ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「おい、シンジ」シンジ「何、父さん」

ツイート

880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:50:19.49 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「キョン枕! 略してキョ枕!」
キョン「…」
ハルヒ「誰の膝枕が一番気持ちいいか比べてるのよ!ほら座りなさい!」
キョン「…」

ハルヒ「団員の特徴を捉えるのも団長であるあたしの役目だからね」
キョン「…」
ハルヒ「ユキのは起伏がなく暖かくて、みくるちゃんのはふかふかでもちもちだったわ!」
キョン「…」
ハルヒ「あんたはどうかしらね……」
キョン「…」
ハルヒ「も、もちろんあとで古泉君でも試すわよ!?」
キョン「…」
ハルヒ「……嘘よ。試さないわよ……」
キョン「別にいいけど」
ハルヒ「え? こ、古泉君で試しても? ……そ、そっか、そうだよね……」
キョン「そうじゃなくて、俺でやらないのか?」
ハルヒ「!! あ、そ、そっか! そうよね! ややっ、やるわよ! ほら、すればいいんでしょ!」
キョン「…」

キョン「どうなんだ」
ハルヒ「ゴツゴツ……冷たい」
キョン「…」
ハルヒ「…」(でも幸せ……///)

882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:56:51.92 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「さぁ、キョン抱っこよ!」
キョン「…」
ハルヒ「昨日約束したわよね! 今日遅刻したら何でも言うことを聞くって」
キョン「…」

ハルヒ「今日一日、ドコへ行くにもあたしを抱っこしてなさい!」
キョン「…」
ハルヒ「あたしが行きたいトコしか行っちゃダメだからね!」
キョン「…」
ハルヒ「ほら! まずは購買へパンを買いに行くわよ!」
キョン「いいんだな」
ハルヒ「ふぇっ?」
キョン「よっと……ほぉら、お姫様抱っこだハルヒ」
ハルヒ「!!!!!!」
キョン「命令だからな。仕方ない。このまま購買だな、よし行こう」
ハルヒ「あっ! こ、こらお尻……キョン! おおっ、おろしなっ、キョンってば!!」

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:05:23.09 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「キョン! 今日はあたしの家に泊まりに来なさい!」
キョン「…」
ハルヒ「あんたの最近の行動は目に余るわ! きちっとあたしが教育してあげる!」

ハルヒ「遅刻は多い、授業中は寝る、放課後も中々現れない!」
キョン「…」
ハルヒ「そんなコトじゃSOS団の団員は務まらないんだからね!」
キョン「…」
ハルヒ「あたしが一日掛けて、あんたをマトモな高校生にしてあげるんだから!」
キョン「なんだ、両親が出て行ってて一人とかか」
ハルヒ「え……うん」
キョン「……俺をどうにか誘おうと? 一人じゃ寂しいから?」
ハルヒ「そ、そんなんじゃ」
キョン「それはいいとして……その言い方は逆に恥ずかしいと思うんだが」
ハルヒ「……!!!!!」
キョン「はぁ……」
ハルヒ「うあっ……あ、う、あー!!! もういいっ!! ば、バカ! キョンのバカー!」
キョン「…」
ハルヒ「……こないとダメだからね!」
キョン「はいよ」

わけわからん

896 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:19:31.90 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「……けほっ」
キョン「…」
ハルヒ「何よ」

ハルヒ「ちょっと……何しに来たのよ」
キョン「…」
ハルヒ「確かにあたしが呼んだけど……誰も頭撫でてなんて言ってないわ」
キョン「じゃあ、やめようか?」
ハルヒ「……やめちゃやぁだ」
キョン「おう、よしよし」

ハルヒ「……キョンの手、あったかい」
キョン「そうか」
ハルヒ「ごめんね。あたし風邪なんてひいちゃって、ごめんね」
キョン「誤る必要なんてないよ。ゆっくり休んで、元気になるんだ」
ハルヒ「……キョン、やさしい」
キョン「そうだな」
ハルヒ「キョン……手握ってて」
キョン「いいとも」

多分ハルにゃんはこんな感じ!
いつも強がってるから、いざ弱っちゃうと甘えんぼさんになっちゃうんだ!
ハルヒかわいい!!

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:24:42.44 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「……ん」
キョン「…」

ハルヒ「あ……キョン、寝てる」
キョン「…」
ハルヒ「ずっと手握っててくれたのかな……今もだ」
キョン「…」
ハルヒ「……最近、なんかキョンに頭撫でられること多くなってる気がする……」
キョン「…」
ハルヒ「……たまにはおかえししてあげないとね」
キョン「……ん」
ハルヒ「…」

キョン「…」
ハルヒ「キョン……キョンのなでなで、暖かくて大好きだよ」
キョン「…」
ハルヒ「これからも、ずっとあたしの頭撫でててね?」
キョン「あぁ、いいとも」
ハルヒ「……!!!!」
キョン「約束するよ。ハルヒの頭、なでなでしてやるよ」
ハルヒ「なっ……おおっ、起きてるなら起きてるって……バカキョン!!!!」
キョン「いって、こら、叩くな」
ハルヒ「うるさいうるさい!!! 寝てろ! ずっと寝てなさいバカキョン!!」
キョン「あぁもう、ほら大人しくしろ。熱上がるぞバカハルヒ」
ハルヒ「うぅー///」

916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:38:58.78 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「キョン、カチューシャなくしたわ」
キョン「…」
ハルヒ「髪わさわさ」

キョン「…」
ハルヒ「よっと」
キョン「…」
ハルヒ「はい、これで括って」
キョン「…」
ハルヒ「なにぼーっとしてるのよ。あたしの髪を纏めてって言ってるの」
キョン「…」
ハルヒ「ほら、早く」
キョン「膝から降りろ」
ハルヒ「いやよ」
キョン「……あっち向け」
ハルヒ「それもやーだー」
キョン「…」
ハルヒ「ほら早く早く。キョンの好きなポニーテルにしちゃいなさいよ」
キョン「……あいよ」


あああああああああああ
ハルヒかわいい!ハルヒかわいいよ!
もうスレタイとかどうでもいい!ハルヒがかわいいんだ!!

921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:42:08.64 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「キョン、頭撫でなさいよ」
キョン「…」
ハルヒ「そうそう。上手くなったわね」

943 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 02:59:38.59 ID:TP1XZ8Of0

ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「あれ……なによ、何も言ってないわよ」
キョン「…」

ハルヒ「……なんで頭、撫でるのよ」
キョン「別に。お前の顔がそうしろって言ってるから……かな」
ハルヒ「……意味わかんない」
キョン「ハルヒ、好きだよ」
ハルヒ「!」
キョン「……うん。俺はハルヒが大好きだ」
ハルヒ「……なっ、なによ急に」
キョン「別に。言いたかったから、かなぁ」
ハルヒ「バカキョン……ほら、もっとやさしく撫でなさいよ」
キョン「おう」

ありがとうおまえら!
ハルヒはかわいいけど、おまえらのおかげでもっとかわいくなった!!
小説も手に入れたし、これでコミケ対策も万全だ!
今度はもっともっとかわいいハルヒを描けるよう、修行してくるよ!
じゃあな!


ハルヒかわいい!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン……凄い……お尻に……」