提督「ゲームをしよう」川内「ゲーム?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン何で指輪しているの?」

ツイート

1 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 20:05:05.76 ID:r6J+bPMG0


提督「最近、お前が夜五月蠅いっていう苦情が増えてな」

川内「だって、提督が夜戦に連れてってくれないんだもん」

提督「資材とか色々事情があるんだよ。で、お前は夜戦を諦める気はないんだろ?」

川内「もっちろん!」

提督「というわけで、ゲームをしよう」

2 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 20:06:02.59 ID:r6J+bPMG0


提督「俺が勝ったら、夜戦を諦めろ………とまでは言わないが、他の人に迷惑がかからないようにすること」

川内「私が勝ったら?」

提督「夜戦に連れってやろう」

川内「本当!?」

提督「ああ。その代り、お前が負けたらちゃんと守れよ?」

川内「分かってるって!提督が勝ったら、夜静かにする。私が勝ったら、提督が私のお願いを聞く。こういうことでしょ?」

提督「そういうことだ」


3 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/17(日) 20:07:36.65 ID:r6J+bPMG0


川内「で、何のゲームをするの?」

提督「何、一瞬で終わる簡単なものさ」スッ

川内「トランプってことは、ポーカーとか?」

提督「いや、それよりもっと単純だ」

提督「俺が引いたカードが、スペードのAかどうか。簡単な二択だよ」

川内「それ全部がスペードのAとかはやめてよ?」

提督「心配するな、新品だ」

川内「ならいいよ!早くやろ!」

提督「なんだ?自身満々だな」

川内「まーねっ!」

提督「手加減はしないぞ?」

川内「当然でしょ!」



4 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/05/17(日) 20:12:26.49 ID:r6J+bPMG0

ゲーム要素は最初だけで、他はいつもと変わりません。
今回も拙い文章になると思いますが、よろしくお願いします。

余裕があれば、また夜遅くなってから来ます。

8 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:05:14.22 ID:CbOuc2D50


提督「じゃあ、やろうか」


 そう言って俺は封を切り、箱を開け、山をそのまま出す。
 そして、その山の一番下のカードを引いた。


提督「さあ、これはスペードのAかどうか。どっちに賭ける?」

川内「ふぅん……シャッフルはしないんだね〜」


 『お前の企みは全て分かっている』とでも言いたげな表情を浮かべる川内。
 それに対してこちらは視線を落とし、黙り、焦る―――――そういう風に見せる。


9 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:06:25.82 ID:CbOuc2D50


提督(あの様子じゃ、新品のトランプの初期位置については知ってるかな。まあ、知ってても知らなくてもとる行動は一緒だろう)


 このゲームはただの運勝負じゃない。
 新品のトランプの初期配置は大体決まっていて、スペードのAは一番下にある。
 スペードのAを取る確率なんて、普通に考えれば52分の1、約1.92%。
 しかし、それが新品のトランプだった場合は全く異なり、100%に変わる。


提督(—――――と思ってるんだろうなぁ)


10 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:07:45.04 ID:CbOuc2D50



 そう思いながら、引いたカード―――ジョーカーをチラリとみる。
 そう、確かに新品のトランプでスペードのAは一番下にある。
 ただ、それはあくまでジョーカーを抜いた場合の話だ。


提督(俺は一言もジョーカーを抜くなんて言ってないし、実際に抜かなかった)

提督(俺の勝率は一見1.92%、だがドランプが新品ならば俺は100%スペードのAを引ける。それに気づいたからこそ、シャッフルについて言及したんだろう。そして、それに俺は焦る演技で応えた。これで川内は俺のカードがスペードのAだと信じて疑わないだろうな)


11 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:08:38.09 ID:CbOuc2D50


提督(ふふっ、川内の悔しがる顔が楽しみだ………)

川内「……うん、決めたよ」

提督「……………どっちだ?」


 緊張しているように見せながら、それに応じる。
 表面上はそう取り繕いながらも、内心は川内に言う決め台詞を考える。


川内「提督の持ってるカードは―――――」

提督(川内には悪いが、ここはかっこつけさせてもらおう)


12 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:09:16.01 ID:CbOuc2D50


川内「—――――スペードのAじゃない!」

提督(………………………………………は?)


 我ながらよく声に出さなかったと思う。
 この時点ではまだ川内のブラフの可能性もあるため、演技を継続して応える。


提督「それで、いいのか?」

川内「もちろん!」


 ……暗に『このままだと俺が勝つぞ』というニュアンスを込めた一言も、笑顔で返されてしまった。


13 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:10:49.61 ID:CbOuc2D50


川内「で、答えは?」


 そう急かされて、おずおずと手に持つジョーカーを机に置いた。


川内「ジョーカー……ってことは、私の勝ちだねっ!」


 笑顔で勝ちを喜ぶ川内。
 対照的に、俺は放心状態と言っても過言ではなかった。


提督「……………理由を聞いてもいいか?」

川内「ん?理由?そんなの……………」

提督「……そんなの?」


14 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:11:36.44 ID:CbOuc2D50


川内「秘密!」

提督「なっ!?……………どうしても?」

川内「どうしても」


 川内に一泡吹かせてやろうと思って考え、自身があったゲームを破られたのみならず、その理由も分からないまま………
 控えめに言って、ちょっと泣きそうになった。


15 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:12:13.99 ID:CbOuc2D50


川内「ねえ、提督。私が勝ったんだから、約束守ってくれるんだよね?」

提督「ああ……夜戦だったな。理由が気になるところだが、負けは負けだ。じゃあ、明日にでも艦隊を組んで―――――」

川内「え、何言ってるの?」


 キョトンとした顔で尋ねる川内。


提督「え?何って、賭けで」

川内「私は『提督が私のお願いを聞く』としか言ってないよ?」


 そう言われて、ゲーム開始前のやり取りを思い出す。


16 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:13:00.16 ID:CbOuc2D50




提督『俺が勝ったら、夜戦を諦めろ………とまでは言わないが、他の人に迷惑がかからないようにすること』

川内『私が勝ったら?』

提督『夜戦に連れってやろう』

川内『本当!?』

提督「ああ。その代り、お前が負けたらちゃんと守れよ?』

川内『分かってるって!提督が勝ったら、夜静かにする。私が勝ったら、提督が私のお願いを聞く。こういうこと?』

提督『そういうことだ』




17 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:14:44.51 ID:CbOuc2D50


提督「なぁっ!?だ、だが俺が『夜戦に連れってってやる』って言った時喜んだだろ!?」

川内「確かに喜んだけど、賭けの内容はその後きちんと決めたよね?」

提督「ぐっ………」


 やられた。
 自分から心理戦を仕掛けておいて、最初—――ゲームを開始する前から駆け引きで負けていた。
 これは完敗だ………と、川内の要求を聞こうとして気づく。
 夜戦じゃないなら、川内は何を頼むんだ?



18 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:15:47.71 ID:CbOuc2D50


 提督として情けないことだが、正直全く予想出来ない。
 秘書艦である川内とは普段から一緒にいるが、考えてみれば夜戦以外で頼み事をされたことは無かった。
 川内は夜戦、夜戦と五月蠅いから勘違いされがちだが、その一点を除けば文句なしに優秀なのだ。
 戦闘面、指導、書類仕事、家事に至るまでさらりとこなす。
 基本的に一人で大抵のことをこなせる川内だからこそ、俺に頼み事ということはあまりなかった。


19 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/18(月) 01:16:28.40 ID:CbOuc2D50


提督(結果だけ見れば、良かったのかもな)


 艦娘のわがままを聞くのも提督の仕事。
 いつも頑張ってくれている川内の頼みなら、何でも聞いてやろう―――――


川内「それじゃ―――――」


20 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/05/18(月) 01:25:19.78 ID:CbOuc2D50

今日はこのくらいで。
このゲームシーン書くのに参考文献(ノゲノラ)片手に悪戦苦闘したんですが、投下すると一瞬ですね……少し寂しいです。
だが、後悔はしていない。

今回はあと3、4日くらいでの完結を予定してます。

28 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:51:28.00 ID:JiJ6Zy+Z0


提督「……で、これはどういうことだ?」

川内「あれ、気持ちよくなかった?」

提督「いや、確かに柔らくて気持ちいいが………なんで、俺は膝枕されてるんだ?」

川内「お願い、聞いてくれるんでしょ?」

提督「いや、まあそうなんだが……こんなことでいいのか?」


29 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:53:14.29 ID:JiJ6Zy+Z0


川内「まあね。最初はこんなものでしょ」

提督「最初?……お前次も勝つつもりか?今度は絶対に俺が」

川内「提督、何言ってるの?最初のお願いって意味だよ?」

提督「え」

川内「だって、私お願いの数の指定しなかったでしょ?」

提督「」

川内「だから、最初は軽めでね♪」


30 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:54:19.50 ID:JiJ6Zy+Z0


…………………………………

川内「あ〜っ、もうちょっと強くてもいいかも………んっ、そんな感じ〜」

提督「……マッサージなら、俺より明石の方が上手いと思うんだが………」

川内「ん〜?私はこっちの方が好きかな〜」

提督「まあ、これくらいならいつでもやってあげるけどさ」

川内「あ、言ったね?」

提督「……仕事に支障が出ない程度で頼む」


31 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:55:08.09 ID:JiJ6Zy+Z0


…………………………………

川内「あ〜んっ………美味しい〜!流石間宮さんのアイスだね!」

提督「……お前が軽巡で良かったよ」

川内「あはは、まあ空母とか戦艦の人達だったらどうなるかは………うん、簡単に想像できるね」

提督「そうだろ?多分……いや、確実に俺の財布が死ぬ」

川内「だろうね〜で、提督が食べないのもそういう理由?」

提督「いや、ただ単に今はそんな気分じゃないってだけだ」

川内「そうなの?こんなに美味しいのに」パクッ

川内「……………」


32 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:55:58.33 ID:JiJ6Zy+Z0


川内「……ねぇ、提督も一口食べれば?」

提督「俺はいいよ」

川内「まーまー、そういわずにさ」ズイッ

提督「んー……じゃ、一口貰うよ」パクッ

川内「美味しいでしょ?」

提督「うん、美味いな」

川内「そっか」パクッ



33 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:57:17.01 ID:JiJ6Zy+Z0


川内「………さっきより、美味しくなったかも」

提督「なんで?」

川内「……さあ、なんでだろ?」

提督「あ、なるほど」

川内「分かったの?」

提督「一人で食べるより、二人で食べた方が美味しくなるってやつだろ?それじゃ、俺も何か頼んどけばよかったかな」

川内「……そうだねー」


34 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/19(火) 22:58:14.28 ID:JiJ6Zy+Z0


…………………………………

川内「提督、夜戦しよっ!」

提督「……まあ、数の指定なしって言われた時からいつかくるとは思ってたよ。明日でいいか?」

川内「そっちじゃなくて、二人で出来る方!」

提督「ああ、そっちな。じゃ、風呂入ったら俺の部屋で」

川内「うん!」

42 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:51:52.86 ID:qPZSw+dv0






川内「んっ……あっ!ダメっ!!」





川内「提督っ!もっ………もうやめっ……………!」





提督「駄目だ」





川内「ちょっ、まっ…………ああっ!!」






43 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:52:53.34 ID:qPZSw+dv0


川内「くそー、また負けたぁー!!」

提督「はっはっは、テレビゲームなら負けんぞ!」

川内「やってる年数が違うもんね〜……ね、もう一回しよ?」

提督「いいぞ………って、あ、もうすぐアニメ始まる」

川内「本当だ。じゃあ、終わってからね」

提督「りょーかい」

< トビラヒラケバ ネジレタヒルノヨル

川内「お、始まったね」

提督「うん、相変わらずかっこいいOPだな」

川内「だよね〜」


44 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:55:26.71 ID:qPZSw+dv0


…………………………………

『恋愛はねぇ〜、押して、押して、押しまくった方が勝つのよぉ〜!!』

提督「いや〜、こおろぎさんの声は素晴らしいな………中毒になりそうだ」

川内「……………」


45 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:56:03.96 ID:qPZSw+dv0


…………………………………

< チョウテンペンチイミタイナキョウソウニモナレテ

提督「今回も凄い出来だったな!恋愛要素も強まって来たし、続きが待ち遠しいな!!」

川内「……………」

提督「……って、川内?どうしたんだ?」

川内「……………うん、決めた」

提督「決めた?何を?」


46 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:56:35.05 ID:qPZSw+dv0


川内「提督さ、私がゲームに勝てた理由、知りたい?」

提督「ん?そりゃもちろん」

川内「……私が勝てたのはね、相手が提督だったからだよ」

提督「俺だったから?……あー、俺が心理戦に弱いってことか………」

川内「ううん、そうじゃなくて」

提督「え、違うのか?」


47 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:57:10.56 ID:qPZSw+dv0


川内「……私はずっと提督のこと見てきたから。提督の考えならちょっとは分かるんだ」

提督「ああ、そういうことか。ま、川内は古参組で、ずっと秘書艦だしだしな」

川内「そうなんだけど、そういうことじゃなくて………」

提督「?」

川内「すー………はー…………よし」


49 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/20(水) 19:57:51.85 ID:qPZSw+dv0











川内「私は、提督の事が好きなんだ」











50 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/05/20(水) 20:06:35.43 ID:qPZSw+dv0

トードケ トードーケ オーモイーヨトードケー
ってことでEDです。
それにしても、血界戦線本当面白いですね。五話は特に好きで、五週しました。

………え?そんなことはいいから続き見せろって?
やだなぁ、どうなるか分からないからおもしろいんじゃないですか〜
明日のお楽しみってことで!それでは!!





次回「提督ケッコンす」 艦これスタンバイ!

58 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 22:55:02.23 ID:B+SwSATH0


提督「え……?そ、それは上官として?この鎮守府で暮らす家族として?それとも」

川内「一人の男性として、好きなの」

提督「そう……なのか………」

川内「……………ごめんね、いきなりこんなこと言われても困るよね。その……返事は後ででもいいから」

提督「あー……うーん……………」


59 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 22:56:19.21 ID:B+SwSATH0


提督「……………頼みがある」

川内「なに?」















提督「今の告白、無かったことにしてくれないか?」




60 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 22:57:40.17 ID:B+SwSATH0


川内「っ!!」

川内「そ、そうだよね………本当、ごめんね……………」

提督「あぁっ、違うんだ!すまん、言い方が悪かった!!といっても、なんて言えばいいのか………」

提督「あー……とにかく、理由は聞かずにあと4日待ってくれないか?」

川内「………うん、分かった」


61 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 22:58:35.73 ID:B+SwSATH0


―4日後―


―――――コンコン

川内「……提督、来たよ」

提督「ああ、入ってくれ」

―――――ガチャ

提督「えーっと……まずは、待ってくれたお礼だな。ありがとう」

川内「ううん、いいよ。それで………」

提督「あー……そうだな……………」


62 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 22:59:33.06 ID:B+SwSATH0


提督「なあ、川内。俺がお前にゲームを持ち掛けた理由、分かるか?」

川内「そんなの、私が五月蠅かったからでしょ?」

提督「じゃあ聞くが、お前は賭けでもしないと騒ぐのをやめないのか?」

川内「そ、そんなの注意されれば控えるけど…………」

提督「だろ?別に苦情を解決するだけなら、お前に注意するだけでもよかったんだ。それでも、俺はお前にゲームを仕掛けた。その理由は―――――」


63 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 23:00:52.18 ID:B+SwSATH0


提督「—――――他でもない、お前と、一緒にいる時間を増やしたかったからだ」

川内「え…………」

提督「本当は今日、これが届き次第言おうと思ってたんだが……先を越されちまってな。待たせてすまなかった」パカッ










提督「川内、俺とケッコンしてくれ」




64 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 23:02:01.71 ID:B+SwSATH0


川内「……そっか……嫌われてるとかじゃ、なかったんだねっ…………!」

提督「俺の考え分かるんじゃなかったのか?嫌いなわけないだろ」

川内「うんっ………良かっ、たぁっ……………!」

提督「……それで、この指輪、受け取ってもらえるか?」

川内「もちろんっ!!」


65 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 23:02:58.80 ID:B+SwSATH0


――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――
――――――――――――――――

提督「……………」

川内「どうしたの、提督?何か悩んでるの?」

提督「ああ……艦娘達から苦情が届いてな………」

川内「え?私最近そんな五月蠅かったかな?」

提督「いやー……そのー……………」


66 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/05/21(木) 23:03:40.01 ID:B+SwSATH0




艦娘『提督と川内さんが夜五月蠅いです』



川内「……………」

提督「……………」

川内「……もうちょっと、控えめにしよっか///」

提督「……そうだな///」





提督「ゲームをしよう」川内「ゲーム?」



69 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/05/21(木) 23:11:30.32 ID:B+SwSATH0

センダイ=チャン、カワイイヤッター!
いかがでしたでしょうか?私は、ぬいぬいと同じくらい好きな川内が書けて満足しています。

それでなんですが、大井っちのスレでちょろっと言った短編(おまけ)集の需要ってありますか?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「かーえーるーのーうーたーがー」