ハルヒ「キョン!子どもをつくるわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「……これはきっと夢だ」

ツイート

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/24(月) 22:32:48.11 ID:JuaY6NlbO

ハルヒ「キョン!子供を作るわよ!」

キョン「何言ってんだ?正気か?」

ハルヒ「もちろんよ!でもすぐにとは言わないわ。
    そういうことはお互いの気持ち次第だもの」

キョン「なんてこった…!」

長門「パタン」

ハルヒ「今日の団活は終了!キョン、あんたの答え待っててやるわ!」

ガタン!バタタ…

キョン「なんだってんだ…?」

タタタ…

ハルヒ「言っちゃった…あんなこと…」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/24(月) 22:39:28.63 ID:JuaY6NlbO

キョン「おい、これはどういうことなんだ?」

古泉「これは僕一人では判断しかねますね…
   機関で話し合ってきます」
古泉「あなたは僕からの連絡を待っていてください。
   場合によってはこちらから指示を出します。それでは」

キョン「あぁ…」

夜中1時ごろ

ヴーンヴーン
キョン「何だこんな時間に。もしもし」
古泉「すみません、こんな時間に。会議が長引いてしまって」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/24(月) 22:51:13.39 ID:JuaY6NlbO

古泉「涼宮さんは選んだ相手との
   自分の能力を受け継いだ子孫を残そうとしているのかも
   というのが機関の見解です」

キョン「で、どうするんだ?」

古泉「まぁそう慌てずに、
   そう簡単に結論をだせる問題ではないのでね
   でもおちおちはしていられない」

キョン「今なんとかできないのなら今度にしてくれ、眠いんでな」

古泉「そうですよね、それではまた明日」

ガチャン

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/24(月) 22:51:36.70 ID:JuaY6NlbO

古泉「涼宮さんは選んだ相手との
   自分の能力を受け継いだ子孫を残そうとしているのかも
   というのが機関の見解です」

キョン「で、どうするんだ?」

古泉「まぁそう慌てずに、
   そう簡単に結論をだせる問題ではないのでね
   でもおちおちはしていられない」

キョン「今なんとかできないのなら今度にしてくれ、眠いんでな」

古泉「そうですよね、それではまた明日」

ガチャン

144 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 18:59:19.93 ID:ClVkYfve0

〜その頃〜

ハルヒ「眠れない……」

ハルヒ「何であんな事いっちゃったんだろう」

ハルヒ「軽い女って思われたかな……」

〜翌日〜

キョン「ふわぁ…眠っ」

ガラッ

キョン(あ、ハルヒだ。どんな顔して会えばいいんだ)

キョン「よう、ハルヒ」

ハルヒ「ん…」

キョン(寝てる……)

キョン(まぁ、放って置こう)

145 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:00:04.83 ID:ClVkYfve0

〜授業後〜

キョン(やはりハルヒは授業が終わるなり教室を出て行った)

〜文芸部室前〜

コンコン

シーン

キョン「誰もいないのか?」

ギー

長門「……」

キョン「おお長門か」

キョン「なぁ、昨日のハルヒの言ってたことについてだがなぁ」

長門「涼宮ハルヒは鍵であるあなたとの間に子どもが欲しいと思っている……」

キョン「やっぱりか…」

コンコン

キー

古泉「すみませんホームルームが長引いてしまって…とあなたたちだけですか」

146 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:00:43.94 ID:ClVkYfve0

キョン「古泉、昨夜の事だが」

すっ

古泉「ええ、そのことについてですが
    もし実際に子どもができてしまった場合
    涼宮さんは高校を中退する事になります。
    涼宮さんのご両親といざこざが起きることは必須です。
    しかしあなたが子どもを作る事を拒否した場合
    涼宮さんが本気で子どもが欲しいと思っていたなら
    この世界を改変してしまうかも。
    まぁそこまでは行かないでしょうが
    我々の仕事はまず多くなるでしょうね」

キョン「俺はどうすればいいんだ…」

147 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:02:09.19 ID:ClVkYfve0

古泉「待ってくださいこれは子どもができた後の話です。
    子どもを作る過程だけ行い
    子どもができないようにすればいいのです。
    ただ涼宮さんが満足するかどうか…」

キョン「ちょっと待て、それはハルヒとヤるってことか?」

古泉「そうなりますね」

キョン「なんてこったい…」

〜廊下〜

ハルヒ「落ち着いて…そう、いつもの様にすればいいのよ」

バタン

ハルヒ「キョン!昨日はすぐにとは言わないって言ったけど
    やっぱり答えを聞かせてもらうわ!」

148 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:02:39.51 ID:ClVkYfve0

キョン「ハルヒ、ちょっと聞きたいことがあってだな」

ハルヒ「な、何よ…」

キョン「単刀直入に言うがな、あの、お前は子どもが欲しいのか?
    それともその過程がやりたいのか?」

ハルヒ「それは・・・///」

キョン「どうなんだよ」

ハルヒ「…私は子どもが欲しいの
    自分の血を分けた子が!
    なんかよくわかんないけど
    最近急にそう思えるようになったのよ…!」

キョン(これは困ったな)

キー

みくる「あの、すみません遅れて」

みくる「今日は明日模試なのでその勉強をしなきゃいけないんです。
    帰ってもいいですか…?」

ハルヒ「えっ、ああ、うん、そうね。
    帰っていいわよ、うん」

149 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:05:13.17 ID:ClVkYfve0

みくる「それでは、さようなら」

パタン

キョン「…で、だ。
    お前はその子どもの父親、俺がいいのか?」

ハルヒ「…ええ」

キョン「それは俺の子どもが欲しいって言う事なんだよな?
    俺と、その、ヤりたいってことじゃないよな?」

ハルヒ「…やめて、こんな所で
    古泉君も有希も見てるじゃない…」

キョン「…そうだよな。
    ちょっと出るぞ」

バタン

古泉「ふう…困ったものです。
    ねぇ長門さん?」

長門「……」

古泉「……」

古泉「やっぱり無視ですか…」

151 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:08:37.39 ID:ClVkYfve0

〜中庭〜

キョン「なぁ、別に今すぐ作らなくてもいいだろ」

ハルヒ「…今じゃないとだめなの」

キョン「でも高校中退しなきゃいけなくなるぞ?
    お前も俺も。
    それはまずいだろう」

ハルヒ「だけど…」

キョン「じゃあどうしろってんだよ…」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…ねぇ、キョン」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「ごめんね、変なこと言って」

キョン「いつものハルヒらしくないぞ」

152 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:11:17.72 ID:ClVkYfve0

ハルヒ「なんか不安になっちゃって
    本当は…」

ハルヒ「本当は私…
    キョンのことが…好きなの」

キョン「……」

ハルヒ「ごめんなさい、私
    キョンに見てもらいたくて、だ、だから…
    困らせること言って…別に、い、今すぐじゃなくても、いいのに
    私素直じゃない、から飛びぬけたこと言うしかなくて…グスっ…」

ぎゅっ

キョン「わかった、わかったから……」

ハルヒ「キョン…」

キョン「俺も…
    俺もハルヒのことが好きだ。
    好きじゃなかったらお前が言った事も
    そんな本気にしないさ」

153 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:12:25.30 ID:ClVkYfve0

ハルヒ「…うぇっ、ぐすっ」

キョン「ハルヒが俺が父親になって欲しいって言ってくれて
    すごく嬉しかったぜ?
    だからあんなに捲くし立てちまった。
    ごめんな、ハルヒ」

ハルヒ「ううん、いいの……」

〜30分後〜

キョン「落ち着いたか?」

ハルヒ「ええ」

キョン「じゃ、部室に戻るか」

ハルヒ「行きましょ!」

154 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:13:15.99 ID:ClVkYfve0

〜文芸部室〜

ガチャッ

キョン「ただいま」

古泉「お帰りなさい。
    どうなりました?」

ハルヒ「古泉君、悪かったわ、迷惑かけて
    子どもが欲しいのも将来の話!」

古泉「騒動にならなくてよかったです。
    (閉鎖空間が増えたらどうしようかと)」

長門「…ということは」

キョン「俺達は正式に付き合うことになった」

古泉「やっとですか」ボソッ

キョン「ん?古泉なんか言ったか?」

古泉「いやいや何も」

155 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:14:20.08 ID:ClVkYfve0

長門「…パタン」

ハルヒ「下校時刻ね!帰りましょう」

〜帰り道〜

古泉「一時はどうなる事かと思いましたよ」

キョン「こっちの身にもなってくれよ」

古泉「あなたと涼宮さんが付き合うようになって
    これでしばらく安泰です」

キョン「…これからどうなるんだろうねぇ」

古泉「僕の家はこっちなので。
    では」

キョン「おう、またな」

長門「私も……」

ハルヒ「バイバイ有希!」

キョン「じゃあな長門」

156 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:15:53.66 ID:ClVkYfve0

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「ねぇキョン」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「うち、来ない?」

キョン「…え?」

ハルヒ「うち共働きなの
    一人っ子だし。
    だから……」

キョン「…いいのか?」

ハルヒ「うん」

157 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:16:04.72 ID:ClVkYfve0

ここからハイパーギシアンタイム\(^o^)/

158 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:16:22.62 ID:ClVkYfve0

〜涼宮家〜

ハルヒ「さぁ、上がって上がって」

キョン「お邪魔しまーす」

ハルヒ「その辺に座ってて!私シャワー浴びてくるから」

キョン「おいおいマジかよ……」

シャー

ハルヒ(ついに…この日が来たのね)

キョン(てかゴムなんて持ってねーよオワタ\(^o^)/)

ハルヒ「お、お待たせ」

キョン「…ちょ、おまなんつー格好してんだよ!」

ハルヒ「キョンも…浴びてきて」

キョン「お、おぅわかった使わせて貰うよ」

シャー

キョン(どうする、どうする俺!)

159 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:16:35.06 ID:ClVkYfve0

キョン「出たぞ…」

ハルヒ「ん…こっち来て」

キョン「ああ…」

ここから急にキョン視点

161 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:17:46.51 ID:ClVkYfve0

ハルヒに誘われてほいほい家まで付いてきた挙句
シャワーまで浴びちまった。
しかもハルヒはバスタオルを体に巻いただけ!
情熱を持て余す…

「ハルヒ…もう俺我慢できねぇ…!」

俺は強引にハルヒの唇を奪う。
いつぞやの閉鎖空間に行ったときとは違う
長く、深い。

「ん…」

俺はハルヒのバスタオルに手をかける。
バスタオルはハルヒの身体から剥がれ床に落ちた。
お互いの口内を味わい、唇を離した。
ハルヒの息が荒い。
一糸纏わぬ姿のハルヒが目の前にいた。
俺はシャワーを浴びた後に着なおした
制服をもう一度脱ぐ。

162 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:18:27.69 ID:ClVkYfve0

「キョン…来て」

ハルヒがベッドに入る。
俺も全裸になりベッドに入った。
腫れ物に触るようにハルヒの胸に手を乗せ
そっと揉む。
ハルヒも緊張しているのか声は出さない。

しかしその指が胸の中央にある突起物に触れたとき
ハルヒの緊張の糸は切れた。

「…ふ…あ…」

そこを中心に刺激する。
だんだんハルヒの声が大きく色っぽくなってくる。

「ん、あぁ…」

そこを今度は舌で刺激する。
たまに甘噛するとハルヒは声を出した。

「ふ…ふわぁ!…し、下も…」

言うとおりに右手を下腹部に置く。
薄い陰毛の下に指を進めていくと
ぬるりとした分泌液に指を取られた。
手探りするとここにも突起物がある。
撫でるように刷り上げた。

「ひゃん!…あぁ!」

163 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:18:43.69 ID:ClVkYfve0

これだけ濡れていれば平気だろう。

「いくぞ…!ハルヒ!」

「きて…キョン!」

俺の息子はすでにそそり立っていた。
ハルヒの膣口に宛がうとゆっくりと腰を進めていった。

「っ…痛っ…」

「大丈夫か?」

「痛い…痛…」

「抜くか?」

「だ、大丈夫…」

腰が奥まで入る。

「動くぞ」

「…うん」

俺はゆっくりと腰を動かす。
ハルヒは最初、苦痛に顔をゆがめていたが
それも緩み
快楽を感じているようだ。

164 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:19:56.42 ID:ClVkYfve0

「はぁっ…はぁっ…」

「んっ…んっ…」

腰の動きが激しくなってくる。
処女ならではの締りの良さに俺は早くも絶頂を迎えそうになっていた。

「…っ!ハルヒ!」

「キョン!…っ!あああっ!」

ハルヒは身体を大きく反らす
俺は息子をハルヒから抜いた。
そしてハルヒの腹の上に射精した。

166 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:20:52.48 ID:ClVkYfve0

「はぁっ…はぁっ…」

「…よかったよ…キョン」

しばらく息を整え、

「なぁハルヒ親御さんはいつ帰ってくるんだ?」

「実は二人とも今日は出張なの」

「えっ、マジで?」

「だから…泊まってかない?明日土曜だし…」

「いいのか?」

「みくるちゃんが模試だって言うから不思議探索できないしね」

「じゃあ、もう一回…」

「このエロキョン!///」

167 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:21:04.25 ID:ClVkYfve0

以上で終わりです。

176 名前:14 ◆aw3x5AC9HI [] 投稿日:2008/03/25(火) 19:48:53.76 ID:ClVkYfve0

飯食ってますた。
エロ描写とか全然できなくてすいません。
これが本当の処女作w



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ただの人間には興味はねえ(ry」 ハルヒ「は?」