暁「カレーが美味しくなるボーキサイト、絶対手に入れるわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「あえて龍田をいじりたい」天龍「えっ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:30:13.04 ID:UWYluMcK0

響「・・・・・・」

響「・・・・・・」

響「・・・・・・・・・」





提督「・・・・・・」

扶桑「・・・・・・」


2 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:36:42.14 ID:UWYluMcK0


― 1972年9月16日、ウラジオストク沖・カラムジナ島岸 ―


響『・・・・・・』

ロシア人『Огонь! (撃て!)』ヒュー





ズガァーーーーーン!!





響『』ゴボゴボ






3 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:42:33.45 ID:UWYluMcK0

響『・・・・・・』

提督『今日から我が艦隊に入ることになった、響だ』

提督『みんな、仲良くしてくれ』

暁『響ーっ!』

響『あ、暁』

暁『会いたかったわ!』

雷『これで暁型が揃ったわね!』

電『また姉妹で一緒に過ごせて、嬉しいのです!』

響『みんな・・・』

暁『これからもよろしくね? 響!』

雷『ここのことなら、雷に任せなさい!』

電『すぐに慣れるのです!』










響「・・・・・・」






4 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:49:27.93 ID:UWYluMcK0

暁『じゃあ、第六駆逐隊結成を祝って!』

雷『掛け軸を作りましょう!』

電『なのです!』

響『うん』

暁『もちろん、達筆な暁が書くに決まっているわよね!』

雷『何言っているのよ! ここは雷でしょ!』

暁『暁よ!』

電『な・・・の・・・で・・・す・・・!・・・・・・っと』カキカキ

響『ふふ・・・』










響「・・・・・・」





掛け軸『』





響「・・・・・・・・・」






5 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:55:06.99 ID:UWYluMcK0

暁『やっぱりみんなで作ったご飯は美味しいわね!』

電『なのです!』

雷『みんなで食べると、凄く楽しいわ!』

響『そうだね』

暁『あれ? 暁のエビフライが1つ足りない!』

雷『え? 知らないわよ』

暁『雷が食べたんでしょ!』

雷『なんでそうなるのよ!』

電『』モグモグ

響『あはは・・・』










響「」モグモグ

響「」モグモグ

響「・・・・・・」

響「・・・・・・」

響「・・・・・・・・・」






6 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 19:59:50.89 ID:UWYluMcK0

暁『ほら、響。ちゃんと頭洗いなさい』

響『髪が濡れるのは、あまり好きじゃないな』

暁『そんなこと言わないの』

暁『暁が優しく洗ってあげるから』

響『うん』

電『はわわ!』ツル    ドシン

雷『電!? 大丈夫!?』










響「」シャー・・・

響「」キュッ

響「・・・・・・」

響「・・・・・・・・・」






8 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 20:09:59.88 ID:UWYluMcK0

暁『いよいよ今年もカレー大会が始まるわね!』

雷『頑張らなくちゃ!』

電『あ、間宮さんから聞いた話によると』

電『カレーが美味しくなる、幻のボーキサイトがあるらしいのです!』

雷『良いわねそれ!』

暁『早速見つけるわよー!』

雷『司令官に遠征の相談しましょう!』

電『なのです!』

響『хорошо (ハラショー)』










響「・・・・・・」






9 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 20:19:45.26 ID:UWYluMcK0

扶桑『提督、大変です!』

扶桑『遠征に出かけた、第六駆逐隊の子達が・・・!』

提督『何!?』










タ級『』ズガァーーン

ネ級『』ダァーーン

駆逐棲姫『』ドガン





暁『くっ・・・!』

雷『援軍はまだなの!?』

響『なんとか持ちこたえて・・・!』

電『響ちゃん! 危ないのです!』バッ

響『え・・・・・・』





ズガァーーーーーーン!!










響「・・・・・・」

響「・・・・・・」

響「・・・・・・・・・」






10 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 20:28:11.12 ID:UWYluMcK0

扶桑『・・・ただいま帰投しました』

扶桑『響ちゃんは、緊急事態につき、至急入渠させました』

扶桑『獲得資源、皆無』

扶桑『損害は、響ちゃんを除く3隻の駆逐艦が』

扶桑『轟沈』





扶桑『遠征、失敗です・・・・・・』










響「・・・・・・」

響「・・・・・・」

響「」ツー・・・

響「う・・・うぅ・・・」ポロポロ

響「みんなぁ・・・・・・!」ポロポロ

響「ふぐっ・・・うぅ・・・!」ポロポロ





響「・・・・・・」

響「もう一度・・・みんなに・・・」










響「会いたい・・・・・・」






12 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 20:43:02.34 ID:UWYluMcK0

響「...zzz」

暁「響! もう朝よ! 起きなさい!」

響「んぅ・・・?」

雷「ほら、起きて。顔洗って、朝ご飯食べに行きましょう?」

電「今日も良い天気なのです!」

響「え・・・あれ・・・・・・?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/17(火) 20:56:05.10 ID:UWYluMcK0

暁「響? どうしたの?」

暁「早く行きましょう?」

響「・・・・・・」

響「(夢・・・だったんだ・・・)」

響「(良かった・・・)」

暁「どこか具合悪いの?」

響「ううん、大丈夫」

響「さ、行こうか」

雷「今日も良い1日になりそうわね!」

電「お日様が気持ち良いのです!」

響「ふふ・・・・・・」





響「そうだね」

雷「えぇ!」

電「なのです!」

暁「そうね!」



















暁「・・・・・・」

雷「・・・・・・」

電「・・・・・・」





扶桑「・・・・・・」

山城「・・・・・・」

最上「・・・・・・」

満潮「・・・・・・」

時雨「・・・・・・」





――― 終 ―――



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝日の昇る頃に