阿笠「できたぞ新一!光彦君がホモになるスイッチじゃ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……無理をしなくていい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:13:50.14 ID:kTlulJ3/0

コナン「バーローまた光彦いじめかよ。いい加減読者も飽きてるぞ」

阿笠「馬鹿もん、いじめなんて最低な人間のすることじゃわい」

コナン「ホモになるスイッチなんていじめ以外の何物でもねーだろうが」

阿笠「よく聞け新一。光彦君はな、悩んでおったのじゃ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:16:51.65 ID:kTlulJ3/0

阿笠「蘭君から聞いた話じゃ」

阿笠「哀君と歩美君、二人の女性を同時に好きになってしまった自分は罪深い男なのだろうかと相談してきたらしい」

コナン「そうだったのか、光彦…」

阿笠「じゃからその悩みを解決してやるために、どっちも好きにならんホモになるスイッチを作ってあげたんじゃ」

コナン「さすが博士だ!疑って悪かったな」

阿笠「ほほ、わかればいいぞい」

コナン「さっそく行ってきます博士!」

阿笠「くれぐれも悪用するなよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:21:30.79 ID:kTlulJ3/0

歩美「おはようコナン君」

光彦「おはようございます」

元太「おせーぞコナン」

灰原「まったく」

コナン「わりーわりー。そいじゃ行くか」

光彦(ふふ、さりげなく歩美ちゃんと灰原さんの間に挟まって登校・・・天国です)

コナン(光彦のためだ…ごめんな)ポチッ

光彦(てんごk・・・あ、あれ)

元太「おいどうしたんだよ光彦」

光彦(どうしたことでしょう、急に気持ちが冷め、ときめきを感じなくなってしまいました)

光彦「だ、大丈夫ですなんでもありません」

コナン「無理すんなよ光彦」

光彦「ありがとうございます」キュン

光彦(あ、あれ・・・?)

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:27:28.14 ID:kTlulJ3/0

体育の時間の後

光彦(五十メートル走で転んでみんなに笑われてしまいました・・・はあ)

元太「気にすんなよ光彦。給食のハンバーグ食って元気出せ」

光彦「ありがとうございます」

光彦(元太君・・・がたいがよくて頼もしく、皆を引っ張ってくれる人…)

光彦(それにうな重に対する一途な姿勢…憧れます)キュン

コナン「そうだぞ光彦。失敗は誰にでもあるんだからな」

光彦(コナン君…難事件をたやすく解決する輝く頭脳。サッカーに秀でた運動神経…)

光彦(歩美ちゃんが憧れるのもわかります)キュン

歩美「そうだよ元気出して」

灰原「いつまでもうじうじしてるなんてみっともないわよ」

光彦(どうしてでしょう・・・昨日まで、この二人が大好きだったはずなのに、今ではコナン君と元太君が…)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:31:16.50 ID:kTlulJ3/0

光彦「二人の男性を同時に好きになってしまう僕って、いけない男なんでしょうか」

阿笠(ホモにしても結局、悩むことは同じか。やれやれ)

光彦「やっぱりおかしいですよね。男なのに男が好きだなんて…」

光彦「あんなに歩美ちゃんと灰原さんが好きだったのに」

光彦「僕が変態だって、みんなに知られたら嫌われてしまいます」

阿笠「ま、待つんじゃ光彦君。同性愛というのは、おかしなことではないぞい」

阿笠「愛にはいろいろな形があるんじゃ。今は同性結婚が合法化されている国もある」

阿笠「光彦君は変態ではないぞい」

光彦「博士…」じーん

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:35:00.39 ID:kTlulJ3/0

光彦「でもどうしたらいいんでしょう」

阿笠「そうじゃのう。いっそどっちも選ばず、わしにしたらどうじゃ?」

光彦「ええっ!?博士!」

阿笠「わしは構わんぞい」

光彦「怒りますよ!こっちはまじめに相談してるのに」

光彦「ホモだからって男ならだれでもいいわけじゃないんです!普通の人だって、女ならだれでもというわけじゃないでしょう!」

阿笠「わ、悪かった光彦君。冗談じゃ」

阿笠「そうじゃ。どっちかに気持ちを打ち明けてみるのはどうじゃ?」

光彦「それができれば・・・」

阿笠「少年探偵団なら、光彦君の気持ちをないがしろにせんと信じているが、どうじゃのう?」

光彦「・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:38:24.72 ID:kTlulJ3/0

校舎の裏

元太「なんだよ光彦。人がうな重食ってる時にこんなところ呼び出して」

光彦「元太君…」

光彦「好きです」

元太「え・・・」

光彦「・・・」

元太「お前そういう趣味だったのかよ、気持ちわりい」

光彦「!」

元太「じゃあな」たったった

光彦「・・・・」


モブ男「見たか?光彦のやつ、ホモだったぜ」

モブ子「うわあ、気持ち悪い。みんなにばらしちゃお」

くすくす

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:43:51.94 ID:kTlulJ3/0

ざわざわ・・・

ミツヒコホモダッタンダゼーゲンタニフラレテヤンノーアハハーキモイソバカスーコッチクンナホモガウツルー

光彦(何でこんなことに…やっぱりホモなんて間違いなんです…)

歩美「ねえ、ホモって何?」

灰原「男の同性愛者のことよ」

歩美「どうせいあいしゃって?」

灰原「普通は男の人が女の人を、女の人が男の人を好きになるわね」

歩美「うん!」

歩美(私も、コナン君大好き!)

灰原「ホモの男の人は、その気持ちが同じ男性に向くのよ」

歩美「えー、それって気持ち悪ーい」

元太「だよな。俺も災難だぜ。光彦があんな奴だとは思わなかったよ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:51:28.54 ID:kTlulJ3/0

灰原「」パン!

元太「ぐっ」

灰原「」パシッ!

歩美「あっ」

灰原「あなたたち!円谷君がどんな思いかわかってるの!?」

灰原「円谷君はね、自分はおかしいかもしれない、異常だと蔑まれるかもしれない」

灰原「そんな葛藤の末に、自分の想いを伝えたのよ!」

灰原「こんな時こそ、少年探偵団だけは味方でいてあげようと思わないの!?」

光彦「灰原さん…」

歩美「ごめんなさい、光彦君」ポロポロ

光彦「いいんです、歩美ちゃん」

元太「俺も、悪かったよ」

光彦「元太君…いいんです、僕こそ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:55:35.12 ID:kTlulJ3/0

元太「でもやっぱり光彦の気持ちには答えられないよ」

元太「俺はうな重一筋だからな!」

歩美「元太君たらー」

あははは・・・

コナン「光彦、何があっても、俺たち少年探偵団は仲間だぜ!」

光彦「ありがとうございます…皆さん…」

光彦(コナン君・・・やっぱりかっこいいです)ジュン


放課後

光彦(元太君はお母さんの手伝い、歩美ちゃんも用事があって帰って、灰原さんも今日は掃除…)

コナン「元気出せよ光彦。俺たちが守ってやっから」

光彦(コナン君と二人きりの帰り道・・・)

光彦「コナン君、あの…」

コナン「ん?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 18:59:47.41 ID:kTlulJ3/0

阿笠宅

コナン「大変だ!俺、光彦に告られた!」

阿笠「なんじゃと!?」

コナン「どうすんだよ博士!焦って逃げてきちまったよ」

阿笠「馬鹿もん新一!お前がおしたスイッチじゃろ!?責任とれ」

コナン「責任って…まさか光彦と付き合えってのか?」

阿笠「そうじゃ」

コナン「バーロー俺はノンケだ。それに俺には蘭がいる。第一いずれ高校生に戻るんだ」

阿笠「十歳差くらいいいじゃろう。蘭君もいずれあきらめる」

コナン「バーロー!博士、お前が作ったスイッチだろうが!博士は責任取らねえのかよ!」

阿笠「わし、振られたんじゃもん」シュン

コナン「え?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:03:25.99 ID:kTlulJ3/0

阿笠「とにかく、お前は光彦とホモカップルになるんじゃ」

コナン「バーロー!光彦を元に戻すスイッチの一つも作れねえのかよ!」

阿笠「そうじゃ。たしか・・・」がさごそ

コナン(あれは、きっと光彦が元に戻るスイッチ!)

コナン「押せ!早く押すんだ!」

阿笠「言われなくても押すわい。これはな・・・」

阿笠「新一をホモにするスイッチじゃ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:05:39.13 ID:kTlulJ3/0

コナン「なん・・・だと・・・?」

阿笠「さて、押してやるかのう」

コナン「待て!押すな博士!」

阿笠「早く押せといったのは君じゃろう新一」ポチッ


今邪魔入った。再びパソコンつなぐまで保守しててください。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:18:28.47 ID:rODjigRu0

ただいま。ID変わってるけど1です。
それと訂正、すみません。


阿笠「早く押せといったのは君じゃろう新一」

コナン「やめてくれ、俺には蘭が…ずっと待っててくれる蘭が…」

コナン(くそ、この距離だと駆け寄って奪い取る前に押されちまう)

コナン(こうなったらキック力増強シューズでその辺にあるもの蹴ってスイッチを叩き落とすか…)

コナン(畜生、適切なものが見当たらねえ!)

阿笠「ホモだからと言って男ならだれでもいいわけじゃないらしいからのう。新一が光彦君を好きになるかはわからんが」

阿笠「まあ一か八かじゃ」ポチ

コナン「ああ・・・あ・・・」

コナン「らあああああああああああああああああああああん!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:23:14.40 ID:rODjigRu0

光彦「ふう・・・何も言われないまま、逃げられてしまいました・・・」

光彦「やっぱりコナン君にも嫌われてしまうんでしょうか・・・」

光彦母「光彦さん、お友達から電話ですよ」

光彦「はーい、お母様」

コナン『光彦か?』

光彦「コナン君・・・?なんですか今更」

コナン『悪い、さっきはパニックになって逃げちまってよ』

光彦「いいんです。やっぱり引いたでしょう、気持ち悪いでしょう・・・うっ」

コナン『違うんだよ光彦。今ちゃんと、自分の気持ちをいう』

コナン『俺も、光彦が好きだ』

光彦「えっ・・・」

コナン「つきあって、ください」

光彦「・・・はい!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:28:31.49 ID:rODjigRu0

こうして、俺と光彦は付き合うことになった。
ホモカップルとして生きることはこれから先、いくつもの困難にぶつかるだろう。
だけど俺たちは恐れない。互いの愛があれば、どんな険しい道だって乗り越えられるものだから。

阿笠「ふう、年を取ると買い物もつかれるのう。…おや、あれは蘭君と園子君じゃ」

蘭「園子ったら、京極さんがいるのにまたナンパされていい気になっちゃって」

園子「だっていい男だったんだもん。本命はもちろん京極さんだけどね」

園子「あ、でもやっぱりキッド様も捨てがたいな。今度はいつ出てくるのかしら」

園子「あーん、二人の男の間で揺れ動く罪なあたし!どうしましょー!」

蘭「はは・・・」


阿笠「できたぞ新一!園子君がレズになるスイッチじゃ!」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:31:01.35 ID:rODjigRu0

読んでくださってありがとうございます。
たまにはみんなに優しくされる光彦が書きたかったんだ。
この後いろいろあって蘭と園子がくっつくわけです。
もっとぶっ飛んだマジキチはほかの人に任せよう

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/04(月) 19:40:22.99 ID:rODjigRu0

くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
実は、たまには幸せな光彦を書こうと思ったのが始まりでした
本当は書くつもりなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないのでホモネタで挑んでみた所存ですw
以下、コナン達のみんなへのメッセジをどぞ

阿笠「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと変態なところも見えてしまったようじゃが・・・気にするなよ!」

コナン「いやーありがとな!
俺のかっこよさは二十分に伝わったかな?」

灰原「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

元太「見てくれありがとな!
正直、作中で言った俺のうな重への気持ちは本当だぞ!」

うな重「・・・ありがと」ウナッ

では、

阿笠、コナン、灰原、元太、うな重、光彦「皆さんありがとうございました!」



阿笠、コナン、灰原、元太、うな重「って、なんで光彦くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「青春いいじゃないかっ///」