秋月「今日は安売りしてたさんまの蒲焼を食べます…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「転校生連れて来たわよ!」

ツイート

1 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 19:28:51.73 ID:9VrKSv+b0



秋月「はぁ…ひもじいです…」

秋月「しかしこの秋月!貧しさなんかに負けません!」

秋月「こんな時は・・・工夫です!」

5 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 19:33:06.77 ID:9VrKSv+b0


秋月「まずは単純にホカホカごはんでいただきましょう!」

秋月「ハグッハグッ!!ムシムシ・・・」

秋月「んん〜甘しょっぱいたれとご飯が良くマッチです!!」

秋月「むしゃむしゃ・・・んぐっ・・・・最後は・・・お湯をかけて・・・」

秋月「ズゾッ・・・・ズズズ・・・ふはぁ・・・・」

秋月「秋月!満足です!!」

秋月「でも…少し生臭いですね…」

秋月「…秋月!思いつきました!」



6 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 19:39:41.65 ID:9VrKSv+b0


秋月「小皿にサンマだけ取って・・・お酒をかけます!!」ババーン

秋月「そしてレンジでチン!!」レンージ

秋月「ここで小ねぎを切りましょう」トントントントン


チン

秋月「臭みは・・・まぁいいか…」

秋月「そしてホカホカごはんです!!」ゴハーン

秋月「お茶碗によそってサンマを乗せて・・・ねぎをパラパラ」

秋月「…そしてたれをちょこっと!!」チョビ

秋月「・・・・さっさと・・・完成です!!」サンショーウ


秋月「秋月二度目のいただきますです!!」

秋月「ハグッ・・・・モフモフ・・・」

秋月「くぅ〜下に感じる山椒は小粒でもピリリとします!」

秋月「ハグッ・・・ガツガツムシャー・・・・」

秋月「小ねぎサンマが口の中で混ざり合い・・・」

秋月「…」

秋月「…これは・・・駄目かな…」

秋月「次に行きましょう…」

7 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 19:42:41.04 ID:9VrKSv+b0


秋月「卵かけごはんにサンマ・・・」

秋月「モグモグ・・・」

秋月「…」


秋月「豆腐を混ぜてみましょう!!」

秋月「ガシュガシュ・・・」

秋月「…」スンッ


秋月「・・・・くじけそうです・・・」

秋月「これもすべて・・・・貧乏が悪いんです…」


ババーン
ダクテンカードマーン

秋月「…クレジットカード・・・・・・」

秋月「…よしっ・・・・・」

9 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 19:48:13.68 ID:9VrKSv+b0




瑞鳳「大丈夫ですよ秋月さん…」

秋月「えっ?」

榛名「そんなに苦しんでいたなんて…私知りませんでした…」

秋月「は・・・榛名さん…」

金剛「水臭いネー!!そういうのはイワナイトダーメですヨー!」

秋月「金剛・・・・さん…」

鳳翔「ここは腕の見せ所ですね…」

秋月「うぅ…」

提督「秋月・・・飯・・・作ろうぜ・・・」

秋月「はい・・・みなさん・・・・」






秋月「あびがどう!!」




提督「まず、お前は視野狭窄だな、既製品は料理の幅を狭めるんだ」

提督「もちろん既製品はそれはそれでうまいがな…」

提督「一から作ろうじゃないか!美味い物を!!!」


瑞鳳・榛名・金剛・鳳翔「おー(Yeah!)

秋月「おー!!」

11 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:02:16.06 ID:9VrKSv+b0


瑞鳳「まずは卵焼きをつくりましょう!」

提督「瑞鳳!!あれやってあれ!!」

瑞鳳「卵焼きたべりゅ?」

提督・榛名「うわー」バンザーイ




瑞鳳「まずは溶き卵をシャカシャカしましょう」

瑞鳳「ここでここでよく空気を含ませないと卵焼きはふっくらしませんので注意しましょう♪」

秋月「く、空気?」

瑞鳳「箸は手首を回して円を描くようにすれば大丈夫ですよ」

瑞鳳「途中で牛乳を入れることでよりふんわり焼きあがります」

瑞鳳「さて、次はフライパンの準備です!」

瑞鳳「フライパンよく熱して、バターを引きます」

秋月「油じゃないんですか?」

瑞鳳「まぁ…風味付けのようなものです」

瑞鳳「バターがとけきる前に解き卵をシャバ―」

提督・榛名「しゃばー♪」

瑞鳳「うるさいです」

瑞鳳「この時の火力は弱火でじっくり焼いていきましょう、そのほうがきれいに焼きあがります♪」

瑞鳳「巻くのは・・・練習してください」

秋月「はい!!」

瑞鳳「お皿にあげて、適度な大きさに切って・・・」

秋月「あの…味付けは?」

瑞鳳「ふふっ、そう来ると思いました♪」

瑞鳳「この上に大根おろしと醤油をかけると・・・」

瑞鳳「はい♪ふんわり和風卵焼きの完成です♪」


秋月「…これは・・・い、いただいても?」


榛名「次は!榛名が!お料理いたします!」

12 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:10:37.23 ID:9VrKSv+b0



榛名「榛名の料理はこれを使います!!」ドン!!

秋月「これは?」

榛名「榛名のたれです!」

提督「榛名の・・・タレ・・・」ゴクリ

榛名「///」

秋月「作り方を教えてください!!」


榛名「簡単ですよ?みりんを入れた鍋を強火にかけます」

榛名「みりんに含まれるアルコールを飛ばすんですが…この時引火しないように気を付けてくださいね♪」

金剛「ハーイ」

榛名「透明になってきたらとんだ証拠です、ここにお醤油と鰹節を入れて、またひと煮立ちさせます」

榛名「ひと煮立ちさせたら火を消して、冷めたら布巾でこします」

榛名「鰹節はまた使えるので捨てないでくださいね?」

提督「ハーイ」

榛名「はい、いいこです♪」





13 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:19:56.08 ID:9VrKSv+b0



榛名「まずはシメジの下の部分を切り落としてシメジをほぐします」

榛名「バラバラにしたシメジは油の引いていないフライパンで炒めて水分を飛ばします」

榛名「その間にボールの中で焼き豆腐を細かく砕きましょう」

秋月「普通の豆腐じゃダメなんですか?」

榛名「いいんですが…水分を抜く作業を短縮できるのでできれば焼き豆腐がいいですね…」

榛名「さて、混ぜましたら、お豆腐をお塩とお砂糖、榛名のたれで下味をつけます」

榛名「シメジの水分が浮き出て、香りがしてきたらたれを小さじ一杯入れます」

榛名「お皿にあげて・・・お豆腐とあえると・・・」


榛名「はい♪できました!」

榛名「お酒のお供にいかがでしょうか?榛名特製!シメジの白和えです!!」



秋月「…」ゴクリ

提督「うぅ…酒が飲みてぇ…」




金剛「榛名にバッカリいいとことられたくないデース!!」

金剛「ネクストはこの金剛デース!!!」

15 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:28:00.83 ID:9VrKSv+b0


金剛「料理なんて!パワーデース!!」

提督「えっ?」

金剛「鍋で牛筋をグツグツデース!!」

金剛「あく取りもドントフォゲットヨ?」

金剛「ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎの皮をムキマース」ショリショリショリ

鳳翔「はっ、速い!!」

金剛「バターで炒めテ!お鍋にフライアウェイ!!」ポチャポチャ

金剛「カレー粉は溶けやすいヨウニ刻んで・・・」

金剛「ニンジンに竹串が刺さるようになったらカレーコイレマース!!!」

金剛「そして・・・隠し味はコレ!!」

金剛「ココアパウダー、ウスターソースにホールトマトデース!!」

提督「…母ちゃんの味や・・・」(実話)

金剛「味見を終えたら…完成デース!!」

金剛「名付けて!ダイヤモンドカリーデース!!!」




鳳翔「負けられませんね…参ります!!」



16 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:37:43.38 ID:9VrKSv+b0



鳳翔「さて…卵焼きに和え物、カレーと・・・なんだかバランスが悪いですね…」

鳳翔「ムムム・・・お吸い物は・・・カレーに負けちゃいますね…」

鳳翔「野菜・・・お肉・・・」

鳳翔「提督、何かリクエストをいただけませんか?」

提督「そうだな…一人で創るならやっぱり簡単なものがいいから…から揚げをお願いします」

鳳翔「承知しました」

鳳翔「参ります!」

17 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:48:12.81 ID:9VrKSv+b0


鳳翔「まずは鳥もも肉を切りましょう、少し大きめなぐらいが丁度いいですよ?」

秋月「大きい…なんだか贅沢ですね…」

鳳翔「あんまり小さいと水分がとびすぎちゃいますからね」

秋月「なるほど…」

鳳翔「ボウルにお醤油、こぶだし、すりおろしたにんにくとしょうがを加えて、お肉をよく揉みます」モミモミ

鳳翔「よいしょ・・・よいしょ・・・」

提督「…なんだか田舎のおかん思い出した・・・」

鳳翔「なっ!まだそんな歳じゃありません!!」

提督「あっ、ごめんなさい…」

鳳翔「まったく…」

鳳翔「さて、揉み終わりましたら片栗粉をまぶきます」

鳳翔「この時、あまりつけすぎないのがコツです」

鳳翔「油は170度くらいでしょうか…ゆっくりと一切れづつ入れます」

鳳翔「4分経ったら、一度油からあげて1分休ませましょう」

秋月「なんで休ませるんですか?」

鳳翔「余熱で中まで火を通す為ですよ、それに二度揚げると余分な水分がとんで外側がパリッとするんですよ」

秋月「ふむふむ」カリカリ

鳳翔「二度目はは30秒くらいで構いません…セイッ!」


鳳翔「油をきって・・・完成です♪」






提督「ふむ…俺の出番か…」

皆「わぁー」パチパチパチパチ

提督「ふむ、苦しゅうない」



18 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 20:54:08.39 ID:9VrKSv+b0


提督「男は黙ってドンブリじゃい!!」

秋月「おぉー!!」

提督「使うのは鯛だ!まずはこれを薄くそぎ切りにする・・・包丁は押すなよ?引くんだ」スー

提督「醤油、みりん、ごま油でたれをつくる」

提督「鯛をたれに入れて5分待つ、その間にしそをたんざくに斬っておこう」

提督「ご飯をドンブリに盛り、鯛を乗せてたれを上からかける・・・」

提督「大場と白ゴマをまぶして・・・完成だ!!」



提督「簡単ドンブリシリーズ!!鯛のヅケ丼!!おあがりなさい!!!」


秋月「うわぁ・・・」

20 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:03:43.16 ID:9VrKSv+b0



この時、秋月は少々混乱していた
自らの食卓に上がるものと言えば、白飯、具の無い味噌汁、沢庵位
多摩の贅沢に牛缶
そのようなものであった

しかし、眼前に広がるのはそれとはまったく別次元の料理

さっぱりとした風味が予想できる卵焼き
未知の味であるシメジの白和え
ドカンとホームラン、ダイヤモンドカリー
にんにくの匂いが腹を刺激する、から揚げ
たれによりキラキラと光沢を放つタイのヅケ丼

唾液が止まらない
ドーパミンが過剰ではないだろうか
自らの息が荒い

何度も何度も唾液を飲み込む
いつの間にか口は開き、若干あほっぽい

提督「秋月」

提督の呼びかけ
その顔をちらりとのぞく

提督「たんとお食べ」

その言葉を待っていた
しかし秋月

がっつかない
あくまで平静を保ちゆっくりとそれらに近づく
椅子を引き座る

秋月「…」プルプル

震えは止まらない

箸を手に取り
手を合わす



い(まこそ)た(くさんの愛情を全身にい)だき(駆逐艦秋月!参りま)す

から揚げを小皿に取り、口へ運ぶ



サ  ク  ッ






21 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:08:04.38 ID:9VrKSv+b0


秋月「はああああぁぁあぁぁぁぁん!!!!!!!!!」

秋月「うまっ!!えちょ!!なに!!なによ!!!」

秋月「体が!!!欲している!!!」

秋月「にんにくが粘膜を伝って!!秋月を!!秋月を離さない!!!」

秋月「いやぁぁぁぁあぁぁあぁぁ!!!!おいちいいいいいいいのおおおお!!!!」

秋月「いや!!こんなの知らない!!お肉が柔らかい!!!!」

秋月「しょうがの香りが秋月のお鼻を凌辱しゅるうううううううううぅぅぅうぅ!!!!!」

秋月「あんまりよ!!!美味しい!!!まるでそう!!!」

秋月「から揚げに味覚の処女を無理矢理うばわれそうなのおおおおおおぉぉぉおっぉぉ!!!!!」





25 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:11:05.52 ID:9VrKSv+b0


秋月「はぁ…はぁ…まだ・・・秋月は沈みません…」

秋月、手放しそうな理性を保つ
油断すれば、はしたない女になってしまう
そう感じた
次に箸を伸ばすのは黄色い卵焼き

小皿に取り、おろしをたっぷりと乗せ

口に運ぶ


フ  ワ  ッ

27 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:14:48.64 ID:9VrKSv+b0


秋月「浮かぶ!!!秋月は浮かべる!!」

秋月「ふわっ!!ふわっ!!!ふわあああぁぁっぁぁ!!!!」

秋月「口に入れた時は味が無いのに!!噛んだ瞬間におろしと醤油が口内に広がってゆく!!」

秋月「まるで実体が無い!!でも!!!確かにそこにある!!」

秋月「卵は抵抗することなく秋月に咀嚼されていくウウウウウうぅぅっぅぅ!!!!」

秋月「浮けるの!!!駆逐艦秋月!!!飛翔します!!!!」

秋月「ふわあああぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁ!!!!!!」

28 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:16:50.96 ID:9VrKSv+b0


秋月「はぁ…もうダメ…」

秋月、ここで羞恥心を手放す
無心に料理に手を伸ばす

伸ばした先のカレー


スプーンですくい大きく開けた口に運ぶ




パ  ク  ッ

29 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:22:30.13 ID:9VrKSv+b0


Autumn moon「Oh!!!!!!Oh Yeahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh!!!!!!!!!!!!!!!!」

Autumn moon「Very!!very!!very!!!!!good!!!!!!」

Autumn moon「That's beautiful world!!!!!」

Autumn moon「My life is beautiful!!!!!!!!!」

Autumn moon「Yaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」







31 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:31:27.02 ID:9VrKSv+b0


秋月「…」ガクッ

榛名「あ、秋月さん!?」

提督「ふふっ・・・・幸せすぎて気絶してしまったようだな…」

鳳翔「作ったかいもありましたね」

瑞鳳「それじゃあ残ったのはみんなで…」

提督「瑞鳳、よく見ろ」

瑞鳳「ふぇ?」

秋月「」パクパク

金剛「オウ・・・気絶したまま食ってるデース・・・」

提督「さて…俺たちはもう行こう・・・」

榛名「そうですね…」


スタスタスタスタスタスタ


提督「あっ、秋月!今月の給与明細置いておくな」サッ

提督「じゃ」

スタスタスタ


秋月「オイシイ・・・オイシイ・・・」パクパク


ヒラッ





給与明細

総支給¥340000

材料代¥ 10000

諸経費¥ 30000
(保険・税金)

手数料¥ 20000

支給額¥280000

32 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:32:40.94 ID:9VrKSv+b0




提督「今度は・・・遊び方でも教えてやるか」

榛名「はい、榛名もお供します」




おしまい

34 名前: ◆xqlNKJ6FBE[saga] 投稿日:2015/04/18(土) 21:34:07.29 ID:9VrKSv+b0


手を抜かずに作った料理って凄く美味しいよね
そんなお話



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希、その本面白い?」