シンジ「コップに出すから一人でやってよ、アスカ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスラン「キラってうざくね?」

ツイート

1 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:07:29.57 ID:OOgzb/JyO

アスカ「はっ?どういう意味よ!」


シンジ「どうって、そういう意味だよ!」


アスカ「…え?…うそでしょ」


シンジ「嘘じゃないよ。紙コップでいいかな?ちょっとトイレで出してくるよ。」


アスカ「いつも、そっちが求めて来たんじゃない。」


シンジ「昨日僕みたいなモヤシじゃなくて、加持さんみたいなマッチョがいいっていったのは君じゃないか!下着姿でうろついて誘って起きながら、僕が反応すると侮辱するし。からかうだけでさせてくれたことないじゃないか!それなのに、今日は気が乗ったからさせてあげるわ!?舐めてんの!?」


アスカ「あ…あれは…そ…はづ……しくて」ボソボソモジモジ


シンジ「なんだよ。モゴモゴしゃべんないでよ。」


アスカ「わかったわよ!抱いて!これでいいんでしょ!?ちゃんといったわよ!」


シンジ「いいよ。無理しなくて…僕はケンスケといまからゲーセン行くから」


アスカ「はあ?あんたバカァ?この時間に、ガキがゲーセン入れるわけないでしょ?」


シンジ「知るか!!バカ!」バタン


アスカ「」


アスカ「」ポロポロ


2 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:18:01.63 ID:OOgzb/JyO

河川敷


ケンスケ「また、痴話喧嘩かいな。センセ」


シンジ「アスカが悪いんだ。ツンデレだかなんだか知らないけど、僕を侮辱するんだ。」


ケンスケ「ま、いまに始まったことじゃないでしょ。カップラーメンでも食べて落ち着きなよ。」つカップラーメン


シンジ「ありがとう。」


ケンスケ「で、なにがあったん?」


シンジ「」


ケンスケ「センセ、ここに来たってことは、助けて欲しかったんでしょ?行ってくれんと分からんよ。親友でも…ね。」


シンジ「…を……た」


ケンスケ「は?」


シンジ「アスカの誘いを拒絶したんだ。」


ケンスケ「は?誘いって………アレの?」


シンジ「…」


ケンスケ「僕ぁ、中学生には早いと思うよ。」
「でもね、センセや惣流はいつ死ぬかも分からんのよ。欲しいと言うなら、与えても言いと思うんだけどね。」


シンジ「僕も、そう思うよ…」


ケンスケ「で…何て行ったん?」アッ3フンタッタ

4 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:33:30.97 ID:OOgzb/JyO

シンジ「コップに出すから、一人でやれって………」


ケンスケ「うわー……僕どうしていいか分からんわ。」


シンジ「そうだよね…」


シンジ「昨日今日とミサトさんが外泊だからって、アスカが夜、僕の部屋に来たんだ。」


ケンスケ「で?」


シンジ「昨日は、何かいい雰囲気になったんだけど下に触ろうとしたら、拒絶されたんだ。急に怒り出して。」


ケンスケ「へぇ。何がしたいのか分からんわ…」


シンジ「『こんなので、本気にしちゃってこれだからシンジは。アンタがこんなつまらないガキじゃなくて、加持さんみたいな大人だったら、私も少しはマジになるのにね。』とか言い出すから、つい腹が立って、アスカを思い切り引っ叩いんだ。」


ケンスケ「ついっていうか、僕でもキレるわそれは。」


シンジ「で、『もういいよ。そんなに僕が嫌いなら、関わらなけりゃイイじゃないか!加持さんにだいてもらえよ!ジャーマンビッチ!!』ってね怒鳴ったんだ。そしたら、急にしおらしく泣き出して、ちょっと可哀想になったから、適当にあやしつけて寝かせたんだ。」


ケンスケ「甘いなぁ、センセは。親しき仲にも礼儀ありって、きちんと嫁を躾なきゃ。」


シンジ「嫁?……はぁ。アスカがね。ところで、その躾けるって言い方がちょっと差別的な感じで嫌なんだけど!」


ケンスケ「ごめんごめん。熱くなるなってセンセ。カップラーメンがのびちゃうぜ。」


シンジ「ああ、ごめん。」ズルズル

8 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:41:32.97 ID:OOgzb/JyO

シンジ「もう、行くよ。」


ケンスケ「何?シンジ君帰んの?」


シンジ「いや…その辺で時間潰すよ。」


ケンスケ「飯を奢ってもらっておきながら、それくらい頼めないの?」


シンジ「それくらいって…何を」


ケンスケ「水臭いなぁ。前みたいに泊めてくれって言えばイイじゃん。」


シンジ「泊めてくれるの!?」


ケンスケ「お、おう!あたぼうよ!」


シンジ「ありがとう。ケンスケは優しいな」


ケンスケ「よせやい。友達だろ?」


シンジ「友達かぁ…はは。あははは…うれしいな。」


ケンスケ「泣くほど辛かったんか」


シンジ「いや、嬉しくてね。」

10 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:48:18.41 ID:OOgzb/JyO

アスカ「うぇ…ぐす…ヒックヒック………」


アスカ「一人でやれって………うぇ…えぐ…うええーん…うわあああ」


ーーーーー
ーーー


アスカ「」


アスカ「お腹減った。」ガチャ


アスカ「何も作り置きがないじゃない」


アスカ「」


アスカ「シンジ」


アスカ「うぐ…」タタタバタン


アスカ「おえええ」ビチビチビチビチ


アスカ「」ジャー


アスカ「喉痛い…シンジシンジ…」


アスカ「」!


アスカ「ヒカリに電話しよ」

13 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 16:59:45.37 ID:OOgzb/JyO

アスカ「」ピリリリリリ


アスカ「」ピリリリリリ


アスカ「アホらし。たかだか、シンジ相手になに泣いてんだろ。だんだん、イライラしてきたわ。」


アスカ「ミサトにチクってやろうかしら。」


アスカ「……また相手にされないわね。」


アスカ「シンジのことちょっといいかなって思ってたけど、拒絶されると結構堪えるわね…」


アスカ「」ドカバキグチャ


アスカ「シンジの部屋…グチャグチャになっちゃった。…まあ、シンジが片付けるでしょ」


ピリリリリリガチャ


アスカ「もしもし」


ヒカリ「」


アスカ「?もしもし」


ヒカリ「何?」


アスカ「ヒカリ?」


ヒカリ「………そう…だけど。」


アスカ「ちょっと聞いてよ!シンジのやつが


ヒカリ「聞かない。」プッ


アスカ「」




14 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 17:08:52.53 ID:OOgzb/JyO

アスカ「気にしたら負けよ!」


アスカ「」ピリリリリリ


ヒカリ「何?」


アスカ「さっきはゴメン。」


ヒカリ「うん。怒ってない。大丈夫。」


アスカ「いや、ヒカリ怒ってるよ。」


ヒカリ「今…3時…寝ろ」


アスカ「こ怖いよヒカリ。」


ヒカリ「はぁ…今、話さないといけない話なの?そんなに大事なことなのね?いいわ。聞いてあげるよ。」


アスカ「シンジに侮辱された」


ヒカリ「シンジ君を?」


アスカ「シンジに!」


ヒカリ「へぇ、珍しい。ふふ、仲良いね。二人は。イイなぁ。私も…原君とゴニョゴニョ」ブツッ


アスカ「」


アスカ「まあ、いいわ。明日、学校に行ってから公開処刑よ。見てなさい。」

15 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 17:21:23.37 ID:OOgzb/JyO

ミサト「おかえり〜アスカ。うぃー。シンちゃんは?」


アスカ「知らないわよ。学校にも来てなかった。ケンスケのところ行くって。」


ミサト「ケンスケってあのミリオタの子でしょ?シンちゃんも困った子ね。お流しと洗濯カゴがあふれそう。アスカ悪いけど、探して来て。」


アスカ「はぁ?私が?バカシンジを?」


ミサト「そうよ〜。きっと今日も帰ってこないわよ。シンちゃんは頑固だからねぇ。それにアスカ、シンちゃん好きでしょ?迎えに行ってあげないと本当に逃げちゃうわよ〜?ヒック…」


アスカ「そうね。カップラーメンやコンビニ弁当ばっかり食べるわけにもいかないものね…」


ミサト「素直じゃないなぁ…ヒック……」







17 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 17:36:04.60 ID:OOgzb/JyO

シンジ「綾波!」


綾波「碇くん。」


シンジ「何してるの?」


綾波「…何も」


綾波「あなた達は?」


ケンスケ「夜営の準備だよ。」


綾波「…そう……手伝うわ」


綾波「」


ケンスケ「天気いいね?」


綾波「………ええ」


シンジ「綾波はイイなぁ。お淑やかで。」


綾波「セカンドと何かあったの?」


シンジ「いや…何も。」


綾波「そう…今日学校で寂しそうだったわ…」


シンジ「そう」


ケンスケ「シンジくん。今日は帰ったら?お互いにゴメンて言えば、丸く収まるよ……たぶん。場を収めるのも大切なことだってナントカ軍曹が言ってたし。」


シンジ「そう…だよね。いつまでも、これじゃ行けないよね。僕、アスカに謝ってくるよ。」ダッ




18 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 17:44:13.97 ID:OOgzb/JyO

アスカ「チッ。野営のテントって何処よ!わかるわけないでしょ。」


アスカ「シンジのやつどうしてくれようかしら…」


アスカ「はあ…コンビニで立ち読みでもしよう」


アスカ「」ペラペラ


アスカ「何々、前衛的な防犯グッズ〜あなたを性暴力から守ります〜?」ペラペラ


アスカ「!」


アスカ「これよ!」

19 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 17:57:25.24 ID:OOgzb/JyO

アスカ「配達日が週明けの月曜。ミサトの残業が火曜。ギリギリね。ふふふ。私のシンジ…待ってなさい。」ガチャ


シンジ「…おかえり。アスカ。」ニコ


シンジ「昨日はゴメンね。僕、大人気無かったよ。ご飯もできてるから上がって。」


アスカ「上がってって、ここ私の家なんだけど。」


ミサト「私のよ!いいから、アスカも謝りなさい。シンちゃんは謝ったでしょう?」


アスカ「ゴメン……なさい。からかったりして…。許して?」


シンジ「うん。もう怒ってないよ。ゴメンねアスカ、僕凄く酷いこと言ったよ。」


アスカ「あんたバカァ?この天才美少女アスカ様があれ位で泣くとでも思った?」


シンジ「(泣いたのか)ふふ」


アスカ「(イラッ)まあ、確かに私も、嫌な態度だったわ。反省しているつもりよ」チュ


シンジ「///」


アスカ「(イラッ)ふふ。これでチャラにしましょ?」ニコ


シンジ「うん///」


ミサト「若いっていいわねぇ。シンちゃぁん、おビール持って来てぇ。」


シンジ「はいっミサトさん」


ミサト「ありがとう」




20 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 18:08:41.59 ID:OOgzb/JyO

火曜日


スッキュッグニュ


アスカ「これでいいかしら?もうちょっと押し込まないと見えるわね。」ニュルニュル


アスカ「これでOK。あとはシンジを誘惑する悩殺下着を着れば…準備OK!」


アスカ「シンジ〜」ダキッ


シンジ「///あアスカ、またそんな格好して…僕をからかわないでよ。」


アスカ「シンジ……キス…しましょう。この間はゴメンなさい。恥づかしくて…」つコンドーム


シンジ「///」


シンジ「///いいの?本当に?」


アスカ「いいよ…」ムネヲムニュ


シンジ「///アスカ〜!アスカアスカ」ダキッスリスリ


アスカ「シンジ…ちゅ……むちゅ…むにゅ……レロッ…ぷは」ハアッハアッ


シンジ「アスカ〜///」トローン

21 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 18:19:28.54 ID:OOgzb/JyO

アスカ「もう、一人でしろなんて寂しいこと言わないで?」


シンジ「うん///ゴメンねアスカ。」


アスカ「口開けて…そう……ちゅる……ぷは…ん………んちゅ」


シンジ「あすかぁ…もっと///」


アスカ「ふふふ、男なんだからリードしなさいよ。」


シンジ「じゃあ、上脱がすね。腕上げて///」スルシュル


シンジ「アスカ。胸…綺麗だよ///」


アスカ「(イラッ)ん……もっと優しく……はぁ…そう………」モミモミ


シンジ「ちゅ…ちゅぱ………」


アスカ「(イライラ)シンジぃ〜…ムネ………吸うと痛いょ………」


シンジ「ゴメン。アスカがかわいいから。」チュ…チュル


アスカ「」ムチュッ………モミモミハアハア


アスカ「あんっ…ん……んん」






22 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 18:27:09.36 ID:OOgzb/JyO

アスカ(いつまで続くのかしら)


シンジ「あすかぁ///」ニュルッ


アスカ「!」ニュルニュル


アスカ「(ワクワク)んあ………んんん…んん!」ニュルニュルッカリッ


シンジ「アスカ…こんなに濡れてるよ///」ネバァ


アスカ「(ワクワクワクワク)しんじぃ………きてぇ!」


シンジ「アスカあすかぁ///」ニュルニュルニュルッ


アスカ「もっと………あんっ…下よ」


シンジ「ハアハアッ…ここ?」


アスカ「そう…そこ」ニタァ


シンジ「あんっ///」ニュルッヌプン




23 名前: ◆jWwIlynQcU[saga] 投稿日:2014/08/01(金) 18:47:50.46 ID:OOgzb/JyO

シンジ「」


シンジ「」


シンジ「うああああ!」


シンジ「うア"ア"ア"ア"ア"あ"あ"!」ドタンバタン


シンジ「うわあーーーん」ドタドタドタバタン


アスカ「あははは!私を侮辱するからよ!あんたバカァ?本当に私に相手してもらえると思ったわけ?」つアンチレイプコンドミニアム(マンションじゃないぜよ)


シンジ「」


アスカ「なによ!?どいてくれる?私自分の部屋で寝るんだけど」


シンジ「」バキッ


アスカ「ぐぶっ」


シンジ「」バキッバキッ


アスカ「」

ーーーーー
ーーー

アスカは顔に青アザをつくり、シンジは入院してオペでコンドミニアムを剥がした。


ミサトさんは保護責任を問われ、減給された。


どうしてこうなった……ort



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・・・・・・やめて」