長門「……叩いて」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒが…退学だと?」

ツイート

869 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:49:40.86 ID:CxXELmjH0

黒く曇った星空に、星がまばらに輝いていた。おぼろ月は、雲に隠れて、黄色い光だけを外に露出していた。
ピカピカの窓ガラスは、覗き込む少女の顔を綺麗に映し出していた。少女の顔は、怯えていた。

「夜のおしおき」

機械音に感じられる程に無機質な声が響き渡る。その声が、さらに少女の顔を恐怖に染めさせた。
少女は、その長い黒髪を手で乱暴に掻き上げる。

「冗談よね、有希」

真剣みのある声だった。有希と呼ばれた、ショートカットの少女の手には、蛇の皮のようにゴツゴツとした鞭が握られていた。
ショートカットの少女は鞭を地面に振り下ろす。まるで象でも操るかのような、破裂音のような大きな音が部屋に響き渡る。
その音を聞いた窓の側の少女は、ビクリと体を震わせた。
少女は、懇願するかのような怯えた瞳を、無言でショートカットの少女に向ける。

「正座」

ショートカットの少女は、これ以上無いというほどのドスの利いた声で、窓の側の少女に吐き捨てた。

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:51:27.91 ID:CxXELmjH0

>>869
「本気、あなたは私に逆らえない」

窓の側の少女のスカートが、床に少しずつ近づいていく。
ショートカットの少女が、長髪の少女に無機質な目線を向けていた。その目線が下に向くと同時に、目線を向けられた少女の膝がゆっくりと地面に近づく。
最初慌てたふうだった少女の顔は、紅潮し、だんだんと悲痛の色をおび始めていた。

「怯えるのは、ここから」

ショートカットの少女は、その小柄な体を少しずつ窓際に進ませて行く。
軽やかな足音が、今はどうも恨めしい。

「でも大丈夫、あなたが私のコピーなら、すぐに気持ちよくなる」

正座をした少女は、いよいよ泣きそうになっていた。

874 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:52:50.17 ID:CxXELmjH0

>>871
少女は、ゆっくりと長髪の少女を見下ろした。
一瞥すると、蛇の皮を空中に勢いよく振り上げる。

「ややや、やめて、ねっ……イタぁッ!!」

蛇の皮が、長髪の少女の肩に勢いよく当てられる。バチンという高い音と共に、鞭は一度空中を跳ね、地面につき大きな音を鳴らした。
当てられたセーラー服は、肩の部分だけ破れ、破れた部分から、黄色というよりも赤色の肌が露出していた。

そしてもう一度、蛇の皮が空中を舞った。黒い形が、独特の放物線を描いて、もう一度肩へ。
蛇の皮は、肩に当たると、跳ねてそのままの勢いで鼻頭へと直撃した。血が、鼻から少女のスカートの上へ。体中から噴出す汗が、少女の胸部のブラジャーを、白いセーラー服に透けさせていた。

「や……やめて……お願い……有希……」

長髪の少女は、涙の混じった声で、目の前の少女に懇願した。
無機質な表情を浮かべたショートカットの少女は、少し動きを止め、もう一度鞭を振り上げる。

「駄目、今やめたら、勿体無い」

行儀良く膝の上に置かれた手に、もう一度蛇の皮が打ち下ろされた。

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:57:59.76 ID:CxXELmjH0

>>874
「ううッ!!」

少女の涙を帯びた声が部屋に響いた。流れ続けていた鼻血が、更に勢いよくスカートを赤く濡らす。
少女は、手をがっちりと膝の上に置いたまま、疲労した吐息を漏らした。

「これで…終わり?」

長髪の少女は、見下ろすショートカットの少女を見つめる。

「終わり。暴漢に襲われた時のデモンストレーション」

「やられるだけじゃデモンストレーションになってないけどね!」

鼻頭と、汚されたスカートが、みるみる元の色をおびて行った。
少女の手の甲につけられた傷と、染色されたかのような肩と、破れたセーラー服も、段々と元の形に戻っていった。

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたは童貞を卒業する」