キョン「よ、よう、ハルヒ……」ハルヒ「…………」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「GWだからみんなでキャンプにいきましょう」シンジ「イイネ!」

ツイート

1 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:00:50.19 ID:CxCidRcW0


キョン「どう、したんだ……?こんな―――時間に」

ハルヒ「別に、ただ忘れ物―――あんたの被っているその水着を忘れたの思い出して取りに来たのよ」

キョン「そ、そうか……」

ハルヒ「―――で、なんでアンタは、私の水着を被って―――」

ハルヒ「―――私の机でブリッジして―――」

ハルヒ「―――その、股間のモノを触ってるのかしら―――?」

キョン「―――――――――これは、」

2 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:04:35.22 ID:CxCidRcW0


キョン「これは、罰ゲームなんだよ」

ハルヒ「…………罰ゲーム?」

キョン「そうだ、罰ゲームだ。実は、谷口との遊びでな―――。恥ずかしながらそれに敗北した俺は、
罰ゲームとしてこんな事をやらされている訳だ」

ハルヒ「―――つまり、私は罰ゲームの似合う女ってわけ?」


3 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:07:34.83 ID:CxCidRcW0


キョン「―――いや、それは違うぞ」

ハルヒ「何が―――違うのかしら?」

キョン「おまえは―――勘違いをしている」

ハルヒ「勘違い?それは―――何がかしら」

キョン「罰ゲームの、内容だ―――」

ハルヒ「どう―――違うのかしら?」


5 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:20:44.52 ID:CxCidRcW0


キョン「罰ゲームの内容は、こうだ―――」

キョン「―――『自分の中で最も可愛いと思う女子の持ち物を使って、自分の思いつく一番相手にやって欲しい事をする』」

ハルヒ「――――――ッッ!!!」

キョン「(あと―――。一押しだ)」

キョン「すまない、ハルヒ。罰ゲームとはいえ、お前の水着を汚してしまった。
罰ゲームの内容がいちばん可愛いだったから、俺にはハルヒ以外思いつかなかったんだ」

ハルヒ「―――別に」

キョン「(勝った―――!)」

ハルヒ「罰ゲーム、なんでしょ。どんな事してそうなったか知らないけど。やっぱり約束は、守るべきよ」

ハルヒ「どうせ、とろいアンタは谷口がその罰ゲームを提案するまで知らなかったんでしょ?どういう罰ゲームなのかを」

キョン「あぁ、恥ずかしいことにな」

ハルヒ「―――そう。なら、いいわ」


7 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:26:04.45 ID:CxCidRcW0


キョン「許して―――くれるのか?」

ハルヒ「別に、怒ってなんかいないわよ」

キョン「そうか。ありがとう、ハルヒ。やっぱりお前は最高だ」

ハルヒ「―――バカキョンに言われても何ともないわよ。それより、谷口の連絡先、教えてくれる?」

キョン「いいけど、どうするんだ?」

ハルヒ「別に。ただ、谷口に協力してほしい事が出来ただけよ」

キョン「そうか。じゃあ、後で送ろう。そうだ、もう遅いし、一緒に帰るか」

ハルヒ「―――――――うん」



翌日、谷口は学校に来なかった。




9 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:33:34.60 ID:CxCidRcW0


国木田「ねぇキョン聞いた?谷口、昨日夜に出掛けてから帰ってきてないらしいよ」

キョン「なに?谷口が?」

国木田「うん。携帯も繋がらないらしいんだ。僕も昨日から電話してるんだけど……」

キョン「―――まさか。谷口の事だから、タチの悪いイタズラにでも出会い系のメールにでも騙されたんだろ」

国木田「そうだね、それだといいんだけど―――。」

今日は、ハルヒは静かに机で寝ていた。


11 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:41:09.38 ID:CxCidRcW0


キョン「まさか―――まさかな」

俺は寝ていたハルヒの寝顔を思い出しながら、白濁の思いを吐き出した。

キョン「ふぅ……ハルヒ。俺は信じてるぜ―――」

ハルヒ抱き枕を抱きしめながら、俺は深い眠りに就いた。

その後しばらく、クラスだけではなく学校中が消えた谷口の噂でもちきりだった。
一方のハルヒはすこぶる機嫌が良かった。可愛い。



13 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 22:49:09.17 ID:CxCidRcW0


それからしばらく、古泉の最近ハルヒの情緒は異常なほど安定しているだとか、長門の観測した異常なハルヒの能力の予兆が不自然な速さで消失だとか、朝比奈さんの禁則事項が禁則事項で禁則事項なんです、などという話があったが。

たまたまハルヒが忘れたハンカチを見つけた俺に、そんな瑣末なことは吹き飛んだ。

俺は服を脱ぎ、ハルヒの机の上でがに股になりハンカチでマイサンを包み込んだ


14 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:01:00.30 ID:CxCidRcW0


キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒアハルヒハルヒハルウゥッ―――!!ドピュッ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハッ―――ハァッ―――ハァ―――ハッ!!??」

ハルヒ「――――――」

キョン「ハル、ヒ―――?」



15 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:08:14.24 ID:CxCidRcW0


キョン「ハルヒ―――いつから、そこに?」

ハルヒ「816番目の―――私からよ」

キョン(816?いつもなら950はいける筈なのに、やはり前回の水着で―――いや、今はそうじゃない」

ハルヒ「――――――で」

キョン(どう乗り切る……?この状況で―――!!)」

ハルヒ「これは一体、どういう事なのかしら―――?」




17 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:12:08.38 ID:CxCidRcW0


キョン「(考えろ俺!すべての細胞をこの危機を乗り越えるために使え!!)」

ハルヒ「これも―――」

キョン「(―――!ある)」

ハルヒ「罰ゲームなのかしら―――?」

キョン「(―――最後の一手が、まだ!)」

キョン「違うんだ、ハルヒ。今回は、違う」

ハルヒ「どう―――違うのかしら」






18 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:14:42.52 ID:CxCidRcW0


キョン「これは―――遺言なんだ」

ハルヒ「遺言―――?」

ハルヒ「それは―――誰の?」

キョン「もちろん―――谷口のだよ」

ハルヒ「谷―――口―――?」


21 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:19:18.66 ID:CxCidRcW0


ハルヒ「―――何言ってるの?まだ谷口が殺されてるとは―――」

キョン「あぁ、勿論その通りだ。けど、前に谷口に頼まれたんだよ」

キョン「もし俺の身に何か起こったと思ったなら、ソレをやってくれってね―――」

ハルヒ「―――ソレが」

キョン「―――そう、コレだ」

22 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:23:27.86 ID:CxCidRcW0


ハルヒ「つまり―――何?『もし俺がが死んだら涼宮のハンカチを股間に巻いて命の種を吹き込んでくれ』
そういう―――事かしら」

キョン「―――いや、それは違うぞ」

ハルヒ「何が―――違うのかしら?」

キョン「おまえは―――勘違いをしている」

ハルヒ「勘違い?それは―――何がかしら」

キョン「遺言の、内容だ―――」

ハルヒ「どう―――違うのかしら?」

23 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:33:07.82 ID:CxCidRcW0


キョン「遺言の内容は、こうだ―――」

キョン「―――『自分の中で最も可愛いと思う女子の持ち物を使って、その女子とやりたい事をする』」

ハルヒ「――――――ッッ!??」

キョン「(もう―――。一歩だ)」

キョン「すまない、ハルヒ。遺言とはいえ、お前のハンカチを汚してしまった。
遺言の内容がいちばん可愛いだったから、俺にはハルヒ以外思いつかなかったんだ」

ハルヒ「―――別に」

キョン「(取った―――!)」

ハルヒ「遺言、なんでしょ。どうしたそんな事遺言にしたのか知らないけど。やっぱり遺言は、守るべきよ」

ハルヒ「けど―――キョン。ホントに私ので良かったの?谷口なら、もっと他の女子のも―――」

キョン「いや、谷口も満足だと思うぜ。あいつは前から、ハルヒと俺が付き合えば世界はもっと素晴らしくなると言ってたし」

キョン「(言ってないけど)」

ハルヒ「ふぅん……谷口が―――そんな事」

キョン「あぁ、もし式を挙げた時には俺が幹事をやりたいとも言ってたな」

キョン「(言ってないけど)」




25 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:36:58.21 ID:CxCidRcW0


ハルヒ「そう、谷口が―――」

ハルヒ「まぁ、故人の願いは叶えてやるべき―――よね」

キョン「許して―――くれるのか?」

ハルヒ「別に、怒ってなんかいないわよ」

キョン「そうか。ありがとう、ハルヒ。知ってたけどお前は最高だ」

ハルヒ「―――バカキョンに言われても何ともないわよ」

キョン「そうか。じゃあ、後で送ろう。そうだ、もう遅いし、一緒に帰るか」

ハルヒ「―――――――うん」



翌日、谷口は学校に来た。


30 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:46:34.32 ID:CxCidRcW0

谷口はここ数日の記憶がないという。
ただ、誰かの『自分の言葉に感謝しなさい』という言葉はうっすら覚えていたらしい。
そして谷口が来たその放課後、俺は古泉から前日に激しいストレスで発生した過去最強の神人が出たがものの数分で消滅したこと。
長門の前日の深夜0時に超強力な情報爆発が確認された事。
朝比奈さんの禁則事項を禁則事項にした結果、禁則事項が起こった可能性などを聞かされたが、俺はハルヒが授業中に眠っているときにハルヒの太ももを触ったこととハルヒの「むにゃ…」という一言で頭に入ってこなかった。


33 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:55:18.44 ID:CxCidRcW0


俺は誰もいなくなった教室で、ハルヒの机の上で延髄を使って頭立し、足をY字に開きハルヒの太ももの感触とむにゃ発言を思い出しながらマイサンを扱きあげる。

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒハルヒ」シコシコ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハルヒハルヒハルヒアハルヒハルヒハルウゥッ―――!!ドピュッ

ハルヒ「――――――」

キョン「ハッ―――ハァッ―――ハァ―――ハッ!!??」

ハルヒ「――――――」

キョン「ハル、ヒ―――!?」




キョン「よ、よう、ハルヒ……」

ハルヒ「…………」




終わり

34 名前: ◆2LEFd5iAoc[saga] 投稿日:2014/05/18(日) 23:58:38.59 ID:CxCidRcW0

終わりです。皆さんご朗読ありがとうございます。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「今日もやるよ〜っ!」