長門「……叩いて」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ねぇ、キョン、けいおん!って知ってる?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:02:42.49 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…え?なんて言ったんだ?」
長門「叩いて」
キョン「…何をだ?」
長門「私」
キョン「えっと…もしかして、俺に長門を叩けって?」
長門「そう」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:04:57.02 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「ちょ…ちょっと待て。
なんで俺が長門を叩かないといけないんだ?」
長門「………」
キョン「おい、黙るな」
長門「…はやく」
キョン「いや…」
長門「はやくしないと大変なことになる」
キョン「え?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:07:46.57 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…もしかして、ハルヒと関係あるのか?」
長門「………」
キョン「そうなのか?」
長門「…はやく」
キョン「…わかったよ。叩けばいいんだな」
キョン「長門…悪いな」ペチンッ
長門「………」
キョン「どうだ?」
長門「ダメ…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:09:52.07 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「なにがダメなんだ?」
長門「弱い…もっと強く叩いて」
キョン「いや…それは…」
長門「はやくしないと大変なことになる」
キョン「……わかったよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:12:07.72 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「じゃ…じゃあいくぞ」
長門「…はやくきて」
キョン「………」バチンッ
長門「………」ピクッ
キョン「長門…大丈夫か?」
長門「…もう一回」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:16:20.82 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…お…おい、これで十回目だぞ…」
長門「……まだ」
キョン「…まだ叩かないとだめなのか?」
長門「………」コクンッ
キョン「いや、なんというか
女を殴るというのは心が痛むんだが…」
長門「気にしないでいい」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:21:05.05 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「も…もう流石にいいだろ…」
長門「………」
キョン「なぁ」
長門「…わかった」
キョン「…ふぅ、終わりか……
長門、結局今のは何だっ…ってそれはなんだ?」
長門「ロープ」
キョン「えっと…」
長門「縛って」
キョン「…なんとなく予想はついた」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:25:43.37 ID:8Tsg4Fz0O

キュキュッ

キョン「…これでいいのか?」
長門「全然だめ」
キョン「どうすればいいんだよ…」
長門「もっと強く…肉に食い込むくらいに…」
キョン「長門……こんなことして何の意味があるんだ?」
長門「はやくしないと…」
キョン「わかったわかった、大変なことになるんだな」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:30:17.34 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…うっ…おりゃ…」ギュッ
長門「………」ビクッ
キョン「いいのか?おもいっきり、きつく縛ったぞ」
長門「いい……すごく…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:34:26.48 ID:8Tsg4Fz0O

長門「次は目隠し」
キョン「…はいはい」
長門「ギグボール」キョン「…はいは…って、まてっ!」
長門「なに?」
キョン「やっぱりこれって、Sえ…」
長門「違う」
キョン「いや、これはどう見てもえ…」
長門「違う」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:37:16.57 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…いや、それに、
こんなのつけたら、長門が何言ってるかわからんだろ?」
長門「………」
キョン「な?」
長門「…じゃあ、ちょっとだけつけて」
キョン「…了解」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:40:24.33 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…なぁ、長門」
長門「…ふぁふぃ?」
キョン「満足か?」
長門「………」コクッ
キョン「じゃあ外すぞ」
長門「…ふぁうぇ」
キョン「…外すぞ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:42:40.66 ID:8Tsg4Fz0O

長門「…だめと言った」
キョン「いや、だから何て言ってるか、わからなかったんだよ」
長門「……それなら、仕方ない」
キョン「…なんで少し残念そうなんだよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:49:32.36 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…次は何をすればいいんだ?」
長門「その辺りに道具がある」
キョン「…道具?その辺あるものって
………おいっ!」
長門「なに?」
キョン「ロウソクしか無いんだか…
これはアレだよな…この部屋の備品かなんかだよな?」
長門「安心して…それは低温ロウソク…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:52:37.68 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…あのさ…低温ロウソクってなんだ?」
長門「プレイ用のロウソク。
低温で溶けやすく、火傷をしにくく作られている」
キョン「…そんなのがあるんだな」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 12:55:16.36 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「これってアレだよな?
火をつけてロウを垂らす」
長門「そう」
キョン「…やっぱりやらないとダメなのか」
長門「はやくしないと…」
キョン「わかった。やればいいんだろ…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:00:10.34 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「長門…火をつけたぞ…」
長門「垂らす際の注意。
溶けてすぐのロウは高温…火傷の恐れがある。
実際に垂らすのはロウソクを伝わせて熱を冷ましたもの」
キョン「…なんでそんなに詳しいんだ……
……いや、長門ならなんでも知ってるな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:03:17.25 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「じゃあいくぞ」
ポタッ…ポタッ…
長門「………」ビクッビクッ
キョン「…大丈夫か?」
長門「問題ない」
キョン「……ある意味大問題なんだが」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:06:55.58 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…あっ、やばっ」
ダラッ
長門「………」ビクビクビクッ
キョン「だ、大丈夫か!?
ごめん…溜まってたロウ全部こぼしちまった…」
長門「…問題ない」
キョン「いや、さっき火傷するって…」
長門「…むしろ良かった」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:11:50.50 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「と…とりあえず、ロウは全部取り除いたぞ」
長門「…別にそのままでも良かった」
キョン「よくねえよ。肌だって真っ赤になって…」
長門「問題ない」
キョン「…長門がそう言うなら大丈夫なんだれうな」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:16:08.47 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「もういいよな?ロープ解くぞ」
長門「…まだ足りない」
キョン「足りない?」
長門「…まだ要素が足りていない」
キョン「要素?…なんだか重要なことみたいだな」
長門「…そう、最後の仕上げがある」
キョン「わかった。俺にできることならやってやる」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:20:19.35 ID:8Tsg4Fz0O

長門「目隠しをとって」
キョン「ん?わかった」

長門「そこにある物で叩いて」
キョン「そこ?さっきはロウソクしか無かっ……」
長門「それ」
キョン「…これって」
長門「そう、鞭」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:30:07.78 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「いや…鞭って…」
長門「その鞭もプレイ用…安心して」
キョン「安心してって…」
長門「昔、鞭は刑罰として使われたこともある。
でも…鞭百叩きなどの刑があった場合でも
数回で受刑者は絶命したらしい…
それは、あまりにも激しい痛みによるため…」
キョン「…いや安心できないだろ」
長門「問題ない、それはプレイ用」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:33:04.50 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「いや…プレイ用でもなんでも、流石に鞭は…」
長門「もう時間がない…」
キョン「…わかったよ。やればいいんだな」
長門「はやく」
キョン「…どこ叩けばいいんだ」
長門「どこでもいい…はやく…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:35:27.97 ID:8Tsg4Fz0O

バチィッ
長門「………」ビクッ
キョン「……ほんとに大丈夫なのか?」
長門「問題ない…続けて…」
キョン「わ…わかったよ…」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:39:03.03 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…もういいだろ?」
長門「まだ…」
キョン「いや…もうヤバクないか?」
長門「じゃあ…ここ」フリフリ
キョン「おい…なにやってんだよ」
長門「臀部は脂肪がつきやすい…だから大丈夫…」
キョン「いや…パンツまる見えだぞ」
長門「問題ない」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:44:00.89 ID:8Tsg4Fz0O

バチィッ
長門「………」ビクッ
ビチィッ
長門「………」ビクッ
キョン「おい…もういいだろ?
真っ赤になってしさ…」
長門「かまわない…続けて…」
キョン「…わかった」
バチィッ


みくる「…あ…あの」
キョン「朝比奈さん!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:47:26.18 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「…あ…あの…これはどういった状況なんですか?」
キョン「あ…いや…その…」
みくる「これってやっぱり……」

キョン「おい、長門、どうするんだよ」
長門「朝比奈みくるを追い出して続きを再開する」
キョン「…いやでも、どうやって」
長門「それはまかせる」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:53:54.82 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「あの…キョンくん?」
キョン「な、なんですか?朝比奈さん」
みくる「これって…やっぱり…Sえ」
キョン「違いますよ朝比奈さん!」
みくる「ふぇ?」
キョン「これはですね、とーっても大切な儀式なんです」
みくる「儀式?」
キョン「はい、そうなんです」
みくる「でも、どうみても、え…」
キョン「だから違いますって!
とても重要な役割をはたしてるんです」
みくる「…ほ、本当ですか?」
キョン「本当ですって」
みくる「…では、どういった意味があるんですか?」
キョン「え?…あ…それは……」
みくる「何ですか?」
キョン「…き…き…禁忌…事項…です」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:57:14.18 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「………」
キョン「………」
みくる「なら仕方ないですね」
キョン「………え?」
みくる「禁忌事項では仕方ありませんね。
私は帰ります」
キョン「あ…さようなら朝比奈さん…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 13:59:23.95 ID:8Tsg4Fz0O

長門「禁忌事項?」
キョン「いや、朝比奈さんが言ってたやつのパクリなんだけど」
長門「…そう」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:01:07.92 ID:8Tsg4Fz0O

長門「でも、これで続きが…」

古泉「こ…これはいったい…」

キョン「…まだ無理みたいだな」
長門「………」コクリ

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:03:28.21 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「無理だ…俺に古泉を丸め込めるとはとても思えない…」
長門「私がいく…」
キョン「…え?」
長門「待ってて」
ズリッズリッズリッ…


キョン「……縄ほどかなくていいのか?」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:07:49.66 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…何を話してるんだ」
キョン「と言うか長門は縛られたままでいいのか……」
キョン「あ、話しが終わったみたいだな」

古泉「そう言うことでしたか。
それでは仕方ありませんね。
では、私は帰ります」
キョン「え?あ?」
ズリッズリッズリッ
長門「…これで邪魔は無くなった」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:10:55.37 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「ところで…どうやって古泉を追い返したんだ?」
長門「同じ」
キョン「同じ?なにがだ?」
長門「さっきあなたが使ったのと同じ方法」


キョン「…え?禁忌事項?」
長門「………」コクリ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:17:22.23 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「そ、そうだ!ハルヒは?ハルヒはどうするんだ?」
長門「…涼宮ハルヒ」
キョン「あいつに限っては追い返しようがないぞ」
長門「…………」
キョン「もうやめよう」
長門「………」コクッ
キョン「じゃあ、ほどくぞ」

キョン「…くっ、なんだこれ…かたいな…」

ハルヒ「…きょ…キョン…何やってんの……」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:24:20.73 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「あ………」
ハルヒ「あ…あんた…有希になにやってんの…」
キョン「え?いや…なんでも…」
ハルヒ「なんでも、じゃないでしょ!
有希を縛って……」
キョン「いやぁ…これは……」

ハルヒ「有希…大丈夫?
…って!?なにこの傷……」
有希「問題ない…これは…」
ハルヒ「言わなくていいわ。キョンに酷いことされたんでしょ」
キョン「え?いや…違っ、違わないけど違っ…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:30:13.60 ID:8Tsg4Fz0O

ハルヒ「とにかく、有希は私が預かるから」
キョン「え?…あ……」
ハルヒ「あんたが、こんな最低なやつだとは思わなかったわ」
キョン「ち…違う!」
ハルヒ「なにが違うのよ!有希にこんなことしておいて」
キョン「いや…だから…」
ハルヒ「なに?何か理由があるの?
言ってみなさい」
キョン「…………」

ハルヒ「有希、帰るわよ」
長門「…私は」
ハルヒ「いいのよ。何も言わなくて。
さぁ帰りましょ」


キョン「…………」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:34:03.72 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…終わった…いろんな意味で終わったみたいだ」

キョン「俺も帰ろう…」
長門「それは、まだ無理」
キョン「な…長門!?どうしてここに!?」
長門「涼宮ハルヒを丸め込めこむのに成功した」
キョン「ど…どうやって…」
長門「き…」
キョン「いや、わかった。言わなくていい」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:40:37.01 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「でも、大丈夫なのか?」
長門「?」
キョン「いや、丸め込んだって言っても、
あの光景をみたんだ。
ハルヒに心理的なショックを与えたことにはかわりないだろ?
そしたら閉鎖空間だって…」
長門「大丈夫」
キョン「なんでだ?」
長門「禁…」
キョン「まて、
それはそんなに万能なものなのか?」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:46:13.44 ID:8Tsg4Fz0O

長門「…さっそく再か」
キョン「いや…もう今日はやめよう」
長門「何故?最大の障害である涼宮ハルヒは帰った」
キョン「いや…なんていうか…もう遅いし…」
長門「やらないと大へ…」
キョン「わーわーわー!俺は何も聞いてないぞ!」
長門「………」
キョン「じゃあ俺は帰るからな!じゃなあな!」

長門「………」

長門「………」

長門「………」

長門「……放置プレイ」ビクビクッ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 14:52:08.02 ID:8Tsg4Fz0O

とりあえず終り

空気を読んで書き物を自重してくれてる人がいたら
書いてくれてかまわないです。
いや、むしろ書いて下さい

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 15:55:11.98 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「なんでだ?」
長門「何?」
キョン「なんで何もしてないのに勝手に縛られてるんだ?」
長門「空間情報を…」
キョン「いや、やっぱりいい。きっとわからないからな…
って何だ?その縛りかたは?」
長門「亀甲縛り…
主にプレイ目的の縛り方。
きつく縛ることにより……」
キョン「…いや、そっちの説明もいい」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 15:57:49.16 ID:8Tsg4Fz0O

長門「そこに今回使う道具がある」
キョン「また危ないものじゃ……マッサージ機?」
長門「そう」
キョン「…少し安心した」
長門「そう……使い方は…」
キョン「いや、これはわかるだろ」
長門「…意外」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:00:56.39 ID:8Tsg4Fz0O

ドドドドドドドドドド(注 ジョジョではありません

長門「………」
キョン「マッサージ機っつったら肩のコリをほぐす。
こんぐらい俺でもわかるよ」
長門「…失望した」
キョン「え?違うの?」
長門「違う」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:04:52.91 ID:8Tsg4Fz0O

長門「何故、私が縛られてるのかを考えて」
キョン「…うーん」
長門「思春期の男子ならわかるはず」
キョン「…わ…わかったぞ」
長門「…はやく」


ドドドドドドドドドド
キョン「あ…頭?」
長門「ゆゆゆゆゆユニーク」ガクガクガクガク

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:12:50.65 ID:8Tsg4Fz0O

長門「…もういい」ズリッズリッズリッ…
キョン「あっ待て長門…ってうわっ!」
ズムッ
キョン「ご、ゴメン!踏んじまった」
長門「………」ビクッビクッ
キョン「大丈夫か?痛くないか?」
長門「……見直した」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:20:02.00 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「なんだ?校庭なんかに呼び出して」
長門「ここにあるサッカーボールをおもいっきり蹴って」
キョン「なんでだ?」
長門「………」
キョン「…まぁいいか。サッカーボールくらいなら」

キョン「いくぞ」
長門「………」ズサーッ
キョン「え?ながっ、止まっ」
ドゴッ
長門「うっ………」ビクビクビクッ
キョン「長門!?」
長門「…一般的に脚力は腕力の約三倍」
キョン「意味わかんねぇよ!」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:36:18.56 ID:8Tsg4Fz0O

長門「いいことを思い付いた」
キョン「なんだ?」
長門「みてて」

キョン「ドアの前で仰向け……なんなんだそれ」
長門「みてて」

ガラッ
ハルヒ「さぁ、今日も…」ムギュ
長門「うっ……」ビクッ
ハルヒ「有希!?なんでこんなところに?」

キョン「………」
長門「…大発明」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 16:47:55.78 ID:8Tsg4Fz0O

長門「…踏んで」
キョン「…長門…もうやめよう」
長門「違う…ただの足踏みマッサージ」
キョン「…ならいいぞ」

キョン「どうだ?気持ちいいか?」ギュッギュッ
長門「うっ……中々の圧迫感……
ただ…少し弱い…」
キョン「…マッサージだからな。強くは踏まないぞ」
長門「…残念」
キョン「残念がるな」

長門「もっと上」
キョン「ん?わかった」
長門「上」
キョン「おう」
長門「上」
キョン「…おう」
長門「上」
キョン「…いや、もう肩まできてるんだが」
長門「上」
キョン「上って…そこ頭じゃ…」
長門「はやく」
キョン「…お…おう…うわっ」ズルッ
長門「あぐっ…」グキッ
キョン「長門!大丈夫か!?いま首が」
長門「新感覚」
キョン「へたすりゃ死ぬっての」

311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 19:35:28.21 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…また縛られてるのか」
長門「………」コクッ
キョン「…今日は何をすればいいんだ?」
長門「まかせる」
キョン「…は?」
長門「やりたいようにやればいい」
キョン「………」
長門「はやく」
キョン「なぁ、長門」
長門「何?」
キョン「自分で縛れるってことは自分で解けるんだよな?」
長門「………」コクッ
キョン「そうか、それを聞いて安心した」
長門「?」
キョン「じゃあなっ!」
長門「………」

長門「…それが…答え」


次の日
キョン「…えっと、もしかして…昨日からそのままなのか?」
長門「………」コクッ
キョン「な…なんでだよ…」
長門「あなたが放置プレイを望んだ」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:19:38.47 ID:8Tsg4Fz0O

長門「私が本を読んでいるとする」
キョン「まぁ、よく読んでるな」
長門「そのとき、まず、あなたが本を奪う」
キョン「いや、なんでだよ」
長門「私は本を返してくれと懇願する」
キョン「…まぁ、言うだろうな」
長門「あなたはそれを無視して、数回私を蹴る」
キョン「だから、なんでだよ」
長門「私はめげずに本を返すように頼む」
キョン「……よっぽど本を読みたいんだな」
長門「…そう、でもあなたは返してくれず。
ただ私を執拗に蹴りつづける」
キョン「…俺、ひどい奴だな」

長門「始める」
キョン「ん?なにをだ?」
長門「……今、説明した」
キョン「今のやんのかよ!」

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:28:38.51 ID:8Tsg4Fz0O

長門「これ」
キョン「バット?なんでこんなもの」
長門「フルスイング、頭」
キョン「いや…死ぬって…
…いや死ななくてもやりたくない」
長門「…そう」
キョン「…なんで残念そうな顔するんだよ…」
長門「…では、ここに」フリフリ
キョン「……ケツバット?」
長門「フルスイング」
キョン「なんでこんなことしなくちゃいけないんだよ…」
長門「はやく…大変なことになる…」
キョン「……そう言われると弱いな」
長門「はやく」
キョン「…いくぞ」
ブンッ バチィッ
長門「………」ビクッビクッビクッ
キョン「な…長門?」
長門「…ホームラン」

365 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:36:03.81 ID:8Tsg4Fz0O

長門「これ」
キョン「…よく次から次えと物が出てくるな。
……これは…首輪か?」
長門「そう」
キョン「何につかうんだよ」
長門「私がつける」
キョン「…そうか」
長門「つけて」
キョン「わ…わかった。それくらいなら…」


キョン「どうだ?」
長門「これで、私はあなたのペット」
キョン「は?」
長門「わんわんわん」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:45:22.55 ID:8Tsg4Fz0O

長門「今から、私は雌犬」
キョン「…おい」
長門「雌豚のほうが良かった?」
キョン「違う!お前変だぞ」
長門「…もう一回言って」
キョン「聞こえなかったか?…お前、変だぞ」
長門「…具体的に」
キョン「なんて言うか…気持ち悪い…」
ビクンッ
長門「…もう一回」
キョン「だから、そう言うところが気持ち悪いんだって」
長門「…その軽蔑にみちた視線も」ビクッビクッ

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 22:49:44.69 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「気持ち悪いなぁ」
長門「………」
キョン「マジきもい」
長門「………」
キョン「鳥肌たった(悪い意味で)」
長門「………」
キョン「死ね」
長門「…いい…最後のが特に」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:02:04.75 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「あれ?キョンくんは、いないんですか?」
長門「…そう」
みくる「そうなんですか…」
長門「彼がいないことにより問題が発生した」
みくる「ふぇ?なんですか?」
長門「代わりをあなたに頼みたい」
みくる「私にできることですか?べつにいいですよ」
長門「簡単なこと」
みくる「はぁ…」
長門「叩いて」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:04:10.20 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「あ…あの…何を叩くんですか?」
長門「私」
みくる「…私が長門さんを?叩く?」
長門「そう」
みくる「そ…そんなことできませんよ…」
長門「……何故?」

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:08:14.31 ID:8Tsg4Fz0O

長門「たいしたことじゃない。
軽く叩くだけ」
みくる「…で、でも」
長門「あなたは黙ってやればいい」
みくる「…は…はい」

みくる「…い…いきますよ」
長門「はやく」
みくる「や…やぁ…」ポコッ
長門「………」
みくる「…これでいいんですか?」
長門「…舐めているとしか思えない」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:12:12.26 ID:8Tsg4Fz0O

みくる「だ…だめなんですか!?」
長門「もっと強く。本気でいい」
みくる「本気ですか…」

みくる「や…やぁ!」バゴッ
長門「!?………」ビクッビクッ
みくる「長門さん!?大丈夫ですか?」
長門「…握り拳……ユニーク」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/30(水) 23:29:28.88 ID:8Tsg4Fz0O

キョン「…なんか疲れた」
長門「それならいいものがある」
キョン「なんだ?」
長門「…少し待って」
キョン「どうしたんだ?四つん這いなんかになって」
長門「…椅子」
キョン「……は?」
長門「座って」

406 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 00:50:56.00 ID:Seh0QGO9O

長門「これ」
キョン「またロープか…今度のは少し短いな。
縛ればいいのか?」
長門「違う…絞める」
キョン「…なんとなくわかるんだか何をだ?」
何「首」
キョン「…やっぱりそうか」

408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 00:55:47.26 ID:Seh0QGO9O

長門「絞首プレイというのは、今までのとは少し違う」
キョン「…まぁ、命にかかわるからな」
長門「欧米などの若者が好んでやる遊びの一つ。
首を絞め失神する寸前の感覚をたのしむもの。
あなたの言った通り、絞めすぎは生命にかかわる」
キョン「…そんな危ないのできないって」
長門「大丈夫、危なくなったら教える」
キョン「…そうか」

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 01:01:00.48 ID:Seh0QGO9O

キョン「苦しくなったらすぐ言えよ」
長門「わかっている」

キョン「いくぞ」ギュッ
長門「………」
キョン「…みるみる顔が青くなってく」
長門「………」
キョン「まだか?」
長門「………」ビクッビクッ
キョン「なんか痙攣してるぞ」
長門「………」ブクブク
キョン「泡ふいて……はっ!俺は馬鹿か!」
シュル
キョン「首しめたら何も言えるはずないだろ!」
長門「……ばれた」

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:36:21.09 ID:Seh0QGO9O

長門「………」
キョン「…なんだかもう、
その(縛られてる)姿にもなれちまったな」
長門「そう…」
キョン「とりあえず俺は帰る…」
長門「………」
キョン「…ん?あれ?」
長門「あなたは出られない。
朝倉涼子が使ったのと同じ手段をつかった」
キョン「だ…出せよ!」
長門「私の言う通りにすれば解放する」
キョン「…くっ…なんだこれ…
縛られてる奴に脅迫されるなんて」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:40:08.96 ID:Seh0QGO9O

キョン「…まずは何をすればいいんだ?」
長門「踏んで」
キョン「………」ムギュ
長門「もっと強く」
キョン「………」ムギュ
長門「そのまま、グリグリと踏みにじるように」
キョン「………」グリグリ
長門「…その軽蔑したような視線も最高」ビクッビクッ

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:44:50.93 ID:Seh0QGO9O

長門「次は…」
キョン「まだ、やらないといけないのか…」
長門「その上に私を乗せて」
キョン「その上?
……っていつのまに木馬なんて」
長門「はやく」
キョン「わかったよ…よいしょっ」
長門「………」
キョン「のせるぞ」
ドンッ
長門「!?……」ビクビクッ
キョン「あっ、ごめん!勢い良すぎた」
長門「…よかった」
キョン「…そ…そうか」

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 09:48:29.01 ID:Seh0QGO9O

長門「あとは好きにしていい」
キョン「…好きにしてって言われても」

キョン「……少し休むわ」
長門「………」

キョン「スー…スー…」
長門「………」

長門「…あなたは放置プレイが好き」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 11:27:13.82 ID:Seh0QGO9O

ガチャ
朝倉「有希!」
キョン「うわぁ!な…なんで朝倉が…」
朝倉「言ったはずよ。私は何度でも蘇るって」
キョン「……言ってたか?」
朝倉「それよりも、有……有希!?」
長門「なに?」
朝倉「なに?じゃないわよ。なんで縛られて……
…そう、彼がやったのね」
長門「違う…」
朝倉「大丈夫、今、消してあげるから」
キョン「なんでだよ!」
長門「…邪魔」
朝倉「え?有希、今なんて言ったの?」
長門「邪魔…消えて」
朝倉「え?………あ…あれ?崩壊因子?
有希…なんで?私はあなたを…」


長門「邪魔者は消えた」
キョン「…本当に消してよかったのか?」

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 14:29:22.05 ID:Seh0QGO9O

長門「この三角木馬には車輪がついている」
キョン「ん?そうだったのか」
長門「押して」
キョン「…なんでだ」
長門「強く押して」
キョン「……もう、なんでもいいや」
トンッ キュラキュラキュラキュラ バコッガッシャーン
長門「…壁に衝突…転倒…予想通りの結果」
キョン「…なにがやりたいんだよ、お前は」

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 16:40:29.16 ID:Seh0QGO9O

長門「朝比奈みくる。
あなたは意外と容赦がないことが判明した」
みくる「…そ、そんなことないですよ」
長門「彼との比較のために、
彼にやってもらったことと同じことを頼む」
みくる「ど…どういうことですか?
このバットは何なんですか?」
長門「叩いて」
みくる「ふぇ?えー!?無理ですよ!」
長門「問題ない」
みくる「…ふぇ…え……」
長門「はやく」
みくる「……やぁ!」ブンッ
ゴンッ……バタッ…


長門「……容赦なく頭部を攻撃してくるとは思わなかった」
みくる「ご…ごめんなさい…」
長門「問題ない」

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:17:20.91 ID:Seh0QGO9O

キョン「古泉」
古泉「なんですか?」
キョン「お前に相談があるんだが」
古泉「おや?僕にですか?珍しいですね」
キョン「…長門のことなんだが」
古泉「ああ、なるほど」
キョン「流石に朝比奈さんやハルヒには相談できないからな」
古泉「まぁ、そうですね」
キョン「今、頼りになるのはお前しかいないんだ」
古泉「………」
キョン「どうした?」
古泉「あの…もう一度言ってもらえませんか?」
キョン「ん?ああ…頼りになるのは、お前だけだ」
古泉「わかりました!僕に任せてください」

キョン「……大丈夫かな」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:20:07.87 ID:Seh0QGO9O

キョン「具体的に良い案はあるのか?」
古泉「こういうのは本人に直接話すのが一番でしょう」
キョン「……大丈夫なのか?」
古泉「まかせてください!僕は頼れる男ですからね」


キョン「…本気で心配になってきた」

555 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:22:38.47 ID:Seh0QGO9O

古泉「では、行ってきます」
キョン「お…おう…」

十分後
古泉「………」
キョン「どうだったんだ?」
古泉「……お腹を踏んできました」
キョン「…そ…そうか」

558 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:49:00.62 ID:Seh0QGO9O

古泉「長門さん」
長門「…古泉一樹」
古泉「彼から頼まれましてね。最近のあなたの行動は…」
長門「………」ゴロンッ
古泉「…なんで寝転がるんですか?」
長門「…踏んで」
古泉「………はい?」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 17:54:06.03 ID:Seh0QGO9O

長門「踏んで」
古泉「…あのですね。そういう行動が彼を…」
長門「踏んで」
古泉「…いえ、ですから」
長門「踏んで」
古泉「そういう言動が…」
長門「踏んで」
古泉「……わかりました」


古泉「…女性を踏むなんて…
僕の倫理感が…今まで積み上げてきたものが…」
キョン「まぁ…とにかく落ち着け」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 18:17:36.05 ID:Seh0QGO9O

ハルヒ「キョン、なんで有希がいないの?」
キョン「ん…あ…いや…わからん…」
ハルヒ「そう、どうしたのかしらね?」


ブランッブランッ
キョン(…なんで天井にぶら下がってんだ)
長門「………」

ハルヒ「どこにいるのかしらね?」
キョン(…なんでハルヒも気づかないんだ?)

649 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 21:03:30.32 ID:Seh0QGO9O

長門「叩いて」
キョン「長門…あのな…」
長門「人間には、褒められて伸びるタイプと
叩かれて伸びるタイプがいるらしい」
キョン「ん?」
長門「私は間違いなく後者」
キョン「いや…長門…そういう意味じゃ…」

713 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 22:22:21.27 ID:Seh0QGO9O

長門「現在の教育では体罰は禁止されている」
キョン「ん?ああ…そうだな」
長門「これは由々しき事態」
キョン「んー、まぁ、ぶん殴らないと、わかんない奴もいるしな」
長門「そう」
キョン「でもな、長門」
長門「なに?」
キョン「お前はどっちみち殴られないぞ。
殴られるようなこともしてないし」
長門「!?……そこまで考えてなかった」

752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:10:55.32 ID:Seh0QGO9O

キョン「…長門、もう、いくら縛られてようが、
どうしようが突っ込まんからな」
長門「そう…」
キョン「それに、こんな危ないこともうやってられっか、
俺は自分の家に帰らせてもらう」
長門「…死亡フラグ」
キョン「死亡フラグ?そんなもんあるわけ…」
スパッ
キョン「うわぁあああ!何か切れたぁああ!」
朝倉「大丈夫、今のは挨拶がわり、切ったのは服だけよ」
キョン「…なんで、まだいるんだよ」
朝倉「言ったでしょ。私は何度でも蘇るって」
長門「安心して…すぐに消す」
朝倉「…え?」
長門「今、崩壊因子を準備している」
朝倉「待って!有希待って!」
キョン「…待ってやったほうがいいんじゃないか?」
長門「……あなたがそう言うなら」

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:20:26.94 ID:Seh0QGO9O

キョン「いや、なんで何回も蘇ってんだよ」
朝倉「私は有希のバックアップだからね。
有希にバグが発生したから情報思念体が再生してくれたのかもね」
キョン「そうなのか…じゃあ今までのは」
朝倉「そうね、おそらくバ…」
長門「違う、バグじゃない」
朝倉「いいえ、あきらかにバグよ。
こんなの普通じゃないわ」
キョン「……俺はそういうのは、よくわからんから何とも言えないな」
長門「…それなら、朝倉涼子、あなたが実際に試してみればいい」
朝倉「……はい?」
長門「バグかどうか、バックアップであるあなたが検証すればいい」
朝倉「え?え?なんで?なんでそうなるの?」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:24:36.17 ID:Seh0QGO9O

朝倉「わ…私は帰る…こんなとこいられない」
キョン「あ…死亡フラグ」
長門「にげられない」
朝倉「な…なんで私は縛られてるの!?」
キョン「…いや、情報操作だろ」
朝倉「あ…そうか…なら私だって…
……あれ?なんで?」
長門「あなたは所詮バックアップ」

767 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:27:23.78 ID:Seh0QGO9O

朝倉「ちょっ…ちょっと有希…冗談よね?」
長門「私は常に本気」
朝倉「………あっ、キョンくん、助けて」
キョン「…悪いが俺には長門を止められん」

朝倉「だ、誰か助けてぇええええ!」

771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:31:21.38 ID:Seh0QGO9O

長門「さっそく、朝倉涼子を叩く」
朝倉「…叩くったって、あなただって縛られてるじゃない」
キョン「…いや、長門はいつだって解け…」
長門「そう、私には無理」
キョン「あれ?」
長門「だから彼に頼む」

キョン「えぇぇえええええ!」
朝倉「えぇぇえええええ!」

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:35:22.05 ID:Seh0QGO9O

長門「…いつもの」
キョン「おいっ、いきなりアレか?」
長門「問題ない」
朝倉「ちょ…ちょっと、二人しかわからない話しないでよ」
キョン「ん?ああ、すまん」
朝倉「その、いつものとかアレって何よ」
キョン「え?これだけど」
朝倉「…そ…それって」
キョン「…うん、鞭だな」
朝倉「いゃあああああああああああ!」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:39:35.53 ID:Seh0QGO9O

朝倉「ま…まさか…それで私を叩いたりなんかしないわよね?」
キョン「…いや…それは」
長門「叩く」

朝倉「……有希、あなたにバグなんてないわ。だから…」
長門「もう遅い」

朝倉「…キョ…キョンくん、いくらなんでも、
そんなもので私を叩いたりしないよね」
キョン「………」
朝倉「な…なんで無口なの?」
キョン「…ごめん」
朝倉「なんで謝るの!」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:42:24.88 ID:Seh0QGO9O

長門「始めて」
朝倉「ちょ…有希…」
キョン「………」
長門「はやく」
キョン「ごめん」
朝倉「キョンくん、まっ…」
バチィッ
朝倉「いぎゃあああ!」

784 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:45:07.34 ID:Seh0QGO9O

長門「…どう?」
朝倉「い、痛いに決まってるんじゃない!」
長門「…そう、ならバグの可能性は捨て切れない。
引き続き検証する」
朝倉「え?…そんな聞いてな…」
バチィッ
朝倉「にぎゃあああああ!」

785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:47:34.85 ID:Seh0QGO9O

朝倉「ゼェ……ゼェ……」

長門「10発目…いまだに苦痛のみ」
キョン「なぁ長門、もうやめてやったほうが…」
長門「続行」

朝倉「いゃあああああああああああああああああああ!」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:52:42.94 ID:Seh0QGO9O

朝倉「ゆ…有希!有希!」
長門「なに?」
朝倉「…もう…検証はやめましょう」
長門「痛み以外の感覚はあった?」
朝倉「え?…あ……」
長門「あった?」
朝倉「あ…うん!あったあった!」
長門「…そう、ならもう苦痛はないはず」
朝倉「うん!そんなの全然ないから!」
長門「では続行してもかまわないはず」
朝倉「…あ…え?」
長門「続行」

朝倉「……もぅ…いやぁ…」

799 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/01(木) 23:58:53.51 ID:Seh0QGO9O

キョン「………」バチィッ
朝倉「あぐっ……キョ…キョンくん…」
キョン「………」ピタッ
朝倉「も…もうやめましょう。こんなこと…」
キョン「………」
朝倉「そ…そうだ!二人で説得すれば
有希だって聞き入れてくれるかも」
キョン「……そうかもしれませんね」
長門「騙されてはだめ」
朝倉「有…希?」
長門「彼女はあなたを殺そうとした」
朝倉「あ…え?…有希?」
キョン「………」
朝倉「あ…あれは違うの!私自身は反対したのよ!
ただ急進派としては…」
バチィィィィッ
朝倉「あぎゃああああああああ!」

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:03:58.01 ID:6r+GHps8O

朝倉「…………」ピクッビクッ

キョン「あ…やばい…やりすぎた…」
長門「問題ない」
キョン「いや、たしかに俺も少しプッツンときたけど…これは…」
長門「大丈夫よくある展開では、
このあと朝倉涼子はこのような行為が病み付きになるはず」
キョン「…そういうもんなのか?」
長門「間違いない。読んだ本に書いてあった」
キョン「…そ…そうか」

811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:08:37.17 ID:6r+GHps8O

朝倉「ん…んん…」
キョン「おっ、目を覚ましたみたいだな」
朝倉「………」
キョン「朝倉、大丈…」
朝倉「いやぁあああああ!こないでぇぇええ!」

キョン「…長門、話しが違うぞ」
長門「心理的外傷後ストレス障害」
キョン「…なんだそれ」
長門「トラウマ」

817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 00:13:16.37 ID:6r+GHps8O

朝倉「…有希こわい…キョンこわい」

キョン「…あれは大丈夫なのか?」
長門「問題ない。私がつれて帰る」

朝倉「…鞭こわい…ロープこわい」

長門「とても興味深いデータもとれた」
キョン「そうか…」
長門「帰る」
朝倉「いゃああ!こないで!」
長門「帰る」
朝倉「いゃあああああああ!」


キョン「大丈夫なのかあいつら…」

895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:24:40.59 ID:6r+GHps8O

キョン「おい、長門」
長門「なに?」
キョン「朝倉は、あの後どうなったんだ?」
長門「彼女なら…」
朝倉「やっほー」
キョン「うわっ!朝倉…大丈夫なのか?」
朝倉「当たり前じゃない。
私は朝倉涼子よ」
キョン「なんだそれ…」
朝倉「とにかく…私はあのていどの事じゃ
どうにかなったりなんかしないってこと」
キョン「…そ…そうか、それは安心した」
長門「………」ゴソゴソ
キョン「ん?なにやってんだ長門」
長門「パスッ」ポイッ
キョン「おっとっと…ん?これは、鞭?」
朝倉「いゃああああああああああ!」
キョン「な!?なんだ!?」
長門「心理的外傷後ストレス障害はそんな甘いものじゃない」
朝倉「いやぁ!叩かないでぇ!叩かないでぇ!」
キョン「…別に説明するのに傷痕ほじくる必要なかったんじゃねえか?」
長門「……気づかなかった」

913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:42:10.34 ID:6r+GHps8O

朝倉「………」

キョン「…朝倉がさっきから隅っこから動かないんだが」
長門「そう」
キョン「そうじゃねえって。
一応、ああいう風にしたのは俺達なんだし」
長門「問題ない」
キョン「…ああもう……ん?
そういえば、朝倉はカナダだっけ?
行ったことになってるんんだろ?
学校にきてたら不自然じゃないのか?」
長門「帰ってきたことになってるはず」
キョン「…強引だな」


朝倉「…消えたい…消えたい」

915 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:44:54.81 ID:6r+GHps8O

長門「そんなことはどうでもいい。
いつものを始める」
キョン「…朝倉は?」
長門「気にしないでいい」


ビシッバシッ
長門「………」ビクッビクッ

朝倉「いゃああああああああ!」

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:50:56.15 ID:6r+GHps8O

キョン「な…なんでだ?朝倉には何もしてないぞ」
長門「今、目の前の行為により
前回、自分がされた行為がフラッシュバックしている」
キョン「な…大変じゃないか」
長門「そう」
キョン「どうするんだよ?
それじゃあもう何もできないだろ。俺は助かるけど」
長門「…確かに」


長門「………」
朝倉「…あ…有希」
キョン「おい、何をするんだ?」
長門「邪魔者は廃除する」
キョン「おい、待て!」

923 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:54:46.46 ID:6r+GHps8O

長門「何故?」
キョン「いくらなんでも可哀相だろ?」長門「朝倉涼子は邪魔」
キョン「そんなのその時だけ外にだせばいいだけだろ?」
長門「…気づかなかった」

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 01:59:05.51 ID:6r+GHps8O

朝倉「…こわい…こわい」

キョン「で、朝倉は大丈夫なのか?
これじゃあまともに高校生活おくれないぞ」
長門「それなら大丈夫。放っておけばなおる」
キョン「…んな無茶な」


十分後
朝倉「ふっかーつ!」
キョン「………」
長門「言った通り」
キョン「まぁいいか」

935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:05:29.71 ID:6r+GHps8O

キョン「そう言えば朝倉とは同じクラスだったけど…」
朝倉「その辺もぬかりはないわ。
今回もあなたと同じクラスにしといたから」
キョン「…そ…そうか、まあこれからもよろしくな」
朝倉「うん、よろしく」スッ
キョン「ん?握手?」
朝倉「そう、もう私たちは敵どおしじゃないからね」
キョン「お、おう、わかった。改めてよろ…」ギュッ
朝倉「いやぁああああああああ!はなしてぇぇえええ!」

キョン「…まて、握手を求めてきたのはそっちだろ」

938 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:11:55.76 ID:6r+GHps8O

キョン「……大丈夫なのか?」
朝倉「だから大丈夫だって」
キョン「…いや、さっきのは」
朝倉「ちょっとビックリしただけだって」
キョン「……そうか」
長門「そんな簡単なものじゃない」
キョン「うおっ、長門」
長門「何かを引き金に、いつフラッシュバックを起こしても不思議ではない」
キョン「そうか…じゃあ俺が気をつけてやったほうがいいな」
長門「別にそんなことをする必要はない」
キョン「いや、でも…」
長門「別にそんなことをする必要はない」

941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:20:01.55 ID:6r+GHps8O

朝倉「キョンくん?先生に頼まれごとされたんだけど
一緒にきてくれない?」
キョン「ん?ああ、いいぞ」
朝倉「ありがと」


キョン「いや、大変だな戻ってきてすぐなのに」
朝倉「まぁ、元委員長だからね。このくらいは」
キョン「で、何をすればいいんだ?」
朝倉「次の時間に使う教材をもってくるんだけど……」
キョン「どうした?」
朝倉「あ…あが…あああ…」
キョン「どうしたんだよ」
朝倉「ろ…ロープ…ロープこわい…ロープこわい…」
キョン「教材を縛ってたロープか…
朝倉、大丈夫だ。このロープは別に…」
朝倉「いやぁああああ!ほどいてぇええええ!」

947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:23:14.69 ID:6r+GHps8O

キョン「という事があってな」
長門「そう」
キョン「どうにかならないか?」
長門「いい考えがある」
キョン「なんだ?」
長門「朝倉涼子の存在そのものを…」
キョン「却下だ」

948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:28:47.07 ID:6r+GHps8O

キョン「朝倉?」
朝倉「なに?」
キョン「無理してんじゃないのか?」
朝倉「なにいってんの?全然大丈夫よ」
キョン「そうか……」
キョン「朝倉!」ガッ
朝倉「ひゃぁ!」ガタンッ

キョン「やっぱり…大丈夫じゃないな…」
朝倉「…あああ…う…あ…」

950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:33:05.39 ID:6r+GHps8O

キョン「なぁ長門」
長門「なに?」
キョン「もっと朝倉のことを助けてやってくれないか?」
長門「何故?」
キョン「いや…ああいう風にしちまった責任もあるけどさ…
仲間だろ?朝倉も」
長門「彼女は急進派」
キョン「いや、そんな派閥とかじゃなくてさ
もっとこう……あれだ…」
長門「…なに?」
キョン「友…達?かな」
長門「…友達」

952 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:37:09.49 ID:6r+GHps8O

長門「朝倉涼子」
朝倉「あ、有希」
長門「…あなたに聞きたいことがある」
朝倉「ん?」
長門「あなたは…私の友達?」
朝倉「…なんだ、そんなこと?」
長門「………」
朝倉「当たり前じゃない。有希は私の友達、親友だよ」
長門「…そう」
朝倉「どうしたの?そんなこと急に」
長門「なんでもない」

955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/02(金) 02:46:33.81 ID:6r+GHps8O

その後、長門の協力もあり。
朝倉は無事に高校生活を送っていくことができた。
なんだかんだ言っても長門はたよりになるのだ。


……が問題が全て解決したわけではない

長門「もっと強く踏まないとだめ」
キョン「…………」朝倉「いゃぁああ!いゃああ!」
キョン「朝倉がいつもの発作を…」
長門「問題ない…グリグリと踏みにじって」
キョン「………」グリグリ
朝倉「助けてぇ!助けてぇえええ!」


確かに高校生活は無事におくれていた。……ただし、放課後を除いての話しだ。
朝倉涼子の心傷





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ちっ。……お前らとりあえず死のうぜ」