長門「マンションが火事で全焼した。だから…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「俺の耳にも・・・穴はあるんだよな・・・」

ツイート

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 16:16:51.04 ID:9bXEePlEO

 長門のマンションが火事になったとかで、泊めて欲しいと俺の家に訪ねて来た。
 今夜は俺一人だったので承諾した。これくらいなら罰は当たらないだろう。
 妹の寝床に案内したが俺の部屋で寝たいそうだ。あの長門が我が儘を言うなんて珍しいが、良しとしよう。
 まさか、ひとつのベッドに入る訳にもゆかず、長門をベッドに寝かせ俺は床で毛布にくるまった。
「私がお願いしているのに、…」
 気にするな、長門に助けられた状況と比べてたら、このくらい何でもない。
「そう」
 緊張して眠れないかと思っていたが、横になるとあっけなく睡魔の術中に墜ちていた。

定位置の長門が、本を読むでもなく抱えたまま、こちらをチラチラと見ている。
 心なしか、赤く染まった表情が初々しい。と、目が合うと抱きついてきた。
 な、長門!!と思う間もなく押し倒され…

 ボヤけた視界、誰かの顔。人の重み。誰だ?
 覚醒する感覚と記憶。床で寝ている俺の上に、長門が重なっている。
 長門さん?
「ごめんなさい…落ちた」
 ベッドに戻る長門。以外に寝相悪いのか?
「おやすみなさい」
 おやすみ、長門。
「…………チッ」
 えっ!?

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 17:16:30.05 ID:9bXEePlEO

 何だか、危機感を感じて眠れなくなってしまった。と、いきなり携帯が鳴りだす。
『あっ、キョン。起きてたぁ?』
 なんだ、ハルヒか。
『ご挨拶ねぇ、ソレより有希のマンションが火事になったって、知ってた?』
 此処に居る事は内緒にして、あぁ、知ってる。とだけ返事をする。
『あっそう』
 で、それだけで電話してきたのか?
『違うわよ』
 長門が寝返りをする気配。
『みくるちゃんや古泉くんにも電話したんだけどさぁ』
 で?
『有希が何処に行ったか知らないって言うのよ』
 気温が下がったのは、気のせいに違いない。

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 17:17:42.65 ID:9bXEePlEO

『まさか、キョンの処に居ないわよね』
 なんか、語尾のイントネーションがおかしいですよ、ハルヒさん。
「お邪魔している」
『!?』
 ちょっ!いつの間にか横に来た長門が答える。
「彼の家族も、了承済み」
『…ほ、本当?』
「本当…、妹さんと寝る予定」
『あ、そ、そうなんだ』
 そういう訳だから、今から寝るから切るぞ。
「おやすみなさい」
『そうね、おやすみ』
 携帯を閉じると、長門を見た。
「嘘も方便」
 月曜日は、尋問されるんだろうな。
「やれやれ」
 それは、俺の台詞だ。
「そう」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 18:03:44.99 ID:9bXEePlEO

 ハルヒの電話から暫くして、古泉からも連絡があった。久しぶりに閉鎖空間が発生したらしい。切り際に、忠告とやらを言われたが、だったら機関で長門の仮住いを手配すればいいんだ。
 溜め息混じりに伸びをする。ふと、ベッドから覗き込む長門と視線が合う。
 どうした?
「火事の原因について」
 あぁ、災難だったなぁー。巻き込まれたんだし、仕方ないんじゃないか。
「違う…火元は、私」
 理解するのに、時間がかかった。長門がそんな失敗をするなんて、正体を知っている人間に理解できるだろうか。
 しかし、本人の自己分析と説明を聞く限り、真実のようだ。思い出せば、世界を書き換えたりと、前歴があるわけだし。火事で済んで、被害は少ないかったと考えるべきかもしれない。
「エラーの蓄積が全ての原因」
 話はわかったが、なぜベッドから降りていらっしゃるのですか、長門さん。
「…エラーの解消」
 寝間着代わりに貸した、俺のシャツはブカブカで、いやいやそうじゃなくて。

http://imepita.jp/20080629/630460

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 18:39:20.35 ID:9bXEePlEO

 何時もの無表情の筈なんだが、妙に艶っぽく見えるのは、何故だろう。
「大丈夫」
 大丈夫って言っても、何が大丈夫なんでしょうね。
「貴方の蔵書で、手段を確認した…画像情報は、活字よりも情報量が多い」
 って、やはり隠蔽は無理でしたか。ベッドの枕元に目をやると、隠したつもりだったおかずが積まれている。
「大丈夫…安心して」
 な、長門さん。お、俺にも心の準備と言うものがあってですねぇ。
 後退るにも、狭い部屋の事、たちまち逃げ場を失う。日本家屋を兎小屋と比喩したらしいが、全くその通りだ。個室も最低10畳確保するように、法律で定めるといい。
 政治問題に逃避する間にも、長門は近づき、毛布を矧ぎ取り、俺の寝間着の釦に手をかける。
「…ハァ…」
 暖かく、甘い吐息が届く。

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 19:24:00.58 ID:9bXEePlEO

 長門に上半身を剥かれ、絡める様な視線を送りつつ、寝間着のズボンに長門の手がかかった。

「は〜い、そこまでぇ」
 その声は、喜緑さん!?何故に、いつの間に?とにかく、様々な疑問と共に、部屋の入口で喜緑さんが微笑んでいた。
「長門さん、それ以上は、かえってエラーを蓄積してしまいますよ」
 そう言うと、喜緑さんは長門に手を添えて立ち上がらせる。
「…」
 明らかな不満の色が、長門の瞳を横切る。喜緑さんと言えば、にこにこ笑顔で俺達に語りかける。
「マンションの住居は、再構築しました、ボヤ騒ぎにしておきましたから大丈夫ですよ」
「…そう」
 物凄く不満そうに聞こえるが、たぶん聞こえるだけだろう。
「さあ、帰りましょう」


 翌日の日曜日は、爆睡して終えた。月曜日の団活は、ハルヒが長門のマンションのボヤ騒ぎに興味津々だったが、長門は何時もの調子なので、そのうちに飽きたようだ。
 長門が泊まりに来た記憶は、ハルヒには無いらしく、尋問されずに済みそうだ。
             END

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/06/29(日) 19:24:26.47 ID:9bXEePlEO

失礼しました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「>>5をして涼宮ハルヒの出方を見る。」