北上「大井っち? あぁ、ウザい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒ・・・昨日風呂入った?」

ツイート

1 名前: ◆47gaNFJlIw[sage] 投稿日:2015/01/19(月) 00:24:11.25 ID:2DOLq6b8o

百合(女提督)、下品なネタ、キャラ崩壊注意

2 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:24:41.72 ID:2DOLq6b8o

提督「うざいはないでしょ北上」

北上「いやうざいって」

提督「あんなに仲がいいのに」

北上「仲いいからだよ。あたしに色々ちょっかいかけてくるくせに、提督にも裏切ったらどうだの言ったんでしょ?」

提督「言われたわねケッコンするときに」

北上「どっちが好きなんだって話よ。提督だって気になるでしょ?」

提督「気にならないと言えば嘘になるけど」

北上「そういうのハッキリさせずにグズグズしてるとこがうざいってこと」

提督「うざいとまでは言わないけど、決めてほしいという思いはあるわね」

北上「でしょ?」

3 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:25:15.27 ID:2DOLq6b8o

提督「でも大井の気持ちがわかるまで我慢するんでしょう?」

北上「いや〜キスくらいならいいかなって」

提督「だめ。絶対に歯止めきかなくなるから」

北上「ほっぺならいいよね?」

提督「ほっぺならね」

北上「へへ〜ほっぺにちゅ〜っと見せかけて唇にど〜ん!」

提督「そうくると思ったわよ」

北上「んにっ、ガード固いんだからもう。だけどスーパーを超えて、ハイパー化した北上様の力をなめるな〜!」

提督「ちょっ、舐めてるのは北上でしょ! こらっやめなさいくすぐったい!」

4 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:25:44.39 ID:2DOLq6b8o

大井(北上さんと提督のこと覗いてたら私のことうざいって言っていちゃついてた)

大井「……死のう」



木曾「なんだ? 工廠の方が騒がしいな」

大井「離してください! 私は解体されるんです!」

妖精「やめてください〜!」

木曾「大井姉が騒いでる……はじまったか……」

木曾「どうしたんだよ大井姉?」

妖精「木曾さん! 大井さんが自分を解体するって言ってきかないんです! 何とかしてください!」

木曾「そいつは穏やかじゃないな」

5 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:26:14.61 ID:2DOLq6b8o

大井「私にはもう生きる価値がないのよ〜!」

木曾「大井姉、ちょっと落ち着いて」

大井「落ち着いてなんかいられるわけないでしょうが〜!  私は一刻も早くこの世から消えなきゃならないの〜!」

木曾「待って暴れるなって、くそっ! いい加減にしろ!」

大井「はぐっ!」

木曾「峰打ちだ安心しな」

妖精「いっそのことそのまま斬ってしまった方が、木曾さんのためになったかもしれませんけどね」

木曾「そう言うな。ちゃんと言い聞かせとくから勘弁してやってくれ」

妖精「どっちがお姉さんかわかりませんね」

6 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:26:42.18 ID:2DOLq6b8o

大井「はっ! ここは天国? マイエンジェル北上さんはどこ!?」

球磨「ちょっと強く叩きすぎたんじゃないかクマ?」

多摩「いつもこんな感じにゃ」

木曾「元気そうで何よりだ」

大井「姉さん達に木曾? みんなも天に召されてしまったの?」

球磨「まあ一回召されてるとも言えるクマ」

多摩「そんなに煩悩まみれで天に逝けると思ってることに驚きにゃ」

木曾「残念ながらまだ地上だよ」

7 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:27:15.99 ID:2DOLq6b8o

大井「なんで止めたの木曾!」

木曾「止めるに決まってんだろ」

球磨「勝手に解体されましたとか言ったら球磨達の監督責任になるクマ」

多摩「多摩達が提督に怒られるにゃ。とばっちりはいやにゃ」

木曾「球磨姉、多摩姉……」

大井「私にはもう生きる価値がないのに!」

木曾「何があったのか話してくれよ」

球磨「どうせ北上に悪口言われたとかクマ」

多摩「北上のことになると大井は大袈裟ににゃるからにゃ」

大井「北上さんが私のことうざいって」

多摩「予想的中にゃ」

8 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:27:47.67 ID:2DOLq6b8o

球磨「何がうざいって言われたクマ?」

大井「提督とどっちが好きなのかハッキリしないとこ」

木曾「あぁ?」

大井「どっちが好きかはっきりしないからうざいって!」

球磨「う〜ん、それは球磨もちょっと考えてたことクマ。どっちが好きなんだろうって」

木曾「どっちも好きなんじゃないのか?」

大井「そうよ! どっちも愛してるわ!」

球磨「でもそれはあまり健全じゃないクマ」

大井「どこがですか! 世の中には多夫多妻制を取っている国もあります!」

多摩「ここは日本にゃ」

球磨「提督だって日本で生まれて日本の道徳を学んで生きてきたクマ。受け入れられる可能性は低いクマ」

10 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:28:21.93 ID:2DOLq6b8o

木曾「それ以前に三人とも女だってことへのツッコミはないのか?」

球磨「それは別に問題じゃないクマ」

多摩「今はセクシャルマイノリティも保護される時代にゃ」

大井「時代は変わったのよ木曾」

木曾「お、おう、なんか釈然としないがわかった」

球磨「大井、提督にしておくクマ。北上はお姉ちゃんクマ。さすがにそれは保護されないクマ」

多摩「お姉ちゃんって言っても血が繋がってるわけじゃないにゃ。ならなんの問題もないにゃ」

球磨「繋がってなくとも姉妹同士の恋愛なんてお姉ちゃん認めんクマ!」

多摩「お姉ちゃんなら妹達の恋の応援するにゃ!」

木曾「お、おい球磨姉多摩姉……」

11 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:28:49.86 ID:2DOLq6b8o

球磨「大井には提督がお似合いクマ!」

多摩「北上とのコンビが一番似合ってるにゃ!」

球磨「コンビじゃなくて恋人の話してるクマ!」

多摩「そんなのわかってるにゃ!」

木曾「ああもう今度はこっちかよ! 大井姉! 解体とかアホなこと考えるないで自分の気持ち見つめ直しといてくれ! おい二人とも!」

大井「私の気持ち……」



大井「どっちも好きじゃだめなのかしら……」

龍田「何が〜?」

山城「大井さんなにか元気がなさそうですね」

比叡「なにかあったんですか?」

千代田「千代田達に話してみてください」

筑摩「気分が楽になるかもしれません」

大井「皆さん……実は」

12 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:29:23.14 ID:2DOLq6b8o

筑摩「なるほど北上さんがそんなことを」

大井「私どうすればいいかわからなくて」

龍田「大井ちゃんはどっちが好きなの〜?」

大井「どっちも愛してます」

比叡「それは困りましたね」

山城「どちらも好きでは納得してもらえませんね」

千代田「例えば北上さんが沈みかけているとして、その状況で提督が撤退命令を下したらどうします?」

大井「北上さんを曳航して撤退しますけど」

筑摩「見捨てなければ一緒に沈んでしまうともしても?」

大井「当たり前です! 例え一緒に沈むことになろうとも北上さんを見捨てるなんてあり得ません!」

13 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:29:50.09 ID:2DOLq6b8o

比叡「司令を悲しませることになっても?」

大井「そ、それは……」

龍田「そこが大事なところよ」

山城「提督と北上さんどちらを取ります?」

大井「私は……北上さんと一緒に沈みます」

千代田「答えは出ましたね」

筑摩「大井さんは提督より北上さんの方が好きなんです」

大井「北上さんの方が好き……」

比叡「大井さんならきっと北上さんを選ぶって信じてましたよ!」

龍田「あなたを信じてよかったわ〜」

天龍「待ちな!」

扶桑「その例え話はフェアではありません」

14 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:30:23.15 ID:2DOLq6b8o

金剛「イエス! 北上は命がかかっているのに提督はかかってまセーン」

千歳「それでは命がかかっている方を優先するのは当たり前です」

利根「不平等な例えで大井を混乱させるのはやめてもらおうかの」

大井「あ、あの?」

天龍「大事なことだからな確り考えねぇと」

龍田「じゃあどういう例えならいいの〜?」

扶桑「有りがちですが提督と北上さんが崖に捕まっていたとして、大井さんはどちらを引っ張りますか?」

大井「えっと、両方?」

金剛「片手しか使えなかったら?」

大井「片手だけですか?」

千歳「片方しか引っ張れません。この状況でどちらを助けますか?」

16 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:30:55.99 ID:2DOLq6b8o

大井「片方しか、う〜ん」

利根「何を悩む必要がある。北上は艦娘、提督は人間じゃぞ?」

大井「あっ」

比叡「どこがフェアな例え話なんですか!」

千代田「思いっきり提督有利じゃない!」

天龍「だが事実だろう?」

扶桑「提督は人間、それも女性です。艦娘に比べて脆くか弱いんです」

金剛「北上は大井が守らなくても十分強いデース。だけど提督は違いマス。守られるべきか弱い女性なんですヨー!」

大井「提督は守らなくてはいけない……」

17 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:31:26.08 ID:2DOLq6b8o

金剛「なんなら私が守りますけど?」

利根「何を言うておる金剛!」

天龍「裏切るつもりか!?」

金剛「私は大井と北上がくっついてくれた方が嬉しいんデース!」

比叡「私もよく考えると提督とくっついてくれた方が助かるような?」

山城「比叡さんまで!」

金剛「あれだけいつも北上北上言ってるんだから、大井は北上にバーニングラブなんです!」

比叡「いいえ、大井さんが好きなのは提督です! 司令が他の子の話をしたらわかりやすいくらい不機嫌になるじゃないですか!」

金剛「さっさとくっついて私に提督を渡しなサーイ!」

比叡「とっとと司令とくっついてください! そしたらお姉さまだって諦めます!」

龍田「あらあら〜裏切り者にはキツいおしおきしないとね〜」

天龍「金剛テメェ!」

18 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:31:57.19 ID:2DOLq6b8o

大井「あ、あの、私のことでそんなに争わないで」

利根「残念じゃが……あ〜そう、提督が関わっておる以上、お主だけの問題にはならんのじゃ」

筑摩「もう少し他の方の意見も聞きに行ってみてはどうでしょう?」

大井「あまり吹聴して回りたくはないのですが」

千代田「残念だけどもうみんな知ってるわよ」

千歳「青葉さんが触れまわっていますので」

大井「また青葉さんですか。はぁ、ならちょっと行ってきますよ」

扶桑「きっと提督を選ぶと信じていますよ」

山城「大井さんなら姉妹愛を取ると思っていますから!」

大井(なんかみんなの態度に違和感があるのだけど、とりあえず鎮守府内を回ってみましょう)

19 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:32:37.80 ID:2DOLq6b8o

阿武隈「提督のほうがいいよ! 北上さんは首狩ってくるから!」

鬼怒「北上さんの方がいいんじゃないかな? やっぱり姉妹の方が落ち着くと思うよ」

漣「断然北上さんです! ご主人さまはわざわざこんな女所帯の中に飛び込んできたんですよ? 女をとっかえひっかえするビッチに決まってます!」

曙「びっ……いや、クソ提督だけどそこまでじゃないんじゃない? 優しいとは思うわよ、私に優しくするくらいなんだし」

山雲「山雲は〜姉妹同士の恋もいいと思うんです〜」

朝雲「まあ慣れた人と一緒にいるのが一番なんじゃないでしょうか?」

雪風「しれぇは凛としていて素敵な方です!」

時津風「しれ〜はお料理上手だしお嫁さんにするのはいいと思う!」

ビスマルク「もう二人ともにしちゃえば?」

伊58「二人が私の翼でちとか言っとけばいいでちよ」

島風「五連装酸素魚雷返して」

20 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:33:09.47 ID:2DOLq6b8o

大井「ああ、私はどうすれば」

木曾「まだ悩んでんのか大井姉」

大井「木曾……みんなに意見を聞いてみたけどまだ決まらないの」

木曾「そんなにむずかしいか?」

大井「難しいわよ! 私は北上さんも提督も愛してるの! どっちかなんて選べないわ!」

木曾「なんだもう決まってるじゃないか」

大井「えっ?」

木曾「提督と北上姉の両方が好きなんだろ? それが大井姉の答えじゃないか」

大井「だって北上さんは決めろって」

木曾「それは北上姉の言い分だろ? 大井姉は北上姉の言うことなんでも聞くってのか? 自分の想いも全部抑えつけて?」

大井「っ!」

21 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:33:40.10 ID:2DOLq6b8o

木曾「そいつも一種の愛の形かもしれねぇけど、オレはそれこそ不健全だと思うぜ」

大井「私の想い……」

木曾「北上姉にも大井姉にも、提督にだってそれぞれの考えがある。意見が対立したならそいつを戦わせて納得いくまで話し合ってみろよ」

木曾「その結果としてどっちかを選ばなきゃならなくなったなら悩めばいいし、もしかしたらどっちも好きで落ち着くかもしれねぇ」

木曾「どうなるにせよ、三人とも納得した上でのことなら素直に受け入れられる。そうだろ?」

大井「木曾……」

木曾「行ってこいよ。執務室で遊んでるみたいだぜ二人とも」

大井「ええ。ありがとうね木曾」

木曾「オレは姉さん達に幸せになってもらいたいだけさ」

大井「あなたが妹でよかったわ。愛してるわよ、妹として」

木曾「そいつはどうも。さっ、早く行きな」

大井「吉報を待っていなさい!」

木曾「おう。信じてるぜ大井姉がブレねぇってことをな」

22 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:34:09.81 ID:2DOLq6b8o

北上「ねえ知ってる? 掌へのキスは求愛を意味するんだってこと」

提督「ふ〜ん」

北上「あたしさっき掌にしたよね?」

提督「唇にするのを押さえて止めただけでしょ。ていうか舐めたし」

北上「舐めるともっと求愛してるってことなんだよ!」

提督「聞いたことないわね」

北上「ギブミーラーブ!」

提督「愛は求めるものではなく、与えるもの」

北上「違う! 愛はためらわないことさ!」

提督「あっ、こら、やめなさい」

北上「そして若さは諦めないことさ」

提督「そっちのときの愛は悔やまないことでしょ」

北上「悔やまないからいいの〜」

提督「今仕事中よ」

北上「胸のエンジンに火がついたから光の速さで一足お先にベッドへダッシュさ〜!」

提督「この力あなた本当にエンジンに火つけてるわね。やめなさいって!」

23 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:34:40.79 ID:2DOLq6b8o

大井「北上さん! 提督!」

北上「うおっ!」

提督「きゃあっ!」

大井(二人ともベッドに!? 間一髪のところだったわね)

北上「なに大井っち。今あたし忙しいんだけど」

大井「北上さん! 私は北上さんを愛しています!」

北上「お、おう、いきなりだね」

大井「だけど提督も愛してます!」

提督「直球すぎてちょっとはずかしいわね」

大井「私は二人を愛しているんです! どっちも大好きなんです!」

北上「ん〜、どっちも好きでもさ、順位的に言ったらどっちが好きとかないの?」

大井「どっちも同じだけ愛しています!」

24 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:35:17.76 ID:2DOLq6b8o

提督「同じだけだって好きなんだって」

北上「そっかぁ、今はかけっこでもみんな一位になる時代だもんね。そういうこともあるかぁ」

大井「北上さんと提督がはっきりしないでうざいと思うのはわかります! でも私の気持ちも聞いて――」

北上「ああ、あれね。あれ嘘」

大井「へっ?」

提督「大井が聞いてるのわかっててわざとああいう話してたのよ」

大井「な、なんでですか?」

北上「大井っちがあたしと提督どっちが好きなのかみんなで賭けてたんだ〜」

大井「かけ?」

提督「どっちが好きか聞いてみようって話をしてて、聞くだけじゃつまらないから賭けようってことになったの」

北上「そしたらどっかから青葉が聞きつけてね。どうせならみんなで賭けようって話になったんだよ」

提督「で、一芝居打ってみんなに説得の機会を与えたってわけよ」

大井「へ〜……」

25 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:35:46.59 ID:2DOLq6b8o

北上「や〜まさかのどっちも愛してるを貫き通して来たよ」

提督「ともすればどっちにも嫌われるかもしれなかったのに、大井は勇気のある子ね」

大井「お褒めいただきありがとうございます」

北上「んじゃあたし人のこと首狩り族扱いしたアホを沈めてくるね」

提督「私はビッチ呼ばわりしてくれた子を」

大井「その必要はありませんよ」

北上「ん?」

大井「私が勇気がある? 提督達には負けますよ」

提督「お、大井? なんで艤装を展開してるのかしら?」

大井「わざわざ提督と北上さんが動く必要はありませんよ」

北上「お、大井っち、魚雷発射管は人に向けちゃだめだっていつも言って――」

大井「人の恋心を賭けに使うようなアホのビッチ共は私が全員沈めますから」

26 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:36:19.52 ID:2DOLq6b8o

大井「ひどいです! 私がどれだけ悩んだと思ってるんですか!?」

提督「……」

北上「……」

大井「なんとか言ったらどうなんですか!」

北上「い、や、ほんとごめん、悪かった……」

提督「やりすぎました、反省してます……」

大井「ほんとにもう! 大体なにを賭けたんです?」

北上「他の子は間宮伊良湖券。あたし達は」

提督「どっちが先に大井とエッチするか」

大井「エッチ?」

北上「うん、エッチ」

大井「……っ! 〜〜〜っ!?」

提督「あら赤くなった」

北上「堂々と二股宣言するわりに初心な反応するねぇ」

27 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:36:49.26 ID:2DOLq6b8o

提督「二人とも好きならしょうがないわね」

北上「仲良く大井っちくびにキスするとしますか」

大井「ちくっ、あっ、ええっ!?」

北上「あたし右ね」

提督「私も右がいい」

北上「え〜、じゃあまた賭ける?」

提督「吸うならどっちの乳首がいいかって? あの子達答えてくれるかしら?」

大井「なななっ、なに言ってるんですか! そそ、そんな賭け許しません!」

北上「じゃあ交代にしよう」

提督「そしたら間接キスになるわね」

北上「乳首で間接キスとかあたし達練度高すぎだね」

提督「ケッコンしてるからね」

提督・北上「HAHAHA」

大井「二人ともほんとにビッチだった!?」

28 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:37:30.59 ID:2DOLq6b8o

提督「ビッチとは心外な。これでもまだ処女よ」

北上「その歳で処女もどうかと思うけどね」

提督「こっち系だから喪失の機会がなかっただけよ」

大井「そういう下世話な話を平然とできるなら処女でもビッチです!」

提督「だってさ」

北上「大井っちだって今さら純情ぶっても遅いぞ〜」

大井「もう、知りません!」

北上「ちょっと、どこ行くのさ〜」

大井「みんなにお説教しに行ってきます」

提督「お説教で済めばいいけどね」

北上「エッチしてからでいいじゃ〜ん」

大井「よくありません! だって、しちゃったら……」

提督「そっちにハマって説教しにいけなくなっちゃうか」

大井「〜〜〜っ!」

29 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:37:57.44 ID:2DOLq6b8o

北上「ならしょうがないな〜」

提督「こっちは散々焦らされて色々溜まってるんだから早めにね」

大井「終わったらするとは一言も――」

提督「しないの?」

大井「……先にはじめちゃいやですよ?」

北上「はいはい。最初は二人で大井っちにしてあげるって決めてたもんね」

提督「ね〜」

大井「い、行ってきます!」

大井(なんだか変な形になっちゃったけど、私の望むのところに落ち着いてよかった)

30 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:38:23.98 ID:2DOLq6b8o

天龍「ちっくしょ〜!」

龍田「負けちゃったわね」

金剛「どっちも持ってくとかずるいデース!」

比叡「私としては結果オーライなのですが」

木曾「だから言っただろ、大井姉はブレねぇんだって」

利根「まさか両方とはのう。どちらかに優劣をつけると思っておったのじゃが」

球磨「姉妹のよしみでちょっと渡すクマ」

木曾「やだね」

多摩「妹のくせに! 鬼! 悪魔!」

筑摩「木曾さん甘いものが好きだったんですか?」

千歳「一昨年のクリスマスにケーキを食べてから甘党になってしまったみたいで」

千代田「ああ〜なんか大声あげてたもんね」

31 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:38:51.52 ID:2DOLq6b8o

木曾「ふっ、これでオレは間宮伊良湖長者だぜ」

山城「賭けが外れるなんて不幸だわ」

扶桑「私達が賭けごとなんて土台無理だったのね」

木曾「好きなときに甘いもの食えるなんて最高だな!」

球磨「ぐぬぬ〜」

多摩「っ!? お、おに……」

木曾「何とでも言うがいいさ!」

天龍「ち、ちげぇ! 後ろだ木曾!」

木曾「ああん?」

大井「ただいま木曾」

木曾「……」

32 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:39:33.95 ID:2DOLq6b8o

木曾「お、おに、じゃなくて大井姉」

大井「あなたのおかげで北上さんと提督、両方と結ばれることになったわありがとう」

木曾「お、おう、それはよかったぜ」

大井「あなたの言葉とても心に染みたわ。ちょっと感動しちゃった」

木曾「本心からの言葉だからな」

大井「そうね。私をダシにして甘いもの食べたいっていう、うすぎたないあなたの本心からの言葉よね」

木曾「へ、へへっ」

大井「笑いごとじゃないわよ〜?」

木曾「い、いや! それもあったけど、オレは大井姉の幸せを想って!」

大井「あなたが思ってたのは自分のお腹の幸せだけでしょうが!」

木曾「ひっ! 球磨姉、多摩姉助け、って誰もいねぇ!? 姉のくせに妹見捨てやがった!」

大井「あら姉さん達ったら。大丈夫すぐに後を追わせてあげる」

木曾「お、おう、じゃあオレは後を追って――」

大井「なにを言ってるの? 追われるのは貴女の方よ木曾」

木曾「お、大井姉、オレのこと愛してるって――」

大井「愛してるわ木曾。だからこれは、お姉ちゃんからの愛の鞭よ!」

木曾「う、うわあああ――」



<あああ〜!

妖精「だから言ったじゃないですか、斬った方が木曾さんのためだと」

34 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/01/19(月) 00:41:41.23 ID:2DOLq6b8o

これで終わりです

シリアスな百合も好きだけどバカなノリの百合も好きです増えたらいいな

次は
女提督「誰?」シニヨン解き那珂ちゃん「ひどい!」
女提督「私の正体がメタモンだって噂を流したのは誰?」
のどちらかでスレ立てると思います



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「妊娠したわ!」