長門「…さよなら私の恋。…グッバイマイラブ。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:吹雪「司令官!そ、その……好きです!」

ツイート

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:15:05.70 ID:lgT15YnxO

いつものように扉を開けると、いつもと違う彼女がいた。

長門「ぜあいずのーうぇいあいきゃんふぉーるだうん……♪」

キョン「な……長門……!?」

長門「…………」

はっと俺に気が付き、冷静さを主張するかのようにゆっくりと本に目を落とす長門。
だが……俺は見た……聞いた……お前が歌を歌ってるとこを……。

そう思うと、俺はテンションが上がってきた。

キョン「うおおおおおおおおおおおおっ!!!!」

長門「…………っ!?」

キョン「そうかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!そうなのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

長門「?」

キョン「お前はミュージシャンになりたいのかっっっ!!!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:22:27.14 ID:lgT15YnxO

長門「……ちが」

キョン「プロデュースなら俺に任せろぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!」

キョン「俺は平成のつんく♂と呼ばれた男だからなぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

取り合えず俺は、放送室をジャックした。

キョン「デュクシデュクシ」

放送委員「ギャース!!!」

キョン「さあ長門!!!存分に歌うがいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!!!」

長門「……うたわ……ない……」

キョン「あー、テステス、本日は晴天なり」

長門「うたわ……」

キョン「全校のクソったれ共、こんにちわ」

キョン「今日この場この時間から」

キョン「長門ちゃんが歌いまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁすっ!!!!!!!」

長門「…………ぅぇ…………」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:27:39.36 ID:lgT15YnxO

キョン「ファッキン拍手!!ダイナマイト拍手を頼むぜベイベェェェェェェッッッ!!!!」

長門「…………」

キョン「長門!やれ!」

長門「…………」

キョン「ミュージックは俺だ!だからお前のロックを見せてくれ!!」

長門「…………」

キョン「ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪」

長門「…………」

キョン「ウォォォーーーーッウォッフォッオオォォォーーー♪」

長門「…………」

キョン「ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪ズンズン♪チャッ♪」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:42:38.62 ID:lgT15YnxO

キョン「ハイ!ハーイ!」

長門「…………」

キョン「NA・GA・TO!NA・GA・TO!」

長門「…………」

キョン「……?」

いったいどうしたというのだろうか?
なぜ長門は俺が手拍子しても歌わないんだ?

……そうか……!!

キョン「ゆっきーガンバ!ゆっきーガンバ!!」

長門がアイドル路線がいいのだろうと察した俺は、秋葉的な踊りを踊りながら声をかけた。

キョン「ファイファイ、ゆっきー!ゆっきー」

キョン「ガンバァァァァァァァァァァァァッッッ!!!!!!!!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:49:23.76 ID:lgT15YnxO

その場に足らない物に気付いた俺は放送室の扉を蹴破り、音楽室に向かった。

古泉「おや、キョン君……」

みくる「血相変えてどうしたんですかー?」

音楽室には管楽器を持ったタコ二人がいる。

古泉「ああ、そうだ、もし良かったら貴方もトランペットなどやりま――」

キョン「懐かしのジタン!!!!」

古泉「がっはっーーー!!!」

俺はホモ顔の胸にヘッドバットをくれてやった。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:54:18.25 ID:lgT15YnxO

みくる「きゃあああああああああああ!!!!!!」

キョン「タンバリンはどこじゃー!!タンバリンはどこじゃぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!」

そう。
アイドルを目指す長門のバックコーラスになにより必要なのは、タンバリンなのだ。
俺はそれを探しにきたのだ

みくる「ピッコロの手下はいないですよーーーーーーー!!!!!!」

キョン「うっさいわモンスターバスト!!!」

あちこち探す。
でも見つからなーい。

キョン「もういい!!貴様の胸を貸せっ!!!!!!」

みくる「あららーーー!!キョン君が発狂しましたわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 08:58:33.12 ID:lgT15YnxO

俺はCoCo壱真っ青の1500グラム胸を抱えて走った!

走った!!

未来へ!!!

キョン「帰ったぞ長門ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

放送部員「ふざけるな、貴様!このような狼藉を――」

キョン「お前にはオプーナを買う権利をくれてやろう」

キョン「行け!山田電気へ!!!」

放送部員「あざーすっ!!!!!!」

邪魔者は消えた。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 09:01:02.66 ID:lgT15YnxO

キョン「さあーーー長門!行くぞ!!!」

長門「…………」

キョン「ワンットゥーッスリッフォー」

ボインッ♪ボインッ♪ボインッ♪ボインッ♪

打楽器を鳴らす俺。

キョン「ピュー♪ピュッピュッピュ〜〜〜♪」

そして口笛。

長門「…………」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 09:04:51.88 ID:lgT15YnxO

なんだ?
まだなんか足りないのか?

キョン(しかたねー……)

ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪

俺は自分の尻を叩いた。

さしずめ――照れるけど――シンバルって感じかな……

長門「…………」

ボインッ♪ボインッ♪ボインッ♪

ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪

キョン「ピュー♪ピュッピュッピュ〜〜♪ピューピュー♪」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 09:11:12.16 ID:lgT15YnxO

長門「…………」

キョン(……来い!長門!)

ボインッ♪ボインッ♪ボインッ♪

ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪

長門「…………」

キョン(スターに……なるんだろ……!?)

ボインッ♪ボインッ♪ボインッ♪

ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪ぴしゃんっ♪

長門「……――♪」

キョン(歌っ……!!?)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 09:14:31.55 ID:lgT15YnxO

長門「コツコツとアスファルトに刻〜む、足音を踏みしめるたびに〜♪
 俺は俺で在り続けたい〜そう願った♪」

キョン「っ!!?」

長門「裏腹な心たちが見え〜て♪やりきれない夜を数え〜♪
 のがれられない闇の中で今日も眠ったふりをする〜♪」

キョン(……これは……)

俺は驚いた。
何故ならこの歌は、長渕剛の“とんぼ”だったからだ……。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/08(土) 09:17:34.78 ID:lgT15YnxO

キョン(長門……お前ってやつは……)

ボインッ♪ボインッ♪ボボボインッ♪

長門「あ〜あ〜♪しあわせのー♪とんぼよぉぉぉぉぉぉぉぉ♪どこ(ry」

キョン「人様の曲パクんなああああああああああああああああああああっ!!!!!!」

俺は長門を殴り飛ばした。






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「ヤンデレ?」168「……」青葉「……」