【艦これ】提督「夢で見た」【短編集】


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レイ「・・・碇くんの頬っぺた、プニプニしてみたい・・・///」

ツイート

1 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 03:46:26.03 ID:ShJHNyu60

>>1が最近夢で見た艦これ関連の話を

超展開、キャラ崩壊、謎世界観


2 名前:黒潮 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 03:50:00.99 ID:ShJHNyu60

黒潮「司令はん?司令はんってば!」

提督「んー…聞いてるよ」

黒潮「ホントかいなもー…そういってすぐ忘れるんやから」

提督「ははは、ごめんな」

黒潮「謝らんでええって、そういうとこも含めて好きなんやで」

提督「黒潮は可愛いなぁ」

黒潮「あんがとさーん。でも誰にでもそういうこと言ったらアカンで?」

提督「黒潮以外には言ったことないよ」

黒潮「どやろか…司令はん案外スケコマシやからなぁ…」


3 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 03:54:15.98 ID:ShJHNyu60

黒潮「…なぁ、ウチで良かったん?」

提督「何が?」

黒潮「この指輪や、駆逐艦に渡したって大した意味あらへんのに…」

提督「んー…確かにその通りだし戦艦の誰かに渡すことも考えたんだけどさ」

黒潮「ならそうすれば良かったやん」

提督「でもさ、俺は黒潮と一緒にいれたら、黒潮が一緒にいてくれたらそれでいいかなって」

黒潮「なっ…」

提督「そしたら嬉しいかなって、幸せかなって思ったんだ」

黒潮「なな…何こっぱずかしいコトいってん!アホらし!」

提督「お前から聞いて来たんじゃないか」



4 名前:別れ ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:05:33.45 ID:ShJHNyu60

黒潮「それで…どうやった?」

提督「何が?」

黒潮「もう!言わせんといてや、恥ずかしい!」

提督「はは、黒潮もそういうのは恥ずかしいのか」

黒潮「そんなん当たり前やん…まったくもー」

提督「…楽しかったよ」

黒潮「………」

提督「楽しかった、幸せだった。君を選んで正解だった」

黒潮「今日は、偉い素直やな…」

提督「何でだろうな…言葉はスラスラ出てくるよ…これが最後だからかな」

黒潮「司令はん!そんなことっ…!」

提督「黒潮……ありがとう。君との思い出は、何一つ忘れちゃいない」

黒潮「っ……!……ウチも、ウチも楽しかった…だから!」

提督「ありがとう…それと、ゴメンな」

黒潮「……!」

提督「ありがとう…俺と一緒に居てくれて、俺は…君を愛していたよ」

黒潮「ウチも…っ!ウチもや!司令はんのこと、大好きや!愛してるっちゅーの!いつまでも!ずっとや!」

提督「…ありがとう、その言葉だけで十分だ…これで、もう逝ける」

黒潮「っ!嫌や!行かんといて!お願いやから!お願いっ…やから…ぁ」

提督「………」

黒潮「……ウチを、置いて行かんといてやぁ…!」




5 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:06:56.72 ID:ShJHNyu60

提督「……………」

提督(……ヤベェ、ドッキリ宣言のタイミング逃したどうしよ…)

【黒潮-END】

7 名前:秋月 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:15:06.51 ID:ShJHNyu60

提督「…お、いたいた秋月」

秋月「はい、何でしょうか司令?」

提督「お腹空いてないか?」

秋月「へ?い、いえそんなことは…」グゥゥ

提督「…………」

秋月「…………」

提督「…今から飯行くんだけど一緒にどうだ?」

秋月「すみません…ありがとうございます…」




提督「着いたぞ、ここだ」

秋月「あの…ここは倉庫では?」

提督「ああ…ここであってる」ガチャッ

秋月「?司令、何故鍵を締めたんですか?」

提督「ククク…この状況に追い込まれてまだ分からないとはな…まぁこちらとしても暴れないでもらえるのは助かるが…」

秋月「……?……っ!//」ボンッ


8 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:23:45.58 ID:ShJHNyu60

提督「クク…気付いたようだな…が、もう遅い…ここは防音も完璧、いくら騒ごうと人は来ないぞ」

秋月「…………」

提督「どうした?反応が薄いが…クック、無理もないこれからの事を考えて絶望しているんだな」

秋月「司令…わ、私は…」

提督「どうした?一言だけなら聞いてやるよ…ゲヘヘ」

秋月「私は、司令なら…そ、その…ぃい、です…よ…?」

提督「…へ?」

秋月「に、二度言わせないで下さい…私は司令になら、はっ、初めて!を…あげても…いい、と思って…ます…」

提督「…いや、あの……」

秋月「………///」

提督「…その、秋月…これは…」

秋月「しっ、司令!女の子にここまで言わせたんですから!さぁ、早く!」ギュッ

提督「いや秋月、お前震えてるぞ…」

秋月「そんなことはどうでもいいですから早く!」

提督「はっはい!」

秋月「…じゃ、じゃあまずは…ふ、服を、脱がせて下さい」

提督「お、おう…」

秋月「………///」


9 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:33:19.38 ID:ShJHNyu60

提督「それじゃ、脱がすけど…その前に一つ…いいか?」

秋月「…はい」

提督「ありがとう、それじゃ…」


提督「OK!!Come here!」パチンッ!

「「「YO!YO!YO!YO!」」」

秋月「この足音は…そんな!?」

霧島「YO!今日もいいビート刻んでるか!」

鳥海「Hey!ウブな恋なんて見てらんねえZE!」

望月「おーけーかむひあーひあー」


秋月「まさか生きていたなんて…」

提督「俺がやった」

秋月「司令!まさか禁断のアレを!」

提督「ああ、フンドシ横丁3番地の舞をやらせてもらった…」

秋月「何故ですか!何故あなたがそんなことを!」

提督「何だっていい…俺は戦いに飢えていたのさ…」

秋月「今のあなたは戦いに取り憑かれた亡霊…私が、助けます!」

提督「小娘風情に何ができる…ここらで引導を渡してやろう…」

望月「かむひあーかむひあー」カムヒアッ





提督、秋月「デュエル!!」




【秋月-END】



10 名前:衣笠 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:46:33.93 ID:ShJHNyu60

提督(今日のバスは混んでるな…ってアレ衣笠か?)

提督(前の方に座ってたんだな…気付かなかった…よし、ここは)スイ〜

提督(よし、気付かれずに後ろの席に到達…ここで…後ろから抱き着く!)ガバッ

衣笠「(ひっ…っ!)」

提督(今こいつ小声で「ひっ」って言ったな、随分可愛らしい声で)

提督「(きーぬがさっ)」

衣笠「(…っ!や、やめて、下さい…!)」

提督(何か楽しくなってきた、今なら胸揉んでも大丈夫な気がする)モニュッ

衣笠「(っ…!ぅ…)」

提督(やばい凄く柔らかい)モミモミ

衣笠「(…た…っ)」

提督(た?)


11 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 04:53:32.69 ID:ShJHNyu60

衣笠「(助けてっ…提督ぅ…!)」



提督「えっ?」

衣笠「え…っ?…て、提、督…ぅ、怖かったよぉぉおお…!」ガバッ!

提督「え、ちょおまっ、気付いてなかったの!?」

衣笠「怖かったぁぁあああ…ぅわぁあああん!」ギュゥウウウ




衣笠「…もう!これから絶対にあんなことしちゃ駄目だからね!」

提督「はい…反省しました…」

衣笠「本っ当に怖かったんだよ!もう!」

提督「それは、ごめんなさい」

衣笠「…はい、許す!……それで、何かあったの?」

提督「…へ?」

衣笠「提督は何の理由もなくあんなことする人じゃないって信じてるから…何か、あったのかなって」

提督「お前が被害者なのに…怒ってないのか?」

衣笠「そんなことより提督だよ。大丈夫?疲れてなぁい?」

提督(天使か)

提督「あー…じゃあ一つだけ」

衣笠「うん、なぁに?」

提督「……衣笠、ケッコンしよう」


【衣笠-END】

19 名前:陽炎 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 21:08:48.94 ID:6dGrSjZTO

陽炎「司令、ほらしっかりして!」

提督「おう、わーってるよ」

陽炎「ネクタイ曲がってる!髪もボサボサ!んもう、これから本営に向かうってのに…」

提督「そう堅くなる必要もないって、適当にしてりゃ大丈夫だって」

陽炎「はぁ…あのね司令!司令はここの代表として行くのよ!?ちゃんとして貰えないとこの鎮守府全体の評価が下がっちゃうんだから!」

提督「はいはいうっさいなぁ…そういうお前はどうなんだよ、さっきからスカートめくれてんぞ」

陽炎「なっ…!覗いたわね!この変態!」

提督「バーカお前が見せてたようなもんだろ」

陽炎「何をぉお…!このぉっ!」ガバァッ!

提督「おい馬鹿やめろ!整えた髪が!ネクタイが!」

陽炎「うるさい!司令なんかこうよ!このこのっ!」

提督「おい、くっ、やめろって、っ…このっ、反撃だっ!」

陽炎「きゃっ!っあはは!やったわね!」

提督「オラオラ!ここが弱いんだろ!そらそら!」

陽炎「っふ、やめっ、くすぐった…っ!ふっ、あっは!あははは!やめっ、やめてっ!っははは!」

提督「やめろったってやめねーぞ!ほらほらもっと笑い転げろ!」


20 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 21:17:00.42 ID:6dGrSjZTO

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

提督「………………嘘…だろ…?」

「……残念ですが…本当です」

提督「俺が…本営の方に顔出してる間に…?」

「……はい。駆逐艦陽炎…敵泊地への攻撃作戦の途中…轟沈しました」

提督「…何で…だよ、なん…で…」

「彼女は…大破状態にも関わらず半ば独断での進軍を決定して…我々の制止も聞かずに…」

提督「かげ、ろう…轟沈なんて、そんな…」

「…駆逐艦黒潮から…この手紙を提督に、と…陽炎から提督宛の手紙を預かっていたそうです……」

提督「…………」

「………………」

提督「……………なぁ、陽炎って…練度はどれくらいだったか知ってるか?」

「…忘れもしません、この鎮守府で最高の…98です」

提督「…そうだ…もうすぐ99だなって…話をしてたんだよ」

「…………」

提督「…長い付き合いだなって…これからも長い付き合いになるなって…話をしてたんだ…」


提督「ケッコンしようって……話をしてたんだ…っ!!」


「…………っ」


提督「……そりゃないだろ………陽炎……!」


21 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 21:18:54.39 ID:6dGrSjZTO

【陽炎-END】

22 名前:青葉 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 21:45:13.81 ID:6dGrSjZTO

青葉「ん…むぅ…」

提督「ん、起きたか青葉」

青葉「んぁ…おはよーございます。司令官…」

提督「良く眠れたか?」

青葉「一応眠れましたけど…うぅ、お尻痛い…」

提督「大丈夫か?裂けたりしないように注意してたけど…ゴメンな」

青葉「まさか司令官にあんなアブノーマルな趣味があったなんて…これはスクープですよ」

提督「たくましいな…や、でも出来れば皆には秘密にしておいて欲しいんだけど…」

青葉「大丈夫ですよ。青葉が司令官のこと記事のネタにしたことってないじゃないですか」

提督「ん…?そういえばそうだな。何でだ?」

青葉「秘密です」

提督「おいおい、自分だけ秘密とは頂けないな」


23 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:03:41.87 ID:6dGrSjZTO

青葉「ふふん、乙女には秘密が付きものなんですよ」

提督「それを知るにはどうすればいいのかな?」

青葉「そうですね…じゃ、一つ約束して下さい」

提督「何だ?言ってみろ」


青葉「青葉のこと、もっともーっと見てくださいね。もっともーっと愛して下さいね。青葉以外の子ばっかり見てたら…嫉妬、しちゃうんですから」


提督「……何だ、そんなもんか」

青葉「そ、そんなことって何ですか!勇気を振り絞って言ったのに」

提督「いくらでも愛してやるよ」ダキッ

青葉「ひゃっ!?し、司令官…!」

提督「ずっとずっとお前のこと見てるし、いつまでもいくらでも愛してやる。だから俺から離れるなよ」ギュッ

青葉「……司令官」

提督「……何だ?」

青葉「…お尻、弄らないで下さい」

提督「あ、駄目?」

【青葉-END】

24 名前:大鳳 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:22:02.25 ID:6dGrSjZTO

提督「…ん、ありゃ大鳳か…何やってんだあんな小高い丘の上で」



提督「おーい、大鳳…何やってんだ?」

大鳳「……いい風ね」

提督「ん?あー…そうだな」

大鳳「タウイタウイでも…こんな風を浴びていたわ…」

提督「…ん?いや大鳳、ここタウイ泊地…」

大鳳「人は愚かね」

提督「!?」

大鳳「人間にこの風は…勿体無いわ」ゴゴゴゴゴ

提督「大鳳!?一体何を!?」

大鳳「人は罪を重ね過ぎた…罰が…必要…」

提督「やめるんだ大鳳!何故こんなことを!?」

大鳳「何故…それは人間にこそ言えるわ…何故こんな美しい海を汚せるのかしら…」ズアァァアアッ!

提督「こ、これは…!?」

大鳳「天は避け地は割れ…海は、枯れる…これは人間が呼んだ結末…貴方が悪いんですよ…提督…」

提督「やめるんだ!大鳳ォーっ!」



・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

提督「…腹減ってるんならそう言ってくれよ」

大鳳「ほへんなはい(ごめんなさい)」モグモグ


【大鳳-END7】



26 名前:鳳翔 ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:30:58.91 ID:6dGrSjZTO

「おかーさーん」「おかーさーん」

「はは、おかんも大変だな」

「おかあさ、あっ違っ鳳翔さん!いえその駆逐艦の子たちがそう呼ぶから間違えちゃって!」



提督「………………鳳翔ってさー?」

鳳翔「はい?」オチャドウゾ

提督「可愛いよね」

鳳翔「」ガチャァン!

提督「あ、いやそういうんじゃなくて…お母さんとか呼ばれてるけど普通に可愛らしい少女だよなって」

鳳翔「き、急にどうしたんですか…?」

提督「確かに大人びてるのは同意するけどさ、鳳翔だってまだハタチにもならないくらいの少女じゃないか!お母さんなんて呼び方はどうかと思う!」

鳳翔「いえ、あの、私は艦娘…」

提督「青葉ァ!」

青葉「ここに」シュバッ

提督「この鎮守府内の鳳翔へのイメージを改めさせろ、鳳翔はもっと幸せになっていい」

青葉「御意に」



27 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:39:24.04 ID:6dGrSjZTO

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

「あっ鳳翔ちゃんこんにちはー!」

「やぁ鳳翔ちゃん、散歩か?」

「鳳翔ちゃんあそぼー!」「私も鳳翔ちゃんと遊ぶー!」


鳳翔「…………」

提督「…ん、よう。どした?」

鳳翔「…どうしたもこうしたもありませんよ!何でこんなことしたんですか!?」

提督「可愛いから」

鳳翔「かわっ…そん、な…//」

「可愛い」「可愛い」「鳳翔ちゃん可愛い」

提督「…皆本心からそう思ってるんだよ、悪い気分じゃないだろ?」

鳳翔「そ、それは……」

提督「………な、鳳翔ちゃん」ニヤニヤ

鳳翔「っ!…っもぉおおおおお!///」ポカポカポカポカ

提督「可愛い」

【鳳翔-END】


28 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:44:24.10 ID:6dGrSjZTO

加賀「…………」

提督「…ってのが、俺が最近見た夢なんだけどどうよ!?」

加賀「心底気持ち悪いです」

提督「うわぁハリガネムシがカマキリから出てくるのを初めて目の当たりにみたいな顔ー…」

加賀「……コホン、それで?」

提督「……え?」

加賀「それで、と聞いたんです」

提督「…………」

加賀「………」

提督「へ?」

加賀「それで私の夢は見なかったなのと聞いているのだけれど」ビキビキ

提督「…………」

加賀「………」

提督「いや、見てないけど?」

加賀「鎧袖一触よ」

提督「何で!?待て!死ぬ!死ぬからぁぁあああ!?」


おしまい


29 名前: ◆30lx83ehPU[saga] 投稿日:2015/03/29(日) 22:49:15.83 ID:6dGrSjZTO

夢って大したことしてなくても雰囲気で凄い昂るから好き
衣笠の夢とか見た日は1日幸せだった

HTML化申請は適当に明日でいいかな

いい夢見ておやすみなさい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「はい古泉君、義理よ」