コナン「博士ー、頼んでおいたの取りに来たぜー!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「深夜にエヴァが勝手に動いてるんだって」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/01(木) 23:55:53.14 ID:2Tp4JWUJI

某時刻、阿笠邸にて

阿笠「おー、新一か!待っておったぞ!」

コナン「で、例の物はどうなってんだ?」

阿笠「ふふふふ…これのことかな、新一?」スッ

コナン「おっ!上手くいったのか、博士!」

阿笠「なーに、自称天才のワシにかかればこんな物は朝飯前だわい!はっはっはー!!!」

コナン「博士はアミバよりは優秀だからな!それにしても、よくアイツにばれなかったな?」

阿笠「細心の注意を払ったからのぅ。流石にあの哀君もまさか風呂場に隠しカメラが仕掛けられていたとは夢にも思ってなかったじゃろ。」ニヤニヤ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:00:02.55 ID:64LZWlZ3I

コナン「こういうことに関しては博士は頼りになるぜー!」

阿笠「はっはっはー!!!しかし、新一にこれを頼まれた時は驚いたわい!」

コナン「蘭の奴には飽きてな!」ニカッ!

阿笠「居候の分際でよくそんな口が聞けるわい。まさかとは思うが蘭君と一緒に風呂に入りたくて、望んで小さくなったわけじゃなかろうな?」

コナン「バ、バーロー!?そんなわけねーだろ!…でも、この身体になってよかったことの一つだけどな!」ニカッ!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:05:09.55 ID:64LZWlZ3I

阿笠「高校生探偵も所詮は高校生じゃな。ホームズの足もとにも及ばんわい。」

コナン「し、仕方ねーだろ…男なんだし…」

阿笠「ふん…名探偵が性欲に打ち勝てんとはこの先が心配じゃな。」

コナン「そ、そういう博士だってその歳して灰原をオカズにしてんじゃねーか!」

阿笠「ワシの趣味じゃ…問題なかろぅ!」マジキチスマイル!


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:09:19.31 ID:64LZWlZ3I

コナン「そ、そうかよ…それで、上手く撮れたのかよ、博士?」

阿笠「まだ見ておらんが、問題ないじゃろ…なにせこのワシが仕掛けたんじゃからな!はっはっはー!」

コナン「今から楽しみだぜー!早く見よーぜ、博士!」

阿笠「そう急かすでない、新一。こういうものは味わって見んとのぅ。まだまだ醍醐味が分かっておらんな。」

コナン「わりーわりー。でも結局はそれをオカズにすんだろ?」

阿笠「何を言っておるんじゃ、新一?それ以外何があるんじゃ?」

コナン「ははは…それしかねーよな!ここにティッシュもあるし、味わいながらシコろうぜ、博士!」

阿笠「録画時間は約30分…一発5分として6回ほど抜けるのぅ…」ニヤニヤ

コナン「…(味わって抜くんじゃねーのかよ…)」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:16:19.88 ID:64LZWlZ3I

パソコンで再生する二人

コナン「なんだかワクワクしてきたじゃねーか、バーロー!」シコシコ!

阿笠「ソーローのワシは既に我慢汁が出ておるわい!」シコシコ!

ウィーン!

コナン「おっ、読み込んでんな!」シコシコ!

阿笠「ふふふ…これから楽しい時間が始まるわい!」シコシコ!

コナン「It's show timeだぜ!」シコシコ!

阿笠「は、始まったぞ、新一!」シコシコ!

コナン「おぅ!」シコシコ!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:19:00.86 ID:64LZWlZ3I

しかし…

コナン「…おい、博士?何にも映ってねーじゃねーか?」

阿笠「おかしいのぅ…このワシに不手際など考えられんが…」シコシコ!

コナン「これって…湯気で曇ってんじゃねーのか?」

阿笠「し、しまった…曇り防止のカメラにしておかなかったな…」シコシコ!

コナン「おい、どうすんだよ、博士!これじゃあ、シコれねーじゃねーか、バーロー!!」

阿笠「ワシとあろうものが、初歩的なミスをしてしまったわい…」シコシコ!

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:22:38.17 ID:64LZWlZ3I

コナン「やっぱ役に立たねーな、博士は。責任とれよな!」

阿笠「…哀君が風呂に浸かっている音で抜けばよかろぅ!十分オカズになるわい!我慢せい、新一!」シコシコ!

コナン「そんなのオカズになるかよ、バーロー!!!」

阿笠「想像力が足りんのぅ…ワシなんかもうイきそうじゃよ!」シコシコ!

コナン「やってらんねーぜ…」

阿笠「…あ、いく〜ん!」ドピュドピュドピュドピュドピュ!!!

コナン「マジでイきやがった…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:25:32.87 ID:64LZWlZ3I

阿笠「ふぅ…本日14回目じゃな…はっは…」フキフキ

コナン「どんだけ元気なんだよ!ってか、博士は抜けてよかったかもしれねーけど、俺は抜けなかったんだぞ!どうしてくれるんだよ!」

阿笠「やかましいのぅ!蘭君で抜けばよかろぅ!」カチャカチャ

コナン「だから、俺は灰原で抜きてーんだよ!」

ガチャ!

灰原「私がどうかしたの、工藤君?」

阿笠「あ、哀君!?」

コナン「は、灰原!?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:29:06.05 ID:64LZWlZ3I

灰原「何よ、二人とも?驚いた顔して?」

阿笠「な、なんでもないぞ、哀君。」

コナン「そ、そうだよ、バーロー。」

灰原「そう…なら、二人で何してたのよ?パソコンで何か見てたの?」

コナン「あ、ああ…実はDVDを借りてきてから博士と一緒に見ようってことになってな。」

阿笠「そ、そうなんじゃよ、哀君…最近、洋物に凝っておってのぅ…ははは…」

灰原「DVDねぇ…いやらしいのじゃないでしょうね?」

コナン「バ、バーロー!?な、何言ってんだ、おめー!?」

阿笠「そ、そうじゃぞ、哀君!ワシらがそんなもの見るわけなかろぅ!」

灰原「どうだか…まぁ、ほどほどにすることね…私はやることがあるから、それじゃあ…」

ガチャ!バタン!

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:34:41.83 ID:64LZWlZ3I

コナン「灰原のやつ…鋭いな…」

阿笠「流石は哀君…侮れんのぅ。」

コナン「…なんだか灰原に会ったらムラムラしてきたじゃねーか、バーロー…」シコシコ

阿笠「抜くんならそこのティッシュを使うといい、新一。」

コナン「だから、もう一度撮って来いよ、博士ー!!!俺の楽しみを奪ったんだからよー!!!」

阿笠「そうはいっても…あれを撮るのに少しは苦労したんじゃぞ?」

コナン「そんなこと知らねーよ、バーロー!!!いいから仕掛けて来いよ!!!」

阿笠「…」シャイニング眼鏡!


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:41:32.25 ID:64LZWlZ3I

コナン「な、なんだよ、博士?」

阿笠「それが人にものを頼む態度かね、新一?」シャイニング眼鏡!

コナン「い、言い過ぎたかもしれねーけど…頼むよ、博士!」

阿笠「…君は何か勘違いをしておらんか?」シャイニング眼鏡!

コナン「な、何がだよ?」

阿笠「それほど見たいのならそれ相当の対価を支払ってもらわんとのぅ。それが世の常識じゃないのかね?」シャイニング眼鏡!

コナン「対価って何だよ?」

阿笠「…君の身体にじゃよ!」ハゲデブマジキチスマイル!

シュピーン!

隠し持っていた麻酔銃をコナンに打ち込む阿笠!

コナン「うっ!?…ふなゃ…ほへ…」バタン!


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:47:16.64 ID:64LZWlZ3I

阿笠「くっくっく…図に乗り追って…少々お仕置きが必要じゃな…」ニヤニヤ!



一時間後、阿笠邸、地下室にて

コナン「…んっ…ここは…」

コナン「…!…さっき博士に麻酔銃を打たれて寝ちまったんだな!博士の野郎ー!」

起き上がろうとするコナン!しかし!

コナン「お、起き上がれねー!?ど、どういうことだ!?」ジタバタ!

それもそのはず。コナンは全裸にされベッドに縛り付けられていた!

コナン「な、なんなんだよ、これー!?」ジタバタ!

その時!

キー…

コナン「は、博士!?」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:51:22.40 ID:64LZWlZ3I

そこには不敵な笑みを浮かべる阿笠が立っていた

阿笠「…」

コナン「は、博士ー!!!なにしやがるんだ!!!」ジタバタ!

阿笠「…」

コナン「早く解いてくれよー!!!聞いてんのかよ!!!」ジタバタ!

阿笠「…」

コナン「俺が何をしたっていうんだよ、バーロー!!!」ジタバタ!

阿笠「したな!こうさせようとワシに思わせた!」マジキチスマイル!


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:54:52.53 ID:64LZWlZ3I

コナン「な、何いってんだよ、博士!?」

阿笠「ひよっこが調子に乗るからじゃ…たわけ!」

コナン「ちょ、調子に乗ったのは悪かったけど…ここまですることはねーだろ!!」

阿笠「大有りじゃよ…何を隠そうワシはホモでもあるからのぅ!」マジキチスマイル!

コナン「な、なに!?」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 00:58:34.64 ID:64LZWlZ3I

阿笠「一度君の可愛いアナルにぶち込みたかったんじゃよ!」マジキチスマイル!

コナン「ガ、ガチホモかよ…」

阿笠「いかにも…まぁ、今回はお仕置きも兼ねてじゃがな…しっかり反省するんじゃぞ、新一!」カチャカチャ!

コナン「俺の処女を奪う気か、博士!?」

阿笠「ピンポーン!!!」マジキチスマイル!



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:03:47.68 ID:64LZWlZ3I

コナン「こいつはマジで洒落になんねーぞ…」

阿笠「後の祭りじゃ…今反省しても遅いわい!」

コナン「くっ!」

阿笠「ふっふっふ…どうじゃ、ワシのコナンは?」ビンビン!

コナン「き、きたねーもん見せんじゃねー!!!」

阿笠「ふっふっふ…そういつまでも強気でいられるかな、新一よ?」ニヤニヤ

コナン「俺はあんたを軽蔑するぜ…」ジロ!

阿笠「反抗的な目じゃな…まぁ、まずはワシのチンカスまみれのコナンをしゃぶるんじゃ!」ビンビン!


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:10:30.12 ID:64LZWlZ3I

コナン「だ、誰がしゃぶるかよ、バーロー!!!」ジタバタ!

阿笠「ワシがしゃぶらせるんじゃよ!」マジキチスマイル!

コナン「うぐっ!?」

半ば強引に口の中に阿笠のコナンをぶち込まれたコナン!

阿笠「おぉ…気持ちいいのぅ…」

コナン「…うっ…んっ…」ジュボジュボ!

阿笠「どうじゃ、新一?ワシのコナンは?美味しいじゃろ?」ニヤニヤ

コナン「…んっ…えっぐ…」ジュボジュボ

阿笠「…軽くイってしまいそうじゃし、この辺にしておくか…」

コナン「…オェ…ウッグ…」

阿笠「ワシのコナンが綺麗になったことじゃし、いよいよアナルにぶち込むか!」マジキチスマイル!



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:15:42.55 ID:64LZWlZ3I

コナン「や、やめてくれ…は、博士…」

阿笠「ふっふっふ…さっきの強気な態度はどこにいった、新一?」ビンビン!

コナン「…」

阿笠「やはり血は争えんのぅ…」ニヤニヤ

コナン「な、なんのことだ!?」

阿笠「君の父親の優作君はワシの肉便器じゃ。君も若い時の優作君に似て生意気じゃったがな…」

コナン「な、なに!?と、父さんが!?」

阿笠「驚くのも無理ないのぅ…しかし、貴様ら親子は生意気じゃ!まぁ、調教しがいもあるがな!」マジキチスマイル!


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:22:01.34 ID:64LZWlZ3I

阿笠「前置きはここまでにして挿れるぞ、新一!」ズブリ!

コナン「ひゃっ!!!???」

阿笠「…んっ…いい締まりじゃな…」パンパン!

コナン「んっ…あっ…」

阿笠「…締め付けも優作君にそっくりだわい…」パンパン!

コナン「うっ…あぁ…んっ…」

阿笠「なんじゃ、感じておるのか、新一?」パンパン!

コナン「そ、そんなわけねーだろ…あん!…バーロー…んっ!」

阿笠「そんなこと言うなら、こうしてやるわい!」パンパンパンパン!

更に腰を加速させる阿笠!

コナン「あぁぁぁーん!!!」

阿笠「どうじゃ、新一!気持ちいいじゃろ!」パンパンパンパンパンパン!



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:26:56.87 ID:64LZWlZ3I

コナン「らめーーー!!!あひーーー!!!」

阿笠「ふふふふ…優作君と同じ反応をしておるわい!」パンパンパンパンパンパン!

コナン「きもてぃーーー!!!は、博士のあったかいのを中に…あひー…出してくれー!!!」

阿笠「望むところじゃ、新一!い、いくぞ…あ、あ、あ、いく〜ん!!!!!」ドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュドピュ!

コナン「らめーーーーーーーー!!!!!!!!いくぅーーーーーー!!!!!」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:30:02.73 ID:64LZWlZ3I

阿笠「ふぅ…いい締まりじゃったよ、新一!」マジキチスマイル!

コナン「」アヘ顔ダブルピーススマイル!

阿笠「ふっふっふ…親子揃ってワシの肉便器になるとは皮肉じゃな…」フキフキ

コナン「…は…はい…ばら…」

阿笠「んっ?…まだまだ調教が必要じゃな…」シャイニング眼鏡!


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/02(金) 01:33:42.75 ID:64LZWlZ3I

その後、コナンは阿笠の第二の肉便器になった…

親子二代に続き阿笠の肉便器になるとはなんの因果か…


阿笠「ほれ、新一!しゃぶるんじゃ!」ビンビン!

コナン「ペロッ!…これは…味の宝石箱や〜!!!」ペロペロ!

阿笠「ヒコマーローwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」








ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・舐めて///」