光彦「今日も元気に遊びに行きましょう!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「目が覚めたら陰茎がハルヒになっていた」

ツイート

1 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 11:59:09.26 ID:uEt8c/+B0

光彦の家
光彦「ふぁ?良く眠れました!」

光彦「今日も元気に遊びに行きましょう!」

光彦「歯を磨いてー顔を洗ってー髪をセットしてー」

光彦「出来ました!」

光彦「あれ?おかしいですね…」

光彦「誰も居ない」

光彦「それに少し血生臭いような…」

光彦「朝食も用意されてないじゃないですかー」

光彦「皆、ぼくを置いて出掛けちゃったのでしょうか」

2 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 12:00:40.32 ID:uEt8c/+B0

光彦「まぁ良いです」

光彦「とりあえず外に出ましょうか」

光彦「はぁそれにしても少しお腹が空いてきましたね」

光彦「あっ丁度あそこに若い女性が!」

3 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 12:03:01.40 ID:uEt8c/+B0

光彦「むしゃむしゃ」

光彦「やっぱり若い女性は生で食べるのが最高ですよね!」

光彦「ばりばり」

光彦「特に胸のお肉が良い味してますね」

光彦「少し髪が長いので食べにくいですがね」

光彦「ごくっ」

光彦「はぁー美味しかったです!」

光彦「さて博士の所に行きましょう」

4 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 12:12:22.26 ID:uEt8c/+B0

博士の家
光彦「博士ー遊びに来ましたよ」

阿笠「おぉ光彦君丁度よかったわい」

阿笠「注文されてたパンチ力増強グローブと全自動人肉調理器が出来たぞい」

光彦「仕事が早いですねー助かります!」

阿笠「それにしてもそんな物騒なもので何するつもりじゃ?」

光彦「僕の底無しの食欲を満たす為ですよ」ドゴォ!

阿笠「ぐはぁ!な.なんて…事…を」バタッ

光彦「次は部屋にいる灰原さんです!」

5 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 12:24:30.87 ID:uEt8c/+B0

光彦「灰原さんいますかー?」

灰原「あら円谷君、私に用?」

光彦「えぇ」シュン

灰原「速い!一瞬で私の背後に」

光彦「お休みなさい…灰原さん!」ドゴォ

灰原「」バタッ

光彦「良し、ここは完了ですねー」

光彦「それでは実食しましょうか!」

6 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 12:39:03.59 ID:uEt8c/+B0

光彦「まずは阿笠博士から調理しましょう!」

光彦「博士をここにセットしてっと」

光彦「博士は太っているのでハンバーグにでもしましょうか」ポチ

光彦「おぉ完成しました!」

光彦「ではいただきます」

光彦「もぐもぐ」

光彦「うーん…博士は糖尿病もあり少し甘めですね」

光彦「それに大味…」

光彦「あまり美味しくないですね」

光彦「とりあえず全部食べましたけど」

光彦「胃もたれがすごいです」

光彦「灰原さんで口直ししましょう!」

7 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 13:04:57.82 ID:uEt8c/+B0

光彦「さて灰原さんはお刺身にして食べましょう」ポチ

光彦「おー切り身が光輝いています!」

光彦「もぐもぐ」

光彦「!?」

光彦「なんでしょう…なぜか大人の味がします!」

光彦「何年も熟成されたような…それを更に旨味を圧縮したような味わい……」

光彦「美味です!」キラキラ

光彦「最後に脳みそジュースを飲みましょう」チュー

光彦「!?」

光彦「これは…いや…まさか……でもこの味は…」

光彦「大人の脳みそにしか出ないはずです」

光彦「……まさか灰原さんは…」

光彦「ってなわけ無いですよね、そんなトンでもな技術ありえませんしね」

光彦「はぁ灰原は凄く美味しかったです」

光彦「芳醇な味わい…たまりませんね」

光彦「さて今日はもうお腹一杯なので家に帰りましょう!」

8 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 13:21:26.68 ID:uEt8c/+B0

次の日
光彦「ふぁー良く寝ました!」

光彦「歯を磨いてー(ry」

光彦「あれ、また誰もいないです」

光彦「あっそうでした!1週間前に全員食べちゃったんでした、てへっ」

光彦「それでは朝ごはんを食べに行きましょう!」


9 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 13:34:49.02 ID:uEt8c/+B0

光彦「今日は何を食べましょう」テクテク

歩美「あっ光彦くんだー」

元太「遊ぼーぜ」

光彦「良いですよ」

光彦「一方的な殴り合いになりますがね!」ドゴォ

歩美「」バタ

元太「あゆみぃぃ!!」

元太「何やってんだよ光彦!?」

光彦「何って…殴り合いですよ」ドゴォ

元太「」バタッ

光彦「さぁ食べましょう!」

光彦「あっでも元太君は不味そうですから要りません」



光彦「元太君はミンチにして池の魚にあげました!」

10 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 14:01:54.28 ID:uEt8c/+B0

光彦「さて、歩美ちゃんを食べましょう!」

光彦「歩美ちゃんはステーキにしてみましょう」ポチ

光彦「香ばしくて良い香りです!」

光彦「では脳みそで作ったソースをかけていただきます!」

光彦「うーん!デリシャスです!」キラキラ

光彦「お肉がとっても柔らかいです」

光彦「それにこのまだ何も知らない無垢な味…堪らないです!」キラキラ

光彦「あぁ美味しかったです」

光彦「今日はまだあと2、3人は食べれますね!」

11 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 14:13:32.09 ID:uEt8c/+B0

探偵事務所
光彦「コナン君の所に来ましたよ!」

光彦「コナンいますかー?」コンコン

小五郎「なんだ?坊主、コナンは(ryぐはぁ」バタッ

光彦「一撃で決めました」

蘭「キャー!!」

コナン「どうした!?蘭!」

光彦「あっ二人ともいるじゃないですかー」

一時間後
光彦「もうお腹一杯ですね」

光彦「おじさんはタバコ臭かったですがフライにしてなんとか食べれました」

光彦「蘭さんは身が引き締まって最高のしゃぶしゃぶになりましたー」

光彦「コナン君は日頃からムカついていたのでこの手でひたすら殴ってミンチにしてトイレに流しました」

光彦「もう人肉以外は身体が受け付けなくなってきました」

光彦「さぁ次はどうしましょうか……」


12 名前: ◆fs.Ej/jjRU[saga] 投稿日:2014/05/25(日) 14:28:59.57 ID:uEt8c/+B0

ーーーーー
ーーー
ーー
光彦(48歳)「はぁ…私がこの世界の最後の一人を食べてはや一ヶ月…」

光彦「お腹が空いてきました」

光彦「野菜や魚、牛などの肉を試してみましたが」

光彦「どれも食べれなかった」

光彦「やっぱり人肉は最高ですよね」

光彦「美味しいもの…不味くて食べられなかったもの……今となればどれも懐かしい味です」

光彦「そろそろ私も駄目みたいです」

光彦「さっきから意識も朦朧と……」

光彦「最後に私自身を食べ、この人肉人生に終わりを告げましょう」

ザクザク
光彦「グッ…凄く痛いです……」

光彦「出来ました…最後の晩餐」

光彦「光彦のフルコースです」

光彦「もぐもぐ」

光彦「不味い……です…ね」ガクッ


こうして人類の歴史は隕石が落ちたわけでも無く異性人が侵略するも事なくたった一人の男によって終わりを迎えた

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「古典部?何よそれ」