提督「…」赤城「…提督、ここは遠征の予定が入っていますよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「古泉君!キョンと有希の後をつけるわよっ!!」

ツイート

1 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 19:43:42.31 ID:ARygrwgd0


提督「あぁ…ごめんなさい」

赤城「二重に予定が入ってしまうと後が大変です、気を付けてください」

提督「はい」

赤城「あと・・・大本営宛の手紙ですが…ここ」

提督「?」

赤城「役不足という言葉は上司に使ってよい言葉ではありません」

提督「え?だって…俺みたいな新米には・・その・・・・・この任務はきついよ…」

赤城「提督?役不足という言葉の意味は、与えられた役目に不満を抱いているときに使う言葉です…」

赤城「これではもっと大役を寄越せという感じで、相手には傲慢に聞こえてしまうのですよ?」

提督「へぇ、そうなんだ…それじゃあここはどう書き換えようか…」

赤城「そうですね…最善を尽くすと書くことにしましょう」

提督「そうだね、ありがとう」

赤城「気を付けてくださいね?私がいたからよかったものの・・・」

提督「大丈夫だよ、これからも秘書艦は赤城さんだから」

赤城「こらっ!人に頼ってばかりでは成長しないんですよ!!」

赤城「あなたはこの鎮守府を統べる長なのですから、赤城など不必要だと言えるぐらいの気概を見せていただかないと!わかりましたか!?」

提督「うへぇ・・・」

赤城「しゃんとする!!!!」

提督「はいぃぃぃっ!!!」

2 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 19:53:07.85 ID:ARygrwgd0


提督「…」カリカリ

赤城「…」ペラッ

提督「…よしっ、こちらの書類の確認もお願いします」

赤城「はい・・・」

提督「あとは遠征組の帰りを待つだけか…」

赤城「提督、こちらの書類にも不備はありませんでした」

提督「うん、ありがとう」

赤城「遠征組の帰りまでは時間があります、お茶を淹れてきますね」

提督「うん」



提督「…」ズズッ

赤城「…」ズズッ

提督「赤城さん」

赤城「はい?」

提督「今日は鳥が低く飛んでたから、明日は雨だよ弾薬が湿気らないように気を付けてね」

赤城「それをどこで?」

提督「赤城さんが教えてくれたんじゃないか」

赤城「…まさか覚えているとは思いませんでした」

提督「少しは俺も成長したんですよ?」

赤城「承知していますよ、初期に比べると書類の不備は驚くほど減りましたから」

提督「ちなみに俺は褒めるともっと伸びるよ?」

赤城「私には図に乗る未来しか見えませんね」ハァ

提督「赤城さんは手厳しいなぁ…」

赤城(一応褒めるべき時は褒めているのだけれど…まぁつけ上がられても困るし…)

提督「おっ、帰ってきた帰ってきた」

赤城「それじゃあ迎えに行きましょうか」ガタッ

提督「うん」ガタッ


3 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 20:03:06.96 ID:ARygrwgd0


提督「総員!!気をつけええぇぇぇぇぇぇいいい!!!」ビリビリ

第二艦隊の皆さん「…」ビシィ

赤城「…」ビシィ

提督「吹雪、報告を」

吹雪「はっ!!遠征は滞りなく完了しました!物資も確実に入手し、接敵も無かったため損害はありません!!」

提督「…卯月」

卯月「はいぴょん!!」ウサビシィ

提督「肩の焦げはなんだ?」

卯月「はっ!!これは遠征道中にカモメの群れに遭遇し心がぴょんぴょんした結果ですぴょんです!!!」

提督「わからん!!弥生!!」

弥生「はい、卯月がカモメに目を奪われた際に誤って発砲した時についたものです」ビシィ

卯月「…ちょっ!!」

提督「卯月いいぃぃ!!!!!」

卯月「は、はっ!!!!」

提督「慢心はいかんぞ、気を付けろ」

卯月「はいですぴょん!!!」

提督「他の者も!慢心は決してせぬように!以上解散!!間宮で英気を養え!!」

第二艦隊の皆さん「はっ!!!」ケイレイ

赤城「…」ヘンレイ








5 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 20:12:50.36 ID:ARygrwgd0


提督「はぁ…」

赤城「提督、執務室に戻るまでは気を抜かぬよう」

提督「あっはい」ギロッ



提督「ねぇ…本当にあんな厳しく言わないとダメ?」

赤城「駄目です」

提督「…」

赤城「この鎮守府の面々ははまだ私も含めまだ未熟です…」

赤城「戦場で余裕を保てるほどの練度ではありません」

提督「わかっているけどさ…ホームですらもあんな・・・」

赤城「だからこそです、それに提督の厳しい号令で気を引き締め、解散の合図とともに終える」

赤城「私たちは決して四六時中厳しくされているわけではありません」

赤城「間宮というアフターフォローもあります」

赤城「慢心とは心の余裕から生まれるモノです、だからこそ早い段階で余裕を瞬時に臨戦態勢に変えられるようにしなければなりません」

赤城「もちろん、逆も然りです」

提督「…わかったよ赤城さん」

赤城「…しかし・・・・・・」

提督「?」

赤城「これはあくまで私の持論ですので、提督が今の状況を変えるというのであればそれに従います」

提督「…その言い方はズルいなぁ……」

赤城「ふふっ…女とは得てしてずる賢いのですよ?」

提督「赤城さんには適わないなぁ…」

10 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 20:27:37.41 ID:ARygrwgd0


赤城「…」←Lv67

赤城「…」ヒュン

カイチュー

加賀「赤城さん、お見事です」

赤城「ありがとう加賀さん」

飛龍「どりゃあああっぁぁぁぁ!!!!」ヘロッ

蒼龍「へやあぁぁぁぁぁ!!!!」ハロッ

赤城「こらっ!!!なんですかはしたない!!!」

飛龍「はい!声を出せば強くなるかと思いました!!」←Lv3

蒼龍「あのっ…飛龍が・・・」←Lv8

赤城「蒼龍!自らの行動に責任を持ちなさい!!何が飛龍が、ですか!!!!」

蒼龍「は、はいいいいぃぃい!!!!!」

赤城「まったく、蒼龍は私が指導します!!加賀さんは飛龍を!!!」

加賀「わかったわ」

飛龍「はいっ!!加賀さんよろしくお願いします!!!」

蒼龍「」

赤城「さぁ!!構えなさい!!!」

蒼龍「」

赤城「敵は発艦を待ってはくれません!!会は短く!!!!なんですかこのへっぴり腰はぁ!!!」パシィィン

蒼龍「イタァ!!!」

赤城「スポーツをやっているのではありません!!神経を研ぎ澄ましなさい!!」

蒼龍「はいぃぃ・・・・」

赤城「目線がぶれてる!失敗は構いませんが適当にやるのは下の下です!!!!」

蒼龍「はいいいいぃぃいぃ!!!!!!」

赤城「はしたないと言っているでしょうが!!!」ペチーン

蒼龍「うわあぁぁぁん!!!飛龍ううぅぅうぅ!!!!」

赤城「泣いても終わりません!!!!」



飛龍「おんどりゃあああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ヘロッ

加賀「上々ね」←Lv5

16 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 20:41:51.24 ID:ARygrwgd0


提督「…」トコトコ

蒼龍「ぅぇぇぇぇぇ・・・・」

飛龍「う〜ん・・・」

蒼龍「うえぇぇ・・・お尻が痛いよぉ…」

提督「むっ?なんで蒼龍は泣いているのだ?」

飛龍「あっ!お疲れ様です!!」ビシィ

提督「構わん、楽にしろ・・・それで?」

飛龍「はい!!先ほど赤城さんと加賀さんとの合同練習が終わったのです」

提督「ほう・・・それでなんで泣いているんだ?」

飛龍「わかりませぇぇん!!!」

提督「…」ペチン

飛龍「あいた!!」

提督「…蒼龍?なんで泣いているんだ?」

蒼龍「赤城さんに・・・グスッ・・・指導・・・・・・してもらって・・・・・」

提督「うん…キツかっただろう…」

蒼龍「お尻も・・・いっぱい叩かれて・・・」

提督「うんうん・・・」

蒼龍「でも…赤城さん優しくて・・・・間宮券くれて・・・・・」

提督「そうだな、あいつ優しいm蒼龍「間宮さんに・・・行こうとしたら…加賀さん……弓と引いた弦の間にぃぃ・・・・お尻ぺちんてぇぇぇ・・・・」

提督「」

蒼龍「赤城さんにもらった間宮券とられたあぁぁぁぁぁ!!!!!」

蒼龍「うわあぁぁぁぁぁぁん…・・・・ぐやじいよぉぉぉ…」

提督「」

20 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 20:54:20.06 ID:ARygrwgd0


赤城「くぁwせdrftgyふじこlp!!!!!!!!」ガミガミ

加賀「…」セイザ

赤城「pぉきじゅhygtfrですぁq!!!!!!!」ガミガミガミガミベチンベチン

加賀「ふぐっ!!・・・・んが!!!!・・・・痛いわ!!!!!!」

赤城「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」バヂンバヂン

加賀「いたあぁぁあぁぁぁぁぁい!!!!!!」





蒼龍「…おいしい」グシュグシュ

飛龍「うん!!おいしいです!!」

提督「…」ニコニコ


第六駆逐隊「じ〜」

吹雪・卯月・弥生「じ〜」

球磨「クマ〜」

多摩「にゃ〜」

伊勢「おっ!良い匂い!!」

日向「航空戦艦もパフェには弱いのだ」

千代田「千歳お姉・・・食べたい・・・」

千歳「駄目よ千代田・・・我慢よ・・・」チラッチラッ

金剛「…テイトク・・・戦艦より空母がラブデスカ・・・・」

比叡「私はお姉さまは大好きです!!」

榛名「榛名もお姉さまが大好きです!!」

霧島「…でも美味しそうだわ…」

古鷹「…」チラッチラッ


蒼龍「・・・提督・・・・・・」

飛龍「ガツガツ」

提督「…はぁ…・・・・」コイコイ



皆「「「「「!!!!!!!!!!!!!」」」」」



ドワアァァァァァァアァァァァ!!!!!!!!!!!!!!


25 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 21:08:34.70 ID:ARygrwgd0


赤城「まったく…加賀さんにも困ったものです……」

提督「ははっ・・・そうだ、これは赤城さんの分ね」

赤城「まぁ…ありがとうございます…」

赤城「…」ジッ

提督「食べないの?」

赤城「…提督、これは加賀さんに譲ってもよろしいですか?」

提督「…赤城さんも結構甘いよね・・・・・・」

赤城「からかわないでください」

提督「ごめんね、それに関しては好きにしていいよ?ただなんで食べないの?正直なところ食べたいんじゃ?」

赤城「食べたいですけど…」

赤城「…加賀さんも悪いことをしましたが悪い子ではありません」

赤城「反省をちゃんとしたなら…いいでしょう・・・」

提督「赤城さんは本当に加賀さんに甘いなぁ…僕にも甘くしてくれないかな?」

赤城「機会があれば…甘くしてあげてもいいですよ?では・・・」

提督「…言ったな……」



赤城(さすがに・・・怒りすぎたかしら?…落ち込んでなければいいけれど…)


ワイワイガヤガヤ


赤城(…なんだか騒がしいわね・・・・・・)

ガチャ

赤城「加賀さん?」



加賀「五航戦のくせに!!五航戦のくせに!!!」ベチンベチン

瑞鶴「もうやめてよぉぉぉぉ!!!!!翔鶴姉のお尻はれちゃうよぉぉぉ!!!!」←LV1

翔鶴「うっ・・・うっ・・・ぐす・・・」Lv1

加賀「このっ!こ赤城「加賀さん?何をやっているの?」

加賀「あ」







ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙


29 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 21:24:29.86 ID:ARygrwgd0


提督「総員気をつけぇぇぇぇ!!!!」

第一艦隊の皆さん「…ビシィ!!!」

提督「号令!!」

赤城「1!!」←Lv97

加賀「2」←Lv76

飛龍「さんっ!!!!」←Lv73

蒼龍「4!!」←Lv85

榛名「5!!」←Lv78

比叡「6!!」←Lv71


提督「貴様らは一時間後のMI作戦において中核となる部隊だ!!」

提督「現在我が第二艦隊を含む搖動部隊が聖地ALを全力攻撃している!!」

提督「貴様等は手薄となったALを攻める!!」

提督「この作戦は後の人類の歴史に必ずや刻まれるだろう!」

提督「最善を尽くせ!!!」

第一艦隊の皆さん「…」ビシィ!!!

提督「解散!!」



バタバタバタバタ





提督「…」




赤城「…」




34 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 21:39:51.62 ID:ARygrwgd0


赤城「質問ですが…」

提督「言うな…」

赤城「私たちは援軍に向かうのですか?手薄になったALに」クスクス

提督「言うなぁ!!」

赤城「まったく…折角成長したと思ったらこれですもん・・・」

提督「…」

赤城「…」

提督「いよいよだな…」

赤城「はい・・・この日の為に・・・私は・・・」

提督「なぁ赤城!!」

赤城「はい!?」

提督「…勝てる・・・だろうか…?」

赤城「…」






赤城「しゃんとする!!!!」

提督「!!!」


赤城「勝てるのではなく、勝つのです!!」

赤城「成長したかと思えば情けない!!」

赤城「結局!最後まで私に頼って!!」

赤城「まったく…私がいたからよかったものの・・・」

赤城「暁の水平線に勝利を刻んでこいと胸を張って言うかと思えば・・・」

提督「ははっ・・・」

赤城「笑いごt提督「やっぱり赤城さんには敵わないなぁ…」

赤城「…もう・・・・・・」

提督「ねぇ赤城さんおr赤城「提督」

提督「えっ…まだ俺話してる…」

赤城「知っていますよ、だからこそ私から先に言わせていただきます」

提督「な、何?」

赤城「私は・・・・楽しみはとっておくタイプなんですよ」

提督「…ふふっ」

赤城「…」ニコ

提督「敵わない、敵わないよ赤城さん」

赤城「前にも言ったでしょう?女はずる賢いのです」

提督「そうだね…さて…そろそろ時間だ」

赤城「それでは」

提督「あぁ…勝ってきてくれ」

赤城「もちろん」ニコッ


35 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 21:44:15.43 ID:ARygrwgd0



提督「赤城さん!!」

赤城「?」

提督「帰ったらさ・・・いい機会だと思うんだ…」

赤城「はい?」

提督「だからさ…その……」

赤城「…」ピコーン

赤城「ふふっ…うふふふふ…

赤城「提督は甘えん坊ですね?」クスクス

提督「んなっ!!そういうわけじゃ!!」

赤城「そういう事にしておきましょう、それじゃあ行ってきます!!」

提督「まったく…」

36 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 21:54:54.31 ID:ARygrwgd0




赤城「…」ニヤニヤ

蒼龍「出撃で赤城さんが笑ってる…」コソコソ

飛龍「きっと殲滅せし敵を思い浮かべ悦に浸っているのよ」

飛龍「さすが鬼空母の異名を持っているだけあるわね…」

蒼龍「誰が付けたの?」

飛龍「私」

蒼龍「だと思った」

赤城(まったく…素直に仰ればいいのに…」

加賀「赤城さん、戦闘海域に入るわ」

赤城「はいっ!!第一次攻撃隊!!準備して!!!」

「「「はい」」」



敵「」


加賀「上々ね」

赤城「…おかしい……手ごたえが無さすぎる・・・」

榛名「赤城さん!!三時の方向に敵影!!」

蒼龍「空からも!!来るっ!来るっ!来るっ!!!!」

飛龍「うそっ!!!えと・・・第二次攻撃隊を・・・」

赤城「みんな落ち着いて!!ALにいる部隊に援軍要請は出したわ!!撤退よ!!撤退!!!」



比叡「赤城さん避けて!!!!」

加賀「赤城さん!!直上!!!!」



赤城「!!!!」








42 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 22:10:43.34 ID:ARygrwgd0





赤城「…慢心ね・・・・・」大破

加賀「赤城さん!!」

赤城「加賀さん…私を・・・」

加賀「…ダメよ、できないわ!!」

加賀「赤城さんを中心に輪形陣を!!」

赤城「冷静になりなさい、私は動けないのよ…そし・・・」

加賀「冷静です、だからあなたを守る」

赤城「…だから・・・話を・・・」




蒼龍「なんでまた甲板に被弾なのよっ! 痛いじゃない!」中破

飛龍「この程度ならかすり傷よっ!」小破

榛名「やだ!被弾した!?」小破

比叡「ひえぇぇぇぇ!!!ひえぇぇぇえぇぇ!!」小破

加賀「甲板に火の手が……そんな」小破


赤城「お願いだから…逃げて・・・」

蒼龍「出来るわけないじゃないですかぁ!!!」

飛龍「そうですよ!!提督に合わせる顔が無いじゃないですかぁ!!」

赤城「だから・・・話を聞け・・・」


比叡「赤城さんが沈んだら提督が悲しんで提督が悲しんだらお姉さまが悲しみます!!だからあなたは必ず守る!!」

榛名「地獄の果てまで!!お供します!!!」

赤城「d加賀「直上!!!!!!!!!!!!!!!」



赤城「あ」



ゴポポポポ





赤城(これが沈むという・・・感覚・・・)

赤城(…こんな時に浮かぶのは・・・)

赤城(やっぱり・・・まだ・・・・ま・・・だ・・・・・・・・・・)





43 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 22:16:41.09 ID:ARygrwgd0


無線「ビービー」

提督「!!!」ガタッ


提督「私だ作戦は成功か?」

提督「そうか、よかったよ…損害は?」

提督「はっ?」






提督「…赤城が・・・轟沈・・・?」


提督「そう・・・か・・・・・残存部隊は・・・帰投しろ・・・」

ガチャ




提督「沈んだか・・・・・」



提督「…」



提督「…」



提督「…赤城など不必要だ・・・・・・」



提督「……・・・・・」



提督「不必要・・・・なんだ・・・・・・」


提督「寝よう・・・・・・」

49 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 22:34:27.89 ID:ARygrwgd0


気持ちの悪い脱力感を追い出したい
というよりも夢であってほしい、そんな気持ちがあったのだろう
俺は執務室の隣にある寝室のベッドに身を預けた

暗いくらい部屋の中
起きてるのか起きていないのか
夢か現かもわからない世界
覚醒したはずの五感で一番初めに感じた触覚
誰かが俺の頭を撫でている
右に転がり、上を向く
視線の先に沈んだはずの彼女の姿を捉えた
暗くてよくわからない、もしかしたら人違いかもしれない
俺は愛しい彼女の名前を呼ぶ

「赤城さん…」

「はい、提督」

優しい声が耳をくすぐる
きっと夢なのだろう
彼女への後悔が見せた甘い悪夢なのだ
しかし俺はあえて乗ってやろうと思う
これを機に彼女から卒業しよう
もしかしたらこれは、俺を心配した彼女が見せた夢なのかもしれない

両手を彼女の腰に回し、腹部に顔を押し付ける

「提督…」

困ったこえで俺を呼ぶ彼女
しかし撫でる手が止まることは無い
俺は顔全体で彼女の柔らかな体躯を感じる
尾行をくすぐる甘い匂い

まどろみの中で俺は言葉を紡ぐ
それは謝罪
死んだはずの彼女に謝罪をして、きれいさっぱり忘れたいという下衆な思惑があるかもしれない
本心かもしれない
中途半端な気持であるが、出てきたものは仕方がない

彼女はきっとこう言うだろう

「情けないですね…」

そう言った彼女は、まるで外敵から俺を守るように包み込む
両手で俺の頭を包み込み、顎を乗せる

「甘えん坊さんなんだから…」

ここで俺の意識は途切れた
柔らかな彼女と甘い香りに包まれた俺の寝顔は

きっと泣き顔

50 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 23:03:31.85 ID:ARygrwgd0



提督「…え?」

赤城「…」ニコニコ

提督「え?へ?…なんで?」

赤城「離してくれなかったもので」ニコニコ

加賀「疲れていたもので」カガ

飛龍「好奇心で!!」ビシィ

蒼龍「成り行きで…」


提督「え…轟沈したって…」

赤城「まぁ…したにはしましたが…提督が皆に積み忘れた女神を積んでいたので・・・言ってませんでしたっけ?」

提督「え?」


『結局!最後まで私に頼って!!』

『まったく…私がいたからよかったものの・・・』


提督「あ」


加賀(轟沈?…そういえばあの時の通信は私が・・・女神は・・・うん知っていたわね…)

加賀(提督に連絡したのは・・・赤城さんが沈んで、援軍が来て・・・)



『冷静になりなさい、私は動けないのよ…そし・・』

『冷静です、だからあなたを守る』

『…だから・・・話を・・・』

『だから・・・話を聞け・・・』


加賀「あ」

提督「あじゃないが」ズルッ

加賀「ちょ////」



ベチンベチンベチンベチン
ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙








赤城「まったく…まだまだ提督からは目が離せませんね…」ニコッ

提督「そうだね、やっぱり赤城さんには敵わないよ」ベチンベチン

加賀「ふわっ・・・んやぁ・・・・痛いのに・・・・痛いのにぃ!!!」ジュンジュワー



翔鶴「瑞鶴、見ちゃいけません」←Lv12

瑞鶴「へんたいだー」Lv2







加賀「んやぁぁぁぁぁぁあああぁぁ!!!!!!」ジョワー

51 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 23:04:13.96 ID:ARygrwgd0


おしまい

楽しかった

60 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 14:09:59.48 ID:HkQzB+1M0

瑞鶴「きっさまとおーれーとーはぁ♪」加賀「貴様とはなんですか、貴様とは」

61 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 14:27:08.36 ID:HkQzB+1M0


瑞鶴「あっ!へんたいだー!!!」←Lv2

加賀「見解の相違です、人の趣向を軽々しく貶してはいけません」Lv80

瑞鶴「そーなの?」

加賀「そうですよ」ヒョイ

瑞鶴「あぁ!!もちあげるなーいっこーせん!!」ポカポカ

加賀「もう、お昼ご飯の時間ですから砂遊びは終わりです」

瑞鶴「やだー!!おしろつくるのー!!」

加賀「ふむ…」チラッ


加賀「これは・・・丘ですか?」

瑞鶴「ばかー!!おしろだもんばかこうせん!!」ペチペチ

加賀「そうですか、すいません」

瑞鶴「へん、わかればよかろうなのだー!!」

加賀「それじゃあお昼に瑞鶴「やだっ!!!」

加賀「お腹がすいてないのですか?」

瑞鶴「うーうん、おなかへってるよー?」

加賀「…」ヒョイ

瑞鶴「やたー!!」トトトト



63 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 14:31:01.50 ID:HkQzB+1M0


加賀「瑞鶴、何故嫌なのですか?」スッ

瑞鶴「やだもん!!!」

加賀「それじゃあわからないわ、何故お昼ご飯を抜いてまでお城をつくるの?」

瑞鶴「しょうかくねぇにみせるの!!!」

加賀「翔鶴に?」

瑞鶴「うん!!そしたらほめてくれるもん!!」

加賀「そうですか…でもね瑞鶴」

瑞鶴「?」

加賀「お腹がすく思いまでしてつくられたお城を見て・・・翔鶴はどう思うと思いますか?」

瑞鶴「…ほめてくれないの?」

加賀「いいえ、きっと彼女は褒めてくれます…でも…」

加賀「そのような思いまでして作ったあなたに・・・きっと申し訳ないと思うと私は思います」

瑞鶴「もし・・・?」

加賀「そうですね…悲しい、です」

瑞鶴「かなしいの?かなしいのはだめなんだよ?」

加賀「はい、その通りです、だからお腹いっぱい食べてから完成させませんか?私も手伝いますから」

瑞鶴「いっこーせんもかなしい?」

加賀「はい、私も悲しいですよ」

瑞鶴「じゃあごはんたべるー!」

加賀「そうですか…」ズイカクナデナデ

瑞鶴「えへへ…あたしいっこーせんすき!!」

加賀「はい、私も瑞鶴が大好きですよ?」

瑞鶴「きょうのごはんなにー?」

加賀「今日はから揚げですよ」

瑞鶴「やたー!!!」





65 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 14:41:27.08 ID:HkQzB+1M0



弓の練習中


瑞鶴「うわあぁぁぁあっぁ・・・・いっこーせんなんかきらいだぁぁぁぁ」パタパタパタパタ トテ ビエエェェエエ ←Lv10

加賀「…」

赤城「加賀さん…」←Lv105

翔鶴「ごめんなさい加賀さん、瑞鶴が迷惑を・・・」←Lv34

加賀「…いいのよ、しばらく頭を冷やさせましょう・・・・・・」

加賀「別に私は気にしていません」

赤城「…加賀さんは不器用ですね・・・・・・」

加賀「知りません」プイッ スタスタ

赤城「…」

翔鶴「…あの・・・・・」

赤城「心配しなくても伝わりますよ…加賀さんの想いは瑞鶴に・・・」

翔鶴「そうでしょうか…」

赤城「伝わります、ただ・・・仲介は必要ですけどね…」

翔鶴「?」

67 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 14:57:41.04 ID:HkQzB+1M0


瑞鶴「うわぁぁぁあぁぁぁぁ!!!いっこーせんのばかばかばかばかばか!!!!!!」ビエエエエェエェェエ

提督「そうか、加賀は中々きついもんな…」ナデナデ

提督「でもね瑞鶴、加賀は瑞鶴のこと大好きなんだよ?」

瑞鶴「うそっ!!うそだもん!!!いっこーせんは私の事嫌いなんだ!!」

提督「ホントかな?窓の外を見てごらん?」

瑞鶴「?」




砂場


加賀「…」セッセッセッセ




瑞鶴「…砂のお城・・・・・・」

提督「加賀はすごく不器用だ、こと君に対してはそれが顕著だ」

提督「きつく当たることもあるだろうし、空回りしてしまう事もある・・・でも彼女は決して君への接触を止めたりしない」

提督「何故だろう?」

瑞鶴「それは・・・」

瑞鶴「・・・・・」

提督「怒るというのはすごく疲れるんだ…だから人は嫌いな人は怒らずに相手にしないんだ」

提督「優しさは時に甘さになる、だから時には厳しさが必要になる・・・故に人は稀に厳しさを与える」

提督「厳しくするのは甘えさせてあげたいから…バランスをとるために人はその人に厳しくするんだ・・・」

瑞鶴「…提督さんのお話はよくわからない・・・」

提督「いつか・・・わかってくれればいい…いいかい瑞鶴?単純なことだからこれだけは覚えておきなさい」

提督「誰かが誰かに対して見せる喜びや悲しみの根源はね?全部大好きっていう気持ちなんだ…」

瑞鶴「…大好き・・・・・」

提督「さぁ…説教は終わりだ、行きなさい」

瑞鶴「……うんっ!!」ダダダダダダ






68 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 15:04:32.57 ID:HkQzB+1M0


赤城「・・・失礼します」

提督「赤城か…聞かれちゃったね・・・・・」

赤城「子ども相手に・・・なんて言いませんよ?」

提督「わかっているはずだ…子供は大人が思うよりもよく考えている・・・だから真面目に真剣に相対さないといけないと・・・」

赤城「ご立派になられましたね、提督」

提督「ここに来て3年、立派にもなるさ…」チラッ

提督「尻を叩いてた相手が、尻を叩く側に回るなんてね…君たちの成長速度には驚かされるよ…」

赤城「・・・私はまだそんな歳じゃありません」

提督「怒るなよ…今、大事なところなんだ」

赤城「はっ?」





瑞鶴「いっこーせーん!!!」ダダダダダダダ

加賀「!!!!!」

瑞鶴「ごめんなさい!!!だいすきー!!!」

加賀「あqwsでfrtgyふじこ!!!!」



提督「ははっ、見ろよ赤城さん・・・加賀の顔が真っ赤だ」





加賀「このっ!!瑞鶴!!やめて!!顔を胸に埋めないで……こらっ!!」

瑞鶴「えへへ…」スリスリ


75 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 17:43:02.75 ID:HkQzB+1M0



瑞鶴「むっふっふ〜ついに初陣・・・腕が鳴るわね…」←Lv25

翔鶴「こらっ!瑞鶴!慢心してはいけません!!」←Lv42

瑞鶴「違うよ翔鶴姉ぇ、これは武者震いだよ…私はもう守られるだけの空母じゃないの!」

瑞鶴「必ず翔鶴姉ぇ…そして加賀さんの力になるわ!!」

加賀「瑞鶴」

瑞鶴「あっ!!加賀さーん!!!」ダキッ

加賀「…」ギュッ

瑞鶴「加賀さん!!私ついに初陣だよ!!絶対にMVP獲るから見ていてね!!!」

加賀「えぇ、楽しみにしているわ…瑞鶴」

瑞鶴「うんっ!!!」





ダダダダダダダダダダダ

バンッ!!!


赤城「提督!!!」

提督「赤城さん!!放送は聞いたね!!」

提督「翔鶴を旗艦とする第四艦隊が南西海域で敵の大艦隊と遭遇した!!」

提督「第一及び第二艦隊はすぐさま出撃してください!!」

赤城「わかっています!ただ加賀さんが・・・一人で!!!」

提督「なんだと!!」


バンッ

天龍「おい提督!!俺の長剣どこだよ!!」

提督「おいおい・・・赤城さん!!」

赤城「出撃を急ぎます!!!!」


76 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:03:33.43 ID:HkQzB+1M0


瑞鶴「…ちょっと・・・・まずいかもね…」中破

翔鶴「皆!!決して諦めないで!!助けは・・・助けは必ず来るから!!!」

吹雪「そうは・・・言っても・・・」小破←Lv32

卯月「この数はきついぴょ〜ん!!!」←Lv33

不知火「不知火に落ち度などあるものかァァ!!!!」ズガガガガ←Lv43

古鷹「とにかく破損した人を中心に輪形陣を!!!」←Lv74

古鷹「瑞鶴ちゃんは私の後ろに!!早く!!!」

不知火「古鷹!!油断です!!前!!」

古鷹「えっ?」

瑞鶴「危ない!!!」


ヲ級から放たれた爆撃機の放つ一撃
重巡洋艦古鷹の直上に降り注ぐはずだったそれは彼女によって遮られた
相応の対価を支払い

瑞鶴「くぅっ・・・案外・・・きついのね…」大破

古鷹「バカ!!あなたがかばって・・・・」

瑞鶴「へへ…咲いた花なら散るのは覚悟ってね」

古鷹「私がいながら・・・こんな・・・」

吹雪「いやぁ!!!」大破

卯月「いやぁ!!帰りたいぴょん!!!」中破

不知火「死なばもろとも・・・貴様らも道連れだ…」大破

翔鶴「…そんな・・・・ここまで・・・なの・・・」大破


敵には届かぬ各人のつぶやき
こちらに飛びゆく鉄の雨


古鷹「やらせない・・・やらせないんだからぁ!!!!」


自らを鼓舞するように叫ぶ彼女
せめて一太刀
そう言わんばかりにありったけの魚雷と砲弾を放つ
手を広げ仲間の前に手を広げて彼女は立つ
その瞳は普段の彼女からは感じられない殺気を敵に放っていた
戦場に降り立つフルタカエルマジシャングリラからの使者
しかし砲弾はその殺気をものともせずに彼女等に向かう
覚悟を決め、しかし決して目を逸らさない



着弾


78 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:16:46.24 ID:HkQzB+1M0



加賀「よくぞ持ちこたえましたね」


セズ

射線上にいた彼女等を捉えたはずの砲弾は、25mm機銃の弾幕の前に墜ちあるいは夾叉した



加賀「鎧袖一触よ、すぐに終わるわ」

古鷹「加賀・・・さん?」

彼女は目を疑う
加賀は弓はおろか飛行甲板も背負ってはいなかった
機銃、そして手に持つのはとある軽巡の固有武装

艦刀「Bloody Sky Dragon」(自称)




80 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:31:00.13 ID:HkQzB+1M0


加賀はこちらに正対する敵を見る
単横というよりはやや鶴翼にとった敵陣の中心に切り込む
振りかぶる艦刀「Bloody Sky Dragon」(自称)は戦艦レ級を縦に切り裂いた

しかし深海棲艦はそれを気にも留めず加賀を包囲する
切り裂かれたレ級を境に左右に展開する
展開された敵は加賀を包み込むように布陣を立て直す
しかし彼女の前にそのような行動は無意味であった

加賀はすぐさま右に旋回並んだ敵を艦刀「Bloody Sky Dragon」(自称) で次々に横薙ぎに切り裂く
艦刀「Bloody Sky Dragon」(自称)はまさに斬るごとに切れ味を増していくように
敵を切り裂く

斬る
キル
KILL


鎧袖一触
彼女はその言葉を一片の狂いもなく実行した

第一・第二艦隊が援軍に駆け付けた時に彼女等を待っていたのは

そこらに浮かぶ敵の死体

血濡れた加賀と

加賀「…」


泣き叫ぶ駆逐艦

吹雪「くうぼこわいよぉ!!!」びええぇぇぇ

卯月「ふぇぇぇぇぇ・・・やよい・・・・こんなにも恐ろしいなら戦いたくないぴょん!!!」フエ~ン

不知火「し・・・しら・・・おち・・・・・おち・・・・・ど・・・・」グュグシュ





そして


那珂「なっかちゃんだよ〜★」

既に改二の那珂ちゃんがいる鎮守府にドロップされたナカチャンだった









81 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:32:21.99 ID:HkQzB+1M0



カーンカーンカーン

83 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:47:09.00 ID:HkQzB+1M0





瑞鶴「加賀さん!!さっきはありがとう!!」

加賀「…」

瑞鶴「やっぱり加賀さんは強いね!!私には絶対真似できないよ!!」

瑞鶴「ほんとわ加賀「不快だわ」

瑞鶴「……へ?」

加賀「何が散るのは覚悟ですって?私は貴方にそんなことを教えた覚えはないわ、必ず全員で帰還しなさいと教えたはずよ?」

瑞鶴「で・・・でも・・・私一人沈んで・・・皆助かるなら…」

加賀「そんな計算は成り立たないわ」ギロッ

瑞鶴「…」ビクッ

瑞鶴「か、加賀さん…・・あの!!怒ったなら…ごめんなさい…」

加賀「期待していたのだけれど…見込み違いだったのかしら…」ハァ

瑞鶴「えと・・・あの・・・・・」

加賀「MVP?笑わせないで、あの程度なら解体された方がいいんじゃないかしら?」

瑞鶴「…何よ!!そこまで言うことないじゃない!!同じ空母でしょ!!」

加賀「同じ?」

瑞鶴「そうよおn加賀「五航戦の子なんかと一緒にしないで」

瑞鶴「…はっ?」

加賀「私は誇り高き一航戦よ、貴方や翔鶴みたいな雑魚と一緒にしないで」

瑞鶴「!!! このぉ!!!」バチン

加賀「…」

瑞鶴「昔提督さんが!加賀さんは私が大好きだって言ってたのを信じた私がバカだったわ!!!」






加賀「えぇ、私はね瑞鶴・・・」



あっ!へんたいだー!!!



加賀「あなたなんか・・・」



うわあぁぁぁあっぁ・・・・いっこーせんなんかきらいだぁぁぁぁ



加賀「五航戦の子なんか・・・」




このっ!!瑞鶴!!やめて!!顔を胸に埋めないで……こらっ!!

えへへ…





84 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 18:56:16.08 ID:HkQzB+1M0







えへへ…あたしいっこーせんすき!!



はい、私も瑞鶴が大好きですよ?











加賀「大嫌いです」

瑞鶴「…」プルプル


瑞鶴「ばかぁあぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」バタバタバタバタ ドテ ビエエェェエエ








加賀「…」


加賀「…」ヘナァ

加賀「お願い・・・・・」





加賀「・・・・・・待って・・・・・・・・瑞鶴・・・・・」




加賀「嘘よ…大好き・・・・大好きよ瑞鶴・・・・」

加賀「砂まみれのあなたも・・・私を叩く貴方も・・・・・練習で泣いちゃうあなたも・・・」

加賀「立派なあなたも大好きなのよ…」

加賀「大好き・・・大好きよ瑞鶴・・・・でも・・・・・

加賀「私に頼りきりじゃだめ・・・・あなたが・・・・・あなたが踏み出さなきゃ・・・・」

加賀「今度は・・・・今度は・・・・」



加賀「あなたが誰かを守る番なのよ」


加賀「ごめんね瑞鶴・・・大好きよ瑞鶴・・・・愛している・・・・大好きよ…大好きよ・・・・」








瑞鶴「うわぁぁぁぁあぁあああぁぁぁあぁ加賀さんのばかあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」


提督「…」

赤城「ホント・・・不器用なんだから・・・・」グスッ


85 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 19:07:21.62 ID:HkQzB+1M0


加賀「失礼します…」ガチャ


提督「加賀さん…今日は飲もう!!!」


加賀「?」


蒼龍「飲みましょう!!」ガチャ

飛龍「じゃんじゃかやりましょう!!!」ヌルッ

赤城「吐いても飲みましょう!!」


加賀「…提督…これは?」

提督「かがさぁん!!!」ギュッ

加賀「!!!」

加賀「な、なにw提督「突き放すのって…辛いよね…」ボソッ

加賀「…」ブワァ

提督「大丈夫・・・・彼女なら理解できるから…」

加賀「・・・・ばか・・・・・」

赤城「提督!!!ズルいです!!!」ガバァ

提督・加賀「!!!!」

飛龍「あっ!!!私も!!!」ズバァ

蒼龍「加賀さんお尻叩かないでね!!」ドバァ


提督「おい!!俺の尻もんだの誰だ!!!」

飛龍「私です!!!」

赤城「飛龍さん!!私の夫に手を出すなんていい度胸ですね!!!

飛龍「いずれ私のものです!!!」

飛龍「って蒼龍が言ってました!!!」

蒼龍「うそぉ!!!」

赤城「へぇ…」

蒼龍「…そうですよ!!いずれ提督は私のものです!!!」

飛龍「許さん!!!」バチン

蒼龍「」




加賀「・・・・まぁ・・・・・」


加賀「悪くは・・・無いですね…」ニコ










87 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 19:12:11.12 ID:HkQzB+1M0



翌日 廊下



瑞鶴「…」スタスタ

加賀「…」スタスタ




加賀「…」スタスタ


瑞鶴「…精々油断してなさい」ピタッ


加賀「…」ピタッ


瑞鶴「必ず・・・超えるわ…一航戦」スタスタスタ



加賀「……無駄な努力よ…五航戦」スタスタスタ







向かいの廊下



提督「ホント不器用な奴等だなぁ」

赤城「でもそこが加賀さんのいいとこです♪」

翔鶴「瑞鶴は・・・きっと強くなりますよ?赤城さん」

赤城「ふふっ…楽しみにしてるわ」




88 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 19:24:37.19 ID:HkQzB+1M0


次回予告



曙「このクソ提督!!」

提督「クソってなんだクソってえぇぇえぇぇぇぇぇ!!!!!!」

曙「ふぇ…」


99 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 11:12:48.07 ID:lO+rV4RW0

提督「それでは、定例報告会を始める」伊勢「あり?提督なんか不機嫌じゃない?」

100 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 11:19:01.18 ID:lO+rV4RW0


提督「別に」ブッスゥー

赤城(不機嫌ですね)

榛名(不機嫌です)

加賀(不機嫌ね)

五十鈴(何かあったのかしら?)

古鷹(((あわわ・・・どうしよう)))

球磨「嘘つけクマ」

提督「うるさい、出欠をとるぞ」

蒼龍(やっぱり不機嫌じゃない・・・)

響(ハラショー)

ユー(انها مودي على الاطلاق)

鈴谷(生理かな?)

飛龍(そんなわけないだろうビッチ)

鈴谷「ビッチじゃないし!!」ガタッ

提督「うるさい!!!」

鈴谷「あっ…ごめんなさい…」



101 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 11:25:23.28 ID:lO+rV4RW0


提督「赤城さん、加賀、蒼龍、飛龍」

赤城「はい」

加賀「はい」

蒼龍「はい」

飛龍「はぁぁっぁいい!!!!!」

提督「…」

飛龍「…」

提督「…金剛、榛名、伊勢、扶桑」

金剛「はぁイ」
(スルーシタ)

榛名「はい」
(飛龍さんはいいんですね)

扶桑「はい」
(私もやってみようかしら…)

伊勢「うい」
(基準どこさ…)

提督「古鷹、鈴谷」

古鷹「はい」

鈴谷「はーい」

提督「五十鈴、球磨」

五十鈴「はーい」

球磨「クマー」

提督「睦月、時雨、響、曙」

睦月「はいです!!」

時雨「ボクはここにいるよ」

響「ヤー」

曙「…」

提督「はっ?」





102 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 11:39:42.18 ID:lO+rV4RW0



時雨(あっ…まずいかも…)

赤城(また始まった・・・)ハァ

加賀(もはや恒例行事ね…)


曙「…何よ?」

提督「返事は?」

曙「なに?あんたの目は節穴なの?毎度毎度点呼なんて…バカバカしい・・・・・・」

提督「なんだと・・・?」

曙「見えているならわざわざ返事する必要なんてないでしょ?馬鹿なの?」

提督「…」プルプル

鈴谷(いやいや、なんで煽ってんのさ!)

古鷹(あわわ・・・止めないと…)

蒼龍(でもまぁ…いつものことかぁ…)

曙「それともいちいち返事しなきゃいけない規則でもあるわけ?」

提督「…上官への返答は常識だろうが…」

曙「まぁ、そうなんでしょうね。少なくとも・・・」

曙「あんたの中ではさ?」

曙「このクソ提督!!」



提督「」プチン


提督「クソってなんだクソってえぇぇえぇぇぇぇぇ!!!!!!」

曙「ふぇ…」

響「!」

ユー「ふにゃ!!」

睦月「にゃしぃ!!」

蒼龍「えっ!怒鳴った!!」ガタッ

飛龍「ぅえ!!提督が怒鳴った!!」ガタッガタ

加賀「!!??!?!?」ステーン

赤城「…」アングリ

金剛「エェえぇぇぇ!!!」

榛名「…榛名は・・・初めて提督の怒鳴り声を聞きました…」

古鷹「…私もです・・・・・・」

扶桑「・・・・やっぱり不幸ね・・・・・」

伊勢「えっ?えぇっ?提督?うそ?どうしたのさ!!」

五十鈴「ほあぁぁ・・・初めてみたわ…提督の怒り・・・・」

球磨「ク・・・クマははどど動揺しないにゃー」

五十鈴「キャラぶれてるわよ」

球磨「いつからクマがクマであると錯覚していた?」

五十鈴「あんた実は余裕でしょ?」







103 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 11:52:45.40 ID:lO+rV4RW0


提督「もういい!!!!赤城さんに全部任せる!!!」ダダダダ

赤城「ちょっと提督!!お待ちなさい!!」ガシッ

赤城「あなたいつも流していたでしょう!!」

提督「うるさい!!離せ!!!俺はもう知らん!!!全部知らん!!!!!」

加賀「…知らんとはなんですか、そんなものは通りません」

加賀「仮にも提督なのでしょう?しっかりしてください」

赤城「加賀さんの言うとおりです!!」

提督「う・・・うるさい!うるさい!!うるさーい!!!!」

提督「もう知らんのだ!!!知らんといったら知らんのだ!!赤城さんの年増!!!!加賀の桃尻スパンキンガー!!!!」ブン!!ダダダダダダダ

加賀「」

赤城「ちょっ!!!私はまだそんな歳じゃ!!!」

提督「うるさーい!!!!!!」ダダダダダ バッ

飛龍「ひへ!!」

提督「うわあぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!!!!!ひきこもってやるぅぅぅぅぅx!!!!!!!」バタァ

飛龍「あたしが拉致られたあぁぁ!!!」


赤城「ちょっ!!!そんなの許しませんよ!!!!!私というものがありながら!!!!」

加賀「そうです、私との結婚もまだなのですから!!!」Lv90

球磨「まぁ、待てクマ」Lv87

赤城「どきなさい!!ウィニー!!」

加賀「邪魔よウィニー!!」

球磨「クマ違いも甚だしいクマ」

104 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 12:18:17.93 ID:lO+rV4RW0


球磨「ここでお前らが行っても火に油クマ」

球磨「ここは球磨と古鷹に任せるクマ」

古鷹(私もなんだ…)

赤城「いけません!!あの人の妻は私です!!私が一番あの人をわかっているんです!!!わかりあっていなければならないんです!!!」

加賀「そして私は二号です!!」

蒼龍「あたしは・・・さ球磨「それじゃあなんであんな理詰めで止めようとしたんだクマ!!!」

伊勢(うそっ!!球磨までキレた!!!)

榛名(榛名はまだ大丈夫です!!)

金剛「さ、三人とも・・・・おちつくネー・・・・」

赤城「はぁ?」

球磨「感情論と物事の正統性は別問題なんてこと!!あいつはわかっているはずクマ!!!」

球磨「少なくとも!赤城はわかっているはずクマ!!この鎮守府では古参なのだから!!!」

球磨「それでもなお!感情が爆発した!!!虫も殺さないようなあいつがだ!!」

球磨「それを何故かとなんで考えないんだクマ!!!加賀!!お前は瑞鶴の件であいつに世話になったんじゃないのかクマー!!!」

赤城「…しかし・・・・それは会議を投げ出す理由になりません!!!」

加賀「そうです、それこそ別問題です!!!」

赤城「この鎮守府の提督である以上!業務は確実にするべきです!!」

球磨「いい加減にしろクソガキどもクマー!!!!」

赤城「!」

加賀「!」

金剛「あぅぅ・・・球磨が止まらないクマー」

榛名「写ってますよ!お姉さま!!」

球磨「朝から晩までかまってかまってかまってかまって!!!お前らちっとも成長していないクマー!!!!!」

球磨「あいつを都合のいい愛玩動物兼プログラムにするなクマー!!!!」

球磨「損得勘定!!しなければならない!!こうするべきだ!!!!」

球磨「もうたくさんだクマー!!!!!!」

球磨「お前ら結局自分の事しか考えてない!!!!自分たちで出す答えすらあいつに頼るからあいつが困るクマー!!!!」

球磨「女の仕事は旦那のケツ叩いて喘ぐだけじゃないクマー!!!妻というのであればそれくらい理解しろクマー!!」

赤城「何を!!」

球磨「フガーッ!!!!!!!お前らがあいつの部屋に近づくのは球磨が許さんクマー!!!!」ジャキン

赤城「うるさい!!お前に私の何がわかる!!!」キリキリ

球磨「わかったらお前と一緒だクマ!!!そんなの願い下げクマ!!!!」

伊勢「おいおいやばいぞ!!!みんな止めろ!!!!」

睦月「そんなこと言ったって・・・・曙ちゃんのバカ―!!!!」

曙「わ!私のせいじゃないでしょ!!!」

蒼龍「言い争いは後にして!!止めるわよ!!!!」

金剛「おちつくネー!!赤城!!!!」

五十鈴「球磨も!!いい加減にしなさい!!!」

球磨「絶対許さんクマ!!」

赤城「こっちのセリフよ!!!!」





105 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 12:26:06.74 ID:lO+rV4RW0



加賀(今のうちに・・・)コソコソ

木曾「おいおい、渦中の人間が一人だけ勝ち馬なんて…」Lv76

木曾「許されないだろ?」シャキン

加賀「!!!」

北上「球磨姉がぶちぎれたの初めて見た・・・」

大井「それだけ目に余ったってことね…空母たちの行動は・・・」

多摩「執務室は川内たちが抑えたにゃー」

球磨「クソ空母共め!!二度とあいつに近づくな!!!」

赤城「この軽巡風情が!!!」

武蔵「いい加減にせんかぁ!!!!」

球磨「ギュマ!!!」ゴチン

赤城「はちゃ!!!!」ゴチン

武蔵「なんだこの騒ぎは!!いい加減にしろ!!!!

伊勢「武蔵・・・」

時雨「呼んできて正解だったね…」

武蔵「この場はこの武蔵が預かる!!!関係者以外は散れ!散れえぇぇ!!!!」

北上「こっわ・・・」

113 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 15:31:57.91 ID:lO+rV4RW0


提督「うわああぁぁあぁっぁぁ!!!!!!!!!」バタアアァァァン

提督「はぁ…はぁ・・・・古鷹・・・ごめんな連れてきて・・・・・」チラッ

飛龍「うっす」

提督「」

飛龍「へっへっへ・・・・あたしゃひr提督「ぎゃああああああああぁぁぁぁっぁぁx!!!!!!!!!!」ポイッ ドタンバタン

飛龍「うへぁ!!!」

提督「くぁwせdrftgyふじこlp;!!!!!!!!!lぽきじゅhygftrdすぁq!!!!!!!」ガチャガチャ

飛龍「あぁ!!待って待って!!!何もしないから!!!!その拳銃おいて!!!!」

提督「嘘だぁ!!お前も俺が欲しいんだろ!!!!支配下に置きたいんだろ!!!空母は皆そうなんだ!!!!」ガタガタブルブル チャキ

飛龍「ちょっと!!落ち着いて!!近づかないから!!この距離保つから!!!」

提督「そんんのあ嘘だ”!!!お前も赤城さんみたいに俺をs飛龍「そんなに知りたいなら言うよ!!!そうだよ!!!!!提督が欲しい!!!!」

飛龍「でも!!!無理矢理なんて嫌だ!!!」

提督「うぇ…・・・・」

飛龍「あなたが私を求めてくれて初めて私はこの手を伸ばす!!!約束する!!だから・・・・」

飛龍「お願いだから…その銃口を・・・自分に向けないで?」

提督「うぅ…」

飛龍「大丈夫、私は何もしないから……あなたを傷つけない・・・・・・ほら?そんなの捨てて?」

飛龍「何があったか知らないけれど、自分を傷つけるなんて・・・・悲しいことはやめようよ?ね?」

提督「…近づくなよ?」

飛龍「うん、近づかないよ?なんなら今すぐ出て行こうか?」

提督「…」フルフル

飛龍「うん、ありがとう…でも心配だから…その銃は頂戴?」

提督「…」コクッ

飛龍「ありがとう…近づいてもいいかな?」

提督「・・・・へ…変な事したら・・・・・」

飛龍「わかってるよ?でも・・・・その時はその銃口は私に向けて?」

提督「な・・・何を・・・・」

飛龍「あたしも・・・きっと蒼龍も提督が傷つくぐらいなら死んだ方がマシって思ってる」

飛龍「だから・・・その銃口はあたしに向けて?ね?」

提督「そんなこと・・・・出来るわけ・・・・・」

飛龍「そうだね、知ってるよ?」

提督「なら・・・・わかったよ、降参だ・・・・」スッ

飛龍「・・・・・近づいてもいい?」

提督「・・・・うん」

飛龍「ありがとう…」



114 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 15:34:58.36 ID:lO+rV4RW0


提督「・・・・」

飛龍「よいしょ・・・・」

提督「…」

飛龍「…」

提督「…」

飛龍「…」

115 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 15:44:36.44 ID:lO+rV4RW0


提督「なっ・・・何も聞かないのか・・・・」

飛龍「話したいなら聞くよ、でも話したくないなら聞かない」

提督「…気に・・・・ならないのか?」

飛龍「気にならないって言ったら、嘘になりますが…きっと辛いことだったのでしょうから、いつまでもお待ちします」

提督「…しゃべり方・・・・・」

飛龍「さっきは緊急時でしたから…」

提督「・・・・ごめん」

飛龍「謝らなくていいんですよ、提督も精一杯だった・・・誰も責められません」

提督「そっか・・・・」

飛龍「・・・・はい」


提督「…」

飛龍「…」

提督「実はな…」

飛龍「・・・・はい・・・・・・」

提督「その・・・・・」

飛龍「大丈夫…ゆっくりでいいですよ…」

提督「うん・・・・あのな・・・・」













提督「赤城さんと・・・離婚したいんだ・・・・」


飛龍「」











川内「」

神通「」

那珂「割とガチなやつじゃん…」

116 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 15:48:55.15 ID:lO+rV4RW0


飛龍「えと・・・なんで・・・・?」

提督「・・・・レイプ・・・・・されたんだ・・・・」

飛龍「」









川内「ブッ!!」

神通「///」

那珂「やってしまいましたなぁ…」

123 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:00:06.03 ID:lO+rV4RW0


提督「いや…レイプされ続けている・・・・って感じかな・・・・」

提督「最初は・・・やんわり断っていたんだ…」

提督「その…戦時中に主力の兵を孕ませるのは・・・・・ちょっと・・・・」

飛龍「はぁ…」

提督「そうしたら彼女・・・すごく態度がきつくなって・・・」

飛龍「へぇ…」

提督「それに加えて・・・・毎晩・・・その・・・・・凄いキスされるものだから・・・・怒ったの・・・・」

提督「いい加減にしろって・・・・」

飛龍「それで襲われたと?」

提督「うん・・・・」

飛龍「それで?」

提督「それから・・・・・毎日・・・・気を失うまで・・・・」

飛龍「はぁ・・・・」

提督「寝不足だし…執務で怒鳴られるし・・・・もう・・・・・ほんとに・・・・」

飛龍「うん、怖かったね…大丈夫だよ・・・・・もう大丈夫・・・・・」
(あの色情魔め・・・・)

提督「そして・・・・最近加賀も・・・・」

飛龍「」













神通「」パタッ

川内「あっ!神通!!」

那珂「スティックは一本なのに協力プレイですかぁ・・・・」

130 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:17:25.69 ID:lO+rV4RW0



提督「・・・・もう・・・・怖くて・・・・・艦娘の力に勝てないし・・・・押さえつけられたら・・・・・もう・・・・・」

飛龍「そっかぁ…辛かったね、気付かなくてごめんね?」

提督「あいつ・・・・いやだって言ってるのに・・・・何度も何度も何度も・・・・」

飛龍「・・・・もういいから・・・・休もう?ね?もういいから・・・・妙高さん達を呼んで見張ってもらうからさ・・・・」

提督「ヤダ・・・・あそこは・・・・赤城さんと加賀が・・・・ううううあうあううあうううあわわわああわわわっわわわ!!!!!」

提督「あ゙あ゙ぁ゙ぁ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ぁ゙ぁ゙あ゙あ゙ぁ゙ぁ゙ぁ゙あ゙あ゙あ゙あ゙ぁ゙あ゙ぁ゙あ゙あ゙!!!!!」ドタバタ

飛龍「くぅうぅ・・・・」ギュッ


バタン


川内「提督ごめん!!!」タスッ

提督「ぷにゅ!!」

提督「」

那珂「美事なり」

川内「飛龍さん…」

飛龍「…ちょっと提督お願いね?」

川内「えっ?ちょっとどこへ!?」

飛龍「いやぁ・・・さすがにさ・・・」



  ━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・
飛龍「・・・笑い話にできないよね」━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛






那珂「こいつはぁ…2-4-11の悪魔でさぁ・・・・・」





131 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:20:33.67 ID:lO+rV4RW0

                ━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・
飛龍「・・・笑い話にできないよね」━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛




132 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:21:43.03 ID:lO+rV4RW0

                ━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・━┓・・
飛龍「・・・つぶす」       ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛







139 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:36:32.07 ID:lO+rV4RW0


武蔵「なるほどなぁ…赤城と加賀は出ていく提督に仕事をさせようとした」

赤城・加賀「はい・・・」

武蔵「球磨は普段怒らない提督に異変を感じた」

球磨「クマー」

武蔵「曙は・・・とりあえず口のきき方に気を付けろ」

曙「…はい・・・・・」

武蔵「まぁ…ここは喧嘩r飛龍「…」バァン

「「「「!!!」」」」


武蔵「むっ?飛龍か?」

飛龍「武蔵さん・・・・両成敗なんかじゃないよ…」

飛龍「この万年発情期がああぁぁっぁぁ!!!」ゲシィ

赤城「いたっ!!!!」

武蔵「おいっ!!飛龍!!やめろ!!!!」

飛龍「こいつはぁぁ!!!こいつらはぁあぁ!!!!!」

かくかくしかじか

飛龍「許せない!!!自分たちが何をしたのかわかってんのかぁぁぁぁ!!!!!!!!」ジタバタ

蒼龍「飛龍!落ち着いて!!!」

球磨「・・・・」

赤城「そ・・・それは・・・・」

加賀「・・・・」

伊勢「おいおい・・・新展開じゃないか・・・・」

鈴谷「…」パクパク

扶桑「これはもう…不幸どころの話じゃ・・・・」

飛龍「無抵抗の人間に・・・人間に・・・・お前らの誇りは何処へ消え失せたあぁぁァァ!!!!」









140 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:43:54.15 ID:lO+rV4RW0


赤城「まって!!話を聞いて!!!まさかここまで大事になるなんて!!!」

加賀「そうよ、まずは落ち着きましょう」

飛龍「これが!!これが落ち着いていられるかぁぁ!!!!!」

武蔵「こいつ!!本当に空母かっ!!!」Lv39

蒼龍(うわっ・・・飛龍ブチギレだ…まずいって・・・・)

飛龍「あたしらに弓を教えてあんたはどこ行ったんだよ赤城ぃ!!!」

飛龍「自分の危険も承知で瑞鶴を救いだしたあンたは何処に消えたんだよ加賀ぁ!!!!」

飛龍「くそっ!!クソッ!!!このメス犬どもがァァ!!!!!!!」

球磨「・・・」


曙「あわわわ…」ジョワ

時雨「・・・・」パクパク

伊勢「もうあたしらの手におえないんじゃないの・・・・」

扶桑「不幸なのは提督ね…」

鈴谷「もう帰りたい・・・」

古鷹「…もうどうしたら・・・・・」

球磨「・・・・」

五十鈴「大本営に連絡しようかしら…軍法会議でしょう?これは・・・」

144 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:49:05.06 ID:lO+rV4RW0


赤城「待って!!それだけはやめて!!!」

五十鈴「提督犯しておいて今さら命乞いなんて…本当に誇りは何処へ行ったの?」

加賀「だから話を!!!」

伊勢「戦艦代表として・・・軍法会議にかけることを進言するわ」

古鷹「重巡洋艦も・・・・同意です・・・・」

響「これは見逃せないね・・・・」

ユー「التي شكلت نواتها جامعة كيئو ذات التاريخ والتي تعد من أقدم الجامعات الخا

響「そうかい」

五十鈴「球磨?軽巡も・・・」

球磨「…」

五十鈴「球磨?」





147 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 16:52:41.93 ID:lO+rV4RW0





球磨「ヴォォォォオオオオオオオオォォオォッォォオォォオォッォォ!!!!!!!!!!!!」





149 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 17:01:45.91 ID:lO+rV4RW0


球磨「ああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」ダッ

五十鈴「ちょま!!!」

伊勢「おいおいおいおい!!!!!」

武蔵「イカン!!!止めろ!!!!」

飛龍「球磨さん!!!!」

古鷹「球磨ちゃん!!!!」

球磨「があああぁぁぁぁぁあぁぁぁ!!!!!!!殺す!!!!殺してやる!!!!」

球磨「引き裂いてフカの餌だ!!!餌だ!!!よくもやったなぁぁぁぁあああぁぁ!!!!」

伊勢「ぐぅぅ・・・なんでうちの艦娘は・・・・そろいもそろって化物染みているのよぉ!!!」

扶桑「くぅ・・・・」

球磨「手足の指をもぎ取って穴という穴にすべて突っ込んでやる!!!」

球磨「すべての歯をへし折ってやる!!!」

球磨「ケツの穴から五臓六腑を引きずり出してやる!!!!」

球磨「離せえええぇぇぇぇええ!!!!!!離せぇえええええええええええええええええぇぇえぇ!!!!!」

球磨「ヴォオオオオオオオオオオオオォォオォオッォオォォオオォォ!!!!!!」

赤城「ヒッ」

加賀「」チョロ

武蔵「クソッ!!!!止まらん!!!!」

時雨「マズイ!!二人に届く!!!」





152 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 17:16:41.68 ID:lO+rV4RW0




バンッ





提督「じゃじゃーんドッキ・・・リ・・・・で・・・・」

赤城「怖い!!!殺される!!!助けて提督!!!」ブワァ

加賀「うぇぇぇぇ!!!!」グシュグシュ

飛龍「ガルルルルルル・・・・」

榛名「榛名・・・・は・・・・大丈夫・・・・」

球磨「ヴォオオオオオオオオオオオオォォッォオォォオォ!!!!!!!」

武蔵「あぁぁぁぁ伊勢!!!しっかり押さえろ!!!」

伊勢「ムリムリムリムリ!!!こいつマジやばいんだって!!!!」

曙「うえええええええええぇぇっぇっぇぇええ!!!!!!」ジョワー

















飛龍「あせdrftぎぃjこいうyftdtfgyふjghjこmじゅいうk!!!!!!!!」ガミガミ

球磨「あwせdrtyぐひじょklkじゅhygtfrdsrdfgひゅいjこpl;ぽhgfdcvgbhjんbvふゅ!!!!!」ガミガミガミ

武蔵「p、おみぬbyvtcrぇzsdfghんじうhせたせcrvfbぎゅjdwmjんbてl!!!!!」グワァァァア



提督「怒るこたぁないじゃん」シュン

赤城「殴る事・・・無いじゃないですか・・・・」ヒリヒリ

加賀「怒鳴る事・・・無いじゃない・・・」ウエェェ









青葉「」チュウヅリ
【私は三人をそそのかしました】



曙「このっ!!このっ!!!」ベシベシ

伊勢「ははっ・・・・一件落着・・・?」

扶桑「・・・・不幸だわ・・・・」

古鷹「ま、まぁ…結局提督は無事だったので・・・・よかったですね?」








155 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/09(木) 17:24:43.77 ID:lO+rV4RW0


次回予告

提督「でも正直なところ艦娘に襲われてみたいって気持ちが無い訳じゃない」モグモグ

青葉「それじゃああのシチュエーションも現実味を帯びますね」パクパク

食堂にいたみなさん「!!!!!!!!!!!」


ザワ・・・

171 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 09:29:21.13 ID:LEWlSsoZ0


提督「まさか球磨が修羅になるとは思わなかった、予想外だ」

赤城「凄いですね…あれはもうベアですよ…」

加賀「そうね、私なんて漏らしてしまったもの・・・」

提督「!」ガタッ

赤城「」

加賀「…す、少しよ…///」

提督「ていうかさ、なんで俺を追おうとしたの?あそこで曙を凶弾する手筈だったじゃん」

赤城「それは・・・提督が飛龍を連れて行くから……嫉妬です・・・・」プイッ

加賀「二号は私ですので・・・」

提督「・・・・お前らなぁ・・・・」

加賀「つまりこのドッキリは提督の失敗です、あそこからすべて崩れたのです」

赤城「…そうですよ・・・・まぁ曙ちゃんをびっくりさせようという名目のドッキリに乗った私たちも私達ですが…」

提督「…いいじゃん、ドッキリ自体はよかったと思うよ?」

提督「曙の泣き顔も見られたし」

加賀「提督は彼女が嫌い?」

提督「大好き」

加賀「そう」

赤城「そう言えば…なんで私たちが・・・その・・・・れ、れい・・・・」

加賀「レイプ」

赤城「した・・・・ことに・・・・////////」プシュー

提督「あぁあれ?」

提督「私を取り合わないで!ってやりたかったの!!!じゃ!!!」ダッ

赤城「なっ!!!提督!!!!乙女になんて恥辱を!!!許しません!!今日こそその童貞をいただきます!!!!」

加賀「どっ!!!」

加賀「ここは譲れません」ゲシッ

赤城「いたっ!!!加賀さん!!!」

加賀「譲れません」ダッ

赤城「こらぁ!!!提督!!!絶対噛み千切ってあげます!!!!!!」




提督「」












また夜に



174 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 09:46:18.83 ID:LEWlSsoZ0


糾弾


うーちゃん単艦オリョクルの刑



180 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 14:55:42.77 ID:LEWlSsoZ0

提督「青い夕ぞ!!!」青葉「ごめんなさい、今なんて?」

181 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:05:17.42 ID:LEWlSsoZ0


提督「青い夕ぞ!!」

青葉「あおいゆうぞ…青葉と一緒に夕立を(性的に)喰うぞ?」

提督「バカ!!一緒に夕飯を食いに行くぞって言っているんだ」

青葉「はぁ…ならそういえばいいのに・・・・」

提督「俺なりのアイスブレイクだ!」

青葉「はいはい・・・そういう事ならご一緒いたしましょう!!」


ヒソヒソヒソヒソ


提督「おい、なんだか注目されてるぞ…」ボソッ

青葉「きっと先日のドッキリが尾を引いているのでしょう」ボソッ


電「実は青葉さんは提督の子供を身籠っているのです…」

雷「私は提督の妻になろうとした人間を青葉さんが駆逐したって聞いたわ…」

夕立「それじゃあ赤城さん達は敗者っぽい?」

漣「ktkr!!」

卯月「あのドッキリは青葉さんとの不倫を隠すためだぴょん…」

ユー「おオ行」ガシッ

卯月「なう関無」ズルズル


提督「…青葉・・・・・」

青葉「あはは…その・・・・・えっと・・・・・」



182 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:16:56.20 ID:LEWlSsoZ0


提督「まぁさすがにあれはやり過ぎだったけどな」以下モグモグ

青葉「そうですね…私なんてショーパンなのをいいことに宙吊りにされましたもん」以下モキュモキュ

提督「あのあと俺な、赤城にガチレイプされかけた」

青葉「ほう、それで?」

提督「明石印の緊縛テープのおかげで難を逃れた」

青葉「あれってどうやって使うんですか?」

提督「今度使ってやるよ」

青葉「お断りします」

提督「なんで?」

青葉「これでも乙女なので」

提督「そう・・・でもさ、こんなことを言うと勘違いされるかもしれないけどな」

青葉「はい?」

提督「正直なところ艦娘に襲われてみたいって気持ちが無い訳じゃない」

青葉「それじゃああのシチュエーションも現実味を帯びますね」

食堂にいたみなさん「!!!!!!!!!!!」

提督「そうなんだよね、正直支配するよりされたいって男は意外と多いと思う」

青葉「提督は支配されたいんですか?」

提督「波だね」

青葉「はっ?」

提督「そう思う時もあるけど、思わないときもある」

提督「あれだよ、目玉焼きにかけるのは醤油もいいけどソースやマヨもいい」

提督「そんな感じ」

青葉「つまり重婚希望ですか?」

提督「そうなるなぁ」

青葉「クズですね」

提督「大丈夫、みんな愛すればいい」

提督「あいしぬけーるポイントーがぁー」

青葉「ひとちゅあればいーのにー」

提督「…」

青葉「…」

提督「ひとちゅ」

青葉「うっさいです」








183 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:32:51.66 ID:LEWlSsoZ0


居酒屋ほうしょうさん

ガララ

提督「ばんわー」

青葉「おばんでーす」

鳳翔「こんばんわ提督、青葉ちゃん、奥が空いてますよ」

提督「ざーす」

青葉「ありがとうございます」



提督「ほーしょーさーん!!お酒ちょーだーい!!ひやでー!!」

ハーイ

青葉「越乃寒梅でお願いしまーす」

ワカリマシター

提督「おい」

青葉「たまには高い酒飲みましょーよ」

提督「越乃寒梅の美味しさを説明できんのか?」

青葉「ぬるかんで飲むと辛口でのど越しくぅ〜ってなります」」

提督「そんだけ?」

青葉「千円のよりおいしいです」

提督「そりゃな」

青葉「お酒を頼んだという事は・・・今日は晩酌ですか?」

提督「おう、付き合え」

鳳翔「失礼します。越乃寒梅です、どうぞ」

提督「ありがとう」

青葉「あとたこわさと焼き鳥と枝豆ととりわさもください」

鳳翔「はい、ありがとうございます」スタスタ

青葉「して議題は?」

提督「ズバリ押し倒されたい艦娘!!」

青葉「ほう、記事にしても?」

提督「地獄の業火に共に焼かれてくれるなら」

青葉「あっ!!ほーしょーさーん!!しおからもー」

提督「聞けよ」

186 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:40:07.31 ID:LEWlSsoZ0


提督「それじゃあ・・・最初は彼女から行こうか…」

青葉「彼女といいますと?」

提督「安価下だ!」

187 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/04/10(金) 15:42:02.67 ID:Yft7RmyAO

夕張

188 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:42:35.10 ID:LEWlSsoZ0

というかこの時間帯は人いないから本当の夜にする
安価下

189 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/04/10(金) 15:42:58.74 ID:b4nCJZ1GO

榛名

192 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:44:18.13 ID:LEWlSsoZ0

何故決心した途端に・・・夕張と榛名書く

193 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 15:54:27.57 ID:LEWlSsoZ0



提督「まずはメロンちゃんだ!!」

青葉「夕張さんですか…彼女は重武装最新鋭艦の先駆け的な存在ですね」

提督「うむ、彼女の挺身が無ければ古鷹型をはじめとする重巡は生まれていなかったのではないだろうか」

提督「敬礼!!」ビシィ

青葉「…」ビシィ
(提督ちょっと酔ってる)

提督「さて…それとは別に…」

青葉「押したされたい・・・ですね…?」

提督「うむ…彼女は・・・・・押し倒されたいというよりも・・・実験体にされたい系艦娘だな」

青葉「…へ?」

提督「彼女には未知の薬をうたれたり変な道具で骨抜きにされたい」

青葉「あぁ…はぁ…」

提督「例えばな?」





194 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 16:13:04.36 ID:LEWlSsoZ0


次に俺が目を覚ましたのは、薄暗く、肌寒い室内であった
何かに寝かされ、四肢を動かそうとすらば同時に鎖の音がする、そして手足首の感触
間違いない、俺は拘束されている

「目が覚めましたか?」

聞き覚えがあるどころか、ほぼ毎日聞いている声がした

「ゆ・・夕張か…助けてくれ・・・・」

そう彼女に告げる
この時の私は当然助けてくれるものばかりだと思っていた
彼女は鎮守府の仲間、ひいては私の部下なのだから
しかし彼女の答えは

「駄目ですよ提督、まだ実験は終わっていません」

口答えを許さない、そう言わんばかりに口に乗せられた彼女の冷たい手のひら

「大丈夫ですよ…きっと気持ちいです…」

ひんやりとした布でふかれた腕

「じっとしてくださいね?ちょっとチクットしますよ?」

「!」

注射だ
今、俺は注射を打たれている
とたん早くなる心拍
そそり立つ下腹部の竿

「上がってますね…いいですよいいですよ…」

「がっ!!」

反りたつそれに彼女がふれた
ひんやりとした感触がまた心地いい

「いいですねぇ…実験は成功です…」

上下する彼女の手
その快感はまるで脳天を雷に打たれたかのよう
今まさに俺の股間と脳神経は直結回路でつながった

「うっ・・・」

「あら・・・ふふっ、そんなに良かったんですか?」

射精を撃ち終えた俺は、酷い脱力感に襲われた

「まだまだこれからですよ?提督?」

「あ…う…」

有無を言わさず次の注射

「まだまだデータは必要なんですから・・・頑張れ、がんばれ」

それが数十回を超えたころ、俺は思考回路を停止した

205 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 20:12:23.19 ID:LEWlSsoZ0


提督「よく来てくれた、歓迎するよ」

58「よろしくね!!」

提督「早速だけど仕事を頼む」

58「はいでち!!」

提督「君にはオリョール海に出撃してもらう」

58「はい!!ゴーヤのほかには誰がいるの?」

提督「君一人だ」

58「えっ…」

提督「…期待しているぞ」

58「…ごーや!てーとくの為にがんばりまーす!!」

207 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 20:25:13.99 ID:LEWlSsoZ0


58「うぅ…痛いの痛いの・・・・飛んでかないよ…」大破

提督「おかしいな…他はどうやっているんだ…」

58「てーとく・・・入渠してもいい?」Lv1

提督「あぁ、あがったらもう一回な」

58「もう…いっかい?」

提督「あぁ、オリョクルだ!」

58「え…へへ…がんばるでち…」

提督「あぁ!頼んだぞ!!」

58「…はいでち・・・・・」


58「…うぅ・・・・敵さんいっぱいだよぉ…」Lv3

イ級「うす」コォーン

58「ひゃああぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ドガァア

58「痛いよ…痛いよぉ…」大破

58「帰ろう・・・・このままじゃ・・・・・沈んじゃう・・・・・」


提督「また大破・・・か・・・・」

58「ごめんなちぃ・・・・」

提督「資材も無し」

58「…」

提督「まぁいいや、無事でよかったよ」ポン

58「てーとく!!」

提督「入渠終わったらまた出撃な」

58「」

209 名前: ◆DpM/5nZU1E[sage] 投稿日:2015/04/10(金) 20:33:46.87 ID:LEWlSsoZ0


58「…」Lv32

提督「最近は資材も結構回収できてるな、いいぞ」

58「ハイ」

提督「これは新しい水着だ」

58「キノウビニアフレルミズギデチ」

提督「だろう?ユーは着てくれないんだ」

58「テートク、ヒトツシツモンイイデスカ」

提督「なんだ」

58「ユーハドンナシゴトヲシテイルンデスカ」

提督「彼女は演習や赤城たちとの実践で経験を積んでるよ」

58「…ナゼカノジョハオリョクルニイカナイノデスカ」

提督「まぁ…端的に言えば貴重だからかな?」

58「キチョウ・・・・ゴーヤハテートクニトッテキチョウデスカ」

提督「…貴重だとも・・・・」

58「デハ、なゼオリョクルにヒとりでイカセるんでスカ」

提督「それは君には関係のないことだ」

58「…シツレイシマシタ・・・・・ゴーヤハオリョクルニデカケマチィ」

提督「…おう」

213 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 20:54:30.00 ID:LEWlSsoZ0


58「クルヒモクルヒモオリョクル・・・」

58「ゴーヤ・・・モウツカレタデチ・・・・」

イ級「チス」

58「ウツナラウテヨ!!ウテヨ!!!ウテェ!!!」

イ級「エ、コイツイカレテル・・・」バシュー

58「ウゲッ!!」


ブクブクブクブク


58(ナニモナイ・・・ナニモナイ・・・・イッショウ・・・・)

58(・・・・・アァ・・・・・・)







じゃじゃーんドッキ・・・リ・・・・で・・・・
怖い!!!殺される!!!助けて提督!!!
うぇぇぇぇ!!!
ガルルルルルル・・・・
榛名・・・・は・・・・大丈夫・・・・
ヴォオオオオオオオオオオオオォォッォオォォオォ!!!!!!!
あぁぁぁぁ伊勢!!!しっかり押さえろ!!!
ムリムリムリムリ!!!こいつマジやばいんだって!!!!
うえええええええええぇぇっぇっぇぇええ!!!!!!







58(ヒリュウサン、オチツクデチ・・・・)


58(ナーンテ・・・・・)


58(タノシソウ・・・ダッタナァ・・・・)


58(・・・・・・・)













提督「58が轟沈?マヌケな奴め・・・・」

提督「おい、被っている潜水艦を連れてこい」



168「イムヤよっ!ついに出番かしら!!」


提督「早速だけど仕事を頼む」

168「なにかしら?」

提督「君には・・・」


提督「オリョール海に出撃してもらう・・・・」



220 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 21:10:12.81 ID:LEWlSsoZ0



提督「…」


提督「…」


提督「…」


提督「で?」
(あいつ何やってんだよ…)


監督・脚本・照明・伊58 ゴーヤ

伊168 イムヤ

てーとく イク

編集 はっちゃん

友情出演 イ級 飛龍






58「うぅ・・・・ちゃんと見るでち!!!ゴーヤはあんな思いで頑張ってるでち!!」ボロボロ

168「そうよ!!みんなで頑張って作ったんだから褒めなさいよ!!!!」

19「そうなのね!!オリョクル反対運動なのね!!!」

8「ちなみに編集は私だよ」


提督「で?どうしてほしいの?」

「「「「オリョクルの廃止を!!」」」」

提督「オリョクルな!!」


58「mんbvcdrちゅjk、おl!!!!」

168「まぁ、こうなるでしょうね…」

19「今日も頑張るのー!」

8「おー!!」


提督「おぅ、小破撤退な、褒美は間宮だ!!」



58「オラッ!!走るでち!!!」


168「現金な奴ね…」

19「いってきまーす!!」

8「まーす」

提督「おーう」

221 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 21:14:08.07 ID:LEWlSsoZ0



提督「ふぅ…」


提督「まったく…」カキカキ ポンポンポンポン


有給申請書

伊58
伊168
伊19
伊8

上記ノ者ニ一週間ノ有給休暇ヲ許可スル


赤城「提督って…もしかしてロリコンですか?」クスクス

提督「うるせ」

222 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/10(金) 21:15:53.52 ID:LEWlSsoZ0


次回予告

提督「次は・・・はりゅないくぞはりゅな!!!」

千歳「…」ヒッキュ

青葉「!!!!」

234 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/12(日) 21:57:03.43 ID:poIaxiA10


提督「次は・・・はりゅないくぞはりゅな!!!」

千歳「…」ヒッキュ

青葉「!!!!」

提督「はりゅなはてっぱんだよな!!」

青葉「いや!ツッコみましょうよ!!」

提督「ウェイ?」

千歳「ウゥンン?」

提督「ウェウェ?」ポンポン

千歳「ふぁい・・・」トサッ

青葉(ナチュラルに膝枕・・・)

提督「こう・・・さいしょはなんかあまえてくるんだよ…唐突に!!!」

隼鷹「お〜いちとせ〜って、青葉じゃん」

青葉「あっ、隼鷹さん」

隼鷹「提督と二人?珍しいね?」

青葉「えぇ、まぁ…」

隼鷹「あっ、千歳いた」

千歳「…」ギュー

提督「でなこう・・・だんだんにじりよってくるわけ!!!」

青葉「隼鷹さん達はお二人で?」

隼鷹「最初は他の軽空母たちもいたんだけどね…」ポリポリ

青葉「潰れた・・・と・・・」

隼鷹「ご名答」


235 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/12(日) 22:05:24.43 ID:poIaxiA10


隼鷹「あたしもう帰るから…千歳頼んでもいいかな?」

青葉「いやぁ・・・提督も出来上がってますからねぇ…」

提督「さいこうなのはいすにすわって・・・おいちとせ・・・どうしたんだおまえ・・・」

千歳「…てぇとくぅ・・・さいきんはなんでしちゅげきさせてくれないんですかぁ・・・・」

提督「そんなことよりはるなだはりゅな!!」

千歳「むぅ…」

隼鷹「それじゃあ仕方ないからこっちでのむかぁ!!」

青葉「そうしてください・・・提督一人でも大変なので…」

千歳「ちとせにもかまってくださぁい・・・」イジイジ

提督「そしていすとともにどざぁ!!!って!!!」

千歳「どざぁ♪」

提督「ウェ!」


その時!!
提督の膝が千歳に入る!!


千歳「うぶっ・・・・」

青葉「…千歳さん!!大丈夫ですか!!」

隼鷹「なになにどうしたの??」

提督「あっ、ごめん」

千歳「・・・・・・・・」プルプル

提督「あっ…あおば!!ふくろふくろ!!」

青葉「えぇ!!!えとえと!!!」

千歳「うぇぇぇぇぇぇえっぇぇええぇぇぇぇええぇぇぇ・・・・・・」ゲロゲロゲロゲロ

提督「」

青葉「」

隼鷹「」




237 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/12(日) 22:11:30.59 ID:poIaxiA10


後日

提督「あぁ…千歳・・・」

千歳「…はい・・・・」

提督「・・・・・今度・・・低レベルの子たち連れて・・・出撃してくれ・・・・」

千歳「・・・・・」

提督「・・・・・・」

千歳「…責任・・・・とってください・・・・」

提督「ウェ?」

千歳「だってそうでしょう!!乙女のあんな姿!!もうお嫁にいけません!!責任とってください!!!責任問題です!!!」

千歳「責任とってくれないなら心中してやるううううぅぅぅぅぅぅぅ・・・・・」ダダダダダダダダ

提督「えぇ・・・・」

赤城「責任?」

提督「あ」

加賀「ほう・・・」

千代田「KILL YOU」

蒼龍「見損ないましたぁ・・・・」タタタタタタ

飛龍「待って蒼龍!!このネタでこいつゆするべ!!」ダダダダダダ

提督「」

238 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/12(日) 22:13:25.98 ID:poIaxiA10


そのご

けーくーぼちとせが、ていとくとにゅうすいじさつみすいをはかるのは

またべつのおはなし

241 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/12(日) 22:24:09.38 ID:poIaxiA10


次回予告

蒼龍「ゆ〜や〜け〜こ〜や〜け〜の〜あかとんぼ〜」

ていとく「zzz...」

蒼龍「おわれてみせたはきょうのひか〜ってね…」

246 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 17:49:58.32 ID:Ij/6GnfE0

蒼龍「…君は何処から来たの?」ていとく「わかんない」

247 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:07:54.67 ID:Ij/6GnfE0


みなさんこんにちは、二航戦の蒼龍です
今日は秘書艦として提督の執務をお手伝いする日なのですが…

蒼龍「…」コンコンコン

「…」

蒼龍「?」コンコンコン

「…」

蒼龍「二航戦!蒼龍!入ります」ガチャ

ていとく「…」ポケー

蒼龍(あれっ?…提督がいない・・・代わりにモンペを着た子供がいる・・・)

蒼龍(あれはなんだろう・・・)ヒロイ

蒼龍(明石印の若返り薬・・・)チラッ

ていとく「…」

蒼龍「…そういう事か・・・・」

蒼龍(きっと提督はこれをお飲みになられて・・・)

蒼龍(外見だけでなく、精神も若返っちゃったってところかな…)

蒼龍(可逆性の薬効だといいんだけど…明石さんの所行ってみようかな…)スタスタ

蒼龍「…君は何処から来たの?」

ていとく「わかんない」

蒼龍「お父さんやお母さんは?」

ていとく「いないよ、みんなみんなしんじゃった」

蒼龍(おぅ…提督の意外な過去が・・・・)

蒼龍「そっかぁ…それじゃあ…お姉ちゃんと来る?」

ていとく「おねえちゃんはだぁれ?」

蒼龍「あっ、自己紹介がまだだったね…私は蒼龍っていうんだ」

ていとく「そうりゅう・・・・」

蒼龍「そうだよ、よろしくね」

ていとく「うん」

蒼龍「それじゃあ行こうか」

ていとく「どこにいくの?」

蒼龍「知り合いの所だよ」

ていとく「いいよ」

蒼龍「素直だなぁ…いい子いい子・・・」

ていとく「…」

蒼龍「少しぐらい笑ってくれても・・・加賀さんみたいだなぁ…」

250 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:23:45.61 ID:Ij/6GnfE0


蒼龍「という事なんですけど…」

ていとく「…」

明石「うん、話はわかったよ」

蒼龍「戻りますかね?」

明石「…夜には戻せる薬が・・・作れるかなぁ…」

ていとく「…」

蒼龍「そうですか…それじゃあそれまでは私が預かりますね」

明石「よろしく〜」


蒼龍「さて…どうするべきか…」

ていとく「…」

蒼龍「夜までお姉ちゃんと遊ぼうか?」

ていとく「いいよ」

蒼龍「なにしようか?」

ていとく「なんでもいいよ」

蒼龍「そう来たか…んっ?あれは・・・」



加賀「…」

蒼龍「加賀さん…以前は瑞鶴ちゃんの教育係だったっけな…かがさーん!!!」

加賀「あら・・・? その子は?」

蒼龍「かくかくしかじか」

加賀「なるほど…提督が子供に逆行したと・・・」

蒼龍「かいつまんで言うと…」

加賀「そこで私に白羽の矢を立てた・・・と・・・」

ていとく「…」

加賀「…なんだか幽霊みたいね…あの提督とは思えないわ」

蒼龍「えぇ…まぁ……」

加賀「…」ジーッ

ていとく「・・・」

加賀「…」ジーッ

ていとく「…」

加賀「蒼龍」

蒼龍「はい?抱きしめてもいいかしら?」

蒼龍「…聞いてみたらいんじゃないですか?」

加賀「提督」

ていとく「はい」

加賀「抱きしめてもいいかしら?」

ていとく「はい」

加賀「…」ギュー

ていとく「…」

蒼龍「うわぁ・・・加賀さん涎垂らしてる…」



251 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:25:56.18 ID:Ij/6GnfE0


加賀「…」ハァハァ

加賀「あの…チューしてもいいかしら」ハァハァ

ていとく「…きもちわるい・・・・・」

加賀「」

蒼龍「あはは…」

252 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:39:49.86 ID:Ij/6GnfE0


加賀「…」トボトボ


蒼龍「さて…あら、あそこにいるのは・・・ゴーヤちゃん」

58「あっ!蒼龍さん、こんにちはー」

蒼龍「どうしたの?今日もオリョールに出撃じゃ・・・」

58「提督がいないから別にいいかなって…ん?その子は?」

かくかくしかじか

58「へぇ…へぇー!!」

蒼龍「?」

58「おい、チビ、ゴーヤに忠誠を誓うでち!!」

蒼龍「ちょっ!!ゴーヤちゃん!!」

58「蒼龍さん、これはごっこ遊びだよ!!」
(ここで言質をとって弱みを握るでち…)

蒼龍「…そう・・・・・」

ていとく「…」

58「ほらっ!忠誠をちかうというでち!!」

ていとく「いやだ」

58「ほう・・・58に逆らうでちか?ホレホレ」ペチペチ

ていとく「…」ギロッ

58「なっ!それが年上に向ける目でちか!!」ポカン

蒼龍「ゴーヤちゃん!!」

ていとく「…」ブンッ

58「ひでぶ!!」

ていとく「…」タタタタ

蒼龍「あっ!!ていとく!!」

58「ぶった!!あいつゴーヤをぶったでち!!」

蒼龍「先に手を出したのはゴーヤちゃんでしょ!!」

58「あれは・・・たd加賀「ほぉ…」

5「アギギガガガガゴゴボボビビ」8

加賀「こいつは私に任せて提督を」

蒼龍「あ、ありがとうございます」タタタタタタ












加賀「なかなかいいストレス解消ね…」ポイッ


29「」ドサッ





254 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:44:00.04 ID:Ij/6GnfE0


蒼龍「ていとくー!!どこですかぁ!!」

ていとく「…」ポケー

蒼龍「あっ!!いたっ!!」










医龍「ヘイwwwヘイwwwチェケラァwwwwwwwカモォンwwwwwwリスナーwwwww」

飛龍「今日限りのwww飛龍のコンサートwwww楽しんでくれよwwww」


ていとく「…」ポケー

蒼龍「…飛龍ならいいか・・・・・」

蒼龍「提督笑うかなぁ…」

256 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 18:52:10.95 ID:Ij/6GnfE0


飛龍「YO!YO!・・・・ですYO!!!」

飛龍「YO!YO!・・・・ですYO!!!」

飛龍「飛龍の最近ハァ!あやまることいっぱーい!!!」

飛龍「私この前、弱み握った奴をゆすったのYO!!」

飛龍「そ・し・た・らぁ〜・・・」






飛龍「私の上司だったんだYO!!!」

飛龍「あ〜いちゅいまて〜ん!!」

ていとく「・・・・」

飛龍「…」







飛龍「…」ヒヤアセタラリ



259 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:05:01.95 ID:Ij/6GnfE0


飛龍「武勇伝!武勇伝!!ブユウデンデンデデンデン!!レツゴー!!」

飛龍「食堂のボーキ!たらふく盗んだ!赤城がブちぎれ!蒼龍大破!!」

蒼龍(あっ、やっぱり濡れ衣だったんだ…)


飛龍「武勇伝!武勇伝!!ブユウデンデンデデンデン!!レツゴー!!」

飛龍「駆逐艦いじって!長門がブチギレ!濡れ衣かぶせた!蒼龍大破!!」

蒼龍(あれも・・・濡れ衣だった・・・・よかったぁ…)


飛龍「武勇伝!武勇伝!!ブユウデンデンデデンデン!!レツゴー!!」

飛龍「出撃サボって!ベッドでゴロゴロ!制空とられて!蒼龍大破!!」

蒼龍(…・・・・お腹痛いって言ってたじゃん・・・・・)


飛龍「武勇伝!武勇伝!!ブユウデンデンデ赤城「意味は無いんですけれど〜」

飛龍「なっ!!」

長門「むしゃくしゃしたからぁ〜」

飛龍「いつの間に!!」

赤城「至近」ガシィ

飛龍「ヤベッ!!」

長門「距離ぃで」

飛龍「おいばかやめろ」

赤城「右アッパー」

長門「シュッ」ボォンン


飛龍「レツゴフゥ・・・」


ていとく「…」スクッ スタスタスタスタ


蒼龍「…まぁいいかぁ…」

蒼龍「提督まってー」タタタタタタ









260 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:20:23.08 ID:Ij/6GnfE0


夕暮れ


ザザァーン


ていとく「…」ボウハテイデアシプラプラ

蒼龍「やっと見つけた・・・足速いね…」

ていとく「…」

蒼龍「結局、言うほど遊べなかったねぇ…」

ていとく「…ここは・・・・・すごくにぎやか・・・」

蒼龍「そうだねぇ…いつも賑やかなんだよ?」

ていとく「いいなぁ…」

蒼龍「提督は・・・どこにすんでるの?」

ていとく「しんせきのおばさんち……すごいいじわるなんだ…」

蒼龍「…なんでおばさんのお家に?」

ていとく「とうちゃんもかあちゃんもばけものにたべられた」

蒼龍「…」
(深海棲艦・・・)

ていとく「そうりゅうは・・・おかあさんいる?」

蒼龍「んーん、私にもいないの」

ていとく「ぼくといっしょだね」

蒼龍「そうだね…」

ていとく「でも…たくさん友達がいていいね」

ていとく「ぼくにはいないんだぁ…」

蒼龍「…それじゃあ…私と友達になろうかぁ…」

ていとく「いいの?」

蒼龍「ダメな理由なんかないよ…」

ていとく「そっかぁ…ありがとう…」

蒼龍「…うん」

262 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:25:46.80 ID:Ij/6GnfE0


ていとく「ぼくね…おおきくなったら、へいたいになるんだ」

蒼龍「…どうして?」

ていとく「おおきくなって、ばけものをころすの」

蒼龍「…もっと楽しい夢もあるよ?」

ていとく「ぜったいころすの、あいつらみんなころすの、ぜったいぜったい」

蒼龍「そんなに・・・殺すなんて言わないで…」

ていとく「ぼくは、とうちゃんとかあちゃんのかたきをとるんだ!!」

蒼龍「…」ギュッ

ていとく「…そうりゅう・・・・・・?」

蒼龍「…」グスッ

ていとく「…なんで・・・・・ないてるの?」

蒼龍「なんでもないよ…なんでもないよ…」

ていとく「そうりゅう・・・・おかあさんみたい・・・・・やわらかいね・・・・」ギュッ

265 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:52:08.01 ID:Ij/6GnfE0


お母さんみたい
そう言って私の背を抱く彼の手は
とても小さい

初めて知る彼の境遇
その小さな体は、いったいどれほどの負の感情を受け止めてきたのだろうか

殺す
その単語を発する時の彼の目は、爛々と輝いていた
まるでそう
深海棲艦を皆殺しにすることが正義だと言わんばかりに

深海棲艦は確かに敵である、それは間違いない
現に私も両手の指じゃ足りないほど殺してきた
それが正義の行いかと問われれば、頷く他無い
何故なら、それこそが私たちの存在意義なのだから
その大義が折れれば
私たちの心は、あっという間に崩れてしまう

一時的に子供に戻った彼
今日の発言がすべて、子供のころのままだという確証はない
現在の彼の考えがそのまま言葉に出たのかもしれない

しかし、彼の両親が深海棲艦に殺されたというのはきっと事実だろう
そしてその時、彼が親の仇をとらんと決心したのなら
彼が発した言葉の心情は十分に理解できるものである

そして彼は、現に深海棲艦を打ち果たさんとする提督になった
立派な事である
彼はもしかすると、一日千秋の思い出提督になる日を待っていたのかもしれない
立派である、間違いなく彼は立派だ
しかしそれは幸福とイコールであるとは、決して言えないのではないだろうか?
復讐という思想にとらわれ戦う彼の未来にはいったい何が輝いているのだろうか?
深海棲艦という敵を撃ち滅ぼした時、彼には何が残るだろうか?

空虚
彼はあまりに空虚

故に私は、子供の彼をただ抱きしめた

彼の心に言葉を届けるには出会いが遅すぎた
もし、彼が本当に子供である時に出会っていたのならば、こんな生き方はしなかった
私がさせなかった

策を講じるには全てが遅すぎた

故に抱きしめた、ただただ抱きしめた

彼が元に戻った時に、この記憶が残れば上等
残らずとも、覚えていてほしかった

人は暖かいという事に
いついかなる時も一人ではないという事に

冷たい涙がこの頬を伝うのは今日が最後としよう
誰かの後ろにいるのはもうやめた
私が守るのだ
この蒼龍が、彼の身も心も

守らなければならない

赤城ではない

加賀ではない

私が彼を守るのだ
もしかしたこれは全て私の考えすぎかもしれない
しかし私は決断した


私が・・・提督をお守りする…
空虚な心が壊れぬように
涙で枕を濡らさぬように
生きていることを誇れるように

日々をただただ


笑えるように




266 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:53:22.53 ID:Ij/6GnfE0






あなたの未来は、私が切り開いて見せます





267 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 19:55:13.06 ID:Ij/6GnfE0



蒼龍「ゆ〜や〜け〜こ〜や〜け〜の〜あかとんぼ〜」

ていとく「zzz...」

蒼龍「おわれてみせたはきょうのひか〜ってね…」

蒼龍「ふふっ…よく寝てる…」

ていとく「…そう・・・・りゅう・・・・」ギュッ

蒼龍「はい、私はここにいますよ」


蒼龍「ずっと、ここにいますよ」

ていとく「zzz...」

270 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 20:14:08.26 ID:Ij/6GnfE0


その後、提督は無事にもとに戻った
しかし彼は今日一日の記憶がなく
私に話した内容も、忘れていた
忘れていても私は覚えている
全部、覚えている




提督「…なぁ蒼龍・・・・」ソウリュウノヒザ

蒼龍「はい、提督」ナデナデ

提督「…変なことを聞くが…俺たち、ずっと前に出会ったことは無いだろうか…」

蒼龍「何故ですか?」

提督「なんだろう…すごく・・・・安心するんだ・・・・」

蒼龍「きっと・・・運命じゃないですか?」

提督「運命?」

蒼龍「はい、既視感でも偶然でもない物事は全て、運命なんですよ?提督」

提督「そぅかぁ・・・そんなものも・・・あるかぁ・・・・」

蒼龍「ねぇ提督…私・・・・・赤城さんより優良物件だと思うんですよ…」

提督「…なんだいきなり・・・・」

蒼龍「もし・・戦争が終わったら、私と結婚してください・・・」

提督「…」

蒼龍「もちろん、答えはその時でいいです…私、自信ありますから」

提督「そうかぁ…赤城も大変だなぁ…」

蒼龍「ふふっ…そうですね…」

提督「・・・・少し・・・寝る・・・・」

蒼龍「はい、おやすみなさい」

蒼龍「ゆっくり、ゆっくりおやすみなさい」









赤城「ムー!!ムムー!!!」

加賀「フガーフガー!!!」

飛龍「ごめんなさい…もうちょっとおとなしくしててください…」

赤城「ムムムームムー!」

加賀「ドタンバタン!!」

飛龍「さすが明石印の緊縛テープだなぁ…」

飛龍「…」

飛龍(蒼龍・・・私も負けないよ・・・・・・・)

飛龍(でも今は・・・譲ってあげる・・・)

飛龍「ははっ、だらしない顔しちゃってもう…」





提督「zzz...」

蒼龍「zzz...」


274 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 20:33:27.01 ID:Ij/6GnfE0


次回予告

睦月「睦月の艦隊!いざ!まいりましょー♪」

提督「あっ、ごめん出撃なくなったんだ」

睦月「提督のばかー!!」テテテテテテテ





278 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 20:56:17.38 ID:Ij/6GnfE0



提督「あっ!!睦月のブラだー」

睦月「にゃにゃ!!返してくださーい!!!」

提督「…」クンクン

睦月「嗅ぐなー!!」ポカポカポカポカ

提督「うっ・・・ふぅ……はい・・・・・・」

睦月「にゃにゃー!!うぅ…嗅がれた・・・」



279 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 20:58:59.44 ID:Ij/6GnfE0



提督「あっ!!睦月の食べかけパフェだー」ガツガツガツガツ

睦月「にゃしぃ!!睦月のですよー!!食べないでー!!」

提督「・・・・」モグモグモググ

睦月「うにゃー!!」ポコポコポコポコ

提督「うっ・・・ふぅ…」

提督「ごちそうさん」

睦月「…うにゅ・・・・折角貯金したのにぃ・・・・」

提督「愉悦」

280 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 21:01:37.55 ID:Ij/6GnfE0


提督「あっ!!睦月の勉強ノートだー」

提督「…」カリカリカリ

睦月「あっ!!また提督!!落書きしちゃやですー!!」ポカポカポカ

提督「うぬっ・・・ふぅ…」スタスタスタ

睦月「うにゅう・・・て・・・・まる付けしてある・・・」

睦月「提督…」キュン






281 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 21:06:03.43 ID:Ij/6GnfE0


提督「あっ!!睦月が演習から帰ってきたぁ!」

睦月「にゃしし♪睦月がえむぶいぴーですぅ!!」

提督「よくやった」ガバァ

提督「…」クンクンクンクンクンクンクンクン

睦月「ぎにゃ!!頭を嗅がないでくださーい!!!」

提督「うっ・・・うっう・・・・」

睦月「て、提督?」

提督「く、くさい・・・・」

睦月「」

睦月「ぎにゃああああぁぁぁぁぁぁっぁぁあ!!!!!!!」ゲシゲシゲシゲシ

提督「ありがとう!!ありがとう!!」

睦月「うわあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁん!!!」


282 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 21:13:49.04 ID:Ij/6GnfE0


提督「あっ!!睦月が夜中に歩いてる!!」

睦月「うぅ…暗いなぁ…吹雪ちゃんに付いて来てもらえばよかった・・・・」

提督「うわああぁぁあぁ!!!」

睦月「はにゃああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」チョロ

睦月「あっ…まっ…て・・・・・とまら・・・・ない・・・・」チョロチョロチョロ

提督「<●><●>」○REC

睦月「うええぇぇぇぇっぇえええええぇぇえ・・・・・みられたぁ・・・・・」

提督「うえへへへへへえへへへへへへへ・・・・・」




283 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 21:17:11.22 ID:Ij/6GnfE0


睦月「睦月の艦隊!いざ!まいりましょー♪」

提督「あっ、ごめん出撃なくなったんだ」

睦月「提督のばかー!!」テテテテテテテ

提督「うえへへへえへへへへへへへへへ・・・・」











しんみりの後のお口直し
並行世界の変態提督

なんでこんなの書いたんだろう…



285 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/13(月) 21:20:57.49 ID:Ij/6GnfE0


次回予告(真)

瑞鶴「走ったら転ぶわよー」

瑞鳳「うきゃああぁぁあ、・・・・あうっ・・・・・ふえええぇぇぇ・・・・」

瑞鳳「言わんこっちゃない…ほら、泣かないの・・・」ナデナデ

318 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/22(水) 19:05:37.25 ID:enBTBfoh0


瑞鶴「教育?提督さん、何よそれ?」

提督「あぁ、先日瑞鳳がここにやってきたのは知っているな?」

瑞鶴「確か練度が上がれば軽空母随一になる逸材って聞いてるわ」

提督「そうだ、そこでだ瑞鶴」

提督「お前の手で瑞鳳を導いてほしい」

提督「かつて加賀がお前にしたようにな」

瑞鶴「…悪いけどそれは無理ね、私にはあの人の代わりは務まらないわ」

提督「そうかぁ…無理かぁ・・・」

提督「加賀にはできて瑞鶴にはできないかぁ・・・・」

瑞鶴「は?」

提督「そうだろ?加賀は二つ返事で受けたというのに…お前は初めからできないという・・・」

提督「仕方がない!かがー!!加賀は何処だー!」

瑞鶴「あぁもう!わかったわよ!!やればいいんでしょう!!」

提督「そうだ、瑞鳳は軽空母寮にいる」

瑞鶴「はいはい・・・」スタスタ・・・ガチャバタン

提督「…行ったぞ……」

加賀「…」ツクエノシタカラニョロ

加賀「失礼するわ」

加賀「…」テクテク・・・ガチャバタン

提督「過保護な奴め・・・」

319 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/22(水) 19:23:09.43 ID:enBTBfoh0


瑞鶴「まったく…なんで私がこんな目に・・・」

瑞鶴「そうだ!翔鶴姉ぇにも手伝ってもらおう!!」テテテテテテテ

加賀「…」

加賀「…」ドドドドドドドドドドドド






瑞鶴「というわけで…」

翔鶴「ダメです」

瑞鶴「えぇーなんでさー!!」

翔鶴「それは瑞鶴に与えられた指令です、なればそれはきっと瑞鶴が一人でやらねばならない事なのでしょう」

翔鶴「提督の事です、もし瑞鶴の手に余るようであれば私なり蒼龍さんなりを補佐につけるはずです…」

翔鶴「しかしそれをしなかった・・・という事は提督は貴方一人でもできると判断されたのです」

瑞鶴「むぅ…」

翔鶴「私も期待していますよ瑞鶴、この試練を乗り越え一皮むけたあなたを私に見せてください・・・ねっ?」

瑞鶴「翔鶴姉ぇがそこまで言うなら…頑張る・・・」

翔鶴「それでこそ私の妹です、さぁ…もう行きなさい」

瑞鶴「うんっ!ありがとう翔鶴姉ぇ!!」テテテガチャバタン

翔鶴「…」


翔鶴「と・・・言わせるつもりだったのでしょう?加賀さん?」

加賀「…」タンスカラドン

翔鶴「これでもあの子の姉なのですから…突き放すところはわかっていますよ?」

加賀「…そうね」

翔鶴「…そろそろ瑞鶴離れしたらいかがですか?」

加賀「わかっているわ…わかっているのよ…」

翔鶴「無理にとは申しません…けれど、決して瑞鶴に見つからずに立ち回ることをお勧めします」

加賀「ありがとう、失礼するわ」ガチャバタン

翔鶴「…」

翔鶴「…まるで思春期の娘を持つお父さんですね・・・・・・」

320 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/22(水) 19:31:16.48 ID:enBTBfoh0


瑞鶴「さてと・・・ここが軽空母寮ね…」

キャッキャッ

瑞鶴「なんだか楽しそうね…どれどれ・・・」




長門「ほぅらたかいたかいーい!!」

瑞鳳「きゃっーたかーい」

長門「うりうり!プロペラだぞーブーンブーン」

瑞鳳「ながもんめがまわっちゃうよー!」

ながもん「ふはははは!ビッグセブンだから凄いんだぞー!」

瑞鳳「うきゃー!」




千歳「…あれ・・・長門さんだよね?」

千代田「…多分・・・・・・」

飛鷹「不気味だわ…なんか言いなさいよ隼鷹・・・」

隼鷹「まぁ…微笑ましいのかな?」

祥鳳「あわわ・・・そろそろ瑞鶴さんが来るのに…」

RJ「けっ・・・巨乳なぞ死んでしまえ・・・」


瑞鶴「」

321 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/22(水) 19:48:41.04 ID:enBTBfoh0


瑞鳳「ながもんばいばーい」

ながもん「ばいばーい!!ばーいばああぁぁぁぁぁぁい!!!」ブンブンドガゴシャアアアァァァ

瑞鶴「…見なかったことにしよう・・・」

瑞鳳「おねえちゃんお名前教えて?」

瑞鶴「瑞鶴よ」

瑞鳳「ずいずい?」

瑞鶴「ず・い・か・く」

瑞鳳「ふぇ…」ジワァ

瑞鶴(やばっ!どうしよ…)


アメハイランカネーオイシイヨー


瑞鶴(あれだ!!」

瑞鶴「瑞鳳!飴食べよ!飴!凄く甘いのよ!!」

瑞鳳「…うん・・・・・・」

瑞鶴「すいませーん飴くだ・・・加賀さん?」

前田さん「あいよ二つだね?」

瑞鶴「…まぁあの堅物がこんなことするはずないよね…お願いおばちゃん」

前田さん「」グサッ

前田さん「はい、二つで百円だよ…」

瑞鶴「これで丁度ね!」

瑞鶴「瑞鳳、ほら!あっちで座って食べよっか!」

瑞鳳「うんっ!」


前田さん「…飴だよー飴はいらんかねー」


テンチャーンアメタベターイ
ショーガネェーナー


天龍「おう、ちょっと数が多いん・・・なにやってんだ加賀さん…」

加賀「…何も聞かないでちょうだい・・・・・・」

天龍「あんたも大変だな…」

加賀「自己満足よ…」

天龍「まぁ頑張れや・・・」

加賀「飴・・・いくついる?」

天龍「14」

加賀「はい、700円よ」

333 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 06:26:10.26 ID:N+W5DJIj0


ずいほう「やっ!ほっ!」ジュー

瑞鶴「わぁ…瑞鳳は卵焼きが上手ね…」

ずいほう「ずいずいははやくサラダ作ってー」

瑞鶴「はいはい・・・」

ずいほう「よしっ!朝ごはん完成!!」

ずいほう「ずいほうの作った卵焼きたべゆ?」

瑞鶴「食べる!」


加賀「…」コソコソ

加賀「…」コソコソ

加賀「…」ササッ

加賀「…」ダダダダダダダダダダダダ


ずいほう「あっ!ずいずい!から揚げがある!!」

瑞鶴「えっ?変ね…誰が作ったのかしら…」

ずいほう「おいひー!」サクサク

瑞鶴「どれどれ・・・・」サクッ

瑞鶴「あれ・・・この味・・・」


きょうのごはんなにー?

今日はから揚げですよ


瑞鶴「…」

ずいほう「ずいずい?」

瑞鶴「いや…なんでもないわ…」





334 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 06:46:50.31 ID:N+W5DJIj0



オリョール海

瑞鳳「遂に・・・初陣・・・」Lv25

瑞鶴「ほらっ、あんまり緊張するんじゃないわよ」Lv75

瑞鶴「今回は古鷹に川内三姉妹もいるんだから」

古鷹「大丈夫ですよ…もう過ちはもう繰り返しませから」Lv95

川内「野戦しゅる?」Lv90

神通「しない」Lv88

那珂「エビバディセイヘイ!チェケラァ!!」Lv84

古鷹(それに・・・後詰には鬼神達が付いていますから…)

那珂「ヘェイ!!」

神通「うるさい」




遠く離れた後方

加賀「強い奴は全て私たちで墜とすわ…」Lv99

赤城「はぁ…少し過保護が過ぎますよ…」Lv111

蒼龍「あはは…まぁ加賀さんらしいですね…」Lv99

飛龍「絨毯爆撃ですか?絨毯爆撃なんですね!?」Lv99

翔鶴(この人・・・ちょっと怖い…)Lv85

武蔵「この武蔵が出る必要は無かろうに・・・」Lv70


霧島「ていうかなんでこんな脳筋編成を・・・・」Lv80

榛名「加賀さんが提督を脅したそうです・・・」Lv83

金剛「Oh・・・テートクも気の毒ネ・・・」Lv85

比叡「ヒェ?」Lv80

伊勢「あっはっは!賑やかでいいじゃないか!なぁ扶桑!」Lv97

山城「…」Lv74

伊勢「…わり・・・」









ほっぽ「カンムス!!レップウ!!」

港湾「ホッポチャンミチャダメ!」

レ級「アンナンチリニサレテシマウワ・・・」

ヲ級「アッイキュウガチリニサレタ」


加賀「…」ギロッ


港湾「サワラヌカミニナントヤラッテネ・・・カエロウ・・・」

ホッポ「レップ!ゼロ!」


イソイソイソイソ

335 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 06:59:22.95 ID:N+W5DJIj0


瑞鳳「やったぁ!軽空母だって活躍できるんだから!!」

瑞鶴「よかったわね!これからは私抜きでも頑張るのよ!!」

瑞鳳「えっ?あの…それは・・・」

瑞鶴「いつまでも私の後ろに隠れていちゃ駄目よ…今度は・・・」

瑞鶴「あなたが誰かを守る番なのよ…ね?」

瑞鳳「…」

瑞鶴「大丈夫、貴方ならできるわ…私の自慢の教え子なんですもの・・・」

瑞鳳「うん…」ギュッ

瑞鶴「あらら・・・・・まったく…まだまだ甘えん坊ね…」ナデナデ

瑞鳳「ずいずい大好き・・・」

瑞鶴「私もよ…瑞鳳・・・」

336 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 07:18:43.32 ID:N+W5DJIj0


ソレジャアモウイキナサイ

ウンッ!ズイズイマタアシタ!


加賀「…フッ」

加賀「…」テクテク



瑞鶴「待ちなさいよ」

加賀「なにかしらごこ・・・」


彼女がいつもの挑発を口にしようとした時だ
瑞鶴が胸に飛び込んできた
背も肉付きも違う
なのに彼女には、砂のお城の製作途中の時の瑞鶴に見えた


加賀「な・・・何を・・・」

瑞鶴「あのね加賀さん…私・・・わかったよ…」

瑞鶴「・・・・・・加賀さんが私を愛してるって…やっとわかった・・・」

加賀「…あのっ…えっと・・・・・・」

瑞鶴「私も・・・加賀さんも・・・・・・守る力があるわ…」

瑞鶴「でも…いつでもその子の近くに入れるわけじゃない・・・・・・だから独り立ちさせなきゃいけない・・・・・・」

瑞鶴「教える立場になってやっと理解できた・・・」

瑞鶴「私に放ったあの罵倒・・・あれも・・・私が大好きだから…」

加賀「やめて・・・そんなんじゃ・・・」

瑞鶴「提督さんが言ってたわ…誰かの為に怒るのも泣くのも・・・全部大好きだからだって・・・」

瑞鶴「いつも見守ってくれていてありがとう加賀さん…私はもう大丈夫よ……」

瑞鶴「もう…一人でも大丈夫…」



加賀「あっ…うぁ…」

瑞鶴「ありがとう…ありがとう…」

加賀「わたし・・・だって・・・・だいすき・・・だいすきよ・・・・ずいかく・・・」


加賀は泣いた
だがそれは瑞鶴と袂を分かった時の涙ではない
暖かい涙
どうしようと止められない歓喜の涙

この時をもって

一航戦加賀そして五航戦瑞鶴は間違いなく

守られる人から守り抜く人になったといえるだろう


337 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 07:26:48.65 ID:N+W5DJIj0


愛は川だという人がいる
如何なる防波堤も壊す濁流だと


愛は刃だという人がいる
時にそれは他害自傷の諸刃の剣となる


愛は飢えだという人がいる
愛は常に必要なのだ


私は愛は花だと思う
脈々と次代に受け継がれる・・・花だ…


君はどう思う?


私は・・・愛とは太陽だと思います


その心は?


いつも私を照らしてくれます





339 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 07:35:46.46 ID:N+W5DJIj0


最終回

「海辺の墓守?あそこには海しかないじゃないか?」

「一月に一度、赤い袴の美人が海に花を投げ込むんだ…そこからついたのが海辺の墓守」

「紫色の綺麗なスターチスをさ・・・悲しそうな顔で投げ込むんだ・・・健気なもんだよ・・・・」





347 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 16:36:28.40 ID:N+W5DJIj0



「海辺の墓守?あそこには海しかないじゃないか?」

「一月に一度、赤い袴の美人が海に花を投げ込むんだ…そこからついたのが海辺の墓守」

「紫色の綺麗なスターチスをさ・・・悲しそうな顔で投げ込むんだ・・・健気なもんだよ・・・・」

「ふ〜ん…じゃあ未亡人てところか…声はかけないのか?」

「かけたさ、そしたら丁重にお断りされたよ…あの世で彼が待っていますのでってな…」

「美人なのに勿体ねぇな・・・」

「あんな美人にあそこまで想われたら…普通死ねねえよ…」

「死んだ奴も落ち着いて眠れねえだろうな…」










ザザーン・・・ザザーン



「…」

「…もう8年になるんですね…あなたが死んでから・・・」

「そんなに時間は経っているのに…」

「思い出はいつまでも色あせないまま・・・貴方の声も・・・温もりも・・・」

「まるですべてが昨日の様・・・・」

「……昔の仲間も・・・・・・きっと幸せですよ?」

「もう…連絡もとらないけど……みんなといると・・・貴方の事を思い出してしまうんです…」

「ねぇ…」

「私は・・・今まで懸命に生きてきたと思います…」

「俯く頭を無理矢理あげて・・・鉛のような足で必死に歩いて・・・死人のような顔で笑顔を作りました…」

「でも…もう限界・・・・・・」

「貴方がいない世界なんて……私には意味が無い……」

「だから・・・・・・いま会いに行きます・・・・・・」

「貴方の好きなもの・・・お弁当にして作ってきたので・・・・・・そちらで一緒に食べましょう…」

「新しい靴と服も用意しました…ケガをしてたら大変だから、包帯も持っていきます…」

「頑張って生きたので・・・褒めてください・・・・・・」

「私を抱きしめて、頭を撫でて・・・頑張ったねと褒めてください・・・」

「そうしてまた・・・共に歩きましょう……」

「もう…一人にしないでくださいね……」

「・・・・・・いま・・・・・・・会いに行きます・・・・・・」



ボチャン・・・・・・





348 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 16:39:56.80 ID:N+W5DJIj0



……ハローXXX元気だったかい?

また一緒に歩いて行こう・・・

決して一人にしないと・・・


約束するから…







〜完〜

350 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 17:08:13.80 ID:N+W5DJIj0

青葉「うぅぅ・・・ワレアオバ!泣きます!!」グスッ

睦月「うわああぁぁぁぁああぁぁぁぁ・・・・」ポロッポロッ

時雨「生き残ることが・・・幸せとは限らないからね…」

不知火「大五郎・・・には・・・落ち度など・・・」グスッ

吹雪「うわーん・・・ひどいよひどすぎるよ!!!」ポロッポロッ

曙「…クソ提督を一人になんてさせないんだからぁ!!!」ブワポロォ

卯月「オリョクルの方がマシだぴょーん!!」ウワブワァ

ユー「泣かないで卯月・・・」ナデナデクスン

弥生「…くっ・・・・・」ゴシゴシ

球磨「くまああぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ!!!!」クマー

多摩「うにゃあああぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ニャーン

木曾「まったく…悲劇なんて…クソッ・・・俺がいれば…大五郎は死なずに済んだものの・・・」スッ

大井「こんなの…認めないんだからぁ…」ポロポロ

北上「・・・・泣かせるねぇ…」クスン

天龍「うおおおおおあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ブワーン

鈴谷「こんな・・・こんなのってないよ…」グスグス

武蔵「大五郎・・・死んでしまうとは情けない…」スンッ

飛龍「だいごろー!!!!」ブワアァァァ

蒼龍「ゆうびちゃーん!!!」ブワブワワァ

瑞鶴「うわーん!!某国の幹部に爆撃してやるー!!」ブワーン

翔鶴「…きっと・・・あの世では幸せです…」スンッ

古鷹「はい…ゆうびちゃんは・・・きっと救われましたよ…」グスッ

加賀「ウェッ・・・ヒグッ・・・グスン・・・」ギュッ

提督「加賀さんてこういうの弱いよね…」ナデナデ

金剛「うぅ…テートクゥ・・・ワタシも・・・」ポロポロ

榛名「榛名も・・・」ポロポロ

提督「ほいほい」ナデナデ

比叡「霧島ぁ…比叡も・・・・」

霧島「はいはい・・・」ナデナデ



353 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 17:17:40.75 ID:N+W5DJIj0

暁「レヂィは・・・泣かない・・・うびゃああっぁぁぁぁ!!!」ブワーン

響「これは・・・クルね…」サッ

雷「…きっと天国では皆幸せよ!じゃないと・・・許さないんだから…」ゴシッ

電「…次生まれるときは・・・平和な世の中であって欲しいのです…」

伊勢「…少しヤバかった・・・・・・」

日向「…所詮この世は諸行無常さ…」

千代田「うぅ…お姉ぇ…」グスグス

千歳「……大五郎も・・・・・・莫迦な人ね…愛した女を残して死ぬなんて…」グスン

五十鈴「……所詮フィクションよ……悲しくなんて……」グスッ

扶桑「大丈夫よ…今度は・・・一緒よ…」ポロポロ

山城「姉ぇさまぁ…わだずも・・・おどもしまず・・・」ブワアァァァ

川内「…だから・・・夜戦で戦えとあれほど・・・」クスン

神通「指揮官の責を・・・部下に押し付けるなど・・・大五郎の責任ではないのに・・・・・・」ポロポロ

RJ「アカーン!」

那珂「…那珂ちゃんさすがにブルーな気分・・・」

夕立「ぽいいい・・・ぽいいいいぃぃ・・・」ポイイィィィ

漣「全俺が泣いたぁ!」ブワァ

鳳翔「…深き愛は・・・得てして辛いものです…」クスン

夕張「せめて大五郎の潜水技術をあげていれば・・・」

58「こんなん泣いてまうやろ!!」ボロボロ

168「みっともないわね…泣くんじゃ・・・無いわよ…」クスン

19「イクたちが沈んだら・・・提督も泣いてくれるかな…」

8「よせ、滅多なことはいうものじゃあない・・・」ナデナデ

瑞鳳「…お弁当・・・・・・そんな悲しい贈り物なんて…」グスグス

祥鳳「瑞鳳にも・・・いつかわかるわ…」ナデナデ

隼鷹「…けっ・・・湿気た映画だね…」グスン

飛鷹「でも…少しばかり・・・・・・憧れるわ…」ポー

長門「ブラボー!!ブラーボー!!!」パチパチパチパチ

提督「ふぅ…久々の映画が悲劇とはな・・・」





354 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 17:33:14.71 ID:N+W5DJIj0



青葉「ねぇ…あの人達・・・・・どことなく提督と赤城さんに似てませんか?」コソコソ

飛龍「ん?…そういえば・・・・・・あっ!!」

青葉「あなたのポテンシャルに私はかけます!」


ガタッ

飛龍「聞きたまえ諸君!!」

!!!!!!

飛龍「隣の者の顔を見よ!皆一様に泣き顔だ!それはこの素晴らしい映画の結果と言えよう!!」

飛龍「しかし!!この鎮守府にこの映画を愚弄したものがいる!!」

エッ・・・
ダレ・・・
アカーン

飛龍「それは・・・」

球磨「それはここにいない赤城クマァ!!」
(いつかの仕返しだ、クソ空母泣かせる)

曙「あいつはあらん事かこう言ったわ!!」
(乗ったわ!球磨!)

「お弁当がたべタイデース!」
(お弁当がたべタイデース!)


・・・・

・・・・???


曙「あ!あいつはあらん事かこう言ったわ!!」
(誰よいまの)

提督「この映画は出来そこないだ!とても見られたものじゃないよ!」
(乗るっきゃない・・・このビッグウェーブ!)

曙「と!!」
(ナイス!)


ナナナナンダッテー


飛龍「黙っていられる訳がない!!」

飛龍「復讐だ!仇討だ!弔い合戦だ!!」

飛龍「今こそ我々は彼奴へ復讐するのだ!!」

飛龍「戦争だ!戦争だ!戦争だ!!」


ウオオオォォォォォォォォォォォォォ

伊勢「…止めないの?」

武蔵「死人が出そうになったらな…」

日向「なに・・・騒がしいくらいがちょうどいい!!」

355 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 17:44:44.58 ID:N+W5DJIj0


飛龍「私が戦争と書いてなんと読む!!」

那珂「ドッキリと読む!!」

飛龍「よろしい!ならばドッキリだあああああああっぁぁぁぁぁぁ!!!!」

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォッォ!!!!!!



青葉「きたきたきたぁ!!!!こんな展開を待っていましたよぉ!!!!!」

睦月「おっ・・・おー」
(よくわかんないけど…楽しそう!)

時雨「ふふっ・・・賑やかなのはいいことだね…」

不知火「不知火に落ち度などー!!」

吹雪「おー」
(睦月ちゃんがやるなら…)

曙「うひひ・・・赤城の奴・・・お漏らしさせてやるんだから…」

卯月「腕が鳴るピョーン!!」

ユー「…」
(こいつ調子乗ってる…あとでお説教・・・)

弥生「おー」

球磨「クリーク!クリーク!クリィィィィィイイィィク!!!」

多摩「ニャニャーン!ニャニャナ−ン」ニャーン

木曾「…アホか…」

大井「バカね…」

北上「…こういう展開はしびれるねぇ…」

天龍「うっしゃああああ!!やったらああぁぁ!!」
(これでいいのかな?)

鈴谷「なんだかおもしろそーじゃん!!」

蒼龍「わたししーらない」

瑞鶴「翔鶴姉ぇ…どうする?」

翔鶴「…傍観していましょう…乗り気にはなれません…」

古鷹「そ!そんな!!だめだよぉ…」オロオロ

加賀「うえぇぇ・・・」グスッ

提督「そろそろ泣き止んでよ」ナデナデ

金剛「うぅ…・・・お弁当・・・」ポロポロ

榛名「提督…気持ちいいです♪」ポロポロ

提督「お前らもさぁ」ナデナデ

比叡「ZZZ・・・」

霧島「これじゃあ私の方がお姉さんね…」」ナデナデ


356 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 17:54:26.27 ID:N+W5DJIj0


暁「???」

響「暁はわからなくていいよ」

雷「…つまりみんなで赤城さんを騙すってこと?」

電「…ドッキリだから問題ないのです!」

千代田「バカじゃないの・・・ねぇお姉ぇ?」

千歳「……少し・・・楽しそうだわ…」

五十鈴「……はぁ・・・・」

扶桑「赤城さんも不幸ね…」

山城「不幸だわ…」

川内「…へぇ…面白そうじゃん…」

神通「ほどほどにしてくれるといいんですが…」

RJ「アカーン!」

那珂「…アイドルにドッキリはつきものだよね!!」

夕立「素敵なパーティ始まるっぽい!!」

漣「ktkr」

鳳翔「…知りません・・・・・」

夕張「楽しそうね…明石さんが帰ってきたら教えてあげよっと」

58(なんかゴーヤの願い叶った・・・)

168「まったく…悪趣味だわ…」

19「なんだか楽しみなの・・・」

8「また怒られるぞ…」

瑞鳳「?」

祥鳳「瑞鳳は・・・後で教えてあげる」

隼鷹「そうだよ!こんな空気が最高なんだよ!!ヒャッハ―!」

飛鷹「呆れてものも言えないわ…」

長門「死なない程度にな」



飛龍「詳細は追って連絡する!!以上!!」

飛龍「ちなみに密告したものは尻の穴にウォッカ流し込むから!」


!!!!!!!!!!!!

提督「では解散!!」




357 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/27(月) 18:00:41.84 ID:N+W5DJIj0


提督「なに?二段ドッキリだと?」

青葉「はい、表向きはみんなが提督が皆に徐々に嫌われていきます」

青葉「まぁ嫌われる理由はお任せします…」

青葉「頃合いを見てドッキリでしたーっていうんですが実は違います」

青葉「耐えきれなくなった提督は死んじゃうんです!」

青葉「投身自殺です!」

提督「なん・・・だと・・・」

飛龍「ショックを受けた赤城さんを撮影して!終了!」

青葉「その通り!」

提督「ふふっ・・・悪魔共め・・・」

飛龍「褒め言葉です…」

青葉「同感です」




フハハハハハハハッハハッハハア!!!!!!!!!




夜は更けていく




赤城「…」ブルル

赤城「なんでしょう・・・寒気が・・・」

368 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 13:05:09.60 ID:hh7VLC1G0


提督(遂に…計画は始まる)

提督(手順はこうだ…)


俺引退

艦娘には自分たちを見捨てて逃げると曲解して伝わる

艦娘ブチギレ、俺に厳しく当たる

俺憔悴、赤城さんオロオロ

そしてネタバレへ…

提督(なのだが…実際はネタバレ前に死ぬという!)

提督「ふふ…青葉も悪よのう・・・」


ヒリュウ!ハイリマス!

提督「おぅ!どうした」

飛龍「失礼します!死ねぇ!」バキィ

提督「ヘブッ!!」


ドンガラガッシャーン


飛龍「シツレイシマシタ!」バタン

提督「…」

提督「えぇ…?」


369 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 13:19:11.11 ID:hh7VLC1G0


提督「なんていうか…結構物理的なんだな、あいつらの嫌がらせって…」テクテク

睦月「あっ」バッタリ

提督「うん?」

睦月「うびゃあああぁぁあぁぁぁっぁぁぁぁぁぁ!!!!!提督がえっちな目つきで睦月を品定めしてるうううううぅぅぅうぅぅ!!!!」

提督「」

ダダダダダダダダ

吹雪「なんですって!!セクハラです!!覚悟!!」バキィ

提督「うばっ!!」

ドドドドドドドッドドドドド

漣「最低です!ご主人様!!」ゴキャ

提督「げぼぅ・・・」

卯月「おらぁ!うーちゃん大事にしろや!」ドスゥ

提督「ガハッ・・・」

吹雪「さいっていです!司令官のバカ!どこへでも行っちゃえ!!」

卯月「べーっだ!」

睦月「ヒック・・・フヘ・・・クスン・・・」

漣「ほら…もう行こう・・・」


スタスタスタスタ


提督「うぅ…あいつ等・・・・日頃のストレス発散か何かと勘違いしてないか……」ゲホッゲホッ

提督「…しかし……力強いな・・・・・・」ヨロヨロ




370 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 13:34:29.72 ID:hh7VLC1G0


執務室を出て三歩
提督を待っていたのは駆逐艦たちの暴力だった!

売店へ向かう彼を艦娘たちは容赦なく狙う


夕立「ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽーい!!!!!」ドガオドガドガドガドガ

提督「ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ!!!」


川内「やーせーんー!!」ウデヒシギジュウジ

那珂「ぶーどーかーんー!!」ヨンノジ

提督「いだい!!いだいって!!」ペチペチペチ


電「電の本気を見るのです!」ペチーン

雷「大丈夫よ!痛くしないわ!」ペチーン

響「ウォッカが貰えると聞いたんだが…」

暁「???」

提督「…お前らは癒しだな…」ナデナデ


不知火「落ち度など!!!!ないっ!!」バギドゴーン

提督「ぬぅぅ・・・そろそろ・・・限界が・・・・」






提督「…売店に行くだけで・・・あざだらけ・・・・」

提督「執務をする気もおきんな…少し・・・眠ろう・・・・・・」ドサッ


提督(あいつ等なんで…あんなに容赦なく殴れるんだろ…)

提督(不満あるのかな?それとも…)

提督「…」

提督「これは・・・ドッキリなんだ……」

376 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 14:11:39.22 ID:hh7VLC1G0


目が覚めると、丁度腰の付近に座る赤城さんを見つける
俺の腹を優しく撫でながら優しい笑みで見つめる
目が合うと、撫でていた手を俺の頬に当てる
その過程で彼女は俺の横にそっと寝ころんだ
頬に当てた手に力を込め、自らの顔が見えるように俺の顔を傾ける

「随分とアザだらけなんですね…」

笑みは絶やさず、しかしその目には静かな怒りが感じられた

「今日、妙な流言を聞きました…何でも、提督は軍を除隊するとか・・・」

「…信じたか?」

赤城は何をバカな事を
あおう言いたげに首を振る

「物事の真偽などさして重要ではありません…赤城は何があろうと提督の味方です…」

「赤城さん・・・」

「でも今は・・・休みましょう…」

俺の頭をぎゅっと自らの胸に引き寄せる
甘い匂い・・・昔と変わらない彼女の忠誠心
こんな人間を騙す・・・
青葉の甘言に俺はどうかしていたようだ

「大丈夫ですよ…何があろうと・・・赤城は貴方と共に・・・」

やめよう・・・こんなことは
彼女の胸の中で決意する
しかし今は

ただ彼女の温もりを感じていよう・・・

377 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 14:20:09.39 ID:hh7VLC1G0


再び起きた時
彼女はまだ眠っていた
手櫛で彼女の髪を撫でる

こんな彼女を騙すなんてできない
皆の前でしっかりと言おう、ドッキリなんてやめようと
そして謝るんだ…土下座をして許しを請うんだ

そうすれば・・・いつも通り














その予想が、俺の致命的な誤算

それに気付いた時には、導火線の火は消せないほどに燃え上っていた


最終回 序章 終





378 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/04/28(火) 14:33:10.76 ID:hh7VLC1G0


最終回・続 予告

飛龍「そんな目であたしを見るなよ…どけろ・・・・・・そこはあたしの席だ…」キリキリ

球磨「加勢するクマ、敵の敵は味方・・・だが後でお前もつぶすクマ・・・クソ空母共め・・・」ジャキン

飛龍「上等・・・」

赤城「…」

加賀「誰に弓を向けているのかしら飛龍?ウィニー?その弓を降ろしなさい」キリキリ

蒼龍「私のセリフです加賀さん、その弓を降ろしてください」キリキリ

瑞鶴「加賀さんに弓を向けないで!」ダダダ

木曾「悪いな…お前の相手は俺だ…」チャキン

瑞鶴「このっ…」

385 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 19:48:48.88 ID:lYHcYyKf0


ザワザワ

艦娘食堂
そこは鎮守府の艦娘たちが一堂に会して食事を行う場所
いつもであれば机と椅子そして鳳翔や間宮が作ってくれる料理が並べられていた
しかし今日は違った
鎮守府の艦娘が総員集まり、列を為していた


飛龍「…」

蒼龍「…」

球磨「…」

木曾「…」

加賀「…」

瑞鶴「…」

誰一人しゃべる事無く、体制も崩さない
日々の訓練がなせる業であろう

そんな列の前に位置するひときわ高い演説台
そこに一人の人間と一人の艦娘が登壇した


赤城「総員!敬礼!」

「「「「「「・・・・」」」」」」」ビシィ

提督「…」ビシ

赤城「休め!」

「「「「「「・・・・」」」」」」」


提督「諸君、ここに集まってもらったのは他でもない・・・この鎮守府に流れている流言についてだ」

提督「私がこの鎮守府からいなくなると言われているそれは・・・諸君等もわかっているように・・・・嘘である」

赤城(諸君等もわかっている?)

青葉(…)

提督「…このような茶番に付き合わせたことを・・・本当にすまないと思っている・・・青葉!飛龍!登壇しろ!」

青葉・飛龍「はっ!」

タンタンタン・・・

提督「赤城君に言わなきゃいけないことがある・・・」

赤城「?」

提督「実は…俺たちは・・・」


謝ろう・・・謝罪の言葉を口にしようとしたその時
彼女がそれを遮った








青葉「提督…大丈夫ですよ・・・・青葉は知ってます・・・・」

青葉「更迭の噂は本当で、原因は赤城さんの暴食で…提督はその責任をとって辞めるという事を・・・」

飛龍「なん・・・だと・・・」


提督「…」

提督「…は?」





386 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 20:05:25.16 ID:lYHcYyKf0


ん?え?コイツ今なんて?

青葉「これがその証拠です!」バサァ

青葉がばらまいた紙の束
そこに写っていたのは見覚えのない資材リストと頭を下げる俺の写真

提督「…あるぇ?」

ザワザワ・・・・ホントウダ・・・・コノシザイノリョウハナンダ・・・・パンパカパーン・・・・

青葉「司令官・・・もうご無理はなさらないでください・・・・赤城さんを庇いたいという気持ちは痛いほどわかりますぅ!!」

提督「・・・・アオバワレェ・・・・皆!信じるな!これはゴシップだ!違うんだ!赤城!信じてくれ、これはたちの悪い嘘なんだ!」

赤城「提督…以前お話したはずです…このような流言、私は初めから眼中にありません」

赤城「私は・・・そのような流言に踊らされ、提督を暴行したうじ虫の集まりを糾弾したいのです」

飛龍「うじ虫ねぇ…それなら提督に迷惑をかけ続けてもなお腰に引っ付いて離れないお前は・・・差し詰め寄生虫ってところかな?あはは!」

赤城「その口を閉じなさい・・・」ギリィ

提督「おい・・・二人とも・・・・・」

球磨「そうだクマ!そもそもお前がポカやらかさなきゃこんなことは起こらなかったはずクマ!!」ズカズカ

加賀「餓鬼の思考ね…」

加賀「赤城さんは間違いを犯したかもしれない、だからと言ってあなたたちの提督への暴行が正当化されるわけじゃないのよクソガキ」ズカズカズカ

蒼龍「飛龍!!ちょっと落ち着いてよ!!」テテテテ



伊勢「…止めないの?」

武蔵「野暮なことを聞くもんじゃない・・・」

日向「しまった・・・瑞雲は推進エンジンを積めない・・・」



387 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 20:27:19.93 ID:lYHcYyKf0



飛龍「あれ?怒ってるんですか?眉間が大破してますけど大丈夫ですか?」

赤城「ふぅ…目障りなばかりでめんどくさいですね…自己紹介ですか?」

飛龍「そろそろ世代交代だってんですよ…提督の隣はロートルのゆりかごじゃないんですよ」

赤城「ロートル?練度の低い生娘が・・・」フゥ

飛龍「そんな目であたしを見るなよ…どけろ・・・・・・そこはあたしの席だ…」キリキリ

球磨「加勢するクマ、敵の敵は味方・・・だが後でお前もつぶすクマ・・・クソ空母共め・・・」ジャキン

飛龍「上等・・・」

赤城「…」

加賀「誰に弓を向けているのかしら飛龍?ウィニー?その弓を降ろしなさい」キリキリ

蒼龍「私のセリフです加賀さん、その弓を降ろしてください」キリキリ

瑞鶴「加賀さんに弓を向けないで!」ダダダ

木曾「悪いな…お前の相手は俺だ…」チャキン

瑞鶴「このっ…」


提督「おいおい・・・お前らやめろって…」


加賀「赤城さん…二人ぐらい私が足止めします、提督を連れて逃げてください」

赤城「加賀さん…これは貸しです」ダダダダ

赤城「ほらっ!走ってください提督!」ガシィ

提督「あっ!おい!」ズルズルズルズル






388 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 20:37:42.54 ID:lYHcYyKf0


赤城「…」タタタタタ

提督「おい赤城!これは・・・なんなんだ!俺たちはお前にドッキリを仕掛けようと!!」

赤城「ドッキリ?馬鹿を言わないでください!これは現実です!」

提督「おい!!ってうわぁ!!」ヒュンヒュン

赤城「…加賀さんは抜かれたみたいですね…」



飛龍「提督!!今助けます!!」

球磨「クマー!!!」



提督「赤城!!そっちは崖だ!!」

赤城「ぐっ・・・」

ザザーン

飛龍「ふふ…追い詰めた・・・」

球磨「さぁ!提督を返すクマ!!」

青葉「まさに愛の逃避行!!」バシャバシャ


赤城「…」

提督「まてまてまてまて!なんなんだよ!!どういうことなんだ!!!」

赤城「…提督・・・・・・・」

389 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 20:47:25.60 ID:lYHcYyKf0


赤城「…覚えていますか?私が初めて沈んだ日の事を・・・」

提督「いきなりなんだ…今はそんなことより・・・」

赤城「私の事をこんなにも愛してくれる人がいる・・・私は貴方に心配されることがとても幸せでした・・・」

赤城「私は・・・提督には私の事だけ心配してほしいです私の事だけ抱いてほしいです私の事だけ見ていてほしいです」


赤城は着物の腰ひもをほどき、それで俺を決して逃さんとするように
固く二人を縛った

提督「おい赤城・・・何を・・・」

問いただす俺を無視して彼女は一度の口づけをした後
強く抱きしめた


赤城「提督…赤城はとこしえにあなたと共にあります」

赤城「例えそれが」







赤城「地獄の業火の上であろうとも」







彼女は飛び降りた

抱きしめる俺を伴って







390 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 21:04:16.28 ID:lYHcYyKf0



提督「という夢を見たんだ!!赤城さん!!」

提督「赤城さんがヤンデレ!新しくないですかこれ!!」

赤城「…私は別にいいですよ」ニコォ(ハイライトオフ)

提督「ヒェ・・・」

赤城「最近発情期のメスも増えてきましたし…駆除も必要かもしれませんしね…」(ハイライトオフ)

提督「アワワワワワ・・・」

赤城「そう言えば提督…最近私と寝てないのに…床に長い髪の毛があったんですが…」シュラン(ハイライトオフ)

提督「ソレオレノグントウ」

赤城「提督が悪いのですよ?ワタシトイウモノガアリナガラ・・・」ギュッ(ハイライトオフ

提督「アバババババババ」カチコチ

赤城「おいたはダめですよネ・・・ダメデスヨ・・・ワタシガイルノニ・・・」

赤城「ソウデスヨ・・・テイトクノソバニハイツモワタシガイルンデスヨ・・・・ナラ・・・・」





ソ ノ ウ デ ホ ン ト ウ ニ ヒ ツ ヨ ウ デ ス カ ?




提督「」





青葉(SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピンチ!SAN値ピ・・・赤城「<・●><●>」


青葉(ヒョヲ・・・)チョロ





赤城「マズヒトリ・・・・なんちゃって!」

赤城「…提督?」

提督「」プラーン

赤城「しょうがないですね…続きは布団で聞きます・・・・」

赤城「・・・・たっぷりと・・・ね♪」


パタン





提督(性的に肉食系の赤城さんもいいと思います)

青葉(青葉は新たな扉を開きましたよ!)





391 名前: ◆DpM/5nZU1E[saga] 投稿日:2015/05/15(金) 21:06:57.74 ID:lYHcYyKf0


風呂敷広げ過ぎるのヨクナイ!
本当にまとめられると思ったの?慢心ダメ!絶対!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「あはは、こなちゃん芋虫みた〜い!」