提督「故事成語とか名言でss?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ニート生活一日目」

ツイート

1 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:32:00.43 ID:yOnO/D9p0

『案ずるより産むが易し』


提督「う〜ん…」ペラッ

霧島「どうしました?」

提督「あ、霧島か。次の海域の編成で悩んでいてな」

提督「う〜ん、この編成だと制空権とれなそうだし…この編成だと火力不足かなぁ…」



霧島「…でしたら、この艦隊の頭脳、霧島にお任せください!」

提督「え?」

霧島「私が司令の悩みを解決して差し上げます!その海域、私が攻略しましょう!」

提督「おお…頼もしいな、流石霧島だ。じゃ、頼んだぞ」

霧島「はい!」


2 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:33:44.77 ID:yOnO/D9p0

―――――――――――――――

提督「……」



霧島「マイクチェックの時間だオラァ!」

タ級「あべしっ!」バキィ

フラヲ「きゃん!」ボコォ





提督「全部素手、しかも1人で………」

霧島「ふぅ……どうでした、司令!」

提督「お…おう、お疲れ…」

霧島「悩んだって仕方ないんです!レベルを上げて物理で殴りましょう!」

提督「あ、あはは…これからは全部霧島に任せることにするわ」

霧島「はい!これからも艦隊の頭脳、霧島にお任せくださいね!」

提督「頭脳とは…俺の悩みとはいったい…」



意味:始める前はあれこれ心配をするものだが、実際にやってみると案外たやすくできるものだというたとえ。


4 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:39:31.29 ID:yOnO/D9p0

『あばたもえくぼ』



榛名「榛名、納得いきません!」

提督「どうしたいきなり」

榛名「どうして提督は榛名と、その、ケッコンして下さらないんですか!」

提督「前も言ったろ?俺は大井が好きなんだ。本人にも言われてるし、カッコカリとはいえもうケッコンはしないよ」

榛名「どうして…大井さんは北上さんといつもいるじゃないですか!」

提督「そんな大井が俺の事好きだって言ってくれたんだ。これ以上にうれしいことないだろ」

榛名「口だって…お世辞にもいいとは言えませんし」

提督「ばっかお前、そこがいいんだろ?意外とMっ気あるかもな、俺」ハハ

榛名「それに…装甲だって薄いじゃないですか!」

提督「それだって、つい守ってやりたくなるだろ?いやぁ、あいつは可愛いよなぁ」



榛名(……)

榛名「もう、提督なんて知りません!バカ、アホ!砲撃を食らわせますよ!」

提督「……」

榛名(さっきまでの話を総合して提督はM…つまりこの罵倒に興奮するはず!)






提督「…てめえ上官に向かってなんて口きくんだ!おしりぺんぺんだ!こっちにこい!」

榛名「えぇ……」



意味:愛する者に対しては、欠点さえも長所に見えることのたとえ。
   ちなみにあばたとは皮膚の天然痘が治った後にできるちいさなくぼみのこと


5 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:44:10.60 ID:yOnO/D9p0

『頭隠して尻隠さず』



提督「ふぅ…久しぶりのAV鑑賞だ♪まったく、毎日胸を押し付けられるこっちの身にもなって欲しいもんだぜ」ジィ ボロン

提督「さて…今日はどの子で…」ゴソゴソ……



ガチャ

提督「!」ガバッ

酒匂「司令!せっかくの休みなんだから遊びにいこ?…どうしたの?お腹痛いの?」

提督「いや、そんなことないぞ?」

酒匂「でもうずくまってるし、こっち向いてくれないし…何か持ってるの?」


トコトコ


提督(この状況…まずい!…と思うだろ?馬鹿め、と言ってやるぜ)

提督(こんなのは想定済み!アニメのパッケージでカモフラージュしておいたのさ!これならアニメを見ようとしていたようにしか見えない!)

酒匂「司令?」トコトコ

提督「ああ、すまん。ちょっとアニメを見ようとして…」クルッ



酒匂「ぴゃああああああああ!」

提督「え?」

酒匂「司令!それ!」

提督「……あ」ボロン




提督「………………あ」


意味:悪事や欠点などの一部を隠して、全部を隠したつもりでいること。

6 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:50:13.46 ID:yOnO/D9p0

『悪事千里を走る』


提督「こ、金剛」

金剛「oh…HENTAI提督!近寄らないでくださイ!」


提督「は、榛名?」

榛名「榛名は提督が変態でも大丈夫です!どんな変態だって受け入れて見せますから……提督、どちらへ?」


提督「……大井ぃ」

大井「チッ…近寄らないでください。魚雷発射しますよ?…浮気者」ボソッ



提督「…」ズーン

酒匂「司令……」ナデナデ

提督「…ごめん。俺が悪かった…だから、もう言いふらすのはやめてくれ…」

酒匂「ごめんね…つい話しちゃって。でも、酒匂が前のことを話したの、青葉ちゃんだけだよ?」

提督「それ、考えられる最悪のチョイスだよ……」



意味:悪い行いは、たちまちの間に世間に知れ渡るということ


7 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 20:56:06.48 ID:yOnO/D9p0

『秋の鹿は笛に寄る』




日向「提督なんだその顔は……表面温度も上昇している。病気か?一緒に寝てやろうか?」

―――――――――――――

バタバタバタバタ

俺「ああああああああ!日向可愛い!頑張って育てて良かったんじゃ〜」

俺「しっかし、これで指輪無くなっちまったな…で、今の艦隊は」


金剛Lv99
榛名Lv99
北上Lv99
加賀Lv99
潮 Lv99
川内Lv99





俺「これ以上課金するとさすがに今月の生活費が……生活費?」

俺「そんなもん関係ねえ!俺は、なんたって職業提督だからな!はっはっはっはっは!」



意味:恋に溺れて身を滅ぼすことのたとえ。また、弱みにつけこまれて危険な目にあうことのたとえ。今回は前者の意味
注釈:秋になると鹿は発情期のため雄と雌が互いに求愛するものだが、人が雌鹿に似た鹿笛を吹くと雄鹿はそれに誘われて近づいてきて、人間に捕らえられてしまうことから。


9 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:02:09.24 ID:yOnO/D9p0

『空き樽(たる)は音が高い』


提督「お、ちょうどいいところに。おーい、熊野!」

熊野「提督?どうしまして?」

提督「ちょっといいお肉をもらってな…1人じゃ多いけど、あんまり人が増えると食べる分無くなっちまう。食うか?」スッ

熊野「あら、よろしくてよ。でも、なんでわたくしなのかしら?」

提督「いや、食ってもらうんだったら味がわかるやつがいいしな!熊野、こういうの食い慣れてるだろ?」

熊野「……!?え、ええ!もちろんですとも!」

熊野(正直、あまり食べたことはありませんの……でも…ここで引いたら、熊野の名が廃りますわ!)

提督「ほら、とりあえず一口。あーん」

熊野「あ、あーんですの…あむっ」モグモグ

提督「どうだ?」

熊野(…あんまり味は変わりませんのね。でも……)

提督「……」キラキラ

熊野(すっごく期待した目で見られていますの!いつもと同じとは言えませんわ!)

提督「…どうだった?」キラキラ

熊野「な、中々ですわね!霜の降り方も中々ですの!口の中でとろけるような味がして、本当にお肉なのか疑わしいくらいでしたわ!ええそうですとも!でももっと欲を言うと、油…脂身!そう脂身!それがもっと少ないともっと―――――」



ガチャ

加賀「……提督、お話が」

提督「どした?…あ、肉はやらんぞ。熊野と二人で食べるんだ」

加賀「…赤城さんが提督の取っておいたお肉を無断で食べたそうです。そして、そのお肉は食堂から差し替えたものだと言っています」

提督「」

熊野「」

加賀「あまりのおいしさに申し訳なくなったそうです。……提督?……熊野さん?」




熊野「」


意味:中身のない人ほどよくしゃべるということのたとえ
注釈:中身のある樽を叩けば重々しい音がするものだが、からっぽの樽を叩いたときは大きな音が出ることから。

11 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:08:56.66 ID:yOnO/D9p0

設定は話ごとに適当です。あしからず

『嫌よ嫌よも好きのうち』


提督「よーしよしよし」ナデナデ

曙「ちょ、髪に触んな!このクソ提督!」

提督「よくやってくれたな!遠征頑張ってくれてありがとな!」ナデナデ

曙「話を聞きなさいよ!もう……仕方ないんだから」





天龍「おい、嫌がってるじゃねえか。離してやれよ」

曙「!」

提督「え゛?そうなの?」

曙「…そ、そうよ!早く離しなさい!」

提督「…ごめん。調子に乗ってたわ」パッ

曙「あ……」


天龍「そうだよ。嫌がってるんだから素直に……!?」

曙「……」キッ

天龍(凄い睨まれてる!)

提督「すまなかったな、曙。本当に嫌がってるとは…」

曙「……そうね。もうやめなさいよ」キッ

天龍(こっちを睨むのやめてくれねえかな…俺が悪かったから!)




意味:そのままの意味。ちなみにことわざではない。

13 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:14:46.75 ID:yOnO/D9p0

『井の中の蛙大海を知らず』



天龍「ふふふ……」

提督「どうした?」

天龍「俺も強くなりすぎちまったみたいだ」

提督「おお、随分な自信だな」

天龍「まあな!もう鎮守府近海に俺の相手になるやつはいねえし、俺一人でこの鎮守府は大丈夫なんじゃねえの?なあ」

提督(鎮守府近海って……)

天龍「ダイソン?だっけ?見たことねえけど所詮掃除機だろ?ふふ……怖いだろうな、天龍様と会っちまったら」

提督(こいつ……)

天龍「提督も俺をもっと使っていいんだぜ?遠征なんかで温存しないでも、俺はいつでも出撃してやる!」フンス



提督「……そうか。じゃあ、これをもってトラック泊地に行ってくれ」スッ

天龍「お、なんだこれ?」

提督「探照灯だ。あそこには連合艦隊を作って出撃するから、お前は第二艦隊のエースとして駆逐艦を守りつつ……頑張ってもらいたい!」

天龍「おう!でも、何に使うんだ、これ?」

提督「……お前の強さをアピールする為の装備だ。目立つぞ」

天龍「気が利くじゃねえか提督!じゃ、早速準備してくるぜ!」タタタ

提督「……」




提督「すまん、すまん……大淀がもう嫌だって泣きついてきたんだ」シクシク……




しばらくして出撃から帰ってきたのは、半ベソをかきながら「俺、遠征のエースでいいや……」とつぶやく天龍であった。
あの、本当に……申し訳ありませんでした。




意味:狭い見識にとらわれて、他に広い世界があることを知らないで、自分の住んでいるところがすべてだと思い込んでいる人のことをいう。

14 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:21:32.89 ID:yOnO/D9p0

『青葉は目の薬』


提督「はぁ……」

間宮「お疲れのようですね」

提督「ええ、ちょっと徹夜でして……ああ、目が痛い」

間宮「うーん……なら、青葉なんて食べてみたらどうでしょう?」



ガタガタッ

提督「……?なんか音が……?まあいいや。青葉ですか?」

間宮「はい。きっと疲れた体にはおいしいと思いますよ」





提督「青葉かぁ……正直、あまり好きじゃないんですよね」

??「!?」

間宮「あら、そうなんですか?でも、目に良いって話ですよ」

提督「そうですか……じゃ、お願いできますか?」

間宮「はい!すぐ用意できますから、待っていてくださいね」スタスタ…

提督「お願いします。……ふぅ、疲れた……」ウトウト



「司令官!」


提督「うわっ!……なんだ、青葉か……ってお前、なんで半裸なの!?」

青葉「司令官……青葉の事、食べるんですよね…」グスッ

提督「……は?」

青葉「食べていいですから、青葉の事、嫌いにならないで……!お願いですから……!」ポロポロ

提督「お前、何言って……!」

青葉「だって司令官、青葉の事、嫌いって……うわぁぁん!」ポロポロ

提督「あっ……。ま、間宮さーん!ちょっと来て!誤解とかなきゃ!」



意味:青葉(野菜)の緑は、疲れた目を薬のようにすっきり回復させる効果があるということ


15 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:27:14.79 ID:yOnO/D9p0

『鬼のいぬまに洗濯』


提督「ぬぅぅわぁぁぁん疲れたもぉぉぉん」ドサッ

吹雪「司令官、お疲れですか?」

提督「まぁな。ほら、吹雪もこっちこいよ」

吹雪「え、でも……いいんですか?」

提督「いいんだよ、大井の奴今出かけてるから」

吹雪「え?……あ、あの」

提督「全く、大井がいると気が休まんねえよな。他の艦娘と話するだけでも機嫌悪くなるし」

吹雪「あ、あはは……」

提督「ほら、こっちこいって。あったかいぞ?」ギュッ

吹雪「わわっ!」

提督「ほら、こっちの方があったかいだろ?」

吹雪「は、はい…………っ!?」

提督「あいつもうるさいよな。重婚出来るんだから、他の艦娘とケッコンするのは仕方ないじゃないか」

吹雪「あ、あの!」

提督「なんだ?」

吹雪「少し用事があるので失礼しますね!では!」ダダダダ…

提督「……?あんなに焦ってどうしたんだ?何か怖いものでも……」クルッ




大井「……」





提督「」

大井「……私がいなくて、随分楽しそうでしたね、提督?」ニコッ

提督「い、いや!あれは違うんだ!吹雪がな!」

大井「……」カチッ

『ほら、吹雪もこっちこいよ』

『全く、大井がいると気が休まんねえよな。他の艦娘と話するだけでも機嫌悪くなるし』

『あいつもうるさいよな。重婚出来るんだから、他の艦娘とケッコンするのは仕方ないじゃないか』




提督「……あの」

大井「はい♪」

提督「優しく……お願いします」



意味:こわい人やきびしい人がいない間に、ゆっくりくつろぐこと


16 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:32:59.36 ID:yOnO/D9p0

『開けて悔しき玉手箱』


Z1「提督、5時間だって」

提督「何ぃ!?マジか!」

Z1「うん。妖精さんが言ってたから間違いはないよ」

提督「やったぜ。」

Z1「どうしたの?」

提督「やっとビスマルクが来てくれそうだ……!」

Z1「本当?それはうれしいな。レーベもきっと喜ぶよ」

提督「そうだろうそうだろう!よっしゃ!妖精さんに高速建造材使うように言ってきてくれ!」

Z1「うん!」スタタ…

提督「やっと、やっとか……長かった……」




ボンッ

陸奥「長門型戦艦二番艦の陸奥よ。よろしくね」




提督「……」

Z1「あ、あの、提督?」

提督「まあ、そうなるな……」

陸奥「ちょ、ちょっと、少しは反応してよ!」



意味:期待がはずれてがっかりすること

17 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:37:25.04 ID:yOnO/D9p0

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』――――山本五十六



オナニーってどうやるの?脈絡なく、そんな疑問をぶつけられた。
やり方もわからないなら、溜まって仕方あるまい。俺は尊敬する提督の言葉を思い出しつつ、レクチャーをしてやることにした。

「まず、エッチな本を用意するだろ?」

「う、うん……」

俺の一言一言を聞き逃さないようにだろうか、とても真剣な顔をしているのがわかる。
卑猥な話をしているので、正直なところもっと軽い感じで聞いてほしかったのだが……

「そして……自分のモノを出すわけだ」

恥ずかしいか恥ずかしくないかと言われればもちろん恥ずかしい。だがしかし、部下の教育も自分の役目だと思っている。俺が恥ずかしがってはいけない。
ズボンをおろしモノを出すと、初めて他の人のモノを見たからだろうか、目を大きくしているのがわかった。

「うわぁ……提督の、おっきいんだね」

「そ、そうか?」

「うん……」

「そ、そんなに見るな。……で、エロ本を読みつつこれを扱く……こんな感じでな」

エロ本の内容はあまり入ってこない。とにかく気恥ずかしい。早く終わらせたい。

「……っ」ゴクッ

「……はい、終わり。まだ終わってないけど、これを続ければスッキリするから。……ズボン履くぞ」

まだまだこれからという時にモノをしまう。正直部下の前で抜くというのはキツイものがあった。
部屋に帰ったらすぐ抜こう。そんなことを思いつつ、俺は正面を向く。

「…わかった?」

「…うん。わかった。すごかったよ」

「じゃあ、見ててやるからお前もやってみろ。」

「ええっ!?」

「恥ずかしいことはないぞ。……男同士だし………な、最上」





最上「は?」


18 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:45:22.25 ID:yOnO/D9p0

――――――――――――


最上「え!?じゃあ、僕のことずっと男だと思ってたの!?」

提督「もうお嫁にいけない……」グスッ

最上「それは僕の台詞だよ!おかしいと思ったんだ、ちょっと聞いただけなのにやって見せるなんて言って」

提督「恥ずかしい……死にたい……」グスグス




最上「…そんなに、かな」

提督「え?」

最上「そんなに男っぽく見えるかな、僕」

提督「いや、最高に可愛いと思ってたぞ実は!」アセアセ

最上「男にしては、でしょ?」ジトッ

提督「うぅ……すまなかった」

最上「……」

提督「でも可愛いと思ってたのは本当だって!マジでマジで!」

最上「……もういいよ。許す」

提督「ああ、ありがたやありがたや……」

最上「……ところでさ」

提督「ん?……うわっ!」

ドサッ

提督「な、何を……」





「……」シュル


「女の子のやり方、結局どうすればいいかわからないんだ」シュル


「ねえ提督……教えてよ。さっきみたいに、実演して、さ」パサッ



おわり

19 名前: ◆3UO.XRpYJ2[saga] 投稿日:2015/02/19(木) 21:49:01.45 ID:yOnO/D9p0

短くて申し訳ありませんが、書き溜めがなくなったのでこれで終わりです。
今回はあ行の言葉をググりましたが、意外とたくさんことわざがあって驚きました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド「ここにポケモンがおるじゃろ?」ボーボボ「ピカチュウ」