【ハルヒ】古泉と朝倉がロッカーに閉じ込めらたようです


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「あーあ、セックスしてえ」

ツイート

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/19(水) 08:14:03.70 ID:drp97X9vO

ハルヒ「んっ……あっ…はぁん…っあ…キョン……大好きよ…………」
キョン「くっ…俺もだ…ハルヒ……」


古泉「脅かそうとロッカーに入ったのに…」
朝倉「部室で何てこと…ロッカー開かないし」
古泉「開いたとしてもこの空気じゃ出られませんね」
朝倉「ガチホモとロッカーに二人きりなんて…」


ハルヒ「ああっ!キョン…キョン!!」
キョン「ハルヒ…ハルヒィ!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 08:19:25.04 ID:drp97X9vO

朝倉「す、凄いわね…アレが人間の生殖行為…」ドキドキ
古泉「狭いんであんまり動かないで下さい」

ハルヒ「ああっ!」
キョン「くっ!」
ハルヒ「はぁ…あ…」キョン「ハァハァ…」

朝倉「あ、終わったかな?」
古泉「彼らが居なくなればロッカーこじ開けれますね」


キョン「ハルヒ…」
ハルヒ「キョン…」

朝倉「はあぁぁ///…き、キスしてる」ドキドキ
古泉「クンクンこの髪の匂い…長門さん同じ!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 08:29:09.27 ID:drp97X9vO

朝倉「うわぁ…///江美里と会長のとはまた違うわね」
古泉「ハァハァ…この匂い、以前に長門さんと閉じ込められた時を思い出すハァハァ」


朝倉「ん?ちょっと髪の毛を引っ張っらな…ひゃ!お、お尻に何か当たってる!?」
古泉「ハァハァ…この匂い、この肌触り…堪らない…堪りませんよ」


ハルヒ「キョン…そろそろ…」
キョン「そうだな、両親が心配するからな」

朝倉「あうぅ…怖くて振り向けな…ふ!太もも触ってる!」ガタガタ
古泉「ハァハァむちむちの太ももハァハァ挟まれたいハァハァ」
朝倉「嫌だぁぁ!怖い!怖いよぉぉ!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 08:37:05.13 ID:drp97X9vO

キョン「よし…と。行くか」
ハルヒ「うん♪」


朝倉「い、行かな…むぐぅ!?」
古泉「ハァハァ…大声出したら涼宮さんに消されますよハァハァ」


ハルヒ「ん…?」
キョン「どうしたんだ?」
ハルヒ「今、誰かの声が…」
キョン「気のせいだろ」
ハルヒ「そうね」


ガチャ バタン カチャカチャ ガチャン


朝倉「ぷはぁっ!行っちゃった…」
古泉「朝倉さん、ロッカー開けてください」朝倉「開かないわよ!早く出たいよぉ… 長門さ〜ん」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 08:50:05.25 ID:drp97X9vO

―コンピ研部室―

コンピ研部長「次のゲーム制作の為に、このコスチュームを来てほしい」つ蒼星石コス
長門「……(これは…いつかのトラウマコスチューム…)」


コンピ研部長「ダメかい…?」
長門「…(着てあげたいけど…ロッカーと古泉を思い出す)」

コンピ研部長「…む、無理を言ってすまなかった。いつも通り…」

長門「き、着る」
コンピ研部長「へ?KILL!?」ビクゥ
長門「着用する。貸して」

コンピ研部長「ありがとう!さぁ、皆!出ていくぞ!」
ゾロゾロ

長門「はぁ…古泉一樹との嫌な思い出が蘇る…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 09:03:07.70 ID:drp97X9vO

古泉「やはり開きませんか…まぁじっくり匂いと感触を楽しめるなら構いません」サワサワ
朝倉「いやぁぁ!どこ触っ…匂いを嗅ぐなぁ!」

古泉「んん〜ロリにしか興味無かったんですが、朝倉さんの身体…堪りませんwww」
朝倉「んんっ…くっ…出たら…殺して…あはぁ!」

古泉「フヒヒヒwwwムチムチスベスベですねwww」サワサワスリスリフニィフニィ

朝倉「ひゃう!そ、そこは…ああっ!」
古泉「ハァハァ…いけませんね…僕の股間のドミナントが完全に戦闘体制に…」

朝倉「ヒィ!や、止めて…」ガクガクブルブル
古泉「ん?何を止めて欲しいんですか?ちゃんと言わないとわかりませんよ?」ニタァ

32 名前:二人 密室 ロッカーにて[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 09:22:41.66 ID:drp97X9vO

朝倉「うっ…」
古泉「どうしたんですか?言わなきゃわかんないですよ?」ムニムニ

朝倉「あぅっ!はぁぁ…ひぅっ…お、お尻を」
古泉「お尻を?」ニヤニヤ
朝倉「さ、触…」
古泉「うん?」胸をムニュウ
朝倉「!?ひゃ…って…」
古泉「フヒヒヒwwwそんなにお尻を触って欲しいんですかwww」

朝倉「ち、違う…!」
古泉「まぁまぁ、遠慮しなくていいですよ。失神するまで触ってあげますよ」
朝倉「ひ、嫌だぁ!誰か!誰かぁ!」

古泉「お尻だけじゃあ物足りないんじゃ無いんですか?触ってあげますよ…色々と」フゥ

朝倉「ひゃあ!…耳に息を吹き掛けるな気持ち悪い!」
古泉「あはは、今の僕には誉め言葉ですよ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 09:41:46.18 ID:drp97X9vO

朝倉「うわぁぁぁ!触るな触るな触るなぁ!」
ガタガタガタ
古泉「ふぅ…あんまり本気で嫌がられると萎えちゃいますね」
朝倉「(助かった!?)」ガタガタ

ガゴン!
朝倉「あ…開いた!」
古泉「開いちゃいましたか…残念です…」
朝倉「はあぁぁぁ…た、助かった…」ヘタン

古泉「んん!こ、これは!」
朝倉「へ?」
古泉「微妙に汗をかき、髪も少し乱れていて、助かった時の嬉しそうな顔!」
朝倉「あ、え?な、なんか嫌な予感が…」

古泉「これは…匹敵するか(ロリに)」ギンギン

朝倉「ヒイィィ!や、やだぁ!」ダッ
古泉「よく見ると怯えた表情も良いですね…」

朝倉「か、鍵が開かない!?そんな…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 09:53:14.83 ID:drp97X9vO

朝倉「ううぅ…こうなったら!」シャキーン
朝倉「貴方をここで始末してやるわ!」

古泉「おやおや、女の子がそんな物騒な物…」スッ
朝倉「触るなぁぁ!ハァハァ」ブン
古泉「おっと…危ないですね」ニコニコ


朝倉「それ以上ハァハァ近づいたら殺してやるハァハァ」
古泉「ふふ…これは困りましたね」


―廊下―
コンピ研部長「長門くんの着替え盗撮はどうなった?」
部員A「完 壁 で す」
部員B「あとは呼ばれるのを待つだけです」
コンピ研部長「そうか、なら良い」


長門「カメラ…。後で亀甲縛りのうえ拷問しよう」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/19(水) 12:01:37.56 ID:drp97X9vO

古泉「落ち着いて下さい朝倉さん」
朝倉「うるさい!それ以上近づいたら本当に刺すわよ!」

カチャ
朝倉「開いた…!これでや」
バァン!
朝倉「ブッ!」
鶴屋「イャッホー!みくる居るかい!」
朝倉「あうぅぅ…」バタ

鶴屋「あれれ〜?朝倉っち、こんなところで風邪引くよ?」ツンツン
古泉「鶴屋さん、朝比奈さんなら職員室ですよ」
鶴屋「おお、ありがとう古泉くん!じゃぁねー」

バタン

古泉「朝倉さん、生きてますか?」
朝倉「長門…さん…」バタ
古泉「…家に運びますか」


一応これで終了。
夜まであったら続き書く



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハニー・ポッター「来るものは来る、来た時に受けてたてばいいのよ。勝つのは、私よ」