提督「あぁいそがしいいそがしい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ある超能力者の話・・・・ハルヒss

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:19:35.87 ID:fsrmCEOAO

「榛名です」トントン

提督「どうぞ」ペラ

榛名「おはようございます」

提督「おはよ……いやいや、おやすみなさい」カキカキ

榛名「はい?」

提督「ん?どうしました?」

榛名「いえ、朝早くからお勤めお疲れ様です」

提督「え?あさ?」

榛名「はい?」

提督「…」

榛名「…」

提督「あぁ、あさでしたねそうでした」

榛名「はい、ところで一つお尋ねしたいことが」

提督「なんでしょう」

榛名「昨日、ちゃんと寝られましたか?」ニコッ

4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:26:08.05 ID:fsrmCEOAO

北上「…うう、風邪引いた」ずずっ

北上「海は荒れるしほんと冬将軍はあっちいけってね」

伊19「イクいくの!」

北上「さむいし」ぶるぶる

島風「今起きたの!?おっそー!」

北上「うざいし」

加賀「…」モグモグ

瑞鶴「…」モグモグ

北上「なんかこわいし」

提督「はなしてください!」

榛名「徹夜は榛名が許しません!」

北上「あっちも大変だねぇ」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:30:42.14 ID:fsrmCEOAO

榛名「…さて、追い詰めましたよ」

提督「…は、はるな、めいれいです」

榛名「…一応聞きましょう」

提督「わたしがしょるいにおわれていたのは」

提督「きのうのしゅつげきでしげんがないからです」

榛名「存じております」

提督「だからしげんがとどくまで、やすんでいいとつたえてください」

榛名「分かりました、提督もちゃんとお休みしてて下さいね」ガチャ

ぱたん

提督「…ざんねんですが、やらないといけないことがあるのです」スクッ

榛名「提督、ついでにお紅茶はいか…が……」ガチャ

提督「わぁい、はるなのこうちゃだいすきー」

7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:35:32.05 ID:fsrmCEOAO

提督「はるなをおいだすことはせいこうしましたが」

提督「かがさん」

加賀「なんですか」

提督「なんでここにいるのでしょう」

加賀「榛名が他の子達に伝達に回っている間、提督のお目付け役になるようにと」

提督「それはしってます」

提督「なぜふとんのなかまでいっしょなのでしょうか」

加賀「嫌ですか」すっ

提督「えっ…」しゅん

加賀「…ふふ」ちら

提督「?……あーっ!ずるいです!いまのなしです!」

加賀「提督は一人で居るときと比べて、私と居るときでは表情が少し柔らかくなるの、知ってますか?」

提督「し、しりません!」ぷい

加賀(寂しがり)

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:47:49.73 ID:fsrmCEOAO

榛名「――で提督は寝ているので部屋を横切る時はなるべく静かにお願いします、以上、榛名伝えました!」

瑞鶴「でも提督さん一人にして大丈夫?」

榛名「はい、誰か見ておかないといけませんから――」

瑞鶴「じゃあ私が様子でも見てくる」たたた

榛名「え、あ、ちょっと!」

瑞鶴(仕事中毒の提督さんのことだから寝てないだろうなー、ちょっと冷やかしてやろっと)

――

瑞鶴「提督さん、寝てるー?」ガチャ

提督「んんっ、ずいかくですか」うとうと

加賀「…」じとっ

瑞鶴「げ」

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:00:24.57 ID:fsrmCEOAO

加賀「提督は昨日から寝ていないって聞いてないのかしら?」

瑞鶴「…聞いてました」

加賀「そう」

加賀「…提督は仕事が終わりたくても終われないの」

加賀「だから渋々仮眠を受け入れてくれて、ようやく寝付けそうなところなのに」

加賀「あなた何しに来たの?」ギロ

瑞鶴「よ、様子を見に…」

加賀「大声、だったわよね」

瑞鶴「…う」

加賀「私がいるわ、下がりなさい」

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:07:17.76 ID:fsrmCEOAO

提督「かがさん」

加賀「なんですか?」

提督「わたしはねむるつもりはありませんでした、おこるのならわたしにもおねがいします」

加賀「…嫌、といったら?」

提督「だめならずいかくをゆるしてあげてくさい」

加賀「…命令ですか?」

提督「いいえ、おねがいです」

加賀「…よかった、命令だったら怒ってました」

加賀「お願いなら聞く必要はありません」

提督「…」

加賀「ですが、提督のお願いはなるべく聞いてあげたいのが本音です」

加賀「…瑞鶴」

瑞鶴「ひ、ひゃい!」

加賀「…提督に感謝することね」

11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:12:27.54 ID:fsrmCEOAO

瑞鶴「て、提督さん、ごめんなさい」

提督「いいえ、むしろつごうがよかったんです」

瑞鶴「そうですか」ほっ

加賀「…」じっ

提督「ですが、かがさんのいうこともいちりあるのですよ」

瑞鶴「う…はい」

加賀「…榛名の言うことも一理ありますけど」

提督「…すみませんでした」

「提督、いる?」トントン

提督「どうぞ」

北上「じゃあはいるねー…うわっ」

加賀「…」じとっ

瑞鶴「…」びくびく

提督「かがさん、ずいかく、さがってください」

加賀「しかし、提督は誰が」

提督「きたかみに見張ってもらいます」

北上「んん?なんのこと?」

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:14:45.35 ID:fsrmCEOAO

北上「はいはい、提督が布団入るまで見とけばいいんだね」

加賀「寝るまでよ」ガチャ

瑞鶴「ありがと提督さん、その…私が言うのもなんだけど早く寝てね」

ばたん

北上「…」

北上「あーさむっ、こんなに寒いと提督を見張れないよ」ぶるぶる

提督「こたつがありますよ」

北上「あったかー、こんなに心地良いと提督を見張れないよ」ぬくぬく

提督「それはよかった」

北上「…あーこわかった」

提督「くろうをかけますね」

北上「ほんとだよ、見つかっても私のこと擁護してよね」

提督「もちろんみんなしますよ」

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:18:03.71 ID:fsrmCEOAO

島風「こわかった」ぶるぶる

伊19「イクもちょっと苦手なの」もぞ

北上「ここにいたんだ、道理で見つからないわけだ」

島風「何かあったの」

北上「提督、どうする?」

提督「いわなくてもいいです」

伊19「なになにー?イク気になるの!」

北上「資源不足で今日は休みになっただけだから」

伊19「なーんだ、つまんないの」

島風「なんで言わなくてもいいの?」

提督「きゅうかのりゆうが、きのうのしゅつげきからしげんふそくにかわっただけなので」

北上「変に律義だよね、出撃明けの出撃が当たり前なのに」

提督「もっとほめてもいいのですよ?」ふふん

北上「うざっ」

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:23:42.32 ID:fsrmCEOAO

北上「資源不足もそのせいだしね」

島風「あ、やっぱり…」

伊19「え?イクは知らないの!教えてほしいの!」

提督「きたかみ、やめてください」

北上「腰抜けの豆提督だったっけ?」

島風「なにそれ、私出撃してるけど」

伊19「提督は豆だけど腰抜けなんかじゃないの!」

提督「きたかみ」

北上「…ごめん、でも言わせて」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:25:11.75 ID:fsrmCEOAO

北上「初めは艦娘のあり方について上官と議論してたんだっけ」

北上「でもそれで提督は上官を怒らせちゃたんだよね」

北上「それからかな、意地悪な上官から回天送り付けられたこともあったね」

提督「…」

北上「あのとき私、急に納得したんだ」

北上「ああ、やっぱり戦争なんだなって、でも私のお願いより勝利の方が重いなんてわかってたことなのにね」

北上「まぁ即分解したのは笑ったけど」

島風「ブレないねー」
伊19「資源はたいせつなのね!」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:29:38.08 ID:fsrmCEOAO

提督「そもそもかいてんをつんだからかつのではありません、つんだからまけるのです」くどくど

島風「回天が酸素魚雷より強いってわかったら?」

提督「たとえそうでもつむきもないし、まけるきもないです」

伊19「かっこいいの!」

提督「でしょう!?もっとうやまってください!」ふんすふんす

北上「んふっ、うっざ」

島風「そんなこと言うからほめられないんだよ」

伊19「えっへへ〜、でもイクはそんな提督が大好きなのー」

提督「はるなといくだけですよ、あときたかみちょっときてください」

北上「ん、なに?」

提督「このこたちのせいぎかんをあおるのはやめてくださいね」ぼそっ

北上「あーごめん、柄にもなくちょっと熱くなっちゃった」ぼそぼそ

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:34:33.98 ID:fsrmCEOAO

提督「さて、ながばなしがおわったところで――」

榛名「――お布団に入りましょう」

提督「…」

榛名「…」

提督「えっ?」

北上「あーあ、見つかっちゃった」

島風「提督また何かしたの?」

北上「徹夜明けだったんだよ」

島風「ん?あぁ提督が言わなくていいっていうのは、本当はそっちだったんだ」

伊19「?どういうことなの?」

島風「提督が徹夜明けって知ってたらどうする?」

伊19「寝かすの!」

島風「なんで?」

「「榛名に怒られるから」」

島風「えへへー」

伊19「えっへへ」

榛名「その前に……」




榛名「提督の大好きな榛名のお紅茶です」ニコッ

提督「あ、ありがとう」

島風「本当にブレないのは榛名だったね」

伊19「さすがなの」

18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:35:42.20 ID:fsrmCEOAO

おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「蒼龍の九九艦爆を整備したい」