってるのに(笑)」

蒼「今日はお腹いっぱいなんだ、早めに寝るよ」

みくる「そう(笑)おやすみなさい」

バタン・・・

蒼「まさか・・みくるのヤツ、翠星石に何かしたのか!?・・まさかね」

じゃー

みくる「ふんふふーん♪うふふ・・うふふ・・(笑)」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:30:50.41 ID:pwW70epy0

ちゅんちゅん・・・

ぎぃ・・・

真紅「蒼星石、起きなさい」

蒼「ンン・・真紅、おはよう・・どうしたの?」

真紅「昨日、翠星石がここに来たはずだけど、どこにいるの?」

蒼「翠星石が?いや・・来てないけど」

真紅「おかしいわね・・・昨日の夜、あなたに会いに行くって出ていったはずなんだけど」

蒼「そんなこと・・聞いてないよ」

真紅「さっきみくるにも聞いたんだけど、知らないみたいだったわ」

蒼「・・・」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:35:00.71 ID:pwW70epy0

みくる「真紅さん、みくるさん、朝ご飯できましたよー」

真紅「悪いわね」

蒼「・・・」

みくる「今朝はそぼろのサンドイッチよ」

真紅「朝からひき肉とは胃にもたれるわね」

みくる「でも新鮮な肉だから(笑)」

蒼「・・・マスター、これ何の肉?」

みくる「え?(笑)牛肉ですよ?(笑)どうして?(笑)」

蒼「本当に?」

みくる「ええ、本当ですよ(笑)今朝の蒼星石さんはおかしいですね(笑)」

真紅「もぐもぐ・・・おいしいわよ、蒼星石」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:38:04.70 ID:pwW70epy0

蒼「マスター、昨日翠星石が訪ねて来なかったかい?」

みくる「来てないですよ」

蒼「・・昨日ここに来るはずだったんだけど」

みくる「来てないですよ」

蒼「じゃあどこに行ったのかな?」

みくる「どこでしょうね(笑)いなくなっちゃったんですか、翠星石さん(笑)」

蒼「・・・・(怪しい、目が普通じゃない)」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:41:00.60 ID:pwW70epy0

真紅「蒼星石、さっきからどうしたの?様子がおかしいわよ」

蒼「別に・・・ちょっと体調が良くないだけ」

みくる「お人形さんも病気になるんですね(笑)・・ということは苦痛も感じるってことですか?(笑)」

真紅「そうね、殴られれば痛いし、悲しければ泣くわ」

みくる「うふふふ(笑)そうなんだぁ(笑)大変ね、お人形さんも(笑)」

蒼「(怪しすぎる・・!)」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:45:13.30 ID:pwW70epy0

みくる「じゃあ行ってきます」

真紅「私もいったん帰るわ、翠星石が寄り道してるかも知れないし」

蒼「うん、じゃあ・・」

バタン

蒼「・・みくるは何か隠してる・・・たぶん翠星石と会っている・・」

蒼「レンピカに家は探させた・・この家にはいないはず」

蒼「じゃあ、どこへ?・・学校にいたときは、僕はずっとみくるを見てたし」

蒼「家に帰ってきてから・・・少しみくるから目を離した・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:50:43.93 ID:pwW70epy0

蒼「思い出せ・・・昨日はちょっとうとうとしてたけど・・・」

蒼「・・そうだ、誰か来てたぞ。特に気にしてなかったけど」

蒼「玄関に訪ねてきていた・・ということは普通の人間だ」

蒼「レンピカ!今すぐ学校に行けるかい?みくるに見つからないように
  みくるのけいたいでんわを確認してきて欲しいんだ・・昨日誰に電話してたか」

蒼「絶対にみくるに見つからないようにね、頼んだよ」

ぴかぴか

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 10:55:09.87 ID:pwW70epy0

ひゅーん・・

蒼「おかえり、レンピカ。どうだった?」

蒼「ふむふむ・・・・やっぱり夕方に電話をかけていた?相手は・・肝尾 太郎?誰だろう?」

蒼「でもこれで昨日来てた人間はわかったぞ。もし・・翠星石がみくるに捕まったとしたら、
  みくるは僕に知られるのを怖れて、その肝尾太郎に翠星石を・・」

蒼「みくるに問いただしてもたぶん答えない。なんとかして調べないと・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:02:51.05 ID:pwW70epy0

バタン

みくる「ただいま(笑)」

蒼「・・おかえりなさい(なんだ、今の笑みは)」

みくる「いま晩御飯作りますからね(笑)」

蒼「あ、僕は、今夜真紅のところに行くから・・ご飯はいいよ」

みくる「そうなの?残念ですね」

蒼「うん、ごめんね」

みくる「じゃあ気をつけて行ってきてね」

蒼「うん・・(あれ?止めないな・・?なぜだろう)」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:09:10.68 ID:pwW70epy0

こんこん

蒼「真紅いる?僕だよ、蒼星石だよ」

がらっ

真紅「遅かったわね」

翠「遅いですぅ!」

蒼「!?翠星石!?なんでここに」

翠「なんでって私はいつも真紅のところに入り浸りですぅ!」

真紅「迷惑だわ」

蒼「え?いや、そうじゃなくて・・無事だったの?」

翠「はぁ?何を言ってるですか?まったく蒼星石はたまにわけわからないこと言い出すんですぅ!」

蒼「はぁ・・・」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:13:02.98 ID:pwW70epy0

真紅「じゃあ、蒼星石、またね」

翠「また来るですぅ!真紅の家に」

蒼「うん、じゃあまた」

ひゅーん

蒼「なんだ・・何もかも僕の考えすぎだったのか・・これも嫌がらせの一つなのかな」

がちゃ

蒼「ただいま」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:18:47.91 ID:pwW70epy0

ばさっ!!

蒼「!?」

キモオタ「ぶひひ、捕まえたァ!!!!」

みくる「蒼星石さん、逃げてください(笑)!!キモオタさんにあなたのことがバレちゃったんです(笑)」

キモオタ「ぶひひ・・本当に動いてる・・すげぇ・・すげぇよ・・・」

蒼「(完全に油断した!!・・・翠星石が無事なことで気が抜けていた・・人間に捕まるなんて!)」

みくる「キモオタさん、乱暴はやめてください(笑)その代わり、1時間だけこのコを好きにしていいので・・(笑)」

蒼「そんな!」

みくる「しーっ!・・・さっき涼宮さんを呼んだから1時間後に助かるから。今は言う通りにして」

蒼「くっ・・!」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:23:43.60 ID:pwW70epy0

キモオタ「ぶひひ・・そんなことは約束できないなぁ・・だって人形が動くってすごい秘密だよ?
    これは世間に公開すべき重大なる事実だ!!」

みくる「そこを何とか・・・それに世間に公開したらあなたはもうこのコに触れないんですよ?
    今なら1時間、私も何も見てないことにしますから(笑)」

キモオタ「うーん、確かに・・まぁ1時間好きにさせてもらう話には乗ろう・・だけど、そのあとの
    ことは約束はできないぶひ(笑)」

蒼「うう・・くそっ!」

キモオタ「じゃあ遠慮なく、隣の部屋を借りるぶひw こっちへ来るんだ!」

みくる「蒼星石さーん(笑)」

蒼「ううう!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:28:52.35 ID:pwW70epy0

ごそごそ・・

キモオタ「ぶひひ・・生きている人形の服を脱がすのは・・興奮する・・ぶひ、はぁはぁ」

蒼「やめろぉ・・!」

蒼「(ダメだ・・昨日翠星石たちと夜通し話して寝てないせいで力が・・・)」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 11:38:10.73 ID:pwW70epy0

〜1年後〜

ばきっ

どかっ

蒼「はぁはぁ・・・引き分けだね・・強いね、マスター」

みくる「蒼星石さん、あなたもね・・」

蒼「ふふ・・あは、あはは」

みくる「ふふふ・・うふふふ」

そのとき二人が一緒に見た空は、蒼かった。

〜end〜

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 12:09:31.78 ID:pwW70epy0

長門「・・・・・」

雪華綺晶「・・・・」

長門「・・・・なに」

雪華綺晶「・・・なんでもない」

長門「そう・・・」

雪華綺晶「・・・・」

長門「・・・・・」

雪華綺晶「・・・・・」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 12:27:54.33 ID:pwW70epy0

ハルヒ「真紅!今からあんたのマスターは私よ!敬いなさい!」

真紅「はぁ・・・なんでこんな変なのばかりが私のマスターになるのかしら」

ハルヒ「なにブツブツ言ってるのよ!ほら、早く異次元空間とかに連れていきなさいよ!」

真紅「嫌よ。面倒臭い」

ハルヒ「きーっ!私の力で動いてるくせに生意気なのよ!!」

真紅「・・子供ね」

ハルヒ「やらないんなら、無理やりやらせるまでだわ!キョン、手伝いなさい!」

真紅「ちょっと何を・・ああっ」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 12:36:43.06 ID:pwW70epy0

JUM「こんにちは・・桜田・・JUMです」
小泉「おやおやぁ、ずいぶん可愛いメガネッコが来ましたねぇ」
JUM「別に可愛くなんか・・!それに俺、男ですよ」
小泉「いえいえ、そういう反応が可愛いと言ってるんですよ」
JUM「・・・・」
小泉「赤くなってますねェ」
JUM「赤くなってなんか・・!」
小泉「ふふ、本当可愛いですね」
JUM「・・!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/13(日) 12:37:42.64 ID:pwW70epy0

あ、JUMの一人称間違ったw



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの将棋