夜神月「長門有希、○○の場所で全裸になり絶頂の後、腹上死」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンの代わりにチョンをつれてきたわ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/21(金) 17:38:20.06 ID:tn+CvpM+0

ライト「なぜ来ない!なぜ脱がない!なぜ死なない!
    ゆきりんの全裸を見て俺が新世界の神になるはずなのに・・・」

リューク「ん・・・長門有希・・・どこかで・・・」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 17:38:32.52 ID:tn+CvpM+0

その頃

長門「!?」

キョン「どうした?長門」

長門「デスノート」

キョン「なんだって?」

長門「書き込まれた。が、阻止した」

キョン「何言ってるんだ?」

長門「何でもない」


そしてライトの家に向かう長門

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 17:41:34.08 ID:tn+CvpM+0

ライト「は、ゆきりん・・・来てくれたのか
     ふふふ・・・このノートの力は絶対だ!!
     さぁ脱げ!そして絶頂を迎えろ!」

長門「それは私には効かない。ノート返して」

ライト「返して・・・?ゆきりん?お前まさか昔これを・・・?」

長門「持ってた。必要ないから捨てた。でも今は必要」

ライト「馬鹿な・・・デスノートが効かないなんて・・・
    おい、どういうことだリューク!?」

リューク「ユキ、久しぶりだな・・・
      まだこっちにいたとはな・・・
      ライト、お前じゃユキは殺せない。諦めろ。」

ライト(考えろ、僕にならできる。ゆきりんを脱がせる術があるはずだ)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 17:50:54.73 ID:tn+CvpM+0

長門「返して」

ライト「クッ・・・(考えろ・・・どうすれば脱がせられるか。僕にならできる)
    ゆきりん、これは今僕のものなんだ。いくら君のためとは言えそれはできない。
    所有権は僕にあるんだ。だからリュークもここにいる。」

長門「所有権の移動を」

ライト「しかし、僕から無理に奪ってどうする?
     そんな理不尽が許されると思っているのか?」

長門「でもあなたは私の名前を書き込んだ。
     これ以上野放しにしておくと仲間に危険がある」

ライト「じゃあ、こうしよう。1つ言う事を聞いてくれたノートを渡そう。
    だが、それができなければノートは預かっておく。」

長門「・・・」コクッ

ライト(計画通り・・・)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:00:25.55 ID:tn+CvpM+0

ライト(できればノートは押させつつ、ゆきりんの裸がみたいが・・・
    僕ならできるはずだ。話をのばしながら考えてみせる)


ライト「今は特に思いつかないからゆっくりしていってくれ」

長門「早くして」

ライト「(クッ)少しくらい待ってくれよ・・・
     そうだ。今日はもう遅いから、今日は泊まっていきなよ」

長門「いい」

ライト「それは良いのか嫌なのかわからないな」

長門「嫌」

ライト「(クソッ)じゃあ、ノートは返さない。
     とりあえず泊まっていきなよ。話はそれからだ」

長門「泊まったら返して」     

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:05:30.72 ID:tn+CvpM+0

ライト「よし、じゃあ明日の朝返そう
     それまで言う事を聞いてくれよ」

長門「1つだけと約束した」

ライト「だから、泊まるさいの内容も含めてだ。
    それができなきゃ返さないがどうする?」

長門「泊まる」


ライト(これでゆきりんの裸は僕のもの・・・)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:10:14.30 ID:tn+CvpM+0

ライト(ここからが今まで過去にない心理戦だ・・・気を引き締めないと)


ライト「じゃあ何しよっか?」

長門「何でも」

ライト「(なんでもだと・・・ゴクリ・・・でもいけないここで焦ったら負ける・・・
      いくらゆきりんで隙があるはずだ。その時を狙って・・・)
    そうだな・・・じゃあトランプなんてどうだ?」

長門「・・・」コクッ


・・・・
・・


ライト「クソッ!!!!なぜ勝てない!
    神経衰弱・・・ババ抜き・・・何をやってもだめだ!この僕が!」

リューク「クックック・・・」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:17:47.26 ID:tn+CvpM+0

ライト「あはは、ゆきりんは強いな。全然適わないや」

長門「・・・」


ライト(クッ!デスノートにさえ書ければいいんだが・・・
    まてよ・・・なぜデスノートに書いても死なない?

    リュークのさっきの素振りから死神の仲間かと推測したが・・・
    しかし今思えば、ゆきりんが死神なら矛盾するとことがいくつもある・・・

    ゆきりんは実は死神ではなく普通の人間
    ・・・まさか・・偽名!?)

ライト「リューク、目の取引だ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:25:01.36 ID:tn+CvpM+0

リューク「おいおい、あれだけ嫌がってたのに・・・
      人間っておもしろ!!!」

・・・
・・

リューク「よし、いいぞライト」

ライト「(よし・・・これでゆきりんの本名を・・・
     なに・・・これは!何も名前が出てこないぞ・・・)
    おい、リューク。騙したのか」

リューク「俺は嘘はついてない。テレビ見てみろ」

ライト「くそっ確かに・・・なぜゆきりんだけが・・・
    ゆきりん君は一体何者なんだ?」

長門「情報統合思念体によって造られた、対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」

ライト(何が何だか全然わからない・・・)

長門「つまり宇宙人」

ライト「(あぁ僕のゆきりんが実は宇宙人だったなんて・・・
     いや、だからこそ裸を見てみたい・・・
      僕にならできるはずだ!)
    それじゃあゆきりん、さっきの続きだ。すまなかったね」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:31:38.64 ID:tn+CvpM+0

・・・
・・


ライト「くっ・・・やはり勝てないのか・・・」
   (この流れでは今後何を言っても無駄か、
    こうなったら直接言うしかない)

ライト「なぁゆきりん、このままダラダラ続けても仕方がない。
    君も朝までこの調子ではつまらないだろう?
    だからこうしよう。
    今から数時間だけ君の体を僕に預けてくれないか?
    そうしたら泊まらずともノートを返そう
    それでいいか?」

長門「・・・」コクッ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 18:38:43.02 ID:tn+CvpM+0

ライト「(こんな簡単に・・・裸が見れる・・・?)
    ・・・じゃあ、脱がすよ」

長門「・・・」

ライト(はぁはぁ・・・これがゆきりんの下着・・・
    他の女とは比べ物にならないくらい美しい)

長門「・・・」

ライト「じゃあ下着も脱がすよ」

長門「・・・」

ライト(はぁはぁ・・・これがゆきりんの裸・・・
     これのためならデスノートも惜しくは・・・)
    「うっ!!!!!!!!!」

長門「あなたの名前を書いた
    約束どおり返してもらう」

ライト「ちくしょう・・・」


・・・終わり
クオリティ低くてすまん。
途中からわけわからんくなった

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:07:12.40 ID:tn+CvpM+0

意外と見てくれる人が多くて感激した
クオリティ低いが一応続きかく
最後まで書かないと気がすまない性分なんで・・・
色々と迷惑をかけるかもしれないから先に謝っておく。すまん。


キョン「あれ?長門?今日は読書じゃないんだな。
    そんな熱心に何を書いてるんだ?」

長門「何でもない」

キョン「そ、そうか・・・聞いて悪かったな・・・」

長門「いい」


リューク「ユキ、お前までライトの真似することないんだぞ。」

長門「犯罪者に紛れて目的を達成する」


みくる「キョン君・・・長門さん一人でブツブツ言ってますけど・・・」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:09:20.88 ID:tn+CvpM+0

そのころL・・・

竜崎「夜神月が死んでも裁きは終わらない・・・
  夜神月もキラに操られていたのか?
  それとも元々彼はシロだったのか・・・
   これではいつまで経ってもキラの手がかりは・・・」

松田「竜崎!例の事件の当日、長門有希とういう人物が月君の家にいたという情報が!」

竜崎「・・・期待は薄いでしょうが、その長門有希とやらを調べて見てください」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:14:37.17 ID:tn+CvpM+0

数日後   部室

ハルヒ「キョン!何やってるのよ!しっかりやらないと殺すわよ!」

キョン「勝手にしろよ・・・なんだってこの俺が・・・」

古泉「まぁまぁいいじゃないですか」


     捜査本部

松田「こ、この部活・・・一体なんなんですかね?」

竜崎「何かの宗教的な集まりかもしれません。
     それより長門有希の動向を」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:19:26.07 ID:tn+CvpM+0

さらに数日後  部室

バタン!!

ハルヒ「ん?誰?お客さん?」


相沢「長門有希、お前をキラ容疑で連行する!」


ハルヒ&キョン&みくる「な、なんだってー」

キョン「長門がキラ?嘘だろ?いや、しかしそんなことできるのは長門しか・・・」

みくる「キラってなんですか?どういうことなんですか〜!?」

ハルヒ「こ、これはSOS団はじまって以来の大事件だわ!」

相沢「と、とにかく来てもらうぞ・・・」

長門「・・・」コクッ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:27:12.73 ID:tn+CvpM+0

拷問室

竜崎「いいかげん喋ってくれませんか?長門有希・・・いやキラ・・・
    キラに成りすました偽者と言ったところでしょうか・・・
    あなたはキラである夜神月を殺して、キラの能力を奪った。
    もうそう考えるしかありません」

長門「・・・」

松田「す、すごいですね彼女・・・1週間も何も食べてないのに平気な顔をしてるなんて」

竜崎「少し、責め方を変えてみましょうか。
     今のままでは彼女には効果がないようですので」

相沢「竜崎!今の日本でそれはまずいぞ!」

竜崎「関係ありません。媚薬の準備を」

相沢&松田&模木「ゴクリ・・・」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:36:41.59 ID:tn+CvpM+0

2時間後


長門「・・・アン!!私がやりました。
    ノートは死神の物でそれを使って殺しました!
    だ、だからはやくち○こください!!
    私のま○こに入れてください・・・ハァハァ」

竜崎「・・・ふぅ・・・もういいでしょう。よくわかりました。
    あとはあなたたちで好きなようにしてください。」


        部室

ハルヒ「ねぇキョン・・・やっぱりユキがキラだったのかしら?」

キョン「あれ以来犯罪者が死なないとこみると、そうなんじゃないのか?」

ハルヒ「私、どうしても信じられないの・・・」

みくる「わ、わたしもです!」

ハルヒ「ねぇ・・・キョン・・・

キョン「わかってる、助けにいくんだろ?」

ハルヒ「キョン・・・よし!そうと決まったらSOS団出撃よ!!!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 19:43:22.22 ID:tn+CvpM+0

ハルヒ「どうやらここが捜査本部のようね・・・」

みくる「こ、こんなことして大丈夫なんですかぁ〜?」

キョン「そんなことも言ってられないだろ・・・
    待ってろよ長門・・・
    古泉が心臓麻痺で死んだのは
    お前のせいじゃないってことを証明してやる」

ハルヒ「あ、あそこに居るみたいだわ!行くわよ!」

       拷問室

長門「はぁはぁ・・・嬉しいですご主人さまぁ・・・
    もっと・・・もっとくださいぃぃぃ・・・」

松田「ゆきりんはこんなところも感じるのかいやらしいな・・・はぁはぁ」


ハルヒ「これって・・・」
みくる「ぅぅぅぅぅぅ・・・・」
キョン「長門・・・?」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「……恋?」