酒匂「喋れなくなった…」【安価】


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「光彦くんが10レスごとに年を1才とる装置を発明したぞい」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 21:49:47.47 ID:FUS8JKpT0

酒匂「今日もいい天気〜おさんぽおさんぽ〜」

酒匂「…ぴゃ?あそこに夕張がいる。何してるんだろ」

夕張「あっ酒匂ちゃん!ちょうどいいとこに来たね!」

酒匂「ぴゃー!」

夕張「実はこんな装置造ってみたんだけどさー、誰かに試してみたいんだよね!」

酒匂「ふむふむ」

夕張「だからさ酒匂ちゃん!ちょっとこのスイッチ押してみてよ!」

酒匂「うん、いいよー!」ポチ

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 21:50:55.77 ID:FUS8JKpT0

酒匂「…ぴゃ?」

夕張「どう、酒匂ちゃん」

酒匂「…ぴゃあ!?ぴゃあああ!ぴゃーあああ!!??」オロオロ

夕張「どうやら成功みたい!実はこれ、声帯を退化させる装置なんだ」

酒匂「ぴゃあ!?」ガ-ン

夕張「本当は夕立あたりにワンワン鳴かせて萌える装置なんだけど、酒匂ちゃんに使っても十分愛くるしいよ!」

夕張「いやー、我ながらいい仕事したなぁー!はっはっは」

酒匂「ぴゃー!!ぴゃああぁー!ぴゃーぴゃー!!」ジタバタ

夕張「え?元に戻せ?うーん、これでも可愛いのになぁ…」

夕張「でもこれじゃ作戦に支障が出るしね。仕方ないか」ポチ

酒匂「ぴゃあっ」ホッ

夕張「…ん?」

酒匂「…ぴゅ?」

酒匂「ぴゃ?ぴゃぁっ?ぴゃあ!ぴゃぴゃあ!!」オロオロ

夕張「あれ、動かないや…故障かな?」

酒匂「ぴゃー!?」ガ-ン


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 21:52:02.07 ID:FUS8JKpT0

酒匂「ぴゃーぴゃーぴゅー!!ぴゃあぴゃあ!ぴゃーあああ!!」ポカスカ

夕張「痛い痛い!ごめんって!だからこれは不慮の事故だってば!」

酒匂「ぴゃあん!」

夕張「大丈夫だから!私にかかればこんなの簡単に直るし!安心してよねっ!」

酒匂「ぴゃぴゃあ!」

夕張「なら今すぐ直せだって?わかったわかった!」

夕張「あ、でもこれ意外と複雑な機械だから修理に半日はかかりそうだけど…」

酒匂「ぴゃ!?」

夕張「だからそれまで少し待ってて!頑張って大急ぎで修理してあげるから!じゃあね!」

酒匂「ぴゃー!?」

酒匂「…ぴゃあぁ…」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 21:53:26.81 ID:FUS8JKpT0

酒匂「ぴゃー…」(大変なことになっちゃった…)

酒匂「ぴゃあん…」(どうしよ、まずは誰かに相談しなくちゃ…)

酒匂「ぴゅー!」(というわけで、今のあたしを理解してくれそうな>>7のとこへ行くよ)

※艦娘限定でお願いします

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 21:53:44.45 ID:YtdUiNLlo



8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 21:58:23.31 ID:FUS8JKpT0

酒匂(よーし、とりあえず心優しいと噂の電ちゃんのとこへ行こうっと)


酒匂「ぴゃー!」(という訳で助けて電ちゃん!)

電「何事なのです!?」

酒匂「ぴゃあぴゃあ!ぴゃっ!ぴゅうぴゅう!」

電「…?」

電「えっと…もしかして酒匂さんは電に>>10と言っているのです?」

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 22:00:13.52 ID:VWvY63gzO

ぴゃあとしか喋れなくなったから、半日通訳してほしい

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:07:12.02 ID:FUS8JKpT0

電「酒匂さんは通訳を要求しているのです?」

酒匂「ぴゃあ!」(通じた!この子凄い!!)

電「電は別に構いませんよ?今日は出撃がなくて暇ですし」

酒匂(なんて優しい!噂通り、電ちゃんはとてもいい子なんだね!)

電「ふふん、電の通訳を見ておくのです!」

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:13:47.83 ID:FUS8JKpT0

酒匂(さてさて、通訳がついたことだし、これで一安心…)

矢矧「おーい、酒匂ー!」

酒匂「ぴゃぴゃ!?」(や、矢矧おねーちゃん!?)

矢矧「ちょっと酒匂、今から私と一緒に昼ごはん食べに行くって約束してたでしょ!こんな所で何してたの?」

酒匂「ぴゃあ!」(しまった!昨日、矢矧おねーちゃんとお外に出る予定立てたの忘れてた!)

酒匂(あ、でも今あたしこんなだし…)

酒匂(仕方ない、電ちゃんに通訳して貰って、うまく断ろうっと)

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:18:35.66 ID:FUS8JKpT0

酒匂「ぴゃー、ぴゃあぴゃー、ぴゅーぴゅー」

矢矧「酒匂、こんな時までふざけてる場合じゃ…」

電「矢矧さん、実はちょっとした事情で酒匂さんは今は少し喋れないのです」

矢矧「え、そうなの?」

電「だから電が通訳をしてあげているのです!」

電「酒匂さんは、矢矧さんに>>17と言っているのです!」

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 22:22:17.75 ID:8uV/6+5LO

姉面するなアマ

23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:35:11.52 ID:FUS8JKpT0

電「酒匂さんは矢矧さんに、姉面するなこのアマ!と言っているのです!」

矢矧「!?」

酒匂「ぴゃああああああ!?」

矢矧「さ、酒匂…本当なの?」

酒匂「ぴゃー!ぴゃー!!ぴゃあああー!!!」(言ってない!言ってないよ矢矧おねーちゃん!?)

矢矧「は、はは…やっぱりそう思ってたんだね…」

酒匂「ぴゃあ!」(駄目だ言葉が通じない!)

矢矧「そうだよね…私、酒匂に前世であまり良くしてあげられなかったからね…寂しい想いしてたよね…」

酒匂「ぴゃあぴゅう!?ぴゃああぴゃっ!」(だから違うよ!?誤解だよ!?)

矢矧「そんなに声を張り上げて感情を剥き出しにするほど怒ってるんだね…」

矢矧「うん、わかってるよ…本当に馬鹿な姉だよ、私は…」ポロポロ

酒匂「ぴゃあああああう!」(違あああああう!!)

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:56:47.63 ID:FUS8JKpT0

矢矧「うっ…うっ…」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃーぴゃーぴゃぴゅーぴゃあ!」(ねぇどうすんの!電ちゃんのせいでおかしなことになったじゃない!!)

電「あー、大丈夫なのです。矢矧さんをよく見るのです」

酒匂「ぴゃ?」(え?)



矢矧「…でもね、酒匂…。これだけは聞いて…」

矢矧「例え貴方がそう思っていなくても、貴方は私の大切な妹なの」

矢矧「前世でしてあげられなかったことを今世で酒匂にしてあげたい…」

矢矧「その気持ちだけは、本当だから…」

矢矧「酒匂が甘えたい時は、いつでも私のとこに来ていいから…ね」


酒匂「ぴゃー」(矢矧おねーちゃん…)

電「何をボサボサしてるのです?」

電「ほら、酒匂もさっさと自分の想いを矢矧に伝えてくるのです」

酒匂「ぴ、ぴゃ!」(は、はいっ!)

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 22:59:03.16 ID:FUS8JKpT0

酒匂「ぴゃー!」(矢矧おねーちゃん!)ダダダダ

矢矧「…え?」

酒匂「ぴゃああああー!!」(酒匂だって、矢矧おねーちゃんは大切な姉妹だよー!!)ダキッ

矢矧「きゃ!?ちょっと酒匂!」

酒匂「ぴゃー!ぴゃあぴゃあ!ぴゅう!」(これからもずっとずっと、一緒にご飯食べたり、遊んだりして…!)ギュウウウ

酒匂「ぴゃあああああー!!」(今度こそ、幸せな人生を歩むんだー!!)

矢矧「さ、酒匂…」


27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 23:05:51.75 ID:FUS8JKpT0

矢矧「…許してくれるのね、酒匂。ありがとう…」

酒匂(許すも何も責めた記憶すらないんだけど)

矢矧「本当にありがとうね…私、少し楽になった」

矢矧「やっぱり阿賀野型は4人揃ってナンボだからね。これからも一緒に戦って行きましょう!」

酒匂「ぴゃ!」(えへへ!)

矢矧「あ、でも立てた約束を忘れるのは駄目よ?」

矢矧「そこだけはいくら相手が妹でも譲れないわ!」

酒匂「ぴゃーん…」(矢矧おねーちゃん、元気になった途端に厳しーい…)


28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/03(月) 23:16:06.51 ID:FUS8JKpT0




電「いやー良かったのです!感動的!これで姉妹仲がさらに深まったのです!!」

酒匂「ぴゃ!」(うん!電ちゃんがあんなこと言ったのは、こんな作戦があったからなんだね!)

電「当然なのです!電の本気、舐めないで欲しいのです!」

酒匂「ぴゃー!」(すっごーい!)

電「ふっふーん!」



電(ククク…計算通りなのです)

電(純粋な子から一度信頼を勝ち取ってしまえば、それが崩れることはない…)

電(つまり、矢矧のおかげで電を信頼式ってしまった酒匂は)

電(これから電のイタズラの餌食、という訳なのです)

電(ふふふ…はっはははは!!)

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:17:56.44 ID:FUS8JKpT0

次回に続くのです。
ハッピーになるか、胸糞になるかは
全て安価次第。なのです

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:07:05.77 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「ぴゃっぴゃっぴゃ〜♪」

電(御覧なさい。酒匂は電に調教されてすっかりご機嫌なのです)

電(しかし愉快なものなのです!ちょっと姉妹の温もりに触れただけで、こんなに喜ぶなんて!)

電(姉妹愛ほど美しいものはない。しかしそれが崩れゆくのもまた美しい!)

電(だから、それを電が壊して美しいものを鎮守府の皆に見せてあげようと思うのです!)

電(叩き落とした時の酒匂の反応がとても楽しみだなぁ!泣き叫ぶか?それとも怒り狂うかァ?)

電(ふはは…ではそろそろ始めるのです)

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:08:26.45 ID:Rb1t1wTy0

電「酒匂さん、お願いがあるのです」

酒匂「ぴゃっぴゃ?」(なーに、電ちゃん?)

電「電たち、先ほど矢矧さんに会いましたよね」

酒匂「ぴゃん」(うんうん)

電「そういえば、電は酒匂さんの姉妹というものは一体どんな人たちなのかをよく知らなかったのです」

酒匂「ぴゃ?」(そうなの?)

電「はい。同じ鎮守府の仲間だから知らないってのいうのは失礼ですし」

電「だから、酒匂さんのお姉さんたちにちょっと会ってみたいのです!」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃあぴゃあ!」(うん!もちろんいいよ!)

電「本当ですか!?嬉しいのです!」

酒匂「ぴゃああ〜」(どういたしまして〜)

電(くっくっく…)


42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:12:31.77 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「ぴゃーぴゅ、ぴゃ、ぴゃ、ぴゃ。」(あたしのおねーちゃんは、さっき会った矢矧と、長女の阿賀野と、次女の能代っていうおねーちゃんがいるんだ)

電「ふむふむ」

酒匂「ぴゃぴゃー。ぴゃぴゃあ」(おねーちゃんたたちは優しくてね。それにとっても強いんだ)

電「そうなのですか!」

電(なるほど。酒匂は姉たちをとても慕っているようですね)

電(これを聞いて安心しました。これで心置きなく姉妹愛を破壊して楽しめますから)

酒匂「ぴゃんぴゃん、びゃああ」(じゃあまずは、能代おねーちゃんの部屋に行くよ)

電(ふむ。一番手は能代ですか。相手に不足はありません)

電(確か能代は姉妹思いの世話焼きな人だったはず。おそらく酒匂にも絶大な愛情をそそいでいるでしょう)

電(このような人の信頼を切り崩すのは少々難しいですが、一度崩してしまえばガラガラと音を立てて粉々になるのです)

電(くくくっ…そうなった能代の姿を見るのが楽しみだ!)

酒匂「ぴゃー、ぴゃー!」(さぁ、行こー!)

電「早く行きたいのです!」


43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:13:35.51 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「ぴゃー!」(到着!まずここが能代おねーちゃんの部屋だよ)

電「お邪魔するのです」

能代「あら酒匂…それに電ちゃんも。どうしたの?私に何か用事かしら」

電「最新鋭軽巡の噂をお聞きしまして。駆逐艦としては水雷戦隊の旗艦となり得る人を見ておきたいですから」

電「どうせなら何か話も聞いておきたいですし。だから少しお時間をいいですか?」

能代「あー、そういうことね!いいわよ」

能代「じゃあ遠慮せずに中に入って待ってて!お茶か何か持ってくるから!」

電「ありがとうなのです。…ふふ」


44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:14:47.40 ID:Rb1t1wTy0

〜〜〜〜〜

能代「電ちゃんって確か天龍の部隊所属だよね。あの人の指揮ってどう?」

電「はっきり言って馬鹿丸出しの指揮なのです」

能代「あーやっぱり?天龍は論理より直感だからねー」

能代「それに対して私たち阿賀野型は作戦とかそういうのを大切にしてるから!駆逐艦の期待を裏切ったりとかはしないわ!」

電「なるほど!凄いのです!」

電(チッ…話長い。眠い)

電(とはいえ焦ってはいけないのです。慎重に行かなくては。自然に壊すというのが、このイタズラの醍醐味なのですから)

電(タイミングが大切なのです。うまく能代と酒匂が会話する展開に持っていかないと。このままではいつまでたっても話が進まない…)

電(さてさてどうしたものか)

電(…そうだ!)

45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:15:52.12 ID:Rb1t1wTy0

能代「私の好きな作戦は単横陣突撃よ。軽巡の仕事は潜水艦狩りだからね!やっぱり軽巡の良さを活かすためには」

電「あ!ちなみに聞きますけど、能代さんだけでは無く他の人…例えば酒匂さんとかは出撃のとき作戦を考えているのですか?」

酒匂「ぴゃっ!?」

能代「え、酒匂のこと?」

能代「うーん…ごめんなさい。酒匂についてはちょっとよく知らないわ」

電「そうなのですか。残念なのです…」

能代「でもちょっと私も酒匂はちゃんとしてるのか気になるわね…。どうなの?作戦、うまくやってる?」

酒匂「ぴゃあ〜…」

能代「ほら酒匂。怒らないから答えて」

電(しめしめ。作戦成功なのです)

46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:17:17.20 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「…ぴゃあ。ぴゃーぴゃー。ぴゅうぴゃあ」

能代「ちょっと酒匂。ぴゃあぴゃあ言って誤魔化したら…」

電「申し訳ありません。酒匂さんは諸事情により喋れないのです」

能代「え、そうなんだ?」

電「だから電が通訳してあげているのです」

電「酒匂さんは>>49と言っているのです」

49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/11/06(木) 22:20:40.47 ID:5LKUsMLx0

ファミチキ食いてぇ

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:29:55.99 ID:Rb1t1wTy0

電「酒匂さんは、『ファミチキ食いてぇ』と言っているのです!」

能代「…は?」

酒匂「…ぴゃ?」(は?)

電「あ、言ってる意味がわかりませんでした?」

電「ファミチキというのは某コンビニで売っている鳥肉のことで、手頃な値段と涎をそそるジューシーさが人気な…」

能代「それくらい知ってるわよ!?」

能代「私が意味不明なのは、どうしてこのタイミングでファミチキを出したかってことなのよ!酒匂!!」

酒匂「ぴゅぴゃー!?」(えぇ、悪いのあたしなの!?)


52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:40:07.25 ID:Rb1t1wTy0

能代「信じられないわ!真面目な話の途中なのに、おやつの話を持ち出すなんて…!」

能代「ふざけていい時とふざけちゃいけない時をわきまえなさい、酒匂!」

酒匂「ぴゃぴゃぴゃぴゃ…」(あわわわ…)

電(くっくっく。作戦成功なのです)

電(能代は優しくて真面目。おそらく真正面から死ねだの消えろだの言っても飄々とかわされてしまうでしょう)

電(だから、あえてファミチキという話題にそぐわないものを出して能代を混乱させたのです)

電(その結果、この有様!見事に能代は我を忘れて酒匂を怒鳴りつけているのです!)

能代「だいたい、女の子がファミチキにがっつきたいとか言うこと自体が…」

酒匂「ぴゃああぁ…!」(助けて、電ちゃん!)

電(さぁ、もう一押しなのです)

電(追撃の一言で、能代と酒匂の仲を引き裂いてやるのです!)


53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:42:22.20 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「ぴゃあぴゃあー!ぴゃあん!」

能代「電ちゃん、今のは何て言ったの」

電「>>56なのです」

56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/06(木) 22:45:04.69 ID:XKAK2JG8O

色々言う割に男を誘ってるような際どい格好

57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 22:58:55.15 ID:Rb1t1wTy0

電「能代さんは色々言う割に男を誘ってるような際どい格好だと言っているのです」

能代「なんですってぇー!?」ゴゴゴゴ

酒匂「ぴゃあああああああ!!」(ぴゃあああああああ!)

能代「うっさいわね酒匂!!余計なお世話よ!」

能代「あんたが色気ないからって好き放題言わないでくれるかしら!!」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃあぴゃあ!」(言ってない!言ってないよ能代おねーちゃん!)

酒匂「ぴゃあぴゃぴゃぴゅうぴゃあ!?」(あと色気ないって言われたの地味に傷つくんだけど!?)

能代「出て行きなさい!反省するまで私の所へ戻って来ないで!」

酒匂「ぴゃああああー!」(誤解だよー!)

電(はっはっは…なかなかの傑作なのです!)


58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/06(木) 23:01:04.45 ID:Rb1t1wTy0

酒匂「ぴゃーん…」シュ-ン

電(いい感じに萎れているのです。見ていて愉快なのです)

電(ですが、作戦成功したかと言われると微妙なラインですね)

電(今回は胸糞というよりもギャグ要素が強かったですし。これでは3日後には仲良しに戻ってるパターンなのです)

電(今回は見逃してあげますが、次回はもっと滅茶苦茶にしてあげますよ、能代さん♪)


59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/06(木) 23:02:00.02 ID:Rb1t1wTy0

次回に続くのです
次回のターゲットは阿賀野なのです

62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:08:39.60 ID:soAB0h7d0

電「まぁまぁ酒匂さん落ち込まないでください。電にも失敗はあるのです」(笑)

酒匂「ぴゃーあん…」(あたし、ファミチキよりもからあげクンの方が好きなのに…)

電「お前の好みとか聞いてませんから。いいから早く電を次のとこへ連れて行くのです」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃんぴゃー、ぴゃあぴゃー」(そ、そうだったね!次は阿賀野おねーちゃんの所に行くよ)


63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/11/09(日) 22:09:34.96 ID:soAB0h7d0

電(さて次は阿賀野なのです。阿賀野型の長女ですね)

電(阿賀野は長女のくせに極めてアホで有名なのです。オマケにだらしないときていますね)

電(だからおそらくは能代ほど頭脳戦は必要としないでしょう。今回はヌルゲーになりそうなのです)

電(とはいえ何も考えてない奴を速攻で潰すのもまた爽快感というものがあるのです。ヌルゲーだからと言って無視するのももったいないのです)

電(ふっふっふ…楽しませてもらいますよ。阿賀野さん!)


64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:10:31.11 ID:soAB0h7d0

酒匂「ぴゃあぴゃあ」(着いたよ電ちゃん。阿賀野おねーちゃんの部屋だよ)

電「こんにちは阿賀野さん」

阿賀野「やぁ酒匂!それに電ちゃんも!」

酒匂「ぴゃー!」

阿賀野「きっと私のとこに遊びに来てくれたんだね!どうぞどうぞ、入っていいよ!」

酒匂「ぴゅー」

電「それじゃ、遠慮なく」


65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:11:30.76 ID:soAB0h7d0

阿賀野「何して遊ぼっか!スマブラする?それともスマブラ?」

電(…それにしても汚ねえなコイツの部屋は。脱いだ服をハンガーにもかけずに放ったらかしとかあり得ないのです)

電(これならまだ漫画やお菓子が散乱してる暁の部屋の方が綺麗に見えますね。あっちの方が子供っぽい分、まだ可愛げがありますから)

阿賀野「じゃあスマブラね!私のファルコンの力、見てなさい!」

電(しかしこのガサツさは電にとって好都合なのです。これなら多少強引な押しをしても自然を装うことができるでしょうし)

電(今度は一気に攻めさせてもらうのです!)

66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:12:37.49 ID:soAB0h7d0

阿賀野「電ちゃんは何を使うのかなー、酒匂はいつも通りのカービィ?」

酒匂「ぴゃ?ぴゃあぴゃあ」

阿賀野「うぅん、ぴゃあってキャラはスマブラに居なかったような…」

電「阿賀野さん違うのです。実は酒匂さんは今「ぴゃあ」としか話せないのです」

阿賀野「え?そうなんだ」

電「だから実は電は酒匂さんの通訳をしてやっているのです!」

電「酒匂さんは阿賀野さんに>>70と言っているのです!」

70 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/09(日) 22:15:50.42 ID:hg14A9ZSo

よう、出来損ないの駄目姉

71 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:35:04.62 ID:soAB0h7d0

電「酒匂さんは、よう!出来損ないの駄目姉!と言っているのです」

阿賀野「!?!?」

酒匂「ぴゃあぴゃあー!?」(どうしてぇー!?)

阿賀野「そ、そんな酒匂…なんてことを…」フラフラ

酒匂「ぴゃあぴゃあぴゃあ!ぴゅー!」(違うの阿賀野おねーちゃん!これは…!)

阿賀野「今更『よう!』だなんて…会ってから結構時間が経っているのに…」

阿賀野「挨拶は会ってからすぐにしなさいって教えて来たでしょ!酒匂!」プンスカ

酒匂「ぴゃあぴゃあ!」(違う!それはそれで何かズレてる!)

72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:39:07.27 ID:soAB0h7d0

電(チッ、まさか阿賀野が罵倒に気付かないほどに馬鹿だったとは…!)

電(駄目姉、よりもよう!に反応したことに驚きを隠せないのです!!)

電(しかしまだまだ終わらないのです!阿賀野を傷付けるチャンスはいくらでもありますから!)

電(よーし、ここは…)


酒匂「ぴゃあぴゃあー、ぴゃああぴゅう!」アワアワ

阿賀野「ん…酒匂?どうしたの?」


電(ここは酒匂が必死に誤解を解こうとしているのを利用させて貰うのです!)


73 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:40:10.52 ID:soAB0h7d0


電「酒匂さんは今、阿賀野さんに>>76と言ったのです!」

76 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/09(日) 22:47:57.01 ID:IeGs2NRAO

阿賀野ちゃん 野球しようよ!

77 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 22:54:47.25 ID:soAB0h7d0

電(コイツに罵倒は効かない!ならば…)

電「酒匂さんは阿賀野さんに、野球しよう!と言っているのです」

阿賀野「!?」

電(能代の時と同じく、変化球で勝負なのです!)

電(さぁどう出る!阿賀野!!)


酒匂「ぴゃん…?」(電ちゃん…?)

阿賀野「>>80

80 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/09(日) 22:56:33.54 ID:mqdcl0PhO

いいね野球

83 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 23:07:34.79 ID:soAB0h7d0

阿賀野「いいね野球!やろう!」

酒匂「!?」

電「!?」

阿賀野「ふふん!阿賀野は最新鋭軽巡の長女だよ?野球くらい、楽々こなしてみせるわ!」

電「いや、あの、これは」

阿賀野「さぁバッチコイ!!阿賀野の魔球、受けてみなさい!!」

電「え?何この人。そのボールどうする気なのです?」

酒匂「ぴゃ、ぴゃああ、ぴゃああああ!」(ちょ、おねーちゃん、室内で野球は)

阿賀野「ピッチャー阿賀野、振りかぶって」

阿賀野「投げたー!」

ガッチャーン



長門「何だ!軽巡寮で奇襲か!?」

大和「敵襲!敵襲!!艦娘の皆さんは臨時戦闘態勢に入ってください!!」

電「何をやってるのですお前ー!」

阿賀野「あ、あれ?」オロオロ

84 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 23:11:39.85 ID:soAB0h7d0

電「あの大和って戦艦から割と強めに殴られたのです」ヒリヒリ

阿賀野「いやー、これとても痛い」ヒリヒリ

酒匂「ぴゅう」(なんであたしまで)ヒリヒリ

85 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/09(日) 23:14:56.82 ID:soAB0h7d0

阿賀野「また遊びに来てねー」

酒匂「ぴゃー…」(気が向いたらね…)

電「さよならなのです」

電「…」

電(失敗に終わるとは…屈辱なのです!!)

電(相手は馬鹿で阿呆で喰っちゃ寝でニート予備軍で皮下脂肪の多い阿賀野なのに!どうして!)

電(そんな奴にこの電が敗北するなど…ありえないなのです!)

電(畜生!覚えてろ、阿賀野!!)


86 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/09(日) 23:16:14.61 ID:soAB0h7d0

もうすぐ終わりにするのです
次回のターゲットは提督なのです

88 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:10:36.53 ID:D0vL0zBa0

電(ええい…こうなったら大勝負に出るのです!)

電(もはや姉妹愛などどうでもいいのです!とにかく酒匂を何としても傷つけなくては!)

電(もう妥協なんてしないのです!ここは酒匂が一番愛してる人を標的にしようと思うのです!)

電(司令官…次はお前だ!)


89 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:12:05.65 ID:D0vL0zBa0

酒匂「ぴゃあぁ…」(まだ顔が痛むよぉ…)ヒリヒリ

電「酒匂さん、それなら司令官のとこへ行きましょう」

酒匂「ぴゃ?」(提督のとこに?どうして?)

電「もちろん、大和に殴られた傷を司令官に見せるためなのです」

電「そうすれば、酒匂さんを可哀想に思った司令官に労わってもらえるでしょうから」

酒匂「ぴゃあぴゃ!?ぴゃー!」(提督に!?ほんと!)

電「はい。思う存分甘えられるとおもうのです」

酒匂「ぴゃんぴゅんぴゅう!ぴゃあぴゃあん!」(よしさっそく行こう電ちゃん!一緒に頭なでなでしてもらお!)

電「了解なのです」

電(酒匂…これで終わりなのです)

90 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:13:22.31 ID:D0vL0zBa0

酒匂「ぴゃー」(提督、失礼します)

電「失礼しますなのです」

提督「ん?あぁ、お前たちか」

提督「話は聞いているぞ。阿賀野と一緒に部屋で野球したらしいな」

酒匂「ぴゃん!」

提督「わかっている。お前たち2人はそんなことはしないってことくらい」

提督「大和は独断でお前たちに罰を与えたらしいが、大方は阿賀野が勝手に暴走してガラスを割ったとかそんなオチであろう?」

酒匂「ぴゃーぴゃー!」

電「だいたいそうなのです」

提督「ハッ、やっぱりな」


91 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:14:27.44 ID:D0vL0zBa0

提督「だから始末書の報告とかはいらないぞ。説教もしないから、安心して部屋にいても構わんわ」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃあーぴゃぴゃんぴゃあぴゃあ!」

提督「ん?どうした。まだ俺に用か」

電(おっと、これはいいチャンスなのです)

電(酒匂は電の誘惑にまんまと引っかかり、提督に甘えようと必死なのですね)

電(しかしそうはさせないのです!電の超本気を見るがいいのです!!)


92 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:15:36.63 ID:D0vL0zBa0


電「司令官、酒匂は今>>95と言ったのです」


95 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/10(月) 22:20:09.02 ID:dHW7n14oo

洗ってない犬の臭いがするんだよ、短小包茎提督

97 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:29:49.52 ID:D0vL0zBa0

電「酒匂は司令官に、洗ってない犬の臭いがするんだよ、短小包茎提督と言ったのです」

酒匂「ぴゃ…!?」

電(司令官は上司と言えど、性格こそは普通の人間!)

電(ならば、正攻法で行かせてもらうのです!)

提督「…犬?」

電(司令官の表情が少しながら曇ったのです!やはり酒匂がそんな言葉を言うのは信じられないのでしょうねぇ)

電(いい調子なのです!このまま追撃するのです!)

98 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:31:31.12 ID:D0vL0zBa0

酒匂「ぴゃあ!ぴゃあ!」(違うの司令官!あたしそんなこと言ってない!!)

酒匂「ぴゃあぴゃん!ぴゃーぴゃっぴゃ!」

電「今のは>>100と言ったのです!」

酒匂「ぴゃああ!ぴゃああ!ぴゃあ!」

電「今のは>>101!」

酒匂「ぴゅううんぴゃ!ぴゃあー!!」

電「>>103なのです!」

100 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/11/10(月) 22:33:59.33 ID:U+0JRsYG0

ザリガニ食いてぇ

101 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga sage] 投稿日:2014/11/10(月) 22:34:05.67 ID:Zy6NIl5n0

愛してる

103 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/10(月) 22:34:55.32 ID:dHW7n14oo

電ちゃんが意地悪する

104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:53:14.01 ID:D0vL0zBa0

酒匂「びゃ…!」ジワッ

電(ハッハァ!見たか!これが電の本気なのです!!)

酒匂「………」

電(これで酒匂は鎮守府から永久に追放!前世でロクに戦ってない奴なんか、この場所にいらないのです!)

電(さ、仕事も終わったし満足なのです)

電(あとは司令官の反応をみるだけ…)

電(…ん?)

提督「ふっふっふ…」

電(?)

提督「はーっはっはっ!!残念だったな!酒匂!電!!」

電(えっ!?)

酒匂「ぴゃ…?」

提督「悪いが俺は…」

提督「酒匂語が理解できる!!俺を出し抜こうたってそうはいかんぞ!!」

酒匂「ぴゃあああ!?」

電(はぁぁぁぁぁ!?)


105 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:54:59.09 ID:D0vL0zBa0

提督「要するにこれはドッキリだろ?酒匂にめちゃくちゃを言わせて俺の反応を見るドッキリ!」

酒匂「ぴゃ…ぴゃあ!」

提督「俺に怒られると思って茶目っ気を出したのか?この可愛い奴らめ」

提督「さぁ2人とも来い!そんなに甘えたいならば、この俺がお前たちの頭をじっくりと撫でてやろう!」

酒匂「ぴゃあ…!」

酒匂「ぴゃあああああ!ぴゃああああああああああ!!」(うわぁーんっ!提督ーーー!)ギュウウウウウ

提督「はっはっは。よしよし」ナデナデ

提督「ほら電もこっち来い!遠慮することはないんだぞ」

電「…」

106 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:57:02.33 ID:D0vL0zBa0

電「…ち」

提督「ち?」

電「ちっ…!」

電「畜生ォォォーーーーー!!!」

提督「!?」


107 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 22:58:14.53 ID:D0vL0zBa0

電「馬鹿な!馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な!」

酒匂「ぴゃっ!?」ビクッ

電「こんなことはあり得ん!何故酒匂たった一人、酒匂たった一人を傷付けることが出来ないんだ!」

提督「電!?突然どうしたんだ!お前少しおかしいぞ!?」

電「何故酒匂だけが恵まれる!あの時もそうだった!お前は一度もろくに戦うことなく、苦しい思いをせず、最期まで生き延びた!」

電「特に傷も無くだ!私たちは傷だらけで沈んでいったのにも関わらずだ!」

電「電はそんな貴様が、許せないんだよぉぉぉ!!」

酒匂「ぴゃあ!?ぴゃあ!!」(電ちゃん!?電ちゃん!!)

電「もういい!命だけは助けてやろうと思ってたが、貴様はここで肉体ごと消し去ってやる!」

提督「電!落ち着け!お前は一体何を…」

電「死ねぇぇぇぇぇ!!」ジャキ

酒匂「!?」

提督「危ない酒匂!」ガバッ

酒匂「ぴゃああーっ!?」

ドゴォン ドゴォン ドゴォン


108 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 23:02:51.08 ID:D0vL0zBa0

電「…外したか」

酒匂「ぴゃうう…」

提督「酒匂、大丈夫か?」

酒匂「ぴゃん…」(うん、平気…)

提督「電!どうしてだ!どうしてこんなことをする!」

提督「お前は何か酒匂に怨みでもあるのか!?それでも殺すことまではないだろう!」

電「…黙れ。お前には関係ないことなのです」

提督「ぐっ…電よ、何故かは知らんがすっかり汚れてしまったようだな!」

電「汚れ?何のことなのです?」

提督「しらばっくれるな!俺の知ってるお前は、前世の姿を含めてそんな酷い性格ではなかった筈だぞ!」

電「…ふん。余計なお世話なのです」


109 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 23:08:55.48 ID:D0vL0zBa0

提督「しかし、本当に何があったんだ…?」

酒匂「ぴゃあ…ぴゅう」(提督…そういえば電ちゃんについて少し心当たりがあるんだけど)

提督「何?それはなんだ」

酒匂「ぴゃ、ぴゃんぴゃあぴゃああ…」(実は、さっきから電ちゃんの挙動がなんだかずっとおかしかったんだ…)

提督「そうなのか?」

酒匂「ぴゅう、ぴゃあぴゃあ…」(なんだか表情が不気味で、途中からあたしを呼び捨てで話しかけてくるし、何より邪悪な感情を持ってたみたいで…)

酒匂「ぴゃあ…ぴゃんぴゃぴゃんぴゃ…!」(だけどあたし、電ちゃんは電ちゃんに変わりはないと思ってて、疑えなくって、それで…!)

提督「なるほどよくわかった。少なくともそれは電がこちらに銃を向けた理由にはなるからな」

酒匂「ぴゃー…」

提督「ん?そういやアイツ、艤装もしていないのにどうして砲撃なんか出来たんだ?」

酒匂「ぴゃっぴゃあ」(あれ?そういえばそうだね)

提督「全く謎だ。この電には不可解な現象が多すぎる」

酒匂「ぴゃん…」

提督「…ッ!?酒匂、電かの腕を見てみろ!」

酒匂「ぴゃ…」(へ…)

酒匂「ぴゃ!?ぴゅう」(えっ!?アレは…)

酒匂「ぴゃんぴゃぴゃあ!?」(深海棲艦のインチ砲!?)

電「クックックッ…!」

110 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/10(月) 23:17:59.01 ID:D0vL0zBa0

電「力が溢れる…漲るのです!」

酒匂「ぴゃ…ぴゃっ…」

提督「馬鹿な…艦娘が深海棲艦の武器を持つなど聞いたことがないぞ」

電「それはお前が無知なだけなのです。司令官は本当に無能ですね」

提督「ぐっ…」

酒匂「ぴゃ!ぴゃんぴゃん!」(ちょっと!電ちゃんの砲塔をよく見て!)

酒匂「ぴゃああ!ぴゃああ!」(電ちゃんは砲塔を持ってるんじゃない!腕自体が砲塔に変化しているんだ!)

提督「…ああ!?マジだ!」

提督「つまり電の身体は、深海棲艦に呑み込まれたってことなのかよ!?」

酒匂「ぴゅうう…」(たぶん…)

電「…さっきからゴチャゴチャとうるさいのです」

電「もう面倒なのです。提督も酒匂ごと葬って、さっさと終わりにしてやるのです」

酒匂「!!」

提督「畜生…万事休すか…ッ!」

酒匂「ぴゃああ…!」ビクビク


111 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/10(月) 23:19:07.26 ID:D0vL0zBa0

続くのです
まさかこんな展開になるなんて思ってもなかった

114 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 21:47:36.37 ID:/oJLTMkq0

たぶん最終回
いくのです

115 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 21:48:03.09 ID:/oJLTMkq0

電「この鎮守府ごと!消えて無くなれぇぇぇぇ!!」ズゴゴゴ

提督「くっ…!」

電「ハァァァァァァ!!」ジャキン

能代「そこまでよ!電ちゃん!」バァン!

電「…チッ!また邪魔が!」

酒匂「ぴゃ、ぴゃああ!?」(の、能代おねーちゃん!?)

阿賀野「提督さん!酒匂!何だか爆発音がきこえたんだけど大丈夫!?」

矢矧「怪我はないですか!?ご無事ですか!?」

提督「阿賀野!それに矢矧まで!」

酒匂「ぴゃっ!ぴゅう!」(おねーちゃん!どうしてここに!?)

能代「酒匂が司令室に入って行くのを見かけたからね」

能代「何となく嫌な予感がしてついていってみたら…案の定この有様よ!」

阿賀野「何なのこの状況!さっきまで一緒に野球してた電ちゃんがこっちに砲塔を向けてるんですけどー!?」

提督「知るか!こっちが聞きたいくらいだよ!」

116 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 21:54:35.19 ID:/oJLTMkq0

酒匂「ぴゃ……ぴゅ……」

提督「ん?なんだ酒匂」

酒匂「ぴゃ…ぴゃあぴゃあ…」

提督「は?おねーちゃんごめんなさい、だと?お前まで突然どうしたんだ…」

酒匂「ぴゃん…」

提督「??」

能代「…もしかして、さっきの酒匂との会話のことを言ってるのかしら?」

酒匂「!」

阿賀野「そういえばあの時の酒匂、なんだか変なこと言ってたねぇ。少しおかしいとは思ってたけど」

提督「つまり、酒匂たちは俺以外にも同じことをやってたってことなのか?」

酒匂「ぴゅ…」

提督「そうだったのか」

能代「はぁ、酒匂も馬鹿ねぇ…今さらそんなことに言及するなんて」

酒匂「…」

能代「ふふっ、それくらいで可愛い妹を見捨てる訳ないでしょ?」

酒匂「!!」

阿賀野「私たちは阿賀野型姉妹!4人が揃ってこそ最強なの!」

矢矧「そうよ。誰一人として、欠ける訳にはいかないんだからね」

提督「イタズラくらい寛容になる。それが姉妹、そして上司の役目だろ?」

酒匂「ぴゃ…ぴゃああああ!」

能代「うん。私も酒匂のことを理解出来なくて悪かったわ」

能代「本当の黒幕は…この駆逐艦だったって今わかったの!」

提督「ああ。様子を見る限り、どうやらそうらしいな」

電「………」


117 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 21:57:47.05 ID:/oJLTMkq0

電「…チッ。阿賀野姉妹全員集合という訳ですか。やっぱり姉妹愛は破壊できてなかったみたいですね」

電「ああ醜い。醜いのです。醜いのは嫌いなのです」

電「だからお前たちも酒匂と一緒にまとめて消してやるのです」

矢矧「電…やっぱり酒匂に悪いことを言わせてたのは貴方なのね!」ギリッ

阿賀野「電ちゃん!どうしてこんなことをしたの!酷いじゃない!」

能代「せめて理由だけでも教えて!電ちゃんは本来、こんなことは絶対にしない優しい人だったじゃないの!」

電「…あ?優しいだと!?」

電「諄い!それが醜いって言ってるのです!」

電「何が優しさですか!何が愛ですか!そこには何も得るものがないのです!」

電「電がそれを一番わかっているのです!電はそれをお前たちに教えようとしているだけなのです!」

電「だから、邪魔をするなぁぁぁぁぁ!!」ドゴォン

矢矧「酒匂!どいてっ!」ドスッ

酒匂「ぴゃ!?」

矢矧「…きゃああああっ!!」

阿賀野「矢矧っ!!」

提督「距離を取れ皆!!今の電は錯乱状態に近い!うかつに近寄ると危険だぞ!」


118 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 21:58:54.41 ID:/oJLTMkq0

酒匂「ぴゃああ!?ぴゃああああっ!!」(おねーちゃん大丈夫!?怪我はない!?)

矢矧「心配してくれてるのね…大丈夫よ、掠った程度で済んだみたいだから」

提督「電!お前という奴は本当に…!!」

電「はぁー、はぁー…」

電「はははは!ふっはっはははははは!」

阿賀野「い…電ちゃん!?」ゾクッ

電「酒匂を庇った矢矧が電の炎に包まれて…フハハハハハ!!」

電「そうなのです!あの時の矢矧もそうだった!無駄なことをしたから犬死にをしたのです!!」

電「愉快なのです!愉快なのですゥ!フハハハハハ!ハーッハッハ!!」

酒匂「ぴゃん…ぴゃん!?」(電ちゃん…電ちゃん!?)

能代「ちょっと見て!電ちゃんの姿がどんどん変化してる!」

提督「何!?」

電「グゥウウウウ!ガァァァ!!フッハハハハハハ!!」

能代「…嘘!?身体がどんどん大きく…」

阿賀野「それに身体が鋼鉄で覆われていって、まるで変身しているみたい…」

矢矧「ちょ、これどういうことなの提督!?私こんなの聞いたことないわよ!」

提督「だから俺にもわからんってば!こんなこと、前代未聞だ!」

酒匂「ぴゃああ…」(電ちゃん…どうして…)

電「クックックッ…」

電「さぁ…始めようかァ!!」

119 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:05:29.61 ID:/oJLTMkq0

矢矧「なにコイツ…」

提督「もはや人間じゃねぇな。バケモノだアレ」

電「電の本気…見るのです!」

電「ハァッ!」ヒュン

阿賀野「っ!速い!」

電「そこだ!」バッ

矢矧「酒匂!避けて!!」

酒匂「ぴゃあああっ!?」ゴロゴロゴロ

電「…うまくかわしたか」

酒匂「ぴゃあああ…」(ギリギリ直撃は避けれた…)

電「ハハハ…怯えるがいいのです逃げるがいいのです…!お前たちはすぐさま電に殺されるのですから!」

電「精々一秒でも多く生き延びれるよう、頑張るのです!」

能代「くぅ…電ちゃんの口からそんなセリフが出てくるなんて!」

提督「くそ、せめて理由がわかれば手の打ちようがあるのに!」

120 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:14:32.30 ID:/oJLTMkq0

阿賀野「提督さん、そういや私、こんな話聞いたことがあるんだけど」

提督「何だ、こんな時にどうした!?」

阿賀野「艦娘はあの戦争の魂を持った人間だって、提督さんは知ってる?」

提督「ああ、だからどうした」

阿賀野「実はその魂、中には負の感情を持った悪いものがいるんだよね」

提督「…?」

阿賀野「負の感情は、あの戦争に対する憎しみや怒りのこと」

阿賀野「そして、負の感情を持ったものは艦娘になれないらしいの」

阿賀野「なぜなら負の感情が暴走してしまえば、また人を傷つけてしまうから…」

提督「…そうか!お前の言いたいことがわかったぞ!」

阿賀野「うん!つまり、負の感情の魂を持った者は…」

提督「深海棲艦、つまり今の電ってことか!」

阿賀野「そういうことよ!」


121 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:15:33.84 ID:/oJLTMkq0

提督「要するに、電の中に何かしら負の感情が芽生え、深海に一気に取り込まれてしまった。ってとこか」

阿賀野「そうそう!」

矢矧「つまりあの電は深海棲艦。私たちの倒すべき敵ってわけね」

能代「わかったわ提督!さっそくあの化物をやっつけましょう!」

提督「…いや、その必要はない」

能代「えっ!?」

122 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:20:03.76 ID:/oJLTMkq0

矢矧「どうしてですか!そんなことをすれば、私たちはアイツに…!」

提督「考えてみろ。負の感情でああなってしまったのなら、負の感情を取り除けば電は元に戻るはずだ」

矢矧「ですが!」

提督「それに何より、あんな姿になっても電は電に変わりはなかろう」

矢矧「…!」

提督「電もお前たちと同様、俺の大切な仲間だ。やっぱり傷付けるなんて出来ない」

提督「わかるか、矢矧」

矢矧「しかし…でもっ!」

酒匂「ぴゃあ!」(矢矧おねーちゃん、大丈夫だよ!)

能代「さ、酒匂!?」

酒匂「ぴゃんぴゅ。ぴゃん、ぴゃあ!」(提督の言う通りだよ。どんな姿でも、電ちゃんは電ちゃんなんだ)

矢矧「うっ…」

酒匂「ぴゃあーぴゃ、ぴゃぴゅぴゅぴゃぴゃー?」(電ちゃんは優しい性格だって言われてたのに、実は変だったっていうのはおかしいってあたしは思う。だって電ちゃんは優しい性格の子だもん!)

酒匂「ぴゃあぴゃあぴゃ。ぴゃあ」(だから私は信じてるよ。電ちゃんが元に戻ることを)

矢矧「…」

酒匂「ぴゅうぴゃ、ぴゃー!ぴゃん!ぴゅ!!」(矢矧、一緒に頑張ろ!あたしも戦うから!ねっ!!)

矢矧「酒匂…!」

矢矧「…ごめん。ぴゃあぴゃあじゃ何て言ってるのかわからない…」

酒匂「」

提督「矢矧ー!!」

123 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:25:11.99 ID:/oJLTMkq0

矢矧「だってわからないものはわからないのに!」

提督「さっき酒匂が言ったのは、かくかくしかじか」

矢矧「えっ!?それを一蹴したの?最低じゃない私は!」

酒匂「ぴゃーぴゃー!」プンスカ

阿賀野「ちょっと提督さーん!遊んでる場合じゃないよーーー!」

能代「電ちゃんの腕が襲ってきます!早く作戦指揮をー!!」

電「ちょこまかと逃げるなぁぁぁぁ!!」ブンブン

提督「いかん!そうだった!」

提督「これより電を沈黙させる作戦に入る!総員、被弾は最小限に抑えろ!」

能代「りょ、了解!」

提督「まず阿賀野!電の足止めをするために>>125をするんだ!」

阿賀野「わかったわ!」

125 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 22:26:46.48 ID:qDicAFi+0

足払い

126 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:41:42.96 ID:/oJLTMkq0

提督「足払いだ!」

阿賀野「無理無理無理無理無理!」

矢矧「馬鹿!あの化物にどうやって近付けっていうのよ!?」

提督「俺に作戦がある!いいか阿賀野、ごにょごにょ…」

阿賀野「…それ本気でやれって言うの?」

提督「もちろんだ」

酒匂「ぴゃあ…」(おねーちゃん、頑張って…!)


127 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:45:50.70 ID:/oJLTMkq0

阿賀野「行くぞ!とう!」バッ

電「ん?何やってるのです?」

阿賀野「勝ってーくるぞといっさまっしくー!!」バサバサ

電「なんですかあのアホは。堂々と日の丸を掲げて接近してきてるのです」

電「これではただの動く的…」

阿賀野「ふふっ…撃つの、電ちゃん?」

電(いやまて電!さっき阿賀野に出し抜かれたのを忘れたのですか!?)

電(間違いない、これは阿賀野の作戦…何か裏があるのです)

電(ギリギリまで近付くのを待って、様子を見て、それから…)

阿賀野「スキありーーーっ!」ブォン

電「何!?」ドサッ


128 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 22:50:33.97 ID:/oJLTMkq0

提督「これは…知り合いの白水着女から教えてもらった作戦だ!」

能代「誰?」

提督「堂々としてれば、返って怪しまれ、敵は思うように動けなくなる…」

提督「そして接近したとこで的確な足払い!巨体と言えど弱点は変わらないはずだからな!」

矢矧「なるほど…」

電「舐めた真似を…!」

提督「次は倒れた電に追撃を仕掛けるぞ!」

提督「能代!電に>>130しろ!」

能代「>>130ね!了解!!」

130 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 22:51:52.55 ID:oKXJxWSSO

くすぐり攻撃

132 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:02:38.37 ID:/oJLTMkq0

提督「くすぐれ!」

能代「なんでよ!」

提督「いいから笑わせるんだ!電に笑顔を作らせろ!!そしたら多少は負の感情も薄まるはずだ!」

能代「そっか!そういうことね!」コチョコチョ

電「…」

提督「…」

能代「…」コチョコチョ

提督「よし!次の作戦に移る!」

能代「酷くない!?」


133 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:04:26.53 ID:/oJLTMkq0

提督「次々行くぞ!矢矧!!」

矢矧「私にお任せを!」

提督「電に>>135だ!」

矢矧「はい!!」

135 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 23:09:17.39 ID:Njwqm8Oko

キン肉バスター

137 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:29:29.47 ID:/oJLTMkq0

提督「筋肉バスターだ!」

矢矧「急に暴力的になったわね!?」

提督「まぁそのなんだ、一応、ダメージを与えて行動の拘束を…」

提督「とにかくやれ!矢矧!」

矢矧「提督命令だからやりますけど…」


138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:33:19.85 ID:/oJLTMkq0

矢矧「…重っ」

矢矧「ぐっ…うおおおお!でりゃああああ!!」

電「…」

矢矧「ああ…電の重さで…こ、腰が…折れる…!」

矢矧「も…駄目…限界!」フラフラ

提督「矢矧もういい戻れ!俺が悪かった!」

提督「そうだよな!やっぱり傷付ける必要なんてなかったんだ!」

矢矧「て、提督…そんなコロコロ態度変えないでくださいよ…」バタッ


139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:36:35.59 ID:/oJLTMkq0

提督「酒匂!お前で最後の作戦だ!」

酒匂「ぴゃあ!!」

提督「よし!いい返事だ!!頑張ってこい!」

提督「酒匂!電に>>141しろ!」

141 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:40:25.26 ID:UqMQHGC4o

パイルドライバー

142 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:48:07.06 ID:/oJLTMkq0

能代「だからなんでやねーん!!」スパ-ン

矢矧「暴力的なのは駄目って言ったでしょうが!」

提督「痛い!やめて2人とも!」

提督「冗談だから!本当は>>143だから!!」

矢矧「全く…」

140 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 23:38:26.98 ID:Njwqm8Oko

抱きしめろ

143 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 23:48:50.84 ID:Njwqm8Oko

>>140

145 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/11(火) 23:57:00.21 ID:/oJLTMkq0

提督「酒匂!電を抱きしめろ!電の感情を鎮めるんだ!」

酒匂「ぴゃああーあ!」(よーし!任せて!)

酒匂「ぴゃあ〜!」ギュウウ

電「…」

提督「電の負の感情を抑えるだけの努力は尽くした」

提督「あとは、電が分かってくれるのを待つのみ…」


146 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/11(火) 23:57:54.37 ID:/oJLTMkq0

最終回にはならなかったのです
もう少しだけ続くのです

149 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 21:45:17.18 ID:bM32rPj10

酒匂(お願い、電ちゃん…)ギュウウ

電(お願いだから、元の姿に戻って!)

電「…」

電「ふざけるなぁぁぁぁぁぁぁ!!」ガバッ

酒匂「ぴゃっ!」ドサッ

提督「!?」

電「何なんだ貴様ら!録に戦いもせずに阿呆なことばかりしやがって!」

電「この姿になった電を馬鹿にしているのですか!!」

提督「いや、俺は決してそんな訳じゃ…」

電「うるさいうるさいうるさいのです!」

電「何が艦娘だ!死にたくなければこの電とさっさと戦うのです!」

阿賀野「い、電ちゃんとっても怒ってる…」

能代「提督、これ、作戦、失敗してるんじゃ…!」

提督「…うむ。本来はまともに攻撃しないことで電の気力を落とし、負の感情を取り除く作戦だったんだが…」

提督「裏目に出てしまったな。これは少々まずい展開かもしれない…!」

電「許さない…戦わない奴なんか許さない…」

電「絶対に許さんぞ貴様ら!じわじわと嬲り殺しにしてやるのです!!」


152 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 21:49:47.74 ID:bM32rPj10

電「ヌァァァァァァアアアア!!」キィィィン

矢矧「うわっ…プレッシャーだけで足がすくむ…!」ビリビリ

能代「それに見て!電ちゃんの姿がまた!!」

提督「怒りで負の感情が増えてしまったか…さらなる変身をしているぞ!」

阿賀野「禍々しい眼光、10本の腕、3mを超える巨体…って、どんだけ怒ってんのこの人!?」

酒匂「ぴゃあ!ぴゅう!」(やばいよ提督!このままじゃ電ちゃんは完全に深海に取り込まれちゃう!!)

矢矧「提督!早く次の指示を!」

提督「ま、待ってくれ!今考えている!」


提督「そうだ!ここは>>155をすればいい!」

155 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/11/12(水) 22:00:43.96 ID:5zuH5q/o0

勝てるわけがない!逃げるんだぁ・・・!

157 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 22:13:15.79 ID:bM32rPj10

提督「勝てる訳が無い…逃げるんだ…」

阿賀野「うえええええ!?」

能代「ちょお待て提督!それは流石にアウトよ!?」

提督「だってもうあんなのだぞ!?見て分からないのか!たぶんアイツ姫クラスぐらいに強いぞ!?」

提督「だから逃げるんだぁ…」

酒匂「ぴゃ!ぴゃあ!」(いやいや待って!電ちゃんを元に戻す作戦はどうしたの!?)

矢矧「確かにあの電ちゃんは色々とヤバイけど、あんだけ言っといて逃げるのは無責任過ぎるわ!!」グイグイ

提督「やめろっ…!離せっ…!」

ギャ-ギャ- ギャ-ギャ-


電「………」イライラ


158 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 22:34:37.74 ID:bM32rPj10

電「グァオオオオオオオォォォォォォォォォ!!!」ズガァァァァ

提督「!!!???」ビクッ

矢矧「な、なに…ってうわぁ!?」ビクッ

電「そうなのですか…お前たちはそこまで死にたいようなのですね…知らなかったのです…」

矢矧「で、電ちゃん…なんか怖いよ…?」

能代「ねぇ、これってさ、阿賀野…」

阿賀野「…うん。やばいよ、冗談抜きで」

電「これは電のミスなのです。死にたい相手に嬲り殺す、なんて言っちゃって」

電「うっかりなのです!お前たちの気持ちに気付いてやれなかったのです!」

電「ごめんなさい。今すぐその願いを叶えてあげるのです」ユラリ

矢矧「あっ…ああ…」ガクガク

提督「な、なんてこったい…!」


159 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 22:37:52.40 ID:bM32rPj10

酒匂「ぴゃー!ぴゃーー!」(どうすんの提督!電ちゃんをとめてよ!!)

矢矧「提督の作戦ミスでしょ!?提督が何とかしなさいっ!」

提督「お、俺!?なんで俺が!」

能代「男でしょ!」

提督「く…なら>>161だ!」

161 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/12(水) 22:39:21.15 ID:52H5ISvAO

自爆特攻

164 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 22:55:09.49 ID:bM32rPj10

提督「じゃあな…お前たち」

能代「駄目!それは駄目!!」

矢矧「自爆だなんて嘘でしょ!?悪い冗談はやめてよね提督!」

提督「だが…作戦はこれ以外に無い!」

能代「えっ!?」

提督「これは作戦だ!電とて俺の艦娘!俺が自爆をすれば、多少は気も揺れる筈だ!」

提督「その瞬間には僅かだが電に隙が生まれるだろう。決して長くはないが、短くない時間だ!」

提督「だからお前たち…後は頼むぞ!」ダッ

矢矧「えっ嘘!?提督!!」

能代「提督!提督ーっ!!」

酒匂「ぴゃああー!!」(提督ーっ!!)

電「動きが遅いのです」ブンッ

提督「がぁっ!」ドスッ

能代「弱いっ!?」


165 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 23:08:14.57 ID:bM32rPj10

提督「時間稼ぎにも…ならんとはな…」ガクッ

能代「え?ちょっと!提督!?」

酒匂「ぴゃあ!ぴゃあ!」(提督!しっかりして!)

矢矧「駄目よ提督!無駄死になんて絶対に駄目!!」

矢矧「貴方がここで死んでしまったら、私はこれからどうすれば…!!」

阿賀野「大丈夫よ矢矧。提督さんは気を失っただけだから」

矢矧「え?そうなの?」

阿賀野「うん、まだ生きてるから安心しなさい」

矢矧「なんだ…よかった…」ホッ

阿賀野「…それよりも電ちゃんのこと、見て」

矢矧「えっ?」

166 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 23:34:37.57 ID:bM32rPj10

電「さすが司令官と言ったところなのです!特攻とは言え電に明らかな殺意を向けて来るとは!」

電「それでいいのです!美しい!美しいのです!殺し合いこそが軍艦の生きる道なのですから!」

電「救助なんか軍艦の仕事ではない!司令官もそれを知っていたのではないでしょうか!!電と戦ってくれて嬉しいのです!」

電「でもアイツは弱過ぎた!弱過ぎたのですよ!こんなヌルい戦いでは、電はまだまだ満足しないのです!!」


矢矧「…う」ゾクッ

阿賀野「どう?矢矧。あの電ちゃんの姿」

矢矧「狂気ね…。どの艦娘にも無い、恐ろしい考えだわ」

矢矧「自ら殺戮を、殺戮されることを望むなんて…あんなの人の心じゃない」

阿賀野「私の推測なんだけど、あれは電ちゃんの負の感情の一部だと思うわ」

阿賀野「今の電ちゃんの負の感情は、戦いを求めているということが表面化しているの」

阿賀野「戦うことが電ちゃんの負の感情をどんどん増大させている。そして電ちゃんはその方向に向かっていってるわ」

矢矧「うん。このままじゃそうなってしまうでしょうね…」

阿賀野「なら、電ちゃんを元に戻すために何をしたらいいと思う?」

矢矧「…?」

167 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 23:44:24.11 ID:bM32rPj10

阿賀野「そうよ!」

阿賀野「さっきの作戦を続けるの!落ち着いて戦わずに行くのよ!」

矢矧「!?」

168 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 23:45:35.32 ID:bM32rPj10

能代「阿賀野姉!それは絶対に違う!!」

矢矧「そうよ!さっき提督がそれをやったせいで電ちゃんは怒って!」

酒匂「ぴゃあ!」

阿賀野「ふふん、あなたたち。本当にそう思うかしら?」

能代「え?」

阿賀野「あれは怒ってるんじゃない。苦しんでいるのよ!」

矢矧「ええ!?」

阿賀野「今の電ちゃんは負の感情の塊、それが消えるというから必死で抵抗しているの」

阿賀野「だから自分が消えないように、相手に戦わせることで自己を保とうとしているんだわ」

矢矧「そ、そうか!そういうことだったのか!」

能代「提督を阿呆だと思ってたけど、実はこういう作戦だったのね!」

阿賀野「うん!提督さんは間違ったことはしていないわ!」

阿賀野「提督さんの真の狙いは、これにあったのよ!」


169 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/12(水) 23:52:46.08 ID:bM32rPj10

電「さぁお前たちも!この電と戦うのです!!」

阿賀野「さぁ行くわよ皆!阿賀野姉妹の実力、見せましょう!」

矢矧「了解!」

酒匂「ぴゃあ!」

電「やっと戦う気になったのですか!待ち侘びたのです!」

電「さぁ、死ねぇぇぇぇえ!!!」ブォン

阿賀野「フッ!」シュッ

電「何!?」

阿賀野「電ちゃん!私たちは一切手を出さないわ!」

能代「でも貴方は攻撃してきていいわよ?まぁ全部避けるけどね」

矢矧「さぁ、どこからでもかかってらっしゃい!」

電「舐められた…ものだな…!!」

電「いいだろう!皆殺し!なのです!!」

酒匂「ぴゃああああーっ!」


170 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/12(水) 23:53:41.55 ID:bM32rPj10

次回に続くのです
なかなか終わりませんが、クライマックスには間違いないのです

173 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:11:27.06 ID:ay3BTpDe0

電「でぇい!キエーッ!!」ブォン

阿賀野「遅い遅い!そんなんじゃ阿賀野には追いつけないよ?」ヒョイ

電「ぬりゃあ!ちゃああああ!!」バッバッ

能代「パワー任せの攻撃はスピードが伴わないわ。甘いわよ!」ヒョイ

電「おのれっ…逃げるな!戦うのです!!」ドゴォン

矢矧「それは無理ね。だってこれはそういう作戦なんだもん」ヒョイ

電「畜生…チクショオーーーーーッ!!!」ズガァン

酒匂「ぴゃあぴゃあっ!ぴゃあー!」(電ちゃん、これ以上無駄な戦いはやめて!)ヒョイ


174 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:15:33.15 ID:ay3BTpDe0

電「はーッ、はーッ!すばしっこい軽巡め…」

電「まさかこの姿でお前たちに翻弄されるとは思いもしなかったのです!」

能代「意外と大したことないのね、電ちゃん」

電「うるさい!」

矢矧「確かにその姿のパワーなら、私たちを一発で倒せると思うわ」

矢矧「だけど所詮は駆逐艦ね!貴方は動きが全然なってないのよ!」

能代「姿は戦艦でも中身はまだ駆逐艦なのかしら。そんなんじゃ阿賀野型に勝てっこないわ」

電「…ぐっ!ロクに戦ってない奴が…言ってくれるのです!」

電「舐めるなっ!図に乗るなよ軽巡が!」バッバッ

阿賀野「はっ、ほっ」スッスッ

矢矧「まだやる気なの?当たりもしないのに」

電「畜生…畜生!戦え!戦え!戦えっ!!」

電「何故戦わない!?何故戦わないんだお前たちは!」

電「それでも軍艦か!?電たちは艦娘なんだぞーーーっ!!」

能代「電ちゃん!戦うだけが軍艦の役目じゃないはずよ!」

矢矧「その考えは間違ってるわ。いい加減にしなさい!!」

酒匂「ぴゃあぴゃあ!ぴゅぴゅ!」(戦うのは絶対に駄目!これだけは譲れないから!)

電「うるさい!うるさいうるさい!黙れ!!」

電「戦うことこそ!戦うことこそが軍艦のあるべき姿なのだーっ!」ブンブン


175 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:21:27.35 ID:ay3BTpDe0

電「うおおお!ぐああああ!」

能代「電ちゃん、そろそろ諦めたら?」ヒョイヒョイ

矢矧「もうやめましょうこんな不毛な戦いは。これ以上はあなたが苦しいだけだから…」

電「フーッ、フーッ、フーッ…」

電「絶対に諦めたりなんかしないのです!お前たちが戦うまで電は戦い続けるぞ!」

矢矧「電ちゃん…」

阿賀野「矢矧、もう少しだけ頑張って」

阿賀野「ここが過ぎれば電ちゃんは戻ると思うから」

矢矧「う、うん!」


電「戦わないなら、そっちが戦わないと言うのなら…」

電「こっちにも考えがあるのです!!」

電「だから絶対に諦めたりしないぞーー!」

176 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:26:25.68 ID:ay3BTpDe0

能代「作戦?」

矢矧「それは一体何なのかしら」

電「聞いて驚くなよ…」

電「実は!電は後もう一つ完全体になるための変身を残しているのです!」

阿賀野「えっ!?」

電「この姿になってしまえば今でも電より力は大きく跳ね上がる!逃げ回るだけなんていう甘い作戦は取れないぞ!」

矢矧「なんですって?」

能代「まだ変身するっていうの!?」

阿賀野「大丈夫よ皆…さっきの回避挑発で戦意はかなり削ってるはずだから」

阿賀野「きっと苦肉の策よ!そこまで強くなるはずはないわ」

酒匂「…」

電「さぁ変身だ!この姿を見せるのは、お前たちが最初で最後!!」

電「行くのです!!ハァァァァァァァァァァ!!」ピカッ

能代「!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ


177 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:34:30.09 ID:ay3BTpDe0

阿賀野「今度はどんな姿に…?」

阿賀野「…あれ?」

電「ふっふっふっ」シュウウ

酒匂「…ぴゃ?」

電「どうだ。これが完全体になった私だ」

能代「え?何その姿」

矢矧「さっきまでの恐ろしい見た目とうってかわって、急に人間らしい姿になったわね…」

能代「手足も2本ずつに戻ったし、身長も1mちょっとくらいに縮んだし、お世辞にもさっきより強いとは思えないけど」

電「う…ん?おかしいですね」

電「私としては、もう少し禍々しい姿を期待していたのですが、これは…?」

阿賀野「やっぱり私の言った通りだわ。電ちゃんは負の感情を消費し過ぎたようね」

阿賀野「あとは時間が解決してくれるかも」

電「…?」


178 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:41:44.79 ID:ay3BTpDe0

電(おかしいですね。体中に力を感じたから変身したのですが…)

電(今の電には力よりも体の軽さを感じているのです)

電(だけど、今なら何でも出来るような、そんな気持ちもするし…)

電(だったら…)


電「ものは試しだ!行くぞ!!」

電「電の怒りを喰らえ!はあああああ!」キィィィィン

矢矧「…!?何アレ!」

能代「嘘!あの身体で、どうしてあんなものが!?」

電(凄い…何だこの力は!)

電(やっぱり変身して正解だったのです!これなら私は、戦える!)

阿賀野「皆!伏せてっ!!」

電「受けてみろーーーっ!」

ズガァァァァン


179 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:46:35.68 ID:ay3BTpDe0

矢矧「え…えっ!?」

電「どうです?電の真のパワーは」

能代「今のは46cm3連装砲…!さっきまでそんなもの持ってなかったはずなのに!」

電「ふふ…驚きましたでしょう?」

電「どうやら完全体になると、私の体の一部を、私の思い描く好きな武装に変化させることが出来るのらしいです」

能代「な、何ですって!?」

電「砲撃、雷撃、制空、対潜…全てが全て私の独擅場」

電「我ながら圧倒的な力なのです。電最終形態は」

電「力を持った自分に酔いしれてしまうのです」

矢矧「くっ…そんな!」

能代「形勢逆転された、ってわね…」


181 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:49:54.98 ID:ay3BTpDe0

酒匂「…!」

電「さて、貴様らはこれを見てもまだ抵抗しないとでも言い張るのですか?」

電「攻撃をせずに回避できると思っているのですか?」

能代「そっ…そんなの当たり前よ!」

阿賀野「電ちゃんを元に戻すためだもの!その程度で引き下がる訳には…」

電「そうか…それは残念なのです」

電「ふん」シュン

矢矧「えっ!?消え…」

電「ここだ」バッ

阿賀野「ッ!矢矧後ろ!」

矢矧「えっ?」

電「こうしてやる!喰らえ矢矧!!」

電「でやああああああっ!」ドスッ

矢矧「ちょ…きゃあああああああっ!!」バキッボキッ


182 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:52:00.20 ID:ay3BTpDe0

矢矧「あぁ…腰が…」

酒匂「ぴゃあああ!」(矢矧おねーちゃん!)

電「…おお。これが完全体の力なのですか。素晴らしいのです」

阿賀野「…速い。今までの電ちゃんとは格段に違う…」

能代「嘘でしょ…目にすら入らなかったわよ…」

電「まぁ当たり前なのです。これは最強の完全体なのですよ?能力もスピードも段違いなのです」

電「貴様ら人間如きが、電から逃げきるなんて、それは無理な話ですよ」ニヤッ

矢矧「くっ…こいつ…!」

電「さぁ…これを見て抵抗しなくてはと思っただろう?」

電「ならば戦え!電と戦うのです!!そうしなければ…」

能代「あ、阿賀野姉…!」

阿賀野「…作戦は続けるわ」

能代「!」

阿賀野「全てを水の泡にしちゃ駄目よ。あともうちょっとで終わるとこまで来たんだから」

阿賀野「だから意地でも戦わないで、皆」

能代「う…了解!」


183 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:56:03.10 ID:ay3BTpDe0

電「なら勝手に戦わせてもらうのです!」

電「阿賀野!まずは貴様だ!」シュン

阿賀野「っ!」

能代「阿賀野姉!」

電「貴様には散々コケにされたな!そのお礼をたっぷりしてやるよ!!」ブォン

阿賀野「ぐううっ…!耐えなくちゃ…」ガキィン

電「ガードとは無駄なことを!」

電「所詮貴様らはただの軽巡だ!装甲なんてあって無いようなものだろう!」メキメキ

阿賀野「ッあああ!うわあああっ!!」

酒匂「ぴゃあああーっ!!」(おねーちゃん逃げてー!)

電「ハハハ!これでもまだ戦わないと言うのかのか!?そんな希望なんてさっさと捨ててしまえよ!」

電「いや訂正だ!希望を早く捨てろぉーーっ!!」

阿賀野「それだけは…絶対に…嫌!」

阿賀野「電ちゃんだって諦めなかったでしょ!阿賀野型も諦めが悪いのよ!」

電「そうか!じゃあ戦わないオモチャなんかぶっ壊してやるのです!!」キィィィィン

阿賀野「あ、零距離の46cm砲は駄目…!」

酒匂「ぴゃああーっ!」(おねーちゃんっ!)


184 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 22:59:20.04 ID:ay3BTpDe0

能代「こ…こらぁぁぁ!阿賀野姉から離れろ!化け物め!!」ダッ

阿賀野「の、能代!?」

電「おお能代!お前は電に殺意を向けてくれるのですね!」クルッ

電「嬉しいのです!流石は阿賀野型一番のしっかり者!」ニコッ

電「さぁ来い!バラバラにしてやるのです!」バッ

能代「あっ…しまっ…」

阿賀野「能代!駄目!逃げて!」

電「ハッハァ!体重をかけたヘビーアタックだ!」ズブゥッ

能代「ぐふぁっ…!!」

酒匂「ぴゃあぴゃああっ!」(能代おねーちゃん!)

阿賀野「能代…そんな…」

電「阿賀野!お前の敵は私だ!よそ見してんじゃねぇよ!!」グシャッグシャッグシャッ

阿賀野「あっ!きゃああああっ!!やぁっ!!」

電「矢矧!お前もいつまでも転がってないでさっさと立つのです!」ゲシッ

矢矧「がふっ!」

酒匂「ぴゃあ…ぴゃああ!」(やめて…もうやめてよ!)

185 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:02:08.13 ID:ay3BTpDe0

電「…んあ?もう終わりか?」

阿賀野「うぐっ…げほっ…」

能代「なんて強さなの…!これじゃ手も足も出ないじゃない…!」

矢矧「だけど、戦うわけにはいかないのに…一体どうしたら!」

酒匂「ぴゃあぴゃ!」(おねーちゃんしっかりして!)

電「あーあ、姉たちは本当に腑抜けばかりですね。残念なのです」

電「じゃあ次は酒匂!今度はお前をいじめてやろうかな!!」ブゥン

酒匂「っぴゃあっ!」ズザ-ッ

186 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:06:37.95 ID:ay3BTpDe0

酒匂「ぴゃううう…」

阿賀野「酒匂…っ!」

電「…やっぱり貴様は姉たちよりも弱いですね。全然面白くないのです」

酒匂「ぴゃっ…」

電「でも貴様の泣く姿は愉快ですよ!?もっと悲鳴をあげたまえ!泣け!わめけ!叫べ!」

電「お前を殺すのが、私の真の目的なのですから!その前にここで楽しませてもらうのです!!」

酒匂「ぴゃあああ…」ガクガク

阿賀野「…えっ!?待って!」

能代「酒匂を殺すのが電ちゃんの目的ですって?」

矢矧「それはどういうことなの!」

電「あ?」

187 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:09:24.27 ID:ay3BTpDe0

電「目的?そんなの決まっている!」

電「憎いのだよ!酒匂、貴様がな!」

酒匂「ぴゃあ?」

矢矧「憎しみ…酒匂に?」

電「ふむ…そうだな。この際教えてやろうか?私が貴様を憎む理由を」

阿賀野「酒匂を憎む…理由…」

能代「お願い電ちゃん!教えて!」

電「いいだろう!」

電「冥土の土産によーく聞いておくんだな」

188 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:15:40.76 ID:ay3BTpDe0

電「私が一介の軍艦だった頃だ…」

電「私は姉と共にとある国の軍艦を救助したことがある」

電「その時の私は気が触れていたのだろう…。私達は、戦争を終わらせる方法が助け合う心だなんて幻想を抱いていたんだ」

電「もちろんそれは大きな間違いだった」

電「私は敵国から攻撃を受け、私の姉に至ってはゴミ扱いされながら沈んでいった」

電「そうして私が沈んでから月日が経ち、最終的にその敵国はあの戦争に勝利した」

電「つまり敵国は正しかったんだ」

電「平和に優しさはいらない、武力こそが世界を平和にするのだと」

電「現にその国はそれを体現するかのように軍力を増大させ世界の頂点に立っている」

電「わかるか?戦いこそが世界を平和に導く要だということが」

酒匂「…?」

矢矧「えっと、それが電ちゃんの憎しみなの…?」

能代「その話、酒匂関係ないような気がするんだけど」

電「いや、大いに関係がある。人の話は最後まで聞くのです」

189 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:19:12.65 ID:ay3BTpDe0

電「さて、ここで私が言いたいのは…」

電「酒匂が、あの戦争で戦いというものを一切経験していないということだ」

酒匂「!」

電「これはおかしいのです。平和のために戦うものが戦いを知らないなんて」

電「艦娘の大半は戦いというものはどんなものかを知っているはずなのです」

電「だが貴様にはわからないだろう!戦いの意義が!戦いの虚しさが!!」

電「私はそれを知っている!私は気が触れていたが、戦いの中で沈んだからな!」

電「お前は艦娘なのにそれを知らない!!言ってしまえば中身の無い空っぽのクソガキだ!」

電「私はそんな奴が存在することを許せない!これが私が貴様を憎む大きな理由だ!」

酒匂「…!」

190 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:21:57.55 ID:ay3BTpDe0

能代「…それって結局酒匂には関係ないことじゃない!あなたの考え方の問題よ!」

矢矧「そんなのおかしいよ!そんなの一方的な机上の空論なだけ…!」

矢矧「貴方に、酒匂の何がわかるというのっ!!」

電「貴様らとて、私の気持ちを分かっているのかァァ!」

電「自分の信じたものを否定される悲しみ!優しさを武力で否定される悲しみがァァァァ!!」


191 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:28:17.67 ID:ay3BTpDe0

矢矧「うっ…それは…」

阿賀野「矢矧、下がって」

矢矧「阿賀野姉…」

阿賀野「大丈夫。ここはお姉ちゃんに任せなさい」

阿賀野「今なら…電ちゃんを説得できるかもしれないから」

192 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:35:49.99 ID:ay3BTpDe0

阿賀野「電ちゃん!」

電「阿賀野…?私に何か用か」

阿賀野「ようやくわかったわよ。あなたの正体が」

矢矧「!?」

電「あ?私の正体?」

阿賀野「電ちゃんの負の感情の正体は、あなたが言ったこと全てそのままよ」

電「はぁ?」

阿賀野「あなたの心は今、優しさが消滅し、全てが武力によって支配されているわ」

阿賀野「だから電ちゃんはこんなにも戦うことを望んでいた。そして戦いをしていない酒匂をこの鎮守府から排除しようとした」

阿賀野「…それが今の電ちゃん。あなたなの」

電「ん…」

電「だいたいその通りだな!そうだ間違っちゃいない」

電「だが理解しているのなら何故戦ってくれないのです!?私はさっさと電と戦ってほしいのです!」

電「それが、私が心から望む、願いなのですから!!」

阿賀野「…」

矢矧「あ、阿賀野姉…」

能代「これでどうするの…?」


193 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:39:22.74 ID:ay3BTpDe0

阿賀野「…じゃあ電ちゃん。ひとつだけ、聞かせて」

電「何ですか?ひとつなら答えてやってもいいのです」

阿賀野「あなたは、酒匂を殺すのが目的だって言ってたよね」

電「そうなのです!同じことは何度も言わせないで欲しいのです!」

電「私は酒匂が憎い!今すぐにでも殺してやりたいなぁ!!」

酒匂「…」

阿賀野「電ちゃん、ここで疑問があるんだけど」

電「?」

阿賀野「どうして…」

阿賀野「どうして酒匂と初めて会ったときは、真っ先に殺そうとしなかったの?」

電「ふん、それは…」


194 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:49:00.94 ID:ay3BTpDe0

電「それは…あれ?」

電「…何でだ?わからん…」

阿賀野「答えは至って単純。あなたはそんなことは思っていなかったから」

電「何!」

阿賀野「思い出してみなさい。あなたが酒匂と初めて会ったときは、本当は殺意すら感じなかったはずよ」

電「そ…それは嘘だ!」

電「だったらなぜ、電は酒匂をこんなにも憎んでいるのですか!」

阿賀野「負の感情はあることがきっかけで増大化するわ」

阿賀野「あなたは、そのきっかけが酒匂だって言ってたけどそれは違う」

阿賀野「あなたの本質は…沈んだ船でも助けるような、優しい人なのよ?その程度で殺意が芽生える訳がないじゃない」

電「し、しかし…でもッ…!」

阿賀野「あなたの負の感情が増大した原因は、あなたが本来の性格に背いてずっと戦い続けたからなの」

阿賀野「そしてあなたはいつしか沈めることを正当化してしまったのよ。それに感化されたことにも気が付かずに」

阿賀野「そしてその埋め合わせを、たまたま鎮守府にやって来た私の妹、酒匂に押し付けてしまっただけ!」

阿賀野「つまりこれがあなたの負の感情の正体よ、電ちゃん!」

電「なん…だとっ…!?」

195 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:53:15.97 ID:ay3BTpDe0

電「馬鹿な…馬鹿な…」

阿賀野「電ちゃん!もう一度やり直そう!」

阿賀野「今度こそ、戦いのない平和な世界をつくろう!今ならきっと出来るわ!」

電「戦いのない…平和な世界…」

阿賀野「そうよ!本当のあなたが求めた、本当に素晴らしい世界よ!」

阿賀野「だから…戻って来て!!電ちゃん!!!」

電「ううっ…ううっ!」

196 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/13(木) 23:59:43.64 ID:ay3BTpDe0

電「…喋るなァァァァァァァァ!!!!!」

阿賀野「きゃっ!?」

矢矧「い、電ちゃん!どうして!」

電「耳障りなんだよ!ごちゃごちゃ抜かしやがって!」

電「戦いの無い世界?美しいなぁ!それは!!それが存在したらだけどなぁ!!」

電「貴様もどうやら酒匂と同じらしい人間だ!だったら酒匂同様にお前も殺してやる!」

能代「電ちゃん…後少しで元に戻りそうだったのに…!」

酒匂「ぴゃあぴゃぴやん!」(なんで!どうしてこんなに通じないの!?)

阿賀野「そんな…電ちゃんの負の感情がここまで強かったなんて…」

阿賀野「だけどまだ可能性はある!私、電ちゃんを取り戻すまでは絶対に…」

電「ウッウウ…グッ!!」

阿賀野「え?」

電「ウギャギャギャオーーーッ!!!」

阿賀野「ええ!?」

酒匂「ぴゃあーっ!?」

201 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:13:03.67 ID:FSGKwNqh0

電「殺ス…殺ス…殺ス…!」

電「何度デモ海ノ底ヘ沈ンデユケ!モウ容赦ナンテシナイゾォォォ!!」

阿賀野「電ちゃん!?電ちゃん!!」

酒匂「ぴゃ、ぴゃああ…」(で、電ちゃんが狂った…)

能代「阿賀野姉の言葉なんか知らないって言わんばかりの態度ね…いまにも暴れ出しそうよこの子」

矢矧「もう駄目なの…?電ちゃん、元に戻らないの…?」

阿賀野「そんな…ここまで頑張ったのに…」

電「ゲッゲッゲ…ゲヘヘヘ…!殺ス…!」


202 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:14:46.56 ID:FSGKwNqh0

阿賀野「なんとかしなくちゃ、なんとかしなくちゃ…」

矢矧「駄目よ阿賀野!もうこれ駄目!」

能代「提督が最初に逃げようって言ってたのは実は正しかったわ!外に逃げてしまえば皆がいるから、それらに電ちゃんをやらせれば…!」

阿賀野「それは駄目よ!そうしたら、被害は広がるばかり!」

阿賀野「それに、戦いも勃発するだろうし、そうなったら電ちゃんは…」

能代「それはそうだけど…!」

矢矧「でも…でもこのままなら!」


203 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:15:54.21 ID:FSGKwNqh0

??「お前たち!諦めるんじゃない!!」

酒匂「!?」

??「勘違いするな。これはまだ終わりなんかじゃないぞ!」

能代「この声は…?」

??「阿賀野の言う通りだ。ここまで来たんだろ?」

??「これは勝利の兆しだ!電を元通りにするための、ラストダンスなんだ!!」

??「だったら俺たちで電にトドメをさそうぜ!」

酒匂「ぴゃあ…!」(あ…この声は!)

矢矧「聞き覚えのある、男の人の声…まさか!」

??「そうだ!そのまさかよ!」

??「待たせたな!ようやく帰ってきたぞ!!」

提督「俺は…提督だーーーっ!!」

阿賀野「提督!」

酒匂「ぴゃー!」(提督!!)


204 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:17:08.46 ID:FSGKwNqh0

酒匂「ぴゃ!」

能代「目が覚めたんですね!」

提督「ふっ…流石にこれ以上は黙ってられなくてな」

提督「俺が来たからには大丈夫だ。俺がお前たちに完璧な指示を出し、電を元通りにしてみせよう」

阿賀野「任せたわよ、提督さん!」

矢矧「そうよ!こんなにも待たせたんだから、責任とってよね!」

提督「悪い悪い…。でも一応、俺は電が変身をしたあたりでずっと起きてたんだぞ?」

矢矧「えっ?」

能代「じゃあどうして早くこっちに来なかったの」

提督「あーその、なんだ」

提督「実は、電が怖くて腰が抜けて動けなくて…」

提督「それで、その…死んだふりしてた」

酒匂「…」

能代「うわぁ…」

矢矧「情けない…」

提督「…」


205 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:19:33.29 ID:FSGKwNqh0

阿賀野「そんなことより提督!勝機はあるってどういうことなの?」

酒匂「ぴゃあぴゃあーぴゃあ…」(そうだよ!電ちゃんもう聞く耳持たないって感じなんだけど…)

提督「お、おう!まずはそれを説明しなくちゃな!」

矢矧「…」

提督「いいかお前ら。あの電は一見すると言うことを聞かない化け物のように見えるんだが…」

提督「ああ見えて、電は阿賀野の説得を真っ向から否定している訳じゃないってことはわかるか?」

阿賀野「へ?そうなの?」

矢矧「どうしてそう断言できるのかしら」

提督「電の行動が変化したってことは、考え方も変わった、ってことなんだ」

提督「電に聞く耳が無ければ、あんなに取り乱すことはなく冷静さを保っているはず」

提督「だが電は阿賀野を受け入れた。そして自分と阿賀野、どっちの意見が正しいのかわからなくなっている」

提督「つまり電に阿賀野の意見を通させれば…あともう一押しすれば、電は元の優しい電に戻れるってことだよ!」

矢矧「なるほど!」

206 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:23:31.63 ID:FSGKwNqh0

提督「どうだこれ!俺の分析すごいだろ?」

能代「でも待って提督、一つ問題があります!電ちゃんはとっても強いのよ」

矢矧「あ…そっか、電ちゃんの戦闘力のことも考慮しないといけなかったわ」

阿賀野「はっきり言ってあの電ちゃんには私たちでは敵わないんですけど…」

酒匂「ぴゃあぴゃあぴゃあぴゅうぴゃあ」(電ちゃんを抑えて説得をするなんて、そんなの無理なんじゃ…)

提督「おいおい、何を言っているんだお前たち」

能代「?」

提督「その無理を通すため、お前たちに指示を出すのが提督だろう?」

阿賀野「提督さん…!」


207 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:26:18.86 ID:FSGKwNqh0

提督「さてでは」

提督「おい、電よ!」

電「…ア?」

提督「訂正する…電に取り憑いた、あの戦争の亡霊よ!」

提督「お前は戦いを望んでるらしいな」

電「…」

提督「遠慮はいらんぞ!この俺が相手になってやろう」

提督「さぁ来い!かかってきやがれ!!」

電「…」

電「ゲッゲッゲヘヘヘ…♪」

208 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:29:54.99 ID:FSGKwNqh0

電「ウギャギャギャギャーーー!!」バッ

阿賀野「き、来たあ!」

提督「作戦をお前たちに伝える!これは囮作戦だ!!」

提督「俺が囮になってる間、お前たちは電に説得をしてくれ!いいな!」

阿賀野「わかったわ、提督さん!」

酒匂「ぴゃあぴゃぴゃあぴゃ!」(間違っても死なないでね、提督さん!)


209 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:32:52.93 ID:FSGKwNqh0

電「ヒーッハハーッ!」シュン

提督「消えたか!」

矢矧「提督、瞬間移動よ!」

能代「気を付けて!あれは恐ろしい技だから!」

提督「案ずるな。実は俺は怯えながらもあの瞬間移動を細かく観察してたんだ」

提督「そして、俺は瞬間移動にある一つの弱点を見つけたぞ!」

矢矧「瞬間移動に弱点!?」

能代「そんなものあるの!?」

提督「瞬間移動の弱点…それはズバリ!」

提督「>>212だ!」

212 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/14(金) 22:39:25.54 ID:TISK3c7SO

現れる所に影がでる

213 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:52:37.23 ID:FSGKwNqh0

提督「現れるとこに影が出来るんだよ!」

矢矧「あっ、本当だ!」

提督「奥義!提督流見切り!」ヒラリ

電「…!?」

能代「提督やるじゃん!」

阿賀野「意外と素早いのね、提督さん!」

提督「当たり前だろ?俺は出撃したときにいくつもの艦娘と深海棲艦の流れ弾をかわしてんだぜ?」

提督「ただのパンチなんか、弾丸に比べりゃよっぽどおせーよ!」


214 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 22:56:04.91 ID:FSGKwNqh0

提督「さぁ阿賀野!今がチャンスだ!電に伝えろ!」

阿賀野「任せて!」



阿賀野「電ちゃん…聞いて!!」

電「ウ?」

阿賀野「酒匂は、戦いをしない奴ってあなたは言ってたけど…それは違うの!」

電「!?」

阿賀野「環境が悪かった…ただそれだけなのよ?」

阿賀野「辛かったのは電ちゃんだけじゃないわ!酒匂だって、自分が知らない所で仲間が沈んでってつらかったはず…!!」

阿賀野「酒匂は毎日、>>216って思ってたんだから!!」

216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/14(金) 22:57:59.12 ID:UbZKT/HJo

生き残れてうれしい

218 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 23:11:05.42 ID:FSGKwNqh0

阿賀野「仲間が沈むたびに、生き残れて嬉しい、って思ってたのに!」

酒匂「…」

提督「…」

阿賀野(私、これ、何言ってんのよ…!)

酒匂(阿賀野おねーちゃん…)

矢矧(ダメじゃん…阿賀野姉、本当にこういうの弱いのね…)

阿賀野(ごめん、みんな…)

提督(おい、おい…)


219 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 23:17:00.84 ID:FSGKwNqh0

電「酒匂、オ前ガ…」

電「生キ残レテ嬉シイ…ト思ッテイタダト」

酒匂「…ぴゃあ」

電「…」

電「グッ!」ガクッ

阿賀野「!?」

電「ツマリ…ツマリ…」

電「酒匂ニハ…一人ダケデモ奮戦スル心構エガアッタトイウノカ…!」

阿賀野「…はい?」

能代「え?あれ??」

電「マサカ…ソンナマサカ…」

電「我ガ…間違ッテタノカ…?」

提督「え…」

矢矧「…」

阿賀野「…えっと」

阿賀野「作戦成功よ!どや!」キラリ-ン

提督「偶然だろ!」


220 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 23:24:31.50 ID:FSGKwNqh0

電「ソ…ソンナ話ガアルワケナイ!」

電「今ノ酒匂ニハソンナ態度ハ見ラレナイジャナイカ!」

酒匂(まぁ実際そうなんだけど)

電「本当ダト、言ウナラ…」

電「喰ラエ!酸素魚雷ダ!」

矢矧「あっ!武装を自在に生み出す能力!」

能代「酒匂、危ない!」

電「ハハハ!酒匂ニ戦ウ意思ガアルナラ、コレヲ弾イテ見セヨ!」

酒匂「…!」

阿賀野「提督さん!酒匂が!!」

提督「これはやむを得ん…この際弾いても構わん!」

提督「酒匂!ここはお前の判断に任せるぞ!」

酒匂の行動>>222

222 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/14(金) 23:34:15.91 ID:D3z4JpP9o

無防備に受け止める

223 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/14(金) 23:49:50.73 ID:FSGKwNqh0

酒匂「…」

提督「酒匂!?」

能代「どうしたの!?早くよけなくちゃ…」

酒匂「ぴゃあ…ぴゃあ」(逃げないよ、私は)

酒匂「ぴゃあぴゅう。ぴゃああ」(だって、ここで反撃したらまた振り出しに戻るかもしれない)

提督「酒匂…しかし!」

酒匂「ぴゃあああ!ぴゃああ!」(お願い!受け止めさせて!)

酒匂「ぴゃああぴゃっ!ぴゃあああ!!」(私はもう仲間を見殺しなんかにしない!皆、一緒に暮らす仲間なんだ!!)

提督「酒匂!酒匂ー!」

阿賀野「お願い!せめて私たちに分かる言語で話して!」

矢矧「阿賀野姉、それ今言う必要あるの!?」

228 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:08:58.26 ID:oYmven1x0

ドッゴォォォォン

矢矧「酒匂!」

酒匂「ぴゃっ…ぴゃあ…!」(その程度じゃ…私は沈まないよ…!)シュウウ

提督「酒匂!無事だ!」

矢矧「かろうじて立ってる…生きててよかった…」

酒匂「ぴゃあ!」(へへっ!)

電「酒匂…ナゼダ…ナゼ回避シナカッタ…」

電「本当ハ戦イタカッタンジャナイノカ!?無念ヲ晴ラシタカッタノデハナイノカ!!」

電「貴様ハ一体ナンナンダ!貴様ハ一体何ガシタインダ!!」

酒匂「ぴゃ。ぴゃんぴゅうぴゃー」(そうだね。確かにあの時あたしは悔しかったよ)

酒匂「ぴゃああぴゃんぴゃあぴゃん、ぴゃあんぴゃーあ」(皆の代わりにあたしが戦えば、なんて何度も思ってた)

電「ナラバ…!」

酒匂「ぴゃーぴゃんぴゃあ、ぴゃぴゅぴゃぴゅ」(でもあたしはわかったんだよ、そんなのは間違いだってことが)

電「何!?」

酒匂「ぴゃ。ぴゃんぴゃん」(わかったんだ。戦いは何も生み出さないって)

酒匂「ぴゃああ、ぴゃああ、ぴゃぴゃぴゃああ!」(戦えば、人の憎しみを呼び、またその憎しみが新たな憎しみを生んで行く!)

酒匂「ぴゃんぴゃんぴゃんぴゃんぴゃん!」(あの戦争はそれが大きくなったものなんだってわかったんだ!)

電「ナッ…ソンナ…!」

酒匂「ぴゅーぴゅぴゃんぴゃあぴゃあ」(電ちゃんと戦えば、そこにまた深い闇が生まれてしまうの)

酒匂「ぴゃあぴゃん!ぴゃあ!」(だから戦いは正しいことなんかじゃない!あたしは戦わないよ!何があってもね!)

電「グッ、オノレ…!!」


229 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:10:27.12 ID:oYmven1x0

電「戦ワナイノガ、正シクナイコトダト…!?」

電「マサカ…ソンナ!我ハ…!」

提督「いいぞ酒匂!今のは電の心にかなり響いたはずだ!」

酒匂「ぴゃあ!」

提督「よし、電はもはや手を伸ばせば届く範囲まで来ている!」

提督「あともう少し!あともう少しだけ頑張ってくれよお前たち!!」

提督「絶対に電を深海から取り返すんだ!!」

酒匂「ぴゃん!」(了解!)

矢矧「私たちに任せて、提督!」

阿賀野「皆、ラストスパートに入るわよ!」

230 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:12:19.28 ID:oYmven1x0

電「コノ…コノ…コノッ!戦イハ大切ナコトダ!ナゼソレガワカラン!」

電「我ハ戦ワナカッタカラ、仲間ヲ失ッタンダ!!本当ハアノ時機銃デ射殺シテオケバヨカッタンダ!」

電「コレ以上、電ヲ否定スルナ!!死ネエエエエ!!」キィィン

能代「くっ…電ちゃんの方はまだまだ攻撃を続けるつもりのようね!」

提督「あれは艦載機!?本当に何でも出せるんだなアイツ!」

阿賀野「彗星甲よ!爆弾にあたったら致命傷になりかねないわ!」

矢矧「何とか戦わずに撃ち落とすことを考えないと…」

能代「提督、あれはどう対処すればいいですか?」

提督「任せろ。こんな時の為の作戦も既に考えてある」

提督「>>232で艦載機を無力化するぞ!」

232 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 22:14:39.91 ID:YuZygYDZo

口寄せ・五重羅生門

233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:35:46.89 ID:oYmven1x0

提督「某忍者漫画の口寄せの術だ!ハッ!!」ボコォ

矢矧「うわぁ!なんか不気味な物体が出てきた!」

阿賀野「それ結構強い防御技だよね!提督がなんでそれ出来んの!?」

提督「提督だから出来るんだよ!色んなことがな!」

阿賀野「…」

提督「先生!お疲れ様でした!!今まで素晴らしい漫画を描いてくださってありがとうございます!」

能代「駄目だ、全然意味がわからない…」

酒匂「ぴゃあ…」


234 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:39:33.70 ID:oYmven1x0

提督「行け!電の彗星甲から俺たちを守ってくれ!」キィン

深海彗星「…!」

能代「つ、強いわねこの壁みたいなの…」

阿賀野「とにかくこれでガードに成功したわ!」

矢矧「何もともあれセーフね!」

提督「ふー、体力使うなこの技は…疲れた」

電「ナ…馬鹿ナ…!」

電「コノ我ガ…コノ我ガ戦ワナイ奴ラナンカニ力デ劣ルトハ!!」

電「アリエン!アリエンゾ!」

阿賀野「これで戦うことよりも戦わない方がいいってこれでわかったでしょ!」

能代「それに電ちゃんも知っててるんでしょ!?戦うことは本当はいけないことだって!!」

提督「思い出してくれ!あの電を!敵にすら愛情を捧げていた優しい電を!!」

酒匂「ぴゃあぴゃ!」(その全てを!)

電「チクショウ…!」

電「チクショウ!チクショウ!チクショウ!!」

電「ウウッ…ガアッ…ギャギャギャギャギャーーー!!」ドゴォン ドゴォン

235 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:41:02.54 ID:oYmven1x0

提督「うわっと!あいつ主砲を乱射してきたな!」

阿賀野「うわああああ!司令室がー!!」

矢矧「流れ弾に注意して!電ちゃんが乱射してるのは46cm砲、当たったら即死よ!」

酒匂「ぴゃー!?」

提督「しかしこれは最大のチャンスだ!我を忘れているということは電の自分自身が揺らいでる証拠!」

提督「フルパワーで行く!お前たちの全力の想いを電にぶつけろっ!!」

矢矧「了解!これでついに最後ね!」

能代「いくわよ!皆!頑張りましょう!」

酒匂「ぴゃああああー!」


236 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:42:46.75 ID:oYmven1x0

阿賀野「電ちゃん、聞きなさい!」

電「嫌ダ!聞カナイ!」

能代「貴方があの戦争で沈んだ船を助けたのは、絶対に間違った行動なんかじゃないわ!」

電「嘘ダ!嘘ダ!!」

電「戦ウンダ!戦ウコトコソガ正シイコトナンダ!」

矢矧「それは違うわ!さっき酒匂が言ってたでしょ!」

酒匂「ぴゃあぴゃぴゅぴゃん!ぴゃぴゃんぴゃぴゃん!?)(戦いは負の連鎖を生み出す!だけど電ちゃんは助けることで戦いにによる負の連鎖を断ち切ろうとしてたんだよ!?)

酒匂「ぴゅうぴゃあ!ぴゃあぴゃあぴゃあ!?ぴゃんぴゃんぴゅう!?」(なのにどうしてそんな自分を否定するの!想いが報われなかったからなの!?戦争に負けたからなの!?)

電「黙レ黙レ黙レ黙レ黙レ!黙レ!戦ワナイコトハイケナイコトダ!」

電「戦イヲ否定スル奴ナンカコウシテヤル!」ドゴォン

酒匂「っ!」

提督「酒匂!」

酒匂「ぴゃあ…」(大丈夫…なんとかかわしたよ)

電「オノレ…オノレ…!」


237 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:44:29.25 ID:oYmven1x0

能代「電ちゃん、いいから聞いて!!」

阿賀野「あの時のあなたは本当に良いことをしたのよ!それを認めなさい!」

電「ヤダ…ヤダ!」

能代「私たち他の仲間や、あの戦争に勝利した国ですら、そんな真の平和を求めるようなことは出来なかった!」

酒匂「ぴゃあんぴゃん…ぴゃー!」(なのに電ちゃんは戦うことを正当化して…!すっかり汚れてちゃってるよ!)

電「違ウ…アンナノハ平和ニ程遠イ行為ダ!」

矢矧「どうして貴方はそこまで自分を否定するの!本当に電ちゃんを否定してるのは貴方だってどうしてわからないの!!」

阿賀野「辛くないの!?私だったら辛いよ!自分の価値観を捨てて、無理矢理敵の価値観を植え付けられるなんて!」

酒匂「ぴゃあぴゃあ!ぴゅうぴゅう!」(だから電ちゃん、もうやめよう!戦いは正しいことじゃない!)

提督「本当に正しかったのはあの時の電!お前自身なんだ!!」

電「我ハ…!私ハ…!電ハ…!」

電「戦ウ…!戦ワナイ…!沈ンダ敵…助ケル…!?」

電「ウウッ…アオッ…!!」

電「ウワァァァァ!!ギャアアアア!!」


238 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:45:49.03 ID:oYmven1x0

提督「電!」

提督「これで…終わりだ!」

提督「帰って来い!俺たちの、鎮守府に!」





239 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:46:59.11 ID:oYmven1x0

電「グアッ!ギャッアアア…ウワアアアアアア!!」ガクガク

電「ギッ、ガッ!ギャオオ!!グアオオオオオオオ!!!」ビクッビクン

酒匂「ぴゃあ!?ぴゃああー!?!?」

阿賀野「電ちゃん!提督電ちゃんが!!」

能代「とても苦しんでます!あれ大丈夫なんですか!?」

提督「安心しろ!これはついに電から負の感情が剥がれる時が来たんだ!」

提督「苦しんでるのは、電を支配している負の感情が消えそうだからだ。アイデンティティが消えると錯覚して恐怖しているのだろう」

提督「電…長く、辛かっただろう?苦しかっただろう…」

提督「だが、お前はもう!あの忌々しい戦争の記憶から解放されるべきなんだ!!」

阿賀野「電ちゃん頑張れ!あともう少しよ!」

矢矧「ここさえ乗り切ったら、貴方はもう…」

酒匂「ぴゃあ!」(楽になれる!)

電「アッ…アアア!!」

電「ウギャアアアアアーーー!!」


240 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:48:16.64 ID:oYmven1x0











電「…我ハマダ沈マナイ!!」

酒匂「!?」

電「平和ナ世界ヲ創リ上ゲルマデハ!!!我ハ沈マンゾ!!!」

提督「何!?」

電「ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!」


241 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:49:32.05 ID:oYmven1x0

電「フーッ、フーッ、フーッ!」

酒匂「ぴゃあ!」(電ちゃん!)

阿賀野「提督!これは!?」

提督「これは完全な予想外だな…まさかここまで粘るとは!」

提督「ギリギリで負の感情が剥がれるのを阻止しやがった!」

矢矧「あと少しだったのに!またなの!?」

阿賀野「電ちゃんに私たちの想いは伝わってたんじゃないの!?」

提督「いや…それは間違いないはずだ!俺たちの説得はしっかりと電に届いている!」

能代「だったらなんで!」

提督「電には、強い信念があったんだ!!」

矢矧「信念!?」

提督「確か電は戦うことが平和に導くって言っていたな」

提督「電はそれを心の底から信じているんだ。あの戦争で勝利したあの国は、電のやり方ではなく、戦うことによって世界を平和に導いたんだから」

提督「だから電はあんなにも戦うことにこだわっている。平和な世界を創るためには戦うしかないという信念を持っていたんだ!」

提督「電があの戦争で戦っていなかった酒匂を憎いと言ったのもこれが理由なのだろう。初対面で殺意が湧かなかったのは、電が酒匂のことをよく知らなかったからだ」

能代「そんな…」

242 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:50:34.97 ID:oYmven1x0

矢矧「じゃあ、電が頑なに私たちの言うことを聞こうとしなかったのは…」

提督「うん。戦わなければ世界はまた平和が崩れてしまうという思いがそれを阻止したのだろう」

提督「それに俺たちはあの戦争で負けている。誰しも、勝者と敗者なら勝者の方を信じたくなるもの」

提督「だから俺たちの説得はなかなか届かない。電は、勝者が提案した平和のやり方を信じているからだ!」

阿賀野「えっと、なら電ちゃんがあんなに私たちに戦うことを強要してた本当の理由は…」

提督「平和のため一緒に戦ってくれ。電には自分を犠牲にする覚悟は出来ている。そんなことを伝えたかったのではないか?」

矢矧「そうか、私も分かったわ!電ちゃんがここまで粘る理由が!」

酒匂「ぴゃんぴゃんぴゃー!」(電ちゃんはただ戦いを正当化したいだけじゃないんだ!)

阿賀野「電ちゃんの平和を望む強い想いが…」

提督「そうだ!電の負の感情を保ち続けている!」


243 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:52:03.90 ID:oYmven1x0

阿賀野「でも戦うことが平和のためだなんて絶対に違うよ!」

酒匂「ぴゅ!ぴゃあぴゃあぴゃー!」(そうだよ!あたしたちが何度も電ちゃんにそう説得し続けて来たじゃない!)

矢矧「提督は言ったよね!私たちの想いは電ちゃんにちゃんと伝わってるって!」

能代「なら電ちゃんを、戦いを好まない元の電ちゃんに戻せる希望はまだあるでしょ!」

提督「当然だ。俺たちはそれを電に最後まで伝えなくちゃいけないんだ!」

提督「俺たちは電と一切交戦をしなかった!これが電にとって大きな衝撃となっている!」

提督「電の強い信念は、俺たちの強い信念にしか曲げられないんだ!」

阿賀野「そうだよ!阿賀野たちここまで頑張ったんだもん!」

酒匂「ぴゃあぴゃあ、ぴゃあぴゃあ!」(この魚雷の傷、無駄なんかじゃないんだ!)

提督「行くぞ!お前たち!」

矢矧「これが、ラストミッションよ!!」

能代「今度こそ、絶対に、電ちゃんを取り戻しましょう!」

酒匂「ぴゃん!」

244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 22:54:41.95 ID:oYmven1x0

電「戦ウ、平和、戦ウ、平和、戦ウ、平和!」

電「ワカラナイノナラ、身体デワカラセテヤロウ!!」キィィィン

提督「むっ、電の腕が!」

酒匂「ぴゃ…ぴゃあ!」(あれは…巨大な砲塔!)

電「ハハハハ!フハハハハ!!」

電「喰ラエエェェェェェイ!!全力ノ150インチ10連装砲ダ!!」

電「避ケレバ全テガ吹キ飛ブ!止メタクバ戦ワザルヲ得ンゾォォォォォ!!!」

提督「…どうやらこれが電の最後の攻撃のようだな」

矢矧「そうみたいね…」

阿賀野「電ちゃんから強い意思を感じる…だけど、私たちだって負ける訳にはいかないの!」

提督「ああ!電の信念を詰めたこの攻撃に耐えれば、奴はきっと沈黙するだろう!」

提督「行くぞみんな!頑張れ!!」

酒匂「ぴゃあ!」

提督「>>248をする!」

248 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 22:59:44.08 ID:No4vyFfTO

みんなの力を酒匂に与える

249 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:32:41.71 ID:oYmven1x0

提督「酒匂、やはりここはお前に頼るしかない!お前は電を止めるためのキーパーソンだ!」

酒匂「ぴゃああ!?」(あ、あたし!?あたし一人で立ち向かえって言うの!!)

提督「大丈夫だ。お前には俺たちの力を与える!」

提督「それで電の一撃を阻止しろ!」

酒匂「ぴゃ…」(皆の…力…?)

提督「さぁ阿賀野、能代、矢矧よ!酒匂にパワーを与えるんだ!」

能代「パワー…ってどうやって!?」

矢矧「そんなこといきなり言われても方法が…!」

阿賀野「提督さん、こうかしら!?」シュイイン

提督「その調子だ阿賀野!」

矢矧「阿賀野姉もどうして出来んのよ!」


250 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:34:07.15 ID:oYmven1x0

能代「えーい!もうどうにでもなれ!」シュイイン

矢矧「阿賀野姉の見よう見まねでやってやるわよ!」シュイイン

提督「いいぞ!お前たち!」シュイイン

酒匂「…!ぴゃああ!!」(凄い!力が湧いてくる!)

酒匂(これなら、あれだって、止められる!)


251 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:36:41.26 ID:oYmven1x0

電「ゲハハハハ!馬鹿ダナァ!」

電「イクラ雑魚ノパワーヲ吸収シタトテ、電ノ力ヲ超エルコトハ出来ヌゥ!!」チュドン

提督「酒匂、行けーっ!」

酒匂「ぴゃああああーー!!」ガキィィィィン

電「!?!?」

酒匂「ぴゃああ!ぴゃああー!!」(こんな石ころ一つ!あたしが押し返してやるーーっ!)ググググ

電「バ、馬鹿ナァァァァァ!?」

矢矧「酒匂!強い!!」

阿賀野「見て!酒匂が緑色の輝きを!」

提督「電を取り返したいという、俺たちの想いが酒匂の肉体と共鳴してるんだろう…」

提督「行けるぞ酒匂!その光で電の砲撃を蹴散らせ!!」


252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:38:19.83 ID:oYmven1x0

電「ツ、追加砲撃!」チュドン

酒匂「ぴゃんぴゃん!」(無駄だよ!電ちゃん!最新鋭軽巡は強いんだ!)

酒匂「ぴゃああああ!!ぴゃああああああああ!!」(仲間を守る時は特に強い!重巡や戦艦だって倒しちゃうんだから!)

電「仲間…守る…ダト…!?」

電「ソンナ、馬鹿ナ…!」

提督「今だ酒匂!全力で行け!」

阿賀野「電ちゃんの砲撃を打ち消しちゃえええ!!」

酒匂「ぴゃああーーーああああああーーーッ!!!」ググググ

電「ワ、我ノ弾ガ消エル…!?」

電「ア…嘘ダ…アアア…!」シュウウウウ


253 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:40:15.37 ID:oYmven1x0

酒匂「はぁ、はぁ、はぁ…」

阿賀野「酒匂!電ちゃん!」

電「我ガ…最強ノ…砲撃ガ…」

電「消滅シタ…ダト…受ケ止メル…ダケデ?」

電「戦ウ…必要…アッ…アア…」

提督「どうだ、電!戦わなくたって強いだろう!」

阿賀野「いや、きっと戦わない方が強いわ!見たでしょ今の!」

能代「これで完全に理解出来たでしょ?私たちの言いたいこと!」

酒匂「ぴゅーぴゃーん!」(戦うことの無意味さが!)

電「グッ…ヤメロ…!」

電「グアアアアアアアア!!」

254 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:45:13.25 ID:oYmven1x0

電「グワァァァァァ!!貴様!貴様貴様貴様貴様!!」

電「ヤメロ!コンナノ…嘘ダァァァァ!!!」

矢矧「嘘じゃない!事実よ!」

提督「電に取り付いたあの戦争の悪霊よ!いい加減に電から離れろ!」

酒匂「亡霊は…暗黒へ帰れーーーっ!!」

電「ヌアアアアアア!!苦シイ…!我ガ…消エテシマウ!!」

阿賀野「電ちゃん、帰ってきて!お願い!」

矢矧「本当の平和は…ここにあるはずだから!」

提督「だから電!正気に戻れぇぇぇ!!」

電「ガ…ッ!ガハァ!」

電「へ…平和ナ…平和ナ世界ハ!」

電「創ラレル!人ノ強イ意思ニヨッテ…!!」


255 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:48:05.40 ID:oYmven1x0

電「ウグッ…オエッ!!」

電「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

阿賀野「きゃ!?電ちゃんの口から黒い物が!?」

提督「あれは電の負の感情が固体化したものだ」

提督「あれが全身を蝕むと、深海棲艦になるのだろう」

阿賀野「…じゃあ、もし深海棲艦からこれを取り除くことが出来れば」

矢矧「戦わずに、奴らと対話が可能になるかもね…」

提督「…戦わずに平和になる方法か」

提督「本当は、電の目的はそれを教えてくれようとしたことかもしれないな」

電「アアアアアアアアアアッ…アア…!」

電(ソウダ…平和ハドンナ方法デモ創ルコトガデキルンダ…)

電(我ハソノ為ナラ、プラズマトシテ何度デモ蘇ル!)

電(忘レルナ、人類…艦娘ヨ…)

電(真ノ平和ハ、存在スルトイウコトヲ…)フラッ

電「…」ドサッ

能代「えっ?電ちゃん!?」

提督「おい電!?しっかりしろ!」

酒匂「ぴゃあ?ぴゃあああーー!」(電ちゃん?電ちゃーんっ!)


256 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:50:26.06 ID:oYmven1x0

〜〜〜〜〜

電「ううん…」

電「あれ…私…」

提督「電!目が覚めたか!」

矢矧「電ちゃん大丈夫!?生きてる!?」

電「はい…私はなんともないのです」

酒匂「ぴゃああああーー!!」(電ちゃーん!元に戻ってるよー!)

阿賀野「よかったー!長かったーー!!」

能代「これで一件落着、ってわけね!」

矢矧「うんうん、よかったよかった」

電「よかったって…あの、皆さんの方こそ傷だらけですし、司令室もめちゃくちゃで…」

電「本当に大丈夫なのですか…?」

提督「あぁ、気にするな。これはちょっと事故があっただけさ」

阿賀野「そうそう!私たちには何もないから安心して!」

電「…」

257 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:54:21.76 ID:oYmven1x0

電「…誤魔化さなくていいのです」

能代「えっ!?」

電「正気に戻っても、記憶だけはしっかり残っているのです」

提督「電」

電「わかっているのです。電が一人で、皆を傷付けてしまったことくらい…」

阿賀野「電ちゃん…」

電「だからごめんなさい。電の感情が暴走してしまって…」

電「本来なら電が自分で抑えこむべきものだったのに…!なのに皆さんに迷惑をかけてしまって…!!」

電「どんな罰でも受けますから…!罪を償わせてください…!!お願いなのです!」ポロポロ

電「だからっ、だからぁ…」ポロポロ

酒匂「ぴゃああ…」(電ちゃん…)

提督「…」

阿賀野「提督…」

提督「ふん」

提督「罪とは何のことだ?電よ」

電「えっ…?」


258 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:55:53.39 ID:oYmven1x0

提督「気にすることはない。あれは俺の責任だ」

電「提督!?そんな…」

提督「いいから黙って俺の言うことを聞け、電」

電「っ…」

提督「お前はただ平和を望んだだけだ。俺はそんなお前を罪に問うことが出来るのか?」

阿賀野「私にも出来ないよ、電ちゃん。あなたは悪くなんかない」

電「でも!電はいっぱい悪いことして、取り返しをつかないことが!」

矢矧「取り返し?そんなのもうついてるじゃない」

電「えっ…」

能代「わからないの?それは当然」

提督「お前が無事に帰ってきたことに決まってんだろ?」

電「!」

259 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/17(月) 23:57:17.49 ID:oYmven1x0

電「うぐっ…わあああああん!!」ポロポロ

電「ごめんなさいなのです!ごめんなさいなのです!!」ポロポロポロポロ

矢矧「こらこら。謝る必要はないって言ったじゃない」

電「わぁぁぁぁん!わぁぁぁぁん!」ポロポロ

提督「辛かったよな、電。だがもう大丈夫だ。お前には俺たちがいる」

酒匂「ぴゃあぴゃあ。ぴゃあ!」(もうあの時と同じ辛い思いはさせないから!安心してね!)

電「ひぐ…ありがとう…ありがとうなのです!」

提督「おっと、そういえばお前を撫でてやると言ってまだ撫でてなかったな」

提督「さぁ来い。今度こそお前が思う存分だけ頭を撫でてやろうではないか」ナデナデ

電「ぐすっ…うええぇん!」ポロポロ

260 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:00:58.24 ID:g57D8gQm0

ガチャガチャ

提督「?」

長門「や、やっと開いた!!」バァン!

大和「提督!ご無事ですか!!」

酒匂「!?」

矢矧「な、長門さんに大和さん!?」

提督「ん?お前たち何事だ」

大和「何事だ?じゃないですよ!!司令室で度重なる爆発音!」

長門「心配して来てみれば何故か扉が閉ざされて動かない!もう私は提督の身に何かあったのかと不安で不安で…!」

大和「何事だって言いたいのはこっちですよ!」

阿賀野「あの、電ちゃん、これって」

電「…ごめんなさいなのです、これも電のせいなのです」

電「実はあの時、誰も入ってこれないようにと能力で鍵をかけておいたのです」

能代「ああ。つまり元の姿になって能力が失われたから鍵が開いたのね」

長門「んで、扉が開いたと思ったら見ればこの有様だ!私の悪い予感は的中し、司令室が大変荒らされている!」

大和「敵襲ですか!?一体何があったのですか!?」

長門「説明してくれ!!提督!!」

提督「あぁ、これはだな…」

電「これは私が…」

提督「電、出しゃばるんじゃない」

電「し、司令官!?」

提督「俺が全責任を取ると言っただろ。お前は大人しく下がれ。電には罪はない」

電「司令官…」

矢矧「提督…」

大和「皆さん、何をこそこそ話してるんですか!」

長門「さっさとワケを話せ!」

提督「待たせてすまない、大和、長門」

提督「これは俺が>>263したからなんだ」

263 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/11/18(火) 00:04:10.20 ID:TrHQ2hYR0

錯乱

264 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:17:16.81 ID:g57D8gQm0

提督「欲情したかr」

大和「」グシャッグシャッ

長門「」メキメキメキメキ

提督「…」チ-ン

阿賀野(提督さーーーんっ!)

酒匂(どうして数ある言い訳の中からそれを選んだのーー!!)

提督「は…はは…一難去ってまた一難か…」

提督「やはり難しいな…戦いのない世界をつくるのは…」

長門「何を言ってるんだお前は。これは罰だよ」

大和「女の子を部屋がメチャクチャになるまで暴行するなんて…よく見たら阿賀野ちゃんたちも傷だらけになってるし…」

大和「無理矢理シたんですか?これは酷いお仕置きが必要ですね」

提督「」チ-ン

阿賀野「…矢矧」

矢矧「そうね…私が上手く言い訳しとくから阿賀野姉と酒匂は提督を頼むわ」

酒匂「ぴゃーあ」


265 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:25:11.79 ID:g57D8gQm0

電「あれは合意のもとでやったから問題ないのです」

大和「!?」

矢矧「あれは負傷プレイよ。だから問題ないわ」

長門「!?!?」



阿賀野「提督さん、大丈夫?」

提督「し、死にそう…」

酒匂「ぴゃあぴゃん」(とりあえずドックに連れてく?)

提督「頼む…そうしてくれ…」

阿賀野「酒匂はいま何て言ったの?」

提督「俺を…ドックに…」

阿賀野「あードックね。了解」



266 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:28:08.09 ID:g57D8gQm0

阿賀野「…はい!これで手当ておしまい!」

酒匂「ぴゃんぴゃ?」(提督大丈夫?)

提督「すまん、迷惑かけた…」

提督「お前らじゃなくて俺がドックで治療を受けるなんてな…笑い話だよ」

阿賀野「まぁ今回は提督にちょっと借りがあるからね!」

酒匂「ぴゃんぴゃん!」(電ちゃんを助けてくれた感謝の気持ちだよ、提督!)

提督「ははは…そうか。それなら安心だ」


267 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:29:42.44 ID:g57D8gQm0

提督「しっかし一個だけ解決出来なかったものがあるなー」

阿賀野「えっ?」

提督「ほら、酒匂酒匂?」

酒匂「ぴゃ?」

阿賀野「あ…そういやどうして酒匂は喋れなくなったんだろ!?」

提督「うん。俺や電が酒匂語を理解出来たからよかったものの、それだけが謎でな」

提督「なんで喋れなくなったんだ?教えてくれ、酒匂」

酒匂「ぴゃ…」(あっ…)


268 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:32:44.96 ID:g57D8gQm0

酒匂(完全に夕張のこと忘れてた)

酒匂(思い返せば、この全ての元凶ってあの装置から始まったんだよね…)

酒匂(そういやあの人、半日くらいで装置直すって言ってたな…ってもうそろそろじゃん!?)

酒匂(まずいよ…こんな事件の後だもん…)

酒匂(いま夕張がここに来て、夕張が私が喋れなくしたってバレたら夕張は…!)


夕張「あっ酒匂ちゃん!ここにいた!」

酒匂「」

提督「おう夕張じゃねぇか。どうした?」


269 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:34:07.66 ID:g57D8gQm0

夕張「ども提督!実はこれを酒匂ちゃんに届けに来ました!」

酒匂「ぴゃ、ぴゃ…」(あっ、あっ…)

提督「ほほう。こりゃ複雑そうな機械だな」

阿賀野「それなーに?」

夕張「これはですね、声帯を退化させる装置です!」

提督「」

阿賀野「」

夕張「実はですね、酒匂ちゃんを実験体にして装置の力を試してたんですが…」

夕張「どうです!?ぴゃあぴゃあ鳴く酒匂ちゃん、可愛かったでしょ!」

提督「…」

阿賀野「…」

夕張「ん?あれ?反応薄いなぁ」

酒匂(あーあ…)

270 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:39:26.55 ID:g57D8gQm0

夕張「まぁいっか。じゃあ酒匂ちゃん、声を返すね」ポチ

酒匂「ぴゃ…あっ、戻った」

夕張「じゃ、そういうことで!失礼しましたー!」

提督「…待て。夕張」

夕張「はい?」

阿賀野「はい?じゃないわよ…!人の妹を勝手にモルモットみたいに使って…!」

提督「このせいで俺たちがどんなに苦労したか…!」

阿賀野「許さないわ夕張!あなただけはっ!」

夕張「わわ、何を怒ってるんですか!?阿賀野ちゃんまで!」

夕張「ほら、酒匂ちゃんも楽しかったでしょ?言ってやってよ!この2人に!!」

酒匂「あの…えっと…」

酒匂「確かに、この装置のせいで>>23からおかしくなったんだと思うけど…」

夕張「」

271 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:43:32.86 ID:g57D8gQm0

提督「阿賀野。やれ」

阿賀野「わかりました」

夕張「ちょ、阿賀野さん重いです。何やってんすか」

阿賀野「ごめんね。本当は戦わずに平和に行きたいんだけど…」

阿賀野「これは私たちの怒りよっ!喰らいなさい!!」パシ-ン

夕張「痛い!強めのビンタ!!」

提督「阿賀野よ遠慮することはない。これは罰だ、戦うこととは違う」

提督「だからもっと思いっきりやっていいぞ!」

阿賀野「了解よ提督さん!とりゃ!パイルドライバー!!」メキィ

夕張「あうち!痛いです!」

提督「夕張は反省せい!いつもいつも下らない発明ばっかしやがって!」

阿賀野「それが今回みたいな事件になることだってあるんだからね!気を付けなさいよ!!」

夕張「あの、事件て何のことスか!?」

提督「うるせぇー!」

夕張「ひぃーっ!」

272 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:45:44.50 ID:g57D8gQm0

酒匂「はぁ…せっかく平和に終わりそうだったのに」

酒匂「あたし、もう知らない!帰って寝よ!」

おしまい

274 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/11/18(火) 00:48:28.61 ID:g57D8gQm0

これにて完結なのです。こんなスレに最後までお付き合いありがとうございました。

ちなみに本当は酒匂を愛でる内容にする予定でした。私は一体どこで間違えたのでしょうか



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒとキスしなきゃ死ぬ…だと?」