ヲ級「ヲヲッ!」芳佳「エビみたいで美味しいね!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「……裸で外に出てみたい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 00:56:20.11 ID:SccYcx400

那珂「艦隊のアイドル、那珂ちゃんだよー」

美緒「が、眼帯のアイドル…美緒ちゃんだよ…」

那珂「そんなんじゃ全然ダメだよ!アイドルはもっとキラキラしていないと、トップにはなれないんだから!!」プンプン

美緒「すまない…だがしかしこれ以上は私のプライドが」

那珂「今は軍人じゃなくてアイドル!」

那珂「今度は歌やるよ?いい?」

美緒「あ、あぁ…」

那珂「恋の2-4-11ハートが高鳴るの?♪」

美緒「入渠しても治まらない どうしたらいいの?」キリッ

那珂「ちーがーうー!そこは、キリッじゃなくてニコッだよー!」

美緒「(はぁ…一体朝の鍛錬はどこへ行ってしまったのだ)」

ペリーヌ「(あの女…少佐に生意気な口を聞いて…!!)」グヌヌ

2 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 00:56:42.51 ID:SccYcx400

続きの続き

3 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 00:57:08.63 ID:SccYcx400

〜数日前〜

ヲ級「少佐、少佐」クイクイ

美緒「花子!どうかしたのか!?…そうか、遂にこのデリケートゾーンの部分がない水練着を着てくれるようになったか!」

ヲ級「ソレハネーヨ」

ヲ級「オ客サン来テル」

美緒「珍しいな。通してくれ」

ヲ級「ドウゾ」ガチャ

那珂「プロデューサー!やっと会えた!!」

美緒「お前は…!」

那珂「那珂ちゃん、扶桑からロマーニャまで頑張って一人で来たんだから!!」

美緒「誰だ?」

那珂「」コケッ

那珂「艦隊のアイドル那珂ちゃんだよ!」

美緒「あ…あぁ!あの時のホームレスまがい!」ポン

那珂「合ってるけど違うよ!!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 01:03:06.52 ID:SccYcx400

〜扶桑にて〜

美緒「うむ、今日も良い天気だ」テクテク

那珂「」グッタリ

美緒「どうした!?」

那珂「うぅ…ここどこ?お腹、へった」グー

美緒「これを食え。私お手製おにぎりだ」スッ

那珂「モグモグ…しょっぱい。でも」

那珂「那珂ちゃん、パワーアーップ!!」シャキ-ン

美緒「お、おう…元気になってよかった」

那珂「誰だかわかんないけど、ありがとー!それじゃ」

美緒「む」

美緒「待て」ガシッ

那珂「ヒイッ!枕営業はお断りだよぉ!」

美緒「お前、今度ウチに来ないか?ウィッチ適性があるかもしれん。いい眼をしている」

那珂「ウィッチ?那珂ちゃんはアイドルだよ?」

美緒「気が向いたらここに来い。そこで待ってる」サラサラ

那珂「あ、話全然聞いてないや」

美緒「では失礼する」バタン

那珂「行っちゃった…ハッ!」

那珂「(ひょっとするとこれは、もしかしてスカウト!?)」

那珂「提督…鎮守府の皆…私、遂に本物のアイドルになれるよ…!」ウルッ

5 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 01:05:49.88 ID:SccYcx400

ーーー
ーー


那珂「と言うことがありまして、那珂ちゃんははるばるやって来たのです」

美緒「それは長旅ご苦労さんだった」

ヲ級「オ茶ドウゾ」スッ

那珂「ありがとーって深海棲艦!?」

ヲ級「ヲヲッ!?」

美緒「501のマスコットだ。何も驚くことはない」

那珂「(何で深海棲艦かマスコット…?アイドル事務所って良くわかんないよー)」

那珂「それで、事務所の社長はどこですか?」

美緒「事務所?ここは軍基地だが…それに社長ではないぞ?」

那珂「あ、そうそう!軍基地!軍基地の一番偉い人を呼んで欲しいの」

那珂「(成程、この業界では事務所のことを軍基地って言うんだね)」

美緒「ちょっと待ってろ」タッタッ

那珂「いきなりソロデビューなんてしちゃったらどうしよ!キャー!!」ジタバタ・

ヲ級「ウルサ…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 01:07:27.71 ID:SccYcx400

ミーナ「で、今度はアイドルですか…」

那珂「若くて綺麗な社長さんだね」ヒソヒソ

ヲ級「ヲッ」ヒソヒソ

ミーナ「!!」

ミーナ「まぁまぁまぁ!ほんとにそう思ってる?」

那珂「那珂ちゃん嘘つかないもん!」

ミーナ「那珂ちゃんさんだっけ、貴女のアイドルへの道は任せて頂戴。立派なアイドルに育ててみせるわ!」

那珂「ホントですか!?」

美緒「いや、私はウィッチ適性があると思って…」

ミーナ「坂本少佐…いえ、坂本プロデューサー。那珂ちゃんさんを一流のアイドルに育て上げなさい。これは命令よ」

美緒「ちょっと待てミーナ」

ミーナ「社長と呼びなさい」

美緒「え、えぇ〜」

那珂「よろしくおねがいします!プロデューサー!」ペコ

美緒「(え、エラいことになった…)」

7 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 01:11:37.16 ID:SccYcx400

美緒「それで、私は何をすればいいんだ?」

那珂「立派なアイドルになるためにプロデュースお願いします!」

美緒「ぷろぢゅーす…?」

ヲ級「ぷろでゅーす、ダヨ。歌唱力トカ踊リノ技術トカヲ教エテアゲルノ」

那珂「」ワクワク

美緒「具体的には…?」

ヲ級「基礎体力ヲツケルノガ一番カモ」

美緒「基礎体力か…それなら訓練だ!訓練でしっかり汗を流しアイドルというものを磨くんだ!」

那珂「はい!それで、訓練と言うのは…」

美緒「ひたすら走れー!」

那珂「えぇーっ!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:00:05.50 ID:SccYcx400

〜数分後〜

那珂「ハァ…ハァ」タッタッ

美緒「ほぉ、中々スタミナはあるんだな」

芳佳「坂本さーん、今日の訓練は…」

美緒「…あぁそうだったな。今日はこの木刀を使って素振り1000回だ」

芳佳「わかりました」

那珂「ハァ…ハァ」タッタッ

美緒「よーし那珂、良くやった。次は腹筋100回だ」

那珂「ちょ…ちょっと休憩を…」ゼイゼイ

美緒「3分だけだぞ」

芳佳「やっ!せいっ!」ブンブン・

美緒「宮藤ー、今何回だ?」

芳佳「多分…100回くらいだと…思います」ブンブン

美緒「そうか」

11 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:12:25.40 ID:SccYcx400

那珂「プロデューサー、次は何するんですか?営業とか?」

美緒「お前もこれをやれ」つ木刀

那珂「え…木刀?」

美緒「そして、こんな風に…!」ブンッ

美緒「はっはっは!はっはっは!」ブンッ

美緒「さぁ、お前も腹から声を出して素振り1000回だ」

那珂「は、はい」

ミーナ「坂本プロデューサー、どう?しっかりやってるかしら?」

美緒「ミー…社長、あぁ勿論。まだ始まったばかりだが立派なアイドルとやらに仕立て上げて見せるぞ」

ミーナ「頼もしいわぁ」

美緒「ところで、アイドルってなんだ?」

ミーナ「さぁ?」

那珂「はっはっは!はっはっは!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:16:39.09 ID:SccYcx400

那珂「もぅ…手が上がらない」バタン

美緒「よく頑張った。ではこれでお終いにしてもらうぞ」

那珂「えー明日もお願いー」

美緒「私はお前だけのプロデューサーじゃない、軍人だ。人々の平和が最優先なんだ」

美緒「それでも続けたいというのなら、勝手にしろ」

那珂「…はぁい」

〜次の日〜

那珂「」タッタッタッタッ

芳佳「那珂ちゃん、凄い走ってる…」

美緒「…」

〜また次の日〜

那珂「フッ!フッ!」グッグッ

リーネ「那珂ちゃん…」タッタッ

美緒「…」

〜またまた次の日〜

那珂「あの…バルクホルンさん」

バルクホルン「お前は…」

エーリカ「ナカだっけ?少佐を頼ってはるばる扶桑から来たっていう」

バルクホルン「そうなのか。で、私に何か用か?」

那珂「効果的な鍛錬を教えて欲しいの!筋肉を鍛えるならバルクホルンさんに聞けと言われて」

バルクホルン「そうか。どこを鍛えたいのか教えてくれ」

那珂「えっと…」

美緒「…」チラ

14 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:36:24.97 ID:SccYcx400

美緒「那珂…」

那珂「プロデューサー、どうしたんですか?」

美緒「お前のガッツはよくわかった。少しだけなら私もまた協力しよう」

那珂「ホント!?」

美緒「但し、宮藤やリーネの訓練を優先させてもらう。お前はそのあとだ。だからと言って手は抜かないからな。覚悟しておけ」

那珂「はいっ!」

〜数日後、食堂〜

美緒「あーでもないこーでもない」ブツブツ

芳佳「坂本さんずっと独りごと言ってどうしたんだろう?」

リーネ「那珂ちゃんを立派なアイドルにするために孤軍奮闘してるみたいだよ」

芳佳「あい…どる?」

リーネ「歌を歌ったり踊ったりして皆を笑顔にさせる仕事みたい。ちょっと憧れちゃうなぁ」

芳佳「(リーネちゃんなら巨乳アイドルだね)」フンス

15 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:38:06.62 ID:SccYcx400

シャーリー「あー腹減った〜」

ルッキーニ「今のはぜーったいシャーリーの勝ちだった!」

島風「今のは私の勝ちだったもん!!」

シャーリー「はいはい、二人共仲良いのはわかったからこれくらいのことで喧嘩するな」ポン

ルッキーニ「べー!」

島風「いーだ!!」

芳佳「三人とも仲良しだよねぇ」

リーネ「そうだねぇ」

那珂「プロデューサー!ご飯食べたらレッスンの続きやろう!続き!」

美緒「午後からは宮藤達の訓練が…」

那珂「えー」ブーブー

那珂「アイドルは待ってくれないんだよー、ねーおねがーい」

美緒「」ダンッ

那珂「!」ビクッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:38:40.52 ID:SccYcx400

美緒「いい加減にしろ!ここは最前線だ!前にも言っただろう!お前はウィッチ達のそのあとなんだ!!そこまでアイドルというのをやりたいのなら独りでやれ!!」

那珂「…」

那珂「っ」ダッ

芳佳「那珂ちゃん…!」

美緒「放っておけ」

芳佳「でも、少し可哀想」

美緒「宮藤はアイツの肩を持つのか?一人の人間の夢を叶えるのと世界中の人間の平和とならどちらが大事なんだ!」

芳佳「…」

芳佳「どっちも大事だと思います」

美緒「何?」

芳佳「人っ子一人の夢も叶えられないのなら、世界中の平和なんて実現出来ませんから…」キリッ

リーネ「芳佳ちゃん…」

美緒「!!」ズギュ-ン

美緒「そう、だったな…私が間違っていたかもしれん」ダッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:40:19.02 ID:SccYcx400

〜海岸〜

ザザーン

那珂「やっぱり…那珂ちゃんにはアイドルなんて無理だったのかな」

那珂「グスッ…」

美緒「そこにいたのか」

那珂「プロデュ…坂本さん」

美緒「那珂…」

バッ

美緒「すまない!私が間違っていた!!」

那珂「ええぇぇぇ!!!???」

美緒「私はお前の本気に答えてやれない、ダメな教育者だ」

那珂「…那珂ちゃんもちょっとワガママだったかも」

美緒「那珂…」

美緒「二人で一からアイドルを目指そう!」

那珂「坂本さん…!」キラキラ

美緒「もう一度、私のことをプロデューサーと呼んでくれるか?」

那珂「…はい!プロデューサー!!」

エーリカ「…なんだこの茶番」

バルクホルン「言ってやるな…私の隣を見てみろ」

ミーナ「イイハナシダナー。゚(゚^ω^゚)゚。」

エーリカ「うわぁ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:41:03.63 ID:SccYcx400

それから

美緒「これが今日のメニューだ!」

那珂「はいっ!」

坂本プロデューサーと那珂ちゃんは

美緒「この振り付けどう思う?」

ペリーヌ「繊細かつ大胆で文句のつけようがありませんわ!坂本少佐にぴったりの振り付けです!!」

美緒「いや、那珂の為の振り付けなんだが…」

那珂「」タッタッタッタッ

美緒「うーむ…中々センスのある詞が書けんな」

エイラ「珍しいナ、少佐が唸ってるなんテ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:42:11.15 ID:SccYcx400

美緒「エイラか…そうだ、お前がもし歌詞を書くとしたらどんな感じにする?」

エイラ「私ならありのままに思ったことを書くナ。その方が伝わりやすい気がするんダ」

美緒「そうか。意見、感謝する」

那珂「フッ!フッ!」シュッシュッ

美緒「サーニャ、この詞に合うような曲を考えてくれないか?」

サーニャ「私がですか!?それならもっと適役が…」

美緒「いや、お前のセンスならきっと素晴らしい曲が仕上がるはずだ。頼む」

サーニャ「…わかり、ました」

美緒「(那珂、待っててくれ。お前が一流になるのもそう遠くはないぞ!)」

那珂「ワックスかける…ワックス拭き取る」

アイドル道を極めていったのであった

20 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:43:38.79 ID:SccYcx400

そして

サーニャ「」ピンポロピンポロ

美緒「そこ!ステップがずれてるぞ!」

那珂「はい!」

美緒「もう一度だ。サーニャ、頼む」

サーニャ「わかりました」ピンポロパンポロ

美緒「1、2!1、2!」

那珂「(なるんだ!絶対にトップアイドルになってやるんだ!!)」タンッ

ジャンッ!

那珂「…!!」

美緒「…出来たじゃないか」

那珂「やった…やったぁ!」

美緒「後は歌だな。私は歌に自信がないから訓練は社長にお願いしておいた」

那珂「はい!ありがとうございます!」

芳佳「みなさーん、差し入れでーす」

ヲ級「オ茶トオニギリ持ッテキマシタ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:44:42.14 ID:SccYcx400

美緒「おおすまんな」

ヲ級「ハイ那珂チャン」

那珂「ありがとー」

ヲ級「ハイさーにゃサン」

サーニャ「ありがと」

ヲ級「」テテテ

美緒「なぁおい、私の分は?」

芳佳「坂本さんのはこれですよ。どうぞ」

美緒「あぁ…ありがとう」

美緒「(花子から受け取りたかった…)」

ミーナ「あら、今は休憩かしら?」

那珂「社長!」

芳佳「社長?」

サーニャ「なんで…?」

美緒「社長、もう踊りは完璧だ。後は歌だけだからよろしく頼む」

ミーナ「まかせて頂戴。那珂ちゃんさん、それ食べ終わったらすぐに特訓に入るからね?それと、坂本プロデューサーにも歌は参加してもらおうかしら?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:45:18.49 ID:SccYcx400

美緒「何故…?」

那珂「はい!」

ミーナ「それと、宮藤さんちょっと…」

芳佳「何でしょうか?」

ミーナ「」ゴニョゴニョ

芳佳「ふんふむ…ええーっ!?」

ミーナ「来週までにお願いね?」

芳佳「了解…」

サーニャ「芳佳ちゃん、何だったの?」

芳佳「えっとね」ゴニョゴニョ

サーニャ「それは…来週が楽しみだわ」

ミーナ「はい、じゃあ発声練習から」

那珂「〜♪」

美緒「(見える…私には見えるぞ!お前が壇上で輝く姿が…!)」ホロリ

ミーナ「はい。じゃあ次は坂本プロデューサーも」

美緒「え!?いや、私はいい…」

ミーナ「はい」ニコォ

美緒「〜♪」

ミーナ「(フフフ…美緒、貴女にもなってもらうわ…眼帯のアイドル、美緒ぴょんにね!)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:45:53.25 ID:SccYcx400

〜時は戻って現在〜

那珂「えっ!明後日に初ライブ!?」

ミーナ「そうよ。観客はここの整備兵や付近の市民だけど」

那珂「〜!」プルプル

美緒「どうした那珂、腹でも痛いのか?」

那珂「いやったぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!!」

那珂「やったよ!これでついに私も一人前になれるんだね!!」ピョンピョン

美緒「えがったえがった」

ミーナ「美緒、貴女も出るのよ?」

美緒「は?」

ミーナ「いやだから、美緒も明後日のライブにアイドルとして参加するの」

美緒「いやいやいやいや待て待て待て待て、そんなこと聞いてない聞いてないぞ」

ミーナ「それじゃあ、那珂ちゃんさんと一緒にレッスン受けてたのは何の為だったと思う?」

美緒「まさか…!」

ミーナ「そう、そのまさか」

美緒「おいおいおい嘘だろ…」

那珂「」グッ

ミーナ「明後日のライブ、頑張ってね。美緒ぴょん♪」

美緒「ひぇぇ」


最初に戻る

24 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 20:46:55.59 ID:SccYcx400

おしまい

島風ってあんなに自由人だったっけ?(アニメ)

28 名前:前回と前々回[] 投稿日:2015/01/30(金) 22:59:58.10 ID:SccYcx400

美緒「妙なモノが釣れたんだが…」芳佳「食べましょう!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422239726/

ヲ級「ヲヲッ!」芳佳「帽子は食べても美味しい…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422287504/



29 名前:2本立てなんだぜ?[] 投稿日:2015/01/30(金) 23:57:57.86 ID:SccYcx400

〜早朝〜

美緒「はっはっは!はっはっは!」ブンブン

那珂「はっはっは!はっはっは!」ブンブン

美緒「お、いい振りになってきたな」

那珂「そう?美緒ちゃんのプロデュースがいいからだよぉ」ブンブン

美緒「み、美緒ちゃん…?」

那珂「折角ユニット組んだのに坂本さんだなんて堅苦しいよー。だから那珂ちゃんのことも那珂ちゃんって呼んで欲しいな☆」

美緒「…な、那珂ちゃん」

那珂「うん!美緒ちゃん!」

美緒「!!」

ペリーヌ「(な、何ですのあの女ー!!)」

リーンゴーン♪

美緒「お、もうこんな時間か」

那珂「那珂ちゃんがお腹ペコペコ〜」

美緒「あぁ、私もだ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 23:58:33.34 ID:SccYcx400

〜食堂〜

芳佳「あ、おはようございます」

ヲ級「ヲッ!」

美緒「宮藤!それに花子も」

那珂「おはよう芳佳ちゃん!ヲ級ちゃん!」

芳佳「おはよう那珂ちゃん」

ヲ級「ヲハー」

美緒「お、今日は和食か」

芳佳「はい!先日扶桑のお米が入ったんです!」

美緒「そうか!これは楽しみだ」

那珂「わ〜い!ご飯ご飯!」

美緒「では、私達はシャワーを浴びてくる」

那珂「オフいただきまーす」

美緒「行こうか、那珂ちゃん」

那珂「うん!美緒ちゃん」

芳佳「えっ!?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 23:59:11.19 ID:SccYcx400

リーネ「お、遅れてすみません!」

リーネ「って、あれ?芳佳ちゃん?」

芳佳「あ、リーネちゃんおはよう」

リーネ「ごめんね!今まで寝ちゃってて!」

芳佳「いいよいいよ〜。今日私、早く目が覚めたから」

ヲ級「ヨク寝テタヨ」

リーネ「////」

芳佳「リーネちゃん、早速なんだけど煮物器によそってくれる?」

リーネ「あ、うん!」

芳佳「花子は魚の火加減」

ヲ級「リョーカイ」

リーネ「今日は扶桑料理なんだね」

芳佳「久し振りに作りたくなってね〜。花子も食べたいって言ってたし」

32 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/30(金) 23:59:38.95 ID:SccYcx400

バルクホルン「おはよう宮藤、リーネ、ハナコ」

芳佳「あ、バルクホルンさんおはようございます」

リーネ「おはようございます」

ヲ級「ヲハヨウゴザイマス」

バルクホルン「ほぉ、今日は扶桑料理か」

芳佳「はい!腕によりをかけました」

バルクホルン「扶桑の朝食は理想的な栄養バランスだからな」

芳佳「皆さんのお口に合えば良いんですけど…」

バルクホルン「いや、宮藤の料理は万国共通の味だ。私が自身を持って推すぞ」

芳佳「えへへ、そんなぁ////」

バルクホルン「ああっ!」ズキュ-ン

芳佳「バルクホルンさん!?」

ヲ級「マタ病気カ?」ヒソヒソ

リーネ「多分…」ヒソヒソ

33 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:00:18.27 ID:TpmCERlg0

ミーナ「おはよう宮藤さん、リーネさん、ハナコさん」

芳佳「ミーナ中佐、おはようございます」

リーネ「おはようございます」

ヲ級「ヲハヨウゴザイマス」

バルクホルン「おはようミーナ」

ミーナ「おはようトゥルーデ、フラウは?」

バルクホルン「起こしたのだが…あと40分だと」

ミーナ「そ、そう…」

ミーナ「あら、今日は扶桑料理なのね」

芳佳「はい!お米とお味噌汁と納豆と焼き魚とぬか漬けです!」

ミーナ「楽しみだわぁ」

バルクホルン「…」

バルクホルン「(椅子が1つ多い…どういうことだ?)」

34 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:01:15.78 ID:TpmCERlg0

シャーリー「おーっす。お、今日は扶桑料理か」

芳佳「シャーリーさんおはようございます」

リーネ「お米炊けたみたいだよ」

ヲ級「後ハ蒸ラスダケダネ」

シャーリー「腹減ったぁ」

ミーナ「シャーリーさん、シマカゼさんの件どうなったかしら?」

シャーリー「そのことなんですけど、島風はどうも別の世界から来たみたいで…」

ミーナ「別の世界?」

シャーリー「今のところ帰る方法も見つからないし、ここにいさせてもいいですか?」

ミーナ「そうねぇ…まぁ、ルッキーニさんも喜んでるみたいだし構わないわよ」

シャーリー「ありがとうミーナ中佐!」

バルクホルン「それで、2人はどうしたんだ?」

シャーリー「ルッキーニは多分森で寝てると思うけど、島風は…」・

バルクホルン「お前の部屋で寝ていないのか?」

シャーリー「あぁ、アイツもかなりの自由人なんだよ」

バルクホルン「そうか…大変だな」

シャーリー「バルクホルン…!」

バルクホルン「…ふん」

35 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:12:47.66 ID:TpmCERlg0

ペリーヌ「離しなさい!」

島風「なんでー?」

ペリーヌ「歩きにくいん、ですの!!」ズリズリ

島風「おーそーいー」

ペリーヌ「なら離れなさいっ!!」

芳佳「あ、ペリーヌさんおはようございます」

シャーリー「島風!どこいってたんだよ!」

島風「ペリーヌさんのところー」

ペリーヌ「シャーリーさん!飼い主ならちゃんと面倒見てくださる!?」

島風「島風ペットじゃないもん!!」

シャーリー「いやぁ…はは、善処するよ」

ペリーヌ「スンスン…あら、今日は扶桑料理なのですわね」

芳佳「はい!ペリーヌさんの大好きな納豆もありますよ?」

ペリーヌ「だれがあんな腐った豆が好きだと言いましたか!?全く…上官に対して無礼がなっていませんわ!」

芳佳「あ、ペリーヌさん中尉でしたね。そう言えば」

ペリーヌ「なっ!!!!」

島風「むふふ、どんまい」

ペリーヌ「おだまりっ!!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:22:38.79 ID:TpmCERlg0

エーリカ「ふわぁ…おっはよ〜」

バルクホルン「ハルトマン!いい加減に起きろ…ってもう起きてるのか」

エーリカ「ちゃんと自分で起きましたっ!」

バルクホルン「そうか…すまない」

ミーナ「ふふ、トゥルーデのおっちょこちょい♪ 」ツン

バルクホルン「!?」ゾクゾクッ

エーリカ「え、ミーナどしたの…?」

エーリカ「おお、扶桑料理じゃん!」

芳佳「美味しいですよ〜♪」

リーネ「後はルッキーニちゃんと、坂本少佐が戻ってくるだけだね」

ヲ級「えいらトさーにゃんハ?」

芳佳「2人は哨戒明けだからもう少し寝かせてあげて」

ヲ級「ワカッタ」

エーリカ「お芋ある?」

芳佳「それはお昼ご飯で」

エーリカ「はーい」

37 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:23:04.77 ID:TpmCERlg0

ルッキーニ「いいにおいしゅる〜」

シャーリー「ルッキーニ、今起きたのか」

ルッキーニ「シャーリーおはよー」

島風「ルッキーニちゃん!起きるのおっそーい!」

ルッキーニ「うじゃ!シマカゼ…!」

ルッキーニ「つ、次は絶対負けないもん!」

島風「どうかなー?もう今日からシャーリーさんのベッドで寝るから起こしてもらえるもんね〜!」

ルッキーニ「ずるい!シャーリー!あたしも起こしに来て!!」

シャーリー「いや、それならお前も部屋で寝てくれよ」

リーネ「…そろそろ運んでいこっか」

芳佳「えーと…椅子の数は1、2、3」

ヲ級「ウワ…魚一匹焦ガシチャッタ。マァ少佐ノデイッカ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:37:47.85 ID:TpmCERlg0

美緒「エイラとサーニャ以外は揃ったのか」

那珂「皆が那珂ちゃんのことを見てる…!」

美緒「那珂ちゃん、早く席につこう。皆が待ってる」

ミーナ「!?」

那珂「そうだね」

ミーナ「み、美緒…?」

美緒「どうした、ミーナ」

ミーナ「今…その、那珂ちゃんって」

美緒「あぁ、私達はユニットを組んだからな。絆の証だ」

那珂「レコードはうっはうはだったね〜!」

美緒「まさかロマーニャにあれほどのファンがいたとは…」

芳佳「はいこれ、坂本さんと那珂ちゃんの分です」

美緒「すまない宮藤」

那珂「料理運んでくれるなんて、VIP待遇だねぇ♪一流のアイドルの証かな?」

ヲ級「イイカラダマッテスワレ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:38:18.94 ID:TpmCERlg0

ミーナ「では、揃ったところでいただきます」

一同「いただきます」

ワイワイ

芳佳「あぁ…自分で作って言うのもなんだけど、扶桑の実家を思い出すよ」

リーネ「芳佳ちゃん、この煮付け美味しいよ」

芳佳「ありがとうリーネちゃん」

「宮藤さん、おかわりお願いします」

芳佳「あ、はーい」

ルッキーニ「よしかー、こっちもご飯おかわりー」

島風「なっ!」

ルッキーニ「にひぃ」

島風「ま、負けないもん!」

シャーリー「こーら、朝食くらいゆっくりたべろ」

るきぜか「は〜い」

ペリーヌ「…」

ペリーヌ「ダメですわ…どうしてもこの臭いが」

那珂「えー?納豆は身体にいいんだよ?アイドルは毎日納豆食べるよ〜」

ペリーヌ「わたくしはアイドルというものではありません!」

那珂「ひう」

40 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 00:39:01.38 ID:TpmCERlg0

美緒「一度口にすればきっと旨さがわかる。何事もチャレンジだ」

ペリーヌ「は、はい!!!」

ペリーヌ「…」パク

ペリーヌ「…あら、意外と」

美緒「おお!流石だな」ナデナデ

ペリーヌ「あはぁ…////」

「宮藤さん、おかわり大盛りで」

芳佳「はーい…って、貴女どなたですか!?」

一同「!?」

???「へ?どうかしましたか?」モグモグ

バルクホルン「どうしたもこうしたもない!何者かだ貴様!!」

ミーナ「返答次第ではタダじゃすまないよ…朝食中だけど」

???「朝食くらい静かにしましょう。折角宮藤さんが作ってくれたのですから」

バルクホルン「先ずは箸を置き名を名乗れ!」

???「名前ですか?私は…」

「航空母艦、赤城です」

41 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/01/31(土) 08:46:45.03 ID:TpmCERlg0

おしまい

501のエンゲル係数がどえらいことになるね



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「今週は彼女と旅行だから無理だ」ハルヒ「はぁ!?」