長門「セックスの虜にして欲しい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カヲル「歌はいいねぇ」アスカ「誰よ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 04:21:03.40 ID:lolqpGH00

キョン「クッ…」

朝倉「どうしたの?威勢よく襲い掛かったわりには早くいきそうじゃない?」

キョン「うっうるさい!」

朝倉「全然気持ちよくないわよ」

キョン「ハァハァ…」

朝倉「そんなに必死に腰何か振っちゃってみっともないわね」

キョン「…だっだめだ」

朝倉「ちんちんも小さいし、何がセックスの虜にしてやるよ」

キョン「いっイクッ…」

朝倉「もういっちゃうの?早いわねぇ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:23:24.70 ID:lolqpGH00

キョン「すまん…ダメだった」

長門「…そう」

キョン「俺には無理だ、朝倉をセックスの虜にするだなんて」

長門「しかし、そうするしか彼女を大人しくさせる方法は無い」

キョン「…お前の力とかじゃ無理なのか?」

長門「とても難しい」

キョン「俺には無理だよ…チンコも小さいらしいし」

長門「…統合思念体はあなたのセックス能力ならば朝倉涼子を虜にできると予想している」

キョン「でもできなかったじゃないか!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:24:24.88 ID:lolqpGH00

キョン「何がダメだったんだ?」

長門「わからない、理由を解明するために私とセックスして欲しい」

キョン「お前とか?」

長門「そう」

キョン「…わっわかった、本当にいいんだな?」

長門「かまわない」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:25:10.08 ID:lolqpGH00

キョン「ハァハァ…」

長門「…」

キョン「すまん…もういきそうだ」

長門「…」

キョン「長門?」

長門「…」

キョン「…気絶してる!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:27:40.66 ID:lolqpGH00

キョン「おきろ、長門!」

長門「…意識を失っていた」

キョン「どうしたんだ?」

長門「あなたとのセックスがあまりにも気持ちよく何度も絶頂を迎えてしまった」

キョン「…そのようには見えなかったが」

長門「データ収集に意識を集中していたので、反応はできなかったが、あまりにも快楽が強すぎて誤作動を起こしそうになってしまった」

キョン「大丈夫か?」

長門「あなたのセックスは対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースを虜にする能力を有している」

キョン「でも朝倉は…」」

長門「おそらく朝倉涼子は我慢していたと思われる」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:30:39.78 ID:lolqpGH00

キョン「にわかに信じがたい、朝倉が我慢してい他のかどうか…」

キョン「そもそも長門も気持ちよかったのか?俺を元気づけるためにあんなこと言ったんじゃなかろうか…」

キョン「…もう一度朝倉とセックスしろと言われても自信はないぞ…俺のチンポは小さいらしいし」

国木田「キョンどうしたの?」

キョン「いやちょっと…、そうだ国木田、ちょっとトイレまで来てくれないか?」

国木田「え?別にいいけど…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:31:40.77 ID:lolqpGH00

国木田「どうしたんだよ、二人で個室に入って…」

キョン「ズボンとパンツを脱げ」

国木田「え?」

キョン「いいからズボンとパンツを脱げよ」

国木田「なっ何言ってるんだよ…」

キョン「ちょっとチンポを見るだけだ、ほらはやく」

国木田「まっまってよ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:33:26.00 ID:lolqpGH00

キョン(俺の方が大きいな…やはり朝倉は俺をくじけかせるためにあんなことを言ったのか?)

国木田「どうしてこんなことするんだよ…」

キョン(もしかして勃起したらもっと大きくなるとか…)

にぎにぎ

国木田「ちょっちょっと触らないでよ!」

キョン「暴れるな、ちょっと勃起させてみるだけだ」

国木田「そんなこと言われても…」

キョン「大きくなったな…俺とどっちが大きいんだろ…ちょっとまて俺もチンポを出すから」

国木田「え?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:36:05.75 ID:lolqpGH00

キョン「ちょっとまて、くっつけて長さを測ってみるだけだ!」

国木田「止めてよ…」

キョン「なるほど、俺の方が大きいな…」ギュっ

国木田(キョンのちんちんと僕のちんちんがくっついてる・・・)

キョン「…太さも長さも俺の方が勝っている」

ギュっギュっ

国木田「んっ…ハァハァ」

キョン(国木田が特に小さいって事もありえる)

キョン「なぁ国木田、お前って」

ピュッビュルッ

国木田「出ちゃった…ごめん…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 04:38:41.25 ID:lolqpGH00

キョン「お前いったのか?」

国木田「だって、キョンがちんちんを触るから…」

キョン「勘弁してくれよ…俺のチンポがお前の精液塗れじゃ…まてよ」

国木田「ごめん、すぐ拭くから…」

キョン(朝倉とセックスをする前に、国木田で練習しておくってのも手だな、国木田の精液がローション替わりになってはいるだろ)

国木田「ごめん…」

キョン「これは別にいいから、ちょっと後ろを向いて手を壁についてくれないか?」

国木田「え?」

キョン「すぐ終わるから、いいだろ?」

国木田「なっ何をするつもりなの?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/09(土) 06:43:26.08 ID:lolqpGH00

長門は爆発した





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「雛見沢村?・・・」