長門「あなたの事嫌い」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ(アスカのアレ…絶対オ○ニーだ…)

ツイート

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/01(火) 13:55:57.62 ID:9OtfUCJMO

キョン「こいつはイベント事が大好きだから振り回される前に俺から軽く仕掛けるか…」

おもむろに携帯電話をつかみ電話をかける、勿論相手は涼宮ハルヒ

呼び出し音が数回鳴った所
ハルヒ「何よあんた暇なの?春休みだからってだらけてちゃ駄目よ!じゃあいつもの所で」

全くこいつは「もしもし」の一言もいわせないつもりか…

キョン「いや待て今日はお前一人に話がある、みんなより早く二人きりで会わないか?」

ハルヒ「まあアンタがそこまで頼むなら仕方ないわね、悩み事くらい聞いてあげるわよ、その代わりにアンタの奢りね!じゃあね」

全くもって用件よを聞かずに切りやがった畜生、しかし後で一泡噴かせてやる
逸る気持ちを抑え俺はいつもの集合場所へ駆け付けた

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 14:08:00.93 ID:9OtfUCJMO

ハルヒ「遅いわよ、アンタ相談があるくせに相談相手のアタシより遅いなんて死刑よ!」

ちょっと待て俺はいつお前に相談があると言った?他のメンバー抜きで二人で会うと相談なのか?

ハルヒ「まあいいわ、みんなが来る前にさっさと済ませましょう、好きなだけ話なさい代わりに好きなだけ奢らせてあげるわ」

とにかく店に入るか…

ハルヒ「で何なの話って?」

キョン「実は他の3人なんだが…」

ハルヒ「あんた宇宙人、未来人、超能力者なんて言うんじゃないでしょうね!前にも聞いたわもう少しマシな嘘ついたら?」

しまった…コイツには以前話てしまいはなから嘘だと知っていて驚かない他には何も思い付かん
谷口に彼女…いや話にならん

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 14:18:34.91 ID:9OtfUCJMO

キョン「じ、実はだな…オホン!お、お前が好きなんだ、そ、そのクラスが代わる前にお前を放したくないとゆうか」

ハルヒ「ポカーン……」
よほどくだらなかったのかハルヒは眉間にシワを寄せて俺を見ている
そんな事を気にしている間に

古泉「おや?一体どうしたんですか?今日はあなたが早く来るなんて、何か起こらなけれいいんですが」

長門「………」

みくる「あれキョン君早いですね、じゃあ私が奢りですね…もしかして先に食べている分も払うんですか?」

ハルヒ「いいのよ、いいのよみくるちゃんキョンに払わせておけば、なんならアタシが奢ろうか?今日は気分がいいのよ!」

みくる「ふ、ふぇ?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 14:28:01.87 ID:9OtfUCJMO

古泉「どうしたんですか一体?やけに機嫌がいいですね」

キョン「そ、それはだな」
ハルヒ「ちょっとあんまり言いたくないんだけどキョンが内緒に出来ないって言うから教えるけど」

ま、まずい本気にしてやがる
キョン「待てハルヒ」

ハルヒ「実はさっきキョンがアタシとクラスが代わって彼氏が出来たら自殺するって言うもんだから仕方なく付き合う事にしたわ」

みくる「そ、そんな…キョン君……」

古泉「そうですか!それは良い事です流石は涼宮さん」

何が流石だ単にコイツの機嫌取りに買って出たとおもってやがる
朝比奈さんそんな悲しい目で見つめないで下さいエイプリルフールですから
この馬鹿女とニヤケ野郎を一泡噴かせてやるだけなんで

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2008/04/01(火) 14:36:30.63 ID:9OtfUCJMO

ハルヒ「と言う訳で今日はアタシとキョンの二人と古泉君達三人で分かれるわ」
やけに楽しそうだなコイツは…そんな中事態を把握してない朝比奈さんに気の利いた長門はハルヒに聞こえないように

長門「エイプリルフール……」

事態を把握した朝比奈さんはさっきまでの様子とは違いハルヒの元気が乗り移った様に

みくる「そ、そうですね、そのグループ分けは素晴らしいです」

ハルヒ「やっぱりみくるちゃんもそう思う!自殺志願者を放っておいたら大変よね!慈悲深いアタシが面倒見なきゃ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 14:49:27.62 ID:9OtfUCJMO

ハルヒ「やっぱり自殺志願者を外に出すのは危険よ自宅療養が必要ね!キョン今日はうちに泊まりなさい、わかった?」

キョン「やめろ勝手に自殺志願者にするな」

無理矢理どこかへ連れていくのか?コイツの家なんかいったら始業式まで解放されないであろう

古泉「ふっ、よほど嬉しかったのでしょう、彼を一人占めしたいのでしょう」

みくる「涼宮さん本気にしてましたね、エイプリルフール知らないんですかね?」

古泉「何ですって朝比奈さん?」

みくる「えっ!いえ…今日はエイプリルフールだって長門さんが言ってたので…」

長門「彼と涼宮ハルヒが先に来ていたのは涼宮ハルヒをエイプリルフールで騙すため」

古泉「なんでそんな事を…」

長門「真実を嘘と思い込ませれば実になる、先についた嘘が軽くあしらわれとっさに思い付いた可能が高い」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 15:02:59.49 ID:9OtfUCJMO

似たようなスレがあったからやめます
すみませんでしたみなさん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「エスポワールに変なやつらが……」アカギ・零・黒沢「……」