【艦これ】白雪「私が地味キャラという風潮…」安価【響】


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木?佐々木じゃないか?」

ツイート

1 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 21:05:11.90 ID:gFtYJIW30


白雪「私が地味キャラ… うっ、否定したいけど出来ないっ!」

白雪「いや、でも前の回で響さんに絡んでもらったし… 割りと可愛い扱いなのかな…?」

白雪「ですが…出番が圧倒的に少ないのは事実です… 何かしてこの鎮守府でアピールしなきゃ」

白雪「私だって古参なんですし…きっと振り向いてくれるはず!」

白雪「ですよねっ!!」

響「えっ…」
ーーーーーーーーー

響「ということがあったんだ」

提督「なんでお前がいたんだよ」

響「いや、食事をとっていた白雪に通りすがりにいわれたんだ」

提督「変なことしないといいんだけどな…」

ーーーーーーーーー

白雪「今回は吹雪ちゃんやその他姉妹には頼らず、一人で行動したいと思います」

白雪「…でも不安だなあ…」

白雪「い、いや! 駄目だだめだ」

白雪「よし!まずは簡単な事から初めてみようかな」

白雪「みなさんに目立つような簡単なこと…それは」

白雪「>>4ですね」

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 21:07:48.74 ID:m5F6WKuKO

ツンデレキャラ化

6 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 21:29:18.86 ID:gFtYJIW30

白雪「まず性格をちょっと変えたほうがよいでしょうか」

白雪「…自分で言うのも変ですが、私は真面目キャラな感じがあるから…」

白雪「よし、やるっきゃない、やろう、つんでれ」


白雪「いえす!つんでれ!」

ーーーー

吹雪「あ、白雪、おはよー」

白雪「あ、ふぶ…あなたですか、何か用でしょうか?」

吹雪「昨日の遠征で白雪ったら張り切ってたよね! みんなより荷物を持ってるんだもん」

白雪「ふん、あれくらいやれて当然です 小さなことでいちいち褒めないで下さい」プイ

吹雪「あ、ごめんね、 でも関心しちゃうよー」

白雪「そ、そなっ、そんなに褒めないでください、当然のことなんですってば!」

吹雪「白雪どうしちゃったの? なんだかつんつんしちゃってさ」

白雪「うう…知りません! 私はやることが有りますから行きますよ!」

吹雪「ばいばーい」
ーーー

提督「はああ…資材庫の鍵開けないとな…」スタスタ


白雪「えっと…次は次は」ドン

提督「うわっと」

白雪「あいたっ」

提督「ああ、白雪か 大丈夫か」スッ

白雪「だいじょ… 心配ご無用ですっ!」パシッ

提督「ん、そうか すまんな 何か考え事してたか」

白雪「別に…司令官に話すことじゃありませんよ」

提督「冷たいな白雪」ナデナデ

白雪「な、なんで撫でるんですかっ! やめてくださいよっ」

提督「お?お? なーに照れてんだよこのこの」ワシャワシャ

白雪「やめてくださいよっ! もう!」パッ

提督「はっはっは、からかいたくなってな 悪りいな じゃあ俺は資材庫開けてくるから、じゃあな」

白雪「次やったら許しませんよっ!」



7 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 21:32:52.79 ID:gFtYJIW30

白雪「こ、これでよかったでしょうか」テレテレ

白雪「司令官さんが頭を撫でるなんで思いもしませんでした…//」

白雪「やだ、私ったらもう」フリフリ

白雪「よし、吹雪ちゃんと司令官にはアピールができた… あとはどれだけ広めれるか」

白雪「次は何をしてみましょうか」

白雪「…」

白雪「うう、やはり誰かいないと寂しいですね」

白雪「誰かに協力してもらいましょうか…」

安価>>9 協力はいらない or いる(艦娘名)

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 21:34:44.97 ID:CE8hm6G4o

kskst

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 21:35:09.14 ID:KuynUOf40

いる
初雪

11 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 21:44:14.66 ID:gFtYJIW30

白雪「初雪ちゃんにしましょう!」


白雪「初雪ちゃん!」バン

初雪「…ん」

白雪「ね、ね 何してたの?」

初雪「本、読んでた」

白雪「実はお願いがあるんだけど、付き合ってもらえない?」

初雪「私は同性愛者じゃないので…」

白雪「そういうことじゃなくて、ちょっと手伝ってもらいたいことがあるんですよ!」

初雪「なに?」

白雪「じつは…」



初雪「そんなことか」

白雪「もうっ、私はこれでも結構気にしてたんです」

初雪「いいよ、どうせ暇だし」

白雪「ありがとう! 初雪ちゃんなら手伝ってくれると思ったよー」

初雪「じゃあ次は何をするの」

白雪「えっと、じつはまだ決めてないんだよね…」

初雪「さっきツンデレになったなら…そうだね」ペラペラ

白雪「本がどうかしたの?」

初雪「この本にでてくる、これ」ペラ

白雪「…これですか?」

初雪「ん、これがいいと思う」

白雪「で、できますかね…」

何をする? >>15

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 21:54:41.49 ID:nMlzEYSTO

瞬間接着剤を手に付けて提督と握手

17 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 22:17:50.65 ID:gFtYJIW30

初雪「多少リスクがあるけど、インパクトを与えるにはこれしかない」

白雪「コレしか無いの…?」

初雪「ん」

白雪「わかった…でもくっつけた後は?」

初雪「はずさない そのまま司令官と長い握手をした後、しばらく行動を共にすれば…」

白雪「み、みんなからの視線が集まるというわけですね!」

初雪「その通り ばからしいけど、この実話を元にした小説だと上手く行ってる」

白雪「わかりました、では接着剤を…」ガサガサ

白雪「ぬ、塗りました」

初雪「では、れっつごー」
ーー

白雪「えと…たしか資材庫に あ、司令官!」

提督「ん、今度はどうした?」

白雪「あ、あの! 握手して下さい! さっきのお詫びのしるしとして…」

提督「別に気にしてないし、悪いのは俺だぞ? なんで白雪が謝るんだ」

白雪「い、いえ、差し障りないならお願いします!」

提督「ふん…まあいいけど」パシ

グイグイ
提督「あ、あれ」

白雪「手、外れませんね… えへへ」

提督「おま、接着剤か!?」

白雪「しれいかーん」ヒシッ

提督「な、なんだよ って!?」

鈴谷「うわ、また駆逐艦捕まえて何かしてるよ」

熊野「下品ですわ…」

提督「誤解だ!!」

鈴谷「しかもしっかり手まで握ってるし」

白雪「司令官、はなしてくださいよう」

熊野「自分から掴んでいるんですの…!?」

提督「違うってえええ」

ーーーーーー
スタスタ
提督「…」

白雪「♪」
あ、提督 白雪ちゃんと手をつないでる
提督…またですか
わたしがいるじゃない…

提督「変な誤解を招いてるだろ、どうすんだこれ」

白雪「これでいいんです!」

白雪(で、でも、どうやって外そう… そ、そうだ ご都合主義の妖精主任さんに!)

白雪(は、つ、ゆ、き、ち、ゃ、ん!)

初雪 ヒョコ

白雪(妖精さんにこれを外せるものを頼んで!)

初雪(ラジャー)

19 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 22:24:25.08 ID:gFtYJIW30

ーーーーーーー
妖精「これです… この状況でしたら白雪さんに持たせて、そこから手の間にちゅーっと注入」

初雪「外にサッと塗るのは?」

妖精「なしです」

初雪「ありがとう、いってくる」

妖精「ご贔屓にー」

ーーーーー
初雪「白雪は執務室前に来るはずだからここに置いておけば」コト

初雪「知らせてあるからあとは待つだけ よし」


白雪(あった、あれだ)

提督「なあ白雪? これどうやって外すんだ…」

白雪「外したいんですか…?」

提督「い、いやあ お互いに不便だろ…?」

白雪「じゃあちゅーしてください!」

提督「!? ななななn、何いってんだお前!?」

白雪「うふふ、冗談です」パシ
チュー…

ペリッ
提督「うおっ、と 外れた!」

白雪「司令官、ご迷惑かけました〜!」タッタッ

提督「‥ ま、いいか」ガチャ

響「司令官、どうして白雪と」

提督「うお 響、いやな、これには色々あったんだ」

響「まったく…セクハラはいつになったらやめるんだい」

提督「…はい」

響「前のことを忘れたとは言わせないからね ほら、仕事だよ」

提督「はい…」

20 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 22:27:49.92 ID:gFtYJIW30

白雪「注目を集められましたよ!」

初雪「ん、よかった」

白雪「次はどんなことをしましょうか!」

初雪「白雪、楽しい?」

白雪「うん、なんだか楽しくなってきたよ」

初雪「それはいいことだと思う、多分」

初雪「次は…そうだね、もっと個性的な事をしてみよう」

白雪「変わったことですか?」

初雪「ん、また本を見てみよう…」ペラー

初雪「これとか」

白雪「ず、ずいぶん思い切り必要じゃありませんか…?」

初雪「自分を変えるには思い切りも大事」

白雪「わ、わかりました、やりましょう!」

>>25

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 22:34:14.52 ID:+5F3TeuLo

妹達に頼られて、紅茶を嗜む大人のレディを目指す

26 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 23:02:25.67 ID:gFtYJIW30

白雪「妹達に頼られて、紅茶を嗜む大人のレディ…!」

初雪「ん、熊野さんがいい例」

白雪「暁さんもそうですよね!」

初雪「いや、彼女は違うと思う…」

白雪「そうですか?」

初雪「とにかくお姉さんらしく振る舞うのが大事、早速やろう」


ーーーーーー
白雪(中庭で静かに紅茶を飲むとは言われたけど… 大丈夫かな)ズズ

白雪(あっ、音立てたらダメなんだ)スゥ…

白雪(あ、おいしい)


磯波「えーと、白雪ちゃんはどこだろう…あ」

磯波「し、白雪ちゃん!」トコトコ

白雪「ん、どうかした?」

磯波「あ、あの、なんだかとても大人びてるというかっ…なんというか…」

白雪「うふ、そう? 磯波も飲む?」

磯波「あ、うん!」

白雪「磯波は何をしていたの?」

磯波「あ、白雪ちゃんを探してたんだった」

白雪「それは、どうして?」

磯波「初雪ちゃんが白雪のところに行ってみろーって言うからさ…あはは」

白雪「そうなの、何か、用があった時とか、頼りたい時があったら、いつでも言っていいからね?」

磯波「う、うん! なんだか白雪ちゃんがいつもより大人っぽいや」


暁「グヌヌ、同じ駆逐艦なのにお姉さんぽいってどういうことよっ」

暁「なんだかおとなしいというか… お姉さん主張をすぎてないというか…」

暁「悔しいけど私が間違ってたのかしら…」

提督「たしかに強の白雪は違う」

電「そうなのです」

雷「いつもより大人っぽいわ」

響「全くもってそうだ」

暁「ひ!? みみみ、みんないたの!?」

提督「はっはっは、頑張って大人らしくなれよ」ポン

暁「うるさいわよっ! このバカ!」

27 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/19(火) 23:11:21.59 ID:gFtYJIW30

ーーーー
白雪「な、なんだか成し遂げた感がすごいよ…」ドキドキ

初雪「キャラを作ったとはいえ、とてもそれっぽかった」

白雪「もう、初雪ちゃんまで…」

初雪「結構いろんな人には知れたみたいだよ、いい感じだね」

白雪「順調かなっ、次はどんなことしよっか!」

初雪「じゃあここで一発キャラを反転させようか」

白雪「キャラを反転…?」


初雪「>>32をすればいいと思う」

白雪「えっ、ええっ!? で、できないよ〜」

初雪「やるったらやる」

白雪「うう… わかりましたよぉ」

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/19(火) 23:34:41.99 ID:TtbH7JKRo

ヒャッハー!

33 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 01:10:30.89 ID:jlM9YkyS0

初雪「ヒャッハーすればいいと思う」

白雪「え?」

初雪「はっちゃければ印象が与えられる、それを狙う」

白雪「は、はっちゃける…どういうふうに?」

初雪「いまの自分を捨てて、ありのままの自分を見せる!!」

白雪「ありのまま…」

初雪「ありのままの姿を見せるのよ、ありのままの自分になって!好きなことをしてみるの!」

白雪「な、なんだかわかった気がするよ!」

ーーーーーーーー

磯波「それでね!白雪ちゃんったらなんだか大人っぽくて」

深雪「白雪が? 何が合ったんだろうね…」

白雪「磯波ーーー!!!!」バターン

磯波「うわああああ 白雪ちゃん!?」

白雪「磯波かわいい磯波かわいい」スリスリ

磯波「ちょっと、さっきまでのはなんだったの…」

深雪「言ってることと全然違うじゃないか まったく、ほらふたりとも立って」

電「危ないのです!!!!」ドゴォ

深雪「ぐほぉ」ドシャーン

電「間違えてぶつかってしまったのです 深雪ちゃんごめんなのです」

白雪「あー、電ちゃんだ!かわいいなぁ…」ヒシッ

電「な、なんなのです!?」

白雪「んー…電ちゃんって抱きしめたくなる魅力があるよね…」ギュウ

電「や、やめてほしいのですー…」

34 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 01:35:13.77 ID:jlM9YkyS0

ーーーーー
白雪「大分はっちゃけてきたよ!」

初雪「印象付けるという意味では結構プラスかも…しれない」

白雪「もう地味キャラなんて、言われないよね?」

初雪「いや、まだ浸透しきっていないから…」

初雪「こんどは誰か個人に突撃してみれば…もっと広まるかも」

白雪「それなら、お友達が多い方がいいですね!」

初雪「じゃあ誰に突撃して、どう攻める?」

白雪「わたし、>>36さんに>>38なら出来る気がします」

36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/20(水) 01:47:14.12 ID:yDXkeeJwO

提督

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/20(水) 01:51:08.66 ID:c/jWhGUDO

感謝の気持ちを伝えること

39 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 02:23:40.65 ID:jlM9YkyS0

白雪「司令官に、いつもいつもありがとうと感謝を伝えることなら出来ると思います!」

初雪「大分趣旨から離れてる気がするけど全然いい案だよ白雪」グッ

白雪「さっそく伝えてきますね! これで司令官さんへの印象付けはバッチリです!」

ーー

白雪「司令官!突然ですがお伝えしたいことがあります!」

提督「なんだ急に」

白雪「司令官、こんな私をずっと鎮守府に置いてもらってありがとうございます!」

提督「ん、まあな ずっと前からいるし」

白雪「それに、遠征なんかも行かせてくれてありがとうございます! 鎮守府のためだなって思うと頑張れます!」

提督「お、おお これからもがんばれよ」

白雪「これからも私を見ててくださいっ!いずれもっとお役に立てる日が来るのを楽しみにしててくださいっ!」パッ

提督「ま、また握手か…?」

白雪「こ、今度は何もないです」

提督「うん、急になんだかよくわからなかったが…」パシ

白雪「お気になさらず! では!」

提督「おう」



白雪「なんだかとってもすっきりしました!」

初雪「お疲れ様〜」

白雪「ね、もっと目を向けられるにはどうすればよいでしょう!」

初雪「…そうだねぇ」

初雪「>>41とか、 これは結構来ると思うよ   たぶん」

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/20(水) 02:52:17.96 ID:nGiCRV0Fo

泣き虫になる

47 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 22:17:37.96 ID:jlM9YkyS0

白雪「泣き虫…ですか?」

初雪「そ、か弱い女の子が涙を流していたら、それはもう慰められずにはいられない…」

初雪「ましてや司令官なんかイチコロだよ、ワンパンKOだよ」

白雪「わんぱん…? よくわからないけど、これをやるっきゃないんだね!」

白雪「でも、涙なんて流せるでしょうか…」

初雪「切った玉ねぎがあるよ」

白雪「…自分でなんとかします」

ーーーーー

提督「ああ…響の言った通り白雪の様子が変わった…可愛いからいいけど」

提督「さて…昼だから食いに行くか… 響も来るだろ」

響「ん、行くよ」


ワアアアアア…
提督「泣き声…?なんだなんだ」ガチャ

白雪「わああああん」ピーピー

提督「ど、どうした白雪!?」

白雪「うっぐ…ひっく… ご飯運んでる時にぃ…落としちゃってぇ… ぐす」ヒシッ

提督「おい、皆見てるのに誰も手伝おうとしないのか…」

金剛「提督ぅ…私も食事を落としてしまったデース」スリスリ

提督「お前は関係ないだろ!」

響「…じゃ、私は先に行ってるから」

提督「あー…もうよしよし、ほら泣くな また持ってくればいいんだ」

白雪「うう…ひゃい…」

金剛「提督私もなでてほしいデース…」

提督「お前はしつこい!!」

ーーーーー

初雪「白雪、ナイス演技だったよ、役者も夢じゃない」グッ

白雪「えへへ…そうかな…」

初雪「かわいい、この照れ顔… 脳内HDDに保存せねば…!」

白雪「と、とにかく 皆に印象をつけることは出来たよね!」

初雪「うん、それはそれで間違いないと思う」

白雪「もっと! できれば金剛さんくらいまで目立ちたい!」

初雪「なかなかハイレベルだね… そこまでしたいなら>>50すればいい…かも」

50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/20(水) 22:20:55.83 ID:sSbzjntNo

アニメの主人公になる

52 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 23:06:55.20 ID:jlM9YkyS0

初雪「アニメの主人公になれば間違いなしだね」

白雪「あ、アニメですか!? で、でもそれは吹雪ちゃんが…」

初雪「自分を変えたいんでしょ?」

白雪「そ、それはそうですが…」

初雪「やろうよ、ちゃんと連絡網あるから、掛けあってみる」ピッピッ

白雪「あ、ありがとう!」

ーーーーー
ピリリりり
吹雪「はい、もしもし」

角川「あ、フブなんとかさんですか? 角川の者です 色々あってアニメの主人公降ろさせて頂きます、ありがとうございました」ピッ

吹雪「え」



その頃ネットでは
【悲報】ふぶなんとかさん、アニメの主人公降ろされる
【速報】吹雪型に二番艦、白雪がアニメの主人公に

そしてPVが撮り直され…
2ch民「白雪可愛くね?」
2ch民「ふぶなんとかさん不遇すぎワロタ」
2ch民「でも白雪もいいかなって思ってた」
2ch民「白雪の敬礼かわいい」

そしてテレビでは

いまのお気持ちをどうぞー!

白雪「あの…ちょっと恥ずかしいです…」

ふぶなんとかさんに何かお言葉はー?

白雪「の、ノーコメントで…」

ーーーー
吹雪「ど、どうして白雪ちゃんが…!?」

初雪(だ、駄目だ、まだ笑うな、し、しかし)ニタァ

吹雪「ど、どうして急に私が…? あんまりですっ…」

初雪(計画通り)

53 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/20(水) 23:18:44.61 ID:jlM9YkyS0

白雪「初雪ちゃん! 私有名人になっちゃったかな!」

初雪「うん、もうばっちりだよ」

白雪「うんうん!これでもう地味キャラなんて誰にも言われないよね!」

初雪「でも、巷では地味キャラの白雪ちゃんがどうのこうのって言われてるみたいだよ」カタカタ

白雪「むむ…地味キャラ脱却は難しいね」

初雪「じゃあ、もうひと押しふた押し行ってみようか」

白雪「初雪ちゃんには感謝してもしきれないよ!」

初雪「そんなに褒めないで そうだね、今頃なら>>57とかいいかも」

56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 00:16:31.44 ID:ZUijzYTO0

金曜日される

57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 00:19:11.48 ID:o9Mi537wO



62 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 02:07:31.43 ID:HCfrBtOx0

初雪「今頃なら、フライデーに載せられるのがいいと思う」

白雪「ふ、ふらいでーですか…」

白雪「でも、よからぬこととか、あんまり印象良くないことが書かれたりするんじゃ…」

初雪「白雪、何かを得るには何かを犠牲にしなければならない時もある」

白雪「…そ、そうかなぁ」

初雪「大丈夫、私が保証する  連絡するから待って」

白雪「初雪ちゃんの連絡網って一体…」

ーーーー
数日後の金曜日

艦これファン待望のアニメの主人公が差し替え!?
ふぶなんとかさんの今!
ふぶなんとか、白雪、喧嘩か!?
白雪、なにか裏工作が?

「今回は、ふぶなんとかさんに直接取材を行ってきた」
「白雪さんとなにかあったのかと聞くとふぶなんとかさんは」
「わからないです…」
「の一点張りだった」
「その他にも…」

「直接白雪さんに、取材を試みるも、ノーコメントだった」
「や、やめてくださいっ、ただ私は…いえなんでもないです!とにかく離れて下さい!」
「と、なにか意味ありげなことを話していた」
ーーーー

白雪「もう!悪化してるよこれっ!」

初雪「でも、売名は出来た、本来の目的は達成出来てる」

白雪「うう…」


63 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 02:11:27.94 ID:HCfrBtOx0

白雪「なんだか私が悪者みたいになってない…?変な方向で売名してるような…」

初雪「そんなことない、私が言うから間違いない    多分」

白雪「多分って!?」

初雪「さ、まだやれることは残ってるよ」

白雪「う…今度はまともなのにしてよね?」

初雪「>>66とか」

66 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 07:19:49.95 ID:NqP4SyULo

アイドルデビュー

70 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 16:55:48.83 ID:HCfrBtOx0

初雪「アイドルデビューしかないよ」

白雪「あ、あいどる!?」

初雪「ん、アイドルになればたちまち有名になって、お茶の間の人たち、いや、鎮守府の人たちをもしのぐ、全国で名を広められる…」

白雪「な、なるほど…!」

白雪「でもアイドル枠って那珂さんが…」

初雪「アイドルは二人いたらいけないコトなんてない、さ、今度は事務所に電話するから」

白雪「初雪ちゃんって何者なの…?」

ーーーーー
【速報】艦これアニメの主人公、白雪がアイドルデビュー
「初回限定のCD、既に完売!超大物誕生か!?」
「アイドルになって一週間で握手会開催、2日前から長蛇の列!?」
「艦これアニメのPVの再生回数が億突破!白雪のおかげか!?」

「ふぶなんとかさん、今の心境を語る」

「今、どんなお気持ちですか?」
吹雪「私の妹が、こんなに有名人になるなんて思ってなかったです」
吹雪「姉としてもとても嬉しいです…」
「アニメの主人公の座を取られたことについては?」
吹雪「何も思っていません、なにか事情があったのかもしれませんし、妹になら譲ってもいいかと思います」
ーーーーー

白雪「み、みなさん!今日はありがとうございまーす!」
うおおおおおおおおお 白雪ちゃーーーーん!!

白雪「こんなに私のファンができるなんて、わたし、光栄でーすっ!」
 し、らゆき! し、らゆき! し、らゆき!

白雪「は、恥ずかしいですよぉ…」
超カワイイヤッター!!! うおおおおおおおお


初雪「ふ、アイドルとして忙しくなったものだね」

白雪「初雪ちゃんがマネージャーなんて私、嬉しいです!」

初雪「いいよ、白雪が望んだこと、私は手伝っただけ」

白雪「それもこれも初雪ちゃんのおかげだよ!」

初雪「さ、次は横須賀のほうでライブがある、そろそろ行こう」

白雪「うん!」
ーーーーー

那珂「はぁ〜あ…白雪ちゃん、すごいなあ」

吹雪「那珂さんもそう思いますか…」

那珂「うん、なんだか、白雪ちゃんに居場所が取られちゃったみたい」

吹雪「わたしも、です」

那珂「でも、私は白雪ちゃんのこと、応援したいなっ」

吹雪「私もです、自然と悔しくないです、だいすきな妹ですから」

71 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 17:02:37.22 ID:HCfrBtOx0

初雪「今更だけどやり過ぎた気がする…」

白雪「えっ、いまさら?」

初雪「ん、白雪は、いまがたのしい?」

白雪「うん、楽しいよ でも…」

初雪「でも?」

白雪「また、前のように鎮守府でのんびりするのも、いいかなって」

初雪「…そう、だね」

白雪「私、地味キャラがを気にして初雪ちゃんに頼んだけど、お馬鹿だったみたい」

白雪「吹雪ちゃんや、那珂さんまでもの居場所を奪ってしまって、なんだか、自分が自分じゃないみたいで…」

白雪「わたしはただ…白雪という名前をすぐに思い出されるような、そんな人になりたかった…」

白雪「お姉ちゃんや、先輩までもに、辛い思いを…っ、うっ…させたく、なかった…」

初雪「なかないで」

白雪「ごめんね、ごめんね、 私が言い出したばっかりに、ごめん、ごめん…」

初雪「それは、私に? それとも、吹雪や那珂さんに?」

白雪「みんな…みんなに…」

初雪「…そ」

初雪「帰ろっか、みんなの、鎮守府に」

白雪「…うんっ」

72 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 17:12:28.47 ID:HCfrBtOx0

白雪「吹雪、ちゃん 白雪です」コンコン

吹雪「あ、白雪 どうしたの?」

白雪「言いたいことが合って」

吹雪「ふふ、アイドル様がなんで湿っぽい顔してるのよっ」

白雪「いや、私、私はアイドルとか、そういうのはやめたの」

吹雪「え?」

白雪「私ね、地味なキャラとか、そういうのが気になって、いろいろ初雪ちゃんに頼んでたんだ…」

吹雪「そうなんだ…」

白雪「アニメの主人公とか、アイドルがどうとか… 吹雪ちゃんや那珂さんい謝ろうと思って戻って来たの」

吹雪「私は気にしてないよ? 妹がアイドルとか、主人公とか、私は嬉しいよ?」

白雪「ううん、そうじゃなくって、いままでやってきたことに…  ごめんなさい」

吹雪「あ…」

白雪「それに、アイドルとか、主人公とか、やめちゃった。」

吹雪「…そっか」

白雪「うんっ、わたし、このままがいいの! ありのままの自分でいいかなって」

吹雪「ありのまま?」

白雪「うん、このまんま  那珂さんにも謝ってこなくちゃ そろそろ行くね」

吹雪「うん、またあとでね」

白雪「ありがとう!」

ーーーーーー
那珂「そんな、どうして白雪ちゃんが謝るの?」

白雪「私がこうなった時、いい気持ちはしなかった…と思うんです」

那珂「そんなことないよ? 白雪ちゃんがやりたいことを頑張ってるんだなぁって思ってたよ」

白雪「やっぱり、那珂ちゃんは那珂ちゃんです…」

那珂「え?」

白雪「みんなのアイドルです、とっても、とっても優しくって 私じゃ追いつけないような」

那珂「いいよ、もう 私はなーんにも思ってないんだから」

白雪「ごめんなさい  … ありがとうございます…」

73 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 17:20:58.08 ID:HCfrBtOx0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
提督「なんてことが前にもあったよな」

響「白雪のやることが早すぎて怖かったよ」

白雪「あの時は、どうかしてました」テヘッ

提督「いまのまんまの自分が輝くのが一番だ、そうだろ」

白雪「はい、ありのままですね」

提督「あ、それであいつはどうしたんだ、えーと、ふぶ… ふぶ…ふぶなんとかは」

白雪「吹雪ちゃんは、ちゃんとアニメの主人公にもどったそうです、那珂さんも、いつもどおりに」

提督「そうか、  いつもどおりだな」

響「そうだね ところで白雪?」

白雪「はい、なんでしょう?」

響「その後はどうなんだい?名前は覚えてもらえたりとか」

白雪「まあ…はしゃぎすぎたせいか前よりは…」

響「ま、そうだろうね…」

白雪「では、私もう行きます」

提督「おう、悪いな」

白雪「いえ、では 失礼しました」


響「ほんと、何が起こるかわからないものだね、人生というのは」

提督「そうだな…」

響「司令官は、いつまで吹雪のことを覚えないんだい」

提督「いや、出てこないんだよ、いざというときに」

響「ふぶ?」

提督「ばかにしてんのか、わかるわ   ふぶ…   ふぶ…  ふーぶー…」

提督「吹雪だ」

響「吹雪って10回言って」

提督「吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪吹雪」

響「いまの子は?」

提督「白雪だろ」

響「私の名前は」

提督「しら、響…」

響「…」

提督「…」

響「チッ」

提督「さ、さーて仕事しなくっちゃな!!」

75 名前:響提督 ◆Ew3/imucfM[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 17:27:10.27 ID:HCfrBtOx0

とりあえず、白雪「私が地味キャラという風潮」は完結にします!
次は那珂ちゃんスレをすぐ建てるつもりなので、見てくれてる人がいたら
是非身に来てもらえれば幸いです

それでは、見てくれた方、ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「いっちゃん!頑張る!」