古泉一樹のホワイトデー


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「蟹工船読んだ・・・共産党入ろう」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 19:32:39.12 ID:7SghiEyC0

古泉「キョン君、今日が何の日かはご存知ですね?」
キョン「今日?確か今日は3月14日・・・ホワイトデーだな」
古泉「そう、ホワイトデーにはバレンタインのお返しをしなくては・・・」
キョン「何が言いたいんだ、お前は?」
古泉「とぼけてもらっては困ります」
キョン「ま、まさか・・・」
古泉「ようやく思い出しましたか、この間のバレンタインのことを・・・」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 19:42:45.06 ID:7SghiEyC0

キョン「待て待て!何で俺が男のお前にお返ししなきゃならんのだ?」
古泉「性別など関係ありません」
キョン「いや、関係なくねーだろ」
古泉「おっぱっぴー」
キョン「うるせえ!」
古泉「それはともかく、僕にお返しをする義務がキョン君にはあるんです」
キョン「人はそれを厚かましいというんだが、分かってるか?」
古泉「人の話をそらすとは感心できませんね」
キョン「話をそらしてるのはお前だろうに・・・チッ、分かった分かった、何をプレゼントすればいい?」
古泉「ふっふっふ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 19:55:26.06 ID:7SghiEyC0

キョン「何なんだ、その不気味な笑いは!?」
古泉「気にしないでください」
キョン「お前!何いきなり人のズボン下ろしてるんだ!」
古泉「気にしないでください」
キョン「気にするわ!」
古泉「ふう・・・これは素晴らしい怪物ですね」
キョン「人の局部をしげしげ眺めるな!」
古泉「それではいただきます」
キョン「や、やめ・・・」

(中略)

古泉「ふふふ、キョン君のはち切れんばかりの生命力・・・極上の美味でした」
キョン「お、男に大事なところを加えられてしまった・・・その上男の口なんかに・・・」
古泉「これが僕のホワイトデーですよ、キョン君」
キョン「もうお前のことなど知らん」
古泉「これは義理というわけですか・・・残念です」
キョン「もうしゃべるな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 20:02:34.62 ID:7SghiEyC0

古泉「ところでキョン君は朝比奈さんへのお返しは済ませましたか?」
キョン「ああ、さっきな」
古泉「朝比奈さんへはきちんとお返ししたというのに、僕へのお返しはスルーというわけですか」
キョン「ちなみにお前からもらったチョコは、ためらわず捨てたからな」
古泉「え?」
キョン「お前からもらったもんなど食えるか!精液でも混ざってそうだったし・・・」
古泉「・・・・・・」
キョン「その沈黙・・・き、貴様ぁ!」
古泉「愛ですよ、愛」
キョン「やかましい!ああ、危ないところだったぜ・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 20:10:47.88 ID:7SghiEyC0

キョン「そ、そういえばお前も朝比奈さんにもらってたよな」
古泉「はい」
キョン「お前こそ朝比奈さんへのお返しは済ませたのか?」
古泉「もちろん・・・ですが僕の本命はキョン君だけですから」
キョン「その話はもういい」
古泉「苦労しましたよ、朝比奈さん以外にも何人の女性からチョコをいただいたことか・・・」
キョン「お前は俺に嫌がらせしたいんだな?」
古泉「全員に僕の精液を渡すのは大変でした」
キョン「ああ!?」
古泉「この1ヶ月間、毎日毎日・・・おかげでしばらくその気になれませんよ」
キョン「お前は馬鹿か!」
古泉「何を怒ってるんですか?」
キョン「・・・・・・」
古泉「あれ?キョン君、どこへ行くんですか?キョン君?」

みくる「ひぁあああああああああ!何ですかこれぇぇぇえええ!」


めでたしめでたし

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/14(金) 20:11:46.80 ID:7SghiEyC0

応援ありがとう
後は好きにしてくれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:柊かがみの目の前で泉こなたを殺したい