ハルヒ「みくるちゃんはほんっとうに可愛いわね!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみん「なんだかアソコがかゆいわね・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:05:55.96 ID:5bfk+bFB0

みくる「当たり前だろ」

ハルヒ「…え?」

みくる「当たり前だろつったんだよ、耳大丈夫か?」

ハルヒ「…」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:10:34.84 ID:5bfk+bFB0

キョン「あ、朝比奈さん…?」

みくる「うるせえよ」

キョン「…」

みくる「まじうんざり」

キョン「…はい?」

みくる「うんざりなんだよ。ウンザリ。ユーアンダースタン?」

キョン「…は、はぁ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:15:20.05 ID:5bfk+bFB0

みくる「ったく、どのスレも私を空気にしやがって」

みくる「やっと台詞だと思えば『みくるでしゅw』しか言わねえじゃねえか」

キョン「…」

みくる「こちとら我慢しつづけてもう堪忍袋の尾が切れそうなんだよ」

ハルヒ「みくるちゃん…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:22:45.45 ID:5bfk+bFB0

古泉「…では今日一日は朝比奈さんが仕切ってはどうでしょうか?」

みくる「あ?なめてんの?」

古泉「いえ、先ほどの会話から朝比奈さんはもう少し自分が目立ちたいという中二病のようなことを
聞き取れたので今日一日朝比奈さんにやることを決めてもらうのはどうですか?」

キョン(こいつはなんでこんなに冷静なんだ?我が学校随一のマドンナが壊れたんだぞ)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:28:51.23 ID:5bfk+bFB0

みくる「おまえ今なんつった?」

古泉「え?いや、僕は唯たんに−」

みくる「私のこと中二病つったよな?」

古泉「いや、それは例えの話で…」

みくる「なにごまかしてんだよおい。こっちは半年まえから切れてんだよ」

古泉「すいません」

みくる「私が中二病なわけないだろ?私は他とは違うんだよ。」

古泉「…」

長門(このスレでは私が空気…)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:35:41.66 ID:5bfk+bFB0

みくる「ちっ。まあいいだろ。その案実行しようぜ。いいだろ涼宮」

ハルヒ「え、あ…ウン…」

キョン(長門、一体これはどうなってるんだ?またハルヒの仕業が?)

長門(こちらも解析できていない。しかし情報統合思念体は涼宮ハルヒのせいではないと訴えている)

長門(私の推測だと、これは朝比奈みくるの本性)

キョン(つまりお前がエラー蓄積したときのように朝比奈さんは変になってしまったのか?)

長門(簡単に言えば、そう)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:41:14.65 ID:5bfk+bFB0

みくる「よし。じゃあまず手軽に…おいこいじみ」

古泉「…はい。」

みくる「飛び降りろ」

古泉「...」

ハルヒ「ちょ、ちょっとみくるちゃん。どうしちゃったのよ!こんなのみくるちゃんじゃないわ」

みくる「うっせえよ。これが裏表ない正真正銘の私なんだよ。なんか文句あんのか?」

ハルヒ「あるわよ!飛び降りろなんてひどすぎるわ!古泉君はなにもしてないのに」

みくる「ほんっっとうに馬鹿だなお前。冗談だよ。ジョーク。ユーアンダースタン?」

キョン(変な口癖がついてる…)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:48:35.18 ID:5bfk+bFB0

長門「…朝比奈みくる。精神崩壊はそれぐらいにしておいたほうが良い。涼宮ハルヒに余計な
精神的ダメージをこれ以上すると危険」

ハルヒ「わ、私は大丈夫よ。だいじょべじゃいないのはみくるちゃんよ」

みくる「あああああうるせええええ!!涼宮お前はいつもいつもうぜえんだよ。私がどれほどお前に
気を使ってたのか分かんのかおい」

ハルヒ「…別に私は気を使ってほしくなんてないわ」

みくる「こっちの事情だとそうもいかねえんだよ。そうだ、一発殴らせろよ」

キョン「…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 19:58:11.01 ID:5bfk+bFB0

ハルヒ「そんな…いやよ…」

みくる「あーん?今日一日は私の言うこと聞くんだろ?」

ハルヒ「こんなのは横暴よ。どうしちゃったのよ今日のみくるちゃんは…」

みくる「黙れ」

バチーン

キョン「!」
古泉「…」
長門「♪」

ハルヒ「い、いたーい…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:03:43.11 ID:5bfk+bFB0

みくる「うはっ、超快感だわこれ!まじ、もうね、最高!」

キョン「…大丈夫かハルヒ」

ハルヒ「うう…グス」

キョン「…」

古泉「朝比奈さん…あなたには失望しました」

みくる「お前にもほんと頭きてんだよ」

バチーン

古泉「く…」

キョン「!!!」

キョン(古泉を…古泉をよくも…!)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:11:11.31 ID:5bfk+bFB0

キョン「朝比奈さん、あなたは触れてはいけないものに触れてしまった」

みくる「は?なにいってんの?つうか何それ?映画の台詞?ぷぷ!」

古泉「ぼ、僕は大丈夫です。心配しないでください」

キョン(放っておけるか…俺は…俺はお前のことが…)

長門(古泉一樹のことを…パーソナルネーム朝比奈みくるを敵性と判定)

ハルヒ(古泉君…!古泉君をきずつけるなんて…)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:16:18.81 ID:5bfk+bFB0

バチーン!

みくる「ぎゃああああああああああ!いってええええええ!いってえよおい!いってええええ…」

みくる「ママンいたいよう…グス…うう」

みくる「いってええ…」

みくる(快感…)

みくる「くっ…」

みくる「いてえなおい」

みくる「これは一体どういうことなんだ?」

みくる「お前に聞いてるんだ」

みくる「佐々木!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:17:37.48 ID:5bfk+bFB0

やべえ自分でも展開が読めない

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:25:56.58 ID:5bfk+bFB0

キョン「佐々木…」
ハルヒ「佐々木さん…」

佐々木「いやSOS団に用があってね。正確に言うと古泉君に用が…とそれはさておき、
君は最低だね。涼宮さんにならまだしも古泉君の顔まできずつけるなんて」

みくる「お前に人のことが言えるのか?人の首がねじれるほど強く叩きやがって」

佐々木「自業自得だよ。僕は本当は怒りを表面に出すタイプじゃないんだ。だけどね、古泉君に
手を触れたら僕は自分を捨てるよ」

古泉「佐々木さん…感謝します」

佐々木「くく、いやいや」

キョン「…それで、そろそろ決めてもらおうか」

みくる「なにをだよ」

キョン「あんたに喋ってねえよ。古泉」

みくる「…」

古泉「決めるとは、なにをでしょうか?」

キョン「俺達の中から、誰が良いんだ?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:31:20.95 ID:5bfk+bFB0

古泉「…」

古泉(ここは笑うとこでしょうか)

古泉「ハハハ?」

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口「…」

古泉「…」

古泉(僕は「彼」ではありません。彼の言うことが何を意味しているのかぐらいは分かります。しかし…)

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹「…」

古泉(困りました…)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:36:35.03 ID:5bfk+bFB0

古泉「そうですね…」

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(びくっ)

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(ドキドキ)

古泉「正直一概にはいえません…」

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(がくっ)

キョン「…そうか」

古泉「ですが、強いていえば僕は…」

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(!)

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(ドキドキドキドキ)

みくる(先に>52に言われたけど私結局空気じゃん)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:41:37.49 ID:5bfk+bFB0

古泉「僕は…!」

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・谷口・妹(ドキドキドキド…ゲホゲホ、バタッ)

古泉(正直今僕はすごく緊張しています。愛の告白をするんですからね。いったい何故こんな流れになってしまったんでしょう)

キョン・ハルヒ・長門・佐々木・妹(ドキドキドキドキ…ゴックン)

古泉「僕は…朝比奈さんのことが前から…」

キョン(ちょw)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 20:48:46.18 ID:5bfk+bFB0

古泉「朝比奈さん…僕は…あなたに会った日から徐々に惹かれていました」

みくる「古泉君…」

古泉「涼宮さんを観察するためにSOS団に入ったのは事実ですが…」

古泉「時が経つにつれ僕は涼宮さんではなくあなたを見ていました」

古泉「そして今日、こんなあなたを見てしまった今、僕はあなたを本気で守りたいと実感した」

古泉「いつでもあなたを守りたい。そう思います」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 21:04:18.33 ID:5bfk+bFB0

古泉「朝比奈さん、僕と付き合ってくれませ−」

キョン「ちょっと待った。なんで朝比奈さんなんだ?お前はさっき彼女の本性を見たばっかだろ」

古泉「ええ、そうですが僕は−」

長門「あなたの相手は私のほうが的確。私はあなたを幸せにできる」

古泉「長門さん…気持ちはあり−」

ハルヒ「ちょっと、観察ってなによ?私を観察対象にしてたわけ?どういう意味よそれは」

古泉(しまった…)

古泉「い、いやそれは−」

佐々木「古泉君、僕はね、どう考えても君の最善なパートナーは僕しかいないと思うんだ。君は笑うことがよくあるよね。
それを見て何を考えているのか僕は分かるよ。きっとここにいる他の人達はきっと難色を見せるだろう。だけど僕なら分かる。
何故なら僕はいつも君を見ているんだよ。僕が君を一番知っている。君が就寝につく平均時刻は11時半だね。君が起床する
時刻は6時半だ、赤い四角形な実にシンプルな目覚まし時計を使ってる。その後君はすぐに用を足すのさ。ちなみに君の陰茎の
寸法は−」

古泉「そ、そうですか。佐々木さんの気持ちもよく分かりました」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 21:14:46.13 ID:5bfk+bFB0

古泉(機関に頼みセキュリティを用意してもらいましょう…)

古泉「しかし僕にはやはり−」

妹「古泉くんが好きなの!結婚してー!」

古泉「は、はぁ…あのですね、気持ちはありがたいんですが−」

谷口「古泉…逝く前に言わせてくれ、俺は…お前…お前のあの笑顔が…大好きだったんだ…」

古泉「ですから僕と妹さんは年も考慮に入れやはり無理があると思います。それに僕には朝比奈さ−」

鶴屋「でもやっぱさ、めがっさあたしと古泉君が一番似合ってると思うにょろ!」

古泉(鶴屋さん…どこから…)

古泉「あの、皆さん、気持ちは本当にありがたいのですが…僕には一人の女性しか目に入ってな−」

国木田「古泉君…僕じゃ…駄目かな?」

古泉「喋らせろよダニ共」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 21:22:46.08 ID:5bfk+bFB0

キョン「は?」

古泉「いえ、すいませんでした。つい」

キョン「冷めた」

古泉「…はい?」

キョン「調子乗ってんじゃねえよ。せっかくお前に好意を抱く人が集まってんのにダニ共だと?
こっちも心外だ」

古泉「す、すいません」

ハルヒ「あーあ、こんな人だったのかー」

長門「パーソナルネーム古泉一樹に対する好意を消去」

妹「国木田くん結婚してー」

国木田「式は鶴亀プランでいいかな?」

鶴屋「私はリクエストがあったからきただけだったのさあははは!」

古泉「…」

古泉「あ、朝比奈さん、返事はもらえますか?」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 21:29:26.49 ID:5bfk+bFB0

みくる「え…す、すいません」

古泉(そんな…)

古泉「そ、そうですか…」

みくる「私、もう好きな人がいるんです」

古泉「…」

古泉(…誰でしょうか。羨望、軽い嫉妬も覚えます)

みくる「キョン君…私じゃ…駄目かな?」

キョン「!」

古泉(…)

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 21:59:23.17 ID:5bfk+bFB0

キョン(あの我が学校で一番の美貌を誇る朝比奈さんが俺を…?)

キョン(俺にとって朝比奈さんはどうなのか…考えるまでもない)

キョン「喜んで」

みくる(や、やった)

みくる「べ、別にうれしくなんかないんだからね!」

ハルヒ(私のキャラ…)

キョン「///」

みくる「もう帰る」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 22:02:55.56 ID:5bfk+bFB0

次の日

ガチャッ

キョン(はあ、昨日は勢い余って朝比奈さんと付き合うことになってけど、これでいいのかなぁ)

みくる「…おはよ」

キョン(あ、朝比奈さん…それ、なんて可愛いんだ!)

キョン「朝比奈さん」

みくる「なによ」

キョン「似合ってますよ」

完w

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/18(日) 22:05:14.31 ID:5bfk+bFB0

すまん明日朝早いんで無理やり終わらせました
自分的にも終盤gdgdになってきたなと思ったのでこれぐらいにします
読んでくれた方ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの爆笑