提督「別に好きじゃねえが……艦娘たちと喋ってやるか」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「合同デート?」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/03(日) 23:33:20.55 ID:P2IA5FJ60

提督「初めはそうだな……>>2でいいか」


2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/03(日) 23:33:52.82 ID:zVBUZQOqO



5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/03(日) 23:39:18.29 ID:P2IA5FJ60

電「司令官さん、電なのです!」

提督「おう、急に呼び出して悪かったな」

電「本当なのです、急いできたからお腹が苦しいのです」

提督「悪かったよ」

電「それで、用事があるのではないのですか?」

提督「たまにはお前と二人で喋りたくてな」

電「それにしても急なのです……言ってくれれれば、時間を取ったのに……」

提督「俺に何か言いたいことはねえか?」

電「言いたいことですか? 突然言われても困るのです……」

提督「ふむ、確かになあ。お前は欲もないからな」

電「でも……敢えて言えば、>>6なのです」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/03(日) 23:40:57.80 ID:rBXstrv1O

構って欲しいのです

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/03(日) 23:51:16.39 ID:P2IA5FJ60

提督「構ってほしいだぁ? ガキみてえなこと言うんじゃねえよ」

電「だ、だって、言いたいことを言えって言ったのは司令官さんじゃないですか……」

提督「……まぁ、確かにな、それもそうだ。ガキみたいなことを言うな、なんて言っちゃいねえ」

電「最近、遠征ばっかりで……司令官さんにあまり会えなかったのです……淋しかったのです」

提督「……俺ぁ女は好きじゃあねえが、お前は特別だ。秘書艦として、俺をずっと支えてくれたからな」

提督「そのお前が淋しいっつうんなら、何でもしてやるよ」

提督「たまには一緒に寝るか? それとも風呂でも入るか?」

電「えっと……司令官さんと、>>9をしたいのです」

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/03(日) 23:53:09.21 ID:XiA3pFYHo

青姦

て言ったのに……」

提督「してやりたいのは山々なんだがなぁ……」

電「わ、私なんかとは、嫌ですか……?」

提督「嫌っつーか……勃たねえわ」

電「なのです!?」

提督「女の中では特別なだけであって、女として見てる訳じゃないからな」

電「う……うぅ……司令官さんに振られたのです……」

提督「あー……わかったわかった、挿入以外ならするから、な?」

電「……ペニバンでしてください」

提督「わかった、するから、泣くなって」

電「……ふふ、約束しましたからね、破っちゃ嫌なのです!」タタタ……

提督「おい! はぁ……初っ端からとんだ奴がきたもんだ」

提督「んじゃ次は……>>11か」

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:01:51.84 ID:5U7+yDvgO



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 00:10:31.82 ID:DMk8NF6B0

提督「ってオイイイイイイイイイ!!! なんでまたお前なんだよ!?」

電「だ、だって、外でするって約束……」

提督「今とは言ってねえだろ!」

電「うぅ……」

提督「泣いたって駄目なもんは駄目! 今日のとこは戻れ、な?」

電「……わかったのです」

提督「絶対忘れないから、満足させてやるから」

電「は、はいっ! では、失礼するのです!」タタタ……

提督「ふぅ……ったく、ウチの秘書艦さんには困ったもんだ」

雷「司令官、ちょっといいかしら?」

提督「あー……何か用か?」

雷「えっとね、電がすっごくご機嫌だったから、何かあったのかなって」

提督「なんでもねえよ、気にすんな」

雷「何よ、つれないわね……」

提督「……丁度いい、雷、お前俺に何か言いたいことあるか?」

雷「え? 司令官に言いたいこと……>>+1かしら」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 00:22:48.57 ID:DMk8NF6B0

提督「オカンかお前は」

雷「ひ、ひっどーい! まだそんな歳じゃないわ!」

提督「つーかいいだろ別に、そんなきっちりした俺が見たいのか?」

雷「ええ、見たいわ。そうしたら司令官はもっとカッコいいもの」

提督「はぁ……別に格好つけてもねえ……」

雷「司令官がするつもりがないなら、私がしてあげるわ!」

提督「お前が?」

雷「ええ! 毎朝司令官を起こして、着替えさせて、身だしなみを整えてあげるわ!」

提督「いや、んな面倒なことすんなよ……」

雷「私がやりたいからやるの! いい? 明日から始めるからね!」タタタ……

提督「お、おい……なんなんだ、ったく……」

提督「んじゃ次は……>>16にすっか」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:23:26.56 ID:e7yU2Wk+o

川内

18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 00:29:44.50 ID:DMk8NF6B0

川内「提督呼んだ? 夜戦? ねえ夜戦する!?」

提督「少しは落ち着け夜戦」

川内「え、ひょっとして夜戦って私のこと? いや〜照れるな〜!」

提督「照れるところか……夜戦、俺に何か言いたいことあるか?」

川内「提督に? うーん……夜戦しよ?」

提督「夜戦以外だ」

川内「えー! 昼戦は好きじゃないし……>>19かなぁ?」

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/08/04(月) 00:31:02.09 ID:2YzXGizuo

夜戦にむけたトレーニングしよ

23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:36:27.37 ID:DMk8NF6B0

提督「夜戦に向けたトレーニング……夜目でも鍛えんのか?」

川内「ちっちっち〜、甘いね提督! この夜戦内がそんなので満足する訳ないじゃん!」

提督「はぁ……面倒なことなら付き合わんぞ」

川内「そんなこと言わないでよー! >>+1なんだってばぁ!」

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:38:17.91 ID:KIFe4IKY0

アイマスクつけて演習

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 00:49:28.24 ID:DMk8NF6B0

提督「はは、おもしれえ事考えるじゃねえか」

川内「でしょー? 夜の世界はね、目で見るんじゃないんだよ……心で見るんだよ!」

提督「ほぉ……それじゃ、アイマスクしてても被弾なんかしねえな?」

川内「あ、当たり前じゃん! だてに夜戦マスター名乗ってないよ!」

川内(どうしよ、引っ込みつかない……流石に無理だよね?)

提督「よーし、じゃあ今日の演習の旗艦は川内wearingアイマスク」

提督「被弾したら向こう一か月は夜戦禁止、いいな?」

川内「い、一か月!? そんなことしたら死んじゃうよぉ……」

提督「死にやしねえよ、ほら、そろそろ時間だぞ?」

川内「うぅ……やだぁ……」

提督「頑張れよ、夜戦。期待してるからなー」

川内「あああああ……」



27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 00:53:10.39 ID:DMk8NF6B0

提督「案の定、川内は大破」

提督「演習から帰ってきたときは、世界の終わりみたいな顔だった」

提督「まー自分で撒いた種だ、容赦はしねえ」

提督「川内は当分、夜戦禁止。大丈夫だ、死なねえよ」

提督「っつー訳で次は>>+1だな」

28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 00:53:27.09 ID:pgz7NVEbO

大和

29 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 01:03:14.98 ID:DMk8NF6B0

提督「そのPADは飾りか、大和」

大和「い、いきなりセクハラ発言は止めてください!」

提督「発言くらい許せ。触ろうなんてこれっぽっちも思わんから」

大和「む……それはそれで失礼じゃありませんか?」

提督「何言ってんだ、いいことだろ? 世の中には権力に物言わせて性行為を要求する下衆な提督も居るらしいぞ?」

大和「それは……その例が極端すぎます」

提督「それもそうか……ま、俺はそんな心配はねえよ」

大和「……そうみたいですね」

提督「んで、俺に言いたいことはあるか?」

大和「それはもう……>>+1しかありませんね」

30 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 01:05:52.85 ID:xdflzCb6o

演習以外の出撃を希望

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 01:22:38.86 ID:DMk8NF6B0

提督「出撃なぁ……もうすぐMI/AL作戦があるだろ?」

大和「ど、どうせ私はお留守番なのでしょう……?」

提督「んな訳あるか、お前が出ないで誰が出んだよ?」

大和「でも金剛さんや長門さんの方が、燃費がいいですし……」

提督「ったく、お前は出たいのかそうでないんだか……」

大和「で、出たいです! 出撃させてください!」

提督「当たり前だ、堅い深海棲艦をぶっ潰して来いよ? 他の奴には出来ねえんだからよ」

大和「はいっ! 戦艦大和、推して参ります!」




提督「大和は割と使ってんだがなぁ……もっと出撃したい、か」

提督「労働意欲があるのは良いこった」

提督「次は>>(直近コンマ奇数)だ」


今日はここまでにしときます
お付き合いありがとうございました



33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 01:23:08.27 ID:KIFe4IKY0

榛名

36 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 18:46:18.29 ID:DMk8NF6B0

再開

提督「おう、遅いじゃねえか」

榛名「すみません、艤装の修理中だったので」

提督「済まなかったな、邪魔しちまって」

榛名「いえ、大丈夫です。もう終わりましたので、ふふ」

提督「なんだ、いいことでもあったのか?」

榛名「提督からお呼びが掛かるのも久しぶりだと思いまして」

提督「そうか? そうかもな……ときに榛名、何か俺に言いたいことはねえか?」

榛名「えっと……何かあるかしら?」

提督「何でもいいんだぞ、装備が欲しいとか、給料増やせとか、欲しい物じゃなくてもいいし」

榛名「では……(直近コンマ偶数)で」

38 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 18:54:11.32 ID:SKcLgbkDO

飛行甲板が欲しいです

39 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 18:57:44.38 ID:DMk8NF6B0

提督「何だ、航空戦艦にでもなりたいのか? それとも、空母になりたいのか?」

榛名「実は……>>+1なんです」

40 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 19:11:38.35 ID:tf55eKQq0

もっと活躍したい

41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 19:20:07.59 ID:DMk8NF6B0

提督「月並みだな、活躍したいのはお前だけじゃない」

榛名「そうかもしれませんけど……」

提督「それに、仮に飛行甲板を得たとしてどうする?」

榛名「艦載機を放って突撃……?」

提督「一から練度を高めなくてはならないんだぞ?」

榛名「!」

提督「お前が、艦載機の扱いに慣れるまで待っている暇はない」

提督「深海棲艦の脅威がすぐそこまで迫っているんだからな」

榛名「それは……そうかもしれません」

提督「そうだ、よく考えるべきだったな」

榛名「すみませんでした……」

42 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 19:28:02.79 ID:DMk8NF6B0

提督「そもそもお前は最近は旗艦だろうが」

榛名「……そうですね」

提督「旗艦が足手纏いになる訳にはいかないだろう。暫くはお前を旗艦から外すつもりはないしな」

榛名「あ、ありがとうございます!」

提督「戦艦としての実力は信頼してんだから、無いものねだりすんな」

榛名「は、はいっ!」

提督「うむ……納得したか?」

榛名「榛名、とっても晴れやかな気分です!」

提督「よろしい、下がっていいぞ」

榛名「はいっ! ありがとうございました!」




提督「見上げた心意気だ。あれは女ではなく、大和撫子だ」

提督「俺は女は好きではないが……大和撫子は嫌いではないな」

提督「さて、次は誰だ?(直近コンマ奇数)

43 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 19:29:54.11 ID:IVKMU58r0

扶桑

44 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 19:44:41.55 ID:DMk8NF6B0

提督「扶桑か……お前が来るとこう……空気が重いな」

扶桑「ふふ……いきなり酷いこと言うのですね」

提督「済まないな。だが、やかましいよりは余程良い、落ち着くからな」

扶桑「褒められてるのかしら?」

提督「少なくとも、貶しているつもりはない。お前が居ると安らぐんだ」

扶桑「そうですか……褒め言葉として受け取っておきますね」

提督「構わん、それより、何か要望はあるか?」

扶桑「要望? そうですね……」

提督「もしくは、俺に一言でもいい。言いたいことがあれば」

扶桑「では……」

(試験的に、レス番指定せず、拾いたい安価を拾います)

45 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 19:45:48.74 ID:aC9HZZ+cO

山城の建造

46 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 19:53:19.27 ID:gQK1ByUNo

好き嫌いせず、ちゃんと野菜も食べてください。体に良くないですよ?

47 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 19:56:56.64 ID:JlATbZOpo

もっと皆に心を開いても良いのでは?

48 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 20:12:24.40 ID:O2a053dh0

ホモ?

49 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2014/08/04(月) 20:25:05.29 ID:e7yU2Wk+o

軽々しくホモなんて言ってはいけない

50 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 20:29:44.52 ID:DSO1dwWrO

イメチェン

51 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 21:11:11.98 ID:DMk8NF6B0

扶桑「提督はその……男色家なのでしょうか?」

提督「いきなり人をホモ呼ばわりとは、お前らしくもないな」

扶桑「失礼は承知の上です……違うのですか?」

提督「断っておくが、俺は可愛い奴が好きだ、お前みたいな美人も好きだ」

扶桑「あ、ありがとうございます……」

提督「だが、例えば……最上やレーベのようなボーイッシュな子に、実は生えていたとしても、俺は構わん」

扶桑「そ、そうですか……それはあまり聞きたくなかったです……」

提督「可愛ければいいんだよ」

扶桑「そうですか……ならば、もっと皆に心を開いてもいいのでは?」

52 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 21:43:44.43 ID:DMk8NF6B0

提督「心を開け? 今の俺では不満か」

扶桑「いえ、そんなことは……ただ、可愛い子が好きという割には、そっけない態度のように見えます」

提督「コミュニケーションはそれなりに取っているつもりだったが」

扶桑「……ご自分で積極的に、という訳ではないのではありませんか?」

提督「まあ……扶桑様の言う通りだな」

扶桑「……もっと近づきたいと思っている子もいると思いますよ……?」

提督「適度な距離を保った方がいいと思うんだが……女は面倒だ、いい女は別だが」

扶桑「面倒かもしれませんが……それも含めて男女の付き合いというものではありませんか?」

提督「うむ……そうだな……そうかもしれん……お前には敵わんな」

扶桑「いえ、差し出がましいことを言いました、すみません……」

提督「いや、俺が間違っていた……まるで子供のようだったな」

扶桑「そこまで卑下しなくても、いいと思いますが……」

提督「お前が言うか」

扶桑「……それもそうですね、うふふ」

53 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 22:28:05.75 ID:DMk8NF6B0

扶桑「あ、そういえば……」

提督「まだ何かあるか? この際、全部ぶちまけてくれ」

扶桑「山城を建造していただけませんか?」

提督「……おばあさんや、山城ならもう居るでしょ」

扶桑「ボケたわけじゃありません……! 結構真剣な悩みなんです……」

提督「とてもじゃないが……そうは思えんな」

扶桑「あの……山城には秘密にして欲しいのですけど……」

提督「安心しろ。そもそもアイツとは頻繁に喋る訳でもないしな」

扶桑「……実は、山城は提督をお慕いしているんです」

提督「……そんな真剣な顔で言われなければ、冗談だと笑い飛ばしただろうな」

扶桑「あの子は素直じゃありませんから……」

54 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 22:42:02.02 ID:DMk8NF6B0

提督「口を開けば、扶桑姉様ばっかりのアイツがなぁ……」

扶桑「私と居るときは、提督の話ばかりですよ……?」

提督「なぁ扶桑、からかってるんじゃないよな」

扶桑「大真面目ですよ……? 私は冗談なんて上手く言えませんから」

提督「……例えばどんな話をするんだ」

扶桑「そうですねえ……提督、イメチェンすればいいのに、とか……」

提督「はぁ……具体的にどうしろと?」

扶桑「なんでも、もっと威厳ある格好がいいらしくて……今はだらしないとか」

提督「またか……皆そう思ってるのかもな」

扶桑「他の子にも言われたんですか……?」

提督「雷にな……これは真面目に検討する必要があるな」

扶桑「そうしたほうが、いいと思います……せっかく格好いいんですから……」

提督「せ、世辞は要らん……ったくどいつもこいつも……」

扶桑「冗談も下手ですけれど……嘘も下手なんです、私……」

55 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 23:19:50.15 ID:DMk8NF6B0

提督「この話はやめ! あとは何かないのか?」

扶桑「提督の食事について、とか……」

提督「おかんキャラが流行ってるのか、うちの鎮守府は」

扶桑「心配するのは当たり前ですよ……私たちにとって、たった一人の提督ですもの……」

提督「ぐ……今日のお前は眩しいな……」

扶桑「うふふ……野菜もちゃんと食べないと駄目ですよ……?」

提督「お前までオカンになるのか」

扶桑「甘えてくれてもいいんですよ……?」

提督「言えるじゃねえか、冗談……」




提督「いかんな、扶桑のペースに乱されてしまった……」

提督「……しかし、艦娘に対して頑な過ぎた部分はあったかもしれんな」

提督「気付かせてくれた扶桑には感謝せねばな」

提督「次は誰にしようか……」

(>>一番早く名前が二回出た子、同一IDは無効)

56 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 23:20:45.71 ID:gQK1ByUNo

五十鈴

57 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 23:21:17.14 ID:2YzXGizuo

五十鈴

58 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/04(月) 23:38:56.31 ID:DMk8NF6B0

五十鈴「提督、呼んだ?」

提督「ああ、ちょっとな……まあ掛けてくれ」

五十鈴「……ええ、失礼するわ」

提督「いつもありがとうな、対潜番長」

五十鈴「何、いきなり……ちょっと気持ち悪いわ、何か企んでる?」

提督「……別に企んじゃいねえよ」

五十鈴「ドッキリでもしてるの? ……でも、そんな人じゃないわよね」

提督「お前には気を遣わん、決めた」

五十鈴「ちょっと何よ、気を遣うとか……提督らしくもないわね?」

提督「……五十鈴、何か俺に言いたいことはあるか?」

五十鈴「どうして急にらしくないことをしてるの?」

提督「……とりあえずそれ以外で頼む」

五十鈴「む……後でちゃんと教えなさいよね……ええとね……」

↓五十鈴の主張(>>1が選びます

59 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 23:42:23.01 ID:5U7+yDvgO

五十鈴牧場の廃止

60 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 23:42:26.32 ID:HLS175Jco

改ニになって下着のサイズが合わなくなったんで提督に新しいのを選んで欲しい

61 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/04(月) 23:43:47.02 ID:2YzXGizuo

改ニになって時々恨みのこもった視線や殺気を感じる、何とかならないか

62 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 00:23:04.23 ID:erkti1pM0

五十鈴「下着を選んで欲しいの、サイズ合わなくなっちゃったから」

提督「……さて、次の子を呼ぶか」

五十鈴「ちょっと無視しないでよ!」

提督「んなもん俺に選ばせてどうすんだ、どあほう。下着姿見せんのか?」

五十鈴「……見たいなら」

提督「おいおい……お前、自分で言ってること分かってんのか?」

五十鈴「当たり前じゃない!」

提督「いや自信満々に言われてもな……正直引いてるからな」

五十鈴「……提督の好みに合わせたいと思うのって……そんなにいけないことかしら……」

提督「お前なぁ……んな事言ってたら、俺に襲われても文句言えねえぞ」

五十鈴「か、勝手に襲えばいいじゃない……」

提督「震えてるくせに強がるなっての……付き合ってやっから」

五十鈴「本当……?」

提督「本当だ、はい、ゆびきりげんまん」

五十鈴「もう、子供じゃないわよ……? でも、破ったら三式爆雷よ?」





提督「あの面倒な五十鈴があんなに素直になるとはなぁ……」

提督「下着選びなんて、彼氏でも連れてけってんだ、ったく……」

提督「付き合うって言った手前、行かざるを得ないが」

提督「んじゃ、次は誰にすっかな」

↓二回名前出た子

63 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 00:23:53.39 ID:dwoXWZOYO

摩耶

64 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2014/08/05(火) 00:24:56.53 ID:puXnGd7xo

まや

65 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 00:38:08.28 ID:erkti1pM0

今日はこれで終わります
次は摩耶ちゃんからで

お付き合いありがとうございました

68 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 12:04:06.26 ID:erkti1pM0

ちょっと書き忘れた

提督「というか、山城を建造したいのと、あいつが俺に好意を持ってくれてることがどう関係するんだ」

扶桑「……山城、私と提督、どっちを選ぶかって、すごく悩んでて……」

提督「ああ、それで?」

扶桑「もう一人山城が居れば、両方に割り当てられるかなと……」

提督「はぁ……それで解決すると思うのか?」

扶桑「……いえ、しませんね……今の山城の気持ちは、少しも楽になりませんから……」

提督「その通りだ。そんな理由で建造される方も、気の毒だしな」

扶桑「……ただ見守ってあげるのが、思いやりでしょうか」

提督「そうだな、それでいいんじゃないか」

扶桑「提督、妹の事、よろしくお願いしますね……?」

提督「イエスとは言えんが……善処しよう」

70 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 19:51:46.82 ID:erkti1pM0

再開します

摩耶「提督、アタシを呼んだかー?」

提督「ああ、まあ座ってくれ。麦茶でいいか?」

摩耶「は? お茶出してくれんのかよ、頭でも打ったのか?」

提督「心境の変化ってやつだ、ほれ」

摩耶「サンキュー……んぐ……ぷはぁーっ! うめーなぁ……」

提督「おっさんかよ……俺と同じじゃねえか」

摩耶「いいだろ別に、ほっとけよ……」

提督「最近は暑いよな……体調とか崩してないか?」

摩耶「提督、お前ちょっとキモイぞ……」

提督「何とでも言え、まあ大丈夫ならいいんだ」

摩耶「マジで何があったんだよ……」

提督「気にするな、それより、俺に何か言いたいことはあるか?」

摩耶「いきなり何だよ」

提督「何でもいい、うざいとか小言でもいいし、欲しいものとかでもいい」

摩耶「んなこといきなり言われてもなぁ……」

↓摩耶の主張

71 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 19:56:12.42 ID:iGapn5HoO

三隈砲増やしてくれよ

72 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 20:12:20.97 ID:SwcuQ1dWO

周りから怖がられてる

73 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2014/08/05(火) 20:56:44.27 ID:puXnGd7xo

最近胸が筋肉質に

74 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 21:07:44.38 ID:erkti1pM0

摩耶「アタシさ、MAXまで改修してもらったことには感謝してんだ」

提督「それくらいは当然だろう、初期メンバーだしな」

摩耶「ならもうちょっとジャンプしてみようぜ?」

提督「ヤンキーのつもりか? ちっとも怖くねえ……むしろ可愛いぞ」

摩耶「うるせえなぁ、可愛いはやめろって!」

提督「ちょろい奴だなぁ……」

摩耶「お、お前うざい! いいから三隈砲よこせばいいんだよ!」

提督「三隈砲? 三隈すら居ないのに何言ってんだお前は……」

摩耶「そういやそうか……弱小だもんなウチは……」

提督「言うな、悲しくなるから……」

摩耶「わかってんならしっかりしろよなー」

提督「難しいかもしれんが……善処するよ」

75 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 21:31:17.62 ID:erkti1pM0

摩耶「そういや、悩みっつーか、なんか最近怖がられてる気がすんだよなぁ……」

提督「俺から見れば怖くないが……まあ小さい子たちは怖がるかもな」

摩耶「筋肉付け過ぎたかなぁ……」

提督「筋トレしてたなんて初耳だがな」

摩耶「最近よー、姐御に特訓付けてもらってたんだよ」

提督「あー……それは筋肉付くわ」

摩耶「したっけよー、胸まで筋肉質になってきてよー……」

提督「揉むな揉むな」

摩耶「あ? 提督はホモだから興味ねえだろ?」

提督「お前もか……俺はノンケだからな」

摩耶「へ……? へ、変態野郎が!!」

提督「理不尽だろ……」

76 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 21:53:21.38 ID:erkti1pM0

摩耶「ま、マジかよ……聞いてねえぞ」

提督「言ってないしな、誰だ俺をホモだと吹聴してる奴は」

摩耶「いやいや……吹聴もなにも、アタシたちの共通認識だぜ?」

提督「えぇ……いくら喋らないからって、それは酷い」

摩耶「お前、本当に女好きなのか?」

提督「喧しいのは好かんがな……ま、せいぜい警戒しとけ」

摩耶「……アタシ、部屋戻るわ」

提督「おう、お疲れ」




提督「酷い奴らだなったく……」

提督「ノンケだと広まったら避けられたりしないよな……?」

提督「……次行くか」

↓次の艦娘

77 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 21:54:24.16 ID:Ml3ulvWpo

初雪

81 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/05(火) 22:32:46.57 ID:erkti1pM0

提督「諸君、集まってくれてありがとう」

鈴谷「提督、ちーっす! 鈴谷にごよぉ〜?」

提督「よう鈴谷」

木曾「秘書艦以外でお前に呼ばれるなんてなぁ……嬉しいぜ」

提督「おう、つれなくてすまなかったな」

初雪「ねえ、帰っていい……?」

提督「来たばっかりで何言ってんだ」

青葉「これはまた興味深い面子ですねえ……何の取材をすればいいでしょうか?」

提督「取材じゃない、たまにはお前らとコミュニケーション取ろうと思ってな」

鈴谷「へぇ〜……シュショーな心掛けじゃん?」

提督「だろ? っつー訳で、何か俺に言いたいこととかあるか?」

↓キャラごとに台詞




82 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 22:45:35.19 ID:erkti1pM0

一人ずつでおーけーです

83 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 22:47:47.70 ID:HoNajgkIo

青葉「なにやら電さんと夜戦(意味深)の約束をしたと聞きましたが」

84 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 22:47:49.38 ID:sD2Oa9thO

青葉 提督密着24時させてください

85 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga sage] 投稿日:2014/08/05(火) 22:49:24.86 ID:puXnGd7xo

鈴谷 最近一緒に買い物(デート)してないよー

86 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 22:56:37.36 ID:yVa2Lkp1o

初雪 ノンケってほんとなの

87 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 23:00:37.94 ID:fFiipDfE0

木曾 提督も眼帯つけたらどうだ

88 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/05(火) 23:01:59.78 ID:4zvnSGyO0

木曾 もしノンケなら姉には黙っていた方がいい、いろいろと面倒なことになる

89 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[sage] 投稿日:2014/08/06(水) 00:43:10.77 ID:CF4vQQPV0

今日もお付き合いありがとうございました

明日は頂いた安価から始めます

90 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 19:52:09.09 ID:CF4vQQPV0

再開

鈴谷「提督さー、最近鈴谷とデートしてくれないじゃん?」

提督「最近も何も……お前とデートなんてしたことないだろ」

鈴谷「えー!? ショッピングとかゲーセンとか付き合ってくれたっしょ!?」

提督「ああ……あれデートだったんだな」

鈴谷「えぇ……嘘でしょー……まさかのアウトオブ眼中じゃん……」チーン

提督「? なんで凹んでるんだ?」

鈴谷「もぉー!! 少しくらい意識しろってゆーの!」

提督「顔が近いんだが……恥ずい、離れよう」

鈴谷「ふ、ふーんだ! 反省するまでこのままだかんね!」

木曾「貴様の方が恥ずかしがってどうする……」

青葉「よく見えますねえ〜」●REC 

91 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 20:00:41.16 ID:CF4vQQPV0

初雪「……司令官、ノンケって本当……?」

提督「ああ……これから何度その質問をされるんだろうな……」

木曾「もし本当なら、大井姉さんには黙ってた方がいいぜ? 面倒に巻き込まれたくなければな」

提督「まるで意味がわからんぞ」

木曾「お前は男色にしては北上姉さんとは親しげだったよな?」

提督「ノンケなんだが……まぁ北上は無邪気だから、付き合いやすかったんだ」

木曾「ボディタッチとかも頻繁だったよな?」

提督「ああ……友達感覚だったからな」

木曾「実は大井姉さんはそれが気に食わなかったんだが……」

提督「大井は北上好きだもんなぁ」

木曾「お前が女に興味が無いから、黙認していたんだ」

提督「なんと」

93 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 20:12:52.42 ID:CF4vQQPV0

木曾「そういう訳だ、まぁバレちまったら、北上姉さんとの関係も見直せってこった」

提督「うむ……北上をそんな目で見たことはないがなぁ」

鈴谷「鈴谷も同じだよねー……アウトオブ眼中……友達感覚……」ズーン

初雪「引きこもりたい……?」

鈴谷「そうだね……ちょっち引きこもりたいかな……」

木曾「凹んでいる鈴谷を見るのは珍しいかもな」

青葉「提督、フォローしといたほうが……」ヒソヒソ

提督「そうだな……」ヒソヒソ

提督「鈴谷、そう気を落とすこともないだろう」

鈴谷「誰のせいだと思ってんのさー……」

提督「お前に好意を持たれて喜ばない男は居ない……と思うぞ」

鈴谷「その男って、提督も入ってんの……?」

提督「……入ってるぞ」

鈴谷「……にひひっ! そっかそっかー!」

94 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 20:25:12.80 ID:CF4vQQPV0

鈴谷「もぉー! それならそうと最初から言ってよねー!」バシバシ

提督「ちょっと痛い、痛いって」

初雪「ちょろい……」ボソッ

木曾「悪い男に捕まらないか心配になってくるな……」

青葉(あとで提督LOVE勢に見せて回りましょう)●REC

木曾(北上姉さんには教えとくか……『提督はノンケ、大井姉さんには言うな』と)

木曾(大井姉さんは……俺が直接言うしかねえな。提督をヤらないように止めないと……)

提督「つーか、お前らは俺がノンケかどうかしか興味ないんかい」

青葉「あ、ノンケで思い出しました!」

提督「なんか嫌な思い出し方だなぁ……どうした青葉」

青葉「なにやら電さんと夜戦(意味深)の約束をしたと聞きましたが、本当ですか!?」

鈴谷「えっ!?」ガタッ

木曾「何!?」ガタッ

95 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 20:42:23.46 ID:CF4vQQPV0

提督「ああ……お前どこから仕入れて来るんだよ、盗聴してんのか?」

青葉「滅相もないです! ちょっと天井裏に潜んでいただけですよ!」

提督「ニンジャか何か? センダイ=サンの面目丸潰れだな」

鈴谷「ちょっと酷いじゃん! 鈴谷ってものがありながら!」

提督「いやいや、彼女面されても困るんだが……」

木曾「見損なったぞ……男色家のフリをして幼女を貪る鬼畜だったとは……」

提督「あのなぁ……言っておくが、電と関係を持ったことは一度もないからな」

鈴谷「……ホントっぽいね」

提督「というか、艦娘とは一度もない、誓って」

初雪「そもそもホモだと思われてたし……」

木曾「なら、何故電とそんな約束をしたんだ?」

96 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 20:54:14.26 ID:CF4vQQPV0

提督「……彼女もまた、特別な存在だからさ」

青葉「私たちは特別ではないのでしょうか?」

初雪「……電は、最初の艦娘だから?」

提督「そうだな……勿論お前たちも大切ではあるがな」

木曾「お前……ひょっとして、あいつの事が好きなのか?」

提督「好きだ……が、恋愛感情ではない。欲情する訳でもない」

青葉「それじゃあ……彼女を受け入れるのは、ただの情って訳ですか」

鈴谷「でも、おかしくない? 身体を重ねるのって……そういうのじゃなくない?」

提督「そう……なのか? しかし、彼女が望むなら叶えてやりたいと思う」

鈴谷「そんなの、絶対おかしいよ……」

青葉(困りましたねぇ……思ったより重い空気に……)

100 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 21:39:31.44 ID:CF4vQQPV0

鈴谷「鈴谷、ちょっと行ってくるね……」

提督「お、おい鈴谷どこに」

鈴谷「決まってるっしょ!? 電ちゃんの所!!!」

提督「お、俺も行くよ」

鈴谷「駄目! 来ないで! これは女同士の勝負じゃん!」

提督「ぐ……わかったよ……」

鈴谷「そんな口約束なんて忘れてね? 情に流されないでっ」タタタ……

提督「鈴谷……って木曾、お前までどこ行くんだよ」

木曾「なに、ちょっとネコと遊んでくるだけさ」

提督「それはまた唐突だな……止める権利もないが」

木曾「ま、帰ってきたら一杯やろうぜ?」

提督「……ああ、俺とお前の仲じゃないか」

木曾「ククク、そうだな……じゃあ、行ってくるよ」

初雪「いってら〜……」

提督「お前は行かないんだな」

初雪「動かざること山の如し……」

青葉(うーん……どっちを追っても面白そうですが……さて、どうしましょうかねぇ……)

102 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 21:59:55.28 ID:CF4vQQPV0

提督「まさかこんなことになるなんてな……」

初雪「たいやき、食べる?」

提督「いや、夏にそんなもっさりしたものはちょっとな」

初雪「うぐぅ……じゃあ自分で食べる」

提督「すまんな、せっかく親切で勧めてくれたのに」

初雪「別にいい……たいやき、好きだし」

提督「そっか……しかし、俺もやはり行けば良かったか? 鈴谷の気迫に押されちまったが……」

初雪「シュラバ・ラ・バンバ……」

提督「知っているのか初雪」

初雪「パパがよく歌ってた……下手だったけど……」

提督「そうか……修羅場……大丈夫かな、鈴谷と電……」

初雪(そっちだけじゃないと思うけど……)

提督「……あれ、青葉は? いつの間にか居ねえし」

初雪「もぐ……たいやき、おいしい」

105 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/06(水) 22:15:11.47 ID:CF4vQQPV0

「こちらコードネームBL、応答願いますぅ。オーバー!」

「はーいっ! こちらAM、どうかしたの? オーバーっ」

「見逃せないヤマが二つありまして……ポイントcplへ向かってもらえますか? オーバー!」

「ええー今からご飯だったのにー……でも、いいわよ! き……AMさんにお任せっ! ……オーバーっ」

「恩に着ますぅ! 私はポイントplsmに向かいますので……オーバー!」

「了解っ! ヘマしちゃ駄目だぞー? オーバーっ」

「あなたの方が心配です! 気付かれちゃ駄目ですよっ! オーバー!」

「わかってるわよ! お礼、期待してるからね! オーバーっ」

「上手くやってくれたら、ですよ! では切りますねっ」プツッ

107 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 00:10:22.34 ID:twAuREWt0

ふとたいやきを食べたくなって、あゆが浮かんだので……懐かしいですよね
明日は砲雷撃戦(物理)ですかね多分……今日はここまでです、お付き合いありがとうございました

108 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage saga] 投稿日:2014/08/07(木) 00:22:44.83 ID:QHSzS1ye0

ま〜い〜に〜ち〜ま〜い〜に〜ち〜僕らは鉄板の―乙

"UM"brellaと"B"lue"L"eafでUMとBLかな?

109 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[sage] 投稿日:2014/08/07(木) 00:33:51.78 ID:twAuREWt0

>>108乙ありがとうございます

BLはそうですね
ガッサさんの方は自分がそもそも間違えてましたすみません……IronManでIM、が正しい意図でした

112 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 18:31:47.29 ID:twAuREWt0


青葉「……こちらBL、対象の部屋に潜入成功、オーバー……」ボソボソ

衣笠「こっちもよ、あとは待つだけね……オーバー……」ボソボソ

青葉「ですね……くれぐれも慎重にお願いしますよ、オーバー……」ボソボソ

衣笠「わかってるわよ……来た……! 健闘を祈るわね……」ブツッ

青葉「……ふぅ……こっちも気を抜けませんね……」



大井「はーい……あら、木曾じゃない。おかえりなさい」

木曾「よお姉貴……球磨姉たちは居ないのか」

大井「ええ、間宮さんの所よ。入れ違いになっちゃったわね」

木曾「そうか……なら、ちょうど良かったよ」

大井「?」

木曾「姉貴に話がある、落ち着いて聞いてくれ」

大井「何かしら? ひょっとして、北上さんに関係ある??」

木曾「まぁ……無くはないかもな……でも主に提督の話だ」

大井「……へえ、あの人の話ねえ……」コォオオオオ

木曾(やべえ……一気に空気が重苦しくなっちまったぜ……)

木曾「落ち着いて聞けよ……?」

大井「ええ、大丈夫よ……その名前を聞くだけで上機嫌よ」ニッコリ

木曾「!……」ゾワッ

木曾「実はな……提督は……ノンケだったんだ」

衣笠(言っちゃったぁ……!)

大井「……そう……提督がノンケね……」










113 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 18:33:34.88 ID:twAuREWt0















大井「は?」















117 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 19:22:57.81 ID:twAuREWt0

大井「ごめんなさいね、もう一度言ってくれるかしら……?」

大井「提督が……何かしら?」

木曾(クッ……初めて向けられた姉貴の殺気……!)ゾワワッ

木曾(しかし怯むわけにはいかねえ!!)

木曾「ったく、仕方ねえ難聴姉貴だな。俺は親切だから、もう一度言ってやるよ……よく聞きな」

木曾「アンタが好きな北上姉といつもベタベタくっついてる俺らの提督様は」

木曾「オスとして正常で、メスに欲情するんだとよ!」

大井「……」

木曾「これだけ丁寧に言ったんだ、聞こえなかった訳がないよな?」

衣笠@テンジョウウラ(なんでちょっと喧嘩腰なのかしら……?)



118 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 19:28:33.95 ID:twAuREWt0

木曾「どうなんだ、ハッキリ認めろよ?」


大井「んん……んぐぅ……!」


木曾「素直に受け入れろよ……正直言うと、俺だって驚いたさ……」


木曾「あんなに俺達にそっけなかった提督が、まさかノンケだなんてな……」


大井「ん……んぐぅぅ……!」


木曾「姉貴、どうなんだよッ!?」


大井「んん……んんんんんんぅぅぅぅぅ……!」
























大井「あはっ……!」




121 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 19:32:02.37 ID:twAuREWt0














大井「あはははははははははははははははははははははははははははははははは
   ははははははははははははははははははははははははははははははは!」












127 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 19:58:50.40 ID:twAuREWt0

木曾「お、おい姉貴、何が可笑しいんだよ……!?」


大井「あははは……はぁ……はぁ……お腹が痛くなっちゃったわ……あはっ……!」


木曾(やべえ……今の姉貴普通じゃねえ……!)ギリッ


大井「なんて運の良い人なのかしら……! 良かったわねえ、寿命が少し延びて……」ギリギリ


木曾「お、おい、寿命って……物騒な事言うんじゃねえよ」


大井「あら? こうなることを分かったうえで来たんじゃないの???」


大井「北上さんは私の物よ? あんな人にあげる訳にはいかないでしょ????????」


木曾「……流石にここまでとは思ってなかったよ」


大井「うふふ……やっぱり、提督を護る為に来たのね??」


大井「あの人が来てたら、すぐにでも八つ裂きにしてたのにね……あははっ……!」


木曾(どうやらマジで来て正解だったようだな……!!!)

128 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 20:16:49.08 ID:twAuREWt0




大井「あらあら……???」










大井「でもでも……そんなことしちゃったら……私の溢れる気持ちを十分に消化できないわね……????」










大井「縛り上げて……吊るして……一枚一枚手足の爪を剥いでいって……身体の端から少ぉしずつぶっ刺していって……」











大井「じゅうううぶんに痛みを知ってもらってから逝って貰わないといけないものねえ…………あははははっ……!」











大井「あははっ……木曾のファインプレーね!!」ニタァ

136 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 20:45:12.94 ID:twAuREWt0

木曾「……そんな台詞聞いて、俺が黙ってここを通すと思うのか?」


木曾「そうだとしたら……姉貴らしくもない目出度さだな?」


ミノゴロモン衣笠@テンジョウウラ(だからなんで喧嘩腰……殺されちゃうよぉ……!)


大井「うふふっ……お姉ちゃん、聞き分けの悪い子は嫌いよ???????」ギロリ


木曾「……生憎、俺も引けねえんだよ……『ここは譲れません』って奴だ……!」キッ!


大井「……そう、それは困ったわね……カワイイ妹には手をあげたくないもの……」


木曾「それなら、俺に免じて抑えてくれ!! 姉貴よぉ!!!」


大井「……貴女にそこまで言われると……折れない訳にもいかないわね……」


木曾「じゃあ……!!」


大井「ええ……」










          大井「海(おもて)に出ましょうか……??」

143 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 21:09:44.49 ID:twAuREWt0

木曾「おいおい……妹に手はあげたくないんだろう?」


大井「譲歩よ、譲歩……これでも、私なりの、精一杯の譲歩よ?」


大井「これで八つ裂きするのは、あの人だけで十分だもの……ね?」キラン


木曾「……ずいぶんなモノを懐に忍ばせてんな、姉貴よ」


大井「あら、いけないいけない……カワイイ妹の前でナイフを出す訳にはいかないものね?」スッ


木曾「そうだな……仕舞っておいてくれると有り難い」


大井「心配しなくていいわよ? 姉妹は何より大事だもの……」


木曾「その優しさを、ほんの少しでも提督に向けることは出来ないか……?」


大井「……ごめん、それ無理♪」


木曾「そうか……不本意だが……『開戦やむなし』だな……」

144 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 21:39:06.78 ID:twAuREWt0



大井「ええ……それじゃ、行きましょうか? 善は急げって言うものね???」


木曾(『善』ね……提督をぶっ殺そうとするのが『善』な訳あるかよ!!)


木曾「……待ってくれ、艤装を準備しなくちゃならないだろう」


大井「あら、うっかりしてたわ……私ったら焦ってるわね……あははっ……!」


木曾(正直……俺の手に負える相手じゃねえ……!?)


木曾(だが……)


木曾「……さて、まずは工廠行こうぜ、姉貴よ」


大井「ええ、行きましょう……!!」


木曾(あの世でお前を一人になんかしない……お前は俺が守ってやる!!)







衣笠@テンジョウウラ「……行ったわね」シュタッ


衣笠「ふぅ……まさかの姉妹戦争勃発……ヤバいよヤバいよ……!!」


衣笠「青葉に……いやいや、あっちはアッチで修羅場かもだし……」


衣笠(いざとなったら私が……!)

145 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 21:47:21.01 ID:twAuREWt0




――――――――――――――――――――

一方その頃……



雷「はーいっ、どちら様?」


鈴谷「ちーっす、電ちゃん居る?」


雷「鈴谷さんじゃない! 珍しいわね、電に用事なの?」


鈴谷「うん、ちょっちね……んー、居ないみたいだねぇ」


暁「でも、すぐに戻ってくるわよ? お花を摘みに行っただけだもの」


響「ここで待ってたらどうだい? ロシアンティーでもご馳走するよ」


鈴谷「……サンキュ、気持ちだけ貰っとくね!」


鈴谷「電ちゃんに伝えておいてくれる? 屋上で待ってるって」


雷「え、ええ、わかったわ……」


鈴谷「お邪魔してごめんね? そんじゃねー!」タタタ……







146 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 21:59:11.23 ID:twAuREWt0


響「穏やかじゃないね、屋上だなんて」

雷「久しぶりにキレちまった……のかしら?」

暁「鈴谷さんを怒らせるようなこと、電がする訳ないと思うケド……」

響「……つけてみようか」

暁「えぇ!?」

雷「そうね、電には深く聞かないで、こっそりつけましょ!」

暁「れ、レディがそんなはしたない真似、出来る訳ないじゃない!」

響「……じゃ、二人で行こうか、雷。いざとなったら、私たちが止めればいい」

雷「そうね! 暁姉は、はじめてのおるすばんね!」

暁「ちょ、ちょっと! 置いていかないでよっ!」













147 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/07(木) 22:03:09.94 ID:twAuREWt0

響「暁、静かにしないとバレてしまうよ」

暁「子供扱いするからでしょ?!」

電「ただいまなのですー……」

暁「お、おかえりー……」

響「おかえり、電。鈴谷が君を呼んでいたよ」

電「鈴谷さん……ですか?」

雷「屋上に来なさい、ですって。急いだ方がいいみたい」

電「わ、わかったのです……それでは行ってくるのです!」




響「さて、行きますか」

雷「修羅場とかだったらどうしましょ?」

暁「もう、どうなっても知らないからねっ!」


―――――――――――――――――――

152 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 20:31:34.47 ID:7O203GW80

――――――――――――――――――――


@鎮守府正面海域


大井「それじゃ、ルールを説明するわね?」


木曾「別にいらないが……まあ、続けてくれ」


大井「いい子ね、木曾……人の話は最後まで聞くものだわ」


大井「……といっても、ルールは至って簡単よ」


大井「貴女が勝ったら、提督には手を出さないであげる♪」


木曾「……聞くまでもねえだろうけど……姉貴が勝ったら……?」


大井「うふふふ……あの人ができるだけ苦しんで死ぬように努力するわ♪」


木曾「言っとくがアイツが死んだら……此処はもう終わりだぜ?」


大井「……言葉を交わすのは、ここまでにしましょう」


大井「勝者こそ正義よ!! 正しかった方が最後に立っている、それでいいじゃない!!!」


木曾「……そうだ、それでいい」


木曾(今の姉貴を止めるには、言葉じゃ足りねえ……)

153 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 20:38:35.92 ID:7O203GW80








木曾「目覚めの一発くれてやるよオラァ!!!!!!!!!!!!」









大井「私に逆らう奴はたとえ妹でも許さないッッッッ!!!!!!!!!!」







154 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 20:56:42.95 ID:7O203GW80






大井「あははははははっ! そんなに動くと当たらないわよっ!」ドォンドォン





木曾(姉貴は主砲で戦うつもりか……? 甲標的による先制攻撃をしないなんて……)





木曾(いや、陽動か!? 姉貴のド本命は五連装酸素魚雷のカットイン……)





木曾(砲撃でオレの注意を魚雷から逸らすため……!!)





木曾(どうせ砲撃戦じゃ、致命傷は負わせられねえ……オレ達の十八番は雷撃戦だ)





木曾(それなら……十分に水中に注意を向けつつも……)





木曾(付き合ってやるぜ!!! 見え見えのオママゴトになぁ!!!!)

156 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 22:58:07.24 ID:7O203GW80





大井(……貴女は、私の戦い方をどう思っているのかしらね)




大井(主砲をぶっ放すだけだなんて、私らしくないって……そう思うかもね……)




大井(……私もそう思うわ)




大井(なんでこんな愚かな戦い方をしているんでしょうね……知性の欠片も感じられない……)




大井(まるで野獣ね……いえ、海獣かしら……?)




大井(思考は今日の海みたいに落ち着いているのに……身体は全く言うことを聞かない……)




大井(怒りに支配されているということ……?)




大井(逆らえない程の激情ならいっそ……素直に身を任せるしかないわねえええ!!!!!!!!)

158 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:16:42.47 ID:7O203GW80








大井「あはははははは!!!!! 逃げてるだけじゃ勝てないわよおおおおお」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨








木曾「姉貴こそな!!!!! そんな砲撃じゃハエが止まるってもんだぜ!!!!!!!!!」シュバアアアアアア








大井「あははっ……!!!! 生意気な妹にはお仕置きしないとねえええええ!!!!!!!!!!!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣








木曾「お仕置きされるべきなのはどっちだ!? 北上姉に聞いてみた方がいいんじゃねえか!!!!!!!!」ザアアアアア








大井「そうねええ!!!!! あの人にお仕置きした後で聞いてあげるわよおおおおおおおお!!!!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

159 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:44:32.38 ID:7O203GW80



木曾は、砲撃を紙一重で回避しながらも、魚雷への警戒は怠らない。


自ら攻撃を仕掛けるつもりは全くない為、延々と避け続けなければならない。


しかし、いずれ貰うかもしれない一発を受けるまで、攻撃を避け続けることの方が、


大事な姉を攻撃して傷つけてしまう事よりは、余程有意義な事だと考えた。


一方の大井は、いくら避けられようとも、15.5cm3連装砲による単調な砲撃を続ける。


そこには、暴走した感情以外の何もない。


北上への止め処ない愛情、提督への底知れぬ憎しみ、最愛の者を奪われるかもしれない恐怖心……


それらが複雑に絡み合い、増長し、歯止めの利かないカオスと化していた。


たとえ、たった一人の妹を傷つけることになっても……


彼女には許せないものがあったのだ。




160 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:51:35.40 ID:7O203GW80





戦闘は、そう長くは続かなかった……





ひたすら撃つ、ひたすら避ける……そのループはあっけなく途切れた












大井の弾切れによって、静寂が生み出される

158 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:16:42.47 ID:7O203GW80








大井「あはははははは!!!!! 逃げてるだけじゃ勝てないわよおおおおお」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨








木曾「姉貴こそな!!!!! そんな砲撃じゃハエが止まるってもんだぜ!!!!!!!!!」シュバアアアアアア








大井「あははっ……!!!! 生意気な妹にはお仕置きしないとねえええええ!!!!!!!!!!!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣








木曾「お仕置きされるべきなのはどっちだ!? 北上姉に聞いてみた方がいいんじゃねえか!!!!!!!!」ザアアアアア








大井「そうねええ!!!!! あの人にお仕置きした後で聞いてあげるわよおおおおおおおお!!!!!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

159 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:44:32.38 ID:7O203GW80



木曾は、砲撃を紙一重で回避しながらも、魚雷への警戒は怠らない。


自ら攻撃を仕掛けるつもりは全くない為、延々と避け続けなければならない。


しかし、いずれ貰うかもしれない一発を受けるまで、攻撃を避け続けることの方が、


大事な姉を攻撃して傷つけてしまう事よりは、余程有意義な事だと考えた。


一方の大井は、いくら避けられようとも、15.5cm3連装砲による単調な砲撃を続ける。


そこには、暴走した感情以外の何もない。


北上への止め処ない愛情、提督への底知れぬ憎しみ、最愛の者を奪われるかもしれない恐怖心……


それらが複雑に絡み合い、増長し、歯止めの利かないカオスと化していた。


たとえ、たった一人の妹を傷つけることになっても……


彼女には許せないものがあったのだ。




160 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/10(日) 23:51:35.40 ID:7O203GW80





戦闘は、そう長くは続かなかった……





ひたすら撃つ、ひたすら避ける……そのループはあっけなく途切れた












大井の弾切れによって、静寂が生み出される

166 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 01:02:26.57 ID:0dEcn/9R0



木曾「まぁ、独りぼっちは淋しいもんなぁ……」


大井「だから、なんとかしなきゃって……あんなに仲が良かった二人だもの」


大井「提督が女の子を好きだなんて知ったら……どうにかなっちゃっても、おかしくないでしょ?」


木曾「だからって……普通は片方を殺そうなんて思わねえよ……」


大井「それは、提督の罪への罰よ……だって、私を、私たちを騙していたんだもの」


大井「貴女だって、騙されていたのよ? 分かってる?」


木曾「……オレは騙されたなんて思っちゃいねえよ」


木曾「それにオレは、姉貴と違って一途なんだぜ?」


木曾「あいつがノンケだろうがホモだろうが……オレは提督を愛してる」


木曾「たとえオレを選んでくれなかったとしても、な……」

167 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 01:16:29.31 ID:0dEcn/9R0



大井「……そう、そこまで提督を愛してるのね……」


木曾「ああ……だからオレは此処に来た……あいつを護る為に」


木曾「そして、敵わないはずの姉貴に立ち向かえたんだ……」


木曾「こっぱずかしいが……愛の為せる業ってヤツだ」


大井「……ごめんなさい」


木曾「……人間、いや艦娘は、短時間でこうも変わるものなんだな……」


大井「茶化さないで……本当に申し訳ないと思っているわ」


大井「私がしたことは、許されることではないかもしれないけれど……」


大井「本当に、本当にごめんなさい! もう少しで大切な妹を殺すとこだった……うぅ……」


木曾「姉貴……」


169 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 01:27:24.58 ID:0dEcn/9R0



木曾「……姉貴、歯ぁ食い縛れ」


大井「へっ……? ええ、わかったわ……!」ギュッ


木曾「ふんっ!!!!!!!!!」バキッ


大井「うっ……痛い……」


木曾「言っとくけどな……オレはその何倍も痛かったんだからな!!!」


大井「うん……うん……ごめんね……木曾……ごめんね……うう……!」


木曾「泣くな泣くな……妹の前で、恥ずかしいだろ……?」


大井「ううううう…………! うわあああああああ…………!!!」


木曾「……不器用だな、本当によ」ギュッ


大井「き……そ……?」グスッ

172 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 02:43:32.94 ID:0dEcn/9R0



木曾「いいか姉貴、よーく聞けよ?」


大井「……うん」


木曾「オレ達は皆、間違いを犯す……あたりまえだ」


木曾「完璧な奴なんて居やしねえ、人間だって、艦娘だって、皆同じだ」


木曾「もし完璧だったら、姉貴の暴走も無かっただろうさ」


木曾「……でもな、間違ったら誰かにぶん殴られりゃいいんだ」


木曾「今回、姉貴が間違って、オレがぶん殴ったように……な」


木曾「もしかしたら……次はオレが間違うかもしれない」


木曾「その時は、姉貴がオレを殴ってくれ」


木曾「そうやって、一緒に生きていこうぜ……これから先も、ずっとな」


木曾「だから、自分で自分を罰する必要なんかないからな?」

173 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 02:53:54.31 ID:0dEcn/9R0



木曾「姉貴……?」


大井は、妹の言葉に応える事は出来ませんでした。


大井「あ……あぁ……」


声にならない声だけを、何とか絞り出しました。


大井の視線は、何もないはずの宙を見ていました。


木曾は不審に思い、振り返ります。


そこに居たのは……


174 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/11(月) 02:57:59.18 ID:0dEcn/9R0









今にも弾を放たんとする、深海棲艦・駆逐イ級でした







187 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 21:14:45.41 ID:wNIYqvHf0







木曾(いつの間にッッッ――――――――――――――――)














188 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 21:26:04.28 ID:wNIYqvHf0



木曾(確かに、オレは姉貴との死闘に夢中だった)


木曾(一瞬でも気を抜けば、あの世への特急券を貰う羽目になっていたしな)


木曾(周りのことなんて、気にしている余裕はありゃしねえ)


木曾(姉貴の砲撃と雷撃に、全精力を傾けなきゃならなかった)


木曾(それは全て、アイツを姉貴から護る為)


木曾(そして、苦しむ姉貴自身を救ってやる為)


木曾(達成困難な任務だったが、アイツへの想いが可能にさせた)


木曾(オレは両方を達成し、大事なものを全て守り通した)


木曾(はずだったのに……)

189 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 21:33:54.06 ID:wNIYqvHf0






木曾(なぜコイツはッッ!!)






木曾(この黒光りの化け物はッッッ!!!!)







木曾(オレを今にもケシズミにしようとしているッッッッッ!!??!)

190 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 21:44:10.95 ID:wNIYqvHf0



大井(私のせいだわ……)


大井(感情のままに行動して、あげく妹を殺しかけて)


大井(此処に深海棲艦が現れることも忘れてね……)


大井(せめて木曾だけでも守ってあげたいけど……)


大井(でも無理ね……今から動いても間に合わないわ)


大井(結局、私が殺したのと同じよね……)


大井(木曾……北上さん、提督、お姉ちゃん、皆……)


大井(ごめんなさい……)


大井(ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんな  さいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめん  なさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい)

191 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 21:58:20.99 ID:wNIYqvHf0




木曾(あり得ねえ……いくら何でもあり得ねえ!!!!)



木曾(姉貴は確かに格上だ……それも命を賭してようやく食らいつけるかって程の)



木曾(だがよ……そんな戦い、何度も経験してきたはずだろ!?)



木曾(鬼に姫に潜水艦……戦艦レ級にだって渡り合ってきたんだ!)



木曾(鬼気迫る場面なんて、何度も何度もぶち当たってきたじゃねえか!!)



木曾(複数の難敵を相手にするのは、日常茶飯事だったはずだ!!)



木曾(そのオレが、姉貴ひとり相手にしたくらいで……)



木曾(他の敵を、視野の片隅に収めることすらできないなんて……)

193 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 22:08:32.27 ID:wNIYqvHf0





木曾(しかもたかが深海棲艦の駆逐艦風情だぞ……!?)




木曾(潜水艦でもなければ、こうも容易に近づけるはずは……)




木曾(む……!?)




194 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 22:22:20.76 ID:wNIYqvHf0






木曾(脚が……生えている……)






195 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 22:38:09.85 ID:wNIYqvHf0




木曾(始めてみる駆逐艦クラス……)



木曾(いや、駆逐イ級によく似ているが)



木曾(まさかコイツの特殊能力か……!?)



木曾(オレの真ん前まで来やがって……!)



木曾(足が生えた新型の深海棲艦……!!)



木曾(……って待て、何でこんなに分析してられるんだ)



木曾(オレは今にも撃たれそうだっていうのによ)



木曾(あ……そうか……これが……)

196 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 22:41:05.73 ID:wNIYqvHf0






木曾(走馬灯か……)






197 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/13(水) 22:47:26.25 ID:wNIYqvHf0



木曾「くそおおおおおおおおおあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」




















ドオオオオオオオオオオオオン………………



202 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/15(金) 20:44:21.36 ID:TEQTyuMWo

駆逐イ級後期型―――――――

木曾が目にしたのは、突然現れた新型の深海棲艦だった。

深海棲艦の駆逐艦としては最弱クラスだったが

それまでの前期型とは一線を画す強さを誇り

艦娘にとって大きな脅威となることは間違いなかった。

奇襲でなく、正面から戦ったとしても、恐らくは苦戦を強いられるだろう。

ところで、此の鎮守府近海まで接近してきたのは

駆逐艦クラス一匹だけではなかった。

フラッグシップ空母ヲ級が、息を殺し、身を潜めていたのだ。

野生の獣のように気配を殺しつつも、二人の隙を伺っていた。

イ級が送り込まれたのも、彼女の指示によるものだった。


203 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/15(金) 20:45:22.28 ID:TEQTyuMWo

空母ヲ級(やったか……)

耳をつんざく砲撃音を、物陰から聞いていた彼女は、

対象を停止させたことを確認するため顔を覗かせた。

凄まじい勢いで大破炎上する塊が一つある。

空母ヲ級(一隻だけ……ちっ、片方仕留め損ねたかっ……!)

空母ヲ級(む……?)

彼女は我が目を疑った。

炎の中でもがき苦しむそれは、砲撃をしたはずの駆逐イ級後期型だった。

そして信じられないことに……その陰から、二人の軽巡が姿を現したのだ。

204 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/15(金) 20:46:28.49 ID:TEQTyuMWo

ヲ級(ば、馬鹿な……何故生きている……!?)

ヲ級(奴らは完全に無警戒だったはず……回避できるはずがない)

ヲ級「マサカ……サッキノ砲撃音ハ……」



「そのまさかよっ!」



ヲ級「誰ダッ!?」

衣笠「いや〜……私が来るのがちょっと早すぎたかな〜?」

衣笠「自慢じゃなけど、私、100メートルを5秒フラットで走れるのよね!」

ヲ級(重巡クラス!? いつの間に――――――)

衣笠「はーいっ、無駄な抵抗はよしてね〜? 大人しくしてれば、丁重に扱ってあ・げ・る♪」ガシッ

ヲ級「クソッ……!!」


206 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/15(金) 20:48:07.30 ID:TEQTyuMWo

木曾「た……助かった……のか……」

大井を庇いイ級に背を向けていた木曾の膝が崩れ落ちた。

大井「木曾、捕まって……」グイッ

大井は木曾を引っ張って、燃え盛るイ級から距離をとる。

木曾「姉貴、大丈夫だ……自分で歩けるぜ」

大井「駄目よ、貴女疲れてるでしょう」

木曾「そういう姉貴だってヘトヘトだろう……」

大井「……」ギュッ

木曾「……わかったよ、肩、借りるぜ」

肩を寄せ合い、ふらついた足取りで、二人は海を後にする。

207 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/15(金) 20:59:27.96 ID:TEQTyuMW0

木曾「しかし、誰だったんだろうな……イ級を倒したの」

木曾「ひょっとして球磨姉とかか? 後で恩を着せてくるかもしれねーな……」

木曾「それならもっと早く助けろよなー……なぁ姉貴?」

大井「今は黙って帰りましょう……」

木曾「姉貴……」

大井「とりあえず執務室へ……それからじゃ、駄目?」

木曾「……いや、構わない」

大井「ありがとう……ちょっと、疲れたわ……」

木曾(姉貴……大丈夫か……?)

214 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 20:34:48.81 ID:Kbm3XOOY0

何事も無かったかのように安価を出すクソ提督

喋る艦娘だぁれ?>>216

216 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 20:36:03.63 ID:/r/5U3aKO

蒼龍

219 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 21:03:16.38 ID:Kbm3XOOY0

クソ提督は自分に言ってるのですが、万が一お気を悪くしたらすみません
次からはキャラと内容を同時に決定しますので……クソ提督ですみません



提督「乳首が敏感……これは何だ、開発しすぎたとか、そういうことか?」

提督「もし開発済みということなら……これは要調査だ。自分でやったのか、誰かに調教されたのか」

提督「俺はノータッチのはず、つまり可能性としては……」

提督「乳首オナニーのし過ぎ、艦娘のレズプレイ、彼氏との乳首プレイ」

提督「もしくは、艦娘特有の持病みたいなものかもしれん」

提督「しかし大事な作戦中だというのに……MI作戦中も擦れて感じてたと?」

提督「淫乱空母め……だいたい乳からして淫乱だ、乳首も感じる訳だ」

蒼龍「失礼します。提督、何か用ですか?」

提督「来たか……ぶしつけだが、乳首が敏感になったのは何故だ?」

蒼龍「なっ何故それを……///」

提督「言わないと皆にバラした上に乳首いじめ抜いてやるぞ?」

蒼龍「うう……実は↓なんです……」

220 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 21:04:18.46 ID:MflxehFSO

発情期

221 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 21:16:33.01 ID:Kbm3XOOY0

提督「発情期になると乳首が敏感になるのか、それは良い事を聞いた。感謝するぞ蒼龍」

蒼龍「感謝されても困りますよ! どうするつもりですか!?」

提督「いやしかし、動物みたいではないか、発情期などとは。人間には無いだろう、そんな野生じみたもの」

蒼龍「そんな風に言われると、辛いです。好きで発情してる訳じゃないんですよ? それに私だけじゃなくて、他の皆だって、悩んでる問題なんですから……」

提督「無神経だったか、謝ろう。すまなかった」

蒼龍「いえ……自分で経験しないと、分からないのも当然ですよね。私の方こそ、すみません」

提督「しかし、そこまで切実な問題、放っておくわけにもいくまい。手伝えることは無いか?」

蒼龍「出撃を控えるとか……↓するとか……?」 

222 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 21:17:38.67 ID:eGQGMvFDO

乳房ごと切り落とす

226 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 21:32:32.87 ID:Kbm3XOOY0

提督「そんなことをして、タダで済むわけがない。馬鹿げている、そんな事は絶対にさせんぞ」

蒼龍「まぁ半分は冗談ですけど……でもそれくらい大変なんです! 提督には分からないでしょうけど……色気より食い気の赤城さんでさえ、しょっちゅう弄って発散させてるくらいなんですよ!?」

提督「それでも切り落とす方が楽などあり得ん……弄っても発散は出来るのだな。つまり蒼龍もいじっているのか、四六時中、そのデカ乳首を」

蒼龍「そっ、そこまで大きくありませんよ!」

提督「ほう、大きくないのか」

蒼龍「……せ、正規空母の中では一番大きいです……って何で提督に教えなくちゃいけないんですか!」

提督「素晴らしいじゃないか、大きいのは大好物だ。発散するのを手伝ってやりたいくらいだよ」

蒼龍「そっそんなの……↓に決まってます……」

227 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 21:34:34.39 ID:HpKoMo9po

お願いします

229 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 21:50:53.01 ID:Kbm3XOOY0

蒼龍「そんなの……お願いするに決まってるじゃないですか……」

提督「ほう、意外な答えだ。断られると思っていたよ。蒼龍は俺のことが嫌いじゃないのか?」

蒼龍「お、おっぱいばかり見る所は嫌いです!」

提督「しかし、その俺に触られてもいい程、我慢できなくなってる訳だ、ほら」もにゅ

蒼龍「んああーーっ!!!」ビクッ

提督「エロい声出すじゃないか……普段からは想像できんな」

蒼龍「あう…あはぁっ……はぁ……すご、てーとくぅ……」とろーん

提督「弄り慣れてるんじゃなかったのか?」もみもみ

蒼龍「んっんん……やだぁ…いいですぅ……」

提督「やはり直接いじるか、脱いでくれ」

蒼龍「……はい、蒼龍のでっかいちくび、見てください……///」、

232 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 22:00:26.49 ID:Kbm3XOOY0

提督「もう勃起してるな……発情期だから当然か」ぴんっ

蒼龍「」

提督「これは苛め甲斐がある……すべて発散させてやろう……む?」

蒼龍「」チョロロロロ……

提督「も、もう達したのか……早漏にも程があるぞ。気絶されてはどうにもならんではないか」

提督「仕方ない、起きたら苛めるとしよう……しかし、デカい乳首だ、乳輪も大きく素晴らしい」

提督「ねちっこく苛めたかったが、次に移ろうか」

↓次の艦娘&話の内容↓

233 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 22:01:19.58 ID:h168IgSAO

青葉、ハメ撮り願望

237 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 22:25:33.66 ID:Kbm3XOOY0

提督「ハメ撮り、聞いただけで来るものがあるな。清純な娘の痴態、記録したいものだ」

提督「だがよりによって青葉か……奴はそれすらネタに昇華しそうで怖い。ハメたつもりが嵌められていたという寒い駄洒落のようになりかねん」

提督「待て、誰とのハメ撮りかは明言されてない。直ぐに自分だと思い込むのは、自惚れ、自意識過剰だ」

提督「あくまで”誰か”とハメ撮りしたいのだ。本人に聞くまでは詳細は分からん」

提督「青葉も意外にむっちりだから、試してみたい気持ちもあるがな……」

青葉「ども、恐縮です! ハメ撮り希望の青葉ですぅ!」

提督「オープンすぎだ痴れ者」

青葉「司令官も気になってるので、先に言っちゃうね! ↓さんとシたいのです♪」

提督「少しは慎みを覚えろ、淫乱記者め」




239 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 22:46:05.21 ID:Kbm3XOOY0

提督「まぁ、そうなるな……わざわざ俺に相談するくらいだ。しかし、いいのか青葉よ」

青葉「どんなプレイでも対応しますよ! 恋人えっち、援○少女、痴漢プレイ、SM,お医者さんごっこ、デ○ヘル、お風呂で洗いっこ、人妻NTRなどなど……流石にロリにはなれませんけどね!」

提督「少しは聞く耳を持て。初めてがハメ撮りでいいのか、と聞いている」

青葉「おや、青葉が初めてだなんて心外です! もう3桁に迫る勢いですよ、夢の貴方とは! でも実際にするのは初めてですね……これは失礼しました!」

提督「正直、お前には欲情する。始めたら止まらないだろう」

青葉「きょ、恐縮ですぅ……/// 何処でします? 此処ですか? 外ですか? 浜辺もいいですねえ……見られながらっていうのもアリですね! ああ、濡れてきちゃいました……」

提督「ビデオ撮って、どうする? 俺を脅したりするのか?」

青葉「そんなの、↓に決まってますよ!」

240 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 22:46:54.46 ID:qhVHD++6O

売る

243 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 23:08:55.97 ID:Kbm3XOOY0

提督「売るんかい!!」

青葉「幸せは分かち合うものですよ? 司令官に犯される痴態を皆に見て欲しいです! 私は優越感とお金を貰えて、視聴者の皆さんは犯される快楽を楽しめます! みんなハッピーです!」

提督「みんなの中に俺も含んでほしいんだが」

青葉「なんと! 司令官は私に欲情するのではなかったのですか? 私をめちゃくちゃに犯していいんですよ?」

提督「犯したい。だが晒し者になる気は無い。残念だったな」

青葉「そうですか……青葉、司令官との子作り、皆に見て欲しかったのになぁ……失礼しますぅ……」とぼとぼ

提督「まさか自分を売ろうとは……お金が無い訳でもないだろうに。これが青葉の愛のカタチなのか? 応えるのは難しいなぁ……」

 ↓次の艦娘&話の内容↓

244 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 23:09:38.85 ID:RmDPtEyDO

夕張
好きなメカ

245 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/08/21(木) 23:20:40.14 ID:Kbm3XOOY0

夕張「はーい、お待たせ? 提督、メカの話がしたいのよね!?」

提督「キラキラしすぎだ……それは夕張さんの方だろう? 俺は正直メカは詳しくないから、話について行けないよ。精々聞き役になるくらいしか」

夕張「がーん……なんで私呼ばれたのかしら……」

提督「ごめんな。とりあえず超艦娘級のメカニックである夕張さんが好きなメカ、教えてくれるか?」

夕張「そうね、やっぱり↓かしら!」



246 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 23:21:50.73 ID:yTXz8dZ4O

シールドマシン


247 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 23:35:09.37 ID:Kbm3XOOY0

ここまでにします、お付き合い頂き感謝です

次回>>246さんのシールドマシンから始めますが
私の知識不足でご満足いただけない内容になる可能性が高いです
ご了承ください

249 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/26(火) 15:38:42.85 ID:MBNAwwNw0

提督「シールドマシン……初めて聞いたけど、何に使うの?」

夕張「簡単に言うと、穴堀りマシンですね!」

提督「穴掘りって……ボーリングって奴か? 地質調査みたいな……」

夕張「いいえ、違うわ。そもそも、あれは縦に掘るでしょ?」

夕張「シールドマシンは横に掘るのよ! 地下鉄建設の時だって、これを使うんだから!」

提督「はえ〜……トンネルを掘るんだ」

夕張「しかもコンピューターで制御してるから、安全なのよ! 日本が誇る技術力、流石よね!」

提督「っていうか夕張はメカなら何でも知ってるんだな」

夕張「当ったり前じゃない! 分からないことがあったら、私に聞いてね!」

提督「せんせーい、質問でーす!」

夕張「はーい、何かしら提督君?」

提督「夕張ちゃんを掘る時には何を使えば良いですかー?」

夕張「それは勿論、提督のシールドマシン……って馬鹿ぁ!」

提督「おあとがよろしいようで!」




250 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/26(火) 15:44:16.33 ID:MBNAwwNw0

ところでその頃電ちゃんは……


電(鈴谷さんに呼び出されるなんて……ちょっとびっくりなのです)

電「何の話でしょうか……」ギィィ

鈴谷「おっ、電ちゃんじゃん? 待ってたよー!」

電「こ、こんにちはなのです! あの、お話って……?」

鈴谷「あー、うん……提督の事なんだけどさ……」

電「司令官さんですか……?」

鈴谷「電ちゃん、提督とえっちする約束したんでしょ?」

電「それは……その……はい……」

鈴谷「羨ましいよねー……秘書艦さんと提督、お似合いのカップルって奴?」

電「そ、そんなの、違うのです! 司令官さんはただ……」

鈴谷「ただ?」

電「私がどうしてもしたいって言ったから……」

鈴谷「……へえ、そうなんだー。まーこんな可愛い子に頼まれたら、断るオトコは居ないもんね?」

電「いえ、私なんか……そんな……」


251 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/26(火) 15:45:33.92 ID:MBNAwwNw0


鈴谷「電ちゃんさー、提督にはっきり言ってくれないかなー?」

電「何を……ですか?」

鈴谷「提督のこと諦めるって」

電「えっ……?」

鈴谷「そりゃ提督とずっと一緒だったのかもしれないけどさ、それを利用するのってどうなの?」

鈴谷「電ちゃん可愛いから、提督も情が湧くのも無理ないけど……」

鈴谷「同情で抱かれるって、虚しくない?」

鈴谷「オトコってさ、女の魅力でオトすもんっしょ?」

電「そう、ですけど……」

鈴谷「もっと大きくなってから、またアタックすりゃいいじゃん?」

鈴谷「とりあえず、今は諦めてくんない? しょーもない約束なんか取り消してさ」

電「えっ……」

鈴谷「提督の気持ちが伴わなくちゃ、意味無いっしょ?」

電「それは……」

鈴谷「だからさー、鈴谷のためにも、早く撤回してくんない? 迷惑だからさ」

電「……」

鈴谷「ねー? 聞こえてるっしょー?」


252 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/26(火) 15:46:38.52 ID:MBNAwwNw0


電「”喋らねー”でくれますか? オレの前でよぉ……”息”が臭ェーからよ……」

鈴谷「なっ、なにそれ! いくらなんでも失礼じゃん!」

電「好きな人を潔く諦めろ? 俺様にテメーの都合押しつけてんじゃねーぞ!?」

鈴谷「ど、どうしたの、電ちゃん……?」スッ

電「気安くさわってんじゃねえ!!」バチィ!

電「人をなんだと思ってんだ? 人形か何かか?」

電「はっ、どーせ俺様は可愛いだけだよ! 何を言われたって言われるがままだよ!?」

電「だけど、だからって何も感じてねえ訳じゃねえぞ!?」

電「大人しい奴が本当に大人しいと思ってんなや!!!!」

鈴谷「ちょ、ちょっと、落ち着きなよ! 落ち着きなって! 言い過ぎた、ごめん!」

電「落ち着け? 落ち着いた結果がこれだろーが!」

電「言い過ぎた? なら最初から言うんじゃねえ!!」

鈴谷「わ、私はただ……提督が縛られてるのが可愛そうで……」

電「そんなのテメーの身勝手な感情だろうが!!」

電「テメーに分かるか!? お前じゃたたねーって言われた奴の気持ちがよぉ!!」

電「そんなデケーのぶら下げてるテメーにはぜってえ分からねーだろうなぁ!!!」

電「牛女が知った口聞いてんじゃねえ!!!!!」

鈴谷「ど、どこ行くの? 電ちゃん!」

電「はぁ? 決まってんだろーが! 仕方ねーから愛しいクソ提督様にフラれにいってやるんだよ!」

電「テメーの言いつけだろうがよ!? 喜べボケ!!!!」

263 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:46:28.42 ID:+ft4IMWN0

青葉「はわわわ……電ちゃんキレると怖いのです!」

青葉「ちょっと漏れちゃったじゃないですかぁ……記者失格ですぅ」

青葉「それはともかく、これは記事になりますね! 明日の一面は決まりですね!」

青葉「……そういえば、衣笠の方はどうなったんでしょうか」

青葉「あちらも中々の修羅場だと思うのですが……連絡しましょうか」

青葉「……あっ、衣笠! そちらはどうなりましたか?」

衣笠「青葉? あのね、ヲ級捕まえちゃった!」

青葉「……はい?」

衣笠「私ね、鳳翔さんの所に居るから! 待ってるわね!」

青葉「あ、ちょっと! ……切れちゃいました」

青葉「向かうしかないかな……でも電ちゃんも気になるし……」

青葉「……決めました! 衣笠は後回しです!」

青葉「現在進行形の秘書艦と艦娘たちの修羅場を記録しなくては!」

264 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:49:16.86 ID:+ft4IMWN0

少し時間を戻して居酒屋鳳翔……

衣笠「こんにちは〜! 鳳翔さん居ますかー?」

鳳翔「はい、居ますよ。いらっしゃいませ、衣笠ちゃん……と、そちらは?」

衣笠「見ての通り空母ヲ級よ! あ、艤装はもう無いから安心してね!」

鳳翔「はぁ……どうしてまたヲ級さんとご一緒に? 敵さんなのではないですか?」

衣笠「まぁそうなんだけど……」

ヲ級「衣笠師匠ノ弟子ニシテ頂キマシタ! ヨロシクヲ願イシマス!」

鳳翔「あらまあ、お弟子さんなのですか?」

衣笠「えっとね……おいおい話すから、とりあえずアイスミルク、ダブルでお願い!」

ヲ級「私モ同ジノ、ヲ願イシマス!」

鳳翔「ふふ、仲がよろしいですね。少々お待ちくださいね」

衣笠(思ったより動じてない……さすが鳳翔さん、此処に来て正解ね!)

ヲ級(シタリ顔ノ師匠モ素敵デス……!)


265 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:50:03.02 ID:+ft4IMWN0

鳳翔「はい、お待たせしました。アイスミルクのダブルです」

衣笠「ありがと、鳳翔さん! んく、んく……はぁ〜、この一杯!」

ヲ級「ゴク……ゴク……ウン、美味シイ!」

鳳翔「二人とも、豪快な飲みっぷりですね……」

衣笠「いや〜喉からからだったのよね……色々あって緊張してたから」

鳳翔「色々ですか……何があったか、教えてもらえますか?」

衣笠「うん、えっとね……どこから話そうかしら……」

衣笠「そう、大井さんと木曾ちゃんがケンカしてたのよ!」

鳳翔「あら、大変ですね……」

衣笠「提督がホモじゃないって知った大井さんがね、提督を殺すって言い出して……」

衣笠「それを木曾ちゃんが止めようとしてたのよ」


266 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:51:27.92 ID:+ft4IMWN0

鳳翔「提督は男色家じゃないのね……!」

衣笠「鳳翔さーん?」

鳳翔「はっ! すっすみません、続けてくださいますか?」

衣笠「うん、私はそれを影から見てて、いざとなったら止めようと思ってたんだけど……」

衣笠「二人の隙をついて、駆逐イ級が二人に接近したの」

衣笠「二人とも抱き合って泣いてたから、完全に無防備だったのよね」

鳳翔「大丈夫だったのですか……?」

衣笠「もっちろん! 衣笠さんがあっという間に沈めてやったわ!」

ヲ級「師匠、格好良カッタデス!」

衣笠「いや、貴女見てないんでしょ……っていうか沈めたの貴女の味方よ?」

ヲ級「イイエ、私ノ味方ハ師匠デス!」

衣笠「……まあ、いいけど」


267 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:52:33.06 ID:+ft4IMWN0

鳳翔「木曾さんも大井さんも無事なのですね?」

衣笠「うん、二人仲良く帰って行ったわ。心配ご無用よ!」

鳳翔「良かった……」

衣笠「えへへ、衣笠さん最高でしょ?」

鳳翔「最高ですね。あ、でもその子……ヲ級さんはどうしてお弟子さんに?」

衣笠「あー……この子も大井さんたちを影から見てて、イ級を差し向けた張本人なの」

鳳翔「それは……許せませんね」┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨……

ヲ級「ゴ、ゴメンナサイ……」ビクビク

衣笠「この子も反省してるから、許してあげて? 二人も無事だったんだから」

鳳翔「……そうですね、無事ですからね。良かったですね」ニコニコ

ヲ級「ハワワワ……」ガクガク

衣笠「私に捕まった時は敵意剥き出しだったけどね?」

ヲ級「ダッテ、艦娘ハ私達ノ敵ダカラ……デモ、今ハ違イマス!」

衣笠「うふふ……この子、艤装を壊されてから従順になったのよ」

鳳翔「艤装……頭に乗っている重たそうなアレですか?」

衣笠「うん、そうなんだけど……」


268 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:54:36.00 ID:+ft4IMWN0

――――――――――――――――――


衣笠「それじゃ、艤装外してくれる? それ危なっかしいのよね(私以外に)」

ヲ級「……私ハ、殺サレルノ?」

衣笠「それは私が決める事じゃないわ。もっと偉い人が決めるのよ」

ヲ級「……マダ、死ニタクナイ」

衣笠「……大丈夫よ。うちの提督は優しいから、殺したりしないわ」

ヲ級「本当ニ……?」

衣笠「貴女が暴れたりしなければね! ほら、さっさと艤装外す!」

ヲ級「信ジル……」カポッ

衣笠「うん、いい子ね。素直な子は好きよ?」ナデナデ

ヲ級「ウ、ウン……」モジモジ

衣笠「それじゃこの艤装は……こうだっ!!」ドゴォメキメキガシャーン

ヲ級「エ……」

衣笠「さーて、鳳翔さんのとこでも行きますか!」

ヲ級「超合金ノ艤装ヲ素手デ壊スナンテ……アナタハ一体……」


269 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:55:59.04 ID:+ft4IMWN0



            ガッサ
衣笠「私は……『不死身の衣笠』よ!」ドオオオオン!





270 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:57:31.80 ID:+ft4IMWN0

(ずれてる……)



衣笠「……なんてね! ちょっと格好つけちゃったかしら?」

ヲ級「……カ、格好良イ……!!」

衣笠「へっ……?」

ヲ級「師匠! 弟子ニシテ下サイ!」

衣笠「ええっ!? 私弟子なんか取ってないんだけど……」

ヲ級「ヲ願イシマス……」ウルウル

衣笠(な、何よ……この純粋な瞳は……)

衣笠(駄目、ダメよ衣笠! この子は敵、敵なのよ!)

衣笠(心を鬼にしてでも断らないと……!)

ヲ級「駄目デスカ……?」グスッ

衣笠(はうっあっ!?)ズキューン!

衣笠「仕方ないわね! 弟子でも何でもばっちこいよ!」

ヲ級「シショー!」ギュッ

――――――――――――――――――――


271 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/08/31(日) 14:58:39.62 ID:+ft4IMWN0

衣笠「大体こんな感じね」

ヲ級「師匠ニ惚レチャイマシタ……///」

鳳翔「あらあら……深海棲艦にまで好かれるなんて、凄いですね」ニコッ

衣笠「うん……複雑な気持ちではあるけどね」

ヲ級「私モ、師匠ミタイナ格好良イ艦娘ニナリタイデス!」

衣笠「いや、貴女は深海棲艦でしょ?」

ヲ級「ナリタイデス!」

鳳翔「ふふ、強さの秘訣でも教えてあげたらどうですか?」

ヲ級「教エテ下サイ!」キラキラ

衣笠「そうねえ、強さの秘訣かぁ……」

衣笠「……朝食にコーンフレークを山盛り2杯食べてるおかげかしらね?」


275 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/06(土) 23:59:38.93 ID:q1siFIkt0

【???「嫌な事件だったね……」】

響「こいつはびっくりだね……」

雷「あれ、本当に電なの……?」

響「信じたくはないけれど……間違いなく電だよ」

暁「嘘よ……あんなの電じゃない……」

響「認めよう暁。自分の目で見たはずだよ」

暁「嘘だッ!!!」

鈴谷「誰か居るの!?」

響「……やぁ、鈴谷」

鈴谷「響じゃん……ってことは皆お揃い?」

雷「ええ、その通りよ」

鈴谷「そっかぁ……見られてた訳かぁ」

276 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:00:16.41 ID:OYw9FjQX0

【熊野「あら、そういえば鈴谷が見当たりませんわね……」】

鈴谷「いや〜ビックリだよね! 正直ビビっちゃったよ〜」

鈴谷「大人しい子がホントに大人しいとは限らない、だっけ?」

鈴谷「ホントだったね。猫かぶりっていうの?」

雷「そんな言い方やめてよ!」

響「そもそも君が追いつめた所為でもあるだろう?」

鈴谷「そうだね……でも、いつかはああなってたかもよ?」

鈴谷「遅かれ早かれね」

暁「あんなに怒ってる電、初めて見た……」

雷「私も……よっぽど司令官が好きなのね」

鈴谷「……まぁそうかもね。悪いことしたなぁ……」

響「そうだね……まぁ、あれは電であって電ではないけどね」

一同「!?」


277 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:01:22.58 ID:OYw9FjQX0

【???「電ちゃんが千石ちゃんに? 後で感想聞かせてね!」】

暁「ちょっと響どういうこと教えなさいよ!!?」

響「落ち着いて」コツン

暁「ぴゃん! なによぉ……」

響「二重人格とかじゃないよ。ただ、電はあんな言葉遣いはしない。分かるよね?」

暁「当たり前じゃない……電は優しい子なんだから」

響「そう。だから、あれは借りたんだよ」

雷「借りたって……誰かの真似ってこと?」

響「うん。荒い言葉は自分じゃ考えられないはずだからね」

鈴谷「へぇ……そう思う根拠は?」

響「あの子はよく夕張と一緒にアニメを見てるんだ」

響「いちいち私に報告してくるんだよ。その中にさっきのような話があったはずなんだ」


278 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:02:06.81 ID:OYw9FjQX0

【初雪「ネットでの煽り合いなら……任せて……!」】

鈴谷「そうなんだ? ブラック電ちゃん誕生かと思ったじゃん」

暁「無理して怒ってたってことね……」

響「尋常ではないんだろうね。司令官への想いが」

鈴谷「提督LOVEなら鈴谷だって負けないんだけどなぁ……」

雷「いくらLOVEでも電を傷付けちゃ駄目よ!」

鈴谷「うっ……正直ごめんね。鈴谷も冷静じゃなかったかも」

鈴谷「ほら、恋はモーロク? っていうじゃん?」

雷「それを言うなら盲目でしょ?」

鈴谷「そうそう、それ!」

響「それに謝る相手が違うよ」

鈴谷「……そだね。ちょっち追いかけてくるわ」

雷「もう煽ったりしちゃ駄目よ?」

鈴谷「分かってるってば。じゃあね!」


279 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:02:54.65 ID:OYw9FjQX0

【青葉「足が速いのは衣笠だけではありませんよ!」ドヒューン】

電「はぁ……」

電(ついムキになってしまったのです……)

電「鈴谷さん、きっとびっくりしてますよね……」

電「後でちゃんと謝らないと……」

電「司令官さん、執務室に居るかなぁ……」

電(あ、青葉さんだ……)

電(行っちゃったのです)

電(そんなことより司令官さんに……)

電「フラれてこなきゃ……ぐすっ……」

(こいつ、おとなしそうやけど裏では何考えとんのか分からんで)

(泣けば済むと思ってるの?!)

電(な、泣いちゃ駄目なのです……)

電「待っててください……司令官さん……うふふ……」


280 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:03:55.36 ID:OYw9FjQX0

【青葉@天井裏「ありゃ、大井さん達も戻っていたのですね」】

木曾「今戻ったぜ。……どうした、間抜けな顔して」

提督「ボロボロじゃないかお前……大井も」

大井「そりゃそうよ。全力で戦ったもの」

提督「なに清々しい顔してんだ……艦娘同士の揉め事(バトル)はご法度だ」

木曾「許してくれ、今回ばかりは。こうでもしなきゃ、姉貴は収まらなかったんだ」

提督「……北上の件か。大井、俺は……っ!?」

大井「ノンケなんでしょ。知ってるわ」ギュッ

提督「……何故俺に抱き付くんだ。目の敵だろう?」

大井「心境の変化よ……ちょっと違うけどね」

提督「さっぱり分からん……木曾、教えてくれるか?」


281 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:04:34.27 ID:OYw9FjQX0

【初雪「なんか……いちゃつき始めた……私居るのに……」】

木曾「まぁ……色々あったんだよ」

提督「なんだそりゃ……」

大井「提督、撫でてもらってもいいですか」

提督「……事情を教えてくれたらな」

大井「教えますから、先に撫でて?」

提督「分かった分かった、撫でるから」ナデナデ

大井「ずっとですよ? 時々指で梳いてくださいね?」

提督「注文の多い奴だな……」クシャクシャ

大井「あっそれは止めてくださいってば!」

提督「それで? 何があったんだ?」


282 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:05:13.05 ID:OYw9FjQX0

【イ級「悔しイ……あと一歩だったとイうのに……」】

大井「……私、勘違いしてたんです」

大井「北上さんの事、異性みたいに好きっていう勘違い」

提督「そりゃビッグニュースだな」

大井「……木曾が死んじゃうとこだったんです」

大井「まぁ私もなんですけど……」

提督「私闘なんてするからだろ?」

大井「イ級が私達を狙ってたんです」

提督「イ級? 深海棲艦か?」

大井「油断してた私達の隙をついて……本当に死ぬところでした」

提督「……よく生きてたな」ギュッ

大井「ぁ……///」

提督「木曾もこっちにおいで?」

木曾「フッ……まあまあ、話を続けようぜ?」


283 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:05:53.75 ID:OYw9FjQX0

【青葉@天井裏「ヒーローだなんて……衣笠には勿体ないです!」】

提督「……大井、それで?」

大井「誰かがイ級を沈めたの。間一髪だったわ……」

提督「誰だ……?」

大井「分からないわ。周りを見る余裕もなかったから」

木曾「俺達をつけてた奴なのは確かだな」

提督「つけられていたのか?」

木曾「そうだ。ずっと見ていて、ギリギリで俺達を助けたんだ」

木曾「偶然通りかかった奴なら、もっと早く介入してきただろう」

木曾「お節介焼きが多いからな、ここは」

提督「ふむ……命を救った謎のヒーローって訳か」

木曾「まぁそいつは放っておけ。大井の気持ちを聞くんだろ?」

提督「あぁそうだな。大井?」


284 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:06:26.94 ID:OYw9FjQX0

【初雪「私、空気……でも……イイハナシダナー」】

大井「えぇ……死ぬ間際にやっと気付いたの」

大井「木曾が死んじゃう方が嫌だって……」

大井「北上さんを盗られたっていいって……」

大井「大馬鹿だったの……妹を殺そうとして……ううっ……」

提督「よしよし……」ナデナデ

大井「うぅ……同じだったのよぉ……」

大井「二人とも同じくらい大事だったの……!」

大井「なのに私っ……!」

提督「うん……気付けて良かったな……」ナデナデ

大井「うん……うん……!」


285 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:07:13.85 ID:OYw9FjQX0

【初雪「ちょっとアツいんじゃないこんなトコで」】

木曾「フッ……そろそろ混ぜろよ?」

大井「木曾……ごめんねっ……本当にごめんなさい……」

木曾「俺に謝ることはない。ただの姉妹喧嘩だからな」

木曾「それよりも……本当の気持ちと向き合えて良かったな?」

大井「うん……貴女のおかげよ」

提督「ん、どういうことだ?」

大井「提督が好きなの……」ギュッ

提督「……えっ?」

大井「大好き……」ギュー

木曾「ちなみに、俺も愛してるぜ」chu☆

提督「えっと……?」

大井「もう離さないんだから……」ギュウウウ

提督(どうしよう理解が追いつかない……)


286 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:08:03.11 ID:OYw9FjQX0

【青葉@天井裏「私も仲間に入れてくださいよ〜(マジキチスマイル)」】

提督「初雪、助けてくれ」

初雪「あれ……気付いてたの……」

提督「もちろんだ。早く助けてくれ」

初雪「なんで……? ハーレムで幸せじゃないの……?」

提督「いや、そういう問題じゃなくて……」

初雪「私も入る……?」

提督「……いや、大丈夫」

初雪「ん……がんばれ……」b

大井「頑張ってくださいねっ」chu☆

提督「……おまえ、俺の事好きなの?」

大井「好きよ……私の妹が、あなたのことを好きな気持ちに、負けないくらい」チラッ

木曾「フッ……それは大層重い愛だな」


287 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:08:37.94 ID:OYw9FjQX0

【青葉@天井裏「胃もたれしそうな愛ですね……」】

提督「……思ったより俺は好かれていたのか」

木曾「今更気付いたのか?」

大井「お互い鈍感ですねっ」スリスリ

提督「ホモだと思われて、それでも好かれてたのか?」

木曾「そんなの些細なことだ。結局、誤解だった訳だしな」

提督「……俺はどうすればいい?」

木曾「好きにしろ。俺達を愛してもくれてもいい。無理に応えなくてもいい」

木曾「無理強いは出来ないからな」

大井「そ、そうね! 良くないわよね……」

提督「……でも俺は、面倒な女は嫌いなんだ」

大井「それなら……都合のいい女になるわ」

提督「いいのか、それで」

大井「貴方と居られるなら構わないわ……」


288 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:09:14.49 ID:OYw9FjQX0

【???「ごしゅ……リア充爆発しろ!」】

提督「……色々考えさせてくれ」

木曾「そうか……まぁいきなり過ぎたよな。すまないな」

提督「いや、嬉しかったよ。ありがとう二人とも」

大井「うふふ……耳が真っ赤ですよ?」

提督「暑いんだ。ずっとくっついてるから」

大井「離してあげませんからねっ」ギュー

提督「はぁ……体温高いのな、大井は。冬なら嬉しいが」

大井「どんな季節もこうしてあげますから……」ギュッ

???「司令官さん、いらっしゃいますか?」コンコン

木曾「おや、客みたいだな」

提督「いったん離れてくれるか?」

大井「仕方ありませんね……腕だけで我慢します」ギュー

提督「あのなぁ……」


289 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:10:11.31 ID:OYw9FjQX0

【まごころを、君に】

電「失礼します……あれ?」

提督「電か……鈴谷と会わなかったか?」

電「……はい、合いませんでした」

提督「……そうか」

提督(何故艤装をつけているんだ……?)

電「どうして大井さんと腕を組んでいるのですか……?」

提督「これは……その……」

電(どうしてそんな目で見るのですか?)

(あんた誰でもいいんでしょ)

電(えっ……?)

(他の艦娘たちが怖いから、暁も響も雷も怖いから)

(提督に逃げてるだけじゃないの?)

(それが一番楽で傷付かないもの)

電(ちが……違う……)


290 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:10:47.18 ID:OYw9FjQX0

ほんとに他人を好きになったことないのよ。

自分しかここにいないのよ。

その自分も好きだって感じたこと、ないのよ。

291 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:11:18.19 ID:OYw9FjQX0

電「独りにしないで! 私を見捨てないで! 私を殺さないで!」ジャキッ!

提督「電!?」

木曾「待て、電!」

電「誰も分かってくれないのです……」

電「イヤなことが何もない、揺らぎのない世界だと思ってたのに……」

電「みんな私は要らないのです。だから死んじゃえ」

電「私がいてもいなくても誰も同じなんだ。何も変わらない」

電「だから死んじゃえ」

電「むしろいない方がいいんだ。だから私も死んじゃえ」ジャキッ!


292 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:12:16.37 ID:OYw9FjQX0

【青葉「……デフコン4。即時介入の準備完了」】

大井「そのままでいいわ。私の話を聞きなさい」

電「……」

大井「提督が好きでたまらないのね。わかるわ、その気持ち」

電「大井さんなんて他人のくせに! 何も分かってないくせに!」

大井「……私ね、さっきまで殺し合いしてたの」

電「何を言い出すのですか……?」

大井「木曾も私もね、死にかけたのよ。ほら、ボロボロでしょ?」

電「……」

大井「自分が許せない。たった一人の妹を殺そうとしたこと」

大井「貴女には、こんな気持ちになって欲しくないわ」

電「ち、近寄らないでください!」ジャキッ!


293 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:14:43.30 ID:OYw9FjQX0

【青葉@天井裏「警戒を解除しますぅ……ほっ……」】

提督「やめろ!!!」

大井「大丈夫よ。電ちゃんは優しい子だもの」

電「うっ……」ジャキッ……

大井「私、提督を独り占めしようなんて思ってないわよ?」

大井「皆が好きだもの……そんなことしたら罰当たりよ」

大井「だから安心して?」

電「でも司令官さんは……私じゃ勃たないって……」

大井「素直になれないだけよ。電ちゃん可愛いもの。ね?」

提督「ああ……ごめん、嘘なんだ……」

提督「電をオカズにしたこともある……魅力的だよ」

電「う、嬉しいよぉ……ううぅ……うわあああああ……!」

大井「よしよし……辛かったわね……」ギュッ

木曾「やれやれ……冷や汗かいたぜ」


294 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:16:06.14 ID:OYw9FjQX0

【青葉「皆の気持ちを、ですか……それ私の部屋を見ても言えますかね?(暗黒微笑)」】

提督「電……」スタスタ……

大井「あら、電ちゃんに用事みたいよ?」

電「ふえっ? ……んむっ!?」

電(司令官さんの唇……柔らかい…生温かいよぉ……)

提督「んっ……ぷはっ!」

電「ふぁ……」トローン……

提督「傷つけてごめんな……馬鹿な俺を許してくれ……」ギュッ

電「はいっ……全部許しちゃいますっ……」ギュッ

木曾「良かったな。少なくともここにいる奴は報われそうだ」

大井「考える時間なんて無さそうね、提督?」

提督「ああ……受け止めるよ、皆の気持ちを」


296 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:17:18.93 ID:OYw9FjQX0

【初雪「空気……別にいいけど……】

鈴谷「チィーッス! 修羅場どうなったのー?」

鈴谷「ってあれ!? なんで電ちゃんと抱き合ってんの!?」

電「キスもしちゃいました……///」

鈴谷「!? ちょっと提督! どういうこと!?」

提督「え、いや……そういうこと」

鈴谷「ちゃんと答えるじゃん!?」ドスドスドス!

提督「ちょっと鈴谷……んぐっ」

鈴谷「んぅ……れろ…ちゅぱ……ちゅる……」

青葉「はい、そこまでです!」グイッ

鈴谷「ぷはっ! 邪魔しないでよ!?」

青葉「焦らなくても大丈夫ですよ!」

青葉「ハーレム宣言しましたから! これが証拠です!」カチッ

『ああ……受け止めるよ、皆の気持ちを』

青葉「ね? これからいくらでも出来ますから!」


297 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:17:58.37 ID:OYw9FjQX0

【???「ハーレム王に俺はなる!」】

鈴谷「へぇ〜……それじゃ勘弁してあげよっかな♪」

提督「青葉お前いつの間に……?」

青葉「事件有るとこに青葉在り、ですよ!」

青葉「明日の一面は決まりですね!」

提督「おま、それは不味いだろ!?」

青葉「それでは記事を作ってきます、失敬!」ドヒューン

提督「青葉! ……くそ、逃げられた……」

木曾「今すぐにとは言わないが……待ってるぜ……」フフッ

大井「提督、愛してくださいね♪」

鈴谷「ナニする? ナニしちゃう?」

電「あの……私も忘れないでくださいね……?」

提督「ああ……どうなるんだ俺……」


298 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/07(日) 00:24:59.26 ID:OYw9FjQX0

終了。
次回は艦娘たちの気持ちを聞くことに。(安価かも)
提督がノンケだと知った彼女たちの胸中は……?

303 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 22:22:44.85 ID:uxn0jz7n0

淡々とですね
艦娘の好意を認めつつも淡々とするのを意識してみます

艦娘指定↓(愛の重さがコンマに比例します)

304 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 投稿日:2014/09/12(金) 22:24:21.73 ID:IOUbpe/AO

睦月

306 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 22:35:45.59 ID:uxn0jz7n0

提督「よう睦月。俺の噂は聞いたか?」

睦月「提督がノーマルで睦月、感激ぃ!」

提督「そうか……ということは俺の事、好きなのか?」

睦月「そんなに私のキモチが気になりますかぁ〜? うふふっ♪」

提督「まぁ一応な」

睦月「むぅ……ひどいのね! 提督つれないのです……」

提督「気のせいだ。ところで睦月」

睦月「おりょ?」

提督「どの程度好きなんだ?」

睦月「それ聞いちゃう!? 恥ずかしいにゃ〜……」

提督「いや、無理に答えなくてもいいけど」

睦月「えっとね……にゃんにゃんしてもいいくらいなのです///」

307 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 22:44:05.74 ID:uxn0jz7n0

提督「……お前はまだ幼い。みだりに身体を許すものじゃない」

睦月「いひひっ! お堅いところも好きなのね♪」

提督「だが、こんな可愛らしい子に好かれて、嬉しくない奴はいないよ」

睦月「だったら、我慢しなくてもいいんだよ?」

提督「大きくなったらな。お前はきっと美人になる」

睦月「えへへ……そんなこと言われたら睦月、我慢できないのです!」

提督「ん……」

睦月「ちゅぱっ……ぷはー! ごちそうさまなのね!」

提督「びっくりしたぞ……」

睦月「いつでも襲っていいからねっ! 待ってるのです!」タタタ……



308 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 22:57:43.52 ID:uxn0jz7n0

提督「あんな幼い子にまで好かれてるとは……」

提督「俺は一体何者なんだろうな」

提督「睦月は愛らしくて好きだが、性的な目では見てなかったな」

提督「しかし迫られたら断れるかというと……」

提督「深く考えるのは止めよう。次だ次」


309 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2014/09/12(金) 22:59:36.10 ID:f4ZwWEjDO

名取

310 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:00:48.74 ID:uxn0jz7n0

01〜 特になし
10 嫌いじゃない
20 好意あり
30 スキンシップ許す
40 片想い
50 迫られれば身体を許す
60 超積極的
70 逆レ
80 軽いヤンデレ
99・00 狂気のヤンデレ(監禁・リョナレベル)

※駆逐艦はマイナス20の補正があります
※ただし99・00は例外

コンマはこんな感じでいこうと思うのですがどうでしょうか?
至らぬ点があればご指摘お願いします

315 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:16:26.78 ID:uxn0jz7n0

名取「あっ、提督さん! 今すごい騒ぎですよ!」

提督「おう知ってるよ。名取もびっくりしたか?」

名取「そりゃもうびっくりです……みんなのテンションについて行けないです」

提督(どうやら名取は大丈夫なようだ)

提督「名取、俺の事好きか?」

名取「ふぇっ!? き、嫌いではないですけど……」

提督「そうか。それで十分だ。ありがとう」

名取「は、はい……あの、気を付けて下さいね? 狂気乱舞の子もいるので……」

提督「分かった。気を付けるよ」

艦娘指定↓(愛の重さがコンマに比例します)

316 名前:00こい[sage] 投稿日:2014/09/12(金) 23:16:57.34 ID:f4ZwWEjDO

神通

319 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:26:25.45 ID:uxn0jz7n0

提督「ふむふむ……ほう……」ジロジロ

神通「あの、提督……そんなに見られると私、困ってしまいます……」

提督「相変わらず綺麗な顔してるなお前は」ピトッ

神通「きゃっ……て、提督っ」

提督「華奢な体してるしな」ギュッ

神通「あのっ! あの……いきなりどうしたのですか?」

提督「この身体のどこにあんなパワーが眠ってるんだろうな」サワサワ

神通「あっ……胸は駄目ですっ」

提督「ごめん調子に乗りすぎたか。頭ならいいか?」

神通「……それなら、いくらでもどうぞ」

提督「お前は素直でかわいいな」ナデナデ

神通「か、身体が火照ってしまいそうです……」


320 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:30:33.22 ID:uxn0jz7n0

提督「あいつは正直好みのタイプだ」

提督「あんなに凛々しいのに素直だもんな。そそらない訳ないよ」

提督「だが一瞬、全裸で縛られる幻覚が見えた。なにそれ怖い」

提督「さて次の子に行くか」

艦娘指定↓(愛の重さがコンマに比例します)



321 名前:こんどこそ[sage] 投稿日:2014/09/12(金) 23:31:05.58 ID:f4ZwWEjDO

羽黒

324 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:41:49.38 ID:uxn0jz7n0

羽黒「あ、あの……司令官さん? お呼びですか?」

提督「ああ。ちょっとこっちに来てくれるか」

羽黒「はい……あの、何でしょうか……?」

提督「羽黒、俺の事好きか?」

羽黒「あのっ……近いです……!」

提督「……すまない。好きでもない奴にこんなことされたくないよな」

羽黒「あ……ち、違うんです! 好きなんです、けど……」

提督「へえ……どのくらい好きなんだ?」

羽黒「そ、そんなの……言えませんっ」

提督「じゃあ今からキスする。嫌なら逃げろ」

羽黒「ええっ!?」

提督「……どうした、逃げないと俺の舌がお前の口に入ってくぞ?」

326 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/12(金) 23:54:35.73 ID:uxn0jz7n0

羽黒「ううっ……///」

提督「いいんだな? もう後悔しても遅いぞ」

羽黒「ど、どうぞっ……」

提督「ああ……んむっ……れろっ…」

羽黒「んんっ……ひれーはぁん……さん…ちゅぱっ……」

提督「あぁ……羽黒の口は甘いな。病みつきになりそうだ」

羽黒「う、嬉しいです……初めてが司令官さんで……ぐすっ」

提督「そうだったのか……」

羽黒「私こんなだから、絶対無理だと思ってたのに……」

提督「……今日はキスだけにしとくか」

羽黒「えっ?」

提督「本当はもっと先に行こうと思ってたけど」

331 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[saga] 投稿日:2014/09/13(土) 00:11:05.41 ID:g0XNcill0

羽黒「わ、私なら大丈夫ですっ!」

提督「おぉ、いつになく積極的だな」

羽黒「すっすみません! そんなつもりじゃなかったんですけど……」

提督「責めちゃいないよ。ただファーストキスしたばかりだ」

提督「羽黒みたいな子を無理やりってのも心が痛いし」

羽黒「う……正直、ちょっと怖かったです……えっちなのは……」

提督「だろ? ゆっくりでいいんだ。その代わり、いっぱいキスしような?」

羽黒「は、はいっ! 提督のキス、好きですから……」


この後めちゃくちゃ舌を絡めた



332 名前: ◆2K/HxlO0X6Mu[sage] 投稿日:2014/09/13(土) 00:15:50.34 ID:g0XNcill0

連取は気にしてませんでしたね
するなとは言いませんが、最大でも3回が限度ですかね

淡々としすぎですか……難しいです


今日はここまでにしときます、お付き合いありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「・・・さみぃな」