羽黒「提督の羽黒です。その……ご、ごめんなさいっ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「いやっ…あん…」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/08/21(木) 21:22:08.49 ID:hEl/g1Xn0

曙「……」

羽黒「……」

曙「いや……あたしの方こそいきなりクソ提督なんて言ってごめんなさい……」

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga sage] 投稿日:2014/08/21(木) 21:26:31.50 ID:hEl/g1Xn0


曙「で、艦娘でしょあんた。なんで提督なんかをやってるわけ?」

羽黒「その……ここの鎮守府に着任した司令官さんが、一日で失踪しちゃって……」

曙「はあぁっ!?何よそいつ、ほんとにクソ提督じゃない!!」

羽黒「ご、ごめんなさい!!」ビクッ

曙「いや、あんたじゃなくて」

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/21(木) 21:32:04.79 ID:hEl/g1Xn0

曙「でも、わざわざあんたが提督やる必要は無いじゃない。ほかの鎮守府に移ったり、大本営に新しい提督を呼んでもらったり……いろいろ手はあったんじゃない?」

羽黒「……あっ!」

曙「え……なに、思いつかなかったの?」

羽黒「その……ごめんなさい!」

曙「……まあいいわ。で、他の艦娘は?」

羽黒「えーと、私と曙ちゃん……だけ……です」

曙「……やっぱりあんたクソ提督だわ」

羽黒「ごめんなさい……」


4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/21(木) 21:37:10.41 ID:hEl/g1Xn0

曙「で、なんであたしは建造されたわけ?一人じゃ寂しかったとかそういうふざけた理由じゃ無いでしょうね」

羽黒「……」

曙「おい」

羽黒「ち、違うんです!!その、寂しかったっていうのもありますけど……その、次の作戦で駆逐艦がどうしても必要で……」

曙「ふーん駆逐艦が必要と……ちょっと指令書見せて」

羽黒「はい、これですね」

曙「えーっとなになに……キス島撤退作戦?ずいぶんと遠いところに行くのね……ってちょっとまって、鎮守府付近の海域はどうなってるのよ」

羽黒「周りの海域の安全なら確保しましたけど……」

曙「えっ?」

羽黒「えっ?」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/21(木) 21:42:40.60 ID:hEl/g1Xn0

曙「まって、あんた最近提督になったんじゃないの?」

羽黒「いえ、着任したのは半年ほど前ですけど……」

曙「はあぁ!?半年ってあんた……ずっと一人で戦ってたわけ?」

羽黒「はい!5倍の相手までなら何とかなります!」

曙「このクソ提督ッ!!」

羽黒「!??」ビクッ


6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/21(木) 21:47:02.55 ID:hEl/g1Xn0

曙「なんでもっと早く仲間を増やそうって思わなかったの!」

羽黒「その……他の人が傷つくくらいなら私一人で……」

曙「そういう問題じゃないでしょ!!そんな……半年も一人でだなんて……あんたが辛いじゃない……」

羽黒「その……ごめんなさ」

曙「とにかくッ!!」

羽黒「はいっ!」

曙「今すぐ、建造して仲間を増やすこと!わかった?」

羽黒「はい……」

曙「声が小さい!!」

羽黒「はいッ!!」

21 名前:>>1ですよい[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 00:12:43.35 ID:DHdaCwVb0

ーーーーー新しい仲間が進水されたみたいですーーーー

初風「初風です、よろしく。提督さんにとって私はなんに……妙高姉さん!?」

羽黒「えっ!?」

初風「ひっ……ごめんなさい!私ちょっと用事思い出したの!すぐ、すぐに戻りますからその……ごめんなさいぃ〜」

羽黒「えっ、まって!!私姉さんじゃありません!妹の羽黒です!まって、まってくださいー!!」

曙「ええぇ……何これ……」


22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 00:15:47.32 ID:DHdaCwVb0

初風「あははは……ごめんなさい。ちょっと取り乱しちゃって」

羽黒「その、大丈夫ですか?」

初風「うん大丈夫、大丈夫よ……たぶん」

曙「あんたそれ私の後ろに隠れながら言ってもなーんも説得力無いわよ」

初風「しょうがないじゃない……妙高姉さんとはいろいろあったんだから」

羽黒「ごめんなさい……」

曙「いや、羽黒は悪くないから」


23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 00:25:43.02 ID:DHdaCwVb0


初風「ところで、この鎮守府の提督さんはどこにいるのかしら。さっきから見当たらないけど……」

曙「目の前にいるわよ」

初風「えっ」

羽黒「提督の羽黒です。その……よろしくおねがいします」

初風「あは……あはははは、その、よ、よろしく……この人は妙高姉さんじゃない、うん大丈夫、落ち着け落ち着くのよ初風……よく見なさい、似てるけど違うわ、だから大丈夫、ぶつかっても艦首が取れたりしない、けど首が首が疼くの……落ち着けぇ落ち着くのよわたしぃ!!」

曙「あんたって意外と失礼ね」

羽黒「ごめんなさい……」

曙「いや、だから羽黒じゃなくて」

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 00:31:53.51 ID:DHdaCwVb0

曙「で、これからどうするの?」

羽黒「はい、とりあえず皆さんの演習もかねて近くの海に出撃しようかと」

曙「まあ、確かに建造されたばっかで体も馴染んでないし、よしっ!行くわよクソ提督!!」

羽黒「ご、ごめんな「ちょっと!!羽黒姉さんをクソ呼ばわりってどういうことよ!!」」

曙「!?」

羽黒「!?」

初風「あの妙高姉さんの妹なのよ!もし妙高姉さんがこの鎮守府に来た時にクソ呼ばわりしてたことが知られたら……また首もがれたらどうするのよ!!」

曙「はあぁ!?何言ってんのあんた?さっき意外とって言ったけど訂正するわ。あんた普通に失礼ね!」

初風「人をクソ呼ばわりする人に失礼とか言われたくないわよ!」

羽黒「あ、あの……喧嘩は……や、やめてください!」

曙「うるさ「ごめんなさいっ!静かにしますから首だけは!!」」

羽黒「私……そんなことしません……グスッ……」

曙「あんたどんだけ妙高型にトラウマ持ってんのよ」

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 01:02:18.30 ID:DHdaCwVb0

ーーーーー第五戦隊羽黒 出撃します!−−−−−−

曙「ねえク 羽黒」

羽黒「はい、なんでしょう」

曙「今回の出撃って、私たちの腕慣らしよね?」

羽黒「そのつもりですけど……」

曙「じゃああたしの目の前にいるのはいったい何かしら?」

ル級「マタヤツガキタゾッ」

リ級エリ「クソッイママデノカタキヲコンドコソッ!」

リ級「ダメデスネエサンニゲマショウ!!」

チ級エリ「クルナッ!コンナセンジョウニイラレルカッ!!ワタシハサキニカエルッ」

チ級「ソノセリフハダメデスネエサンッ!」

羽黒「えっ?深海棲艦ですけど……弱すぎますか?」

曙「このクソ提督!強すぎるのよ!!」

初風「大丈夫、大丈夫よ。妙高姉さんのほうが怖いわ、大丈夫、大丈夫だから」

曙「そういう問題じゃなくて!」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 01:16:22.55 ID:DHdaCwVb0

羽黒「ご、ごめんなさい!けど安心して……あなたたちの背中は、私が守ります!」

曙「あんたが守ってたらあたしたちの肩慣らしにならないじゃない!」

羽黒「あ……ごめんなさいっ!」

曙「ッッッ〜〜〜あーもうっ!初風!腹くくっていくわよ、あんな奴ら蹴散らしてやるんだから!」

初風「妙高姉さんより怖くない……大丈夫、私は、やれる!駆逐艦初風!出撃します」

羽黒「え、援護します!全砲門 ひらいてください!」

ル級「ナンカフエテルケドムカエウツワ!イクヨッオマエラ」

リ級エリ「サイテイデモサシチガエテヤルッ」

リ級「イヤッイキテカエロウヨネエサンッ」

チ級エリ「ワタシ コノタタカイガオワッタラミセヲヒラコウトオモウンダ……」

チ級「ダカラソノセリフハダメデスネエサンッ」

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga ] 投稿日:2014/08/22(金) 01:29:07.79 ID:DHdaCwVb0


−−−−−−作戦完了って その、報告が−−−−−−−−−

曙「……」中破

初風「……」大破

羽黒「……」無傷 MVP

羽黒「その……ごめんなさいっ!」

初風「お風呂……入る」

曙「なんで一人で五体撃沈できるのよ…ったく、ありえないわ……」

羽黒「その、ごめんなさい……」

曙「うん、あやまらなくていいから」

28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga sage] 投稿日:2014/08/22(金) 01:49:29.73 ID:DHdaCwVb0

今日はここまで
ぶっちゃけ見切り発車すぎてどうしようかと
羽黒メインのつもりが曙さんが主役はってる気がしなくもない

迷ったら安価すればいいよね!

というわけで次の建造で出る子一人
>>30

30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/22(金) 01:50:54.27 ID:CXHyI98Yo

大和

47 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 06:49:58.55 ID:OOfikVrj0

------建造予定時間残り7:34:22---------

曙「さてクs 羽黒、一つ聞きたいことがあるのだけれど」

羽黒「な、なんでしょう……」

曙「なんでっ!あたしたちがお風呂入ってる間にっ!資材がほとんどなくなってるのよっ!!」バンッッッ

羽黒ビクッ

曙「なんで妖精さんがすごいハイテンションで働いてるのよっ!なんでかってに大型建造しちゃってるのよっ!!」ペシペシペシペシ

羽黒「ご、ごめ、ダメっ叩かないで…叩かないでぇー!」

初風「まあまあ落ち着きなさいって曙、まあ 今回は私も羽黒姉さんが悪いと思うけど……」

曙「今!この鎮守府に必要なのは駆逐艦でしょ!どうやったら大型建造で駆逐艦ができるのよ!」

羽黒「だって、妖精さんたちが……この方法なら確実だって……」

曙「お前ら今すぐここに一列で並べぇ!!!」


49 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 06:59:56.83 ID:OOfikVrj0

妖精A「おこるまえにきいてほしいです」

妖精B「私たちにも言い分はあるのです」

曙「いいわよ、言ってみなさい。くだらない理由だったら承知しないわよ」

妖精A「われわれけんぞうにうえてたと」

妖精B「駆逐艦2つじゃ物足りないので」

妖精A「けんぞうでっかくどーんとやりたいじゃないですか!」

妖精B「というわけで大型建造をさせていただいた次第です!」

初風「判決は?」

曙「有罪」

妖精A「そんなっ!」

妖精B「無慈悲っ!

50 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 07:11:21.75 ID:OOfikVrj0


妖精A「たすけてはぐちゃん!」

妖精B「私たちに救いの手を!」

曙「くそっ、卑怯よ!羽黒の後ろに隠れるなんて!」

羽黒「曙ちゃん……その、暴力は……」

妖精A「そーだそーだ!」

妖精B「社内暴力反対!!」

曙「なによ、元はあんたが原因じゃない!」

羽黒「うぅ……で、でも」

曙「さっきの出撃だってそう!勝手に一人で考えて失敗して、なんで相談しようとか考えないのよ!」

羽黒「でも……その……」

曙「でももそのも無いの!まったく、よくそんなんで半年も提督出来たわねあんた!」

羽黒「グスッ……ごめんなさい……」

妖精A「はぐちゃんがおされてる!」

妖精B「斯くなる上は助っ人をっ!」

妖精AB「バーナーよーいッッ」

曙「だから勝手に資材を使うなあぁぁぁぁぁぁ!!!」

51 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 07:17:55.04 ID:OOfikVrj0

-----------新しい仲間が進水されたみたいです--------

大和「大和型戦艦、一番艦、大和。推して参ります!」

妖精A「よっしゃやまときた!」

妖精B「我々の技術は世界一!」

曙「」

羽黒「あ、あの!提督の羽黒です。その、よろしくおねがいします!」

大和「貴女が提督ですか?ふふっ、こちらこそよろしくお願いしますね。この大和が来たからには安心してください、必ずや貴女を勝利に導いてあげます!」

初風「けど思ったんだけど、大和作るのに資材ほとんど使っちゃったから戦艦なんて動かせないんじゃないかしら?」

大和「えっ?」

曙「まあこの鎮守府、今のところ羽黒一人で戦力は足りてるみたいだし、しばらくは動かす予定なんて出てこないわ」

大和「えっ?」

曙「ちょっとどうすんのよあんた達、これじゃ本当に資源の無駄遣いしただけじゃない」

妖精A「わたしたちつくれればまんぞくなのでー」

妖精B「使い方は貴方たちにお任せしますのでー」

曙「このクソ妖精どもが……」

52 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 07:25:54.71 ID:OOfikVrj0

大和「ちょちょちょっと待ってください!羽黒で戦力は足りてるって……彼女は提督ではないのですか?」

曙「まあ、いろいろあってね。羽黒は艦娘兼提督やってるのよ。適任かどうかは別として……ねっ」

羽黒「ごめんなさい……」

曙「ふんっ……」

大和「それでも、それでもですよ!大和の記憶が正しければ羽黒とは妙高型の重巡だったはずです!なのに彼女一人で戦力が足りてるなんて、納得いきません!」

初風「あー、それはこの羽黒姉さんが特別なだけだから……」

羽黒「そんな、私は特別なんかじゃ……」

初風「一人で敵艦隊殲滅してるのにそれは謙虚すぎますって」

羽黒「うぅ……」

大和「むうぅぅ信じれませんそんな話!この大和、貴女に演習を申し込みます!」

羽黒「えぇっ!!」

大和「私にも大和型一番艦としての誇りがあります!そんな突拍子もない話で重巡に劣ってるなんて言われて引き下がれますか!」

曙「いや、あたし戦力は足りてるって言っただけでそんなこと一言も」

大和「さあ艤装を用意してください!演習場へ向かいますよ!!」

羽黒「あっまって引っ張らないで、行きます行きますからあぁぁぁぁ……」

初風「ねえ……羽黒姉さん、すごい助けてほしそうな目であんた見てたけど」

曙「自業自得よっ、ふんだ」

68 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[sagasage] 投稿日:2014/08/24(日) 18:49:10.32 ID:OOfikVrj0

-----------演習終了--------

羽黒 オロオロ <完全勝利S>

曙「予想はしてたけどあそこまでやる必要なかったんじゃないの?」

羽黒「その……いつもの癖で……」

曙「癖って……つまりあんたは顔面打ち抜いた後に魚雷でぶん殴るのが癖になってるってことね?てか魚雷って殴る物じゃないわよ」

羽黒「近いほうが、確実にやれるから……」

曙「なんでその考え方で半年も生きてるのよ……あとあれどうするの?あんたがやったんだからあんたが責任取りなさい」




大和「ふふふふふふ大和は二番そーですかそーですよね。こんな大食いの役立たずなんていらないですもんね。けど大和ほんとはすごいんですよ?世界最大の超弩級戦艦とか大和砲っていうすごい主砲積んでたりとか。
あと居住性の良さから大和ホテルと呼ばれたり……あっそうです今日から大和、ホテルになりますきっとそっちの方が皆さんに役立てますよアイスクリームも作れますし」

初風「うん……うん、そうだね大和姉さんは凄いよ、とっても凄い。ただちょーーっっとあの羽黒姉さんが凄すぎるだけだから……だから元気出して?」

大和「大和はほんとはすごいんです……やればできる子なんです……ぐすん」

初風「大丈夫、きっといつか活躍できる日が来るから」

大和「ほんとですか?」

初風「ほんとほんと、ねっだから泣かないで?」

大和「うん……やまとがんばります」


曙「いやほんとどうすんのよあれ。大和型一番艦の誇りが見る影も無いじゃない」

羽黒「ごめんなさい……」

曙「謝るくらいなら解決策を出しなさいよ」

69 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga] 投稿日:2014/08/24(日) 18:50:25.65 ID:OOfikVrj0

曙「はあぁぁぁもう、初風とりあえず資材稼ぎに遠征行くわよ」

初風「えっ私この大和姉さんほっとけないんだけど」

曙「そんなのクソて……羽黒に任せときなさい。羽黒、私たちが帰るまで何もせずしっかりと留守番すること、いいわね」

羽黒「でもっ二人だけだとあぶな」

曙「い い わ ね?」

羽黒「はい……」

曙「……そんな心配しないで、あんたのおかげでこの辺りは安全になってるんだから。さっいくわよ初風」

初風「ああっちょ、大和姉さん!私すぐ戻りますから!必ず戻りますから!だからほんの少しだけ待っててください!って引っ張るなあぁぁぁ……!」

---------遠征開始-------

羽黒「……えーと」

大和「……」

羽黒(どうしよう……何話せばいいんだろう)

大和(さっきまで酷い醜態をさらしてた気がします……)

70 名前:>>1 ◆ww9zIK6V4.[saga sage] 投稿日:2014/08/24(日) 18:52:20.70 ID:OOfikVrj0

すごい中途半端な更新だけど今日はここまで
あと>>1ちゃん少し長め(一か月)のオフもらいまーす!

ごめんなさい、急遽長期遠征に行く必要ができたのです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「行くぜ!エヴァン!ゲリオォーンッ!!!」