ハルヒ「仲間外れを探すわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒキャラで演じる「八百屋のお七」

ツイート

1 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 22:11:13.39 ID:c0+igFFCO

「…な?んか違和感あるのよねぇ…」

放課後いつものように活動、というか暇潰しをしているとハルヒがそんなことを言い出した
違和感?そりゃあ宇宙人、未来人、超能力者がいればばりばりあるに決まってる
…まさか気づいちまったんじゃないだろうな
世界が滅ぶぞ…洒落にならん

「なぁハルヒ、違和感ってどんなだ?」

「それが私にもわかんないから困ってるんじゃない」

「おいおい…古泉、お前は何か感じるか?」

「いえ、何も感じませんが」

「そうか…朝比奈さんはどうです?」

「あっ、あの非常に言いづらくて、言っていいのかわからないけど、古泉君がはd…

「あっ!分かったわ!だれか一人仲間外れがいるのよ!」

朝比奈さんが言い終わる前にハルヒが割り込んだ
まったくこいつは先輩をなんだと思っているのやら

2 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 22:15:19.53 ID:c0+igFFCO

「ほう…でその仲間外れとやらは誰なんだ?」

「残念ながらそこがわかんないのよねぇ…」

「おいおいなんだそれは」

「しょうがないでしょ!私だってもやもやしてて気持ち悪いんだから」

「それはよくないですね、そのままでは集中力が散漫として危険かと思います」

全裸の古泉は真剣な表情で答える

「そんなたいしたことじゃないだろ」

「そうでもない、古泉一樹の言うことは一理ある、
こういう問題は早急に解決するべき」

長門いたのか!
ふむ…長門が言うなら間違いない

「そうね…よし、それじゃあ仲間外れを探すわよ!」

4 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 22:36:59.48 ID:c0+igFFCO

「探してどうするんだ?」

「仲間外れじゃなくするのよ、SOS団は世界最強の団なんだから、団のなかでしっかり団結しないといけないでしょ」

「なるほどな…なぁどうやって探すんだ?」

「んーそうねぇ……あっ!こういうのはどう?仲間外れがありそうなことをみんなで言い合いっこするの!」

「それは名案ですね」

古泉が納得した様子でウンウンとうなずく
うなずくたびにちんこと金玉が揺れて目障りだ

「私もそれしかないと思われる」

長門いたのか!

「私も賛成でしゅ」

何故か古泉の股間を食い入るように凝視しながら、机の角に自らの股をこすりつけているが朝比奈さんも賛成のようだ

皆ハルヒの案に賛成みたいだな
まぁ問題点がわからない今、そうやってしらみ潰しにしていくのが最善だろう


5 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 22:57:03.27 ID:c0+igFFCO

「俺もそれでいいと思うぞ」

「じゃあ発案者の私から言うわね、皆の好きな食べ物はなに?」

「えっ?」

あまりに予想外だったので声が出てしまった

「おいおいそんなものに仲間外れも何もあるか?そんなの全員違うに決まってるだろ」

「まったくこれだからキョンはバカキョンなのよ!SOS団レベルになれば好きな食べ物だって同じはずよ!違ったらそれが違和感に違いないわ!」

「僕もそう思います」

古泉のちんこと金玉が揺れる

「私もそうだと思われる」

長門いたのか!

「わ、私もそう思いましゅ」

言われてみればそうかも知れない
いや、長門が言うんだから間違いない

「そうだな、それじゃあ好きな食べ物を言ってくか」

7 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 23:18:02.31 ID:c0+igFFCO

「じゃあまず私からね!私が好きな食べ物はカレーよ!給食でもカレーの日はうれしくて小躍りしちゃうくらいに好きよ!」

お、これは…

「なるほど…じゃあ次は僕が言いますね、僕の好きな食べ物は…カレーです!給食でもカレーの日はソーラン節を踊っちゃうくらいに好きです!」

ハルヒと同じでうれしかったのだろう
古泉は興奮ぎみで言った
息子もお目覚めの様子だ

「次は私、私が好きな食べ物はカレー。給食でもカレーの日は狂喜乱舞するほどに好き」

いつもと変わらないように見えるが俺にはわかる
長門は少しうれしそうだ
皆と同じなのがうれしいのだろう
長門の感情が見れて俺もうれしいよ

にしてもこれはもしかして、もしかするぞ…


8 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/04(土) 23:44:57.05 ID:c0+igFFCO

「つ、次は私ですね…わっ私の好きな食べ物はマ、じゃなくてか、カレーでしゅ!給食でもカレーの日は奇声をあげてしまうほど大好きで…

すごい…俺は素直に感動していた
まさかSOS団がここまでの団結力をもっていたなんて…
こんな素晴らしい団に仲間外れを作ってはいけない!

…ょん、キョン!なぁにボーとしてんのよ!次はアンタの番よ」

「あ、ああ悪い」

俺としたことが感慨深くてつい思いふけってしまった

「最後は俺だな…俺の好きな食べ物はズバリカレーだ、給食でもカレーの日は花笠音頭をおどっちまうほど好きだ」

「やっぱりみんな一緒だったわね!流石SOS団よ!団長の私も誇らしいわ!」

10 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:00:22.97 ID:DrYsVZ7LO

「どうも好きな食べ物に仲間外れはいないようですね、それでは次は僕が仲間外れがいるのでは、というものを言いますね…それでは皆さん排便にかかる時間はどのくらい…

ハルヒに続き、古泉は排便にかかる時間、長門は使用しているトイレットペーパーに仲間外れがいるのではと疑ったが、どちらとも仲間外れはいなかった

「んーどれにも仲間外れはいないはわねー…まったく仲間外れは清くでてきなさい!」

「まあまあそうイライラするなよハルヒ、第一仲間外れがいないのはいいことじゃないか、そもそもお前が感じた違和感とやらも勘違いなのかもしれないし」

「そうね…いいことだとは思うけど勘違いだとはどうも思えないのよね…とりあえず次はみくるちゃんの番よ」

12 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 00:41:19.26 ID:DrYsVZ7LO

「は、はい…えーと私が怪しいと思うのはそ、その…服装でしゅ!」

「「「「えっ?」」」」

全員がすっとんきょうな声を上げた

「み、みくるちゃん?服装に違和感があったらすぐにわかるに決まってるわよ?」

「そうですね。それに男子、女子の服装の違いのこと、サイズの違いのことで仲間外れと言っているのでしたらそれは校則に従わなくてはならないのでどうしようもできませんし…」

古泉が正論を言う
息子もビックリして眠りについたようだ

「右に同じ」

長門が言うんだから間違いない
間違いないないんだろうが…

「まぁ改めて確認してみようってことですよね朝比奈さん?」

「は、はいそうです!」

朝比奈さんが考えてくれた案を無下にはできないからな

13 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 01:08:23.46 ID:DrYsVZ7LO

「んーそうね…灯台もと暗しって言うものね、以外なところに仲間外れがいるかもしれないわね」

「そ、そうですよね!では私の服装から見てください、いつも通りのメイド服です!」

まぁそうだが…ん?
待てよ
これってどうなんだ?
みんなと違って制服じゃないが…
まさか違和感の正体はこれか…?

「…あっ!よく考えたらみくるちゃんの服装制服じゃないじゃない!仲間外れよ!仲間外れ!」

ハルヒも気づいたか

「ちょっ、ちょっと待ってください、このメイド服は涼宮さんが着ろって言ったんですから、違和感じゃないと思います!それより古泉君ですよ!古泉君!」

ん?なんだ?古泉?
朝比奈さんが指さす古泉を見てみるが
靴下を履いている
…どこもおかしいとは思えないんだが…

「みくるちゃん?古泉がどうかしたの?私には普通に見えるんだけど…」

「よくみてくだしゃいよぉ…ふええん」

朝比奈さんは泣いてしまった
うーむ何故そこまで古泉が仲間外れだと思ってしまっているんだろう
それに制服を着ていないし
今日はどこか歯切れがわるかったり焦っているような場面もあった
なにかおかしいぞ…
もしかして朝比奈さんは何かを知っている?

14 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 01:33:11.78 ID:DrYsVZ7LO

「ご、ごめんみくるちゃん、私なにか悪いこと言っちゃったかしら…?」

「いえ、大丈夫です…」

「そう…それならいいんだけど…えーと、それじゃあ気を取り直して私の服装をみてもらえる?どこもいじってない正規の制服だから大丈夫だと思うんだけど…」

ハルヒの服装にはどこにも違和はなかった
その後長門と俺もチェックしてもらったがこちらも違和感はひとつもなかった

にしてもやはり気になるのは朝比奈さんだ
申し訳ないが正直どう考えても今一番怪しい
もしかして、さっきの朝比奈さんは古泉を仲間外れに仕立て上げようとしたんじゃないのか?
だとしたら何故だ?
何故朝比奈さんは仕立て上げようとした?
バレてはいけない仲間外れ……他人との違い……もしかしたらどうしようも無いことなのか?
バレてもどうしようもないから隠そうとした…?
そうだそれだ!
どうしようもない俺たちと朝比奈さんの違い……………………………………あっ!


そういうことか!!!






16 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 03:22:58.44 ID:DrYsVZ7LO

「服装にも仲間外れはいないわね…んーもしかしたらホントに私の勘違いだったのかな…」

「まてハルヒ、まだ決めつけるのは早いと思うぞ、とりあえず俺の案を聞いてからでもいいんじゃないか?」

「なによ、アンタの割にしては自信ありそうね、聞いてあげてもいいわよ」

「そりゃどうも、では俺が仲間外れがいると思うこと、それは…年齢だ!まずは俺から、16才だ!」

「私も16才よ」

ハルヒは迷いなく言う
白だ

「僕も16才です」

古泉が言う
息子のほうも落ち着き払っている
白だ

「私も16才」

長門が言うんだから間違いない
白だ

そして

残すは…



「17才でしゅ」

「あっ!」

「んっふ、これはこれは…」

「盲点」

「ふぇっ?えっ?」

チェックメイトですよ
朝比奈さん

17 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 03:35:01.91 ID:DrYsVZ7LO

「まさかみくるちゃんが仲間外れだったなんて…しかも年齢…」

「こればかりはどうやっても修正しようがありません…」

「詰んだ」

ふふっそれは早計だな
長門にも間違うときはあるんだな


「ふぇっ?あのっ、年齢ってどうしようもなくないですか?それに皆さん私のこと先輩ってしってましたよね?」

「そういえばそうだったわね」

「これは失礼しました。僕としたことが失念していました」

「ユニーク」

「ふええ…」

やれやれ俺が気づかなかったら今回の件は迷宮入りだったわけか…


18 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 04:20:16.45 ID:DrYsVZ7LO

「それにしても年齢が仲間外れなんてどうしようもないわね…でもこのまま違和感を感じ続けるのもいや…」

「困ったものです」

「ふええ」

「やはり詰んだ」

長門でも解けなかったこの難問を俺が解いてしまうとはな
明日は空から槍が降ってきて谷口に刺さるかもしれん

「実は俺に秘策があるんだが…」

「なによキョン…アンタまさか、みくるちゃんにダブれとか言うんじゃないでしょうね…そんなチンケな案だったらしょうちしないわよ!こっちは真剣なんだから!」


19 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 04:22:46.98 ID:DrYsVZ7LO

「まぁ落ち着けって…みんな生まれ変わりってしってるか?」

「それは亡くなった方が、また赤ちゃんや他の生き物になって生まれてくることですか?」

「それであってる」

「そんなの知ってるわよ!それがどうしたの……あっ!そうか!今のみくるちゃんを殺して犬か何かに生まれ変わってもらえばいいんだわ!そうしてできるだけ早く私たちの年齢に追い付いてもらえばいいのよ!」

「その通りだハルヒ、それが俺の秘策だ」

「しょっ、しょんなぁーふえええん」

「あなたどこにそんな知性を隠しもっていたのです!天才ですね!」

「私も思い付かなかった、天才としか言いようがない」

「ホントよねー!私もキョンがヒントをくれるまでまったくわからなかったわ!キョンにしてはやるわね!」

「にしてはは余計だ」

「よぉし!そうと分かれば実行よ!みんないいわね!」

「フエエ「「「おー!!!」」」エエン」

21 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 11:53:44.47 ID:FGV71jyfO

「問題はどうやって殺すかよねー」

「ふえええええん、誰かー!誰か助けてぇ!」

「あっ!朝比奈さんが逃げちまう!古泉!朝比奈さんの腕を押さえろ!」

「了解です!ふんもっふ!」

「きゃっ!いやっ!やめてぇ!放してぇ!」

「くっ!暴れやがる!こうなったら…オラァ!」

ばいーん

俺は朝比奈さんの巨乳に全力でアッパーをかました

「あぅ!ばたんきゅー」

すると巨乳はアッパーの勢いをそのまはままに顔面に直撃した
その威力で朝比奈さんは気絶したようだ

これで逃げられんな

22 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 11:58:26.65 ID:FGV71jyfO

「ナイスよ!キョンと古泉君!そして、私も殺しかたを思い付いたわ!
窓からぶん投げるの!どう!?」

「おおー!いいな!それ!」

「んっふ、素晴らしいアイデアです!」

「それが最善と思われる」

長門が言うんだから間違いない!

「よぉし!それじゃあ古泉君はそのまま腕をもってて!キョンは足ね!」

「了解!」

「わかりました!」

「それじゃあ持ち上げていいわよ!私と有希はお腹の当たりを下から押し上げるから!」

「わかった!せーの!」

「ふんもっふ!」

「それじゃあ有希!下から押し上げるわよ!」

「承知した」

「よし!準備は整ったわ!それでは窓に向かって前しーん!」

「「「おおー!」」」

「「「「えっさ!」」」」

「「「「ほいさ!」」」」

「「「「えっさ!」」」」

「「「「ほいさ!」」」」

「それじゃあ勢いそのままにぶん投げるわよー!」

「「「了解!」」」

「「「「そーれ!」」」」


24 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 12:52:07.12 ID:FGV71jyfO


ヒューーー

ばいんばいんばいーん

「なっ、なんてこった…」

「そんな!嘘よ…」

「なんという妙技を!」

「これは予想外」

まさか…こんなことあり得るのか…

着地する瞬間におっぱいを地面の方に向け、
地面とぶつかった時の衝撃を吸収し、
さらにその吸収したエネルギー利用し
校門に向かって跳ねて逃げていくとは…

「なんて姑息なんだ!見損ないましたよ、朝比奈さん!」

心のなかに収めきれなかった怒りがつい声に出てしまった

26 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 13:25:11.30 ID:FGV71jyfO

「ホントよ!せっかく仲間外れじゃなくしてあげようとしてたのに!清く死になさいよ!」

「まったくです。僕も憤りを感じています…!」

みんなも同じようだ

「許せない」

長門が言うんだから間違いねぇ!

「みんな…朝比奈さんは絶対に殺すぞ!仲間外れなんかにはさせない!」

「そうね!絶対に私たちで息の根を止めましょう!」

「僕も賛成です!」

「異論はない」

この瞬間みんなの心がひとつになった
仲間っていいもんだな
こうやって気持ちを共有できるのだから
朝比奈さんにもこの気持ちを味わってほしい
だから絶対に朝比奈さんを殺す!

「朝比奈さん待っててください、今仲間にしてあげますからね…!行くぞみんな!」

「「「おー!!!」」」

27 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 14:18:22.06 ID:FGV71jyfO

……
…………
………………

「…んんー……あれっ…ここどこだろう……」

見渡してみると、それは馴染みのある風景でした

「あっ、ここいつも不思議探索で集まってた駅前だ…」

「でもなんでこんなところに…?」

ザワザワザワザワ

あれれ?なんか周りが騒がしいです
しかも私を見ているような…
そういえばさっきから胸の辺りがスースーしていつもより涼しい気が…

「あっ!おっぱいもろ出しでしゅ!」

何故か胸の辺りだけ服、ブラが擦りきれたようになくなっていました!

「あわわわわわわ」

「ねぇ君大丈夫?」

私があまりの事態に混乱していると
男の人が話しかけて来ました

なんというかいかつくて、とても堅気とは思えません
サングラスもかけていますし…

「いえ、大丈夫でしゅ!」

「いやいやそんな、嘘でしょ、とりあえずこっちきなって」

「きゃっ!やめてっ!」

腕を捕まれたので必死に抵抗します

「ちょっあばれんな…仕方ない…オラァ!」

「あぅ!ばたんきゅー」

意識が薄れるなか、最後に見たものは眼前に迫る自分のおっぱいでした

………………………………………………………


28 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 14:42:09.90 ID:FGV71jyfO

「…んんー…頭が痛い…」

また気絶してしまいました
一番はじめに見たものは知らない天井でした
ということは室内ですね

「おっ目が覚めたか」

あっ、さっきの悪い人です

「みんなーこっちこい女起きたぞー!」

悪い人がそう叫ぶと
奥の部屋からゾロゾロガヤガヤと続々と他の男たちがでてきました

「うひょー上玉じゃん!」

「はやくヤろうぜ!」

「俺最近女に縁がなくてなぁ…へへっ楽しませてもらうぜ」

男たちが思い思いに言います

…今から私はどうなってしまうのでしょう…

「あー…すまんがもう我慢ならねぇ、先いいか?」

男の一人がそういうと私の体を寝ていたベットに押し付けました

「やめてぇ!やめてください!なんでも!なんでもしますからぁぁぁ!」

怖いです
泣いてしまいました


29 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 14:44:25.16 ID:FGV71jyfO

「うっせぇなぁ…おい誰か注射もってこい!」

「はやくねぇかぁ…?もっと楽しんでからでも…」

「俺はうるさい女は嫌いなんだ、はやくしろ!」

「へいへい…」

注射?
痛いのはいやです…
ああっ…もう怖すぎて悲鳴もあげられません…

男の一人が注射を持ってきて私にまたがる男に渡しました

ううっ…怖いよぉ…怖いよぉ…

「まぁ一瞬だから安心しろよ」

そういうと男は私の右の二の腕に注射を差しました

一瞬チクッとして
痛かったですが
それから頭がほわほわしてきてとっても気持ちいい気分になりました

わぁ…とっても気持ちいい…
男がスルスルと私の服を脱がしていきます
服が肌に擦れてとっても気持ちいい…

「んんっ…ふわぁ…ぁん」

気持ち良すぎてつい声が出ちゃいます

そこから先は何も覚えてません

いえ、ひとつだけぼんやり、たくさんのソーセージからおいしいミルクがいっぱいでてきて、とーってもおいしかったことは覚えています

30 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 15:08:21.46 ID:FGV71jyfO

………………………………………………………

「あへぇぇ…もっとみるくくだしゃぁい…もっとたくさん気持ちよくなりたいでしゅうぅ」

「あーあ女ぶっ壊れたな」

「まぁいいだろ俺たちも楽しめたことだし、きっとこの女も俺たちに奉公できてうれしいだろ、ほらメイド服着てたし」

「ちがいねぇな…さてそれじゃあこの女山に捨ててくるか」

「大丈夫なんだろうな?そんなことして」

「ああ大丈夫、注射で記憶は曖昧だし、衣服も整えた、抜かりはねえよ」

「なら安心だな、じゃ気をつけていってら、誰にもみつかるんじゃねぇぞ」

「はいはい、じゃいってくるわ」

バタン
ブロロロロロロ

………………………………………………………

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/10/05(日) 15:25:22.37 ID:FGV71jyfO

「ありぇ?ここどこぉ?」

虫さんがいっぱい体を這ってます
ああん虫さん気持ちいいです

「あっ、そんなとこはいったら、ぁん!気持ちいい!気持ちいいよぉ!」

でももっともっと気持ち良くなりたい
もっと刺激が欲しい…

「そうだ!」

私は服を脱ぎ

ゴロゴロゴロゴロ

山を転がりました

「ん!あっ、いたい!あん!あんっ!」

石や草木に体が当たって、それがとってもいい刺激で気持ちいい!

気づいたら道路に出てました

車が走ってきます

「…!イイコト思い付いたぁー!」

向こう側からトラックが走ってきます

私の方に向かってきます

100m…80m………50m……………20m………………10m

5m!

「明日って今さーッ!」

バコーン!!!

キキキキキキキーッ

ウワーオンナノコガツッコンデ…

………………………………………………………

32 名前: ◆xCFqHLQgFQ[saga] 投稿日:2014/10/05(日) 16:10:44.54 ID:FGV71jyfO

………………
…………
……
朝比奈さんが逃走した後、俺たちは毎日、土日の不思議探索もほったらかして朝比奈さん探索を行った
たが結局まだ見つかっていない

ハルヒはというと

「みくるちゃんなんて首よ!首!」

怒り心頭のご様子だ

古泉、長門も残念がっていた

だが、こうして時間を開けて冷静に考えてみると
殺す以外にも方法はあるかもしれないと思えてきた
あの時は一時の熱に浮かされて生まれ変わりという方法で解決しようとしたが、殺すというのは極論過ぎたかもしれん

それに、仲間外れでももしかしたらわかり会えたかもしれない
そもそも、人は人との違いで切磋琢磨して成長していくんだ
違和感だって必要だったのかもしれない

ょん…キョン!なにボーとしてんのよ!さっさとみくるちゃんみつけなさいよ!みつけたらぶっ殺してやるんだから!」

俺は朝比奈さんが無事見つかったら、さっき思ったことをハルヒたちに言おうと思った

きっとわかりあえると思う

「待っててください、朝比奈さんきっと見つけますから…だって俺たちは仲間ですもんね」

「なにボソボソいってんのよ!まったくこれだからバカキョ…

「ああ悪かったよ悪かった、わかったから行くぞハルヒ」

俺はまたいつかの日みたいに5人で笑い会える日を信じてます






おわり

34 名前: ◆xCFqHLQgFQ[sage] 投稿日:2014/10/05(日) 16:44:30.07 ID:FGV71jyfO

読んでくれた方、
レスをくれた方ありがとうございました!

誤字やミスが多くてすみません…



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「子宮口がかゆい」