ハルヒ「みくるちゃん、また明日ね!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネオ「ジャイアンを負かそうと思う」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 01:30:01.96 ID:8XuesNmI0

みくる 「はい、また明日」
ハルヒ「行くわよ、キョン!ちゃんとポテトもつけるのよ!」
キョン 「分かった分かった」
長門 「…また」
みくる 「は、はいっ! また明日」
    「古泉くん、またあし…」
古泉 「………」
みくる 「あ…」
    「………」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 01:34:55.46 ID:8XuesNmI0

とぼとぼ

みくる「…はぁ」
古泉 「何か嫌な事でもあったんですか?」
みくる「え…!? ひゃあっ」
古泉 「おっと、大丈夫ですか?」
みくる「こ、古泉くん!? ど、どうしてここにっ」
    「さっき、ばいばいしたはず…」
古泉 「僕は挨拶していませんよ?」
みくる「…あ…」
古泉 「すみません、無視したつもりではないのですが」
    「少し、お話があるんですが…よろしいですか?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 01:40:25.71 ID:8XuesNmI0

みくる「さっき言ってくれれば良かったのに…私、少し傷ついちゃいましたよ」
古泉 「すみません。驚かせたかったもので」
みくる「とってもびっくりしちゃいましたよぉ」
古泉 「コーヒー、お飲みになって下さい。僕の奢りですから」
みくる「そんな…悪いです」
古泉 「驚かせてしまったお詫びですから」
みくる「いいんですか?」
古泉 「そんなに遠慮しないで下さい」
みくる「は、はい…ありがとうございます」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 01:47:22.18 ID:8XuesNmI0

古泉 「それに、いつも美味しいお茶をご馳走になってますからね」
    「ケーキやパフェも頼んでいいですよ」
みくる「そ、そんなっ…美味しいって、その言葉だけで十分嬉しいです」
古泉 「うーん、そうですか。残念です」
みくる「あ…じゃ、じゃあ、今度古泉くんがお茶を淹れてください」
古泉 「僕が、ですか?」
みくる「はい。古泉くんが淹れてくれたお茶、飲んでみたいです」
古泉 「…では、今度淹れてみましょう。朝比奈さん、やり方教えて下さい」
みくる「は、はい。私で、よければ…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 01:54:35.63 ID:8XuesNmI0

みくる「それで、話って…」
古泉 「………」
みくる「古泉くん?」
古泉 「朝比奈さんは、恋ってどんなものだと思いますか?」
みくる「ふぇ? こ、恋…ですか?」
古泉 「はい。恋、です」
みくる「え、えっと…そうですね…、楽しいもの…かなぁ」
古泉 「…楽しいもの、ですか」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:03:08.49 ID:8XuesNmI0

みくる「好きな人の事を考えると、楽しくなったりしませんか?」
    「明日話せるかな、とか…会えるかな、とか…」
古泉 「………」
みくる「話しかけられたら、本当に嬉しくなっちゃったり…」
    「さっきなんて私、心臓が…」
古泉 「…さっき?」
みくる「ひゃあっ! な、なんでもないですっ」
古泉 「答えて下さって、ありがとうございます」
みくる「す、すみません、お役に立てたかどうか…」
古泉 「とても立ちましたよ」
みくる「あ…そうだ、古泉くんはどんなものだと思いますか?」
古泉 「僕ですか」
    「僕は…切ないものだと思います」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:09:55.41 ID:8XuesNmI0

みくる「…切ない?」
古泉 「はい。とても切ないものだと思いますね」
みくる「それは、どうしてですか…?」
古泉 「相手の方に好きな人がいたら…と考えると、切なくなりませんか?」
    「話しかけて嫌われないか、とか」
みくる「………」
古泉 「好きな人が、他の男性と楽しそうに話していたり…」
みくる「でも、それは…」
古泉 「叶わない恋、だったり」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:23:55.66 ID:8XuesNmI0

みくる「かなわ、ない…?」
古泉 「あなたなら、分かりますよね?」
みくる「…え…」
古泉 「なんて、冗談ですよ」
    「朝比奈さんと逆の事を言ってみただけです」
みくる「…も…もう、古泉くん、いじわるです…」
古泉 「すみません。でも、本当に切ないものだと思っていますよ」
みくる「古泉くんは、今…恋を、してるんですか?」
古泉 「…はい。しています」
みくる「あ…相手の、方は…」
古泉 「………」
    「長門さん、です」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:31:28.85 ID:8XuesNmI0

みくる「……ぁ…」
    「な…長門、さん…」
古泉 「はい」
みくる「そ…そうだったんですかぁ!しっ、知りませんでした」
古泉 「悟られないよう、努力していますから」
みくる「凄いです、全然…わ、分かりませんでしたっ」
古泉 「秘密ですよ? 朝比奈さんしか知りませんからね」
みくる「大丈夫、です。私、口は堅いです」
古泉 「そうですか。つい言ってしまったのですが、安心しました」
みくる「え、えへへ…わ!私、応援しちゃいますっ」
古泉 「いいですよ、そんな事しなくても」
みくる「大丈夫ですっ、ちゃんとばれないように、こっそり応援します」
古泉 「…ありがとうございます」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:37:42.79 ID:8XuesNmI0

みくる「コーヒー、ごちそうさまでした」
古泉 「いえ、こちらこそ。お話を聞いて下さってありがとうございます」
    「…楽しかったです」

――――――――――――――――――――――――――――――

「朝比奈さんは、恋ってどんなものだと思いますか?」
「僕は…切ないものだと思います」

――――――――――――――――――――――――――――――

みくる「…わ、私…も、楽しかった、です」
古泉 「またよろしければ、相談に乗ってください」
みくる「私でよければ、い、いつでもっ」
古泉 「では、また」
みくる「はいっ、さよなら」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:46:51.20 ID:8XuesNmI0

みくる「…恋は、楽しいもの…」
    「ふふ、私、何言ってるんだろう」
    「私は恋をしちゃダメな人間なのに…」
    「いつか、未来に帰らなきゃいけないのに…」
    「なんでそんな大事な事を忘れて…古泉くんに、恋しちゃってるんだろう…」
    「…ふ…うっ…やだよぉ…」
    「おっ、応援なんて…したくない…」
    「…ふえぇっ…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 02:56:14.17 ID:8XuesNmI0

古泉 「こんにちは」
ハルヒ「あら、古泉くん。遅かったわね」
古泉 「すみません、担任に頼まれ事をされてしまいまして」
ハルヒ「ふぅん、大変ね」
みくる 「古泉くん、お茶どうぞ」
古泉 「ありがとうございます。すみません、お茶淹れれませんでしたね」
    「今度早く来れた時にでも…」
みくる 「いいんですっ!」
古泉 「え…」
みくる 「い、淹れるなら私にじゃなくて、その…あっ、えっと…」
古泉 「…僕が淹れたお茶、飲みますか?」
キョン「いらねぇよ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:08:36.79 ID:8XuesNmI0

古泉 「今日は、メイドさんじゃないんですね」
みくる 「は、はい…今日は…」

パタン

ハルヒ「あら、もうそんな時間? じゃ、帰りま…」
みくる 「あのっ、長門さん! 今日は戸締りお願いしますっ」
長門 「……?」
みくる 「涼宮さん、キョンくん、一緒に帰りませんかっ!?」
ハルヒ「い、いいけど…どうしたの? みくるちゃん」
みくる 「さぁ、早く行きましょ…ひゃあっ」
キョン 「朝比奈さんっ!? 大丈夫ですかっ」
みくる 「だ、大丈夫です。古泉くん、長門さん、また明日っ」
ハルヒ「ちょ、ちょっとみくるちゃん…」
キョン 「なんだなんだ」

バタンッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:15:51.79 ID:8XuesNmI0

古泉「………」
長門「朝比奈みくるがおかしい」
古泉「驚きましたね」
長門「…あなたも、おかしい」
古泉「僕は普段通りですよ」
長門「………」
古泉「戸締り、僕がしておきます」
長門「……分かった」
古泉「長門さん、また明日」
長門「…また」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:25:10.32 ID:8XuesNmI0

ガチャ

キョン「…何してんだ、古泉」
古泉 「あなたこそ、どうしたんですか? 先程帰られましたよね」
キョン「上着忘れたんだよ」
古泉 「そうですか」
キョン「で、お前は何してんだ」
古泉 「見て分かりませんか? お茶を淹れてるんです」
キョン「どうして」
古泉 「…飲みますか?」
キョン「………」
古泉 「失敗してしまいましたが」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:35:29.41 ID:8XuesNmI0

ハルヒ「ったく、遅いわね!キョンのやつ!」
みくる 「………」
ハルヒ「…ねぇ、みくるちゃん。何かあったの?」
みくる 「え…? な、何にもないですよ…」
ハルヒ「あたしに嘘つくつもり?」
みくる 「うっ、嘘なんか…、あれ…」
ハルヒ「何もなかったら涙なんて出ないわよね?」
みくる 「…こ、これは…」
ハルヒ「誰かに何かされたの? もしそうだったらちゃんと誰か言いなさい」
    「あたしがぶん殴って来てあげるから!」
みくる 「す…涼宮、さん…ふっ…ふえぇっ」
ハルヒ「まったく、団長に隠し事なんて許されるわけないじゃない」
みくる 「…うぅっ…くっ…」
ハルヒ「落ち着いたら、ちゃんと話すのよ!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:44:02.90 ID:8XuesNmI0

キョン「まずい」
古泉 「なかなか朝比奈さんのようにはいかないですね」
キョン「古泉、何かあったのか」
古泉 「…驚きました。あなたからもそんな事を言われるなんて」
    「長門さんにも言われてしまいましたよ」
キョン「俺が気づいて、長門が気づかないわけないからな」
古泉 「おかしいですね、僕は普段通りに振舞っているはずなんですが」
キョン「今日のお前は変だ。いつも変だけどな」
古泉 「傷つきますね」
キョン「で、何があったんだ? お前が弱ってるところを見れそうだから聞かせろ」
古泉 「…困ったものですね。まぁ、あなたならいいでしょう」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:52:44.64 ID:8XuesNmI0

古泉 「僕に好きな人がいるのは、ご存知ですか?」
キョン「存じてない」
古泉 「そう思っていました」
キョン「マジなのか?」
古泉 「マジですよ。ですが、叶わない恋です」
キョン「叶わない恋?」
古泉 「はい。叶わない恋です」
キョン「…なぜ俺を見つめる」
古泉 「なぜでしょう?」
キョン「なぜ視線を外さない」
古泉 「なぜでしょう?」
キョン「………」
古泉 「………」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 03:59:45.79 ID:8XuesNmI0

古泉 「言っておきますが、あなたじゃありませんよ」
    「僕は至ってノーマルな人間です」
キョン「今、凄くホッとした」
古泉 「あなたは僕をどんな人間だと思っているんですか」
キョン「冗談だ、冗談」
古泉 「人と話をするときは相手の目を見て…」
キョン「分かったから。さっきの続きをしろ」
古泉 「…僕は…」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 04:08:53.37 ID:8XuesNmI0

キョン「なるほどな…」
古泉 「…僕は怖いんですよ。傷つく事が」
キョン「お前さ」

バンッ!

キョン「のわあっ! びっくりした…って、ハルヒ?」
ハルヒ「キョン! 行くわよ!」
キョン「えっ? うわ、引っ張るな! ぐ、ぐるじ…」

バタン

古泉 「………」
みくる「……あ、あの」
古泉 「お茶」
みくる「え…?」
古泉 「お茶、淹れますね」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 04:22:29.73 ID:8XuesNmI0

古泉 「美味しくありませんね」
みくる「そ、そんな事は…」
古泉 「いいんですよ。無理しなくても」
みくる「…少し、渋いです」
古泉 「………」
    「どうして、戻ってこられたんですか?」
みくる「………」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 04:36:52.22 ID:8XuesNmI0

――――――――――――――――――――――――――――

ハルヒ「なるほどね」
みくる 「…もう、いいんです…私…」
ハルヒ「ダメよ! まだ想いを伝えてないじゃない」
みくる 「…でも…古泉くんは、長門さんが好きだって…」
    「私、失恋しちゃってます…想いを伝えても…」
ハルヒ「みくるちゃんはそれでいいの!?」
みくる 「……よくない、です…私…古泉くんの事…好き、です」
ハルヒ「あたしに言ってどうするのよ」
みくる 「…無理、ですから…」
ハルヒ「どうせ無理だと思うなら、きちんと想いを伝えなさい」
    「それに、今の状態を失恋とは言わないわ」
    「きちんと想いを伝えて、振られたら、失恋って言うのよ」
みくる 「……わ…たし…」
ハルヒ「あー、もう! じれったいわね! 行くわよ、みくるちゃん!」
みくる 「…え? ひゃあぁっ」

――――――――――――――――――――――――――――

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 04:48:52.12 ID:8XuesNmI0

みくる「…こ、古泉く」
古泉 「朝比奈さん」
みくる「あっ…は、はい…」
古泉 「僕があなたに、コーヒーを奢った日、何日か覚えていますか?」
みくる「……四月、一日…?」
古泉 「はい、四月一日です。何の日か知っていますか?」
みくる「エイプリル…フール…」
古泉 「そうです。実は、僕はあなたに嘘をつきました」
    「どれが嘘か、分かりますか?」
みくる「…え…っと…こ、恋が切ないこと…ですか?」
古泉 「残念ながら、それは本当です」
    「僕がついた嘘は、『長門さんが好き』だという事です」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 05:10:17.55 ID:8XuesNmI0

みくる「…え?」
古泉 「僕が好きなのは、あなたです」
みくる「……ど、うして…嘘を、ついたんですか」
古泉 「怖かったからです」
みくる「怖い…?」
古泉 「あなたが僕を好いて下さっていたのは、分かっていました」
    「ですが、あなたは未来人で、僕たちは…敵対組織です」
みくる「………」
古泉 「許されないことですから。僕たちが、想い合う事は」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 05:26:01.50 ID:8XuesNmI0

古泉 「あぁ、組織が怖いわけではありませんよ」
    「僕が怖いのは、あなたを失うことです」
みくる「…私、を…?」
古泉 「あなたは、いつか帰って…いや、帰らされてしまいますよね」
    「僕たちが付き合っていたりしたら、あなたはきっと、今より泣いてしまうはずです」
みくる「あ……」
古泉 「その姿を見てしまえば、本当にあなたを失うという事を嫌でも実感させられますから」
みくる「…だから…嘘を…?」
古泉 「…長門さんの名前を嘘に使うのは気が引けましたが、長門さんも良いとおっしゃって下さったので」
    「あなたに諦めてもらいたかったんです、僕を」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 05:39:29.02 ID:8XuesNmI0

古泉 「そして僕も、あなたを諦めたかった」
    「でも、無理でしたよ。あなたを諦めるなんて」
みくる「………」
古泉 「僕は弱い人間なんですよ」
    「大きい傷を作りたくないから、先に小さい傷を作ろうとしたんです」
   「でもあなたを傷つけた事が、一番自分を傷つけていました」
みくる「古泉くん…」
古泉 「ごめんなさい、朝比奈さん」
    「僕は、あなたが好きです」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 05:49:19.72 ID:8XuesNmI0

みくる「…私も…古泉くんの事が…」
    「…ぁ…」
古泉 「禁則事項、ですか?」
みくる「……古泉くんの、事が…」
古泉 「泣かないでください。大丈夫です、分かっていましたから」
    「あなたの気持ちは、伝わっています」
みくる「…古泉、くんが…」
古泉 「ありがとうございます」
みくる「ごめんなさ…い…」
古泉 「謝らないでください。悪いのは僕ですから」
みくる「…違います。誰も、悪くないです…誰もっ…」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 06:14:51.41 ID:8XuesNmI0

古泉 「朝比奈さん」
みくる「はい」
古泉 「手を繋いで帰りましょうか」
みくる「はい…」
古泉 「怒られてしまいますか」
みくる「分かりません」
    「でも、今は…普通の高校生、ですから」
古泉 「そうですか。では、いつか二人で普通に遊びに行きましょう」
    「普通に手を繋いで街を歩いたり、普通にキスをしましょう」
    「そして…普通に笑顔で、別れましょう」
みくる「…はい…」
    「きっと、とっても楽しくなります」
    「恋は…楽しいもの、ですから」


終わり

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 06:24:04.65 ID:8XuesNmI0

          r´    / l ヽ  \ 、ヽ            __rく>
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ          └ ¨Z/′
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、         {て_ ィ
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|             _, ̄rz_
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|             〉´マ/ヽヽ
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !           . {.(>,、>ノノ
           l\l|    |    //ィ N              `¨ ,-ァ
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _         / /-.
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |      .  / /´{ し'〉
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ       `_t‐ュ二
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ      └ ァ,∠
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ     <イ.ト-′
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l       └' 

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 17:59:10.11 ID:8XuesNmI0

ハルヒ「ちょっとキョン!いつまで寝てるのよ!次の授業始まるわよ!」
キョン 「うるさい。まだ休み時間だろ」
ハルヒ「バカなんだから、ちゃんと授業聞きなさいよね!」
    「団員にバカがいるのは、団長として恥ずかしいのよ!ふん!」
谷口 「怒られてばっかだな、お前」
キョン 「好きで怒られてるわけじゃない」
国木田「仲良いよね」
キョン 「そうかぁ…?」
国木田「うん。あ、先生来たよ」
谷口  「寝たらまた涼宮に怒られっぞー」
キョン 「はぁ…」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:06:16.49 ID:8XuesNmI0

キョン 「(眠い)」

コンッ

キョン 「ん? 手紙?」
ハルヒ「………」
キョン 「(ハルヒか。えーっと、なになに?)」
    「『キョン、さっきはごめんね。昼休み、部室の前に来て!』…?)」

キョン 「…はい?」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:09:04.68 ID:8XuesNmI0

キョン 「谷口、俺を殴ってくれ」
谷口 「は? 何だよ、突然。それより飯食おうぜ」
キョン 「いいから殴れ! 軽く」

ベシッ

谷口 「これでいいのか?」
キョン 「痛い…夢じゃないのか」
国木田「どうしたの?」
キョン 「なんでもない…俺、ちょっと用事があるから。お前ら二人で食ってろ」
谷口 「…何なんだ?」
国木田「さぁ?」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:16:11.65 ID:8XuesNmI0

キョン 「(部室の前か…ん? 挙動不審の人物が…)」
    「って、ハルヒ?」
ハルヒ「あっ…キョン!」
キョン 「お前、さっきの手紙…」
ハルヒ「あ、あのね、キョン。さっきはみんなの前で怒鳴ってごめん、ね」
キョン 「!?」
ハルヒ「あたし、みんなの前じゃ…す、素直になれなくて、ああいう態度取っちゃって」
キョン 「いや、え?その…ハルヒ?」
ハルヒ「…そそ、それで、今日はキョンにお弁当を…作って」
キョン 「弁当…?」
長門 「………」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:19:51.53 ID:8XuesNmI0

ハルヒ「ゆ、有希っ」
キョン 「え? 長門?」
ハルヒ「…ちょうど良かったわ! 有希、一緒にご飯食べましょ!」
    「キョン、あんたこんなところで何やってるわけ? あんたは教室で谷口達と仲良く食べてなさい!」
キョン 「お、おい、ハルヒ! お前さっき弁当…」
ハルヒ「これはあたしの弁当よ! ふん!」
    「じゃ、行きましょ、有希!」

バタンッ

キョン 「な、なんなんだ…?」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:23:04.26 ID:8XuesNmI0

ハルヒ「………」
長門 「…良かったの?」
ハルヒ「えっ? なにが?」
長門 「…それ」
ハルヒ「何言ってるの、これはあたしのお弁当よ。あたしが食べるの」
長門 「…そう」
ハルヒ「いっただきます!」
    「うん、美味しいわ。有希、一口どう?」
長門 「…いい」
ハルヒ「そ! さすがあたしよね〜」
長門 「………」

ハルヒ「(早起きしてキョンの為に作ったのに…うぅ、あたしのバカ…)」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:26:43.58 ID:8XuesNmI0

谷口 「なんだ、もう用は済んだのか?」
キョン 「………」

ボカッ

谷口 「いてっ! なにすんだよ、キョン!」
キョン 「他人の夢でもないのか」
谷口 「…お前、変だぞ」
キョン 「うるせぇ」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:31:56.45 ID:8XuesNmI0

とぼとぼ

ハルヒ「あ…」
キョン 「ハルヒ…」
ハルヒ「キ、キョン! 今日はいつもより早めに部室に来るのよ!」
    「いい!? 遅かったら死刑だからね!」
キョン「あ、あぁ…」
    「(普段通りだ。さっきのは、何だったんだ…?)」
ハルヒ「(みんなが来てないときならちゃんと話せるはず…頑張るのよ、あたし!)」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:42:34.73 ID:8XuesNmI0

キーンコーンカーンコーン

キョン 「ハル…」
ハルヒ「早く来なさいよアホキョン!」

ビュンッ

キョン 「ヒ…」
国木田「涼宮さん、早いね」
キョン 「…俺も行くか。じゃあな」
国木田「うん。また明日ね、キョン」
谷口  「おう、またな!」
国木田「谷口は掃除当番でしょ」
谷口  「お前も手伝え」
国木田「嫌だよ。じゃあね」
谷口  「………」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 18:55:43.56 ID:8XuesNmI0

ガチャッ

ハルヒ「キョン!」
キョン「お、おう。来たぞ」
ハルヒ「あああの、あのね!あのお弁当…本当はキョンの為に作ったの!」
    「でもその…有希が来て、私、つい。明日も作ってくるから、その…食べてくれる?」
キョン「………」
ハルヒ「嫌ならいいのよ? 大丈夫だから、ハッキリ言って」
キョン「…食べる。食べたいから、作ってきてくれ」
ハルヒ「い…いい、の?」
キョン「ああ」
ハルヒ「ありがとう…キョン」
キョン「礼を言うのはこっちだ」
ハルヒ「お礼は、食べてからがいい」
キョン「…そうか」
ハルヒ「えへへ、良かった」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 19:03:34.68 ID:8XuesNmI0

キョン「顔、真っ赤だな」
ハルヒ「うるさいわよ、ばか…」
キョン「はは」
ハルヒ「あ…あのね、キョン」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「わわ、わた、わたし…その、キョンの事…」
キョン「………」
ハルヒ「ひ、ひょわっ! きょ、きょんなにやってなんでだきしめ…」
キョン「…つ、ついだ。体が勝手に動いた」
ハルヒ「キョン…」
キョン「ハルヒ…」

ガチャ

みくる「すみません、遅かったですかっ?」

パシーンッ

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/04(火) 19:11:13.47 ID:8XuesNmI0

キョン「ぶはっ」
ハルヒ「キ、キョン! 顔に虫がついてたわよ! あたしが潰してあげたんだから感謝しなさい!」
みくる「あわわ、キョンくん、大丈夫ですか?」
古泉「おやおや、賑やかですね」
長門「………」
ハルヒ「みんな遅いわよ! 全く、息が詰まりそうだったわ!」
古泉「どうかなされたんですか? 目に涙が溜まっているように見えますが」
ハルヒ「あ、あくびよ、あくび! 退屈だったからねっ」
    「(うぅ…ごめんね、キョン…)」
キョン「…やれやれ。相変わらず、前途多難だな」


終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉、ハルヒのやつ鼻毛出てるぞ」ヒソヒソ